鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

【映画】DUNE/デューン 砂の惑星の感想とMX4Dで見て来たので4DXとの比較も兼ねてTCXとIMAXとの違いを探究。

 

 

 

 

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』オフィシャルサイト 大ヒット上映中!

 

 

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 エリック・ロス
ジョン・スペイツ
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作 フランク・ハーバート
デューン
製作 メアリー・ペアレント
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
ケイル・ボイター
ジョー・カラッチョロ・Jr
製作総指揮 トーマス・タル英語版
リチャード・P・ルビンスタイン英語版
出演者 ティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン
ステラン・スカルスガルド
ジェイソン・モモア
ハビエル・バルデム
音楽 ハンス・ジマー
撮影 グリーグ・フレイザー
編集 ジョー・ウォーカー
製作会社 ワーナー・ブラザース
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 2021年9月3日 (VIFF)
日本の旗 2021年10月15日
アメリカ合衆国の旗 2021年10月22日
上映時間 155分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

 

 

 

 

DUNE/デューン 砂の惑星

DUNE/デューン 砂の惑星』(原題: Dune、別題: Dune: Part One[3])は、2021年アメリカ合衆国SF映画フランク・ハーバートSF大河小説デューン』の映画化作品。二部作の第1弾で、原作の前半部分をほぼ網羅している[4]

 

ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督、エリック・ロスジョン・スペイツ

ヴィルヌーヴが脚本を務める。

 

主要キャストとしてティモシー・シャラメレベッカ・ファーガソンオスカー・アイザックジョシュ・ブローリンステラン・スカルスガルドスティーヴン・ヘンダーソンゼンデイヤデヴィッド・ダストマルチャンチャン・チェンシャロン・ダンカン=ブルースター英語版シャーロット・ランプリングジェイソン・モモアハビエル・バルデムが出演している。

 

1965年に発表された『デューン』は、1971年以降複数の映画製作者が映画化の権利を所有するなど何度も映画化が試みられたが、物語の複雑さ重厚さにより映像化が困難な小説とされている[5][6]。過去には1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に終わり製作過程が『ホドロフスキーのDUNE』として2013年に公開、1984年にはデイヴィッド・リンチが映画『デューン/砂の惑星[7][8]、2000年にはリチャード・P・ルビンスタイン英語版がテレビシリーズ『デューン/砂の惑星』をそれぞれ製作している[9]

 

ドゥニ・ヴィルヌーヴが製作する本作は通算5度目の映像化作品となる

 

 

 

ストーリー(小説での解説)

デューン/砂の惑星』("Dune":1965年)[編集]

遥か未来、思考機械反乱を鎮圧して、中世風の特異な精神世界を作り上げた人間は宇宙帝国を築き世界を支配していたが、超能力をもつ女性種族ベネ・ゲセリットや、純粋数学とメランジの力で恒星間飛行能力を持ったスペースギルドなどの勢力が台頭し決して安泰ではなかった。しかも人間同士も権力争いを日々繰り広げており、危機感を抱いた「パディシャー」皇帝は、メランジの採掘権者ハルコネン家と宿敵アトレイデ家を宇宙で唯一メランジを産する砂漠の惑星アラキスで対峙させ、その争いに介入することでアラキスやメランジも含め世界を一気に掌握する陰謀を画策した。そしてアトレイデ家の当主レト公爵は殺されてアトレイデ家は四散、アラキスは帝国直轄領となり、すべて皇帝の思い通りになるかと思われた。が、公爵家の息子ポウルが砂漠に逃れて超能力と己の使命に目覚め、砂漠の民フレーメンの救世主となって、世界を根本から変革する戦いに立ち上がる。

砂漠の惑星アラキスに起こる革命の戦いや貴重な水を巡る話題、宗教的な精神世界観などからイスラム教やアラブ文化からのインスピレーションによって書かれた作品であることはほぼ定説となっている。ストーリーの流れ自体はエンターティメントの定番とも言える貴種流離譚であるが、登場人物や舞台となる世界の特徴が細かく描かれており、読む者の想像力を一気に掻き立てる展開となっている。 主要な舞台であるアラキスでの設定はエコロジカルなニュアンスを醸し出しており、初版当初は新鮮だった。

特にシャイ・フルドと呼ばれ、生命の水やメランジを生成する全長数百メートルに上るミミズのような砂虫(サンドワーム)が、砂の中を突進してきて振動するもの全てを飲み込む描写は迫力に富み、その後の巨大怪物を描く際のイメージのひとつを創り上げた。楳図かずお漂流教室』の未来怪物やアニメ『伝説巨神イデオン』のドウモウ、映画『トレマーズ』シリーズのグラボイズなどは形態、設定が酷似しているほか、スター・ウォーズのスペース・スラッグ、宮崎駿風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)にも影響を与えたといわれている。

 

 

貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)とは、物語の類型の一種であり、折口学の用語の一つ。若い神や英雄が他郷をさまよいながら試練を克服した結果、尊い存在となるとする説話の一類型[1]貴種漂流譚(きしゅひょうりゅうたん)とも。折口信夫が一連の「日本文学の発生」をめぐる論考のなかで、日本における物語文学小説)の原型として論じた概念である。その説くところは時期によって細部が異なるが、基本的には「幼神の流浪」をその中核に据える。

 

大塚英志は著書『物語の体操』で、以下のように定義している。

  1. 英雄は、高位の両親、一般には王の血筋に連なる息子である。
  2. 彼の誕生には困難が伴う。
  3. 予言によって、父親が子供の誕生を恐れる。
  4. 子供は、箱、かごなどに入れられて川に捨てられる。
  5. 子供は、動物とか身分のいやしい人々に救われる。彼は、牝の動物かいやしい女によって養われる。
  6. 大人になって、子供は貴い血筋の両親を見出す。この再会の方法は、物語によってかなり異なる。
  7. 子供は、生みの父親に復讐する。
  8. 子供は認知され、最高の栄誉を受ける。

 

 

 

神話的英雄の苦難の冒険の物語については、ギリシア神話や日本の神話にも例が見られ、「高貴の血脈に生まれ、本来ならば王子や王弟などの高い身分にあるべき者が、『忌子として捨てられた双子の弟』『王位継承を望まれない(あるいはできない)王子』などといった不幸の境遇に置かれ、しかし、その恵まれない境遇の中で旅や冒険をしたり巷間で正義を発揮する」という話型を持つものがある。

 

これら神話をモチーフにしたさまざまな派生・創作作品についても、貴種流離譚と表現することがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリー(2021年[令和3年]の映画版の解説)

遠い未来、レト・アトレイデス公爵は、宇宙で最も価値のある物質である『メランジ』の唯一の供給源であるデューンとしても知られる危険な砂漠の惑星アラキスの管理権を受け入れる。メランジは人間の寿命を延ばし、超人的なレベルの思考を提供し、超光速の旅行を実用的にするスパイスである。公爵はその機会が宇宙皇帝らによって仕組まれた複雑な罠であることを知っていたが、彼は公爵の愛妾のレディ・ジェシカ、息子で後継者のポール、そしてアラキスの最も信頼できるアドバイザー達を連れて行く。公爵は巨大な砂虫(サンドワーム)の存在によって危険にさらされているスパイス採掘作業を管理しているが、敵の襲撃によってポールとジェシカはアラキスの原住民であるフレーメンに導かれるのだった。

 

 

 

 

 

 

デューン』(Dune)は、アメリカの作家フランク・ハーバートによるSF小説のシリーズ。日本では第1作の邦題『砂の惑星』でも広く知られており、映像化作品もあいまって一般的には『デューン/砂の惑星』と併記される。

 

あらすじ[編集]

砂に覆われ巨大な虫が支配する荒涼の惑星アラキス、通称デューンを舞台に、宇宙を支配する力を持つメランジと呼ばれるスパイスを巡る争いと、救世主一族の革命と世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開される。

解説[編集]

第1作の人気を受けて『砂漠の救世主』『砂丘の子供たち』『砂漠の神皇帝』『砂漠の異端者』『砂丘の大聖堂』と次々に続編が著された。その後の構想もあったようだが、著者ハーバートが1986年に死去したため全6作のシリーズとなっている。

出版直後から幾度も映像化が構想されたが、その壮大なドラマの製作は困難を極め、『エル・トポ』で知られるアレハンドロ・ホドロフスキーを始め多くの人が挫折。ようやく1984年に初めて映画化を成功させたのはディノ・デ・ラウレンティスであったが、監督したデイヴィッド・リンチ自身が認めているように、作品世界全体を描くには充分な内容に仕上がっていたとは言い難い。

なおハーバートは、映画『スター・ウォーズ』には『デューン』から流用した設定等が数十個あると生前語っていた。実際、ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』の世界を検討している際に読み込んだ多くの本の中に、『砂の惑星』も含まれていたという[1]

2000年、著者の息子ブライアン・ハーバートが、『スター・ウォーズ』や『Xファイル』のノベライズ作品で知られるケヴィン・J・アンダーソンとの共著で、『デューン』の背景とキャラクターを使った『デューンへの道』シリーズを発表した。『砂の惑星』に至るまでの過去譚が語られており、父の世界観をうまく引き継いだと評価も高い。『公家アトレイデ』『公家ハルコンネン』『公家コリノ』の「公家3部作」の続刊も刊行された。

2000年代初頭にはアメリカのSF専門ケーブルテレビ局Sci Fiチャンネルでテレビドラマシリーズ化され、『デューン/砂丘の子供たち』までが映像化された。その後2008年にパラマウント・ピクチャーズピーター・バーグ(後にピエール・モレル)を監督にして映画化すると発表したが2011年に製作中止となった。

2013年、頓挫したホドロフスキー版の顛末が『ホドロフスキーのDUNE』としてドキュメンタリー映画化された。

 

 


 

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』US版本予告 2021年10月15日(金)全国公開


 

 


 

 

 


 

・4DXのほうが「雪・バブル・熱風・嵐」など自然表現のバリエーションが多い。

 

・MX4Dの方は「突き上げ・首元の刺激」など動きのバリエーションが多い。

※このサイトより引用。

 

色々な違い一覧

4DXとMX4Dの色々な違いを表にまとめて比較していきたいと思います!
4DXとMX4Dの違い
  4DX MX4D
上映館数
(2020年1月時点)
59館 20館
料金 +1,000円 +1,000円
or
+1,200円
     
前後の動き
上下の動き
左右の動き
座席の振動
首元の刺激 ×
足元の刺激

\左欄が4DX、右欄がMX4D/

フラッシュ
香り
水しぶき
(座席前方より)
嵐の表現
(劇場全体)
×
バブル
(シャボン玉)
×
×
熱風
(首元から)
×

(頭上から)
×
背中の刺激
シートホッパー
(突き上げ)
×

※グランドシネマサンシャイン(池袋)の4DX料金だけ1,100円になります。

 

 

 

 

4DXのほうが四季の表現・自然の表現に長けているのがわかるかと思います。

逆にMX4Dの演出で目立った点は「スモーク」と「フラッシュ」の演出。

この2点は4DXよりも演出が目立つバランスに。なので

『MX4Dはスモークが強すぎて画面が見えなくなる…!』

なんて意見もネット上で見ましたが、ボクの感覚ではそんなことはありませんでした!

ただフラッシュの演出は気が散って、有難迷惑な気も…。これは演出がされるシーンによるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ構想[編集]

続編[編集]

レジェンダリー・ピクチャーズは公式にはグリーンライトを出していないが、ヴィルヌーヴは『DUNE/デューン 砂の惑星』が原作小説の前半部分のみを映像化しており、続編で後半部分を映像化する二部作構想を語っている[79]。これについて、彼は「この小説を1本の映画で製作することには同意できない」「物語の世界は非常に複雑で、その細部にこそ力が宿っているのです」と語っている[79]

2019年4月にレジェンダリーCEOのジョシュア・グローデが、『デューン』の2作目を製作予定であることを明かしており[80]、同年11月にはスペイツがスピンオフシリーズ『Dune: The Sisterhood』のショーランナーを降板し、2作目の脚本執筆に専念することになった[81]。2020年12月、ヴィルヌーヴワーナー・ブラザースが『DUNE/デューン 砂の惑星』を劇場・配信同時公開する方針を発表したことを受け、劇場での興行成績低下によって続編製作が困難になることに対する懸念を表明した[82]

 

 

 

 

【MX4Dと映画の感想】
正直に言うとこの映画は続編物でこれを知ってれば最後までエンドロールを見たけどあんまり真剣に見入る氣になれなかった。だからすぐに出て行った。
東宝シネマズ赤池まで本当に遠いのでそこまでして行く氣にはなれなかった。受付のお姉さんに感想を語ってみたけどたいしていい説明が出来なかった。
ただね、ノリの惡いジェットコースターがMX4Dで4DXの方が性能が良いなんて許せなかったんだけどもうこいつを体験しようなんて死んでも思わない。
後は左右と真ん中のスクリーンも同時に見れるTCXと縦画面と高画質な映像と音響効果を体験できるIMAXの方が見たいのでもはや興味など失せたわ!というのが感想。
ちょいと韓国語のこんにちわのあれを言ってたら耳障りで腹立ったわ。アンニョンハセヨって奴な。
まぁ書かないとすっきりしなかったんだがこの4DX作ったGJグループってサムスングループの創業者が作ったものなんですな。韓国人が支配しているというより李家が
支配していると考えた方がいいだろうな。しかも、創業者の男は早稲田大学に平氣で来てるもん。マジかいな...
あ~あ~嫌になってくるぜ。お前らなんてさっさと死ねばいいんだよ。何故だと?決まっている。お前らの言語を俺が喋っただけで俺の脳が拒絶反応を起こしてるんだ。
謝れ!俺の心をよくも乱しやがったな‼てめえらぜってえ許さねえからな!さっさと逝ってしまえ。

まぁちょいと落ち着いてもとに戻ろうと思うがまず、続編もので次の2作目でこいつは完結なのだろう。普段は必ず映画のエンドロールは見るんですが
早めに帰った方が家に帰れるかな?と想い、今回は急いで退出した。まぁ結果的には10時までに帰ってこれたことを考えると2時間は掛かったね。
まぁ普通の知多半田駅行きを乗ったからそれも仕方ねえか・・・ということで次はちゃんと知多半田駅に止まれるそこの行きの列車に乗りたいような氣分ですね。


早めに帰ってこなかったから危なかったがまぁレンタルで出る時にここのエンディングだけ見るかもしれないということだけ述べておこう。

 

MX4D自体は駄目駄目だった。最初に動く時は「おーーー‼なんか凄いこと起きるかな😍」
と期待してたんだがあの明かりのライトは余計だった。まぁTCXとIMAXの方に僕は期待しましょう。
一応、引用して書いたが自分の言葉で述べると4DXはドラゴンボール超 ブロリー安城コロナワールドで観に行ったが
こっちの方が凄くよく動くし、ドカン‼ドカン‼と迫力が圧倒的に凄かった。引用したところにも書いてあるスモーク(煙)とフラッシュ(明かり)だけは
MX4D専用と感じたが正直に言うとない方が盛り上がれるし余計な機能で逆にいらない。不必要。今すぐ廃品回収にしろ‼と言わなければならないほどに。

正直、韓国もどきの傾国が作ったというのは氣に喰わないし、日本の技術の提供が間違いなくあった筈・・・
そうじゃなきゃここまでの技術は作れない筈なので全てが大韓民国の力とは思わない。LGエレクトロニクスだって日立製作所が技術を提供していたことは
ウィキペリアに乗ってるくらいだし日立は家電としては好きだが巨大企業でTOPIXcore30に入ってる企業なのでそりゃ怪物企業でしょ‼
でも、ここも何らかの財閥に入ってるだけだろうなと思ってたが政治的な意味では青竜会とかなんとかの会に入ってるらしい。
これはカオリズムさんの影響もあるでしょうが正確には智子444代目さんからの情報提供です。
まだまだ勉強不足なのでそのへんは上手く養っていきたいですな。(日本DS組織が所属している派閥の件です)

 

ストーリー自体は続編物だけどこの作品から何を伝えたいのか俳優もどうゆう想いで演技をしているのか作品の構図や争うきっかけなどよくわからないな。
これにハマれる人はとんでもないくらいのSF通だと俺は思う。俺はあんまり理解出来なかったし、正直この映画は何?何が言いたい・・・という感想。
だからMX4D自体も映画の中身もよくわからないのだよ。あの少女は主人公の夢に出てきた女の子だろう?だけどその女の子が所属している組織は一応、主人公の
一族の味方の筈なのに相手の方も銃を構える必要はないのだし心暖かく歓迎すればよいだけのことでそして、一戦交えることになって両者とも無傷だったが
その後に男の一人が納得いかないということで刃物を持った決闘を初めて殺しあって主人公は殺し合いは初めてでそれに戸惑ったその味方の人たちも戸惑ったが
彼は腹をくくって彼の腹を刺して仲間として認めてもらってそれで前に進むという作品だがこれは低レベルのカス作品かな?
初心者に内容を上手く伝えられなかった時点で失格だし、壮大っぽい物語もただのハリボテで劇の芝居に出すに値しないレベルね。

なのでこれ以上の感想は特になし。

 

 

 

【この映画のまとめ】
・レンタルが出たらエンドロールだけ見よう。
・MX4Dもこの映画もどちらも凡作。4DXの方をお勧めする。
・そんなの興味なく純粋に映画を見たい人はIMAXでよろしい。

興味があればTCXやその他上映方式でもどうぞご覧くださいということでこれでまとめは終わり。これ以上は必要ない。

 

 

 

 

次にTCXとIMAXの概要でも調べてみよう。

 

 

 

 


 

TCX」とは、左右の壁から壁まで一面に広がったスクリーンで、同規模の座席数のスクリーンよりも画面サイズを約120%拡大 した状態でご鑑賞いただける独自規格によるエクストララージスクリーン。 迫力のある映像に没入できる贅沢な映画鑑賞環境をご提供致します。

 

 

東宝シネマズ・エクストラー・ラージ・スクリーンー

「TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN」の略称である「TCX」は、TOHOシネマズ独自のラージスクリーンフォーマット。同規模の座席数のシアターと比較し、120%大のスクリーンサイズを誇る壁一面の巨大スクリーンが最大の特徴。加えて、シアター内の壁や床、座席のカラーをダーク系に統一することによってスクリーン以外の光の反射を軽減。巨大スクリーンに映しだされる大迫力の映像に没入した映画体験を可能に。

 

 

 

IMAX(アイマックス)の種類。ー


 

1・ーIMAX(アイマックス)ー

1967年の設立以来、IMAX[R]は独自開発したテクノロジー、フィルム規格と映写システムで映画体験を変革し、映画製作の限界を押し広げてきた。従来は科学館やテーマパークなどでドキュメンタリー作品を中心に普及してきた。

IMAXは、世界最⾼峰の没⼊型映画体験を提供するシアター。特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、IMAXシアターで上映される作品は音響、明度、コントラスト、明るさなど細部にいたるまで高い精度で調整し、IMAX仕様にリマスタリングされ、ほかの劇場では味わえない画期的な映画体験を可能にしている。映画だけではなく、シアターの設計、プロジェクション、⾳響までもが独⾃にカスタマイズされたシアターだ。

壁一面に広がる巨大スクリーンに、2台のデジタルプロジェクターから同時に投影される明るく鮮明な映像。高精度なサウンドは爆発の大音響、肩越しのささやき、聴くというより感じる重低音で、完璧に調整された一体型サウンドシステムと正確な指向性のスピーカーの組み合わせにより、ピンが落ちる音が聞こえ、どこに落ちたかも正確に知ることができ場内の隅々まで臨場感あふれるサウンドで満たす。

※一般的なIMAX(アイマックス)はIMAXデジタルシアターシステム(別名:デジタルIMAXIMAXデジタルシアター)と呼ばれている。

 

【スペック】
日本での館数:たくさん
投影方式:2K DLP Cinema プロジェクター ×2
音響方式:5chサラウンド
解像度(実効値):2K
画角(画面アスペクト比)= 1:1.85
スクリーンサイズ:それなり(10m〜15m前後)
3D対応:◯(偏光フィルム方式)

【解説】
・高コスト体質によりアナログ方式衰退の危機に瀕したIMAX
・彼らはこの状況に対し、デジタル方式に打って出ることで現状の打開を図ります。
・この方式は2008年に発表され、2009年に日本に導入されました。

・現在最も多いIMAX規格はこの「IMAXデジタルシアターシステム」であり、特に留保なしに「IMAXアイマックス)」と言われる場合は、大概この規格です。

・そのスペックは実効解像度2K(フルハイビジョン)=約200万画素。フィルム時代の解像度が理論値とは言え1億2千万画素であったことを考えると、実に60分の1。大幅にスペックダウンしています。
画面アスペクト比も1:1.43から1:1.85(または1:1.90)と横長になり、縦方向の情報がバッサリ切り捨てられてしまいました。
・確かにデジタル化することでコストは大幅に下がり、商業映画への間口も広くなりました。しかし、そこに現れたのはフィルム時代のIMAXとは似て非なるものだったのです。

・目で見てわかるほどに低下した解像度。IMAX独特の映像への没入感を生んでいた縦方向情報の切り捨て。
・確かに通常の映画館の画角(1:2.35 シネマスコープ)に比べれば縦長なのですが、フィルムIMAXの画角に比べれば2割以上の情報が失われており、従来に比べて大いに見劣りするものになってしまったのです。
・これに失望した人々からは「LieMAX(≒嘘八百≒ニセモノのIMAX)」という蔑称を奉られています。

・とはいえ悪いことばかりではなく、サラウンドスピーカーがデフォルトで導入されていたり、プロジェクターを2基導入することで3D映画における光量の低下が防がれたり、デジタル時代に対応した技術が存在することもポイントです。
・導入の点でも簡便になり、アナログ時代のような容積的な制約から開放された結果、専用のIMAXシアターを一から新設する必要はなくなり、通常の映画館を改装することで「IMAX化」が出来るように成りました。
・作品の点でも進展があります。フィルムの時代とは異なり、デジタル処理を施すことで「後からIMAX映画化」することが出来るようになり、多くの商業映画がIMAX対応となったことも、この規格の功績です。

・興行側、映画館としては低コストに「IMAX化」が図れることもあって、客寄せとしても、追加料金(概ね700円前後)を確保する口実としても、最適なシステムでした。
・そのためこの規格は爆発的に普及し、現在日本に存在する多くの「IMAX」は「IMAXデジタルシアター」となっています。

・しかし解像度が低いこともあって、スクリーンサイズを大きくし過ぎると粗が目立ってしまうという欠点があり、その最大幅は15m程度に留まってしまいました。従来のフィルムIMAXの3分の1〜半分程度のサイズです。
・たしかに15m×10m程度のスクリーンでも通常のシネコンで考えれば十分に大きいサイズですし、迫力もあります。しかし20m超のスクリーンが存在する都市部の巨大劇場に比べればたいした大きさではなく、フィルムIMAXと比べれば明らかに小さいものでした。

・現在「IMAX」を導入している劇場の多くがそのスクリーンサイズを「非公開」としていますが、その裏には、こういった事情があるものと思われます。

 

 

2・ーIMAXレーザー

IMAXレーザー(別名:レーザーIMAXIMAX with LASER)

【スペック】
日本での館数:増加中
投影方式:4K レーザー光源 プロジェクター ×1
音響方式:12chサラウンド
解像度(実効値):4K
画角(画面アスペクト比)= 1:1.85
スクリーンサイズ:大きい(20m前後)
3D対応:◯(偏光フィルム方式)

【解説】
・2Kという低解像度、スクリーンサイズの制約、5chサラウンド…。
・これらのスペックは導入当時こそ新鮮でしたが、あっという間にキャッチアップされてしまいました
・導入から10年も経たないうちに、「IMAXデジタルシアター」は陳腐化してしまったのです。

・2010年代以降に新設された映画館では、4K解像度のプロジェクター導入が相次ぎ、IMAXを超えるサイズの通常スクリーンが次々と登場することになります。
・TOHOシネマズのTCX、イオンシネマのULTIRA、シネマサンシャインのBESTIA…。15m超、20mクラスの巨大スクリーンが各所に現れたのです。
・音響面でもドルビーアトモスDolby Atmos)が登場するなど、技術革新が進んでいました。

・このような状況に対して家庭用BD(ブルーレイ)同然のスペック(解像度フルHD、5chサラウンド)の「IMAXデジタルシアター」では到底太刀打ちできません。
・折からの「LIEMAX」批判もあり、IMAX社はデジタル方式のリニューアル、テコ入れに着手します。

・「IMAXデジタルシアター」の日本導入からわずかに5年。2014年に発表された規格が「IMAXレーザー」です。

・映像面では解像度が2K(フルHD)から4K=約800万画素へと4倍のスペックアップ。
・音響面では5chサラウンドから12chサラウンドへと、競合他社の立体音響技術にキャッチアップしています。
・特に重要なのはプロジェクターの光源の変更で、従来の白色灯(キセノンランプ)からレーザーへと変更が行われました。

・レーザーの場合、白色灯ランプの光をプリズムで分離するという過程が省けるため、従来にくらべてクッキリ・ハッキリとした画を得ることが出来ます。
・光量も大きく増加し、しかも発熱が抑えられるため、メンテナンス性にも優れていました。

・現在多くの映画館で置き換えが進んでいる「IMAX」とは、この「IMAXレーザー」規格のことです。
・残念ながら置き換え(設備更新)であり、一からの新規設計ではないため、画角は「IMAXデジタルシネマ」時代の1:1.85に留まりますが、それでも画質面・音響面での欠点が解消され、追加料金を支払うのに相応しい性能を持ち得ています。
・スクリーンのスタンダードサイズ(想定される上限サイズ)も22m×16.1mまで大きくなっており、もし大規模なリニューアルが行われれば1:1.43のフル画角が期待できるかも知れません(残念ながら日本では例がありませんが…)。

・唯一「IMAXデジタルシアター」と比べて劣る点をあげるとすれば、それはプロジェクターの数が2基から1基に減ったことです。
・そのためIMAX3Dの利点であった「明るい画面」が一歩減退してしまいますが、その点はレーザー光の高コントラスト比と高光量で補えるという判断ではないかと思われます。

 

 

 

 

3・ーIMAXレーザー(アイマックスレーザー)/GTテクノロジー  

現在、日本国内では、東京・池袋のグランドシネマサンシャインと大阪の109シネマズ大阪エキスポシティにのみ導入されている「IMAXレーザー/GTテクノロジー」は、国内最大級のスクリーンと4Kツインレーザープロジェクター、12chサウンドシステムを兼ね備えたシアター。通常のスクリーンと比べ正方形に近い1.43:1のアスペクト比は、IIMAXフィルムカメラで撮影されたシーンがフルサイズで上映することが可能に。

IMAXレーザー/GTテクノロジーで映画を観られる劇場】

109シネマズ大阪エキスポシティ/グランドシネマサンシャイン

 

【スペック】
日本での館数:2(109シネマズ大阪エキスポシティ、東京 池袋グランドシネマサンシャイン
投影方式:4K レーザー光源 プロジェクター ×2
音響方式:分散型12chサラウンド
解像度(実効値):4K+α
画角(画面アスペクト比)= 1:1.43
スクリーンサイズ:巨大(25m超)
3D対応:◯(電子シャッター方式)

 

【解説】
・栄光よ、再び。

・デジタル方式のIMAXにおけるフラッグシップ規格、それが「IMAXレーザー/GTテクノロジー」(IMAX GTレーザー)です。
・発表は「IMAXレーザー」と同じく2014年。翌2015年には大阪府吹田市万博記念公園に新設のシアターが設置され、2019年には東京都池袋のグランドシネマサンシャインにも導入されました。
・1970年から有余年。約半世紀の時を越えて、吹田の丘にIMAXが戻ってきたのです。

画面アスペクト比は「IMAX画角」として知られる1:1.43。デジタル方式としては初めてのフル規格IMAXです。
・プロジェクターの解像度そのものはシングルレーザーの「IMAXレーザー」と同じ4Kですが、これを2基用いたツインレーザー仕様であり、超解像イメージング技術によって従来の4Kを超える画質が確保されています。

 

・「GTテクノロジー」のGTとは、Giant Theatre(ジャイアントシアター)を意味する略語と考えられますが、それもそのはず、この規格はIMAXのスタンダードサイズ(スクリーンサイズ22m×16.1m)を超える劇場にのみ許された専用規格なのです。
・大阪のEXPOシティも東京のGDCSも、約26m×約18mの巨大スクリーン。
・音響面も巨大劇場に合わせたチューンナップが施されており、IMAX最高音質がうたわれています。

・IMAX3Dの方式についても異なり、従来の偏光方式ではなくアクティブシャッター方式が採用されています。
・アクティブシャッター方式はシャッターを開閉するための機構や信号受信部、バッテリーがあるため3Dメガネが重いという難点がありますが、従来型に比べて更に明るく・高コントラストの映像が期待できます。

・なによりも素晴らしいのは画角で、従前のデジタル規格で失われてきた縦方向の情報が得られるようになりました。
・これまで日本ではIMAX規格の映画が上映されても、実際のIMAX画角で見ることが出来ないという悲しみがありました。しかしGTテクノロジーの導入により、再びホンモノのIMAXに触れられるようになったのです。

・数字に直してみましょう。アスペクト比1:1.85の画面の面積を100とすると、アスペクト比1:1.43の画面の面積は129。
・最大幅が同じであったとしても、投影される画面の大きさは3割近くも違ってくるのです。

・そのためどの映画館がおすすめか、と問われれば答えは明白です。
・もし大阪か東京の近くにお住まいであれば「IMAXレーザー/GTテクノロジー」の二館、それ以外の地域であれば「IMAXレーザー」への改装館をおすすめいたします。「IMAXデジタルシアター」しか無い場合には、現在の状態ではことさらにIMAXを選択する必要はなく、各社の独自規格やドルビーシネマ、4Kプロジェクターの設置シアターを探したほうが映像美を楽しめるかも知れません。

・以上、IMAX現行4規格の解説でした。映画館選びのご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

4・ーフィルムIMAX

【解説】
IMAXはカナダ発祥の大型映像投影システムです。
・カナダ発ではありますが、実は世界初のIMAX上映は日本で行われました。
・初めての上映が行われたのは1970年。大阪万博、富士グループパビリオンでの出来事です。

・70mmフィルムを横に使うことで、通常(35mmフィルム)の20倍近い撮像面積を確保することに成功したIMAX方式。
・その大きさの分、桁違いに高精細な映像を得ることが出来、単独のフィルムを30m超の大画面に引き伸ばしても鑑賞に耐えうる「圧倒的な映像美」が実現されました。

・「インターステラー」や「ダークナイト」で知られるクリストファー・ノーラン監督によれば、その理論解像度の値は12K。デジタルな画素数に置き直すと、約1億2千万画素となります。
・現実にはプロジェクターの問題もあり、その解像度で観られる訳ではありませんが、ともあれ凄まじく高情報な規格でした(その実効解像度は8K=3200万画素くらいあるのではないか、と言われています)。

・しかし、これを投影するためには、非常に高価な専用フィルムと軽自動車並みの大きさの専用プロジェクター、更には専用スクリーンが必要であり、導入にも維持管理にも恐ろしくコストが掛かるシステムでした。
・加えて、アナログ方式であるフィルムの複製には、現像、定着、焼付といった手間がかかり、一作品を流通させるために掛かる時間やお金も莫大なものとなりました。デジタル方式のようにデータをコピーすれば即完成するわけではないのです。

・こうした高コスト体質が災いして、一時は国内だけでも20軒近くが存在したフィルムIMAXの上映館は次々と減少。
・現在は鹿児島県にある鹿児島市立科学館の宇宙劇場が全国でただ一軒の上映館となっています。
・ただし公営施設ということもあって上映プログラムに商業映画が含まれる機会は少ない印象です。
(とはいえ、2019年には「アポロ11」が上映され観客の度肝を抜きました)

・世界的にも減少が進んでおり、現存するフィルムIMAXの上映館は20にも満ちません。
・国内的にはスペースワールドのギャラクシーシアター(2018年1月閉館)が記憶に新しいところです。

 

 

 

 

 

 

5・ーIMAX『フィルム』ー※海外※

今まで紹介してきたIMAXは『偽のIMAX』なんて呼んでいる人もいますΣ(・□・;)

そんな中『本物のIMAXと呼ばれるのが、IMAX『フィルム』シアターという上映方式です。

IMAX70mmフィルムという15Kという解像度を誇るフィルムで撮影されています。4Kが騒がれているなかまさに桁違いの高画質…。。

このIMAXフィルムを体験できるシアターは現在日本にはなく、海外のシアターに行くしかありません。。

ちなみに世界最大のIMAXシアターがシドニーにありまして、そのサイズは
35.73m×29.42m
※現在は閉店してしまっているそうです。。。

グランドシネマサンシャインのスクリーンサイズが
25.8m×18.9m
なので、縦横それぞれ1,5倍くらい大きさΣ(・□・;)


このIMAX70㎜フィルムを使って最近撮影されたのが、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』です。

本来

・10Kを越える超高画質
・『1.43:1』のアスペクト比

で見ることが可能ですが、これを例えばIMAXデジタルシアターでみると

・2K画質
・『1.9:1』のアスペクト比

になってしまいます。

グランドシネマサンシャインの前日祭で、『ダンケルク』が特別上映されることになりました。

この特別上映が平日の上映にもかかわらず予約サイトのサーバーがダウンするほどの注目を集め、話題になった理由はここにあります。

 

「グランドシネマサンシャインIMAXシアターならダンケルク4K画質にこそなってしまいますが、『1.43:1』で見れる!」

ここに価値を感じている人が多く集まったのです!

当時は大阪のエキスポシティでしか見れなかったので、それがいよいよ首都圏で見れるとなれば映画ファンは興奮しますよね^^

CHECK!【厳選!】巨大スクリーンのある大きい映画館をまとめてみました!【都道府県別】

【厳選!】巨大スクリーンのある大きい映画館をまとめてみました!【都道府県別】

 Twitterの口コミ!

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

IMAX

IMAXアイマックス)は、高解像度のカメラ、フィルムフォーマット、フィルムプロジェクター、アスペクト比の高い大画面(約1.43:1または1.90:1)と急勾配のスタジアム席で知られるシアターからなる独自のシステムである。

IMAXフォーマットで撮影され上映される作品もあるが、通常の映画作品をアップコンバートし、上映することもある。この方式をIMAX DMRと呼ぶが、画面サイズの縦横比は従来通りの場合もある。

 

 

歴史[編集]

IMAXシステムはカナダ人のグレーム・ファーガソン、ローマン・クロイター、ロバート・カー、ウィリアム・ショーによって開発された[1]

1967年モントリオール万国博覧会でクロイターもファーガソンもマルチスクリーン投影システムを使用したが、技術的に課題があったため、共同で「マルチスクリーン社」という会社を創業。結果として、紆余曲折の後ショーの開発したシングルスクリーンシステムに落ち着くことになった。その後大画面投影方式を導入するに至り、社名も「IMAX社」と変更した。

1970年大阪で開催された日本万国博覧会において、富士グループパビリオンにて世界初のIMAX方式による作品『虎の仔』(Tiger Child)が上映された[2]

世界最初の常設館が1971年、カナダ・トロントオンタリオ・プレイスに設置された(現在[いつ?]も営業中)[3]

1985年、世界初のIMAX 3D作品『ザ・ユニバース[4]』が筑波研究学園都市で開催されたつくば科学万博 EXPO'85富士通パビリオンで上映された。

1991年には、これまでドキュメンタリー、教育映画のみであったIMAX作品に加え、ローリング・ストーンズのライブ「Live at the Max」を上映。その後も娯楽作品を制作し続け、アカデミー短編アニメ賞を受賞した1999年の作品『老人と海』(アレクサンドル・ペトロフ監督)が、IMAX方式で公開された初のアニメーション映画となった。

製作及び製造した会社はカナダのIMAXコーポレーション。

 

 

 

IMAXコーポレーション

IMAXコーポレーションは、IMAXカメラと映写システムの設計・製造、映画の企画開発・製作・ポストプロダクション、世界のIMAX提携劇場への配給などを行うカナダの映画会社[6]。1967年にモントリオールで設立され、トロント地域に本社を置き、ニューヨークロサンゼルスで事業を展開している。

2019年12月現在、世界81カ国に1,624のIMAXシアターがあり、そのうち1,529は商業用マルチプレックスに設置されている[7]。これらには、IMAX 3DIMAXドームデジタルIMAXなどのIMAXバリエーションがある。CEOはリチャード・ゲルフォント英語版[8]

 

 

前身 Multi-Screen Corporation, IMAX Systems Corporation
設立 1967年8月20日 (54年前)カナダケベック州モントリオールにて)
創業者 Graeme Ferguson
Roman Kroitor
Robert Kerr
William Shaw
本社
事業地域
世界中

 

歴史[編集]

IMAXは、オンタリオ州ミシサガを拠点とするカナダの企業。1967年に、Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人の映画製作者がIMAXコーポレーションを設立したのが始まりである。IMAXは、ローマン・クロイトール、コリン・ロー、ヒュー・オコナーの3人によるマルチスクリーン作品から生まれたアイデアと新しい技術によって誕生した。モントリオール万国博覧会では、『In the Labyrinth[9]ファーガソンの『Man and the Polar Regions』(ロバート・カーが共同製作)の両作品がどちらも上映された[10][11]。その経験から、Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人は、これまでにない大規模で複雑なプロジェクトを開発するには、新しい技術が必要だと考えた。その結果、彼らは1968年にウィリアム・ショーというエンジニアを探し出し(彼はファーガソンやカーと一緒にオンタリオ州ガルト、現在のケンブリッジにあるガルト・カレッジ・インスティテュートに通っていた)[12]、この技術の開発を依頼した。その後、Shawは、従来の35mmフィルムの10倍の大きさで、圧倒的な高画質の映画を作ることができる新しいプロジェクターを開発した[13]。この新技術を使ってIMAXコーポレーションが初めて製作した映画は、日本の大阪で開催された日本万国博覧会(通称:大阪万博)で上映された『虎の仔』であった[13]。Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人が、巨大スクリーン、サラウンド・サウンド、スタジアム・シートを備えた劇場を作りたいと考えたのは、マルチスクリーン・ビューイングのためだった。

 

 

 


 

 

 

 

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス プラヤビスタ

12582 Millennium Dr, Los Angeles, CA 90094 アメリカ合衆国




本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス プラヤビスタ



 

グローバル版本社:カナダオンタリオ州ミシサガ

2525 Speakman Dr, Mississauga, ON L5K 1B1 カナダ


 

【覺書】劇場版 ソードアート・オンライン(SAO) -プログレッシブ- 星なき夜のアリア IMAXの公開場所の候補。


 

 

 

 

 

●【IMAXの質の高い順に並べてみる】●

IMAXデジタルシアターシステム(IMAXの通常版)

                ↓

       IMAXレーザー

                ↓

IMAXレーザー/GTテクノロジー の順番です。

IMAXレーザー/GTテクノロジーは日本では

東京(グランドシネマサンシャイン池袋)と大阪(109シネマズ大阪エキスポシティ)の2箇所の映画館でのみ導入され、スクリーンの高さが約18m×横幅約26mとなっており、日本では最大級である。

 

 

日本ではここまでが限界で本場を見たいのであればIMAXフィルムがやっているカナダのバンクーバーで見るほかないでしょう。

(ツイッター[Twitter]で見る限りはね)

 

 

 

※フィルムIMAXは鹿児島県にある鹿児島市立科学館の宇宙劇場が全国でただ一軒の上映館となっています。

 

 

 

 


【締めくくり】
それではこれにて幕引きとさせていただきます。
最後までご覧くださりありがとうございます皆様。
永かったですがSAO(ソードアートオンライン)を観に行く前の事前復習を
やっておきたかったものですからここまで書けて冥利に尽きます。
ご機嫌用、皆。また、次の次で会えるのを楽しみにしてるよ。