鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

己の人生の軌跡【其之伍】 深堀の譚:參(前編)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の絶景30選!一生に一度は行きたい厳選スポット! 【楽天トラベル】

 

 

 

 

 

ラハイナ東海

ラハイナ東海(ラハイナとうかい)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く日本のアダルトビデオメーカーの一つ。All AboutのインディーズAVメーカーリンク集では「名古屋が誇るトップメーカーの一つ」「特にダンスものは質量共に強力」と評していた[1]

 

Lions Hotel Nagoya 20140824.JPG

本社所在地 日本の旗 日本
460-0008
愛知県名古屋市中区1-22-2
ライオンズホテル名古屋ビル3階316号
座標北緯35度9分53秒 東経136度53分44.1秒
設立 1992年平成4年)3月16日

 

 


 

 

大陸書房

株式会社大陸書房たいりくしょぼう)は、1967年から1992年まで存在した日本の出版社映像ソフト会社

かつての本社は東京都文京区本郷2-3-9で、最終所在地は東京都文京区本郷2-6-4。

 

 



 

沿革[編集]

双葉社で実話雑誌や秘境本を担当してヒットを飛ばしていた編集者の竹下一郎が、1967年12月、オカルト関係のノンフィクション専門の出版社として設立[1]。社名はムー大陸からとられた[2]

1968年2月に「失われたムー大陸」を初出版、以後「失われた文明」、「怪奇・奇談」、「UFO」、「神秘・四次元」などのシリーズものを中心に刊行し、1970年代オカルトブーム、日本の超古代ブームに火をつけた[1]。代表作にジェームズ・チャーチワードの『失われたムー大陸』がある。[3]白地にタイトル・著者がゴシックで示され、テーマを象徴するカラー写真があるだけの単純な装丁に、造本も紙質も安っぽく、原著のタイトルも発行日も記されていなかった[3]。編集者の松岡正剛は、「こんなものが明るい大書店に並んでいいのか」というほどのいかがわしさで、著者の履歴もおよそ不明であるが、一時期書店を席巻していたと述べている。だれもこの「大陸書房現象」を語らないが、寺山修司澁澤龍彦荒俣宏鎌田東二はコレクターだったという[3]

 

 

 

 

タカラ映像

タカラ映像は日本のアダルトビデオメーカーで、熟女・人妻専門メーカーである。

 

本社所在地 日本の旗 日本
112-0005
東京都文京区水道2-1-21


概要[編集]

タカラ映像は、熟女系専門のアダルトビデオメーカー

いわゆるメジャークラスの美熟女系などの女優さんなどが多くドラマ物などが多い。

メインレーベルは『ALEDDIN』[1]。『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…。』、『再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…』、『義理の息子』、『母姦中出し』、『息子の嫁と義父』、『友人の母親』など多数のシリーズ作品を持つ[1]

 

 


事業者名 株式会社タカラ映像
代表者 松坂寛之
住所 〒112-0005
東京都文京区水道2-1-21
電話番号 03-5684-0026
FAX 03-3816-5359

 

 

 

 

DANDY

DANDY(ダンディ)は、東京都渋谷区に拠点を置くアダルトビデオメーカー

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
151-0061
東京都渋谷区初台2-20-8
設立 2006年9月


 

概要[編集]

2006年2月AV監督のダンディよしのがナチュラルハイから独立し設立。同年8月よりリリースを開始。「ちょいワル」「ロクデナシ」をキーワードとするメーカー。

会社名は「株式会社ヒロスンエンタテインメント」。ソフト・オン・デマンドグループに属する。

2013年9月に素人妻専門メーカー「コスモス映像」、2018年8月にロリ専門メーカー「ひよこ」を新たに立ち上げた。

 

 

 


 

 

テイクワン

株式会社テイクワンTakeOne,inc)は、日本のコンテンツ制作会社の一つ。本社は愛知県名古屋市名東区山の手1-205

 

本社所在地 日本の旗 日本
465-0011
愛知県名古屋市名東区山の手1丁目205番地
座標北緯35度11分10.1秒 東経136度59分21.3秒
設立 1988年3月

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サディスティックヴィレッジ

サディスティックヴィレッジは、日本アダルトビデオメーカー。商号(会社名)は、株式会社レコンキスタスピリッツ。

 

概要[編集]

ソフト・オン・デマンド(SOD)グループに属するメーカーの一つ。2007年創立。

 

本社所在地 日本の旗 日本
170-0014
東京都豊島区池袋1-2-6
ベルメゾン池袋B1F102
設立 2007年4月

 


 


ディープス

ディープス(DEEP'S)は、東京都新宿区に拠点を置くアダルトビデオメーカー

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿2-15-26
第三玉屋ビル8階
設立 1999年8月

 


概要[編集]

1999年8月にマメゾウにより設立。社名は「株式会社東凛(とうりん)」。現在の代表者は渡邊雄士。

元はソフト・オン・デマンドグループの主要メーカーであったが、グループを離脱し2016年10月より流通をアウトビジョンに移した。これに伴い人気シリーズ「マジックミラー号」は「ザ・マジックミラー」に名称を変更[1]

現在は主に企画もの作品を毎月リリースしている。主な作品ラインナップは「ザ・マジックミラー」「マジックミラー便]」「一般男女モニタリングAV」「マジックミラーの向こうには●●」や女優ドラマものなど。かつてはブルマレズもの、フェチ作品などを多くリリースしていた。

 

 

 

E-BODY

E-BODYイー-ボディー)は、日本アダルトビデオメーカー名、及びその作品シリーズ名である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4丁目5番28号 恵比寿ガーデン203号
設立 2007年12月

 


概要[編集]

2007年に登場した、北都アウトビジョングループ)の社内レーベルである。プレイにおいては、特にシチュエーションやストーリーは置かず、玩具もまったく用いない、シンプルで扇情的なセックスを特徴とした作品を制作している。また、レーベル名の由来でもあるように、出演女優がグラマーな身体であることを特徴としている。

 

 


 

 

kira☆kira

kira☆kiraキラ☆キラ)はアダルトビデオメーカーレーベル

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4丁目5番28号恵比寿ガーデン203号

 


概要[編集]

アウトビジョングループの内部メーカーである。「No.1ギャルメーカー」のキャッチコピーどおり、ギャル専門といっても過言ではないほどに特化している。出演女優は以前のイメージ(清純派等)に関わらず、出演時に必ずギャル化(白または黒等)しているのも特徴である。[1]

 

 


 

シネマジック

株式会社シネマジック(CineMagic)は、1983年に設立された日本のアダルトビデオメーカーである[2]

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
165-0021
東京都中野区丸山2-6-12
設立 1983年11月11日

 


 

歴史[編集]

サン出版の社員だった吉村彰一が1983年に設立[1]アートビデオと並ぶSMビデオの老舗[3]。80年代後半には単体アイドル路線のAVも作成していたが(レーベル名Annie)[4]、現在はほとんどの作品がSMモノかSM色の強いフェチモノである。

 

 



シネマジック・オフィシャルウェブサイト

 

 

 

ZUKKON/BAKKON

ZUKKON/BAKKON(ズッコン/バッコン)は、日本のアダルトビデオメーカーである。

 

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-5-28 恵比寿ガーデン203

 


 

概要[編集]

アウトビジョングループの内部メーカーとして2012年5月に設立された。

乱交専門メーカーとして設立され、内容は主に男女計5人以上のグループセックスが主体となっている。 出演女優はアウトビジョングループ内外の人気女優が多数起用されている。

 

 

 

痴女ヘブン

痴女ヘブン(ちじょヘブン)は、日本のアダルトビデオメーカーである。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-5-28 恵比寿ガーデン203
設立 2008年12月

 

 

概要[編集]

アウトビジョングループの内部メーカー「」として2008年12月に設立された。 痴女に特化した作品作りを行っており、専属女優のほか、アウトビジョン内外の女優が多数起用されている。

2015年6月、AV OPEN2015への出品(出品作品は「W誘惑お姉さん 桜木凛,かすみ果穂」)にあたって、「企画部門で1位を獲れなかったらメーカー名「美」を改名する」とのマニフェストを発表した[1][2]が、企画部門1位はMOODYZとなったため、公約通り11月16日にメーカー名を「痴女ヘブン」に改名した[3]

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタルアーク

デジタルアークdigital ark)は、日本アダルトビデオメーカーレーベル

本社所在地 日本の旗 日本
171-0052
東京都豊島区南長崎5-9-6
設立 1997年10月1日
代表者 牧田伸一


概要[編集]

ジャンル作品を中心に高い評価を得ている映像メーカーで、特に痴女ギャルに特化した作品は人気が高い。また、アダルトグッズ、コスチューム、撮影で使用したグッズのオークションなども手掛けている。

2011年12月にオンライン専門メーカー直販レーベル『DEGEA』を立ち上げ、マニアックな作品や作り手の作りたい作品を配信している。

 


 

 

ドグマ (アダルトビデオ)

ドグマ (Dogma) は、日本アダルトビデオメーカーの一つ。本社は、オムプロダクション。六本木一丁目駅近くの東京都港区六本木2丁目3番3号 三重ビル。

 

本社所在地 162-0032
東京都港区六本木2丁目3番3号 三重ビル
設立 2001年
業種 情報・通信業

 


概要

2001年ソフト・オン・デマンドの看板監督だったTOHJIRO (伊藤裕一) が設立したディレクターズメーカー。設立当初はTOHJIRO、溜池ゴロー二村ヒトシと専属女優の森下くるみが所属(溜池ゴローは後に独立)。堤さやか桃井望樹若菜らを輩出したメーカーとしても知られる。TOHJIRO監督などによる拘束椅子シリーズや、二村ヒトシ監督のふたなり系シリーズなどが人気。

 

 


 

隼エージェンシー

有限会社隼エージェンシーはやぶさエージェンシー)は、日本のアダルトビデオメーカーである。作品はDVDパッケージでの販売の他、BURN-OUT.TVと言うストリーミング配信やダウンロードサイトで見る事ができる。また、BURN-OUT.TVではDVD Toasterを導入し、PCでDVD-Videoが焼けるサービスを開始した。

 

本社所在地 130-0013
東京都墨田区錦糸2-13-6
HARUYAMA BLD:3F
設立 1992年3月16日

 


 

Fitch

Fitch(フィッチ)は日本のアダルトビデオメーカーである。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-5-28 恵比寿ガーデン203
設立 2011年5月

 


概要[編集]

アウトビジョングループの熟女専門メーカー・マドンナのフェチ専門レーベルとして2007年11月7日に第1弾作品「悶絶美熟女の卑猥な日常 上司の奥さん、涼子の場合」(出演:村上涼子)が発売された。 レーベル名は、「Fetish ithe creative hardcore」の略である。


 

本中 (アダルトビデオ)

本中(ほんなか)は日本のアダルトビデオメーカーである。

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-5-28 恵比寿ガーデン203
設立 2010年12月

 


概要[編集]

アウトビジョングループの内部メーカーとして2010年12月に設立された。 メーカー名は「出し」の略であり、メーカーロゴにもカタカナで「ホンモノナカダシ」と併記されている。

その名の通り生姦中出し作品を専門としており、「ゴム禁!ギジ禁!ナマ解禁!!」をキャッチフレーズとしている。

出演女優はアウトビジョングループ内外の人気女優のほか、新人女優や専属女優など多数。

しかし、ここ最近は「擬似中出し」のタイトルしかリリースしなくなった。HPにおいてもその社是であったはずの「ゴム禁!ギジ禁!ナマ解禁!!」が削除されている。

 

 


 

桃太郎 (アダルトビデオ)

株式会社桃太郎(ももたろう)は、日本のアダルトビデオメーカーである。

直販方式によるセル専門メーカー・桃太郎映像出版として発足、インディーズメーカーとしては北都アウトビジョン)、ソフト・オン・デマンドに次ぐ売上高である。

2005年6月、桃太郎ピクチャーズを立ち上げ、レンタル部門に参入。

2006年3月、セル部門の流通をアウトビジョン(北都)に委託、同年7月にはレンタル部門も北都の関連会社である有限会社ティーアイエスに委託している。

宝生奈々桜朱音等、桃太郎の社員となっていた元AV女優がいた。

 

本社所在地 日本の旗 日本
112-0005
東京都文京区水道2-5-4
石切橋ビル
設立 1995年平成7年)1月19日

 


 

概要[編集]


メーカーの特徴[編集]

特徴としては独自の外国人ポルノ女優ネットワークを持っており、ノウハウを持っていること[1]。洋物ポルノ女優が日本のAV作品に出る際は桃太郎映像がおおむね窓口となっている。けっして日本を優先してくれる契約ではないので1人につき半年以上交渉、監督、メイク、通訳までが一体となり撮影班を組んでいる。

その他長期人気シリーズとして鈴木リズ監督による「ヤリマンワゴン」シリーズがある[1]

 

 

 


 

ユーアンドケイ

ユーアンドケイ (U&K) は、愛知県名古屋市緑区に本社を置く、日本のアダルトビデオメーカーである。

1997年(平成9年)に会社設立。『女子校生れず先輩と私』、『ヴァージンレズシリーズ』などのレズものの映像ソフトをリリース。

2010年平成22年)4月より自社商品の流通をアウトビジョン(北都)に委託している。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
458-0801
愛知県名古屋市緑区鳴海町中汐田157-1 2F
座標北緯35度4分38.3秒 東経136度56分36.1秒
設立 1997年平成9年)7月1日

 


 


 

Rookie (アダルトビデオ)

Rookie(ルーキー)はアダルトビデオメーカーである。

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-5-28 恵比寿ガーデン203
設立 2009年3月

 


概要[編集]

アウトビジョングループの内部メーカーで、グループ内メーカーの枠を超えた総集編や企画・コラボ作品などが特徴である。他メーカの人気専属女優が多数出演している。DMMと販売委託契約をしている。大文字で「ROOKIE」と表記される事が多いが、ロゴは、「Rookie」となっている。

キャッチコピーは「スター女優・監督・プロデューサーが集結!日本を熱くするAll Japan 選抜 AV

 

 


 

 

 

 

ワンズファクトリー

株式会社ワンズファクトリー(WANZ FACTORY)は、日本のアダルトビデオメーカーである。セルメーカーとして発足。レンタル向けは2002年よりソフト・オン・デマンドから毎月数作品がリリースされていたが、2006年9月より自社からのリリースに切り替え、全商品がセルorレンタル商品となった。現在2013年からはアウトビジョングループに属している。

 

 

略称 ワンズファクトリー
本社所在地 170-0012
東京都豊島区上池袋4-2-1
妹尾ビル1F
設立 2000年3月

 


 


 

 

アトラスにじゅういち

株式会社アトラスにじゅういち(アトラス21)は、日本のアダルトビデオメーカー。本社は東京都新宿区西早稲田3-20-6。

 


概要[編集]

ビデ倫系アダルトビデオメーカーの一つ。旧名称は株式会社ステラで、1980年代初期よりAV制作を手がけてきた株式会社ビップ(旧・VIPエンタープライズ)の子会社だったが、1994年にビップの業務を継承したことから、一般にはビップの後継レーベルと位置づけられている。

ビップ」、及び1999年に再興された新「ビップ」(株式会社ビジュアルインフォメーションプロダクツ)についても本項で詳述する。

 


販売業者 ホット・ポイント株式会社
運営責任者 小林 義
住所 〒220-0074
神奈川県横浜市西区浅間町22-6-213
電話番号 045-320-0000
サポート対応時間 月~金(休日を除く) 10:00 ~ 20:00

 


九鬼 (アダルトビデオ)

九鬼(くき、KUKI)は、日本のアダルトビデオメーカーである。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-1-10 
インテックスエビスビル5F
設立 1977年

 


 

概要[編集]

ビデ倫系アダルトビデオメーカー最大手の一つであり、1980年代初期よりAV制作を手がける老舗メーカー。
グループ企業に「X CITY」などのインターネット事業を展開する株式会社アルケミア[1]衛星放送事業を担当するアスパイアビジョン株式会社などがある。

アダルトビデオ全盛期は映画製作やクラブ運営などでも実績を残しKUKIグループを形成。2000年代以降はグループ会社の各事業で実績を上げている。

 

 

アダルトビデオメーカー

アダルトビデオ(AV)メーカーとは、映像の製作会社の中で、特にアダルトビデオを主に制作、生産する会社を指す。

 

概要[編集]

狭義の「アダルトビデオ」が日本独自のジャンルであるため、日本にしか存在しない企業体であるが、日本向けに制作する海外の企業やグループ、また媒体によってはポルノ映像全般を制作する企業、グループを指す場合もある。以下は特記なき場合、日本国内の概要である。

かつては販売経路、流通の違いによって「レンタル系メーカー」と「セル系メーカー」、あるいは、所属する倫理審査団体によって日本ビデオ倫理協会ビデ倫)またはコンピュータソフトウェア倫理機構ソフ倫)に所属する「ビデ倫(・ソフ倫)メーカー」と、それ以外の審査団体(コンテンツ・ソフト協同組合メディ倫)など)に属しているか、どの審査団体にも属していない(自主規制)「インディーズ系メーカー」に分けるのが一般的であった。

最近はセル市場の発達により現在双方のメーカーがレンタル・セルの両方で商品をリリースしており、ビデ倫においてもヘアアナルの露出や、性器の形に沿ったモザイク処理(いわゆる「デジタルモザイク」)を解禁したり、日本映像ソフト制作・販売倫理機構(制販倫)、ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合(VSIC)といった、非ビデ倫ソフ倫ではあるが従来のインディーズとは一線を画した倫理審査団体が誕生しており、そういった分類は適切ではなくなってきている。

2016年にAV出演強要問題が社会問題となり、業界改革としてアダルトビデオメーカー、制作プロダクションによる社団法人・映像制作者ネットワーク(CCN)が設立された[1]

ともに「AV女優が所属」という表現をするがAV女優をマネジメントするAVプロダクションとは異なる。

 

 

メーカーとレーベル[編集]

レコード会社など一般的にはメーカー=製造、販売会社、レーベル=企業内ブランドであるが、アダルトビデオ業界の場合、メーカー=企業内ブランド、レーベル=シリーズとなっていることも多い[2]。製作チームの色を強く出すことがブランド化につながること、アウトビジョン系列が当初グループ色を出さずに成功した例があるためといわれている。

表向きにはわかりにくいため、後述のメーカーは企業体、企業内ブランドいずれも含む。

 

 

 

 

Category:日本のアダルトビデオメーカー

 

 

エッジ (アダルトビデオ)

エッジ(EDGE)は日本のアダルトビデオメーカー代表取締役はAV監督の皇獅婁[1]。 フェチ作品を中心に作品を出している。代表の皇獅婁がWaap Entertainmentから退社独立するかたちで、設立した会社である。当初は北都のMOODYZ内レーベルであったが、現在では自社レーベルと北都系の制作を請け負っている。 また、24時間撮影可能な中野区弥生町の自社スタジオを映画、ドラマ、PVの撮影からスチール撮影まで対応するスタジオも所有している。 販売はアウトビジョングループ(DMM)に委託している。 また、AV監督の黒澤あららの作品では、北都のMOODYZアイデアポケット等で制作を請け負っている。 経緯としては、MOODYZのエッジレーベルがあったが、現在は自社レーベルとして販売しているものである。 スタッフが総勢で4名しかいないため、ビデオエンジニア、音声エンジニア、照明エンジニア、スチールは外注している。

 

 

本社所在地 日本国
東京都豊島区東池袋4-30-13
設立 2002年
業種 映像制作業

 


主なシリーズ[編集]

  • 女だらけの世界
  • ドリームクリニック
  • M MANIA
  • 口マンコ
  • 天使の手コキ
  • ごっくん天使のフェラ
  • 射精直後の亀頭をこすり続けると男も潮噴くって知ってる?

自社スタジオ[編集]

東京都中野区弥生町に24時間撮影可能なスタジオを有している。
1階は同社の事務所となっており、2階~6階・屋上まで撮影スタジオとして使用可能である。
一応、PVや映画、CMの撮影を謳っているが、AVやアダルト系スチールの撮影がメインである。
角フロアー毎にシャワー室を設けている。

 

 

 

 

 

 

 

GIRL'S CH

GIRL'S CH(ガールズシーエッチ)は、日本の大手アダルトコンテンツ流通業者であるソフト・オン・デマンド株式会社が運営する女性向けアダルトビデオを中心とした総合販売サイトである。また、SODグループメーカーであるSODクリエイトから女性向けアダルトビデオが同名のGIRL'S CHレーベルとして制作されている。

 

概要[編集]

2013年1月14日にサイトオープン[1]、無料動画が1,000本あり[2]、当初は「女性の「見たい」を後押しする無料セクシー動画サイト」として設立された[1]

同日新成人女性100人を集めテリー伊藤壇蜜岩井志麻子内田春菊をゲストに迎えてオープン記念イベントを開催[3]ニコニコ生放送で配信された[4]

2014年11月22日から、プレミアム動画として有料動画配信を開始[5]。以降は「女性の「見たい」「知りたい」「買いたい」を叶える国内最大級の女性専用アダルトサイト」という説明になっており、無料動画配信に加え有料動画・DVD・グッズ・イベントなどの販売を行っている。

 

 


特定商取引に関する表記

事業者の商号 ソフト・オン・デマンド株式会社
通販業務責任者 野本義晃
住所 〒164-0012
東京都中野区本町6丁目20番12号 SAN新中野ビル
電話番号 03-5328-7256
(11:00~17:00 ただし土・日・祝日および夏季・年始年末等の特定休業日を除く)

 


 

ラポルノ

 

ラポルノ(laporno)は、日本のYOSUGAが運営するアダルトビデオメーカークラウドファンディングサイト[1]

 

 

 

特徴[編集]

コンピューターシステム会社として創業した株式会社YOSUGAの手掛けるアダルトビデオメーカー、ファンディングサイト。

風俗業界の勤怠システムを手掛けたことから業界に関わり、のちにアダルトサイトで自動投稿するシステムの制作を開発し提供[2]していたが、運営会社が消息不明になり、開発費を回収するため仕方なくサイトを自社運営するようになる。しかし違法動画サイトだったため公式動画サイトから抗議を受ける。

目的は不良債権回収だけだったため、謝罪の上閉鎖するつもりだったが、会談した際に共存共栄を図り、メーカー化して歩み寄ることとなった。システム制作会社としてクラウドファンディングシステムを構築。2017年12月より達成された作品は黒船レーベルのアダルト作品としてMGS動画で配信リリースする[2]

2019年12月28日、サービスに関して商品の未発送や回答遅滞が発生したことを理由に運営刷新を発表[3]。12月30日には運営変更の周知の一環として、Syain Bar SOD女子社員で初の大型イベントを開催[4]。MCカジ、第1部ゲストに川越ゆい河北麻衣冬愛ことね。第2部ゲストに大槻ひびきAIKA、1部、2部両方にあべみかこ栄川乃亜が出演。同イベントではあべみかこ、栄川乃亜がラポルノ宣伝部長に就任[5]

 

市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0007
愛知県名古屋市中区栄3-5-7
フローラル千種401号
業種 情報・通信業

 

 

 



 

オールプロ

オールプロallpro)は、日本芸能プロダクション。元のプロダクション名は「オールプロモーション」。この頁ではグループ企業である映像制作会社の『allcreate』、アダルトビデオメーカー、レーベルである『レズれ!』、『FALENO』など付帯するグループ全般についても扱う。グループ企業の多くは東京都品川区東中延1-12-8 PJMビル内に所在する。

 

 


オールプロ
〒142-0052 東京都品川区東中延1-12-8 PJMビル 3階 301号
03-5749-0165 / 受付:11:00~20:00
定休日:土日祝

 


 

 

ROCKET (アダルトビデオ)

株式会社ROCKET(ロケット)は、日本アダルトビデオメーカー

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都豊島区東池袋1-47-7
木村ビル3F
設立 2007年10月

 


 

概要[編集]

V&Rプロダクツの設立メンバーが同社を退職後、

新たにソフト・オン・デマンドのグループメーカーとしてROCKETを設立。

2008年1月17日発売の第1弾5作品をもってスタート。

【みんなの“あったらいいな”がここにある!】をモットーに、

ユーザーの皆さんの「もしも…」を叶える妄想企画や、

ジャンルや枠にとらわれない様々な企画作品を続々発売している。[1] 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:日本のゲイビデオメーカー

 

Acceed

Acceed(アクシード、正式名称は有限会社HINA Acceed事業部)は、日本ゲイビデオメーカーであり、ゲイ男性向けのゲイビデオの制作・販売を行っている。創立は2006年で、本社は新宿区高田馬場。出張ホスト店「An independence」と業務提携[1]しており、出演男優は同店の所属キャストが多い。

 

概要[編集]

ジャニーズ系や体育会系のモデルを中心とした作品が多く、企画モノ(「ドピュッ!飛び出せ!男だらけの大運動会」や「ACCEEDオールスター感謝祭」等)やSMモノを多く発売している。代表的なシリーズとして「Smash!!」や「イクぜ!!」がある。

 

 

 


 

 

 

特定商取引法に基づく表記

販売事業者

運営責任者

菅井慎二

所在地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EJIKI VIDEO WORKS

EJIKI VIDEO WORKS(エジキ・ビデオ・ワークス)は、日本ゲイビデオメーカーであり、主にゲイDVDの制作・販売を行っている。

 

 

概要[編集]

2003年10月1日に設立された。SMを中心としたゲイビデオを制作・販売している。また東京都新宿区新宿二丁目にあるカフェ「Cafe DNA」を運営している。

 

 


 サービス名  D-tunes
 会社名  有限会社 D.N.A ドリームナビゲイション
 設立  2003年 10月 1日
 所在地  東京都新宿区新宿2-13-10武蔵野ビル1F

 


 

ケーオーカンパニー

KOカンパニー(ケーオーカンパニー)は、大阪府大阪市北区に本社を置く、ゲイ(男性同性愛者)向けのアダルトビデオ(AV)であるゲイビデオの製作・販売事業の展開を中心とする日本の株式会社である。2006年《平成18年》6月京都より移転した。

 

 

本社所在地 531-0072
日本の旗 日本
大阪府大阪市北区豊崎2-1-9
ジー・アンド・アールビル6F
設立 1994年(平成6年)9月

 


 

概略[編集]

1994年(平成6年)に京都で設立された。京都ウリ専男組(京都五条西洞院 現在は移転し「男子学園」となる) 当初の経営者の片寄猛によりビデオ制作が始まり、オフィスカワサキにてビデオ編集をし販売を開始する。

初回のデビュー作品は「密林からの使者」であり 2作目の「強制合宿」や「ユニホーム天国」では、奈良県内の実在する学校を貸切しての撮影で在職中の音楽科教員(フィジックバー形式のウリセンでの同僚である「奈良のナオキさん」)の計らいで体育館での製作に至り本人も出演している。

片寄猛本人も初期の何作品かのゲイAVに出演しており、ルミエールの社長平井(名は不明、当時)に「今回のビデオは普通のとは違います」と本人出演の作品を売り込み、ルミエールにて販売を開始した。2004年(平成16年)までは、「京都府京都市下京区河原町通松原上ル清水町454-14 朝日河原町ビル」7Fに事務所を構え下の3F、4Fでは「ショップちゃりんこ」と「発展場サポーター」を経営した(無許可営業だったため摘発され、後に閉店・廃業)。過去には、片岡哲(「男組」の「初期BOY」であり片寄猛と肉体関係を持ち同性愛カップルの恋人となる 「神戸プリティBOY」の元マネジャー、阪神・淡路大震災で崩壊)の会社経費の不正利用により脱税が摘発される。

 


 


 

社名

株式会社 ケーオーカンパニー(ケーオーカンパニー)

英文名

KO company ltd.

設立年月日

1994年(平成6年) 9月

 

本社所在地

〒531-0072

大阪府大阪市北区豊崎2-1-9

電話番号

06-4802-6977

 


 

ゲームス

有限会社ゲームスGAMES VIDEO PRODUCTION)は、日本ゲイビデオメーカーである。本社は大阪市北区豊崎G@MESという商標で知られている。

 

 

本社所在地 531-0072
大阪府大阪市北区豊崎7-2-3
オムシス6F

 


概要[編集]

ゲームスは2001年頃に設立され、毎月コンスタントに2タイトル程度の作品を発売し、現在あるゲイビデオメーカーの中では人気があるメーカーの一つとして知られる。

体育会系専門メーカーであり、10代から30代前半くらいまでの筋肉質なモデルを多く起用しているのが特徴である。男女のカラミについても、いち早く取り入れて好評を博している。

インターネットによる動画配信サイト「HUNK CHANNEL」も運営されている。

 

 


 

 

GET-Film

GET-film(ゲット フィルム)は、日本ゲイビデオメーカー。運営会社は株式会社メディアウェーブ

 

本社所在地 164-0012
東京都中野区本町

 

 

概要[編集]

カッコイイ系やスポーツマン系、可愛い系のモデルが多く、男同士の絡みやオナニーのほか、「ノンケのマジSEXみせちゃいます」シリーズのように、異性間のセックスを男性中心に撮った作品もある。

レーベルは「GET」[1]、「Men's Street」などがあり、「GET」がほとんどを占める。過去には「Evo」、「TANK」などがあったがすぐに廃している。

またウェブサイト「Men's Rush.TV」で、他社作品を含めた動画配信も行っている。配信した自社作品の中からセレクトして「Men's Rush.TV Premium Channel」「Men’s Rush.tv Collection」などとしてディスク版をリリースしている。

 

 

 

https://www.get-film.jp/index.php

 

 

店名 GET-film
会社名 株式会社メディアウェーブ
住所 〒164-0012
東京都中野区本町一丁目10番3号

 

【地図】

 

 

 

 

【航空写真】


 

特定商取引に関する法律に基づく表記

販売業者 株式会社メディアウェーブ
運営責任者 青木健治
住所 〒164-0012
東京都中野区本町一丁目10番3号

 

 

ゲンマビデオ

ゲンマビデオ英語:GENMAVIDEO)は、かつて存在した日本ゲイ向けアダルトビデオメーカーであり、ゲイビデオの制作・販売を行っていた。設立は1995年[1]、東京都新宿区新宿1-7。


 

概要[編集]

体育会・兄貴系専門メーカーであり、主なブランドに「GM」(GENMA)、「SG」(SUPER GENMA)、「TM」(TAG MATCH)、「BCo」(SUPER GENMA - BCo)、「HB」があり、別レーベルに「ANIKY」、「こげんま」があった。当初はゲンマだけだったが、2001年6月に新ブランド「SUPER GENMA」が生まれた。「SG」シリーズの一部VHS作品は廃盤となっており、「BCo」、「HB」シリーズはすべて廃盤となっている。

2010年頃まで年10本前後の新作をリリースしていたが、2011年7月を最後に新規作品の制作は行なっていない。

 

 

スーパースリー (ビデオメーカー)

有限会社スーパースリーは、日本のゲイビデオメーカー。2004年設立。

 

 

本社所在地 東京都渋谷区初台2-20-4
業種 情報・通信業
事業内容 アダルトビデオの企画・製作・販売

 

 

 

 

 

 

Y.B.SPORTS

Y.B.SPORTS(ワイビースポーツ又はヤングボーイスポーツ,略称YBS)は、かつて存在した、1983年に設立されたゲイビデオメーカーである。Y.Bスポーツとも書く。現在の社名はADONIS LANDで、傘下のレーベルに、CDF、Visual i Land、at-B、gf-FellowSがある。

 

概要[編集]

ゲイビデオの黎明期が近づく1983年に大阪市中央区南船場1-7-8-206で設立されている[1]。当初は写真集メーカーだったのか、第一作目の作品名・発売日はいつかなどについては不明[2]。因みにさぶの1985年5月号のゲイショップ、パラダイス北欧の広告には「パラダイス提携ビデオ(Y.Bスポーツ社)」と書かれ、6作が紹介されている。

なおVHSのパッケージによると、社名は「Y・B・SPORTS」と、中黒になっている。「エクスタシー 7人のひとりエッチ集大成ビデオ 改定新版(60分・本体5,806円税174円計5,980円)」に貼られた直径約33㎜丸型の証紙を見ると、上部の小さな「YBS」の表記と共に、中心に大きく「Y・B」と印刷され、下部には小さく「Y・B SPORTS VIDEO」とある。

1980~90年代前半頃までストームプランニングクリエイターズ(現マンハウス)と並んで人気を集めた。ライバル2社と同じく、美青年・スポーツマンモデルを起用した芸術的な作風に特徴があった。初期の作品はオナニーだけのものが多かったが、90年代に入ると絡みが増えていき、ストーム、クリエイターズとの比較ではややハード路線だった。


 

【勤務地】
大阪市北区菅栄町6-4
TEL06-6949-9966

 

【地図】

 

 

 

 

【航空写真】

 

Category:日本のアダルトアニメメーカー

 

 

 

ミルキーレーベル

ミルキーMilky)は、映像コンテンツ制作会社である株式会社ミルキーズピクチャーズのアダルトアニメ製作・販売レーベル。設立当初の2001年2月時点でのレーベルは「ミルキー」のみであり[1]、株式会社ミュージアムGPミュージアムソフト/現:株式会社オールインエンタテインメント)のアダルトアニメ製作・販売レーベルであった[2]

主にアダルトゲーム成人向け漫画を原作としたアダルトアニメDVDDVDPGBDPGを製作しており、2009年12月からはBDでの販売にも参入している。また、代表的なプロデューサーである村上幸太郎のほか、『少女セクト』などの新しいジャンルでは女性プロデューサーが参加している。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
110-0014
東京都台東区北上野2-31-8
設立 2001年2月

 


 


 

 

 

 

 

 

 

エイ・ワン・シー

株式会社エイ・ワン・シー (a1c. Co., Ltd.) は、東京都練馬区に本拠をおくアダルトアニメアダルトゲームの制作・販売を主な事業内容とする日本の企業。

イマジン株式会社のグループ企業である[5]

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
177-0032
東京都練馬区谷原1-2-3-4F[1]
設立 2007年

 


概要・沿革[編集]

アダルトアニメ事業については、2007年に撤退したゑにっくの事業を全面継承。同年10月22日に公式サイトを開設した「鈴木みら乃」では『Grope〜闇の中の小鳥達〜』を制作し、12月21日に発売した。また、2008年5月5日に公式サイトを開設した「2匹目のどぜう」では『そらのいろ、みずのいろ』下巻をはじめ、ゑにっくで制作途中だった作品の制作続行及び発売を行っている。2009年7月には新たに「PoRO」での制作が発表された。

アダルトゲーム事業については、2008年5月7日に公式サイトを開設した「Shelf」で『かぎろひ〜勺景〜』を開発、2009年2月27日に発売した。その後、「DarkShelf」、「biscotti」、「Grand Cru」と新たにブランドを開設している。

 

 

 


 

 

 

ピンクパイナップル

ピンクパイナップルは映像コンテンツ制作事業社。主にアダルトアニメを製作している。 尚、後述企業再編の影響で、2004年を境に製作・販売体制が大きく変わっており、ここでは前期を『ケイエスエス期』、後期を『ジーダス期』とする。

ケイエスエス
1990年代前半に、一般向け実写・アニメコンテンツを手掛けていたケイエスエスの、アダルトアニメ部門として設立。当初は成人向け漫画・ゲームをアニメ化しつつ、オリジナル作品である『淫獣教師』や『淫魔妖女』等も企画製作し、既存本業を凌駕する看板コンテンツに成長した。
また2000年代には、ピンパイティーヴィ名義で実写アダルト作品の配信、ピンパイジューシィ名義でアダルトゲームの制作を行い、販売後数年経過した作品を海外企業に配給する様にもなった。
ジーダス
しかし、2004年にケイエスエス全体における、一般向け・成人向けアニメ制作統括を一手に引き受けていた、プロデューサーの大宮三郎と、音響ディレクション担当の飯塚康一が他社に移籍した事により、ピンクパイナップル及び、ケイエスエス・コンテンツ事業の大半が活動停止に追い込まれた。
その後、ピンクパイナップルの既存アダルトアニメ作品版権は、softgarage傘下の株式会社JSDSS(ジーダス)に移管され、2005年からは新作が新体制で製作される様になる。
同時に、実写アダルト作品・アダルトゲームの製作や、海外企業への作品配給も停止した。
2010年以降は、アダルトアニメ作品及び、その原作候補作品に連動した、関連グッズ制作を手掛ける様になり、宣伝番組ピンパイexプレス!の配信が行われる様にもなった。

 

 

 

作品[編集]

90年代[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

 

 

ピンクパイナップル

http://www.pinkpineapple.co.jp/

 

 

 

特定商取引に関する法律に基づく表記 / Statement Pursuant to the Act on Specified Commercial Transactions
販売業者
Seller
株式会社Softgarage
Softgarage inc.
運営責任者
Operating Manager
伊藤 靖浩
Yasuhiro Ito
住所
Address
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクェアタワー
Ebisu Prime Square Tower, 1-1-39 Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo
150-0012
電話番号
Tel
03-5766-6724