鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きていく男の記録。

己の人生の軌跡【其之伍】 深堀の譚:參(中編)

 

 

ライター的「2020年を代表する神絵師や若手絵師」をご紹介!【pixiv/ピクシブ】 | digitaldiy

 

 

AV事務所

AV事務所(エーブイじむしょ)とは、アダルトビデオ(AV)に出演するAV女優をマネージメントする芸能事務所のことである。AVプロダクションとも記述される。AVメーカーにAV女優を売り込み、出演料を折半する。混同されやすいが制作販売業であるAVメーカーとは異なる。

 



AV事務所のルーツ[編集]

AVが誕生した1980年代、AVメーカー(製造側)が別会社として事務所をつくった。AVメーカーバックのAV事務所[1]は、現在も存在する。

AV女優の人権、給与問題を守るため2016年に業界の有志が母体をつくり、2017年に「日本プロダクション協会(JAPAN PRODUCTION GUILD=JPG)」が設立された。大手プロダクション十数社が加盟している[2]。同年4月にJPG非加盟プロダクションがまとまり「第二プロダクション協会」(SPA)を設立[3]

かつては旧フィットワンのように一般的な芸能事務所の一部門として存在する企業もあった(2008年にAV女優部門を分社、現ハーベスターズ)。

 

 

単体系事務所と企画系事務所[編集]

かつては単体系、企画系に分けられていたが、女優歴の長寿化により混在している事務所も多い[4]。AV女優引退後、知名度を生かしたタレント業をするものも増え、その窓口となる事務所も増えている。

 

 

AV事務所の役割

AV事務所の主だった役割はAV女優という職業に就くことのリスク説明と人権の保護、金銭とスケジュール管理である。『封印されたアダルトビデオ』(2012年)によると、「事務所は命をかけてでも所属するタレントを守る。しかし、タレントが仁義に反した行為を取った場合、その落とし前を付けさせる[5]」と説明している。しかし、「バッキー事件に関しては、多くの場合、事務所ぐるみでAV女優を騙していたといわれる[6]」とも記述している(著者の井川は、セカンドカメラマンとしてバッキー作品に関わったことがある[7]。タイトルは『うんこ大戦』[8]。ただし、「(バッキー作品の)『水地獄2丁目』では、撮影中に大怪我をしたAV女優の事務所がバッキーに猛抗議し、発売させなかったと言われている」とも書いている[9])。

ギャラの配分は、AV女優40%、事務所40%、20%がスカウトマン(マネージャー)となっている[10]。AVマネージャーは、固定給そのものは同世代のサラリーマンより少ないが、このスカウトバックにより月収100万円になる場合もあったという[11]。従って、スカウトもマネージャーにとっては必須のスキルとなってくる。

 

業界のルールと裁判、金額[編集]

同書では、デビュー直前にAV出演を拒んだAV女優(元グラビアアイドル)に対し、事務所が1億円の損害賠償を求めたケースを紹介している。この金額には、契約本数全て(何本かは明記されていない)と、当該AV女優に費やした経費が含まれている[12]

1億円というのは弁護士から送られてきた内容証明の金額だったが、裁判では約250万円にトーンダウンされた。内訳は、整形費用の立替が約20万円、家賃立替として約30万円、残りの約200万円がキャンセル料や信用下落に関するものだった[13]。判決に関しては、整形に関する20万円の賠償が元AV女優に言い渡されている(ただし「二度とAVのような仕事をしないこと」と元AV女優に言い渡されている[14])。この金額については、「複数契約の大物としては、1億は高すぎるが、250万円は安すぎる」とAV関係者が話している[15]。金額を250万円に減額した背景としては、「金銭を受け取ってセックスを行うのは、売春と同じ」という判断があり、事務所や関係者の立場の弱さからくるものである[16]。しかし、この時の信用失墜は大きく、「小さな事務所なら2度と使ってもらえないレベル」とAVプロデューサーは語っている[17]

金銭(AV女優、マネージャー)[編集]

同書では、単体女優の出演料として1本200万円という金額が提示されている。これはレースクイーン着エロ、AVという流れでAVデビューした「元グラビアアイドル」の肩書きを持つ19歳の場合である[18]。同様に「元芸能人(着エロ)」としてデビューした場合、事務所から「月給80万円と住居保証」という条件が提示されたケースも記されている。ただし、事務所からは「来年は月50万、再来年は30万に下がるかもしれない」と不安を煽る発言もあった。なお、この「80万円」という金額は、AV撮影(ただし、単体女優の場合は月に1本)に留まらず、イベント、チャット、雑誌の撮影なども含まれている。また、AV女優の取り分は3割から5割なので、事務所の取り分は200万円以上と推測されている。出版された2012年の段階で月50万円の単体女優(本人の手取りは30万円以下)も存在するという[19]

他の事例としては、2005年頃の事例として「(単体AV女優の場合)1本当たり100万円-300万円」という数字が出てくる(AV女優の取り分は40%)[20]。しかし、2009年以降、不況などの影響で価格が下がり、前述のような月50万のケースも出てきているという[21]。単体女優に関しては「企画女優10人分の価値」とも書かれている[22]。「10本契約で年1000万」という口説き文句も存在した[23]

AV女優には単体の他にキカタン(企画単体)と呼ばれる存在もあるが、単体が月1本しか撮影しないのに対し、キカタンは複数本撮影し、多い場合には10本程度になることも珍しくない。1本40-80万円程度なので、本数によれば、スカウトバックは単体よりキカタンの方が多くなる[24]

キカタンよりギャラの安いのが企画女優だが、総ギャラが5万円というケースもあるという[25]。絡み(本番)のないスカトロ要員の場合、一日2万円というケースも紹介されている[26]。なお、着エロの場合、半日以上の拘束で7000円、一日でも1万円未満という相場も記されている[27]

以上の通り、マネージャー(事務所)にとっては、AV女優のスカウトや営業も大事であるが、AV女優の管理(体調、精神面)も必要となってくる。撮影当日に無断欠勤されてしまうと、現場に穴が開くからである。差し替えが利く場合はともかく、撮影中止となると、当日のスタジオ代やスタッフの手当てなど(「バラシ」と呼ばれる)を保障しなければならなくなるからだ[28]。寮で孤独死(夏場で腐乱が激しく、自殺かどうかも不明)したケースも紹介されている。この場合はデビュー前であり、既に何本も撮りだめしていたが、遺族感情を配慮し全てお蔵入りとなった[29]

また、年齢確認も重要な仕事であり、これを怠って18歳未満を出演させると犯罪となってしまう。18歳の高校生の場合、法的には問題ないが、校則等に配慮し採用はしていない。なお、19歳(非高校生)の場合であっても、未成年の契約は親(親権者)によって反故にされるケースがあり、2005年以降は採用しない事務所が増えたという。事務所では免許証などで確認するほか、パスポートと一緒に取りに行く、という方法も取っている[30]

以上のことを含み、2017年以降はAV人権倫理機構により、プロダクション締結者(JPGおよびSPA加盟プロダクション)でないとAV作品では絡みの撮影は行わない[31]こととなった[32]フリーランスの女優はかさいあみ三代目葵マリーが発起人となった「フリーAV女優連盟」に所属し、SPAに加盟し撮影に臨んでいる[33]。またフリーAV女優連盟の交渉によりフリーランスの女優がSPA加盟事務所にマネージメント委託することも可能となった。

2019年3月より出演者に事前に渡す契約書の中での「総ギャラ開示」を明文化[34]。これにより事務所ごとの取り分の違いも分かるようになり、フリーAV女優連盟共同発起人のかさいあみは事務所移籍の活発化を生んでしまったと、所属女優と事務所の関係性の悪化を危惧している[34]

 

 

バッキー事件

バッキー事件(バッキーじけん)とは、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」によるAV女優や素人モデルに対する強姦致傷事件。

 

 

 

経過[編集]

2004年6月下旬、バッキービジュアルプランニング(以下バッキー)は東京都豊島区居酒屋でAV女優に薬物脱法ドラッグ)を吸わせて同区西池袋マンションに連れ込み、猥褻行為を撮影しながら肛門浣腸器具を挿入して器具を破裂させ、直腸穿孔や肛門裂傷による全治4か月の重傷を負わせた。処置が遅ければ死亡していた可能性もある悪質な犯行であり、警察が動くこととなった。被害者は人工肛門を付けざるを得ないほどの後遺症だったという[1](直腸穿孔は術後の死亡率が40%と言われている)。12月16日、上記の疑いで、栗山龍(本名・栗山竜)代表、H責任者ら8人が強制わいせつの疑いで逮捕された。

バッキーは以前から監禁、陰毛焼き、水責め、強制飲酒を含む暴行系ビデオを大量に製作し、さらに「監禁友の会」を発足してDVD購入者を対象とした撮影参加エキストラの公募を行っていた。いずれも撮影の詳細について女優にはほとんど知らされず、こうした暴行ビデオの撮影が強行されていた[2]

逮捕された関係者は証拠不十分で処分保留のまま釈放されたが、この事件以降は池袋警察署が本腰を入れてバッキー壊滅に向けて動き出すことになった。バッキーに出演した女優が次々と警察の説得で被害届を提出し、2005年3月には関係者らが再び逮捕される。撮影スタッフに罪をなすりつけていたとされる栗山も、2006年2月に強姦致傷容疑で逮捕・起訴された。

主犯とされる栗山と監督の男性は東京地方裁判所に起訴され、2007年10月5日には栗山の論告求刑公判が開かれた。論告では、軽いレイプものの撮影であると偽って違法薬物や睡眠薬を飲ませた女性1人に20 - 30人で暴行を加えたり、手足を縛って顔を水中に沈めたりするなどの暴行を10時間以上に渡って繰り返し、演出の度を越えた暴力の実態が明らかになった。反省の色もみられず情状酌量の余地はないとして検察は懲役20年を求刑したが、その際も被告人はうすら笑いを浮かべていたという[3]

2007年12月19日、東京地裁は栗山に懲役18年の判決を言い渡した後、二審の東京高等裁判所も同様の判決を言い渡した[4]

 

 

問答無用 強制子宮破壊

問答無用 強制子宮破壊』(もんどうむよう きょうせいしきゅうはかい)とは、アダルトビデオメーカーバッキービジュアルプランニング製作によるアダルトビデオ作品。AV女優への行き過ぎた暴行および傷害によりバッキー事件として立件された。ビデオ作品の販売は、会社名を変えCOLLECTORというサイトで継続していた。

 

 

概要[編集]

迫真のレイプ作品に仕上げるため事前にAV女優に意図的に十分な説明を行なわず[注 1]、集団で暴行を加え、AV女優が本当に恐怖を感じ怯える様を撮影していた。

代表的な作品展開
スタッフがAV女優をリラックスさせ、通常のAV撮影と思い込ませる。出演契約にサインさせた後、スタッフの態度が急変、AV女優の衣服を剥ぎ取り集団でレイプに及ぶ。ひととおりレイプシーンが終わった後には、嫌がるAV女優に乱暴行為を働き、本当に恐怖を感じさせ怯えさせる。

問題とされた演出は、以下の通り。

暴行
嫌がるAV女優の髪をつかんで振り回すなどの乱暴行為や、腹部や顔面などに平手打ちを繰り返し赤く腫れ上がっていく様子を収録している。また、嫌がるAV女優の顔を無理矢理、浴槽や水槽あるいは便器などに溜めた水に繰り返し押し込み、執拗な水責めにより呼吸困難に陥らせる様子を収録している。
強制飲酒
『問答無用 強制子宮破壊12』において、AV女優に焼酎漏斗を用いて強制的に大量に飲ませ、また膣内にも漏斗を挿入し焼酎を流し込むなどしたため、急性アルコール中毒を起こし意識不明、昏睡状態に陥っていく様子が収録されている。この女優は脳幹麻痺による脱糞にまで至っていて、パッケージにも「死んだ?!」とある(この女優に関しては生存との未確認な情報が流れる[要出典])。これ以外の作品でも強制飲酒場面が何度も登場する。
警察官による事情聴取
『問答無用 強制子宮破壊17』において、恐怖を感じたAV女優が撮影スタジオから逃げ出そうと裸で駆け出したところを通行人に目撃され、通行人の通報により警察官が駆けつけ事情聴取に当たるが、人身保護にまで至っていない様子が収録されている。

 

 

 

 

アトラクティブ

アトラクティブ合同会社Attractive LLC)は、東京都中野区に本社を置く芸能プロダクション

設立 2016年1月
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中野区本町6-1-11

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

名東神納花の担当マネージャーだった人物が立ち上げた事務所であり[2]、3年間休養していた神納も復帰後は当事務所に合流している。

2020年にエンタ!959にて事務所名のついた冠番組、『アトラクティブ女学園』が開始された[3]

 

 



アローズ (芸能事務所)

アローズ(英文名称:ARROWS)は、東京都新宿区に拠点を置く芸能プロダクション

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区新宿4-1-22 7F
設立 2014年10月


概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

2020年4月1日よりオールグループの1社となる[2]

 

 

https://arrowsweb.net/

 

 

会社概要

会社名

オールグループ arrows事業部

事業内容

芸能プロダクション
各種キャスティング
各種マネージメント
各種プロデュース
インターネット上の会員サービス事業
WEBサイト構築
WEBサイト保守・管理
DVDソフトの企画・制作・販売
その他、インターネットに関連する事業

主要取引先

株式会社DMM.com
株式会社ジャパンホームビデオ
SODクリエイト株式会社
有限会社プレステージ
株式会社集英社
株式会社博報堂プロダクツ
アマゾン・ジャパン株式会社

所在地

東京都新宿区新宿4-1-22
大阪府大阪市西区北堀江1-9-5

電話番号

03-6383-4221
受付:11:00~20:00
定休日:土日祝

 

 

 

 

 


 

イズバサジャパンリミテッド

株式会社イズバサジャパンリミテッドは、日本芸能事務所である。

 

本社所在地 150-0001
東京都渋谷区神宮前1-10-34原宿コーポ別館8F
設立 2006年2月

 


概要[編集]

AV事務所で、一部の女優はAV以外の芸能活動も行っているため、芸能事務所も兼ねている。また日本で初めてAV男優も所属する、総合AVプロダクションである。2017年11月、登記記録の閉鎖等の手続きを行っている。

 

 


 

 

Wish (芸能事務所)

Wish(ういっしゅ)は、東京都新宿区に拠点を置く芸能プロダクション

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区西新宿1-20-3
西新宿高木ビル桜井ビル8F

 

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

以前のプロダクション名はGIRFY(ギルフィー、2013年12月設立)で、2019年7月Wishに変更。

 


 


 

ウェーブプロモーション

有限会社ウェーブプロモーション(英文名称:WAVE PROMOTION)は、東京都目黒区に本社を置く芸能プロダクション

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都目黒区青葉台4-7-1
設立 2005年7月

 

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

 


 

 

 

AVプロダクション・ガールールプロ

AVプロダクション・ガールールプロは、日本AV事務所である。通称、ガールールプロ。

 

本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田2-24-7
シティコープ西五反田204号
業種 サービス業

 


概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 


 

 

エスフラート

エスフラートS Flirt)は、東京都渋谷区に拠点を置く芸能プロダクション商号は「株式会社スタイルワン」。

 

本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都渋谷区新宿2-7-4
アリサビル6F
設立 2015年10月5日

 

 

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

以前のプロダクション名は社名と同じ「スタイルワン(STYLE ONE)」だったが、後に「エスフラート」に変更。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

事件[編集]

2016年11月24日、所属するAV女優を売春させると知りながら吉原のソープランドに派遣したとして、芸能プロダクション3社(スタイルワン、SSLBELLTECH)の社長(当時)が、職業安定法違反の疑いで警視庁保安課や原宿署・浅草署などの共同捜査本部に逮捕された[2]

 

 

 


 


 

エルプロモーション

株式会社エルプロモーション(英文名称:L-Promotion)は、東京都渋谷区に本社を置く芸能プロダクション

本社所在地 151-0053
東京都渋谷区代々木一丁目23-7
瑞穂ビル

 


概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 

 


 

オールプロallpro)は、日本芸能プロダクション。元のプロダクション名は「オールプロモーション」。この頁ではグループ企業である映像制作会社の『allcreate』、アダルトビデオメーカー、レーベルである『レズれ!』、『FALENO』など付帯するグループ全般についても扱う。グループ企業の多くは東京都品川区東中延1-12-8 PJMビル内に所在する。

 

 

 


 


 

カプセルエージェンシー

株式会社カプセルエージェンシーCAPSULE AGENCY)は、東京都渋谷区に本社を置く芸能プロダクション

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区渋谷2-2-1
設立 2005年2月


概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛け、若手や新人の他、熟女モデルも多数在籍しているのが特徴。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 

 


 

 

 

 

 

 

キーストンプロダクション

株式会社キーストンプロダクションは、芸能からAVまで取り扱うモデルプロダクションである。

 

本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20番1号
設立 2003年9月

 


 

概要[編集]

所属タレントの育成やマネジメント、各種イベントの企画及び運営、著作権・肖像権管理を行う。また飲食店などの経営も行っている[1]

ハマカーンなどが所属していたお笑いプロダクションのキーストンプロとは無関係。

 

 

 

 

 

グランツプロ

グランツプロGLANZPRO)は、東京都千代田区に拠点を置く芸能プロダクション

本社所在地 日本の旗 日本
102-0083
東京都千代田区麹町4-5-4
桜井ビル5階
設立 2017年5月

概要[編集]

2017年5月設立。それ以前は「サンプロ」のプロダクション名であった。

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]


 


クルーズグループ

株式会社クルーズグループ(英語表記:CRUSE GROUP Co., Ltd.)は、日本芸能事務所

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。同業の株式会社CLDはグループ会社。

かつては「クルーズ・ワン」「ジーアースエンターテイメント」「こずプロ」で“クルーズグループ”を形成。各々の法人化や統合などを経て現在の形となっている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目10番14号長崎堂ビル5F
設立 2014年12月

沿革[編集]

2004年9月、株式会社こずプロを設立。

2010年9月道玄坂にダイニングバー「DINING&BAR Zu-Ho」をオープン。

2012年4月デリバリーヘルス「ガールズメーカー」をオープン(2012年2月に閉鎖)。

2015年10月、株式会社クルーズグループ、有限会社ジーアースエンターテイメントを設立。

2016年4月、株式会社CLDを設立。

2018年1月、グループを株式会社クルーズグループと株式会社CLDに統合。

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。同業の株式会社CLDはグループ会社。

かつては「クルーズ・ワン」「ジーアースエンターテイメント」「こずプロ」で“クルーズグループ”を形成。各々の法人化や統合などを経て現在の形となっている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 


クローネ (芸能事務所)

株式会社クローネKrone)は、東京都目黒区に拠点を置く芸能プロダクション

 

 

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
153-0044
東京都目黒区大橋一丁目7-7

 

 


 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 


サミット (芸能事務所)

サミット(英文名称:SUMMIT)は、東京都新宿区に拠点を置く芸能プロダクション

 

概要[編集]

2020年に設立。主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区新宿4丁目1-22
新宿コムロビル702
設立 2020年

 


 

 

取引先 合同会社DMM.comFANZA
株式会社ジャパンホームビデオ
SODクリエイト株式会社
有限会社プレステージ
株式会社集英社
株式会社 竹書房
株式会社 彩文館出版
株式会社 双葉社

 

 

C-more ENTERTAINMENT

C-more ENTERTAINMENT(しーもあえんたーていめんと)は、東京都渋谷区に拠点を置く芸能プロダクション

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区神宮前6-28-9


概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 

 


セレクション (芸能事務所)

セレクション(英文名称:SELECTION)は、東京都渋谷区に事務所を置く芸能プロダクションである。主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区神泉町10-10
アシジ神泉ビル7F


ゼロサムプロダクション

ゼロサムプロダクション(英文名称:Zerosum Producution Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く芸能事務所である。主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前三丁目42-9 伊藤レジデンスビル1階

 


大穴 (芸能事務所)

株式会社大穴(だいあな、英文名称:Diana)は、日本の芸能プロダクションである。

 

浜野ビル外観写真

本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷4-27浜野ビル4F
設立 2007年8月


概要[編集]

AV女優を中心に一般のタレントモデルのマネジメントを手掛けている。通称「ダイアナプロダクション」。

 

 

 

ディアスグループ

ディアスグループDiaz Group)は、日本の芸能事務所

 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。正式商号は「合同会社ディアス」。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

2020年9月15日、事務所公式You Tubeチャンネル「POW!! POW!! DIAZ ch」を開設[2]

 


本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿4-1-22 新宿コムロビル7F 2号

 


 

 

ディーアンドエルプロモーション

株式会社ディーアンドエルプロモーション(英文社名;D&L Promotion Co., Ltd)は、東京都渋谷区に本社を置く日本AVプロダクション

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0002
東京都渋谷区渋谷3-5-7 佐藤ビル2F

 


概要[編集]

紅音ほたる横山美雪片桐えりりかが司会を務めるUstreamの生放送番組「艶姫ナイトTV」(毎週土曜日20時~21時)の運営会社である[2]

 

 

 

ティーパワーズ

ティーパワーズ株式会社(英語表記:T-POWERS)は、東京都品川区に本社を置くAVプロダクション

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
141-0022
東京都品川区東五反田1-15-7、301
設立 2001年12月


 

概要[編集]

2001年12月に設立された、国内最大手のAVプロダクション。札幌、仙台、大阪、福岡に支社を持つ[1]。

380名近いAVタレントが在籍。所属AVタレントの合計SNSフォロー数は1500万近く、通常のAV業務に以外に、インフルエンサー業務と両立して事業を拡大している。

また、コンテンツの企画・制作、メーカーの下請けとしての映像制作・編集作業も行っている。

 

 


 

Duoエンターテイメント

株式会社Duoエンターテイメント(デュオエンターテイメント、英文名称:DUO Entertainment)は、日本の芸能プロダクション

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区新宿6-26-2
コーラルビル5F-A
設立 2009年4月


 

概要[編集]

主にAV女優のマネジメントを手掛けている。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]

 

 


 

 

 

NAXプロモーション

NAXプロモーション(なっくすぷろもーしょん)は、日本の芸能事務所

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-11-2
アサヒビル5F
設立 2006年9月


概要[編集]

2006年9月に設立。正式商号は「株式会社New Actor Experience」。

主にAV女優のマネジメントを手掛け、大阪・名古屋・北海道に支社を持つ。

Japan production guild(日本プロダクション協会)加盟プロダクション[1]