鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

【仮面ライダーゼロワン Vシネクスト(ゼロワンスピンオフシリーズ) <外伝> 第1作】ゼロワン Others(アザーズ)仮面ライダー滅亡迅雷の感想。

 

 

 

 

 

 ゼロワンOthers 仮面ライダー滅亡迅雷/バルカン&バルキリー」公式サイト

 

 

ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷スペシャルイベント』開催決定!! | 仮面ライダーWEB 【公式】| 東映

 

 ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』上映&発売決定! | 仮面ライダーWEB 【公式】| 東映

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【予告】Vシネクスト「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」60秒


 

 

 Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』2021年3月26日(金)期間限定上映決定!2021年7月14日(水)Blu-ray & DVD発売! Blu-ray & DVDの初回限定版として、作中で登場する変身アイテム「DXマスブレインゼツメライズキー」と「滅亡迅雷ドライバーユニット」が付属したマスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット版も発売!

 

ゼロワンは終わらない。滅亡迅雷.net、復活! 「仮面ライダーゼロワン」TVシリーズ、『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』のその後を描くスピンオフ作品。 公式アプリ「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」なら「仮面ライダーゼロワン」全話を配信中!

 

(ご視聴には月額960円の会員登録が必要です)

 

 

キャスト:中川大輔 砂川脩弥 山口大地 中山咲月 ほか

スタッフ:原作:石ノ森章太郎 脚本:高橋悠也 監督:筧 昌也

主題歌:MONKEY MAJIK 「S.O.S」

 

3月26日の劇場上映日と同日から「S.O.S Movie Version」が配信開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーゼロワン 滅亡迅雷.net座談会 ぶっちゃけトーク全開で撮影秘話を暴露!?【中川大輔×砂川脩弥×山口大地×中山咲月


 

 

 

 

ゼロワン Others(アザーズ)

ゼロワン Others』(ゼロワン アザーズ)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーゼロワン』のオリジナルビデオ作品群。東映Vシネマのレーベル「Vシネクスト」よりリリースされる。2021年7月14日に第1弾『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』が発売、同年11月10日に第2弾『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』が発売予定。

 

 

ゼロワン Others
第1作 ゼロワン Others
仮面ライダー滅亡迅雷
2021年3月26日(劇場公開)
2021年7月14日(リリース)
第2作 ゼロワン Others
仮面ライダーバルカン&バルキリー
2021年8月27日(劇場公開)
2021年11月10日(リリース)

 

 

 

 

『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』

シリーズ第1弾 。『ゼロワン』の敵組織である滅亡迅雷.netの4人を主役とし、『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』のその後を描く。

脚本はテレビシリーズでメインライターを担当していた高橋悠也、監督はテレビシリーズで高橋に続いて脚本を多く担当し、第35.5話の監督も務めている筧昌也が担当

 

あらすじ(滅亡迅雷)

新型衛星「ウィア」初号機の打ち上げを実行した飛電インテリジェンス。飛電或人は宇宙飛行士ヒューマギアとともに衛星に乗り込み、宇宙へと1週間のミッションを行うため飛び立つ。

だが、或人が不在の間隙を突くように、平和な生活を送っていた滅亡迅雷.netの滅と迅の前に、ZAIAエンタープライズのCEOであるリオン=アークランドと兵士型ヒューマギアのソルドが現れ、彼らと戦った迅は連れ去られてしまう。

拉致された迅を助けるため、A.I.M.S.の技術顧問となった亡や飛電インテリジェンスで宇宙事業に従事する雷も集結し、ZAIAに潜入して迅の救出に乗り出す。物としてソルドを扱い、世界中に兵器として売り付けようとするリオンに迅は憤り、リオンから自由意志のないソルドを解放するため彼と戦おうとするが、仮面ライダーへと変身すると異変が起こり…

 

 

 

 

制作(滅亡迅雷)

『ゼロワン』のテーマはテレビシリーズ本編で描き切っていることから、人工知能の危うい部分など、ハードな側面に踏み込んだものとして、永夢の過去を掘り下げた『仮面ライダーエグゼイド』の小説のように、やる以上は意味のあるものを書くものとなった 。また、本作品の結末について、脚本の高橋はバッドエンドではないものの、少なくともハッピーエンドではないと語っている。Vシネクストは、テレビシリーズや映画でもないファン向けのよりコアな作品が作れるため、大人っぽいキャラクターたちの思想や、クールな雰囲気であることから、子供向けドラマのような演出や画は抑えられている。

 

 

 

 

 

キャスト(滅亡迅雷)

 

 

スーツアクター (滅亡迅雷)

劇場パンフレットより。

 

 

スタッフ (滅亡迅雷)

 

 

主題歌(滅亡迅雷)

「S.O.S」
作詞 - Maynard,Blaise,TAX / 作曲 - Maynard,Blaise / 編曲・歌 - MONKEY MAJIK

 

 

 

映像ソフト化(滅亡迅雷)

Blu-ray / DVDでリリース。

  • ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷 [ブルーレイ+DVD] 劇場先行販売版(2枚組、2021年3月26日に上映劇場限定・数量限定で発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典
        • MAKING
        • TRAILER
        • DESIGN GALLERY
        • POSTER GALLERY
    • 封入特典
      • ポストカード
  • ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷 通常版(1枚組、2021年7月14日発売)
  • ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷 マスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット版(1枚組、2021年7月14日発売・初回生産限定)
    • セット内容
      • ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷(通常版と共通)
      • DXマスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット
      • ライナーノート

 

 

 

 

初回限定

ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷 マスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット版【Blu-ray

 

 参考小売価格:13,750円 3,163円(23%)OFF!
10,587(税込)送料無料

 

 

 

 

 

【ストーリー 】

ZAIAエンタープライズのCEOリオン=アークランドが、滅亡迅雷.net の迅を連れ去った。迅の救出に向かった滅、雷、亡が目にしたのは大量の“兵士型ヒューマギア” ”(=ソルド)たち。リオンの目的は、自ら意志を持つことのない“ソルド”を大量に生産し、兵器として世界中に売ることだった。迅は、ヒューマギアが兵器として利用されようとしていることに憤り、「“ソルド”たちを自由にしたい」と滅たちに告げる。“ソルド”たちを解放するために、仮面ライダーへと変身して戦う4人。だがその時、迅に異変が 。リオンに捕らえられていた迅に、何が起こったのか? リオンの「計画」通り、人類にとって「最大の脅威」となる存在が、意外な形で誕生しようとしていた 。

 

 

 

 

 


【ゼロワン Others(ゼロワン アザーズ仮面ライダー滅亡迅雷の評価。】
今日、借りてきました。まず今まで出てきませんでしたがZAIA(ザイア)エンタープライズのUSA本社であるアメリカの社長が日本に来日して滅亡迅雷を滅ぼして
全てのヒューマギアを戦争の兵器として他国に売り出してビジネスにするという野望を止めるお話です。

 

そこでヒューマギアたちによる集合意識プログラムを使って彼らを取り込もうとして自由意志の剝奪を図ろうとしましたが最後は彼らの意思によって
社長は殺されてそれが新たな災厄を生んでそれを対処するのが次の第2作で活躍するバルキリーとバルカンという仮面ライダーです。

 

とまぁ始まりと終わりを言えと言われたらこんな物語ですが戦闘場面はテレビ本編と同等か切なさは人一倍はありました。しかし、コロナの影響もあってグリーンバックによる背景の合成による撮影と戦闘場面の表現を司る攻撃の重さや色遣いなどは激しい戦闘場面という感じはまぁありました。


ここはよかったですね。

 

惜しいのはあまり乗り込められなかったことで株主である日本の社長の天津が表に出てこないのはおかしな話だと思いましたがヒューマギアサイドと
滅亡迅雷サイドとなっていてヒューマギアなんかいらないだろ‼という台詞を言う人はこの世界にはいないですね。この世界の発展とそれが常識になっていればそれでいいですが天津はあくまで効率のいい道具として扱っており人権というより機械を扱うと考えれば天津のやることはまだ合法なやり方だと思います。今回のUSA本社の社長は
人間らしい感情まで破壊してただの兵器そのものであり武器と捉えており天津の場合は社交辞令が出来る人形であればそれで良しとしており反抗すれば廃棄処分するといった標準が彼の中には存在するだけまだまともかもしれない。

 

今回、USA本社の彼がやろうとしていた兵器及び感情や合理性まで破壊して兵器や機械そのものにしようとして戦闘型ヒューマギアにした商品がゾルドと呼ばれていて
それを阻止しようとする滅亡迅雷側はそれを阻止したいと思っている。何故ならテレビ本編の終わりで新たな悪意(争い)が起きないように監視することに決めたのが滅亡迅雷の新たな自分たちの役割だと理解していてそれが発生したときに自分たちが仲介役となり排除することでこの世界の均衡を保つことが出来る存在であると考えているから。


それでこれが伝えたかったことは元々は彼らは人類の敵であり彼ら自身は「人類の滅亡」が必要であると考えた。機械というものに恵まれた現代の人類ではその力を扱えず
私利私欲のままに終焉の未来を迎えてしまうという風に考えたからだ。以前の俺ならそう考えた。だがシンギュラリティという概念やAIが人間を攻撃したり人の仕事を奪ったり人間の権利やその地位を脅かすという主張には賛成出来なかった。それ自体が胡散臭く何故、そんなにも結論を急がせるのだろうか?とずっと不思議だったからだ。

 

考えてみれば全部、それを生み出したものたちが計画したことだと考えれば分かる。悪いものたちのことをその定義とは澤野さんが言うならば「自分たちの思うような世界に書き換えようとするものたち」のことで俺の定義なら「自分の自己の慾を永久に求め続け自己満足出来ないものたち。それを達成する爲には人の幸せより己の満足を要求するものたち」と定義するものたちとは誰か?2021年。俺はそれをようやく理解したDS(ディープステート/猶太[ユダヤ]地底政府)とカバールDSと呼ばれる存在です。そんな地球を支配した人間の自己内面とは「自分たちと同じ苦しみと与えてやる‼」という乖離した精神を併せ持ったものたちは人を絶望に堕とすことを好む。それは自分たちの過ちを認めたくないからである。


それをしてしまったが故に隠ぺい体質になり、自分の苦しみを相手にも与えようとして自分たちを大きく見せることで神様に謝罪するかのように装い、神が認めないならこの宇宙そのものから追い出してやる‼というのがディープステートの発想だろう。澤野大樹さんのを見ているとそう思えてくる。まぁ通常は悪い奴と言ったら金や自己の周りの安全のみを考えて私欲を肥やす連中と考えるだろうけどDSの場合は極悪人と言って想像出来る範疇を超えてるからこそたちが悪い。


ロボットたちにも心はあるというのをSAOのアリシゼーション編は教えてくれた。アリスというAIは人間たちによって作られた架空の世界で生きてたけど僕たちと同じ
悲しみや人を愛する心を持ち合わせて相手の氣持ちを考えることの出来る人間と同じだった。だからヒューマギアそのものが人間には出来ない部分や役割を担う「自立型人間」とでも定義して認めて技術とか向上させれば争いも権利の主張も起きない訳でこれ自体が人類を支配していたディープステート共の言い分ですよ。でも、それを打ち破ってくれたのがソードアートオンラインのアリシゼーション編という作品でやっと俺はこのアニメないしライトノベル漫画の本質を知ってソードアートオンラインという作品を好きになったんです。

 

良ければ感想の住所先をここに書いておきますので参照してみてください。

 

 

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション&ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(ウォー・オブ・アンダーワールド)の全体的な視点から評価してみる。SAOとは何か?次の予想なども考察。 - 鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。


 


そして、終わり方は彼ら自身が悪となり正義の執行人である仮面ライダーによって倒してもらおうとするやり方ですが果たしてどうなるか
予想するのではなく見守ることにします。

※この部分、後で編集します。

 

バルカン&バルキリーの感想にて見守っていこうと思います。それが書かれる時にこちらの方を引き合いに出してそのあたりの詳しく書いてなかったところも
掘り下げることにします。

 

では、ここまでにします。見てくれていつもありがとうございます