鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

己の人生の軌跡。【其之參】前半

 

 

 

 

 

 

ギリシャ ヨーロッパ のスマホ壁紙[ID:886760558]『ナヴァイオ ・ ビーチ (シップレック  ビーチ)、ギリシャのザキントス島のパノラマ。』| 壁紙.com

 

 

 

 

 

【人生日記では何を書く予定か?】
まず、中学1年・2年・3年から高校1年・2年・3年を書いて小学のまだまだあったエピソードを書く。
・その前にKAZUYA(和也)氏から藤井厳喜先生から一兵衛氏から知ったゴム人間(クローン)・カバールDS・ディープステート(猶太地底政府[ゆだやちていせいふ])
日本のDSが世界のDSの頂点であることとまだまだであった人たちの最終まとめを書く。
・2回目だが中学1年・2年・3年から高校1年・2年・3年を書いて小学のまだまだあったエピソードを書く。
・みなと公園での野球、サッカー、テニスの話。(野球とフリスビーの話も書こう。小学で野球クラブに入ってたのを思い出したからな)
※更にいうと森コロパークやある遊園地というかその近くで卓球やってたこと。長嶋スパーランドでの話とUR魔人ブウ:善を引き当てた話。
後は小学生の頃によくいってた刈宿公園と

・母方の祖母と伯父さん(母の兄貴)の話
※主に店での話や交流の話から現在までを全て網羅して書く。
(例えばステーキの店での話、チョコのタワーの店みたいなところでの話に鴨の池の話に聖闘士星矢を見てた頃に起きた事件で基地外認定した話
から最後にエクスペリアに代替してた頃の話も書こう)

・アニメ、漫画、ゲームとの出会いから現在までを網羅して時系列順に書く。
・隣の人間たちから得れたメモ癖と価値観の変動と私の氣持ち。
・性に関する価値観など。

・より詳しい家族構成(ノート[筆記長]より覚書から書くよ)

・ちなみにこれらの人生日記系列を書き終わったらまた、まとめ系列も新しい記事に集約して更新します。

 

 

 

中半ではダイエッターの人たち(ユーチューバーやツイッターアカウントなど)・これまで出会ってみてきた実況者の人たちとブロリーMADや東方MMDでよく見てた人たち等...(ユーチューブとニコニコ動画)・自分の人生の価値観などを変えてくれた師匠と呼ぶに相応しい方々。の3種類を書きました。

 

実況者に関してはあまりに書いてる人が多く、まだまだいるなと感じており、見逃しているところもあるでしょうがひとまずは
ここまででいよいよ本題を書いていきます。

 

 

 

 

【中学1年生】

半田市立半田中学校

 

所在地: 〒475-0905 愛知県半田市岩滑東町5丁目80
 
設立: 1947年
 
校訓: 創造と調和


設立: 1947年校訓: 創造と調和

 

 


 

 


 

【正門】


 

 

【全体】


 

 


中学1年と2年は村瀬先生が担任の先生で所属していた学部は「科学・パソコン部」に所属してた。
理由はアーケードゲームであるドラゴンボールヒーローズをプレイするには時間とか大会にさし詰まらない場所にしようと思った。
運動部だと大会とかの時間に取られそうだったからやりたくなかった。
ぽっちゃりの山田君は「後悔のないように選んでおくんだぞ」と言われたけど彼はこの俺よりも足が遅いのね。
まぁ結局、ドラゴンボールアーケードゲームと学校に時間を取られたくないからここを選んだという理由だけです。

まぁこの頃を思い出すとそんなにいい思い出も残念ながらない。
ただ、国語の教師の人は意外と優しくて丁寧な感じが好きだった。
中学に入ってからテストの点数も落ちてゆきついていけなくなったことも中学が嫌いだった理由の一つ。
それでも学校はいくもんだと嫌だけど成績悪くなったら変なところにいかないとならないし、部活でのんびり過ごしたりして
過ごしていればいいやなんて考えてた時期です。

村瀬先生という人は還暦を超えたおじちゃんの人で「科学・パソコン部」の講師の人でもありました。
ただ、意外とつまらないことばかりしてた。家の3Dプリンターを作ってたり、後はワープロの使い方とか動画とか趣味の検索とか
色々、やっていたと思います。


それに後、やってたことってクラスでのバーベキューとかそうゆう奴ですね。
うん、それ以外のことってゲームの実況とか他の奴の動画の拝見とかでベラベラ笑ったり後はしょうもない話でこんなところに入っていた俺って馬鹿で
これなら美術部に入ってればよかったなと思う。
本当に無駄で生産性もなくて無意味な3年間だったな...。(特にパソ部では・・・)※科学パソコン部の略称


さて、1年と言えば俺は9組に所属してた。そこで出会って奴らには掃部関ひろととか高身長と低身長の二人組の男(名前は知らない)
・中々、良い顔をしてたれいな・更にクラス一の美人だが雰囲氣が怖くて近づきづらかった女の子から小学生の時からいるあんなとまやに近藤という女の子。

更には伊藤まさやという腐れ縁の坊主など。
さて、一人ずつ書いていこうか。残念ながら小学校よりは薄いことしか書かないです。

 

 

数学の先生は田中先生といって容姿から10代ではないかと勘違いされるほどで先生の話だとコンビニでビールを買おうとしたら
実際に間違えられたという話で免許証を見せたら信用してもらえたというエピソードがあって俺はそれを知った時に
「なら、俺も半田駅でわざと偽って子供の切符買おうかな」なんて考えたというエピソードがありました。
ちなみに俺は一度だけ手を挙げたことがあるが「いいぞ、霜村、ちゃんと分からないことがあったら手を挙げる癖をつけておくんだぞ」と言われたことがある。
実際は分からないことがあったら手を挙げるんだぞだがちょいと俺の中の希望的拡大解釈の目線で書かせてもらいます。
まぁ田中先生で覚えてるのはこれだけだがこれしかないよ。成人式でまさかのリモートですが田中先生が成人式のお祝いでメッセージをくれるなんて
全く思いもしなかったからびっくりした。今もこの人は元氣なのかね?まぁ元気ならそれでいいんじゃねえの。


次に体育の教師で高下隆志(たかしたたかし)先生といってたかしの方の漢字は知らないけど一応、これにしておく。
まぁ半田中版松岡修造だと思うけれど成人式の時もこの人はいました。
まぁ元気そうというより「あぁ、高下先生かと」いう感じでまぁ別に熱血というより根っからの真面目な人なんだろうなという印象。
覚えてるのはこの人が来たときというか小学校と違うのは夫々の個別の先生がちゃんと授業を教えるというところに直結する。
これは小学校とは違うし、何より算数じゃなくて数学という言葉を使うんだなと思った。

 

ちなみに算数と数学の違いは

 

算数は日常生活で必要となる計算で正確な答えを出すことが目的ですが、数学は負の数(マイナス)や平方根(ルート)など、日常生活では目にしない抽象的なものを使って「なぜそうなるのか」を理解し、あらわしていく教科です。

 

※算数では正しい答え、数学では答えまでの過程が重要視する...。

 

 

このように算数と数学では考え方に違いがあるのです。

 

 

 

算数は、たし算、ひき算、かけ算、わり算を使った基本的な計算方法や、図形の面積や体積の意味や求め方を学ぶ教科です。


普段、生活をする際に必要となる計算力が必要で、「答えを正しく求める」ことが重要な教科です。中学生の数学では、XやYなどの記号が文字式として登場し、それを図にするなど抽象的な内容を扱っていきます。イメージがしにくい分、難しく感じる人も増えてしまいます。

 

 

 

※数学はその数がどのような意味を持っているのか、世の中の現象について数を使ってどう表わすのかを学ぶ教科です。「なんでそうなるんだろう?」という答えに至るまでの考え方が重要で、"論理の正確性"が求められる教科ともいえます。

 

 

とのことですがちゃんと認識したのは初めてでそれだけの違いかと落胆した...。

う~む、まぁ高下先生の続きだがまず、この人の場合は根っからの真面目である時、体育館に運動会前で何かの行事が出来なくなったのかは
知らないし、よく覚えてもいないんだけど泣いててその行事が出来ないことを悔やんでいました。
それ自体もよくわからないんだけどなぜ、そう思ったのかは分からない。そもそも何だったのだろう...という話。
それに俺は舌打ちとかもしたんだけどというより唾液と混ざってそれらしき音がしただけで俺でも想定外の事態を引き起こしたんだけど
それに生徒たちが特に男たちが爆笑してなんか面白かったらしいんだけど何が面白かったのかは俺にはさっぱり分からなくて高下先生は
それに涙を流してて純粋に運動会が出来ることを楽しみにしてたんだなと俺は思っていただけだったが長くてずっと座っているのを
俺が退屈に感じていただけかもしれないなと今なら思うよ。

ちょいと運動会で思い出したことがある。

 


【小学生の思い出したエピソード】

 

 

EXILE(エグザイル) / VICTORY(ビクトリー)


 

 

2010年度、EXILEの集大成的アルバム! 2010年度はダブルマキシシングルから始まり、全国で110万人動員のFANTASY TOURを行い、10周年突入記念のシングル2作連続リリース、EXILE新次元感動サウンドまで今年度も話題が目白押しだったEXILE待望のニューアルバム!前作「愛すべき未来へ」に付いていた「EXILE CHRISTMAS」の代わりに今回は全11曲入りの「EXILE COVER 」ALBUMが付く超豪華な初回限定盤もあります! 初回限定盤にはさらに映画「EXILE PRIDE」がまるごと収録!

 

 

實はこれを小学4年や5年生のどっちかは忘れたが多分、4年生でこの時は晴れるやという言葉が意外に覚えていたんだけど
これを学校の運動会の劇でやったの本当に懐かしいな...。

それでなんか組体操を組んだ相手が小林まさきだった筈なんだけど「組体操 小学校」で調べてるんだけどもっと凄い奴らいっぱいいるなぁ・・・
俺と小林がやる時はこのビクトリーを元にやっていたと思うんだよね。まぁ体重は俺の方が大きいから小林の方が俺の肩に止まっていることが多かったな。
ただね、思うとみんな、体操をして体操服を着ているというのも全体教育に見えるし、全体主義共産主義のようにも思えてくる。
後は服装がというかそういや、みんな、裸足でやってたのを思い出した。それに肌も露出しすぎているように感じるのは何でだろう・・・。
これもAVなんぞの影響か...というよりいい肉体しててちょいとエロいかも・・・(笑)別に性癖じゃないよ。エロいというより魅力的で立派に成長できると思ってるだけ。
ただね、アニメーションとAV君の影響は私に色んな疑問を与えているだけよ。

・なぜ、尻の周りに影があるのか?なくてもいいのでは...アニメでは左右反対に影が出来るようになってるというが何故だろう?太陽の反射か。
お尻の部分は左右あってそこに人のラインの線の筋があるがよく考えるとそこに影がないということはまんま写るということなのでありか。
それなら男女もお尻の穴が丸見え?ということになってしまうのでそこはちゃんとした境界線は当然必要だよな。という話。
・なんだか若い子のというより20歳ですがなんだかそうゆう肌綺麗な女の子ばかり見てきたからそうゆう場面で単純に太ももとか脚をよく見てしまう癖がある。
・脚を描ければ全体の把握も可能という考えからきている可能性。
・例えば幼稚園の奴とかね、不思議なんだけど性に対してというか太ももや脚でも魅力的と思ったりこれいいなという奴には反応するんだけど他のには
何故か反応しないのよね。(笑)自分でも何書いてるか分からんが逆にほっそりしているがバランス取れている肉体と太く体も引き締まっている系の肉体か太ももの脚からの
大きさが氣にいった奴だとどうしてもそこばかり見てしまう。たまに顔や胸の方が好きになって脚とかお尻とかは別に後で見ればいいやなんて考える時もあるが
あんまり滅多にない。
・こうゆう氣持ちの時ってそういった想いを全て書くと意外とすっきりしてなんとも思わなくなる俺がいる。[つまり、エロいと感じず純粋に通常の目で見れるということ。]
※何でこんなふうになってしまったか/どうしてこんなことを書いているかは「性に対する価値観と嗜好」でお話いたしましょう。初めからこうではなかったから安心してね。(笑)

 

さて、ようやく正常に戻れたので書くがまぁこ踊れよとか晴れるやとかいう空耳が聞こえる奴であるビクトリーという曲ではこいつと一緒に組体操をやった経験があって
後はソーランソーランなどもやった記憶がある。(こっちは組体操じゃないよ。)
ソーランに関しては合同でやったり練習の成果を見せるという感じでやったのが懐かしいね。
まぁ本当のことを言うとそんなの覚えてなくてなんだか変な性癖だけが発動して意味不明な文章を書いているという話。
といってもこの人生日記では覚えている限りの全てを書いて120%の本音と本心を包み隠さずに書くと決めてるから書きますよ、全部ね。
さて、小林とやったのはあいつが俺の肩に立っていたことや共同で何かの組体操をしたこと。今、思ったけど記憶を間違えているかもしれない。
だってね、組体操をこのビクトリーでの運動と勘違いしているだけかもしれないし、それを言うなら紅組、白組の決戦とかたまを投げる奴とか
銃を撃つことの怖さとかあれが本当かどうかは分からないがスターターピストルというらしいね。ただ、実弾があんまり使われることはあんまりないらしいね。

 

 

何故、ピストルなのかと思ったのだが...

 

 

 

らしいです。

 

 

 

小学校 | 日本史・0閲覧

 

 

これは知らなかった。ひとまず、上に貼り付けたように質問はしたのでいい答えがくることを待ちわびようか。

 

さて、それでは中学校の時の話に戻りましょうか。
まぁ国語の教師の人が懐かしいですがこの人は結構、よく話しかけてくれた人で1年の時はお世話になった方で
今は元氣だろうか?それにこの人は中学1年の時だけしかいなくてその後は別のところに配属になったのでしょうが
今は元気でいらっしゃるだろうか。この人の人柄のおかげで俺は上手くやれていた面もあったし、あんなに話しかけて俺と彼女と友川まさきと一緒に
交通車の絵とかも書いたんだよな。あんなに話しかけて彼女の顔を見てなんか照れてしまった経験があるって書いたけどこの時に話しかけてくれたの
この人だった氣がする。他の人のことなど覚えていないですけれどね。ただ、貴方の存在にも感謝していますよ。

 

 

中学1年と2年は村瀬先生が担任の先生で所属していた学部は「科学・パソコン部」に所属してた。
理由はアーケードゲームであるドラゴンボールヒーローズをプレイするには時間とか大会にさし詰まらない場所にしようと思った。
運動部だと大会とかの時間に取られそうだったからやりたくなかった。
ぽっちゃりの山田君は「後悔のないように選んでおくんだぞ」と言われたけど彼はこの俺よりも足が遅いのね。
まぁ結局、ドラゴンボールアーケードゲームと学校に時間を取られたくないからここを選んだという理由だけです。

まぁこの頃を思い出すとそんなにいい思い出も残念ながらない。
ただ、国語の教師の人は意外と優しくて丁寧な感じが好きだった。
中学に入ってからテストの点数も落ちてゆきついていけなくなったことも中学が嫌いだった理由の一つ。
それでも学校はいくもんだと嫌だけど成績悪くなったら変なところにいかないとならないし、部活でのんびり過ごしたりして
過ごしていればいいやなんて考えてた時期です。

村瀬先生という人は還暦を超えたおじちゃんの人で「科学・パソコン部」の講師の人でもありました。
ただ、意外とつまらないことばかりしてた。家の3Dプリンターを作ってたり、後はワープロの使い方とか動画とか趣味の検索とか
色々、やっていたと思います。


それに後、やってたことってクラスでのバーベキューとかそうゆう奴ですね。
うん、それ以外のことってゲームの実況とか他の奴の動画の拝見とかでベラベラ笑ったり後はしょうもない話でこんなところに入っていた俺って馬鹿で
これなら美術部に入ってればよかったなと思う。
本当に無駄で生産性もなくて無意味な3年間だったな...。(特にパソ部では・・・)※科学パソコン部の略称


さて、1年と言えば俺は9組に所属してた。そこで出会って奴らには掃部関ひろととか高身長と低身長の二人組の男(名前は知らない)
・中々、良い顔をしてたれいな・更にクラス一の美人だが雰囲氣が怖くて近づきづらかった女の子から小学生の時からいるあんなとまやに近藤という女の子。

更には伊藤まさやという腐れ縁の坊主など。

 

 

 

【見覚えのある連中の名前を全部ピックアップ】
ひとまずは卒業アルバムの頁順から記していく。

榊原 心(こころ)、東 ふみな、渡辺ゆきの、岡本ひろき、金子けんしん、新見こうき、原田としや、山口大貴(だいき)、白石光(ひかる)、田中詩音、中山瑠海(るか)、
大須賀、小栗、小柳津 享洋(おやなぎ ゆきひろ)、田中ゆうや、馬場翔太、渡辺こうへい、大岩みう、松重舞咲、今枝理奈、阿部仁美、加藤沙織、伊藤雅也、内田きるや
、掃部関博人、新見大我、坂東竜輝、深見知義、山中ゆうき、梶原聖也、菅 響稀(ひびき)、中島ゆうや、三村ゆうと、犬塚しょうき、副島大揮、中村もえか、松永まさひろ、
山田こうき、森田秀次(りゅうじ)、保松るひ、黒田りょうが、佐久間しょうた、榊原りこ、間瀬あやか、橋本朋花(ともか)

 

教師は社会の先生(三浦先生)、福井先生、田中先生(数学)、高下先生など。残念ながらこれぐらいね。

 

では、書いていこう。1年、2年、3年と時系列順に
(小学校よりは短い文章になります)

 

 

 

 

【中学1年生編の開始。(時系列順)】


さて、ひとまず覚えてる連中を卒業アルバムから引っ張ってきて名前とか教師のことも書きました。
まぁまだ覚えてる奴はいますが印象に残った奴らを書いてからおまけの連中を書いていきます。


まず、1年生は入学式の前に説明会がありました。それ自体の光景はよく覚えててそこはとても広かった覚えがあります。
そこに俺の知っている同級生たちも大勢、いたようにも思えます。
まぁその中に色んな奴らがいたでしょうね。佐久間翔太とか澤田たつまとかもいたでしょうね。
(ちなみに卒業アルバムで思い出した連中の小学校バージョンもちゃんと書くよ。)

んでその後に入学式が始まって俺は1年9組ということが決まりましたね。
そこでは掃部関博人、伊藤雅也など後は杉浦あんな、坂口まやなどが印象的でしたね。後はあいつ、森田しゅうじともうひとりの男。誰だっけ?
あっそうだ。なぜかね、「学校連絡網」とかいう訳のわかんないのが何故か1年、2年、3年もあるってどうゆうことだよ?
ぶっ殺してやろうか‼いらねえよこんなもん。俺はこんなものを望んでねえよ。むしろ、クラスの連中の名前が分かってありがてえか。

わるいけど連中の名前のピックアップは後回しな、面倒くせえからな。
それもあるがこんなのに時間かけたくねえのだよ。


だが、それはいいとしてここで印象に残ってる話をいくつか話そうか。

まず、掃部関博人だが「かもんぜきひろと 」と読む。本当に凄い名前だな。まぁそれはともかくこいつとは一年の時によく喋り相手になってた男でね、まぁこいつの方から
よく話しかけていたのだけれどね。まぁ正直に言うとうぜぇ~~としか思ってなかった。だって俺はあんまり喋りたくなかったのに何回も給食の時に話したい話題がないから
こっちからしたら地獄のような光景だったよ。いやぁ、自分にもいら立つけどこいつの無神経さにもいらつくな。まぁそんな風に考えてはいなかったでしょうが
僕にとってはありがたくなかったね。話したい内容がない(今なら山ほどあるがな)、そもそも自分から話すのが苦手(今は真逆だが適度に調整している)、答え方が分からない
(今も変わってはいないけど今ならましな言い方が出来るよ。少しぐらいなら)といった三大悩みがあったもんで給食は地獄だった。

小学生の時だってね、アイワナというゲームのことを話そうと思ったけど話せなかったこととか實は苛ついて1階の寝室のふすまの扉をボロボロに破いてしまったことを
介星にいったときだって「やべえなぁ、お前。」と微妙な反応をされたことを今でも覚えてるよ。まぁ小学の会話だと他にはトマトが苦手で吉村教師がいたんだけど
それを呑み込もうとしても無理だったので吐き出そうとしたらこの女が「吐き出すな!」なんて命令してきてよ、本当に首元、掻き切ってやりてぇって思うぐらい大声で
いうもんだから仕方なく無理やりだが牛乳と一緒に合わせて呑み込んだのが懐かしいですな。まぁさっさと逝けや‼という話よ。

まぁこれ、前も話した氣がするが小学校の卒業写真があるもんだからびっくりしたがいやぁ、全くありがたくないよね。という話。
おかげであの糞女教師を思い出してしまった...まぁそれは良いとしてな、あの女の顔についてるの黒子(ほくろ)じゃなくてイボらしいけどだとすれば何で取らねえんだ?
馬鹿なの?そして、こんな氣持ち悪い女を花嫁に選んだ男もブッサイクだったんで当然と言えば当然か。へっ、ブッサイク同士,勝手に戯れて暮らしていろや!って話。

まぁともかくとしてな、どうするかといったら今は中学の話に戻らんといかんな・・・それで他には森田しゅうじという男がいたなという話。
(ちなみに小林まさきの顔写真がきもすぎて反吐が出そう・・・オウェー[( ̄ー ̄)] だってさ、笑い方が不自然で偽善者だってバレバレなんだもん。だってこいつね俺には態度悪くて
上野しゅうとには態度がいいんだぜ、サッカー友達というだけの関係の癖して本当に生意気な糞野郎だよな。別に共感は求めてはいないがこいつに関してはみんなの感想が
欲しいってくらい気に食わねえ。)こんな奴はお寺の坊さんに修行をたたきつけてやろう。てか、こいつ3年生まで同じクラスなのかよ・・・安保か‼こんときも不登校だったので
逆に言うとありがたかったなという話)


一つだけ思い出したがそういえば学校の掃除の時って机と椅子を両方とも運ぶんだけどその時ね、確か戻そうとしゅうとの奴と共同でやっていたのを思い出したが
その時に俺とわざとやったのかな?と今でも勘違いしている。よく覚えていないが椅子がぐらついててそれがしゅうとの背中に落ちてきて彼はそれにあたったんだけど
あの時の俺は助けてやるべきだっただろうか...なんて後悔を今でもしている俺がいる。っていうかよく思い出したな。たまに俺でもこういったことを思い出すから
よくわからない時があるんだな。ただ、ここ得れた教訓はたとえ、自分のいちもつを舐めろだとか頭のおかしいことをいってくる基地外でもいざ、椅子が落ちてきて背中に
当たって痛がってる様子を見てるとさすがの俺でも少し氣の毒だなと同乗して「助けてやるべきだったかな...本当はあの時、手で支えて助けてやるべきだったんじゃないだろうか?」
なんて心の中でつぶやいてた様子を改めて思い出しました。


もうひとつ、西 勇一のことを思い出せたので書くとこいつとは関りが小学校も中学校も一度もない男で母さんは外国とのハーフなんじゃないかと疑っているが
さて、これからどうなるでしょうね。(縄文精神が蘇ることを考えるとハーフ君は本当にいるかどうかはともかくどうなっていくだろうか?と考えてただけ)

まぁ彼が体育館に行く前で俺も覚えてないし、いつのことかも正確には忘れたが4年か5年生の話だがいや、3年か。実は彼がちょっかいを出してきてそれを俺が先生に言って
体育館に行く前なんだけどそれで先生が承認してくれたんですよ。(確か、この出来事が起きる前に先生がつらいことや嫌なことがあったら何でも相談していいぞと言って俺は
この行動に早速映したはず...記憶があってるのならね)、かっこに書いた通りに西がそもそも何のちょっかい?を出していたんだっけというところから始まるが俺が西を指さした
こととそれを先生に言ったことだけは覚えてる。ただ、これをあのブス吉村教師に言ったとは思えないので3年の石川先生か?とも思ってるが実際のところはどうだったのだろうか?
という話です。まぁその後に生徒こと同級生たちに承認されてなんか、「これからもなんかあったら言えよ」といってくれた奴らがいて(誰かは分からないが顔見知りだと思う)
それを聞いた時に俺はなんだか心の底から嬉しくて(俺のことを理解して受け入れてくれて氣持ちを理解してくれる奴らがこんなにいるんだ。ちゃんと氣持ちを言えば相手には伝わるんだなぁ。なんか嬉しい~~)と思ったのが結構、懐かしいです。というかそもそもどうしてそんなことになったの?と言われたら俺は答えられる自信はない。

不思議なんだがこの後に体育館に言ったことは覚えてて学級委員の選挙かな?
(俺にとって都合の良い記憶かもしれないと付け加えておきますが次はこの話ね)

そこでは女の子が渡辺さつきで男は日吉たつまさ(竜大)だったが俺はいじめっ子のたつまさの主張とか聞いて(そもそも俺意外にいじめてた奴なんかいなかったけどな。俺の知る限り)
あっ、ちなみにさつきとは書いたが女の子の立候補が彼女かどうかは正式には覚えていない。
そもそもたつまさにしようと思ったのは前も彼女だったというかほとんど彼女を選ぶよな...たまにはたつまさを選んでもいいんじゃないかな?なんて
思って紙の記入欄にたつまさと書いた訳だが結果は彼女である渡辺さつき(本当に彼女だったかは分からん)になりました。
かっこに渡辺さつきと書いたが彼女以外に思い当たる人物がいなかったので彼女にしたとまでです。
それに彼女だった氣がするし、ほかの子で思い当たる人間など俺は分からないからね。

さて、もうひとつ思い出したことがあるが俺は「放送委員」だったという話。(2年は保健委員だけど実は一回だけ愛理と共同でやっただけでそれ以外でやったような覚えがないのです。いや、よく考えたらおかしいんだけど何でそんな風になっているんだ?意味不明すぎる。中3の時も放送委員だったんだけど俺の出番がなくても給食の献立を喋っているところは
あるというのに俺の存在なんていらなくてもよくねえか?何の爲に俺はここにいるんだ...という氣持ちにあの時、陥ってた氣がするな。)
正確には小学4年、5年、6年もそうだが多分、学級委員制度で放送委員に決まってもうひとりが伊賀介星だった筈なんだがよく献立のメニューの発表と
後は感想か何かだろうか?と彼と共同でやってて実は放送委員というそこの部屋の機械日和がかっこよくて見惚れていたのが懐かしいですね。
一度だけへまをやったことがあって献立というより機械の放送のやり方が分からなくて苦戦したという話です。

 


それで間違えてまぁ学級の皆には言われなかったけど介星からは「お前、聲が駄々洩れだぞ」と言われて「えっ?まじで。じゃあ、どうしたらいいんだよ」なんて
会話してたような記憶だけあります(笑)うん、懐かしいね。
まぁ誰にも指摘されてなくて笑われもせずにみんな、通常通りだったのをみて「あれ?本当に駄々洩れだったの。みんな、ちゃんと食っているけどどうゆうこと...」
とまぁ誰にも言わなかったけど本当は結構、心の奥底では混乱していたという話です。

さて、思い出した小学校のエピソード関連は終了。

 

 

 

 


さて、まぁそんな話はどっちでもいいや。そんなことよりもね、目が垂れ下がってまぁ忘れようと。
はぁ~もうお前なんかっていうか誰だっけな?そんな奴いたなという感じ。(こばこばの話)
小林なんてどっちでもいいやってことよ・・・(笑)顔写真は顔だけのアップはひどいけど運動会の写真の方はまだ生き生きしててまともだな...と思った。
それだけが唯一の救い。

 

さて、掃部関という男とはまぁ給食とか近くにいたんでよく勝手に話しかけてくれた奴という程度の印象に過ぎない。


んで次は森田しゅうじね、こいつとセットだった男は悪いが忘れたよ。そいつと野外授業か活動だったと思うけれど俺は今より体重があって重かったんだけど
おかげでその小さいちびに押してもらったことがあって「お前、重すぎるよ」と言われたことがあってまぁ今でもよーく覚えてるよ。その言葉、逆に糧にして絶対にもっと
細くして痩せてやるという決意さ。まぁこれは野外活動の山登りの時の出来事で残念ながら森田という奴もよく俺に話しかけてくれた男というかよく近くにいただけで
そんなに大した話なんてしてませんな。あんまり覚えてないぜ。

次に伊藤雅也です。こいつとは給食後の部屋の掃除などでよくやっていた男で彼とはそこでよく喋ってた男で俺は机とか窓とかいろんなところを雑巾で拭いていたんだけど
ちなみに一回だけ窓から飛び降りて高い地面に着陸した経験があるんだけどあれはちょっと怖かったけどスリルがあって嫌いじゃなかったよ。
(まぁ二度とやりたくはないがな)

さて、彼との覚えてるエピソードだがそもそも俺がはじめかあいつから話しかけてきたかは忘れたがまず、経緯なんて覚えてないし、放課の時間で何故か話しかけていて
俺が何をしたかは忘れたが雅也になんか顎を蹴られたというかいや、手だった可能性もあるがそれで俺は出血してその後に大度事というか水を洗える場所でなんとか洗ったんだけど
そういえばあいつから謝罪の一言なんて貰ってねえな。まぁ俺じゃなくてお前がかかわってきたからだろうって話だろうけどそもそも何でそうなったんだっけ?という話。
俺の方も確かにちょっかいを出していたが何であの時の俺はあんなことをしでかしてしまったんだろうな?と今ではかなり疑問に思いますよ。
多分、関わってほしかっただけなのに関わり方を間違えてあいつを嫌がらせてしまって拒否反応を食らったがゆえにこのような失態を犯してしまったのだと俺は思っています。
それ以外に考えられないからね。それもあって僕はこんなヘマをやってしまったのだなと考えてるが...。どうだかな。

そして、パソコン教室の授業でもなぜか、雅也のことを愚痴ってしまった。(村瀬先生に)というかみんなの前で何故かあんな台詞を恥ずかしがりもせずに馬鹿だよねえ、俺は。
よくよく考えたら何で過去の俺はこんなことをしでかしてしまったんだろうか?
う~む😓 まず、村瀬先生がある台詞をいったからという可能性がある。それなしにまず、この行動をするというのはありえない。
確か、何かいってよなんて言わなかった筈だしな......。

 

まず、「先生、雅也の奴が俺にいたずらやちょっかいばっかり欠けてくるんです」とかなんとか言った。
そうしたら先生が「今はそんなことを言ってる場合じゃないだろ‼そんなことは今はどっちでもいい。」みたいな台詞
(実際の台詞は長ったらしい筈なので覚えていないし、この台詞ではないがイントネーション的な意味合いで書いた。)


まぁ先生の氣持ちとしてはそれがどうしたんだ‼お前の言ってることばかり聞いてたら時間が掛かって授業も出来ないだろということ。
ごめん、実際の台詞はもう覚えていない。なので詳しく語ることは出来ないがその経験で得られたことがあるのだとすれば人の愚痴ばかり
言ってたってしょうがないということと言わないよりは言った方がいい。痛い思いもするが身にしみる経験の方が体に馴染みついて正負の違いを見分けられる。
というところにあるだろう。ちなみにこの出来事以来、彼に関する愚痴も一切、言わなくなってそれを人前で話すことも雅也と関わる回数やよく話すことは思いっきり
減るようになりました。

まぁ~必要ないことを必要だと思ってたのは今に始まったことではなくこの時も同じだったということでまぁそれ以降、2年でも3年でも関わることは圧倒的に
減りました。まぁ所詮はその程度の奴だろと言われればそうだがなんかよく話してただけなのに印象に残ってるという不思議な奴なのよ。

 

 

 


さて、次にふみなと話したエピソード。これは中学1年の時のエピソードだが
吉村先生に貴方はこうこういわれてたの懐かしいわよねという話だが正直、全く共感出来なかった。
「ふみなは知らないかもしれないが俺は全くといっていいほど好きじゃないのよね、あの先生。寝るだけで蹴るし、聲もうざいし顔もきもいし選ぶ男のセンスもないし
品性が圧倒的に欠けているし、突然俺を指導するかのように勝手に目の前に立って俺の様子を見てしかも、歌いたいだけなのに真正面から上を自然に見ようとすると
胸が邪魔でうっとおしくて集中できんし、それにバレンタイン関連の時だけ女アピールして俺が卒業する時だけはニコッと笑顔で俺を迎えるかのような言葉を言ってたけど
過去にやってきた言葉と全く釣り合わないから俺から言わせればただの偽善者で最低な教師だよ」としか映らなかった。


ちなみに学校卒業式の時だが小学生だとなんか俺より年下の生徒たちが花を包んでくれて俺はそれをバッジの名簿のところにつけてそれでめでたくさくら小学校を卒業した訳。
んで吉村教師がその時だけ一言、にこやかに喋っていたけどまぁこの人は何故か男子だけいる時にバレンタインとか好きな女の子とかキスされたことがあるとかそんな経験は
あるかないかを聞いててキスのことで手を上げたら「霜村さんが、意外ね!」という台詞をいったこともむかついたし(腹が立つほどではないがな)
、正確にはこいつが言うから腹が立つんだよという話。まぁ樹里のことだとはいってはいないけれどそれにしてはね、こうゆう時だけ上機嫌でなおかつ卒業式の時に
上機嫌のギャップを見せられるとこいつは偽善者なんじゃないかなと私は逆に思えてならない。自分にとって喜べたり体を酷使しないようなイベントは好きだが
辛く苦しいことはしたくないというそういった人と同じことをいってるように思えて僕はこの人のこの変わりようについていけなかった。
「あんた、机蹴って俺を寝かせてただ、注意するだけで俺の悩みとかを自分から質問したことはなかっただろう。それに俺がある時、下痢で体調を崩して熱まみれの時、
不機嫌だったと母さんから聞いたぞ。それだけじゃない。歌を歌ってる時に勝手に邪魔をしたりしてトマトのことも勝手に吐き出すなとかいったりあんなタイトスカート履いておいて
下が見えそうな脚組んだポーズをするようなだらしないところもあるような人がよくも俺にぬけぬけと卒業おめでとうだとか見え透いた詭弁なんぞを建てられたものだな。
心底、てめえを俺は一生、軽蔑してやる‼」という氣持ちだった。つまり、女としてだらしなくて人間としては凡才であるということです。

まぁこんな人に怒る必要なんて全くないがね。さて、こんなふうに感じていたのでふみなの学校での話とか吉村教師に関連した話も全くといっていいほど共感出来なかったのです。


という話だ

 

 


次に掃部関とはよく給食で話をしていたね、何の話かは覚えていない。正確には左手のほくろが珍しいとかどうだとか(母さん曰くアザらしい)
他は他愛もない話とか。

ちなみに中学3年生の時の話だがエグザイルの話をしてくる女子がいてそれを聞かれた時の俺はよく答えられなかったのが懐かしいんだけど
まぁ何を言ったっけな。小学5年の時にエグザイルの踊れよという(ビクトリー)奴をやったことみたいな話をしていたんだが
うん、それだけでまぁ俺は色々にごしながら話題を避ける方に力を入れていたと思う。
上手く話せなかったというのもあるし、他に話したいことも全くなかったからね。
ちなみに中学3年生と言えばだけど目の前にドッカンバトルをやってる奴らがいてね、それで食事中に平氣でガチャなんかやってて
「あっ!ドラゴンボールのドッカンバトルだ。だけどこの時間中にやるんじゃねえよ。もっと他にやることあるんだろう。」
と思いました。まぁそれを言ったから何かあるのか?という話だがそれを学校の中でやるのはちょいと人前でやるのはどうなのだろうなとは
思ったが小学校だったら厳しめに叱られそうだなと思ってる。それを言うなら1年の時に「原田としや」もモンストかどうかは分からないが
それをやっていて高下先生によくお咎めを食らってて没収されてたことはよく知ってるよという話。

 


後は間瀬あやかという女の子にも出会った。彼女曰く「長根幼稚園で一緒だったわよね。」と言われたんだがいや、君は誰?そもそもいたっけ?という印象ね。
まぁ母さんはよく知っているがそもそも俺は知らない。ところで今、思い出したがもしかしてだがうちの家の近くに住んでいるのかな?いや、単純に「間瀬」という表札を
見たことがあるから「もしかして?」と勘ぐっているだけでまぁそれはないだろうなとは思ってるがどうなのかは俺にもよくわかっていない。
 
ちなみに学級連絡網を見てるが近藤っていう女の子がいることは人生日記系列で話したけどその近藤ってのが近藤奈々江(ななえ)というんだがよく顔をみたことなんか
なかったが3年7組に所属してるよね3ねんは。いや、なんか1年の時と雰囲氣が違って滅茶びびっちゃうんだけど本当に同一人物かね?女の子は髪型と服装と化粧と髪のパーツ
だけで別人になっちゃうでしょ。だから「変化の魔術師」・「化粧の魔術師」って俺は女のことをそう呼んでるんですよ。

まぁこのことはね、野外活動の最終日のバスだけだし、実際に話したことはないし、俺は口を利かなかったからよく知らない(笑)
それに後、1年で印象に残ってる奴っていた⁉

まぁこれは恥ずかしいエピソードだけど体育が終わって正装に着替えようとしたら時間が掛かったのか俺だけ遅かったのかは忘れたが皆、同じタイミングだったから
俺が遅かっただけだけどその時にね、未来っていう印象的な女の子がいたんだけどね、その子にね、パンツ見られちゃったのよ。
それでまぁこの世界は二次元じゃないので心で恥ずかしいと思っても顔は赤くならないんだけど(笑)なんか彼女に恥ずかしがらせてしまって本当にごめんね。
君にも誤ってるが同時に遅い自分にも腹が立っていてね。まぁ中々、かわいい子よ。話したことはないが意外と印象深いのね。顔と容姿で結構、覚えてました。

うん、未来との関りはこれだけね。当時ね、「女の子に未来って名前をつけるんだ。凄いな...」と驚嘆していた俺がいる。

後は岩間おおたろうね、皇太郎[おおたろう]とこれでおおたろうとよむ。漢字凄いな・・・ちょっとおでれえたわ。
んでこいつがね、なんと学校の授業中じゃなくて放課時間の時にね、ハチが入ってきて何と右手でハチを叩き潰したんだよ!自分の机にね。
いやぁ、これ凄すぎでしょ?俺でも出来なかったことを簡単にやってのけたこいつをこの時は尊敬したな。
ただね、おおたろうって融通利かなくて不機嫌で話しても「なんかようか?」とあしらわれそうだなとずっと思ってたからね。

ちょいとうろ覚えの記憶だが2年生の時か3年生の時に休んでたことがあってまぁ2年はほぼ、不登校だが3年も2年と同じくらい不登校だったが
その時に学校に行ってたこともあってその時に隣のクラスだったと思うんだが2年生の時かもしれないがおおたろうが不機嫌な顔をしててぼさっとしてて
どこかを見ていたような氣がする。というよりそうゆう光景をどこかで見たことがある。(1年ではないよ、2年や3年だと思う)

 

後は中嶋玲奈(なかしまれいな)ね、この子とは話したことはあるというよりちょっと良い雰囲氣を醸し出しているかも・・・なんて思ってたけど
まぁある会話の時ね、俺はブロリーMADの「と思っているのか?」という台詞を使ってしまい、彼女を混乱させて「えっ?」なんて言わせてしまって
いや、ごめんよ玲奈。あの時ね、ブロリーのこの台詞、いってみたくさちょっと変な人と思わせてしまっただろうね。すまん💦
まぁ悪気はないから悪く思うなよ(笑)

實は意外とこれを言えて俺は十中八九,満足しています。まぁそれ以来、彼女と話すことはなくなってしまったけれどね。


次に羽田夢奈という女の子ね。この子は1年の時にいた子で俺の中では「クラス一の美人」だと思っていたんだがねある日の時、雨で学校帰りの時ね、
雨だったんだけどその時に彼女が一人であそこは学校の間と間を通る場所というか理科室に続く通路でそこは一階で間には帰れる場所が二手に分かれてて左右にいって俺は右側に
自転車がおいてあってそういや、1年の時に雨が降っていて俺は確か、そこの近くにいたんだけどその時の彼女の顔が怖くて「なんか、怖いな。かわいいのになんか真面目なのかなぁ」
なんて思ってその後のことは覚えてないし、学校帰りかどうかは知らないけれどというか忘れていたがそもそも何でこうなったのかもちょいと氣になる。
というのは学校帰りだったらそこを素通りしている筈だがあの時ってそこを素通りしたんだっけな。不思議とそこの記憶だけがあって後の詳細は全く覚えていないので
俺としてはどうだったか覚えていない。まぁこんな出来事ですよ。雨の出来事で放課後で帰る前だった筈で恐らくその光景は間違いなく見たが間違いなく帰る前の出来事の筈
だがそこを通ったのか通ってないのか?そこの自転車に乗る時の記憶もそんなにないという話。不思議だわ。まぁこうして今、ここで生きて書いているんだから
恐らくは帰ってきたのだろう。一瞬だけ見て素通りしただけかもしれないがそこの記憶が存在しておらず忘れている状態というか喪失しているのが気がかりで不思議だなと
思っているという話です。

次に坂口まやが下ネタを言ってきた話ね、まぁ1年生の時になんか彼女が胸を連想させるようなことを言ってきてまぁ何が言いたかったのやらでいまいちよく分からない。
ガキの使い」とか訳の分からない番組でも見ていたんだろうか?と逆に問いたいかも。まぁ本当にそれだけで巨乳なのかそれともおっぱいなのか乳なのか
うんとね、彼女がそれらしきことを言ってきたのは分かるのだけれどあれはいまいち、何が言いたかったのかがよく分からないのですよ。
まぁ残念ながら下ネタ関連だよね?まぁ彼女もそんな女だったのかとがっかりして「こいつは死んでもないな」と思ってた。
女としてという意味と人間として友達としてはこんな奴と付き合うというのはありえないなという意味。
まぁ悪気はないのでしょうが僕にとってはあまり、良い氣分じゃなかった。せめて、こうゆうことがいいたかったと言ってもらえると助かったよ。

 

 

次にパソコン教室での村瀬先生の試案でクラスのみんなの似顔絵をペイントで書いてみなよという話でまぁ何と全員分、書いたんですがまぁ良い反応もあったし
笑う反応もあったし、あんなとまやはちょいと複雑そうな顔と聲を発していたような氣がするがまぁなんだかんだで村瀬先生は面白がってたけれど
別にこの人は悪気が合った訳じゃないのだろう。まぁそうゆう喜ぶ部分は嫌いじゃなかったし、だけど雅也のことを言った時のあの豹変する態度とか厳しめの圧がかかるような
部分はどうしてもこの人は好きになれなかったね。(はっきりいって)

まぁ絵が下手でしたがそれでもあれを書いた経験はきっと俺にとっては大きな宝物にはなったでしょう。そこだけは複雑な氣分もかねて感謝いたします。
(まぁ苦い思い出だし、完全に100%肯定はしないが男子連中がゲラゲラ笑ったところだけは以外で正直に言うと女子に嫌われるんじゃないだろうか?
もう一生、話しかけてなんかもらえないし話しても相手なんか一切、されないんじゃないかな...と思うと怖かった俺がいるから正直にいうと書きたくなかったという
氣持ちが強いんですよ)

 

 

 


次に誰かいたかなと思ったが橋本がいたね。ちなみにこいつはまぁ肌が黒くて好きじゃなかったのね。
(別にただの好みで色黒は日本人には合わないなということとどうしても好みが入ってしまうと拒絶してしまう部分があってね)
この子とは一度も話してないが特徴的な顔で印象には残ってましたという話さ。
まぁそれだけの話でどうゆう人間かは知らないよ。
(※まさか中村もえかが一年9組にいたとは・・・学校連絡網を見ながら思い出してるがあんまり見覚えがないな)
というか中村もえかっていたっけ。


丁度、小学校1年のエピソードを覚えているがこの時はね、みなと公園という場所にいってきたんだけどそこでのたこ公園と通称で呼ばれてる場所に
いってきたんだけどそこでの活動でね、写真とか取ったかは知らないけどそこでもえかと一緒に写真を撮った思い出以外ね、僕には彼女との関りは一度もないのです。
まぁこんなところね。

 

 

 

 


最近はここでイライラしてたり氣分をすっきりさせたい時は人がいない時間帯の時によく大声で叫んでる。だって、そっちの方が氣持ち良いからね。
本当に快適で良い公園よ。まぁもっと広かったら満点ね(大声を120%フルボリュームで出したいからだけど)

そんな場所を本当に求めてる。


まぁこれはまた、後にするとして後は貯金の話で爺ちゃんか親父かは忘れたが坂東龍輝という男がいるんだけど彼に言った訳じゃないが運動会の時というか
正確には2014年の1月から3月のどれかの話だと思うがこの時はなんか貯金額を貰った金額を話し合ってて俺は一万円ぐらい貰った(ちなみにこれは嘘ではないよ。
ただ、お爺ちゃんと親父の合計額だったと思う)。それに対して俺はちょっと軽い口調で一万円ぐらいなんだけど少ないかなぁといったっけな?
この台詞も違った氣はするけれど実際はどうだったかな・・・それで坂東が「一万円を貰えることは凄いことだぞ‼ありがたく思わなきゃいかんぞ」という感じの目つきで
坂東が今までとは違う目つきをしてて喋っていたんだけど「そうか、こいつはお金がもらえることは当たり前ではなくてそれだけもらえてるのは懐が深いというか
俺はお金を軽いものだと思ってたかもしれん。多分、坂東はあまりもらえてないというよりもお金の価値をきっと両親から深く學んでいる男なのかもしれない」
と思うようになって坂東龍輝に対する見方が大きく変わったという話です。
まぁちなみにだけど森田しゅうじと友達だった男の名前、やっと学級連絡網を見て思い出したよ。

本田光星(こうせい)だ。ったく‼何でわかんなかったのだろう。
そう、ほかに関わった奴は覚えてないし、ただ、こいつと森田のコンビだけは覚えてた。
他にも1年生で関わった奴とかエピソードとかあるかもしれないし、小学生でテストとか新聞での話、あそこの芝政プールでのさりなとの話などまだ書いていない部分も
思い出したがひとまず、野外活動編を書いていこう。


【野外活動編】
まぁ1年生のビッグイベントの一つだね。これを描いたら新たに思い出したことも付け足していく。
ひとまず、ここで休憩して明日に持ち越す。では、ご機嫌用

 

 


では、野外活動の続きを書いていこうか。
愛知県旭高原自然の家というところに泊まりました。
恐らく2泊3日の筈です。

 


 

 

所在地: 〒444-2809 愛知県豊田市滝野町坂38−25
 
営業時間24 時間営業
 

 

 

 

 

 

まぁ何で分かったかと言ったら卒業アルバムのところに「1年生の思い出 野外活動」と書かれていた。
まぁ覚えてる限り書きましょうか。

しかし、この場所広いし、ここに家を建てれば誰の邪魔もなく暮らせそう💖
まぁ山奥の大自然と滝と海と森が全てそろっているような場所が理想だけどね。

まぁともかくとして順番に書いてみよう。

まず、バスでここまで行ったことは覚えてる。
それで確かだがバーベキューとか野外活動の探検とかしてた。泊ってた場所はあの公式サイトのところだろう。
あの頃は目が曇っていたのでどこにあってどの場所かなんて興味も抱かなかったな。
(まだ、蠍座が目覚めていなかった時だ)


さて、メンバーだがあんな、まや、近藤奈々江の3人(女子)と俺(輝)、本田光星、森田しゅうじの3人の筈。
これはバーベキューの面子ですな。スペイン語で「丸焼き」という意味らしい。薪、炭などの弱火によって肉や野菜、魚介類などをじっくり焼く料理」を意味する言葉でした。 
とのことで飲食や調理も含めた御馳走をバーベキューと呼ぶようになったんだね。

他に寝室の面子は掃部関、森田、本田、辻りんた(だったような気がする)、もうひとり誰かいた氣がするが合計で5人で泊まっていた筈・・・。
これが寝室の面子。

まぁ最初の一日目はこれをやった筈。それで俺はバーベキューでちゃんと調理をすることもなくうちわで煽る係をやってただけで大したことはやっていなかった。
まぁ調理は森田とか本田の方がしっかりやってたな。後はあんなやまやとかもしっかりやっていたな。
近藤さんというか彼女は人物像を知らないし、あまりしゃべらない子なので掴みどころがなかった。まぁあんなやまやと一緒にいる方が安心感があるのだりう。
一人だと寂しいという氣持ちは当時の方が俺も強かったからな。もし、そうなら氣持ちは分かる。
そして、一緒に食べたことはまぁまぁ印象に残ってる程度で野外活動でむしろ、この自然のあたりを歩いたり散歩したりする方が
むしろきつくて森のところを歩いてて背中を押されてたことがあったんだけどというか上り坂のような階段のような場所であの時は本田のおかげで助かったわ。
本田の力がなければ俺はちゃんと歩くこともなかった訳だからな。
(まぁ疲れてはいたが水分補給があればなんとか歩けたってところよ、それでもきつかったけれどな。というかここで歩きまくって脚を鍛えればよくね?というアイデア
思い浮かんだぞ。結構、良いアイデアじゃね?やっぱり俺は閃きの天才にして最強のイメージ力の持ち主。最強とは常に己を高め続けるもののことを指し、己が頂点であると
自負した時、最強の道から引きずりおろされるのだ)


んで後、覚えてることはね北海道産の牛乳がとてもおいしかったこと。まぁ俺が確か、食べ終わった後か食い終わる前かまたはそこに他の同級生たちもいた氣がするが
瓶の牛乳だったかな、いや違うな。とにかくそれが美味しくてあの牛乳また、飲んでみたいななんて思ってしまったが牛乳が日本人の体質に合わないことを考えると
辞めといた方がいいだろうなという話です。

まぁそこの場所は広くて食堂のようなところだったと思います。

さて、そこで何か食った氣はしない。ただ、俺がそこに置いてあった牛乳を飲んだだけで立ち食いやただ飲みや皆がいない時に飲もうとか思った訳じゃなくて
本当にそこに置いてあっていつでどんな時のエピソードかどうかは忘れました。


まぁ瓶の牛乳ではないね。今でもおいてあったりするだろうか?まぁ別にもう一回だけ飲んでみたいなとは実は思ってたりはする。

次に上野しゅうとに股間を触られたという氣味の惡い話。
まぁ一言でいうとこいつとは小学5年の時にトイレに延びだされて俺のちんこを舐めろ(口で)と言ってきた奴で實は俺は右乳首(相手視点から見たら左乳首)を舐められていて
こうゆう風にやればいいんだと言われた過去があってね、まぁ小学5年生でよかったわ。俺はその経験もあってホモネタとかが高校生の頃もそうだったが死ぬほど大嫌いなのです。
んで俺はやろうとはしたというかなんか「こうやればいいのかなぁ・・・」と思ったが間一髪、吐き気がしそうでやりたくなかったのでそこから逃げてきたという話です。

まぁこの出来事なんだけど発覚して母さんには報告したんだけど上野しゅうとの母親と妹にはこのことを俺は喋っていないし、まぁ喋ったら関係が悪化して
学校にもういられない雰囲氣が漂ってたから俺は逆に何も言わなかったちなみに男女の契りでの用語でこれは何というかというとフェラチオ(口取り)といって
これは女性が男性の亀頭を舌で舐めて勃起させたり性的興奮させる奴なんだけどてか、あいつね、そういえば自分の亀頭までは晒さなかったな。

てか、あいつあの年(11歳)でAVを熟知見てるとすれば亀頭を出してもおかしくないがそもそもあいつはあくまで男性器本体を見せびらかしただけで亀頭までは見せなかったな。
(今、思い出したわ)ということはあいつはセックス(契り/交わい)というものを知らないという訳か?
もしもフェラチオを熟知していれば亀頭でなければおかしいのだがそもそも何で同性である男に対してフェラチオをしかも、小学1年生の時にスーパードンキーコングをやったことの
ある俺を選んだのだろうね?ちょっと理解出来ないが俺ならおとなしめで先生にチクらないことが分かってたのだろう。
でも、その後悔、後で起きそうな氣がする。まぁそもそも俺はほとんどの人間は「異性愛」が当たり前だし、俺もそうだし同性愛とかLGBTとかバイセクシャルとか
どこの世界の住人ですか?まぁソーシャルディスタンスでもやって距離でも開けて互いの世界で暮らしましょうという話だが
私は同性愛、両性愛、多性愛、全性愛だかなんだか知らんが性的嗜好のウィキペリア見てるけどこれって虚構の概念だよね?

ちなみに同性婚が承認されていないのは2020年10月現在、G7(フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)のうち、同性結婚もシビル・ユニオンも法制化されていない国は日本のみである。と書いてあるけどこんな概念が浸透して人々に受け入れられていることの方がおかしい。
まぁその割に我々はおかまという概念を受け入れているのは何故だろう?とまぁそれは後で調べるがいや、お前らがおかしくて我が国である日本が正常なんだよ。
てめえら脳みそ頭に詰まってるか?と逆に問答したい。

俺が言いたいのは通常は異性愛だろ!常識とかではなくて淵源であり、真理である。それを覆すことは神の摂理に反するということを意味する。

女でも男でも異性を好きになって夢中になって夢を抱き、妄想をしてそうしてお互いに近づいて結婚して子を授かったりもめ事が
あってそれで分かれてしまった人や子供を自分の力では育てられず親の力を借りて育てている人もいるだろ‼じゃあ、そうゆう人は同性か。
同性婚というかこれらの概念をおかしいというのは男女という二人の存在がいて子供という「全てはひとつ」の生命体が生まれるのはどの声明でも雄と雌という概念があるのに
人間だって男と女という性があって人間界は成り立っている。その根幹が崩れたら家族愛とか子供の命の尊さとか失われて全てに共通して唯一、誰でも理解できる概念が
消失するということを意味するんだぜ。だからDSは異性愛を破壊して性を乱れさせて人口削減をしてしまおうという連中の基地外じみた発想というものを肌で感じて
俺は心底、嫌な氣分というものを覚えてる。じゃあよ、男同士で女同士で命生まれるか?ないな養子という形だよね。それだって
男の精子と女性の卵子という神様の叡智によって成り立つ命ですよ。男同士で女同士で命は生まれない。男女という一人が合わさって「全てはひとつ」である赤ん坊が
生まれるんだぞ‼分かってんのか。これを推奨している純粋な日本人は一人もいないだろうがこれを推奨している連中には裁きを食らってもらいたい。
性欲もまぐわいもその快感も今のAVとかにある氣持ち良さの爲に神様がおつくりになられたものではなく、お互いが氣持ち良さを味わうことで人間が素直で正直になれるように
神様は氣持ち良さや異性といることで感じる心の温もりを創造してくださったのだ。このありがたみがわからないものもいるだろう。
このありがたみがわからないものに感謝する資格はない。だが、宇宙には敬意を必ず払うことを進める。全ての生みの親である宇宙に謙虚に姿勢を示すことは
森羅万象の自然と宇宙と摂理と命とその循環に畏れを抱き、感謝することを意味する。

たとえ、人生の尊さが分からなくても人間が嫌いでもいい。宇宙には敬意を払う。これだけは忘れることなきように。全ての人間たちよ。

だからね、これらの概念自体、当たり前にある異性愛が亡くなってしまったら結婚や子供も家族の形も崩壊するじゃん。
人口削減とか添加物や病院の薬やメディアの思想宣伝を繰り返していくうちにこういった概念を浸透させて人口削減計画を狙おうとしたんだろ!
幼い頃のホルモンバランスのずれと乱れによって男らしくない体や逆に女みたいな嗜好になったり逆も発生するという人間のメカニズムを巧みに利用した上で
これらの異性愛という誰もが当たり前に持ってる概念を侵食して同性愛だとかバイセクシャルとかLGBTだとか氣持ち悪い概念を侵食して人々の結婚や子の授かりを阻止しようとする
狙いでこれをやりたかったんだろ!カバールの屑共はと俺は言いたいのさ。


つまり、この概念もDSたちが作った虚構の概念とシステムではないか?と疑っている。公園見てみろよ、楽しそうに遊んでるのは夫婦と子供たちだぞ。
学校、みれ見ろよ!どこに同性に恋をする奴がいるんだ。俺の知る限りそんな奴はいなかったぞ。そういったことをネタにしている奴はいたが本当に好きな奴なんか
いそうには見えなかったぞ。上野しゅうとに聞けばよかったかも。「好きな女の子いる?」と聞いたらなんて答えが返ってきただろうか?
あれはAV見て興味津々になったんだな。しかも、男の股間を触ること自体、俺の推測だが父親がいないからその埋め合わせとしての裏返しの氣持ちではないかと・・・
まぁ俺にも真面目に考えるだけこいつが何考えてるかわかんないしな。

話が逸れてしまってすまないが俺が昼頃の時間帯の時に俺がそこを通り過ぎたらしゅうとがいたんだがそこであいつは俺の股間を触り、俺が顔を見ると「ニヤァ」
と氣持ち悪い顔で俺を見ていて本氣でこいつ氣持ち悪いな。頭、大丈夫か?と心の中では軽蔑してた。
しかし、小学5年の時はねフェラチオなんて言葉知らなかったし、逆に中学や高校でこれをやられてたら本当にメンタル崩壊してたかもしれんと思うと逆に小学校でよかったなぁ
・・・と思ってる。俺は直観でしゅうとのかあちゃんには言わない方がいいと思ってまぁ明日、何事もなかったかのように学校にいってて別にしゅうとのことも見てなくて
まぁ怖かったのでこのことを話すことはなかったがこうしてブログにかけて居ることに感謝する。

ちなみに小学校のエピソードを一つというか前もちょいと言及したが実は上野しゅうとが一度だけ小学1年生の時に俺の家に上がりにきたことがあるんだ。
その時にスーパーファミコンのゲームソフトである「スーパードンキーコング」というゲームを遊んだことがあるんだ。

このゲームは任天堂から発売されたスーパーファミコンという家庭用ゲーム機なんだけれどまぁちょいと動画を載せようか。

 

[TAS] SNES スーパードンキーコング 101%コンプリート 41分18秒37


 

スーパードンキーコング』(SUPER DONKEY KONG)は、1994年にイギリスのレアが開発、任天堂が発売したスーパーファミコン横スクロールアクションゲーム。日本では1994年(平成6年)11月26日に発売された。日本国外でのタイトルはDONKEY KONG COUNTRY

 

 

まぁこんな感じのゲームで概要も載せておきました。イギリスのゲームソフトウェアメーカーと手を組むというのも凄い話ですよな。
まぁこれは一緒にやっていて上野の奴はこれを操作することも出来なくてへったくそだなーと思ってた。
ゲームに関しては俺の方が旨いし、右に出る奴なんかいませんからね。まぁメトロイドドレットで久々にゲーマーとしての腕を見せてやりたいなんて
思っていますよ。んでね、ステージ1の最初のところから彼は上手くできなくていてスーパーファミコンの画像の奴はまぁ持ってこようか。

 

 

スーパーファミコン コントローラーの使いかた|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

 

 

 


最も野外活動がメインなのにすっかり違うことを書いてしまったね。後はね、3日目かなぁ。それとも2日目かなぁ。
この時にね、俺の方は起きるのが遅くて先ほど述べた面子たちにたたき起こされて俺は布団を上げることすらできておらずあいつらに任せっぱなしだったのね。
そんなにちゃんとできていなかったわけですからね、俺は。


んでこの時はまだ最終日ではないはずで詳しくは覚えていないね。
そもそも食った飯のことも覚えてないし、ほかに言うと歩いたこととかそこでの活動とか歩いたこととか他に覚えてることなんかないな。

んで3日目の時かどうかはともかく帰る日になって鼻水を垂らしてて俺は指でくいくい動かしていて女子たちからはドン引きされて男子はまぁ無反応だったと思う。
まぁ服にぬぐったりと汚かったな。ちなみにガキの頃は車に乗っていてよくまぁ小学生ではもうやめたけどそれ以前は鼻くそを口に入れて呑み込んでたことがあって
いつかは忘れましたがなにはともあれ、よくもあんな汚く下品な行為を平氣で出来たと思うと当時の己に吐き氣がしそうだなという話です。
(車に乗っててある浜辺を走っていた時で母さんが運転してたことですな。今はほぼ、自転車で車の運転なんかしてない。場所は左側に綺麗な青い海があってガードレールが
ある場所でガキの頃にやってました。場所は分からないけど小さい頃のガキの頃の記憶だと何故かこれだけ俺は覚えているという摩訶不思議現象ですよ)

まぁそんな訳で何でそんなことだけ覚えてるの?という話で己自身でも意味不明な話。なんだろう。エビのお菓子を食ってた氣がする。

 

Amazon | カルビー かっぱえびせん塩分35% カット 75g ×12袋 | かっぱえびせん | スナック菓子 通販

 

そう、当時の俺はかっぱえびせんとかコカ・コーラとかよくよく考えたら炭酸飲料とか体に悪い奴ばかり取っていたからこんなに太ってしまったんだなと
猛省している。俺が子供を授かる時はそんなことをさせないし、本当の栄養食材以外、決して食わせない。

 

 

さて、話の続きになるがこの後に近藤さんという人がなんかまぁ彼女は何もしゃべってはいないし、俺はその声もきいたことはありませんが
それで何故かあんなが「近藤さんのことをどう、思う?」とか訳の分からない質問をしてきてね、まぁこれに関してはね前に考察した奴があるんでね、
そちらを参照してくれよっていう話さ。

んでね、これに関してね俺は「悪くないと思うよ」とかなんとか答えたと思うんだけど俺はあの時ね、なんと答えたかどうかわからないのですよ。
まぁこんな感じの台詞だったと思うし、そんな質問に興味も抱かなかった俺はちゃんと答える氣はなかった。
「もしかして俺のことが好きなのか?」とも勘ぐったがいや、話したことのない奴を好きになるならその好機はいくらでもあったと思うがならばなぜ、それをしなかったのだろうか
と逆に思ってしまった。それに関りがない奴になぜ、あのタイミングで聞いたのかも謎なのです。バスに座って出発する前ですよ。まぁそれであんなとまやと近藤さんかな?
まぁあんなとまやが何かを話していてね、まぁ何を話しているんだろうか?とまぁ興味も抱けなかったのでいつの間にかついた時には忘れてたが近藤さんが貴方のことを好きみたいなんだけどっていえばいいのに・・・まぁそれを言っても俺は断ったと思うけれどね。だって人物層しらないし、それに人柄が分からない人とお付き合いしたいとは思わないですもん。
逆に明るくハキハキしている面があれば興味を抱いたかもしれないがあの頃の俺は人と触れ合いたいと思わない男だったし、今は違うにしても
ドラゴンボールヒーローズの方に時間を使えればと思ってた頃なんで色々、理由をつけて断っていただろうね。
という話でその後にドラえもんの歌とかで盛り上がってたりしてまぁ俺もドラゴンボールでも歌おうかと思ったこともあるが目立つようなことがあったら以前のような空氣キャラでは
いられないからやめておこうと思って寡黙を貫きました。そして、半田中学校に来る前は眠っていました。あっ!そういえば隣に座ってたのは誰だったかな?
う~ん全然覚えていないのね。まぁ覚えていなくても問題なかろう。それを覚えていたからって何か得があるという訳でもないからね。

んでついた時はどんな風か忘れたけどでかくて赤いかばんを持って行って母さんと一緒に帰ったという話。
あっ、そういや風呂は広くて最高だったな。まぁ男連中がいっぱい入ってていい肉体をしている奴もいれば腹筋ついてる奴もいて俺みたいなでぶっちょもいて腹がたれてる奴もいたが
まぁ同性の男性器なんてどうでもいいが意外とそこだけはみんな、ちっちゃいんだなと思った。だって、親父以外で見たことなんかなかったし、しゅうとに関しては
よく覚えていないのでね。尻ですか?まぁほっそりした奴とぶてぶてした肉体の奴と引き締まったいいスタイルの奴など幅広くいましたね。
顔がほっそりな奴らは意外といい肉体をしていた。まぁ誰も俺の肉体に対して「デブってやんの‼」・「お前、腹出すぎだろ。」・「もうちょっと痩せろ」なんて
言われませんでした。3年の時はね、ふたりで共同だったもんで風呂が氣持ちいいなんて全く思えなかった。あれ、わざとでしょ。大体、風呂はみんなで入った方が氣持ちいいし
最高じゃねえか‼別に空気だろうがわいわい叫んでるところは「やっぱ、集団旅行っていいな。」という氣持ちになれるんだから3年の品川プリンスホテル
最悪だったというほかない。

まぁ風呂に関して言うなら銭湯のようで広くて入り心地もよかったし、皆とぱって盛り上がったりする聲が聞こえるからそっちの方が良いに決まっているよ。
そして、風呂はまずシャンプーとかリンスとかをやってから風呂に入った筈。会話は誰ともしてません。

そして、上がった時はでっかい扇風機が氣持ち良くてちゃんと水浸しで脚とかに水が集中してるけどバスマットもあって清潔さもあってしっかりしたいい場所だったよ。
そこでのバスタオルをからだじゅうで拭くのは氣持ちよかったね。そこから服を着てそして寝室での寝どころはよかったね。


まぁ風呂でいうとね、こっちの方がよかった。ちなみに俺はデブだからびっくりしたんだけど連中の全体図のスタイルを見た時ね、太ももやお尻がほっそりしてたり
引き締まったりしてる奴らを見た時ね、こんな肉体してる奴もいるのか?俺があまりにデブなのか‼俺がおかしいのか‼
太ももやお尻は一番、筋肉で大きいところなのにあいつは何であんなにほっそりしているんだろうって思いました。

俺の場合は多分、太ももも尻もね、相手目線から見るとちょっと肉がのびのびしすぎているように思えて太りすぎと映るでしょう。
それに上野しゅうとや俺自身がAVを見た影響を言わせてもらうとそうゆうのを見てなければ普通は性的興奮なんか決してしないなと思わせられた。
だって、そうでしょ。それを継続してみてて男の尻がエロいように感じたり、更に太ももがいい肉体しててちょいとウホッ‼となってしまったが別に同性愛ではなくて
純粋に興味を持って惹かれただけだが別にそうゆうのに触れてなければそんな氣持ちが芽生える訳なんかないなと思いました。
(ちゃんと性に対する価値観で書きます)


さて、一年生の野外活動編はこれで終了します。では、次の段階へと進めましょうか。

 

 

 

 

さて、もう一年編で書きたいことはないと思ってるがちょいと思いつけるキーワードでも書いてみようか。
・小学校5年でのあそこでの旅行(場所は知らない)というか5年生だった筈。
・更なる感想を書こう(さっきの修学旅行の火のたまの奴)
・小学校の連中の名前で卒業アルバム見てて思い出した人たち。

とこの3つしか思いつかなかったな。
あっ、そうだ。中学校になってから学校のテストも点数が小学校より落ちたことや新たな発見などとにかく思いついたことでも書きますか‼

 

 

まず、小学5年生の奴だけどある写真に「愛知県野外教育センター」と書いてるのでここっぽいな。

 

 

 

愛知県 野外教育センター

経路案内
保存
電話
岡崎市の教育センター
 
 
 
 
所在地: 〒444-3432 愛知県岡崎市千万町町大平田17−5
 
 
 
 
 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ア,学校が実施する野外教育プログラム
  学校教育においては,集団宿泊学習,林間学校などの野外教育プログラムが,学校行事の一環として実施されている。これらの多くは,通常,1泊か2泊の宿泊を伴い,学年単位で,青年の家・少年自然の家等の施設・設備が比較的整った青少年教育施設等を利用して行われている。  昭和59年度から開始した文部省の国庫補助事業である「自然教室推進事業」(5泊6日程度)の創設を契機に,小中学生の長期の野外教育プログラムが,学校において実施されている。長期間のプログラムとしては,この自然教室以外に,兵庫県の「自然学校」(県下の全小学校5年生を対象にした4泊5日),東京都江戸川区の「セカンドスクール」(小学校6年生を対象にした6泊7日)などがある。
  このような期間の長期化とともに,野外教育プログラムの実施形態などにも工夫が見られるようになってきた。例えば,参加者全員の一斉指導による活動だけでなく,小グループによる選択活動や,個人別の自由選択活動,複数学年が参加し,異なる学年の児童生徒の縦割りグループによる活動などである。    また最近では,理科や社会などの教科との関連に留意し,活動種目によっては,それぞれの教科に位置付けた取り組みも見られる。

ーーーーーーーーーーーーーーー


https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/003/toushin/960701c.htm

※野外教育の現状と課題

より引用。

 

 

とまぁ實は小学5年生も中学1年生も共通していることは「火の行事」を行い、そしてそれをみんなの前で披露するということ。まぁそれを何というか名称なんぞは知らないぜ。知っていたらちゃんと書けているからね。

 

とまぁ昭和59年(1984年)から始めているプログラムなので大体、今の30代~50代前半というより30代前半から40代後半あたりの人はほとんどこれを
経験しているということになるのか・・・ふむ、これは全く知らなかった。

 

 

 

 


 

茂木慎雄によれば、キャンプファイヤーには(機能的には)、1.身体をあたためるもの 2.料理をしたりするもの 3.実用を離れた趣味のもの の3種類ある。

以下に挙げるもののうち、料理に多く用いられるのは、星形の火、狩人の火であり、日本の飯を炊くには蜘蛛の巣の火がよい。個人的な趣味の火には小さい星形の火がよく、大人数のキャンプファイヤーには大きい星形の火、蜘蛛の巣の火がよろこばれる。ネスムックの火は深山で燃料が多量にあるときや寒夜などにひと晩じゅう焚く火によい。

星形の火 (star fireIndian Fire)
アメリカインディアンによって好まれるので「インディアンの火」とも、また薪が少なくて済むので「怠け者の火 」(lazyman’s fire) とも、いう。薪を放射線状に並べるので、この名が生じた。石や煉瓦を放射線状に並べてその中心で火を焚くのもこの一種である。
狩人の火 (hunter’s fire)
狩人が好んで作るのでこの名が生じた。鉄道枕木くらいの生木を2本、並べて、その間で火を焚く。常に風や煙が手前から奥に抜けるように、風向によって枕木の位置を変える。陸軍でしばしば行なわれる炊爨壕は風向が変化すると掘り直さなければならないが、狩人の火はたんに枕木の位置を直せばよい。
ネスムックの火 (Nessmuk’s fire)
大キャンパーであるネスムック(en)が好んで使ったことからこの名が生じた。火熱を反射するから、 “reflector” とも、火背に木を並べるから “back log fire” ともいう。仮に直径 1 尺 ( 30.3cm ほど ) の立木を倒したとすると、長さ 5 尺 ( 1.51m ほど ) くらいの丸太 3 本を作って火背の木とする。つまり火熱を反射させる壁 (reflector) である。石や煉瓦が多い地方であればそれを利用する。背は高ければ高いほどよい。熱を反射させるほかに煙突がわりにする。つぎに杙 2 本を作って地上に斜めに相平行して建てる。火背の木をこれに横に並べかける。最太のものを最下に置き、しだいに細いのを積む。その前方にこれに接して薪架として直径 5,6 寸の丸太を焚く。直径 6 寸( 18.2cmほど )くらい、長さ 1 丈( 3.03mほど )くらいの丸太が 13,14 本あればひと晩じゅう火を焚き続けることができる。

 

 

蜘蛛の巣の火 (cob house fire)

日本の越中や信州の案内人がよく焚く。太い薪を 4 本並べ、地上に四角形を作り、その中央に細い枯枝で小ピラミッドを作る。つぎにしだいに細い枝で井桁を組んでいく。4,5 段組むと、細長い枝数本に点火する。火炎は細長い枝を伝って全体を火炎の家として終る。

 

 

歴史

この呪術的かつ宗教的な儀式は、発祥地および宗派や呪術の流派といった起源は不明である。火の神への崇拝が起源」だと言う人もいる。

キャンプファイヤーを囲んで『オクラホマミキサー』などでフォークダンスをするのはアメリカ合衆国が発祥である。

日本には戦後連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) により持ち込まれ、学校教育の中に取り込まれた。1970年代ごろまでは多くの高等学校大学学園祭の後などに実施されていたが、騒音や風紀、防火などの理由から徐々に行われなくなり、現在では学校の敷地内で火を焚く例はほとんどみられなくなった。

 

 

とまぁ實は小学5年生も中学1年生も共通していることは「火の行事」を行い、そしてそれをみんなの前で披露するということ。
まぁそれを何というか名称なんぞは知らないぜ。知っていたらちゃんと書けているからね。

とまぁ昭和59年(1984年)から始めているプログラムなので大体、今の30代~50代前半というより30代前半から40代後半あたりの人はほとんどこれを
経験しているということになるのか・・・ふむ、これは全く知らなかった。


とまぁあの炎のキャンプファイヤーをやっていたみたい。ただね、何でこのキャンプファイヤーという名前なのかってことですが
ともかくGHQこと連合国軍司令部が来てからこの文化が台頭したのねということ。
それが何を意味するか?興味深い点が一つあってね

 

 

儀式として行うキャンプファイヤー

儀式として行うキャンプファイヤーは、「親睦の火」や「儀式の火」とも呼ばれ、親睦儀式の場である。儀式の細かい内容は様々であるが、儀式的な要素を用いて徐々に火の世界を作り上げる。盛り下がりは神聖さを重視し、雰囲気に重点を置く。キャンプファイヤーの最後は火の神の言葉を拝聴し、友情の火の誓いを立て、終了とすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 


 

この儀式っていうのが怪しいんだけど一体、何を意味しているんだろうねという話さ。
火の神の言葉を聞いてとは何かね?しかも、「儀式的な要素を用いて徐々に火の世界を作り上げる。盛り下がりは神聖さを重視し、雰囲気に重点を置く。」
・親睦の儀式とも言われているがこれは一体、なんだろうね。ちょっと分からないな。悪魔崇拝儀式とかそうゆうのじゃなければいいなぁ。
これの淵源はどこか?アメリカ発祥、儀式と宗教と関係、火の神への崇拝と敬拝が含まれる、祭事などこれらの意味合いを探ろうとするのも面白いかもしれない。

 

 

まぁこれは今は省いて次に進みましょうか。もともと、この火の奴はキャンプファイヤーだったということを知れただけで充分だった。

 

 

次は

・小学校の連中の名前で卒業アルバム見てて思い出した人たち。

 

 

まず、キャンプファイヤーの奴なんですけど中学校の奴もキャンプファイヤーだったけどあれは何の動きでなんていう名称なのかってことを
知りたいのだがこれも後回しにするか・・・ユーチューブで打ってもそれらしき名称が掛かれてないので思い出した人たちを書いたら
中学2年生編へと移行しましょうか。

 

 

 

あんどうともき関連で思い出したことがあります。
まず、一年だったと思うが「野球クラブ体験」をしたことがあるような氣がします。
そこで僕は走ったりそこで安藤ともきも一緒にいたと思います。

そこでね、何でそこに入ったのかというと母さんが連れてってそこで一日だけ体験してその後は特に何もなかったと
思いますね。そこでの体験は楽しかったような氣がするが1年生の時に一日だけやったんですが瑞穂公園です。

 

 

所在地: 〒475-0828 愛知県半田市瑞穂町8丁目5−9
 
 
 
 
営業時間: 
 
 

 

 

 


 

 

この場所に母は連れてってくれたのか?なぜ、知ってたのか?広告で犬塚と石塚の二人がギャーギャー色々言ってたようで
それでなんかそこにいってその後に何も進展がなかったのが悲しいね。別に野球が好きとかではなくて
まぁその前に野球では俺はただ、ボールを打ってそこから走る経験をしてただけでそれ以外のことなんか何にもしてなかったですけれど
まぁそれで終わってそういや、あの椅子に座っていたような氣がするね。

 

その後は分からないが安藤ともきという男子やほかにも人が思うが「ともきだ」と認識してただけでね、ほかの生徒は分からんよ。
ただ、なんか気合入れて走ってたようであそこで走れたあの感触はなんだか滅茶、楽しかったような氣がするよ。

なんか懐かしくて笑顔で満開な氣分なんですけれどなぜでしょうね。なんだか哀愁くるしい氣持ちなのか故郷に想いを馳せるような氣持ち。
なんていうのだろうね。それなら「ねえねえ野球をやらない?」とか「貴方、野球やってみたいと思った?」と聞く母親、「おーい‼輝。」「ともきか‼」
「お前、昨日の野球どうだった?面白かっただろ」とかそういった人間関係のイベントが起きてもよかったなと思った。


という話ですよ。とりあえずはこれを思い出せてよかった。

 

 

 

次にバレーボールをしてたことを思い出した。
これは2年から4年だった氣がするがまず、その前に俺は他にもテニスを体験していたことや水泳をやっていたこともあるなども補足しておく。

これはいつ?やっていたかは覚えていないが大体はこの期間です。
ちなみにアルバムを見るとドッジボールクラブに所属してましたが恐らく5年生以降でバレーボールクラブに入ってたかたまたま、体験をしていただけかもしれない。
そういえば卓球もしていたような氣もするよ。


まぁバレーボールは恐らく体験ですね。母さんは「違うわよ」と言っててその本人もあんまり覚えていないと言いますけれどこれ以外
考えられないね。手の動きとか投げ方とか高く飛んでバシッと真下にたたきつける奴はあんまり知らなかったんだけれど面白いなと思った。
でも、これも水泳もテニスも結局、途中で辞めてしまったのを覚えてる。なぜ、辞めたかは分からないが多分、予想以上に厳しくて投げ出してしまったのだなと
今では考えて居るがどうしても他に分からなかったのでまぁ済まないな当時の俺・・・あの頃の俺は何かに夢中になったことなど一つもなかったのだよ。
だからドッジボールに逃げていた。そして、ここでのバレーボールの体験があったからアニメの「ハイキュー」とジャンプ漫画原作の奴を見てみたいと
思ったのやもしれない。
(実は夢で銭湯らしきところで着替えをしててそこから飛び込んだら何故か水泳プールの場所でバレーボールで点数を競うゲームをやってるという夢を見たがこれは
バレーボールを過去にやってたことがあるだろ‼という自己暗示だったのだろう。早く書くんだ‼ということだろうか)

 

まぁバレーボールで覚えてるのは手を二つとも合わせてボールを飛ばす動作の奴だけですな。

 

さて、水泳は前に書いた。恐らくというか石川先生のアドバイスで母さんが連れて行こうと考えたのがきっかけで
そこから一年間ぐらい通っていた。それの影響もあって4年生や5年生のプールの授業などは妙なトラブルもなく、同級生の一人に「お前の背中、暖かいな」と言われたことが
あったけどなんか褒められたようで内心では嬉しかったが表情を上手く表すことが出来なかった。
そして、25メートルも簡単に泳げて50メートルを確か、三村ゆうとが完遂するのを見て俺も50メートル泳ぎたいと思い、触れ合いプールに行ってその特訓に明け暮れていた
ことがありました。

 

 

半田福祉ふれあいプール

ウェブサイト
経路案内
保存
電話
半田市のスイミングプール
 
 
 
 
所在地: 〒475-0803 愛知県半田市乙川末広町50−1
 
 
 
 
営業時間: 
 
 

 

 

 

 

https://www.japan-net.ne.jp/~fureai-p/

※半田福祉ふれあいプール

 

 

 

 


 

 

【航空写真】


 

まぁここもよく言ってるところですが今は言っていない(567が発生してからは一度も言っていないね)
ここではね、スクロールをするところとかがあるんだけれどスライダーよりはそちらの方が好きだったね。
スライダー君は体が引きずられてそこの断面にすりすりと體(からだ)が当たって今ならもうあの感触は味わいたくないね。
その意味では好きじゃない。まぁコロナ以降、いくことがあるかは分かりません。
本当の意味でカバールDS掃討作戦が終了したら行きますかもね。

実際にさくら小学校のプールで50メートル泳ぐのは達成出来ていないですからそこは悔しかったよ。
何故、やらなかったのかというと時間を氣にしてたことと50メートルやったら皆に目立っちゃう・・・
でも、本当の理由は単に50メートル成し遂げてやろうという勇氣を持っていなかったこと。
出来るのだろうか...という不安は少しはあったのは僕でも分かります。

だから結局、出来なかった。これらの淵源は結局、出来るのかなぁ・・・という不安。
ちなみにふれあいプールで小学5年6年か中学1年かだけどそこで50メートルは達成出来たのを覚えてるぜ。

だから俺の中ではふれあいプールで達成出来たことは一つのリベンジ(再挑戦)達成ということなんだぜ‼
別にこちらの方で出来たんだから学校の中で無理やりやる必要なんかない‼ということさ。


さて、水泳関連はこんなところでもうひとつ、着替える場所とあんなに高いところにあるのも正直、納得出来ていなかった。
俺から見たらどうしてあんな屋上にプールを設置したのか?どうして学校の教室から遠く離れたところまで赴いて集団行動で
歩かなければならないのかなどこのあたりが本当に氣になってしょうがなかった。
(あの頃は言葉に出来なかったけど今なら言葉に出来るよ)

だから中学校の時は何とも思わなかったし、一人の時間が増えて自分と向き合える時間もだいぶ、成熟していきました。
これも大きな成長と前進と心得なければなかろう。

 

テニスだって体験でやっただけで途中で投げ出しましたよ。
高羽 連が通ってたとは聞いてたけど俺は彼に一度も出会っていないよ。
ということは彼があそこで遊んでるじゃなくてテニスを行っている時間とは別みたいね。

彼は今でも絶賛、活躍中らしい。
グーグルで名前を検索すると出てきますしね「高羽 蓮」とやると。

 

 

 

 

衣浦マリンテニスクラブ


スクール生の高羽蓮(名古屋高3年)が、高校総体(インターハイ)愛知県大会個人戦ダブルスで優勝したと報告がありました!
これでシングルス、ダブルスとインターハイ出場です。
悔し涙を流した皆んなの代表だという自覚を持って、インターハイに挑んで欲しいと思います。
団体戦は、来週東山公園テニスセンターで行われます。

2人、笑っている人の画像のようです

 

彼は全く顔が変わっていないね。
これは2018年の時だけど俺は歩いててここのテニスクラブやってる若い年下の中高生らしき男の子と
話したけど本当に彼が唯一、ここの個人大会で優勝したというのは凄い話だな...。

本当はちょっとびびってる。何をしたらこんなに上手くなって強くなるのか。
ちなみに小学校と中学校の夢が未だにスポーツ選手で変わっていないようです。
(それも凄い氣がする)

 

 


名古屋中学校・高等学校(なごやちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市東区砂田橋に所在し、中高一貫教育を提供する、プロテスタントメソジスト派の私立男子中学校高等学校名古屋学院大学は同系列であったが、1973年学校法人名古屋学院から分離したため、大学は別法人である。

高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、入学試験が上位選抜クラスを除いて3年間別クラスになる併設型中高一貫校

 

過去の名称 私立愛知英語学校
名古屋英和学校
名古屋中学校 (旧制)
名古屋学院中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人名古屋学院
校訓 敬神愛人
設立年月日 1887年7月11日
創立者 フレデリック・チャールズ・クライン
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型(一部外部混合)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 6年文理コース(中高一貫)
文理コース
学期 3学期制
高校コード 23519
所在地 461-8676
愛知県名古屋市東区砂田橋二丁目1-58

 


しかも、この学校はプロテスタント教が作ったところですか・・・
ふむ、そうなのね。まぁ明治維新という第二次カトリック侵略の結果がこれだからな。

 

 

 

 

高校テニス部 東海総体で二冠! 団体は準優勝!

平成30年度東海高等学校総合体育大会テニス競技

(6月16日~17日・四日市市霞ヶ浦テニスコート

 

団体戦】 団体戦はダブルス1本、シングルス2本によるチーム戦です。

準優勝

〈対戦結果〉

〇 1回戦  四日市高校  (3ー0)

〇 準決勝  麗澤瑞浪高校 (2ー0)

×  決 勝  四日市工業高校 (0ー2)

〈メンバー〉

シングルスNo.1  高羽 蓮(3年)

シングルスNo.2  石榑元晴(3年)

ダブルス     鈴木悠太(3年)・宮本貫太郎(3年)組

控 え      林 航平(2年)

 

個人戦シングルス】

優 勝  石榑元晴

第3位    高羽 蓮

ベスト16 林 航平

 

個人戦ダブルス】

優 勝   石榑元晴・高羽 蓮 組

第3位     鈴木悠太・宮本貫太郎 組

石榑元晴はシングルスとダブルスの二冠です。

 

 

 

f:id:nihon2680:20210930162025p:plain

 

 

高羽漣よりもうまい奴はいるということか。東海高等学校総合体育大会テニス競技での結果みたいですね。
うん、良い顔をしてるんじゃないか。

 

 

2019-03-17 19:00:15

 

2019-03-17 19:00:15

 

MVP Interview!!!!!!〜統括〜

テーマ:インタビュー(フューチャーズ)

 

 

本日をもちまして、、、

 

 

三菱電機早稲田大学インターナショナルテニスオープン2019」

 

全日程終了致しました!!

 

どの試合も素晴らしかったです目

 

 

今回で最後のインタビューになります。なんだか寂しいですね、、、

 

本日のMVPはもちろんこの二人!!

 

今大会の学生統括・学生実行委員・大会副実行委員長の

 

加藤翼(新三年)と長倉謙伸(新三年)ですキラキラチョキ

 

 



 

本当にお疲れ様でした!!

 

今年は特に仲が良くて素晴らしい連携で運営のリーダーとして引っ張ってくれました。

 

 

お二人にお話を伺いましたグー

 

 

Q本当に大会お疲れ様でした!まずは大会が終了して今の心境をお聞かせください!

 

長倉:え、そんな固い感じなの?(笑)

 

感想は、、そうですね、、、いろいろ面白い事がたくさんありましたね。(笑)

僕は満足していますね!

 

加藤:僕はしんどい中での楽しみ方を見つけることができましたね。

でも今は疲れましたね。

 

Qありがとうございます。この大会を開催するにあたって、何が一番大変でしたか?

 

加藤:そうですね、、大変なことはなかったです。

 

樋口:え?(笑)

 

長倉:すぐ強がるじゃん(笑)

 

加藤:すべてが楽しかったです。良い大会でした。

 

長倉:僕は全部大変な思いをしましたね(笑)特に協賛して頂ける企業様に挨拶に行くのが一番大変でした。

 

あと、メールの対応がとても大変でした。普段使わない丁寧な言葉を使うのが大変でしたね。(笑)

 

Qでは、今大会のベストマッチを教えてください。

 

加藤:一つ上げるとするならば、江原選手vsNAM選手ですね。

 

江原選手が最後の最後で観客を魅了する素晴らしいプレー、そういう楽しんでいる姿を見て僕も見習いたいと思いました。

 

もう一つは、千頭(新三年)ですね。彼にはナチュラルガットを使えとアドバイスしたいですね(笑)

 

Q最後に何かありましたらお願いします。

長倉:特別協賛してくださった三菱電機株式会社様をはじめ、協賛してくださった各社様に本当に感謝したいです。

 

また、足を運んでくださった方々には大会を盛り上げてくださったので本当に感謝したいです。

 

加藤:まず初めに特別協賛してくださった三菱電機株式会社様をはじめとするスポンサー各社様、観客の皆様、OBOGの皆様、庭球部員のみんな、本当に一週間ありがとうございました。

 

僕はこの経験を生かして新たにステップしていきたいです。本当にありがとうございました。

 

 

 

加藤・長倉本当にありがとうございました!!

 

長倉くん

加藤くん
 

 

 

そして、お疲れ様でしたチューキラキラ

 

 

最後に我々チームブログのコメントで締めさせていただきますおねがい

 

 

高羽蓮(新一年):慣れないことが多かったですが、楽しい一週間でした!

 

足立理帆(新一年):慣れないことがたくさんあって、大変でしたが、選手やコーチ陣へのインタビューを間近で聞けて良かったです!

 

豊島舞(新二年):大会を客観的に見れる仕事だったので、とても楽しかったです!

 

下地奈緒(新三年、前回チーフ):ブログ・ホームページのみんなサイコーキラキラ

 

樋口廣太郎(新三年、ブログ・ホームページチーフ):楽しい一週間だったぞう。同じ役職のみんなありがとう!

 

 

 

 

 

非常に濃い一週間。。。

 

皆様ご愛読本当にありがとうございました。

 

 

これからも早稲田大学庭球部をよろしくお願いします。

 

 

 

これは三菱電機早稲田大学インターナショナルテニスオープン2019の奴なんだけれど
そもそも何でスポーツと関係ない三菱電機トヨタパナソニック(松下電器)、ソフトバンク楽天日本ハムなどが参入する訳?
ここから全て疑問でしかない。勿論、家電メーカーである三菱やパナソニックの製品を作っている企画部、技術部、開発部の人たちには敬意は払うが
金の亡者である拝金主義の販売企画部とか上層部の連中には心底、軽蔑する。特にトヨタソフトバンク楽天日本ハムはただ自分たちの商品宣伝の爲に
行っているだけでスポーツなんか本当は好きじゃないだろ‼何故ならこの俺ですら心から好きなスポーツなんてないのだから。

卓球とかは楽しくて意外と好きだよ。でも、子供とサッカーや野球をしたいほどこの二大スポーツは好きどころか皆に人氣なのが信じられないという面もあって
大嫌い。これはこの二つばかりが過激に持ち上げられているような面があるのと
(みんな、ほかのスポーツとかしないの?えっ、野球とサッカー以外、皆嫌いなの・・・好きじゃないの?スポーツとかなら他にもいっぱいあるでしょ‼
それにテレビがこの二つばかりやたらと持ち上げたり特集したり渋谷とか都会とかその選手で盛り上がってる人たちがいるのは一向には構わんがそれにしては
その時だけ大好きだよアピールをして詭弁を立てているように見える。なんか、妙におかしいしバカ騒ぎしすぎたりこいつらは人としての品性や道徳はないのか?
おかしい、何かがおかしい・・・更に言うと他のスポーツとかがあまり宣伝されず、有名選手とかが出てきた瞬間に急にそのスポーツが持ちあげられるのがおかしい。
例えばカバール大阪なおみとかね。まぁこいつはハーフ系カバールレプティリアンDSですね。)
と思ってるからです。

サッカーなんてキャプテン翼とかイナズマイレブンのおかげでサッカー単体に魅力なんかどこにもないし、特にイナズマイレブンはサッカーに対して
本当は反吐が出るほど、嫌いなんだろ!というような描写がいくつもある。例えばサッカーボールに唾を吐くヤンキー柄の男でわざと敵対感情を逆なでる描き方と
豪炎寺の仕返しの仕方。まぁはっきりいってね、「ほれ、嫌な奴が目の前にいるぞ。人として最低だぞ‼どうだ、むかつくだろ。仕返ししたいだろ、氣分を晴らしたいだろ!
こんなひどい行為を見て無視出来る訳ないよな!」という電通の日本国民への宣戦布告めいた思想を感じる。まぁそりゃ殴りたくはなるけれどその前にこんな描写や
こうゆう人物が世の中にはいるんだぞ‼というような描き方を辞めろよ!とそこからは文句しかないね。
まぁカナエさんみたいに相手への成敗とかしたり後は二度とサッカーに関わるな!という威圧は本人の戒めの爲には必要でしょうがこの作品の場合は
わざとこういった人物を登場させて不快感や世の中への不信感を増長させようとした見え透いた意図を感じるかレベルファイブ電通がますます嫌いになるのよね。
(まぁレベルファイブも幼稚だし、この会社も怪しいね。わざとこうゆう作品を生み出しているように思えて愛情なんてないだろうね。
イナズマイレブンと同じく企業や映画との宣伝やタイマップもしつこすぎるし・・・それにパターンがイナズマイレブンの時から進化してねえし、脚本も
練り上げられてないよなぁ・・・という話。それにアニメのちはやふるを見た時にこっちの方をもっと取り上げるべきなんじゃねえの?何で実写版ばかり取り上げられるのさ。
アニメ版のちはやふる、かなり質も素晴らしいし、内容もあんまり見ない人にもおすすめ出来るよ!まぁ今の漫画はちょいと日本人向けというか明らかに幼稚な描写があるから
そこがなくなれば日本のアニメは最高のエンターテインメントになれるだろう・・・これを卒業できればね。その意味ではユーフォニアムは別格よ。
日本のエンタメはいい加減に幼稚な子供だましの表現から卒業して大人に脱皮しないといけない。実際はあんな描写は滅多にないし、やるならやるでほっこりするやり方に
帰るべきね。精神的描写は更に拡張して更に進化させなければならない。)

 

 


(おまけにアニメ版は電通がかかわっているし、レベルファイブとかいう評判の悪い会社も備わって逆に良い印象なんかない)

 

まぁ高羽君は今、どこで何やってるかは知らんけれどこんなとち狂った資本主義社会が終焉するまでなんとか耐えてそして、懸命に生きて
常に己の原点を忘れずにな。という話です。

 

 

まぁそんな訳でテニスと関連付けて高羽漣の話をさせていただきました。
テニスと言えばあれがあったよね。テニスの王子様という作品が。
イナズマイレブンは一言でいえばテニスの王子様の劣化型作品でしょうね。

まぁどちらも共通してるのはテニスやサッカーが好きなようでどこかでテニスやサッカーを愚弄して侮辱している面でしょう。
イナズマイレブンですら今、考えれば最低最悪の作品なのだからこれも同じ穴の狢だろう。
まぁそれを言うならこれらを喜んで好きだったり見に行ってる連中も大バカ者というレッテル貼りをしなければならないが
彼ら彼女らはそんなところなど見てはいないだろう。色々、最低な作品を見ていく故で世の中におかしさに氣づいただけだ。
「どうして、まともなアニメが全然ないのだろうか。なぜ、ひどいギャグや大衆に受けないような変なキャラが出てきたりこう癖や性癖がひどいような
キャラや世界観がまかり通っているのか。」と思うようになっただけである。ただ、それだけである。

 

次に安藤ともきについてかこうか。
彼は俺が下痢で休んでいたことがあったんだがその時に「大丈夫だったか?」と俺を支えてくれた男子でちなみに彼の最初の苗字は忘れたが
2回も変わってる●●→〇〇→安藤という感じで本当に何があったんだ?と問いたいぐらいで「何で離婚しているんだろう・・・」
と不思議でしょうがなかった男です。でも、人柄は悪い奴ではなくむしろ、本当の良い奴で特に問題行動もなかったし、惡い評判もなく
介星のようにみんなの人気者というタイプではなかったけど意外と好きでした。確か、吉村教師の時だった筈で俺が下痢状態になって
いや、熱だった可能性があるし、ひどい時の下痢が6年生のカップラーメン吐き事件ですからね。

それで下痢というよりはいつかは忘れたが2年~4年の時に熱があって下痢や突然の熱とか顔が赤くなって南青山皮膚科にいったことは覚えてるが
これだけはよく記憶していない。つまり、あんまりないということでその時にある病院にいきました。

最近まで言ってたところは名前は忘れたがそことは違う。知多半田駅前にあるところの子供クリニックです。

まぁ名前分からないのでグーグルマップはやりませんけどその時に「ともきって結構、良い奴だな。」と思った思い出があるのです。
まぁそんな話ですよ。


彼とは中学校では一度も関りはないですよ。(まだ2年生編を書いてないのはこういったやり残しを書いてる爲)
まぁ彼も元気で達者にやってるといいな・・・なんて思った次第(笑)
意外とこいつは好きですよ。(人物像は知らないけどいい奴だと俺の直観が告げている。後は社会の闇に取り込まれてなければいいが・・・そこだけが不安だ。負けるなよ!ともき)

 

 

 

後はみなと公園で過去にやっていたであろうことを全て書こう。

・テニス
・サッカー
・野球?
などね。

まず、テニスに関しては親父と一緒に多分だが最初のところでやっていたような氣がする。
親父とそこで何回か練習をしたがそれ以降は何もしてないけれどなんか親父と一緒に練習につき合わせてた氣がする。
そうなった経緯など分からないがとにかくそんなことを俺はしてたような氣がする。

何故か?多分、テニスクラブに通ってた時かな・・・1年~3年はそんなことしてないような氣がするし、あの衣浦テニスクラブに体験してから
あれを行ってたような氣がしますよ。

まぁ恐らくですが1年も続かず、途中で辞めてテニスクラブを辞めてからしなくなって何年か放置していて今はもううちにはありません。
まぁ何でこんなことをやっていたのか馬鹿馬鹿しい時間を自分でもやっていたなと思っている。

でも、無意味ではなかった氣がする。

 


サッカーは10歳ぐらいだったと親父曰くいっている。多分だがあの芝生の広い場所だな。あそこでやった氣がする。
野球に関してはやっていないとのこと。1年の時に野球クラブらしきところでやったような記憶があるからもしかするとやっているんじゃないかと勘ぐったが違う可能性が
思いっきり出てきたね。まぁそれでも別に構わぬと思うけれどね。

野球はあくまで公園の人たちの記憶を残像イメージで読み取ってやったのではないか・・・と勝手に勘ぐっただけなのでね。
ということは俺の勘違いに過ぎないということだ。
サッカーはやったかどうかは分からないが1年~3年のような氣がするが4年生なのかね?多分、芝生ではなく像の模様の公園で遊んでただけで
それ以外でサッカーをすることなんてなかったね。ただ、楽しかったよ。
何故、やってたか?そんなの考えてない。ただ、親父とやってた瞬間が楽しかった。ただ、やりたかった。それだけだ。
漫画もアニメも見たいという動機、知りたいという動機から俺の人生は始まっているのだ。
いつ、買ったのか?やるきっかけなんて俺は知らないし分からない。まぁ俺が飼ってほしいといったか親父かおふくろが買ったかの
どちらかだろう。

人間の影響とは意外なもので猫を招き入れたら親父の体を傷つかせてしまって「もう猫なんか招き入れないし、絶対に飼わない‼犬なんか飼っても小さい頃に近くの家の人の犬に噛まれたし、大人は誰一人助けてもくれなかったし、ただ、ぼーっとみてるだけで僕の目線をみてくれなかった(泣)」という氣持ちもあるから
俺は犬も猫も金輪際、飼いたいと思わないのだろうな。そう、今でもあの家のおっさんは右側の隣にいるがもはや、それは重要じゃない。
俺自身が分析を全て完了して己のアラハバキをする方が他者に文句をいうよりも100兆倍重要なのだよ。


テニスはやったことがあってサッカーも小さい頃にある。大体、テニスが5年~6年の一か月~二か月程度でサッカーは短期間だけ親父とやったことがあり、テニスの時も親父
だった筈で母さんと一緒にやったことがなにかは覚えていない。

 

 

【其之肆では何を書く予定か?】
まず、中学1年・2年・3年から高校1年・2年・3年を書いて小学のまだまだあったエピソードを書く。
・その前にKAZUYA(和也)氏から藤井厳喜先生から一兵衛氏から知ったゴム人間(クローン)・カバールDS・ディープステート(猶太地底政府[ゆだやちていせいふ])
日本のDSが世界のDSの頂点であることとまだまだであった人たちの最終まとめを書く。
・2回目だが中学1年・2年・3年から高校1年・2年・3年を書いて小学のまだまだあったエピソードを書く。
・みなと公園での野球、サッカー、テニスの話。(野球とフリスビーの話も書こう。小学で野球クラブに入ってたのを思い出したからな)
※更にいうと森コロパークやある遊園地というかその近くで卓球やってたこと。長嶋スパーランドでの話とUR魔人ブウ:善を引き当てた話。
後は小学生の頃によくいってた刈宿公園と

・母方の祖母と伯父さん(母の兄貴)の話
※主に店での話や交流の話から現在までを全て網羅して書く。
(例えばステーキの店での話、チョコのタワーの店みたいなところでの話に鴨の池の話に聖闘士星矢を見てた頃に起きた事件で基地外認定した話
から最後にエクスペリアに代替してた頃の話も書こう)

・アニメ、漫画、ゲームとの出会いから現在までを網羅して時系列順に書く。
・隣の人間たちから得れたメモ癖と価値観の変動と私の氣持ち。
・性に関する価値観など。

・より詳しい家族構成(ノート[筆記長]より覚書から書くよ)

・ちなみにこれらの人生日記系列を書き終わったらまた、まとめ系列も新しい記事に集約して更新します。

 

 

 

 

 
所在地: 〒511-1192 三重県桑名市長島町浦安333
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 

内容

 
 
開園: 1966年
 
 
管理運営: 設計家・技術者 = 中島健 (造園家)(ホテル花水木造園)
 

 

 

さて、これをもう一度貼り付けてみたがこれでもう一度書くのを決めよう。
よし!長嶋スパーランドのことと芝政ワールドのことを両方書いて5年生の時のことを書こう。

 

 

 

 


 

 

 

https://www.nagashima-onsen.co.jp/

ナガシマスパーランド

 

 

 

ナガシマスパーランドには何回か言ったけど小学5年生の時だな。
会社から安くなる割引券を貰ってそれでいくことになったとのことです。
5年生の時だった氣がする。この時はドラゴンボールヒーローズ 第3弾で UR(アルティメットレア)の魔人ブウ:善というキャラクターの
レアカードをナガシマ内にあるドラゴンボールヒーローズのゲームで当てたんです。
何と10回も立たないうちにあてたのを覚えています。

これは嬉しくてね、長嶋スパーランドはスライダーとか好きだったな。他は覚えてないし、ほかには森コロパークとかにも言ってたらしい。
ナガシマで覚えてることなんかほぼ、ないけどなわの遊びとかなんかやったのと水の力で流れるプールとかもやった覚えがありますね。

後はね、あんまり覚えていない。ナガシマスパーランド3回ぐらい言ったことがあるような氣がする。
そこでの遊園地でなんか凄い乗り物に乗ってね、それが凄かったな。

あれはなんていうかは知らないよ。ただ、まるで高いところを見渡すかのようでなんだかすごい氣分だった。同時にもうやりたくないという氣持ちが膨らんでいましたね。

うん、残念ながらそれだけでまぁ悪くはない場所でしたよ。
はい、次は森コロパークね。DBH(ドラゴンボールヒーローズ)は後でだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所在地: 〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 

内容

 
駐車場: 1,811台(障害者用駐車場あり)
 
 
面積: 1.942 km²
 
 
開園: 2006年7月15日

 

 

 

 

 

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)


所在地: 〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1

 

 

 

 


2018年シーズンの終了(9月30日)をもって、

温水プールを閉鎖 いたしました。

来シーズン以降の営業はございません。

皆さまの長らくのご愛顧、ありがとうございました。

 

温水プールの回数券および前売割引券の払戻しは

令和3年3月31日(水)もって終了いたしました。

 

 

 


 


まず、ここらへんが森コロパークでモリコロパークの公園にいった覚えはあんまりないが子供の頃にいったことがあるあらしい。
(マジで( ゚Д゚)。俺は全然、見覚えないで。)

さて、ここからだがまず、あそこの温水プールは封鎖されたようだ。全然、知らんかったが子供のころ(小学生)によくいってて
まず、ガンバライドとか他には麺とかよく食べていた氣がする。食事は知らないけれどあそこのスライダーに関して言うなら
ここがトップクラスよ。ここが一番、氣持ちよかった覚えがあるのでね。それだけで俺は満足だし、ガンバライドでLR(レジェンドレア)の
仮面ライダーNEW電王 ストライクフォームを引き当てた場所もここだったからな(モモタロスの可能性もあるがな・・・でも、NEW電王だったと思うで)


うん、森コロパーク君はそんなに覚えてる場所じゃないし、藤が丘から名古屋駅までいってそこから地下鉄乗って東山線藤が丘駅で降りて
そこからある線で乗って愛地球博記念公園に行ったとのことだがこうゆう山の手線を例に出してみたがそういったことを指し示す用語は「鉄道路線」とさすのだね。
了解した‼


まぁ俺の知る限り3回~5回ぐらいは言ってる筈です。まぁこれ以上は記す氣はないので次にいこう‼
(モンキーパークと森コロパークの区別が出来ていない。森コロが公園でモンキーパークがバケツと覚えておこう。あのバケツは濡れると体が全身にあたって
氣持ちいいのよね。

てか、ここに書いてることがほとんどがモンキーパークだと認識して書いてるのでこれはモンキーパークという扱いにさせてもらいますよ。

 

 

 

 

日本モンキーパーク

 


 

所在地: 〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 

内容

 
開園: 1960年(昭和35年
 
 

 

 

 

 


 

 

さて、森コロパークのことはかいてないがモンキーパークのことは既に書いている。
ここではガンバライドをやっていたとは書いたがまぁそもそも森コロパークのこと自体は公園は逝ったことがあるらしい。まぁそれだけで後は本当に覚えていない。
書きたくても俺の頭が覚えていないので書けません。
ただ、ジブリサツキとメイの家なんて俺はいらないなとしか思わないよ。

 

 

 

刈谷市交通児童遊園


 

 

所在地: 〒448-0851 愛知県刈谷市神田町3丁目47−1
 
 
 
 

 

 

 

 

 


 


卓球をしてた場所はここなんだな。
ここは楽しかったな、弁当持ちこんだり、後は何だろうな?
それ以外だと何があっただろうか?遊園地でもジェットコースターとか楽しんでいましたな。
(笑)意外と楽しかったな。大したことない感想でごめんね。

だって、あんまり覚えてないんだもん♪プラネタリウムを見たこともあるそうで
そんな記憶なんか俺にはありません。

まっ、行くことはないにしろ、いい思い出をありがとう。母さん、親父。

 

 

 

 


所在地: 〒475-0928 愛知県半田市桐ケ丘4−210
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 

内容

 
開業: 1985年11月10日

 

概要[編集]

1985年昭和60年)に開設された科学館で、半田市体育館と同じ施設内にあり半田市立図書館半田市立博物館が隣接している。

管理運営は指定管理者としてアクティオ株式会社が行っている。

 

 

 

 



ここは何回か言っている場所でプラネタリウムの時は何度か遊んだところで
ある時のこと、全くあの赤いところに入れなくなって俺も大きくなったんだなと実感した日が懐かしいね。
半田市立図書館、半田市立博物館にも言ったことがあるような氣がする。

 


 


まぁこの二つは言った記憶があるがまぁ確か、俺の価値観から言うと多分、学校図書館ぐらいの
広さだったらいいのだけど・・・。

正直に言おう。もうあんまり書きたい氣分じゃない。
まぁユーチューブの人たちもそうだけどよく一人ひとり向き合ってちゃんと書いたなと己をほめてやりたいところだ。

 

 

 

 

 

所在地: 〒444-0826 愛知県岡崎市若松町萱林1−1
 
 
 
 
売場:トイレ
営業時間: 
 
 
 

内容

 
開園: 1962年(昭和37年)4月1日

 

 

南公園(みなみこうえん)は、愛知県岡崎市若松町にある岡崎市立の都市公園(総合公園)である[2]指定管理者制度に基づき、一般社団法人岡崎パブリックサービスが管理・運営を行っている。

 

 

分類 都市公園総合公園
所在地
座標 北緯34度54分58.03秒 東経137度9分52.65秒座標北緯34度54分58.03秒 東経137度9分52.65秒
開園 1962年昭和37年)4月1日
運営者 岡崎市指定管理者:一般社団法人岡崎パブリックサービス[1]
設備・遊具 遊園地、市民プール、テニスコート、交通広場
駐車場 あり(240台)

 

 

 

 


これは母さんに聞いただけだけどここはいった覚えがありません。
まぁ一回だけらしいのでそりゃ分かる訳がない。
悪いが分からないことはかかねえよ、俺は

じゃあ、バイバイ👋
ここに行きたいとは俺は思わないがまぁ行くことはないだろうが永遠にご機嫌用♪お達者で、公園君。

 

 

 


 

所在施設: 雁宿公園 駐車場
 
所在地: 〒475-0918 愛知県半田市雁宿町3丁目204−1
 
 
 
 
 
営業時間: 
 
 

 

 

 


さて、ここはよくいってた公園のひとつで意外と結構、覚えてる。
まず、ここでは猿が目の前にいたことは覚えてるよ。
何で猿のお尻が赤いんだろう?って子供心にずっと氣になっていたんだよね。

理由は発情期になると雌を引き寄せる爲にお尻が赤くなる、または自分で赤くなる・お尻が毛で覆われていない爲・實は猿によっては(日本猿)
色が識別出来るようになっているとのことで色々、あるんだな。

久々に言った時はといっても今年ですが猿がいなくて休憩場があってまぁマスクしてる人ばっかでまぁノーマスクの僕は近づかなかったですが
息かるちゃんならつけても良いと思っているよ。

まぁそれは良いとしてここには何があったっけな・・・まぁあんまり見に行く氣もないわけですが次に機会が得られましたら
行ってみても良いでしょうかね。

 

 

 

 


 

岡崎市東公園 動物園

 

所在施設: 岡崎市東公園
 
所在地: 〒444-0011 愛知県岡崎市欠町大山田1
 
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 

内容

 
駐車場: あり(320台)
 
 
敷地面積: 0.2691 km²
 
 
設備・遊具: 東公園動物園、花菖蒲園、恐竜広場、屋外ステージ
 
 
開園: 1928年(昭和3年)4月

 

東公園(ひがしこうえん)は、愛知県岡崎市欠町にある都市公園(総合公園)である[2]1928年昭和3年)4月に開園した[3]

東公園動物園も含め入園は無料である(旧本多忠次邸のみ有料)[4]。園内にはいくつかの池があるが、これらはもともと灌漑用の溜池として使われていたものである。春にはサクラ、初夏はハナショウブアジサイ、秋には紅葉が楽しめる。岡崎観光きらり百選に選定されている。

 

分類 都市公園総合公園
所在地
座標 北緯34度57分10.9秒 東経137度11分30.8秒座標北緯34度57分10.9秒 東経137度11分30.8秒
面積 26.91ha[1]
開園 1928年昭和3年)4月
運営者 岡崎市
設備・遊具 東公園動物園、花菖蒲園、恐竜広場、屋外ステージ
駐車場 あり(320台)

 

 

 


 

さて、ここは動物園で象さんのでかいうんちが一番の思い出。
デカすぎてビビった記憶がある。
さて、「動物園」という概念も明治以降なのでカバールDS作戦こと「アラハバキ
の対象ですな。

まぁこの東動物園は確か、俺は餌をやってた記憶があってまぁ嫌いじゃなかったけれどね。
ここの思い出としてフラミンゴをした覚えがある。
母さん曰く「刈宿公園じゃない」と言ってるんだけどふ~ん、そうなのか。
まぁ俺の記憶もよく覚えていないのでね。

まぁ象さん以外で覚えてることなんかないのでね。
じゃあさようならだ。

 

 

 


 

東山動植物園

東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん)は、愛知県名古屋市千種区東山元町東山公園内にある市営動植物園。1937年昭和12年)に開園した。

2017年(平成29年)の年間入場者数は、日本国内で上野動物園に次ぐ約240万人となっている[2]。2005年(平成17年)から2009年(平成21年)までの5年間は、北海道の旭山動物園に次ぐ3位だった。2017年(平成29年)現在、飼育種類数は日本一。

 

 

正式名称 名古屋市東山公園 動植物園
前身 名古屋市鶴舞公園付属動物園
専門分野 総合
所有者 名古屋市
管理運営 名古屋市緑政土木局東山総合公園
園長 黒邉雅実(動物園長)
藤井辰則(植物園長)
開園 1937年昭和12年)3月
所在地 464-0804
愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

 

 

 


さて、本当にこのあたりはあまりに廣いですね。
というか俺ね、ここでどうしても話したい話があるが
孔雀がいたと思うけれどここの孔雀は本当に美しいよね。

僕は小学生の時に孔雀の羽や鳥に乗ってそれで雲まで飛んだら神様に会えるんじゃないかと思っててそのころから
内心では鳥が好きでした。

最も犬猫ばかりが持てはやされていてほとんどの連中が楽しくもなさそうにつまらない日常ばかり生きていて生き生きとしていない雰囲氣になってて
うんざりして鳥の方が好きになったという話。


鳥で一番好きなのは美しいのは「孔雀」でかっこいいと思うのは雉でルリビタキが見た目的には結構好きです。
(ただし、飼う氣はない。飼うという概念自体がカバールシステムなのでね)

 

 

 

芝政ワールド


 

しばまさワールド
坂井市のテーマ パーク
 
 
 

説明

芝政ワールドとは、福井県坂井市三国町にあるテーマパークである。 ウィキペディア
 
所在地: 〒913-0005 福井県坂井市三国町浜地45−1
 
 
 
 
営業時間: 
 
 
 
 
予約gnavi.co.jp

内容

 
 
 
キャッチコピー: 日本海と芝生の『遊ぶテーマパーク』 芝政ワールド
 
 
来園者数: 35万人(2010年度)

 

 

 


 

 

概要[編集]

芝政観光開発株式会社が運営するテーマパークで[1]、芝生の育成・販売を行なっている株式会社芝政が運営母体となっていたが、

2011年以降はエル・ローズグループの一社に移行。

広告などで見られる名称は『日本海と芝生の『遊ぶテーマパーク』6つの王国 芝政ワールド』。かつては「みどりの広場 芝政」と呼ばれていた。

来園者数は1991年の102万人から次第に減少していき、2010年には35万人となっていた[2]

歴史[編集]

新会社に移行してからはクロカンマラソン[3]やフラダンスなどの各種イベント、2014年からは全国的にも珍しいプールの夜間営業(スターライトプール)を開始するなど新たな取り組みを行っている。2018年1月には、地域活性化支援センターから恋人の聖地としての認定を受けている

 

 

 

【宿泊場】

あわら温泉グランドホテル

 

所在地: 〒910-4104 福井県あわら市温泉1丁目601
 
 
 
 
 

 

 

 

 


 

 

 


 

さて、母から泊まった場所はここだと聞いた。
ああ、多分ここだろうな。ところでサイトに中国語と英語が乗ってるけどまぁこれだけでアウトだね。
それに近くをグーグルマップで見たら韓国語がありましたね。ホテルという概念も明治以降ですね。
なら、ここもアラハバキ対象ですな。

まぁここの温泉とか食材はそんなに好きじゃないですがまぁ悪くはなかったとも思い、もっといいところに泊まりたかったなと思っています。

 

 

 

 

 

木更津ビューホテルはどうやら閉館するらしくて今年(2021年/令和3年)に閉館することになりましたとさ。
まぁお疲れさまでした。

 

木更津市太田にある「ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル」が1月31日(日)に閉館


 

 

さて、東京に後、1回で大阪にもう一回言ってるらしいが俺の記憶だと2017年に東京ビクトリーカーニバル・大阪のジャンプビクトリーカーニバルは2018年なので
2019年はあやつ(粕谷)の家に行った日ということになる。
が、これであってる筈だが東京にもう一回言っているのだとしたら俺は2016年に東京に言っているかもしれないということになる。

まぁ東京ビクトリーカーニバルは本当に人の多さも桁違いでまぁ中身はスカスカで何も大したことはなかったがな。見掛け倒しという言葉がお似合いだ。
大阪はあれです。支那人が異様に多くてなんか本当にこの場所は日本かと思って「もう外国人観光客なんか来ないでくれ~~‼日本が日本じゃなくなる。」
と思ってたから外国人なんぞが大阪のあのグリコあたりに異様に通ってたのが懐かしい氣分ですわ。(笑)

まぁホテルは母さんに聞いてまた、記入するでしょう。
なのでもう2年生編に参りましょう。少し、寄り道しすぎましたからね。

 

 

 

【中学2年生編】
※ちなみに生徒の名前や感想は後回しでやるよ。

 

 

 

さて、2年生編と言えば「ほぼ、不登校の年」でございます。
まぁ不登校で何をしてたかと言えば名探偵コナン君ばかりkisuanime(キスアニメ)という外国のアニメ無料動画サイトでよく見てました
(まぁこれ以外に見たいと思えるものが一切なかったのですよ)

こうなった原因の一つは漢字は違うけど違う漢字使ってる「白石 光」とかいう糞坊主のせいでもあるかもしれない。
(まぁあくまできっかけで元から学校に嫌気がさしていただけ)

この坊主は確か、ある授業で理科の実験だったかな・・・?この時になんか名前の由来の話になってなんか俺の名前を「どうせ、輝くから取ったんだろ」と
知ったかぶりのような言い方をしてよ、この糞餓鬼は・・・・まぁほんまに腹立ちますわ(知ったかぶりってただのうざちゃんだもん)

そして、ある授業で学級から移動しようと思った時に何故か俺はあの餓鬼に足を引っかけられて転ばされたことがあってね。
あぁそもそも俺をなぜ、転ばせたのか、意味不明なのよな?あいつは「し」だよな。俺も霜村で「し」で単純に同じ名前をしてて俺が輝くなのがよほど、氣に食わぬかったのか。
同じ「し」行で近くにいるから図々しいと勝手に思っていただけか。まぁ大体はこんな理由だと思うがまぁ2年生で嫌だったことがあるとしても
この2つだけね。
(他は何もないからね。他に要因があるとすれば話せる人がいなかったことと相談相手が先生や両親ぐらいしかいなかったことやテストや授業が嫌になったことだろうね)

この時にね、パソコンで調べていたよ、不登校の人はどうして学校に行かなくなったのかってそれを見てた時は慰められていた俺がいた氣がする。

それとマスク現象でも同じなんですけど別に自分以外の他者はマスクしてない人がいようが何も氣にしていないことがよくわかる。
それは不登校現象でも同じである時に授業に参加したくなかった俺は久しぶりに学校にいったとき(3年だったかもしれない)
に前のクラスが何と!移動して音楽か理科をやっていたのかは分からないが家庭科の授業だったと思うがそれ自体がいらなかったとは思うが
隣のクラスが誰もいなくてそこでいつ、中に入ろうか・・・とずっと手探りで考えていたら何と!帰ってきたので仕方なく入ったけど
俺としては嬉しくなかったが周りの学級はむしろ、誰も氣にしていない雰囲氣が漂っていました。

あぁぁ・・・そんなもんなんだとがっかりしたよ。むしろ(でも、これ3年のエピソードだった氣がするんだがな。)
まぁそんなこんなでね僕にとってもうひとつ嫌だったことは三村ゆうとという男がいるんだがこいつと白石光が仲良くてな。
俺に対しては「しもさん、しもさん」と呼んでて霜村とか「輝」とか読んだこともない奴が何で白石光には「光」と名前で呼んでるんだよ!
俺の足を転がしてそんつまらんことでニヤニヤと笑ってるような奴だぞ‼何でお前はそんな奴と仲良くなれるんだ‼お前、友達を選ぶセンスが全然ないぞ‼
お前はどうかしてしまったのか・・・三村‼と心の中では俺の名前の由来を知ったかぶりでつまらなそうに喋っていてある授業で学級から移動するときは
俺を転ばしてへらへらと笑ってるような奴が三村としかも、三村が名前で呼ぶほどの仲良し(かどうかはわからない)だったことに俺はひどく落胆して
「こいつらって人を見る目もねえんだな。俺なんて話したい相手も見つけられていないのに・・・一度も自分から話しかけたことなんてないのに・・・」
とひどく落胆してしまって失望して学校の授業の特に英語のつまらなさと村瀬先生に頼りがいのなさや己の氣持ちの尺度すら読み取れない様にどんどんと失望感と
どんよりの氣持ちを覚えて学校に行く氣すらなくなってしまったんだよな。

そして、時々、外に歩いたりラジオ体操や人に挨拶をするようになった原点はここやN高等学校からですね。
そこから俺は少し変わるようになっていったんだよな。懐かしいよ。

まぁ村瀬先生は一応、何回も電話してくれてあの頃の中学2年の俺は「どうせ、学校言ったってなにも変わりはしないのだし、あんたの電話だってどうせ、学校にこいとか
そうゆうので俺の氣持ちなんてちっともわかっちゃいないだろ⁉中学1年からテストの点数も落ちて英語も理解出来ず、むしろ大嫌いになった俺からしたら英語なんて糞食らえで
何でこんなものがあるんだ‼という話だ。それに体育も数学も理科もどこも魅力的じゃないし、面白みもどこにあるのか感じられない。図書館で本でも集中して読んでた方が
ましなくらいだ。どの授業も給食も反吐がするくらい面白みがない。つまらない、面白くない、楽しくない、生き甲斐が分からない。何で将来の高校とか大学とかのことを考えて
勉強しなきゃいけないんだ?何で學ぶことを目的にしてる機関がいつの間にか将来の爲の勉強対策を大義名分としてそれがいつの間にか目的にすり替わって将来の夢なんて
決めなきゃいけないんだ‼俺はただ、楽しければそれでいいのに・・・」と当時の俺は恐らく思っていた。大学や高校の対策とそこにいく爲に勉強があるのであって
楽しんだり學ぶ爲に勉強があるのではないのかね?としか俺は思えなくてもどかしい氣持ちがあった。
更に将来の夢はドッジボール選手や料理人、あげくの果てにはうどん屋さんなんて小学校の頃に書いた俺だが本当にやりたいことは何だろうか・・・?
とそれが何か俺には全く分からなかった。科学・パソコン部について語っていなかったが山田こうきという奴が学校にいました。

彼は俺と同じ一年生で鉄道を見たり取ったり図鑑で見るのが趣味で今は撮り鉄になってるか専門の仕事の爲に勉強をしているのだろうか?なんて思っている。
そんな彼だが俺が一年9組の時に学校から帰る準備をしていて皆は早く帰っていたが確か、部活動に関して言うと本人の第一希望、第二希望、第三希望という順番に書いて
その順に回っていくことによって自分がどの部に最終的に入りたいのかということを決めるのが部活動に入部するまでの基本的なガイドライン(基本方針)のようです。

それで僕自身は何にしようか迷ってた時に彼に「後悔のないように選べよ!自分が本当にどの部に入りたいのかよくよく考えればいい」的なことを言われて
科学・パソコン部というところを選びました。

理由は単純でスポーツ部だと大会に時間を掛けないといけなくなること、そして面倒くさそうで関わりずらく入りづらいとこには入らない、そしてのんびり氣なまに過ごしやすいこと。
そして、最大の理由はドラゴンボールひーろずというアーケードゲームに集中する爲。まぁこの最大の理由だけでドラゴンボールヒーローズをやりたいのに
優貴と一緒にゲーム遊びが出来ないのは嫌だから科学・パソコン部にするという理由でここにしていました。
(どうでもいい話だが1年生から3年生の時でもどうか、同級生と出会いませんように・・・とずっと願いながらゲームセンターにいっていました。
そこの最たるところが半田イオン・半田コロナワールド・東浦イオンなどをよく循環していました)

 

この山田君は何とさくら小学校で一番脚が遅かったこの俺よりも足が遅い男子だったのです。
つまり俺はクラスで2番目に遅い奴ということで實は山田が滅茶、遅いことは内心では嬉しかったのです。
(俺よりも足が遅い奴がいたんだ・・・これで俺も皆に馬鹿にされず少し目立たなくなるぞ、やったー‼)なんて喜んでいましたからね。
本当に単純な男ですよ、俺は。

 

さて、2年生で覚えてるエピソードってほぼないですし、1年生での山田君の話と科学・パソコン部に所属するきっかけの話は書きましたからね。
まぁ補足としては科学・パソコン部(略称:パソ部)でどんなことをやって何を學んだのかを書いておきましょうか。

まぁその前に3年生編にいきましょうか。そこで【科学・パソコン部(略称:パソ部)でどんなことをやって何を學んだのか?】の項目を書いて全てを語りましょう。

 

 

 

 

 

 


 

【3年生編】
3年生の担任の先生は村田先生という人です。補足として村瀬先生の印象もここに総合まとめとして書きます。

この人の主要授業は忘れましたがまぁインテリ系眼鏡男子という印象で何が大きな特徴かと言われても分からない。
ただ、この時も俺は結局、休んでいて最大の理由は学級(同級生)・テスト(授業や点数)・将来への不安(高校や大学の存在意義や己の夢など)
の3つですがこれらを解消することは結局、逃げて殻に閉じこもっていた俺には解決不可能な難題でした(当時から見れば)

そこで根本的な解消がされていなかったので結局のところ、休んでいましたし、僕がするべきことは分からないままでいました。

2年生に比べたらいく氣になったのは少し氣持ちが落ち着いてきたからかもしれません。
ただ、ある不登校の時に大人に疑問を覚えた瞬間は今でも忘れません。
それは11時の時でした。大体、それくらいの時間だったので覚えています(時計というより自分の家からあの中学校につくまで朝ごはんの時は必ず行く前に時計の時間を確認してたので
それである程度、慣れて理解しているだけです)

恐らくウドちゃんと呼ばれる人とカメラを持っているカメラマンのスタッフとマイクを持っているディレクターの人でしょうか?
ウドちゃんの旅番組ごめんね!という番組名だった氣がしますがまぁこの番組自体、概要は知らない。

ただね、氣持ち悪かったのは当時はガラケーでしょうがこのガラケーで急に家周りから出てきてこいつの写真を写したり撮ろうとしたりする爺と婆の群衆ですよ。
こいつら自体、投稿する俺には目もくれずウドちゃんの顔ばっか恐らく撮影しようとしたんだろうな?というかちゃんじゃなくてこの「ウド」な。
こいつ自体はカメラに向かってなんか喋ってる姿を見た時に「あぁぁ~テレビ番組って所詮はこの程度のもんなんだな。わざわざテレビカメラに向かって
何かコメントでもしないとやっていけないし、あんなにベラベラ喋ったって所詮はリポーターにしかなれないのに・・・あの喋り口調もスタッフの人間も用意されてるようで
セットされてるようでなんだか氣持ち悪いし、吐き氣がする。全てがテレビ視聴者の爲に演出でごまかして面白おかしく見えて人を馬鹿にしたり人の知能を嘲けているように見える。
そのせいでこういった年寄りたちが馬鹿になってまるで憧れの俳優が目の前にいるかのように宗教でいうところの一神教のようにペコペコ崇拝したりおべっかをたてる。
氣持ち悪すぎて反吐が出る・・・‼」と思ってた。

もうひとつ、テレビリポーターというかただ、突っ立って何の仕事をしてるのか分からない奴が一人いてカメラマンでもなくマイクでもなくただ、そこを歩いてるスタッフの
一人が俺の顔を見た後にすぐに別の方向に向いたというあの現象。あれを見た時も腹が立った。何が一番、いらつくって無表情なことだ‼
しかも、あのウドとかいう野郎がいなくなったらすぐに元の場所に戻って今までいた筈の連中がまぁ5人から6人だったが急に目の前から消えたんだぜ‼


何これ?憧れの人がいるのに目の前に近づきもせずにただ、写真を撮っていなくなったら退散って失礼すぎねえか⁉
こうゆう連中を野次馬と世は言うのだろう。まぁこうゆう奴らは567にでも掛かって痛い目を見た方がいいね。
それに俺の目からしたらどこがそんなに凄いの?ただ、カメラの前で訳の分からないことをごちゃごちゃ喋っていて聞き取りづらい変な頭のおかしなおっさんやん‼という。
もうね、お前の存在自体がうっとおしいんだよ。さっさとグアンタナモ言って処刑されて逝ねや‼
(もうこんなお笑いタレントとかいう在日組は全て取っ払ってよし!もうこんなの日本じゃない。早く日高見国へと戻ってくれ~~~)

 

 

 

まぁもうこれ自体は重要じゃないので次に行きますが3年生編だね。村田先生の得意科目の専用の授業も何も知りません。
さて、この人への印象はね、まずこの人も俺が不登校の時によく電話をかけてくれた氣がするが村瀬先生ほどではなく定期的に掛けてきた筈です。
まぁこの人からは愛情なんてないし、俺が漫画家になると書いた時もまぁ合理的な方法を教えてくれたのでしょうが「ジャンルはアニメだろ‼」
とまぁ興味がないというかアニメーション制作の企画をやっているのがソニーだということを知らないのかな?大手の配給会社である東宝東映
関わってることはどう説明するのだろう?一般知名度がない作品やマイナーなものは松竹が担当していることを知らないのでしょうか?
まぁ僕にとっては失望しかありませんけれどね。

この人はアニメ見そうな方ではないですからね。
まぁこうなったきっかけは確か、ある何かを紹介してもらってた時で電話での会話の筈ですがその時の村田先生のご発言になりますね。
まぁ別に貴方の発言自体は対して重要ではないのですからね。

さて、ほかにこの方との対面だと覚えてるのは確か、俺の写真をあるスタジオで撮影した時のことです。
そういたったきっかけですか?忘れましたね。そもそも何の爲かと言われてもまぁ母さんならわかるかもしれないがまず、ことの経緯だけ書きましょうか。

まず、それを取らなければいけないようでその爲に取りにいきました。
思ったんだけど学校の卒業アルバムの写真、皆の背景の色が鼠色(灰色)だよな?ということは同じ場所で写真撮影したと考える方が自然かな?
その爲に必要だったのならばなぜ、村田先生が車で発進させて写真を撮らせた理由もよくわかる。

写真スタジオと言えばだけど知多半田駅の近くにあるところでも僕は何回か言ったことがあるんだけどあれは修学旅行の爲にというかその写真を現物にする爲に
必要だったことだろうか?と今では思っている。

まぁそんなこんなでこうなったきっかけと村田先生に車に乗せて貰ったのはいつだったか?遅刻したっけな?いや、多分だが学校帰りでその用事を済ませないといけないということを
村田先生から聞いててそれで車に発信したのだけどそれでそこのスタジオに言って写真を一枚とってきたのがあのひどい顔なのだろう。
もうひとつの説としてはそれではなくて学校のある場所で背景を上手くかぶせて写真撮影したというか小型のカメラを持っててそこで写真撮影をしたような氣がして
もしかするとその時の写真だったりするかも?とも思ってるが特に他に覚えてることはありませんぞよ。

では、次は3年生最後の祭について述べましょうか。

 

 

双鳩祭(そうきゅうさい)と言って学校の学年の3年生が最後の瞬間を一緒に盛り上げる爲の要素です。
まぁ俺がやったことはね、えっとあれは「集団縄跳び」をしたり、リレーで俺はね、相手が来るタイミングよりも早く走りすぎたのか、相手のバトンを
上手く拾えることが出来ずまぁ敗因はどう考えたって先に走ったことと走りすぎて相手のペースに合わせなかったことでこれで逆に失敗してしまって
何秒かのタイムロスをしてしまったのが懐かしいな。
この頃はコロナなんてなくてよかった。まぁもしかしたらあって嬉しいという子もいるでしょうねと思っているよ。
まぁそれは良いとしてそれを渡してくれた子は誰だったんだろう。

多分、宮崎・亀井・河合の3人のどれかだと思う。あの時はすまなかったな・・・俺が自分のスピードをコントロールして合わせていればすぐに受け取ることが出来て
時間の短縮が発生することなんてなかったのにな・・・それで俺がバトンリレーを渡した男は辻りんただった氣がする。

まぁ彼は圧倒的に足が速い最強のおちびではないかな?まぁ彼は何と!卓球の工場で働きたいそうで小学校の時は卓球選手といっていたけど
現在は心境の変化があったのか卓球選手になりたいみたいだね。

これはいいと思う‼何故かって・・・?俺は卓球の作り方なんて知らないよ。でも、技術大国日本を支えているのは日本の技術者たちだからね。
こういった人たちに敬意を払えなくなったらその国は終わりだと思うよ。
だからこそ古代の社会でもそうだが今は物流が溢れすぎていて当たり前にあるからその凄さを分かっていない人の方が数では圧倒的に多いと思う。
だからこそ虹色というまぁ半田市役所の三方の生活支援課の方たちにも味の素の絶縁体ABFがないとパソコンもスマートフォンも作れないということを
教えておきましたのさ。

彼なら出来るだろう。別に俺が応援する必要などない。彼が望んだのなら必ず出来るのだ‼
それに卓球の向上とか見学してみたいね。♪
ちょっとゾクゾクしてる。


次に集団縄跳びは苦手だったな。だって、ずっと飛ばなきゃいけないし、足の体力が肝でそれに全て掛かっているような競技だからね。
だからちゃんと飛ばなきゃ‼もまぁ皆の息がぴったりなのが一番いいのだけどなかなか、上手くいかずに失敗してた。
それはみんなも同じだし、まぁこれは綱引きの件で實は俺が力が強そうという理由でまぁ体格を基準に選ばれただけなんだけれどそれで負けてしまって竜大(たつまさ)とこのクラスでね。ということは3年4組だ。ここに負けてしまってね、ある女の子にまぁ名前は深津(ふかつ) 那奈(なな)というんだけど「あんたが弱かったから負けたんじゃない・・・」
と言われてしまった過去があるんだがね(笑) 今となってはお笑い種さ。でも、賢いものは責めることもせずに最初に謝るか的確な指摘で相手を跪かせるのね。
だからその意味では

せめても良いさ。ならば「いや、俺も確かにいかんかったけどそれ以前に一番大事な判断基準である、腕力が強い奴を選ぶべきだったと思うよ。それならきっと
勝つとまではいかなくても良いところまでは言ってたと思うよ。」というかな。

まぁこれなら納得は出来て貰えたが・・・と思う。まぁ責める氣はないよ。責めるよりも的確に急所を突いて跪かせる方が俺は得意だからな(苦笑)
ひざまずかせるって足に危ないと書くのか。中々、理に適っている漢字だな。
ちなみにこれが終わった後は皆でそういえば‼ここの双鳩祭で最初の初めの掛け声を出したのこの俺だったな・・・懐かしいね。
あれが俺の初めての大声の原点かもしれないな。
(ドラゴンボールの雄たけび影響かと思っていたが違うかもしれない)

そして、始まった後にラジオ体操はやったかもしれない。小学校は確か、ソーランの時とエグザイルのビクトリーを使った時の初めの運動会ではやってた筈で
前も言及したように組体操は小林まさきと共同でやったのは覚えてるよ。でも、その後は多分、リレーだと思うんだけど俺は重かったからさくら小学校では
ドベだったもんで走るのも逆に遅くて応援されてしまうと始末をよく迎えてました(笑)
それで親父がビデオカメラ(パナソニック製(松下電器産業株式会社)[原産国:日本製] 2008年製造)でよく取っていたのを思い出すな。
といってもそういった記録は確かに小学生の時に2階の親父部屋でよく見ていたと思う。それ以外は特に分からないし、今はもう捨てているから全くといっていいほど、分からないんだけどね。


さて、中学校のことに入るがこの時はラジオ体操じゃなくて誓いの言葉を言っていました。
リレーの時だと他に走ってる奴がいた時で椅子に座ってた時は誰かに「お前、応援しろよ!」と言われていたのを覚えてる。
まぁこの時は恥ずかしがりやだったもんでそれを言葉でいうことすら躊躇っていたました。
(今だったら思いっきりイケー‼いけー‼よし!ここからが起死回生の好機だ。何度でも立ち上がる紅き紅蓮の炎をまとい、全力で駆け抜けろ‼とかいってるだろうな。)

 

まぁ母さんが後ろにいてというか遠くだったんだけどそこで距離を取って会話をしていたこともありましたな。
まぁ他のお母さん方とかあの人は誰?とかいつ、来たの?弁当の時はどうするの・・・?といったような会話です。
弁当に関しては小学校の時もあってね、小学校は学校の学級じゃない場所(靴箱があったところの近くとか後は学級と学級の間の場所とかですね)
でよく食べていて新見圭吾・竹内けいご・その他、伊賀かいせいとか原田としやとかそれらとの会話とかしてた氣がするな。
それに下らんと思うけれど何を食べているか・・・肉ばっか食ってやんの~~~~wwwwとかそんな風に思われたら嫌だなあ・・・と思いながら弁当を大体、
食べてましたよ。まぁ小学3年生の時に石川先生という人から「お前の腹はだいぶ、肉がたくさん付いているな・・・(笑)」
とネタにされて笑われ者にされていたことがあって正直言っていじられるのは嫌いな方でした。
まぁそんなこんなの影響と班のクラスの時もそうだけど自分で決められる人間じゃないのもあって学校での弁当では人と何を話せばいいのか分からないから怖いよ・・・
という理由で集団行動も人と触れ合って弁当を食べるのが苦手でした。

だから中学校ではそれに対する対抗もなくなってきてましになっては来ましたが正直に言うと触れ合うことは無理ではなくなりましたし、怖いとは感じなくなりましたが
何を喋ればいいかは戸惑うばかりでそこは精神的に全く成長していなかったのがかつての俺で今でもそうゆう部分は残っております。

ん~~次に書くことは何かな?

 

 

 

【科学・パソコン部の全て】
さて、後は旅行だな。だが、その前に科学・パソコン部で覚えてる全てを書かせてもらうぜ。

 

 


まず、1年生。入っていた面子に関して言うと新見こうき、深見知義、後の面子は誰だっけな?俺と合わせて
科学・パソコン部の写真を見ると9人いるね。(つまり、知らないのは6人ということになり、一番右に1年、2年の時の担任である村瀬先生がいる)

まず、3年生が全員集合している写真だということは母さんに確認は取りました(今)。

あぁ、そうか。2年や1年がいる訳がないな。てっきり2年生と1年生を合わせた数だと思っていたのだがどうやら違ったみたいだ。
まず、深見と新見意外だと濱田、辻たくま、藤澤、大須賀、石藏(いしくら)?、石田?ですね。
?とつけてるのは本当にこいつらなのかどうかという疑いがあるからですがこの設定で逝きましょうか。


ちなみに1年の時の先輩である2年と3年や2年の時に入ってきた1年の後輩や3年での2年生の後輩(1年の時の後輩)と新しく入ってきた1年生の後輩
は全く覚えていないのであしからず。


さて、1年生では大したことはしてないですがパソコンでの操作とか多かったのはマイクロソフトワード2010の操作が多かったです。
後は家づくりのアプリケーションが多かったですね。

他にはイラストの付属のペンツール作ったりマリオやゲーム動画とか音楽を聴く人や何かに熱中したりする人など一番の印象は
科学・パソコン部の人たちと夏にバーベキューをしたことです。
まぁ確かゴーヤチャンプルを作る爲にバーベキューをしたことで野菜とかもやったと思いますし、ほかは何だったかな~?
まぁそんなに覚えてないんですよ。そういや、花を育てたりそのあたりとかを見てて小学校の頃にアサガオを育てたことを思い出しましたね。

僕は素材とかを持ってってそれをバーベキューというかあれを焼く爲に使う道具の名前は何でいうかなバーベキューコンロを使ってメインがゴーヤチャンプルですね。
そういや、運動公園でバーベキューをしたのを思い出した。知義や新見こうきのことを語ろうかな。

ちなみにやった場所だけど外のちょっと広いところの教室と教室の間の広いどこかの場所でまぁこうきとか知義とかもいたと思うよ。
まぁすぐに意外と終わったと思うけれど結構、美味しかったと思う。まぁ悪くはないよね。
(正直に言うけどそんなに記憶ないし、知義とか新見こうきとかいたと思うけれど後のことは全然、覚えてないし村瀬先生はお前らやるぞー‼って感覚だっただろうけど
肝心の俺たちはそこまでやる氣も伴っていなかったのですね。)

そこのある場所で怪我をしたのも懐かしいな。(運動公園の話だよ)

パソコン部で他にしたことかい?まぁどっちでもいい思い出だがある時に山田こうきに用事があってそれで吹奏楽部を訪ねた時になんだか女子に嫌な顔をされて
しまった。原因は分からない。俺がちゃんと事前に告知してなかったのか、容姿や鼻水でも垂らしていたからなのか俺には分からなかったんだけど
その後に山田に何を話したかなどは全く覚えていないのですね。
(これも何の用事であいつのとこに行ったんだっけな・・・・本当に分からないことだらけだ)

さて、パソコン部でのエピソードがあるんだが一つは任天堂wiiuの話だが皆がマリオカートの話をしてる時に「wiiu」の話が盛り上がってきて
話になったんだけどそれであいつらが「俺は持ってないんだよな」というような聲を多く聞いたんだけど

「えっ?俺、持ってるんだけどマジで‼あ~でも、行ってしまうと家に来てしまう氣がするから辞めておこう」という理由で俺は何も言わなかったという話です。
新見こうきやほかの連中もしかりで俺はまさか、誰一人持っていないとは全く思わなかったので結構、衝撃的でした。

まぁ新見こうきくんはね、さくら小学校の時からいた人物ですけど一度も話しかけたこともなくて人物像も全くといっていいほど俺は知らないのですよ。


次に深見知義の話でね、まずは彼には兄貴がいてそのお母さんとは俺もあったことがあって話したことがありますがまぁ色々とお節介な人という漢字で
実際に韓国人との友達なんて辞めた方がいいわよといってくれたうちの母親のお友達のみかさんとかも然りで後はうちの母親の兄貴のおばあちゃんの介護の件などでも
「もう関りを断ってもいいんじゃない?」とアドバイスをしてくれた人ですね。
まぁ彼とは一度だけ一緒に帰ったことがあって任天堂3DSのゲームで持っているものを言ってマリオカート7ドラゴンボールヒーローズアルティメットミッションなどがあるよ!
なんてことを堂々と語っていました。(実はドラゴンボールヒーローズというアーケードゲームをやっていることは俺が一番、言いたくなかった・バレたくなかった禁忌の一つで
まぁ色々、思われて自分のことを聞かれたくないからという理由に過ぎないが)

そうしたら彼はなんだか意外そうな顔とちょっとだけあの瞬間だけ盛り上がってなんだか内心では楽しかった己自身を思い出せてなんだかうれしかったのです
(本当は心のうちでは誰かと触れ合えることを誰よりも望んでるくせにね)


まぁ彼らとのエピソードはこれで終わりでほとんどはワープロ、ゲーム、音楽、暇つぶしの4つで3年間だらだらと過ごすような大したことのない期間ばかりを
過ごしていました。

 

濱田、辻たくま、藤澤、大須賀、石藏(いしくら)?、石田?に関して言うと
辻たくま君はあくまで3年生の時に入ってきただけの人ですね。
まぁぼさっとはしてるが感じは悪くない子よ。

新見たいがは何故か自分の様子を動画で本名?でユーチューブにアップデートしてたことがあるらしいね。
濱田はどうゆう奴かは全然知らない。まぁ自己研鑽してそうなタイプね。

まぁ藤澤は眼鏡かけてるインテリ系男子ですね。大津賀は良く知らない(石藏・石田も然り)

はい‼科学・パソコン部はこれ以上はもう俺の頭は分からないのでこれで終わり。

 

 

 

(一番左は皆のまとめ役ってところか。右が一人で音楽活動やって燃え尽きそうなタイプ、次がゲームとか動画でわいわいしてて
次が目立たない。そして意外と馴染むのが旨い。そして、下側の一番、左はなんだか知性が少しありそうだ。己が興味あること以外は調べない感じ。
次にまぁ目立てないが目立つことはなくひそひそと検索していそうなイメージ。常に何かに飢えてるが顔には出さず平凡であればそれでいいというところか。
次に意外な顔立ちで目立つが実は意外といい奴。次は俺で大物感はあるが謎にどうゆう人間性か読み取りづらい。次は目立つことはないが
意外なアイデアといざこざのまとめ役が出来そうというイメージ。名前も付き合いもそんなに長くないし、関りもほぼ、ないのでイメージだけでかっこ内の
文章として完全決着‼ただ、フォントとかそういった使い方の勉強とかが先輩や村瀬先生の指導もやってそこだけは科学・パソコン部に入れて唯一、俺が
俺が習得で来た業の一つだと思っている。ここだけは科学・パソコン部ないし先生方と当時の3年生の大先輩と2年生の一部の先輩に感謝します。まぁ詳しく覚えている
訳ではないがありがとう。まぁこれで終わればよかろう。あの時にある先輩は何をしてたんだろう?と思ってるのがあるが多分、音楽を聴いていたと思うよ。
ただね、2年か3年の時に途中で美術部に行く手とかもあった筈なのにそれをやらなかったことだけが唯一の悔いではあるがこれから技を磨き上げればいい。)

 

 

さて、ここまで書いてきたがもう一遍おさらいするか。

と思ったが3年の残り編とその他のことでも書こうか。

まず、双鳩祭が終わったら椅子も元の場所に戻したね。
3年生は2年と比べると結構、学校に行っていたけどそれは意外と楽しかった。
双鳩祭の前準備の時は俺も関わっていて基本的には補欠役で大したことなんぞはしていない。
その時かどうかは忘れたし、1年生だった氣がするけれどいや、3年かもしれないがなんだか劇のようなものを見た。
小学生の時は新見南吉の劇に多分だが桃太郎というか子供の劇見たいな奴で武蔵坊弁慶の奴かもしれない。
(桃太郎だと思ってるだけでまぁ子供の劇見たいな奴)それからいうと後はなんだかゲストさんというかさくら小学校まで
お越しいただいてそれでやっていたことがあって何というか音楽のバンドさんみたいな奴を見てたね。
(体育座りで・・・だけど覚えていない)

更には福井けんとに風を与えてしまったことの件だけどその時は眠かった覚えがあって左か右かは分からないにしても確かね、起こしてもらっていたと思う。
その時はくしゃみ続きでこれで彼に怒られてしまった経験があります。(ちなみに西勇一の件は書きましたがことの経緯もただ、彼がいじわるしたのを先生に告発しただけで
なんでそれだけであいつらが俺を認めたかどうかなど分かりませんし、そうなったことの経緯も彼との関りは一度もないし、その後に体育館で何をしたのかも覚えてません。
しいて言うならさつきとたつまさの生徒会選挙の投票だった氣がする。思い浮かんだから書いただけだよ・・・)

んで更に言うと福井けんとじゃなくて完全に記憶は不明というより何の劇かは分からないけど小学4年~6年でもうひとつ何かあったような氣がするんだけど
この時の劇でなんだか風が吹いたり嵐が吹き荒れるかのようなあの独自の演出とか面白かった氣がする。
といってもこの時は本当に眠い状態でいつ、起こされるかというどきどきとの戦いでその後は覚えてないです。
(あくまで風とか雑草の映像が頭に思い浮かんでるだけで福井けんとが右側に座ってた出来事以外にも類似した出来事があったような氣がすることを思い出しただけである。)

更に言うともうひとつ、体育館で覚えてるのは跳び箱の件だけど大谷ももかの体を少し潰してしまったことであれは彼女に「重い~~‼」と言われたことは覚えてる。
まぁこれは人が馬になってある人が人間となって跳び箱の上達の特訓をやっていたと思うんだけどそれで疲れてきて次に大谷になったら
俺の勢いが少し落ちてきた影響もあって結果的に彼女を踏みつぶすまではいかなかったけど少し重い体重を彼女に与えてしまったという記憶がある。
もうひとつはタイム競走だ。これは大嫌いだった。つまり、時間計測で競って誰が一番、自競走の耐久性が強いかを決める奴だがこれも嫌だった。
苦手だったというよりずっと走り続けなきゃいけない既成事実とそれをのんびり見ているだけの光景が嫌いだったという話です。

更に学校のエピソードで親父の件に移るがある休みの時だったか平日かは忘れたが親父が二階の俺の机のところでたばこを吸っていたところ、俺がそれに興味を持って
親父が「タバコ吸ってみるか?」と言われて別に俺はイエスもノーも言わなかったがただ、何となく(というより、何だろう~どんな感じなのかな?)
という興味があった。(学校でたばこを絶対に吸ってはいけませんと言われてれば拒絶したかもしれないし、あの場に母さんがいれば止めただろうな・・・・・・)

それで吸ってみたらゲホゲホと急き込んで喉が焼けたというより痛い感覚に襲われてそれで俺は急いで下に駆け上がってお茶を飲んでなんとか落ち着いたという結果に落ち着いた。
その意味では俺は一度だけたばこを吸った経験を持っているということです。
たばこのライターは親父がつけました。

それ以降のある学校の授業の時に「タバコを吸ったことのある人。」で誰も手を上げない様を見て「あぁ、そうだよな。まさか、親父が吸うか?なんて吸ってしまって吐き気がした
なんて言える訳ないよ~(泣)」ということでまぁそれの影響かは分かりませんが実は俺の喉の奥ですが少し焼けている跡があるというか穴が少し空いているのでは・・・という
部分があります。(実際に確認した訳ではないのでないのですが医者に診てもらったことはまだ、一度もない。10歳、いや11歳の時から10年経った現在でも)
※おかげで2日前に喉が少し痛くて唾液に反応してて痛かった。ただ、その部分が弱まっている時や唾液が不足している朝にこの症状になりやすく
本当にたまにしかないが喉が痛くて大きい聲を出せない(出したくない、何故なら喋ると喉が炎症反応のようなものを起こすから)時があってそうゆう苦しみから解放されたいと
いう願いもある爲、どうしてもここは直したいのですよ。分かりますか?この氣持ちという言葉は同情を誘うようであまり使いたくはないが少しはご理解していただきたいんですよ。
俺としては。

まず、メドベッドが普及したらここの喉の焼けたところと脳のDNA(遺伝子情報)でも修復してもらいたいと思っている。
次に中学生ぐらいの話だが左のお尻のところにイボがあります(ごめん、腫瘍というか大きい膨らんだ大きく固い石のようなものがあるといった方が分かりやすいね)

ここは一度、南青山皮膚科で見てもらってできもの判定されて半田病院に行ったけど手術するとしたらお金が掛かりますよということでずっと様子見を見ている奴で
ここもメドベッドというか病院は少なくとも西洋型ではなく古来の登用型に回帰するでしょうからここも取ってもらいたいです。
(後はお金が貰えたら専用の人に指導してもらってこのちょっと太っている體[からだ]を標準体型にして少し筋肉もつけたいと思っていてライザップに行きたいという意味ですが
やってもらえたら夢とロマンがありますよね~~ということで未来のテクノロジー世界[新・古代回帰]が楽しみです。)


んで何の話をしてたかな?大体、結構書いて落ち着いてきたら思い出してあっ!次はこれだって閃いて長々と書いていくのが俺の描き方なのですよ。

 

 


次はね、えっと~文化祭と言えばいいのかな?何という言葉を使えばいいのか分からなかったんだけどやっとすっきりしてきたんですよね。
まずね、これですがね、劇の話をしようか。中学校の時の劇というか文化祭だわ!これの話ね。まず、中学1年生でね。
この時は俺は色んなところを回りながら結局はどこにずっといることもなくぼさっとしながら「どこにいこうかな~」としか考えてなくて
明確な目的を併せ持っていませんでした。なんだかひとつだけ面白い劇があって6組かな?正確ではないですけれどあまり、面白くないかなと思ってたけど
意外と中々、氣合が入った劇で何の題材かは知らないし、それは小学校も同じだけどまぁ悪くなかった。
(題材のことが分かればもうちょっとまともに書けそうだがね)


次に2年生は参加していない。3年生は文化祭というか双鳩祭がそれに当たるとは思いますがまぁ色んな意味では面白い祭でした。
そういえば俺に色々、贈呈された奴もありますがそれらの効果も結構、ありがたかったですよね。
(何というかDSカバール諭吉の顔がおばちゃん顔にお化粧されていて面白かった笑)

まぁ後は彼らのイラストかなんかだった氣がするが俺としてはいらなかったので処分しましたがね、
うん、全然ありがたくないし、もうちょい上手いイラストにしろよ!としかいいようがなかった。


さて、祭関連は本当にこれで終わりだろうな。中学校のプールですが僕は基本的に動くことはあんまりなかったし、なんだか
雑用係というか俺自身に何があったか忘れたけどプールはまぁ小学校の方がましなのか中学校の時は雑でダサくてぼろいなぁ・・・と思っていました。
(それもあって好きじゃなかったし、あんまり真剣に恐らく泳いでません。単純に氣分が乗ってなかった。)

はい‼プールの話は終わりだが後ね、まず地面がアルファるというか石だったかな?全部片仮名じゃなくて悪いね・アスファルトだけれど
というか違うな。まぁともかく日差しの良い時は本当に暑くて杉浦けいたと伊藤雅也がいた筈・・・中学1年はそれなりに泳ぐことはあったけど
樹氷内容は圧倒的につまらない。3年の時は休んでることもあってほぼ、見学だった氣がする。

プールの話が出たので書きますが長根幼稚園の時の初めてプールのシャワーを浴びた時の経験も俺の中では結構、新鮮な出来事でなんか凄い...と一人だけ
心の中で関心を持っていた俺がいるのですね。(懐かしいね)

長根幼稚園のプールが一番良くてそこが恐らく一番、広くてさくら小学校が2番目で半田中学校が3番目かな?
(今、いけば全く違う感想もありそうですが)

まぁ長根幼稚園はプールの柵と柵というかフェンスのようなものが巻かれてるでしょ?水に。
あれの形が綺麗だったでカラフルで色彩めいてるからこそ俺は氣にいっているのかもしれない。
それは写真で思い出したことだが実際のシャワーを浴びた時の不思議な感覚は今でも忘れないよ。

 

 

 

さて、次に成績表ですね。
まず、1年生の時はテスト点数の時に掃部関の奴に見せろよ!と言われても
俺は見せなくてまぁ「おい‼こいつ、こんな点数だぞ。」・「しもむーは駄目だなぁ(笑)」・「お前、もうちょっと勉強しろよ。」
と言われるのが嫌で見せなかった。まぁ点数を知られたくないではなくて色々、言われるのが嫌だったというのが大きな理由で
村瀬先生の1年9組、全員の顔を書こうぜという提案も初めは拒絶したのはこういった理由からです。
(一年生の時の先生のアドバイスというかああゆう奴は覚えてねえ)

次は3年生で2年生は学校休みすぎたな!とか笑いながら書いたと思うんだけどあまりありがたくなかったな。
(通知表)

3年の時は大体、というか覚えてるのはりんたに「お前はどこの高校にいくんだ?」と聞かれた時に「えっN・・・」・「んエヌ・・・」
という会話の後に他の生徒が会話を提供してくれたおかげで俺はそれを喋らずに済んだというのが一番、嬉しかったね。
(まぁりんたの夢を知ってたら喋ってたかもしれないが・・・今初めて知ってちょっと関心してる)


後、俺に通知表とかいうけれどね、これは3年の時は聞かれなかったよ(2年の時は学校に行かなかったのもあってその事態は回避出来た)
まぁ他はなんだろうね。まぁ後ね、夢についてなんだけど俺は学校から帰る途中で歩く前に
先生に言われたのもあって俺に出来ること、なりたいものって何だろう?と考えてた時に好きなドラゴンボールのことが頭に思い浮かんできて
ドラゴンボールと言えば鳥山先生=漫画家・・・はっ!そうだ、俺はちょっと思いついた物語で絵を描いて漫画を描けばいいんだ。
元々、アニメも好きだし漫画やゲームが好きだったから俺にぴったりな職業じゃん!と思って俺は自分の将来の夢というか
これを卒業記念文章に書いたんですね。
まぁこれも意識してたのもあって2017年にエヴァンゲリオンに出会ってから作品データベースも見れて「日本創世物語」の発案も思いつけたから
本当に良かったと思う。

 

※いかん!修学旅行を忘れてた。
修学旅行を色々書いたら今度こそ中学生編を終えれそうな気がします。

 

 

団体名 リベリベ・キッズベース
団体名 ふりがな りべりべ・きっずべーす 
イメージ画像  

 

代表者
氏名 リベリベ・キッズベース 

 

連絡先
氏名 リベリベ・キッズベース 
郵便番号・住所 475-0877 半田市勘内町1-1 ライトクロトビル1・2階 
電話番号 0569-22-2816 
FAX番号 0569-32-8911 
E-mail toiawase@libelibe.com 

 

基本情報
   
設立年月日 2007年7月21日
会員数  
会員構成  
対象年齢 学齢1歳児から小学生
主な活動場所  
地図(URL)  
駐車場  
活動日時 通常10時~19時
入会金・会費 入会金10,500円 会費各種
会員募集の状況・入会方法  
活動内容等(1000文字以内) 対象:学齢1歳児~小学生
内容:日曜日、盆3日、大みそか、正月三ヶ日を除いていつでもお預かりできる託児所です。
時間:平日10時~19時(※21時まで延長可)
土曜日、祝日、振替休日、夏休み、冬休み、春休み8時~19時
コース:年間コース、月々コース、時コースとニーズに応じてご利用頻度を選べます。
 
活動実績  
備考  

 

 

 


 

 

 

求人概要

お祝い金:正社員・契約社員20,000円 / パート・アルバイト10,000円

一般財団法人トレスト児童育成会 こどもの家トレスト

学童・児童館のお仕事 
求人番号:9686

運営法人
一般財団法人トレスト児童育成会


住所

愛知県半田市勘内町1-1 ライトクロト半田1.2F

ホームページ

施設数
1

事業内容
小学生を対象とした、放課後児童クラブの運営

 

募集内容

求人番号 9686
募集職種 学童・児童館のお仕事
必要資格 無資格OK、保育士、幼稚園教諭1種、幼稚園教諭2種、教員免許(小学校)、幼稚園教諭(取得見込)
勤務時間 通常時は13:30~18:30が基本です。
※学校の行事などにより、出勤時間は前後します。
退勤時間については、17時までも可能です。

長期休み期間〈春、夏、冬〉は、
早番8時から16時、遅番10時から18時半が基本です。
※食事休憩あり、退勤時間については応相談

週2~3日程度で応相談 
仕事内容 お子様の送迎〈要普通運転免許・AT限定可〉、
掃除、洗濯、宿題のサポート、保護者の方へのお子様の
受け渡し、おやつや食事作りのサポート、
イベントの主催
空いた時間に遊び相手になってもらうこともあります。 
雇用形態 パート・アルバイト 
勤務地 愛知県
半田市勘内町1-1 ライトクロト半田1.2F
1.
名鉄河和線 住吉町 徒歩10分
2.
名鉄河和線 知多半田
給与 時給 900円~1,200円
待遇及び
福利厚生
交通費支給〈上限10,000円まで〉
各種社会保険完備
無料駐車場あり
車通勤可
食事補助あり
社宅・学童の利用割引〈当社規定あり〉
社員登用制度あり 
休日・休暇 シフト制
※祝日、土日、お盆、年末年始についてはお休み 
採用担当者 竹之内
応募・選考の流れ [1] 応募フォームよりご応募ください
※お電話での応募をご希望の方は、求人番号をお控えの上、 0120-915-513 までお電話ください。
(電話応募の受付対応時間は平日10:00~20:00となります。インターネットからのご応募につきましては、24時間365日年中無休で受け付けております。)

[2] 採用担当者より面接日程の調整などの連絡をさせていただきます

[3] 面接実施

[4] 採用決定のご連絡

[5] 入職手続きを進めつつ、お祝い金をご申請ください

≪注意事項≫
※応募してから3日以上経過しても連絡がない場合は、0120-915-513までご連絡ください。
※応募から内定までは平均3日~1ヶ月程度となっております。
※在職中で今すぐ転職が難しい方も勤務開始時期の調整のご相談が可能ですので、応募フォームより進んでいただいた上で、【応募先に伝えておきたいこと】の欄に勤務開始の希望時期をご記入ください。

 

 

 

 

【リベリベ・キッズベース とトレスト児童育成会】
さて、ここに3年生から4年生ですね。母さんがここに止めていたらしい。
(ずっと家にいても退屈でしょ!ということで)
3年生の時は仮面ライダーWに出会ったのが小学3年生(2009年)なので[9歳]丁度、同じ時期で一致する。
ここで出会った男の子と二人の女の子の友達と出会ったのが懐かしいね。
ガンバライドの話をしたりそこでよく遊んだり、結構楽しかったね。
そこでね、俺はなんか戦隊ごっこ仮面ライダーごっこかは分からないけど多分、強盗ごっこ(警察ごっこ)をやっていたんですが
そこで俺とその男の子がその悪党たちで女の子二人が警官役だったのかなぁ。なんかその二人は俺とその男の子は
なんかよくあるテンプレの悪役である兄貴~~とかいう役割でこれをなんていうかは分からない。
まぁロケット弾みたいな愛され役かな?それとも拳銃を持ったちょっと怖い強盗かな?
それで俺は気合を入れて「警察どもよ!お前たちがいくらこようが俺たちは必ず逃げ切ってみせるぞ。最もお前たちに出来ればの話だがな。
こちらはいくらでも闘争手段を用意してるんだ。どれだけ追い詰めようが最後に煙に巻かれるのはお前らの方だ」なんてまぁ実際の台詞を完璧に覚えてる訳がないが
こんな台詞だったと思う。それでその女の子の一人が「なんだか霜村君って悪役みたい。」とかなんとか言われて本格的な台詞を言ってしまってなんだか
ドン引きされた経験がある。まぁ場所はトイレまで追い詰めた婦人警官が悪党2人を追い詰める話かまたはそれを再現する爲に俺とその子はそこに閉じこもっていました。
まぁそうなった理由は不明ですし、その前にあった出来事は忘れたがその後の出来事は多分ですがその後に坊やと話したと思うんですが
話す前にそれとは別に日のエピソードだった可能性も入れておきますね。

そこでガンバライドの話をしてというか多分だが分かれることになったからそれでその坊やになんだかお別れの言葉を言った氣がする。
(まぁガンバライドで知り合えて初めて友達が出来た感じなので内心は嬉しかった。粕谷優貴なんぞではなくこいつと友達になりたかったなぁ。
あいつといる時間が無駄だった訳ではなく俺が言わないとなんか相手も盛り上がらない様に9年間というか何回か心の中では違和感を感じててずっと付き合ってていいのだろうか?
と思い悩んでいた。まぁあの出来事以来、政治系や韓国に興味を持ってから現在のQのことやカバールも知れたので結果的には彼にも感謝ですね)


さて、ここにいくことになったきっかけは学校からの配布物なのかまたは広告か新聞かはっきりすることは分からないそうです。
3年・4年・5年言ってたので3年ぐらい通ってた可能性があるとのことです。
3年は夏休みと冬休みと春休みかもしれないとのこと。4年生はいける日にいってたようで遠足とか何かのイベントとかに言ってたことだけは覚えてるそうです。
5年生はちょこまかと全行程は行ってなかったらしい。

辞めることになったきっかけは俺が優貴と出会ってから自然と行かなくなり5年生から辞めたらしい。
まぁお別れの時になんていう言葉を言い残したかは知らない。

もうひとつ覚えてるのはじふぞーパズルみたいな場所で四角形の形をした左右と上下の真ん中部分に穴があるところと組み合わせる奴(名前が分からなくてごめん)
が一階の地下というかあの遊び場所が好きだったな。つみきとかおもちゃとかジグゾーパズルのようなものが多くてあそこで遊ぶのは本当に楽しかったな。
(最もこれ以外で覚えてることはありませんよ。では、これで終わり)

 

リベリベ・キッズベース とトレスト児童育成会で思ったことがあるんだけどリベリベ・キッズベースとトレスト児童育成会は
住所が同じなのですよね。ということはリベリベ・キッズベースの方だが2007年に設立されたと書いてあるし、今は名前を変えて
こちらになって活動中なのかもしれないですね。まぁ詳しいことはここに聞かないと分からないですがとにかくこれを思い出せただけでもよかった。

君たちにもう出会うことはないけれど君たちに出会えた思い出も俺は大切にして生きるよ。本当にありがとうな。
ご機嫌用、皆。お達者に誇り高く生きろ‼ありがとうーーーーーーーー!。

 

 

さて、人生日記【其之肆】後半はこれで終わりましょうか。