鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

コロナとワクチンの事実をnote[ノート]ブログに綴っている中村 篤史先生から引用。【伍】

 

 

 

56 コロナと政治家2

2021/05/08 23:16

 

以前、ベラルーシの大統領が『IMF(国際通貨基金)と世界銀行がワイロと引き換えにコロナ規制を強化するよう持ち掛けてきた』という記事を紹介した。

画像1

最近この人の消息を聞かないから心配していたところ、今日こんな情報を見た。

画像2

ベラルーシ共和国アレクサンダー・ルカシェンコ大統領のスピーチ
「コロナヒステリーのせいで、世界中の経済が事実上停止しています。ロシア連邦においても状況はほぼ同じで、国内生産が低下しています。経済に何が起こっているか、すでに皆さんお分かりのことでしょう。
トランプが緊急事態を宣言したとき、私は公然とこう言いました。これはまったく近視眼的でバカげている、と。
春には毎年ウイルスが流行するものです。今、コロナウイルスが流行していますが、私はこの2か月間、ベラルーシの死亡率を自分で分析していました。2018年、2019年の1月と2月の死亡率を、2020年のそれと比較しました。2020年の死亡率は15%低下していました。また、この2か月間、肺炎やコロナで死亡した人は皆無でした
それなのになぜ、世界経済はストップし、人々はこんなに騒いでいるのでしょうか?
すべてが終われば、コロナが終わりヒステリーが終われば、皆さんに真相をお伝えします。皆さんに伝えたいおもしろい話がたくさんあります。本当にたくさんです。
しかし今は、二つだけ。二つだけ、皆さんに考えて欲しい質問があります。
第一の質問。
コロナウイルスは人工的に作られたものでしょうか。それとも、空気中でいきなり自然発生したのでしょうか?また、このウイルスのおかげで誰が得をしていると思いますか?
第二の質問。
このウイルスあるいはヒステリーは、一部の人の目的や利益のために利用されているのではないか
これらの質問について、よく考えてみてください。
誰がこのパニックを利用しているのか?誰がこのパニックを、軍が出動するほど大げさなものにしたのか?
街で抗議活動をすれば、すぐに潰されます。選挙のためだ、と考える人もいれば、また別の理由だと考える人もいる。
この点については、すべてが終わったときに、話をしましょう」

この動画を見て最初に思ったのは、「いよいよこの人、やばいんじゃないか」ということ。

画像3

WHOやIMFに楯突いた政治家は、ことごとく死んでいる。国民を心から思う政治家は、文字通り命がけだよ。
ルカシェンコ大統領、すばらしい政治家だと思うけど、恐らく近いうちにコロナにかかるか、心臓発作が起こるんじゃないかな
もう彼らもなりふり構ってないから、不都合な政治家は遠慮なく消しにかかると思う。
その点、日本の政治家は安定している。パペットは健康長寿をまっとうするだろう

画像4

マスクは義務化され、経済破壊はますます進行するだろう。「感染症拡大防止」の大義のもと、憲法は改正されるだろう。

画像5

誰も立ち上がらない。誰も異議を唱えない。
政治家は、みんな分かってるのに。

画像6

検査しまくってる。だから、増えてる。感染爆発というか、偽陽性爆発だろう。

日本人は立ち上がらないが、さすが、自分の権利を主張する欧米である。きっちり、訴訟沙汰になっている。

画像7

ニュルンベルク裁判2021~Reiner Fuellmich博士が旗振り人となって、1000人以上の弁護士、1万人以上の医者が「人道に対する罪」を理由にCDC、WHO、ダボスグループを提訴

日本人もいい加減、立ち上がったほうがいいよ。政治家の言うことをいちいち聞いていたら、行き着く先は見えている。全員強制ワクチン接種だよ。憲法改正して緊急事態条項を作って、何でもできるようになるだろう。

案外、政治家のほうでも、国民が立ち上がるのを待ってるところ、あるんじゃないかな。

画像8

行政に対して、「コロナウイルスが存在することを証明するエビデンス」の提示を求めると、「そういう文書を作成してない」とかの理由で、文書が出て来ない。「コロナウイルスが存在しない」って認めたようなもんじゃない?こういう文書を出すって、ある意味行政からのメッセージじゃないかな。
役所の公務員だって政治家だって、強制ワクチンは打ちたくないだろう。特にコロナの嘘を見抜いている人なら、なおさらだ。かといって、彼らは正面切って「国民よ、立ち上がれ!」とは言えない。そんな派手な動きをすれば、飛ばされるか、下手をすれば殺されるから。特に大臣クラスの政治家は暗殺を真剣に恐れている。だとすれば、僕ら国民のほうでガンガン声をあげればいいんじゃないかな。国民の根強い反発にあえば、政治家もDSの圧力に対して弁明できる。「いやぁ、私としてもDS様の命令に従いたいのですが、何分国民からの反発がこの通り、強烈ですから」と。逆に、国民が羊のようにおとなしい奴隷なら、政治家もDSの指示をそのまま実行に移さざるを得ない。
きちんと反発の声をあげること民意を示すことってすごく大事だと思う。

声を上げないと、こんなワクチン、打たされることになりますよ。

画像9

コロナワクチンを受けた男性の全員で、精子不妊化しており、赤ちゃんを作るための可動性を失っていました。あるユタ州在住の男性病専門医(男性不妊スペシャリスト)が、動かぬ証拠を教えてくれたんです。この話をFBでシェアする許可は、彼からもらっています。
ワクチンで不妊になるというのは危惧されていたことです。ある若い女性の症例研究があって、この女性はワクチン接種前には妊娠可能でした。というのも、ワクチン接種前に我々はこの女性の採卵を3回行ったことがありましたから。
この女性が、ワクチン接種を受けた後、4回目の採卵のために来院しました。
精子には問題はありません。ただ、女性側に遺伝的な問題があるため、ドナーから提供された卵子を使っていました。男性側の精子の受精能に何ら問題はありませんでした。これについては我々も確認しています。
30個の卵子を採卵し胚を作りましたが、4、5日を超えて生存できる胚がひとつも存在しませんでした
4、5日というのは、ちょうど胎盤になる細胞が形成される時期です。この点についてはすでに多くの学者が懸念していました。つまり、胎盤を構成する細胞とコロナワクチンに含まれるスパイクタンパクが構造的にあまりにも似ているため、挙児希望の男女がこのワクチンを接種しても妊孕性に問題はないのか、と。(しかし懸念は生殖系だけに限りません。このワクチンは様々な面で障害を起こすよう設計されており、たとえば免疫系に対しても異常を起こします)。
しかし、恐れていたことが現実に起こってしまいました。この女性に限った話ではありません。我々はこのような症例を数多く見ています。しかしこの女性の場合は特に、コロナワクチンの接種前と後、精子卵子の両方の変化を観察していました。
今朝のスタッフミーティングで、流産の話題が出ました。我々は信じられないほど多くの流産を実際に見ています。こんなことは未だかつてなかったことです
今、私は主治医からデータをもらうよう動いているところです。主治医も何かおかしいと感じています。ある患者の卵について、我々はただひとつの胚も受精させることができませんでした。それで主治医がすぐ本人に聞きました。「コロナワクチン、打ちましたか?」と。
答えはイエスでした。2、3週間前に打った、と」

子供を残すことばかりが人生の意味ではないけど、欲しいと望んだときに生めない体になっていたら、そしてそれがワクチンのせいだと後でわかったら、悔やんでも悔やみきれないんじゃないかな。

 

57 コロナワクチンは生物兵器

2021/05/10 22:44

 

「コロナワクチンは打たない」とすでに決めている人もいるだろう。
そう、My body, my choice. である。自分がどんな医療を受けるかは自分で決めるべきことで、その選択が尊重されるのは当然のことだ。
しかし、自分は「打たない」選択をしたものの、自分の周囲に接種した人がいて、その接種者から悪影響を受けた人(主に女性)が多発している。生理の周期が乱れたり、重くなったり、妊娠中の女性なら流産、授乳中の女性なら母乳の量が減ったり。
一体、なぜこのような現象が起きるのか。
5人の医師がオンラインで話す動画がある。

スクリーンショット (82)



5人それぞれが自分の視点で意見を述べているが、5人全員が一致したことがある。
それは、「コロナワクチンは大量殺戮を目的とした生物兵器」ということである。斎藤新緑議員が「ワクチンは殺人兵器」と言ってマスコミが騒いだけど、5人の医者も同じような結論に達したわけだ。
以下に、特に重要な点を紹介しよう。

コロナワクチンの接種によってshedding(排出)が起こる、という指摘があるが、これは正確ではない。sheddingは生ワクチンの接種によって起こる現象だが、コロナワクチンはそうではないからだ。
というか、そもそもコロナワクチンは「ワクチン」ではない感染症の予防を意図して打つ。それがワクチンだろう。しかしこの注射には、ウイルス感染症から人々を守る成分は、何一つとして入っていない。単純に、人を殺すために作られた生物兵器である。

画像2

コロナワクチンはSARS2のスパイクタンパクに対抗する合成タンパクを体内で産生させる作用を持つ。これは従来のワクチンにはない働きである。いわば、体が特殊なタンパク質の「工場」となる。産生されたタンパク質は、唾液、糞便、汗、精液、血液などに分泌される。
これらの分泌物を通じて、伝染(transmission)が起こる。
この「工場」が停止するのかどうか、つまり、タンパク質の産生がストップするのかどうか、また、このタンパク質がどのような感染形態をとるのか(飛沫感染接触感染か)、未だ不明である。
「彼ら」としては、全人口に接種する必要はないと考えている。なぜなら、接種者がキャリアーとして、大量殺戮生物兵器を散布する役割を期せずして担うからだ。実際のところ、接種者こそがスプレッダーであり、コロナワクチン未接種者にコロナ様症状を引き起こしている。

P社製やM社製は2回接種が必要だが、JJ社製は1回の接種でいいということで、多くの人がJJ社製を打ったが、実のところ、JJ社製こそ、最悪のワクチンである。なぜなら、風邪の原因ウイルス(アデノウイルス)を含んでいるからだ。注射によって600億個ものアデノウイルス粒子が腕に注入されることになる。アデノウイルスの注入によりsheddingが起これば、呼吸により容易に拡散する。

P社、M社、AZ社、JJ社、いずれのワクチンもスパイクタンパクを作ること、さらに、スパイクタンパクに対する抗体を作ることを目的にしている。これはBBB(血液脳関門)を通過するし、遺伝子に作用するし、脳内のタンパク質に影響する
実際、コロナワクチンの経鼻投与が現在開発中である。つまり、経鼻吸引によっても簡単に脳まで届く。

ワクチンの後遺症をざっと挙げると、
・生理周期の乱れ、不妊、流産
・閉経後女性の再出血
・子宮全体がごっそりと剥離した1症例もあった。
・性器腫脹、勃起不全
血栓、鼻出血、下肢のあざ
・脳静脈血栓。これは一般に極めてまれな病気だが、ここ数か月で240もの症例報告がある。
悪影響は特に女性に出やすい。なぜだろうか?
女性の体は非常に精巧なメカニズム(妊娠、出産、生理周期の維持など)で成り立っている。コロナワクチンはこのメカニズムを破壊する。

P社やM社のmRNAワクチンに含まれる原材料として、ナノ脂質分子(ナノボットあるいはハイドロジェルとも呼ばれる)が挙げられる。ナノ脂質分子は、異物を破壊する体の防御機能を停止させる働きがある。
人間の体は見事なもので、異物の侵入に対して、それをすばやく無害化しようとする。「彼ら」としては毒物を注入したいのだから、体のこの防御機能は厄介である。そこで、毒物と一緒にハイドロジェルを注入すると、これが血中の防御系をかく乱させる。結果、体内の毒物は排出されず、体内にとどまることになる。ハイドロジェルは少なくとも数年間、体内にとどまる。
体内に貯留したハイドロジェルは、バイオセンサーとして利用できる。つまり、これらを通じて体内のデータを集めることもできるし、Wi-Fiや5Gを通じて起動し、エネルギーやパルス波を発散することもできる。実際、EMF(電磁場)のエネルギーを測定すると、1年前と比べて明らかに高くなっている。
たとえば、この動画を見るといい。

画像3

コロナワクチン接種者が、接種部位に磁石をあてる。すると、磁石が接種部位にくっつく。接種してない反対の腕に磁石をあてても、当然くっつかない。体内の電磁場を乱す何らかの物質が入っていることは間違いないだろう。しかしこの物質が何なのかは、分からない。

少し前、Lihsiaさんがうちのクリニックに来たとき、「この5人の医者の動画、すごくおもしろい」って言ってた。僕も同感。ぜひ日本語訳があれば、多くの人が見れるんだけど、80分くらいある長い動画だから、翻訳や編集作業が大変だろう。

さて、もうひとつ論文を。
『コロナのスパイクタンパクはACE2のダウンレギュレーション経由で内皮細胞の機能を損傷する』

 

 

https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/CIRCRESAHA.121.318902


この論文がおもしろいのは、スパイクタンパクが細胞内のミトコンドリアに悪影響を及ぼすのを明らかにしたことだ。
「スパイクタンパクは、細胞内のシグナル伝達をこのように大きく変化させることで、結果、ミトコンドリアにダメージを与える。ミトコンドリアはシグナル伝達の司令塔である。炎症にも加齢にも関係しているし、細胞が“生きるべきか死ぬべきか”さえもミトコンドリアが指令を出している」
このミトコンドリアがダメージを受ければ、当然、細胞もダメになる。

今後コロナ(あるいはコロナワクチン)の毒性の研究は、「スパイクタンパクがどのような悪さをするか」という研究がメインになってくると思う。
もうね、「コロナワクチンが体に有害か無害か」みたいな話はとっくに終わってて、有害に決まっている。「なぜ、どのように有害なのか」の機序の解明が焦点になってくるはずだけど、研究が難しいのは、ワクチンの製造業者が成分を完全には明らかにしていないことだ。体内にダイレクトに注入するものなのにその成分を公表してないって、ずいぶんデタラメな話じゃないですか?
このあたりは、行政の不作為として糾弾できるポイントだと思うの。「安心してコロナワクチンの接種を受けるために、ワクチンの成分をすべて公表して欲しい。そのために、行政が動いて、製薬会社にきっちり情報開示するよう指導して欲しい」座間市の三岬さんならこういうふうに戦うと思う。

 

 

58 コロナに関する誤った主張

 

2021/05/12 23:42

 

AFP通信にこんな記事があった。

スクリーンショット (85)

1.長期のマスク着用で癌や高CO2血症を発症する
2.PCR検査はコロナウイルスの検出に有効ではない
3.RNAワクチンは治験が不十分
4.mRNAワクチンがヒトDNAを改変する
5.イベルメクチンとヒドロキシクロロキンは証明済みの治療薬
6.コロナに市販の治療薬(亜鉛トニックウォーター、ビタミンC、ビタミンD)が効く

これらすべてが「デマ」だとばっさり切り捨てられている。
しかしみなさん、もうお分かりですね。主要メディアがデマ認定するということは、つまり、事実だということです(笑)
ひとつずつ検証していきますか。

画像2

1.マスクを長時間着用すると、血中の酸素濃度が低下し二酸化炭素濃度が上がることはすぐに確認できる。
なるほど確かに、マスクの長時間着用によって癌の発生率が上がるかどうか、エビデンスはない。こんなに大多数の人が1日の大半をマスクを着けて生活する状況は、人類史上初めてのことに違いなく、その長期的影響についての研究がまだ存在しないから。しかし慢性的な低酸素状態によってアシドーシスが進み発癌リスクが高まることは容易に想像がつくし、しかも、以前の記事で指摘したように、一般的なマスクには多くの発癌物質が含まれている。発癌物質を長時間吸入するわけで、「体にいいわけがない」というのが素朴な直感だろう。

2.PCR検査の嘘こそが、コロナパンデミックを演出する核心だった。これについては過去に何度も指摘したので、ここでは繰り返さない。

3.「数万人規模の治験でmRNAワクチンは安全との結果が得られている」
こんな主張をされたら、反論したいことは山ほどあるけど、たとえばこんなツイート。

画像3

治験参加者が死にまくってるっていう(笑)
こういう惨状を見ても「安全」と断言できるって、どうなのよ。

4.「mRNAワクチンを打てばDNAが変わるだって?ワクチンのせいで改造人間になるってのか?バカバカしい!」などと批判する人がいる。
その通り。改造人間になります。たとえば最近出たこの論文。
『逆転写されたSARS-CoV-2 RNAはヒト培養細胞のゲノムに取り込まれ、患者由来組織に発現する』



論文では、もちろん『改造人間』という言葉はない(笑)代わりに、viral-host chimeric transcripts(ウイルス-宿主キメラ転写物)と表現されている。コロナのウイルスが人間の遺伝子に取り込まれてチャンポン遺伝子ができてるってことだよ。改造人間という言葉は、当たらずとも遠からず、というところだね(笑)

画像4

5.「ハイドロキシクロロキン、イベルメクチンは効かない。有効性を示す科学的証拠がない」などと言われても困る。臨床現場で実際に効くのだから

画像5

コロナ患者にハイドロキシクロロキン、ビタミンC、亜鉛などを投与する『ゼレンコ・プロトコル』を提唱し、実際に多くのコロナ患者を救ったウラジミール・ゼレンコ氏がノーベル賞の候補にノミネートされた。

画像6

さらにイベルメクチンに関しても、インドのゴア州政府がイベルメクチンの予防投与を開始すると表明した。
イベルメクチン、C、D3、亜鉛、ケルセチン、メラトニンを使った治療プロトコルには、すでに多くの実績がある。

画像7

 

さらに「コロナワクチンで流産/不妊になる、というのはデマだ」という主張があるけど、こんな研究がある。

画像16

流産率12.6%、これを高いとみるか低いとみるか。打たないに越したことはないんじゃないの?

デマというなら、「コロナワクチンがコロナ感染に有効」という主張のほうがよほどひどいデマだろう。
こんなワクチンが、ついに、子供にも打たれることになった。

画像8

主要メディアでは「待ってました!」の朗報として報じられてるけど、本当に大丈夫?
これまで製薬会社が過去にやってきたことを思い出してみるといい。みなさんの身近に何度も前科のある犯罪者がいたとして、その人の言うこと、素直に信用できる?

画像9

どのメーカーのコロナワクチンを受けたいですか?
1.虚偽記載、医薬品安全違反、適応外使用の販売促進、海外腐敗行為、医師への収賄により47億ドルの制裁金(アメリカ史上最大の賠償額)を科されたことがあるメーカー。(ファイザー社)
2.2010年の設立以来、ワクチンを作ったことがない会社。これまで試作として9個のワクチンを作ったが、いずれも第3相臨床試験をクリアできなかった。(モデルナ社)
3.医薬品、シャンプー、医療用品、アスベスト含有ベビーパウダーなど、様々な製品について有害性、危険性が指摘されており、数十万人規模の訴訟を抱える会社。(J&J社)
4.血栓症など致死的な副反応のため24の国で使用停止。(AZ社)

いやぁ、これ究極の選択でしょ。「カレー味のウンコ、ウンコ味のカレー、どちらを食べますか?」的な(笑)

画像10

でも各メーカーとも、ワクチンでウハウハ。笑いが止まらない。兆単位で儲かってるくらいだから、御用学者に数千万払ってやるぐらいは屁でもないわけだ。

画像11

製薬会社の手先として、多くの健康な国民をワクチン接種に駆り立てる。小遣いもらって日本人絶滅の片棒担ぐって、どんな気持ち?

とにかく打て打て。あの手この手でワクチンを猛プッシュする。

スクリーンショット (89)

ドーナツをくれたり、野球やスーパーボールの観戦チケットがもらえたり、ビールがタダになったり、ワクチン接種会場まで、電車が無料になったりする。
至れり尽くせり、って感じだけど、なぜここまでしてくれるのか、考えたほうがいい。

画像13

「ニューヨーク野球場、ワクチン接種者と未接種者で座席が別々に」

スクリーンショット (91)

「ドイツ、ワクチン2回接種者に自由を与える。
接触制限の緩和
・コロナ感染者と接触しても、隔離の必要なし
・旅行の際に隔離の必要なし
・でもマスクはまだ外しちゃダメ」

ヤバいなと思った。「なるほど、こういう追い込み方をしてくるんだな」と。接種者と未接種者の待遇に格差をつける。
これはほんの序の口で、この傾向は今後もっと強くなるだろう。つまり、就職、買い物などに際してもワクチン接種者は優遇され、未接種者は不当な差別を受けることになる。「ワクチン接種は強制ではない」と言いながら、実質、未接種者が不利になるように仕向けて、接種を推進していく魂胆だろう。
世界中でこうしたプレッシャーがかかり、多くの人が接種に追い込まれていく。こうして過半数が接種したとき、ついに、ワクチンパスポートが導入される。

スクリーンショット (94)

だからみなさん、こんな商品券につられちゃダメだよ。
しかし千円、2千円でワクチン打つって、やっすい命やなぁ(笑)