笹原 俊さんの記事を貼り付け。【伍】白兎篇 [後編] ー白ウサギを追え!ー

 

 

 

29「白ウサギを追え!」15 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! 中曽根康弘3度目の葬儀の謎。安倍首相はもう死んでいる?

 

 

2020-12-04

 

中曽根康弘元首相の葬儀

 日本におけるディープステート殲滅作戦が、2020年8月14日から、実施されていました。地下基地の攻略戦が難航する中、地上のディープステートの掃討作戦は一足早く終了していたようです。

 

 その終了の合図となったのが、2020年10月17日に行われた、中曽根康弘元首相の葬儀です。

 

f:id:shunsasahara:20201202192638j:plain

 

 その一週間ほど前に、内閣府から、中曽根元首相の葬儀を行うという布告が出た時、私は、あれっ、と思いました。中曽根首相って、すでに何年か前に死んでたんじゃなかったっけ、という意味です。

 

中曽根元首相3度目の葬儀

 というわけで、さっそくネットで調べていましたが、やっぱり私の記憶は間違ってはいませんでした。

 

 中曽根首相の訃報については、まず、2016年9月2日のものが見つかりました。

 

 リンクを張ろうと思ったのですが、現在2020年12月時点で、10月にたくさんあったほとんどのリンクが消去されています。

 

 とりあえず本文のコピーを引用しておきます。これは2016年9月2日のライブドアnews です。

 

元政治家で第73代内閣総理大臣を務めた中曽根康弘氏が今日未明、群馬大学医学部付属病院で亡くなったことがわかった。98歳だった。
中曽根氏は東大卒後、旧内務省に入省。後に国会議員となり、運輸大臣防衛庁長官通産大臣等を歴任、82年には内閣総理大臣に任命され、87年まで務めた。
03年に政界引退後も度々メディアに登場し持論を展開、90代半ばを過ぎても雑誌や新聞に長文を寄稿するなど健在ぶりを示していたが、
先月中頃から体調を崩し、地元の群馬大学医学部付属病院に入院していた。

通夜、葬儀の日取りは未定だが、喪主は息子で参院議員の中曽根弘文氏(70)が務めるという。

 

 つまり、中曽根氏は2016年に98歳で死去しており、その時一度葬儀が行われています。

 

 次は2019年11月29日の朝日新聞の記事です。こちらはリンクを張っておきます。

 


 

 これによると、中曽根氏は、2019年11月29日の早朝、2度目の死を迎え、その数日後に、2度目の葬儀が行われています。

 

 そして2020年に出された、内閣府の告示です。


 

 これによると、2020年3月15日に行われるはずだった中曽根氏の葬儀が延期されていて、それを改めて10月17日に行う、ということのようです。

 

 あれ、確か11月の死の直後に葬儀やってなかったっけ?と思いましたが・・・。

 

 というわけで、中曽根康弘元首相は、2回死亡し、その葬儀は3回にわたって行われたというわけです。

 

葬儀の不自然さ

 この葬儀は、葬儀自体も、その前振りも、不自然なことこの上ありませんでした。葬儀が実施される前から、通常では絶対あり得ない事態が頻発します。

1.国民への葬儀参加の布告

 葬儀の2~3日前、内閣府が各政府機関に中曽根氏葬儀当日の黙祷と国旗の掲揚を通達します。

 

 さらには文部科学省が、国立大学をはじめとする国公立学校に対して、中曽根氏の葬儀に対し、弔意の表明を行う通達を出しました。

 

 これはさっそく問題となり野党が一斉にかみつきましたが・・・。

 


 それもそのはず、以前にも福田赳夫小渕恵三橋本龍太郎などの元首相の国葬が行われましたが、こんな通達は出されていません。

 

 唯一、弔意表明の通達が出されたのは、昭和天皇の葬儀の時です。

 

2.儀仗兵の参列

 葬儀は10月17日午後2時から、高輪のホテルグランドパレス新高輪で行われました。

この写真の奥にあるホテルです。ホテルの前にずらりと人が並んでいますね。

 

f:id:shunsasahara:20201202193053j:plain

 

 これは自衛隊の儀仗兵(陸上自衛隊の第302保安警務中隊)です。儀仗兵というのはウィキペディアによると、

(前略)戦後は自衛隊がその役割を引き継ぎ、栄誉礼天皇などの葬礼を行う際の礼式を儀仗と称し、それを行う部隊を儀仗隊と呼称する。

つまり、「天皇の葬礼」を行う部隊です。元首相の葬儀に儀仗兵が出ることは通常あり得ません。出たのは一番最近で、昭和天皇の葬儀ですね。

 

 しかも政府は、この直前に、防衛省令を改正し、わざわざこの葬儀だけに限って、儀仗兵を使える法律を作ってまで、儀仗兵を参列させています。

f:id:shunsasahara:20201202195324j:plain

10月14日官報

 

3.秋篠宮殿下の参列、皇室行事の中止

 さらに私が驚いたのは、この葬儀に秋篠宮殿下が参列したことです。

 

 一週間ほど前の10月8日、秋篠宮殿下の立皇嗣の礼が11月8日に行われることが決まり、殿下はそれを心待ちにしていたはずです。

 

 立皇嗣の礼はそもそも4月19日に行われるはずだったのが、コロナ騒動で延期され、殿下は早期の開催を強く要求していました。

 

しかし急転直下、この式典は中止となり、翌週中曽根康弘氏の葬儀が行われました。秋篠宮殿下は、文句ひとつ言わず、これを受け入れ、葬儀に参列しています。

 

 普通に考えれば、元首相とはいえ民間人の葬儀をやって、立皇嗣の礼が中止というのは変です。

 

 しかも葬儀が行われた10月17日は、宮中では、その年に収穫された初穂を天照大神に捧げて感謝する神嘗祭(かんなめさい)の日であり、靖国神社では、秋の例大祭の初日に当たる日です。

 

 本来ならば天皇陛下神嘗祭を取り仕切るはずであり、これが中止されて、民間人の葬儀が行われ、これに皇族が参列する、なんて通常ではありえない話です。

  

4.勲章の並べ方

 決定的だったのは、勲章の並べ方です。

 

 国葬においては、葬儀対象者が受賞した勲章が遺影の下に並べられます。そもそも勲章をもらっていなければ、国葬の対象になりません。

 

 最初に掲載した葬儀の写真で、中曽根元総理の遺影の下を見てください。

 

f:id:shunsasahara:20201204134633j:plain

 

 勲章が並んでいます。まずはこの勲章の数に驚きますね。確かに中曽根元総理大勲位を受賞していますが、これはいくらなんでも多すぎます。

 

 しかも、パネルが3つに分かれていますね。通常は遺影の下に一直線に勲章が並べられるだけなのに、なんでこんな表示の仕方にしたのでしょうか。

 

 いろいろ考えて、勲章の種類を調べていくうちに・・・すべての謎が解けました。

 

 

いったい誰の葬儀だったのか

 まずこの3つのパネルですが、これはこの葬儀が、実は3人(4人?)の人物の合同葬儀であることを意味します。

 

 左右のパネルの勲章は特に多い。民間人ではこんな数の勲章をもらうことはできません。もらえるのは・・・皇族だけです。

 

皇族は外交儀礼のために、自国の最高位の勲章と、外交を樹立した国の最高位の勲章を無条件で授章しあいます。

 

 たとえばイギリスのエリザベス女王が来日したときは、エリザベス女王が日本の勲章を、天皇陛下がイギリスの勲章を身に着け、たがいに敬意を示すわけです。

 

 首飾り型の勲章は、大勲位菊花大綬章で、これは原則として、一人につき一個しか送られません。

 

 右のパネルの勲章を拡大してみてみましょう。

f:id:shunsasahara:20201204135751j:plain

f:id:shunsasahara:20201204140058j:plain

 

 首飾り型の菊花大綬章をはじめ、勲章の形と数が大体一致していますね。

 

 次に左のパネルを見てみましょう。右から2つ目は男性用、一番右は女性用で、一昔前のデザインの菊花大綬章です。

 

f:id:shunsasahara:20201204140547j:plain

 

f:id:shunsasahara:20201204141024j:plain

 

 2人の写真の勲章の合計で、色も形もぴったりですね。

 

3人目は誰?

 では中央のパネルの勲章の対象者は誰でしょうか。

f:id:shunsasahara:20201204142059j:plain
 

 

  2つあるようですが、これはセットで一つです。右が大勲位菊花大綬章そのもの、左は菊花大綬章頸飾で、大勲位を受賞すると2つセットでもらえます。

 

 この勲章の数は、対象者が皇族ではなく、民間人であることを示しています。

 

 真ん中の書状には、中曽根康弘に2019年12月27日に授与されたと書いてあります。

 

 しかし、中曽根氏は以前にすでに一度、大勲位を受賞しています。

 


 

 引用記事がスポーツ新聞で恐縮ですが、11月以降、中曽根氏の以前の大勲位授章のネット上の記事がすべて削除され、これしか残っていませんでした。

 

 大勲位菊花大綬章は、民間人の場合は通常死後に授与されます。吉田茂元首相や佐藤栄作元首相が死後に授章しています。

 

 しかし中曽根康弘氏は例外的に生前に授与され、「大勲位殿」と呼ばれていたのです。

 

 では2019年の受賞は、なんだったのでしょうか。大勲位菊花大綬章は原則として一人につき一回だけです。

 

 中曽根氏は例外的に2回受賞したのでしょうか。それよりも、2019年は他の人物に対して贈られたものを、カモフラージュしたのではないでしょうか。そこで、私は9月に起きたある事件を思い出しました。

 

f:id:shunsasahara:20201204143647j:plain

 

 

 2020年9月13日、TBS系の「ひるおび」に出演した、桜田運輸大臣が、安倍元総理のことを聞かれたときに、

 

 あの方、突然亡くなられ・・・あっ、お辞めになられたんで・・・

 

 と口走ってしまいました。桜田元大臣は口が軽いので有名で、これまでも数々の失言を行い、真実をばらしてしまっています。

 

 彼は「安倍首相は死んだ」ということをすでに知っていて、思わず口走ってしまわれたのでしょう。

 

 これですべてはつながりました。2019年に贈られた大勲位菊花大綬章は安倍晋三首相に送られたものです。

 

 中曽根元首相の葬儀における中央パネルの勲章は、安倍晋三元首相のものだったわけです。

 

中曽根元首相葬儀の真実

 というわけで、2020年10月17日に行われた国葬は、中曽根元首相の葬儀の名のもとに、上皇夫妻、今上天皇(すでに亡くなられているので令和天皇と呼ぶべきでしょうか)、および、安倍晋三元首相の合同葬儀が行われたのです。

 

 つまりこの4人は、ディープステートの幹部として、すでに逮捕され、処刑済みであり、日本政府はそのことを知ってはいるが、公にできないために、元総理の国葬というカモフラージュをかけて、葬儀を行ったということです。

 

こういうことであるならば、天皇陛下国葬なのですから、葬儀参加の布告や、儀仗兵の参列は当然であり、宮中行事よりも優先され、皇族も参列するのが当然です。

 

 この10月17日に行われた、上皇夫妻および天皇陛下、安倍元総理の国葬をもって、日本のディープステートの幹部たちの殲滅は、終了したとみてよいと思います。

 

 

30「白ウサギを追え!」16 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! 東京地下大要塞の威容。オリハルコンの防壁は、すべての攻撃をはね返す!!

 

 

2020-12-08

 

どこにあるの?

 2020年8月から東京地下要塞の攻略作戦が始まったことは、このブログでも何度もお伝えしました。いろんな方にお話しする中で、最も多かった質問は、「そもそもそんなもんどこにあるの?」というものでした。

 

 東京の地下は地下道や地下鉄が縦横無尽に走っており、とてもそんなスペースなんてないだろ、ということのようです。

 

 でもよく注意して見てみてください。地下鉄を乗り継ぐときに、「なんでこんな遠回りするの?」と思ったことはありませんか。

 

 なんで遠回りするのでしょうか?それは、東京地下要塞をよけて迂回しているからです。例えばこの地図を見てください。

 

f:id:shunsasahara:20201206191908j:plain

 地下鉄国会議事堂前駅の地下です。丸ノ内線南北線が地下2,3階にあるのに、千代田線はなぜか地下6階の深さにあります。

 

 その千代田線のホームの上部に、不自然な空間がありますね。この構造なら南北線丸ノ内線は高さも一緒なので直接つないでしまえば楽なのに、なんで一度地下6階に降りてから千代田線ホームを通ってまた同じ高さまで登らなければならないのでしょうか?

 

 しかも地下5階は踊り場があるのに、何の通路もありませんね。

 

 実は千代田線ホームの上の空間、地下2階から5階の部分には、金属防壁で囲まれた要塞があります。メトロの職員も、ここには立ち入ってはいけないことになっているようです。

 

 これを突き抜けて通路をつなぐことができないので、こんな不便な乗り換えをしなければいけなくなっているわけです。

 

 どんどん行きましょう。

 

 

f:id:shunsasahara:20201206194052j:plain

東京駅構内図

 これは東京駅です。地上にずらっとホームが並んでいます。地下には丸ノ内線総武線のホームがありますが、なぜか地下5階ですね。なんで地上と地下5階しかないんでしょうか?地下ホームもっと浅く作ればいいのに・・・。

 

 もちろん地下のこの部分に東京地下要塞があるからです。階段も要塞をよけるように端っこにありますね。

 

 ここは皇居の地下と一続きになっている、地下要塞の心臓部です。

 

 ひとつづつ検証しているときりがないので一気に行きます。

 

 

f:id:shunsasahara:20201206194730j:plain

永田町駅構内図

 半蔵門線の上に怪しい空間がありますね。判で押したようにホームはなぜか地下6階です。

 

f:id:shunsasahara:20201206195040j:plain

渋谷駅構内図

 右下隅を要塞がかすめています。ここからセンター街あたりまでが地下要塞本体の端っこです。

 

 みな断面図になっていますが、紙を縦にして地図上に並べてみると、一続きの長細い空間が山手線を横断しているのがわかります。

 

 

東京地下大要塞の威容

 

f:id:shunsasahara:20201206202652j:plain

東京地下要塞概略図

 東京地下要塞の概略を図にしてみました。絵がへたくそですいません。

 

 真ん中にある渋谷から皇居地下を通って秋葉原までの細長い丸が要塞の本体です。

 

 西の端の渋谷の地下には、以前ご紹介した、防壁に囲まれた原発があります。これが地下要塞の電源を賄っています。東京がすべて停電になっても、地下要塞が停電することはないのがみそです。

 

 新宿・池袋の地下にも小規模な要塞があり迷路のような地下通路で本体と互いに接続しています。

 

 池袋からは地下通路が関越自動車道の下を通る形で軽井沢まで伸び、ビル・ゲイツの別荘と接続しています。

 

 新宿からは中央線沿いに地下通路が伸び、高尾山の地下にある要塞に接続しています。

 

 東京駅の南から有楽町・銀座を経由し、東海道線の地下トンネルを通って、横浜の地下要塞に接続しています。

 

 東京港の地下部分には潜水艦の出入り口があり、ここから潜水艦で地下要塞に必要な物資を搬入し、子供たちを出荷しています。

 

 秋葉原から常磐線沿いに地下通路が伸び、筑波研究学園都市の地下要塞と接続しています。

 

 この通路は途中で分岐し、福島第一原発跡地の地下まで通じています。

 

 福島第一原発地下には、石原慎太郎と知事時代に建設した、第2東京地下要塞というべき大要塞があります。

 

 別の記事で改めてご紹介させていただきますが、311 東日本大震災は人工地震であり、その後に起こった福島第一原子力発電所事故は、フェイク事故です。

 

 実際には放射能漏れは起きていません。

 

 フェイク事故の目的は、この地域から住民をすべて退避させ、その跡地に広大な地下要塞を建設することです。

 

 東京地下要塞が手狭になってきたので、同様の機能を持つ、独立電源、独立補給の第2要塞をここに作ろうとしたというわけです。

 

富士フィルム作戦開始!! 

 東京地下用再攻略作戦は、アメリカ軍と自衛隊の特殊部隊による連合軍で行われました。

 

 この2つの部隊は、5月下旬から、富士山のふもとの富士演習場で合同演習を重ね、突入に備えていました。

 

 今年は例年公開されている富士火力演習も中止となり、そこを使っての演習です。

 

 またこの演習は、ディープステートが目論んでいた、富士山人口噴火を阻止する役目も担っていました。

 

 作戦名は、日本においてアドレノクロムの製造・販売を担っている富士フィルムの名をとって、「富士フィルム作戦」とされました。

 

 まずは8月12・13日、東京上空にアメリカ宇宙軍所属の TR-3B が飛来し、電磁パルス攻撃が行われました。

 

f:id:shunsasahara:20201125142612j:plain

 すでに何度もご紹介している地球製のUFO ですね。

 

 この攻撃によって、8月12日には8000発、13日には7000発の落雷が東京を襲い、およそ7000件が停電しました。

 

 特殊部隊の突入は8月14日から行われました。

 

 電磁パルス攻撃は地下基地に向かって強力な電磁波を直接打ち込む攻撃です。これによって、基地内の電子機器は、すべて使えなくなり、電源も落ちて停電状態になります。

 

 要塞の防衛システムがダウンしているところに暗視ゴーグルをつけた特殊部隊が突入し、少人数で制圧し、子供たちを救助するという寸法です。

 

 特殊部隊はこの作戦でこれまでのすべての戦いを勝ち抜いてきました。

 

 しかしこのときはちょっと勝手が違っていました。

 

東京地下大要塞の恐るべき防御力

  東京地下要塞は全体が金属製の内壁に覆われ、その上にコンクリートの外壁があります。金属は電場を遮断します。金属の覆いの中に、電磁波は入れません。つまり電磁パルス攻撃はこの要塞には効かないということです。

 

  では電源は、ということですが、この要塞のためだけに作られている渋谷原発は、金属製の内壁の中にあります。こちらの電磁パルス攻撃の影響を受けません。

 

 東京全体が停電したとしても、地下要塞は稼働し続けるんですね。

 

 結局TR-3B アストラの電磁パルス攻撃を受けても、東京地下要塞はまさかの

 

 ノーダメージ だったということです。

 

 これを知らずにいつものように突入しようとした特殊部隊は、いきなり要塞からの防衛射撃を受けて驚きました。この初動で多数の死傷者が出てしまいます。

 

 地下道を通って移動し、終結を図ったのですが、地下道そのものが立体迷路のように入り組んでおり、ところどころにある防衛システムが健在のため、またまた多くの死傷者が出ます。

 

何とか合流し、防衛システムのない途中の防壁を破壊して侵入しようということで、防壁に爆薬が仕掛けられました。

 

 コンクリートの外壁が破壊され、金属の内壁がむき出しとなります。

 

 それは銀緑色に光り輝く、見たこともない金属でした。

 

 この金属の内壁が異様に硬い。爆弾でもドリルでもダイヤモンドカッターでも、傷一つつけることはできません。

 

 ヘルファイアの3000度の炎で溶かそうとしましたが・・・溶けません。

 

 ちょっとまって、そんな硬度で3000度でも解けない金属なんて、地球上に存在したっけ?いくらなんでもそれはないだろ、これはいったい何なんだ。

 

 ということで、アメリカの裏テクノロジーを総動員し、善良な宇宙人の手も借りて、内壁の金属の成分分析が行われます。その結果は、攻撃部隊全員を驚愕させるに十分なものでした。

 

 そう、これこそが、アトランティス文明時代に使用されていたといわれる伝説の金属

 

  オリハルコン

 

 だったのです。

 

 オリハルコンの製法は、アトランティスの沈没とともに失われたと考えられていましたが、実は日本に伝わり、ヒヒイロカネの名で、古来から使われ続けていました。

 

 天皇家とその周辺にヒヒイロカネの製法が受け継がれており、ここに使われていたということです。

 

 そんなスーパーテクノロジー持ってるなら、もっと有益なところに使ってほしいものですが・・・。

 

 その後も防壁への攻撃が試みられ、戦術核(携帯用の小型核爆弾)も使用されたようですが、オリハルコンの防壁を破壊することはできませんでした。

 

 東京地下要塞はもともと全面核戦争を想定したシェルターとして作られており、大規模核兵器によって、東京の街そのものが消滅しても、内部の人は普段と変わらぬ生活ができるように設計されています。

 

 小型の核兵器ごときで何とかなる代物ではなかったわけです。

 

東京湾海戦

 防壁の破壊をあきらめた、アメリカ+自衛隊の連合軍は、作戦を兵糧攻めに切り替えます。

 

 地上への出口を封鎖し、補給に使われている潜水艦を撃沈すれば、地下要塞の補給は断たれ、食糧不足で餓死者が出始めれば降伏するだろうという寸法です。

 

 地上に部隊が配置され、東京湾の湾内にアメリカの潜水艦部隊が集結します。

 

 しかし、作戦の司令官は、要塞地下水路から出てきた、銀緑色に輝く敵潜水艦を見たとたん、作戦の失敗を悟りました。

 

敵潜水艦はオリハルコンでできていました。攻撃はされましたが、何発魚雷が命中しても、かすり傷一つつけることはできません。

 

潜水艦はふつう、魚雷が一発でも命中すれば撃沈となるので、敵に見つからないよう隠れたり、魚雷を回避したりしながら戦うものです。命中しても無傷という事態は、もちろん想定されていませんでした。

 

 敵潜水艦が攻撃態勢に入った時、アメリカ潜水艦は敗北を悟り、囲みを解きました。

 

 それはそうです。敵は何発当たっても無傷なのに、こっちは一発当たれば撃沈では勝負になりません。

 

 敵潜水艦は悠々と囲みをすり抜け、補給を行って、また悠々と物資を基地内に搬入していきます。

 

 これで兵糧攻めの望みも絶たれました。敵がいくらでも外部から物資を補給できるのならば、無限に戦えるということになるからです。

 

部隊の撤退

 万策尽きた連合軍は、8月30日、一度部隊を引き上げ、作戦を練り直すことになりました。

 

 再び富士演習場で、アメリカ軍と自衛隊の合同演習が行われます。

 

 かくして、東京地下要塞第1次攻撃は失敗に終わりました。

 

 これはトランプ軍にとって、白ウサギ作戦始まって以来初めての、そしておそらく最後の、敗戦となったのでした。

 

31「白ウサギを追え!」17 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!?

 

2020-12-12

 

作戦の全面的変更

 東京地下要塞攻略に際して、第1次作戦の失敗を踏まえ、根本的な作戦の練り直しが行われました。

 

 第2次侵攻作戦は、前回とは全く異なる発想のもとに、作戦が立案されました。

 

 まぁ、ようするに、いきなり東京地下要塞本体を攻撃しようとしたのが間違いのもとだったわけです。もう一度、東京地下要塞の地図をご覧ください。

 

 

f:id:shunsasahara:20201206202652j:plain

東京地下要塞概略図

 確かに東京地下要塞本体は鉄壁の(オリハルコン壁の?)守備を誇っていますが、その周辺にある高尾や横浜の地下要塞は通常通りの防壁です。

 

 そしてこれらの要塞はすべて地下道で東京地下要塞につながっています。

 

 つまり先に周辺の要塞を落とし、地下道を伝って、内部から東京地下要塞に突入すればいいわけです。

 

 福島の第二要塞は、東京と同じくオリハルコン防壁を備えていますので、直接攻撃は無理です。しかし東京を落とした後ならば、やはり地下道を通って、内部から突入、破壊が可能なわけです。

 

第2次侵攻作戦開始!

 東京地下要塞、第2次侵攻作戦は、2020年9月9日に始まりました。

 

 いつものように、攻撃対象上空にアメリカ軍電子戦機が集結し、電磁パルス攻撃が行われます。それに伴い、多数の落雷が発生し、停電が起こります。

 

f:id:shunsasahara:20201210151248j:plain

 

 攻撃が、正確に東京都心を外し、周辺地域、特に東京の西側と南側に集中しているのがわかりますね。都心に攻撃しても意味ないということでしょう。

 

 攻撃部隊の突入は、翌9月10日に行われました。対象は横浜、高尾の各要塞と、相模原にあった、要塞とは言えない小規模な地下基地、および軽井沢につながる地下道です。

 

 これは横浜基地攻略時のフライトレーダーの画像です。

 

f:id:shunsasahara:20201210153154j:plain

 

 8月には東京都心上空を飛び回っていたヘリや航空機が、東京には目もくれず、横浜上空に集結しているのがわかります。

 

地下道の激戦

 東京周辺の基地はあっさり陥落し、子供たちは救出され、関越地下道の侵入にも成功したのですが・・・本当に大変なのはこれからでした。

 

 東京地下要塞につながる地下道は、数100メートルおきに隔壁で仕切られ、隔壁に取り付けられた兵器による銃撃と、戦闘員による銃撃があります。

 

これまで無抵抗の基地に突入することを繰り返していた攻撃部隊は、ここで始めて本格的な戦闘を行うことになりました。

 

 これに勝利し、制圧したとしても、行く手には分厚い鋼鉄の隔壁が立ちはだかります。

 

 しかも爆弾でこれを爆破することはできません。それをやったら地下道後と崩れてしまい、せっかく確保した東京地下要塞への経路が閉ざされてしまいます。

 

 一枚一枚、ヘルファイアーで溶かし、さめるのを待って、隔壁の向こうからの敵戦闘員の射撃をかいくぐり、先に進まなければなりません。

 

 しかも戦闘しながらですので、移動は全部徒歩です。

 

 まぁ、時間がかかることかかること。

 

 地下道をひと区画ごとに制圧しながら、東京23区内に到達したのは、実に一か月が経過した、10月10日前後のことでした。

 

 攻撃隊はそこから都心の地下要塞に向けてゆっくり静かに、歩を進めていきます。

 

 この間は、2020年始まって以来、首都圏においてまったく地震が発生しない1か月となりました。

 

東京地下要塞の最期

 そして10月20日、ついに攻撃部隊は東京地下要塞につながる扉を突破します。オリハルコンの外壁を大きく迂回して、内側から要塞内部の侵入に成功したわけです。

 

 要塞内部において、1週間余りの激闘が行われ、ついに10月28日、要塞の制圧に成功します。10月28日、午後3時58分、東京地下要塞は爆破され、内部から崩壊しました。

 

 

f:id:shunsasahara:20201210141120j:plain

2020年10月28日15時58分M4.4

 この爆破によって、マグニチュード4.4 の人工地震が発生しています。震度が3に抑えられたのは、オリハルコン防壁によって、爆破の威力が減殺されたものと思われます。

 

 気象庁の発表では千葉県北西部が震源となっていますが、震度の分布をみれば、皇居の真下が震源であることはわかると思います。

 

波形と震源、深さの分析によって、ネット上で人工地震が判定され、流布されるようになったので、7月29日の人工地震空振り事件以降、気象庁は、震源及び深さをずらして発表するようになっています。

 

福島第二要塞へ

 攻撃隊はそのまま地下道を通って北上し、福島第一原発地下に建設された東京第二地下要塞に向かいます。

 

 こちらの地下道も前と同じく隔壁で分割され、守備隊が布陣していました。防御兵器はレーザー砲になっていたそうです。

 

 こちらも戦闘しながら徒歩で移動し、隔壁を溶かしながらの前進ですので、遅々として進みません。

 

 それに加えて、単純に距離が長い。東京福島間は新幹線ならあっという間ですが、徒歩で行くのはとてもとても大変です。

 

 何とか2週間余りで、地下道を踏破し、第二要塞侵入に成功します。

 

 ここでも一週間余りの激闘が行われ、11月22日午後7時05分、ついに東京第二要塞は爆破されました。

 

 この時の爆破は、地下に大規模核兵器を設置して派手に行われました。半径15km以内の住民は原発事故の時点で、すでに全員避難し、誰もいませんので、これができたわけです。

 

 

f:id:shunsasahara:20201210141558j:plain

2020年11月22日19時05分M5.7

 この時の爆破によって、M5.7 最大震度5弱地震が発生し、爆破の衝撃は青森県にまで到達しました。東京もかなり揺れましたね。

 

 オリハルコンの防壁も、これならさすがに破壊できたと思われます。

 

 気象庁震源茨城県沖として、少しずらして発表していますね。

 

ドラコニアンの脱出

 ところで、第1次侵攻作戦の時に登場した、オリハルコン製の潜水艦はどうなったのでしょうか。

 

 攻撃隊が東京地下要塞に突入した時、すでに潜水艦は姿を消していました。どうやら要塞にいたディープステートのトップたちは、あの潜水艦に乗って、脱出してしまったようです。

 

 ここでいうディープステートのトップというのは、天皇家の人々のことではありません。

 

 各国のディープステートは、人間たちのメンバーの上に、真のトップである異星人が控えています。

 

 欧米においては、彼らは、レプティリアンとよばれる、トカゲ型の異星人です。

 

 しかし日本や中国においては、ちょっと種族が異なっています。

 

 日本や中国のディープステートのトップに君臨しているのは、ドラコニアンと呼ばれる、龍型の異星人です。

 

 彼らは東京地下要塞にいたのですが、要塞陥落時には姿を消していました。

 

 どうやらドラコニアンたちは、潜水艦で脱出して、紀伊半島方面に向かったようです。

 

上空における戦い

 ドラコニアンたちは、紀伊半島の熊野にある地下水道に潜水艦で侵入し、そこから地下道を通って、高野山の地下5000メートルにある宇宙基地に到達しました。

 

 ここは彼らが日本に来た時に最初に作られた基地で、ドラコニアンたちが地球に来た時に乗っていた母船があります。

 

ドラコニアンたちは、もはやこれまで、ということで、11月29日、宇宙船に乗って、地球を脱出しようとしたわけです。

 

 大地の奥から、巨大な葉巻型の母船が、姿を現し、ゆっくりと上昇していきます。

 

 しかし上空には、銀河連盟の宇宙艦隊が待ち構えていました。

 

 ドラコニアンの母船に対しては、地球の武器では太刀打ちできないので、あらかじめ善良な宇宙人たちに、掃討を依頼していたわけです。

 

 日本上空において、宇宙船同士の艦隊決戦がおこなわれ、ドラコニアンの母船は撃墜されました。

 

 母船は夜空を明るく照らしながら燃え、ゆっくりと落下していきます。

 

 

f:id:shunsasahara:20201210144839j:plain

 

この時の光は、関西地方の広域で目撃され、火球として報道されました。

 

 最後に母船は空中で爆発し、夜空を明るく照らします。

 

 日本を長年支配していたドラコニアンの断末魔の光は、マイナス6等星、満月と同程度の明るさだったということです。

 

ディープステート掃討作戦終了

 翌11月30日は、関東地方全域にヘリや航空機が飛び交い、子供たちの救助や、生き残ったディープステートたちの護送が行われました。

 

 12月1日には、あれだけ飛び交っていた航空機が、関東地方の上空から一機もいなくなります。

 

 これは作戦の終了を意味します。

 

 8月12日のTR-3B の東京上空電磁パルス攻撃(空振り)から実に3か月以上にわたる死闘の末、ディープステート最後の牙城、東京地下大要塞は陥落しました。

 

 終わってみれば予定通り、11月末日をもって、日本におけるディープステート殲滅作戦は、終了を迎えることとなったのです。

 

 

32 「白ウサギを追え!」18 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! なんで処刑されたのにテレビに出てるの? クローン人間、ゴム人間、ダブルが跋扈する世界!?

 

2020-12-16

 

なんであの人は?

 ディープステート大量逮捕の話を周りの人たちにすると、必ず聞かれるのが、

「あの人、処刑されたって言ってるけど、テレビ出てるじゃん」

ということです。

 

 これには様々な理由があります。今日はそのうちの主なものをご紹介していきたいと思います。

 

1.クローン人間

 ディープステートの幹部メンバーは、ほとんどの場合、自身のDNA を用いて作られたクローン人間を1体以上所有しています。

 

 地下にあるディープステートの基地には、悪魔礼拝施設、子供たちの監禁施設、アドレノクロムの精製施設とともに、クローン人間の製造工場があることが多いです。

 

 表の世界でも、クローン羊などがすでにできていますので、裏の世界では当然、クローン人間を量産していることは予想できますよね。

 

 これによって、ディープステートは、自分たちの行動範囲を大きく広げることができるというわけです。

 

 クローン人間なんて、完全に同じDNA なんだから、見分けられるわけないじゃん、って、そんなことはありません。

 

左目のカメラ

 例えば下の写真をご覧ください。

 

f:id:shunsasahara:20201213173533j:plain

 

 左目のまぶたが厚ぼったくなっていますね。

 

 クローン人間は、見た目はオリジナルと全く同じであっても、やはり固有の意識があります。

 

 オリジナルの意志に反して、勝手なことをやってもらっては困るわけです。

 

 ディープステートたちは、クローン人間を監視するため、彼らが生まれた直後に、左目を摘出し、替わりに監視カメラを埋め込みます。

 

 この監視カメラを通じて、オリジナルはクローンの行動を監視しているのです。

 

 逆に言うと、左目がカメラになっているという特徴を用いて、オリジナルとクローンを見分けることができるわけです。

 

 

f:id:shunsasahara:20201213175805j:plain

 

 横から見ると、左目のまぶたが持ち上がっており、左の眼球との間に影ができているのがわかります。

 

 まぶたと眼球が離れている人間なんて存在しません。

 

 これはカメラの構造上、まぶたとの間に隙間が必要であるために起きる現象で、これを見ることによって、左目に仕込まれた監視カメラを確認できます。

 

 この人物は、クローン人間だということです。

 

漢字が読めない

 もう一つオリジナルとクローンの大きな違いは、頭の中身です。

 

 オリジナルは幼少時代から厳しい教育を受け、知性を磨いていることが多いですが、クローンは促成栽培のため、教育時間が足りず、頭の中身が全然ついていっていません。

 

 難しい討論はできないので、簡単なあいさつ程度の会話となり、演説の時は原稿を読み上げるだけです。

 

f:id:shunsasahara:20201213173744j:plain

 

 その原稿も、難しい漢字は読めないので使われず、字は大きく、ルビを振ってある場合もあります。

 

 さらに上の写真のように、オリジナルなら絶対やらない、考えられないミスをやらかします。

 

 このクローンは、自分が読むべき原稿を裏返しにしてしまい、記者団に内容をさらしてしまっていますね。

 

 クローンは幹部以上のディープステートなら必ず持っています。もしもオリジナルが処刑されてしまっても、しばらくの間、クローンが代役を務めることができるわけです。

 

2.ゴムマスク

 もう一つ、下っ端のディープステート、特に芸能人に多く用いられているのは、変装用のゴムマスクです。

 

 現代のゴムマスクは精巧にできており、顔の筋肉の動きに応じて表情を変化させることもでき、ちょっと見ただけでは見分けがつきません。 

 

 

f:id:shunsasahara:20201213174910j:plain

 

耳の穴がない!

 しかしこのゴムマスクには、重大な欠点が一つあり、知っていれば一発で見分けがつきます。

 

 クローンとは異なり、目ではなく、耳にご注目ください。上の画像の耳を拡大してみましょう。

 

f:id:shunsasahara:20201213175117j:plain

 なんと、耳の穴がありません。

 

 これはゴムマスク製造工程上の都合によるもので、耳に穴をあけるとそこからゴムが破れてしまうため、必ずこうなっているのです。

 

 これを知っていると、一発で見分けがつきます。そのほかにも見分けるポイントがあります。

 

首の付け根

 見るべき場所は首の付け根です。

 

f:id:shunsasahara:20201213175301j:plain

 

f:id:shunsasahara:20201213180243j:plain

 

 ゴムマスクは、首から上が作られ、首の付け根で肌に接続します。

 

 首の部分に不自然なしわがあったり、首の付け根を境に肌の色が変わっていたりした場合は、ゴムマスクを使用していると考えていいでしょう。

 

3.ダブル(影武者)

 最後は古代から存在している影武者、すなわちダブルです。

 

 各国の王族や貴族は、古来、暗殺にそなえ、自らの行動範囲を広げるために、 複数の影武者を用意し、それを運用しています。

 

 日本の皇族の例を見てみましょう。

 

f:id:shunsasahara:20201213175514j:plain

  

 上の人物は、一番左がオリジナルで、あとの二人はダブルです。顔は何となく雰囲気が似ていますが、手を見ると、全く別人であることがわかると思います。

 

 ここでは2人だけ紹介しましたが、皇族は男性は平均6~7人、女性は2~3人のダブルを持っており、ほとんどは宮内庁の職員ですが、俳優や民間人の場合もあります。

 

 宮内庁には、影武者の採用枠があり、採用者を整形して、身振りや話し方を訓練する部署もあります。

 

 現代では画像や動画がネット上に出回り、分析技術も進化していますので、身長が違う、耳の形が違う、耳と目の位置関係が違う、手が違う、などですぐにばれてしまいます。

 

 皇族の影武者分析サイトもたくさんありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

特殊な場合

 こんな感じで、本人が処刑されてしまった後でも、元からいた影武者が代行を務めたり、クローン人間が本人の代わりを務めたり、別人がゴムマスクをかぶって代行したり、という形で、テレビに出続けるという事態が頻発しています。

 

 皇族はダブル、政治家はクローンかゴムマスク、芸能人はゴムマスクのパターンが多いようです。

 

 しかし以上述べたポイントに気を付けて、よく見ると、わかりますので、だまされないようにしてください。

 

中の人が本人?

 この3つのうち、クローンとダブルはオリジナルとは別人であることが確実です。

 

 しかしゴムマスクの場合は、特に芸能人に関しては、別人でないパターンがあります。すなわち、

 

「本人が、自分自身の顔のゴムマスクをかぶって、テレビに出ている」

 

というパターンです。

 

 芸能人の場合、歌やトークの才能は稀有なもので、別人で代用することはできません。別人がゴムマスクをかぶっても、歌ったりしゃべったりするとすぐばれてしまいます。

 

 しかし本人は、アドレノクロム常用者なので、アドレノクロムの供給が止まった現在では、禁断症状が出て、目の下から顔が腐食し、年齢的にも一気に老化が進み、とても人前には出れない顔になってしまっています。

 

そこでゴムマスクです。顔が崩れてしまった本人が、かつての自分の顔のゴムマスクをかぶり、歌ったりトークを繰り広げたりするわけです。

 

 こうすれば、顔の崩れを隠しながら、かつてと同じように芸能活動を続けることができるというわけです。

 

 歌番組や、バラエティー番組をじっくり観察してみましょう。

 

 現在では実に7割から8割の芸能人が、本人がゴムマスクをかぶったゴム人間と化しているのがわかります。

 

 私はアドレノクロム切れで顔が崩壊した芸能界は、早々に崩壊するだろうと考えていましたが、こんな方法で粘ってくるとは予想できませんでした。

 

 現在では、腐食が胴体や手足に及んだ、グール状態の芸能人が、全身ゴムの着ぐるみの中に入って、活動しているケースすらあるそうです。

 

クローン人間、ゴム人間、影武者が大活躍中の、テレビはまさに、魑魅魍魎が跋扈する世界になってしまっていますね。

 

 

 

※おしらせ:当方、繁忙期に突入のため、現在12月中旬から、来年2月までの間、当ブログの更新は極端に少なくなります。どうもすいません。

 

 

33「白ウサギを追え!」19 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! 中国共産党に潜む深い闇。一人っ子政策の真の目的とは!?

 

 

2020-12-24

 

中国共産党の闇

 世界中でディープステートの討伐作戦が進んでいますが、ここにきてまだ全く手つかずに残っている国が一国だけあります。

 

 もちろん、中華人民共和国です。

 

 他の国では、政府と軍と経済界が存在し、その一部にディープステートが入り込み、これを乗っ取って、自分たちの都合のいいように操作していました。

 

 政府や軍の中にも、ディープステート、ホワイトハット、その他の何も知らない人たちが共存していたので、その国のホワイトハットたちと連絡を取り、連携しながら、ディープステート掃討作戦を進めることができました。

 

 それに対して中華人民共和国を「所有」している中国共産党は、ディープステートとその手下しかいません。

 

 人民解放軍は、中華人民共和国の軍隊ではなく、中国共産党が所有する私兵です。全面的にディープステートのために動きます。

 

 そのため、政府や軍内部のホワイトハットと連携することができず、というかそもそも政府や軍内部にホワイトハットが存在せず、討伐作戦が事実上実行できない状態にあるわけです。

 

中国における児童人身売買、アドレノクロムの製造・販売は、中国共産党による国営事業となっていって、他国と比べとても大規模に行われています。

 

 しかもこれは今に始まったことではありません。

 

 共産党による国営事業としての児童人身売買は、実に1970年代末までさかのぼるのです。

 

文化大革命の終焉と鄧小平の実権掌握

 1958年から実施された、毛沢東大躍進政策は、見事な失敗に終わり、農村を中心に4500万人以上の餓死者を出しました。

 

 さらに、1966年から始まった文化大革命によって、中国国内には粛清の嵐が吹き荒れました。

 

 高等学校の生徒を中心とする紅衛兵が、反革命の名のもとに、毛沢東の政敵や、都市のインテリ階級をかたっぱしから殺害し、これによって中国経済は大打撃を受けます。

 

 1976年の毛沢東の死去と、その後の四人組の逮捕によって、やっとこの動乱は終わりを迎えます。

 

 毛沢東亡き後、中国共産党中央軍事委員会主席として、中国の実権を握ったのは、鄧小平でした。

 

 

f:id:shunsasahara:20201223130756j:plain

鄧小平

一人っ子政策の導入

 

 鄧小平は1978年12月に実権を掌握すると、すぐさま、改革開放経済を謳い、共産主義国家である中華人民共和国に、資本主義経済を導入しました。

 

 翌年、1979年になると、鄧小平は「計画育成政策」、いわゆる一人っ子政策を実施します。

 

 これは一組の夫婦につき、出産・育成できる子供は一人に限る、という政策です。

 

 あれ?なんでこのタイミングで、と思いませんでしたか。

 

 つい3年前まで、中国国内で文化大革命の嵐が吹き荒れ、粛清に次ぐ粛清で、人口が減少していましたね。

 

 文化大革命が終わり、国内に平和が戻り、これから経済発展だ、というタイミングで産児制限をするのは、なんかおかしいですね。

 

 普通だったら、産めよ増やせよで出産を奨励し、一刻も早い国力の回復を目指すのが筋でしょう。

 

 共産党の公式発表では、中国は人口増加が加速し、このままでは生産が追い付かなくなるため、人口抑制を意図して、一人っ子政策を行うということになっています。

 

 統計上は1960年の人口増加率が-4.57%になったのを最後に、中国の人口は増加に転じ、1970年には、25.83%の増加率になっています。

 

 しかし内戦状態の国でほんとにこんな人口増加率になるものでしょうか。

 

 中国共産党の発表する統計は、まったくあてにならないのはご存じだと思います。この統計も、一人っ子政策を正当化するために、後から作られた数字のような気がします。

 

一人っ子政策の真の目的

 実は一人っ子政策には、隠されたもう一つの目的があったのです。

 

 当時の中国のような、貧困者が多く、都市化も進んでいないような国で、産児制限をしたらどうなるでしょうか。

 

 おそらく産児制限したとしても、かまわず子供を産むでしょう。これは共産党も織り込み済みです。

 

 しかし、公式に認められる子供は一人だけなので、2人目以降の子供は、戸籍に登録されず、内密に育てられることもあるでしょう。

 

 それよりも可能性が高いのが、2人目以降の子供を親が売り飛ばしてしまうという事態です。

 

 これによって、当局の目を逃れることができ、さらに貧乏な家庭は生活の糧を得ることができます。

 

 子供はブローカーが買い取り、転売します。転売先は、外国のディープステートです。

 

 子供たちは、ディープステートに売り飛ばされ、悪魔儀式でいけにえにささげられ、児童性愛の対象にされて、アドレノクロムを抽出され、殺害されます。

 

 中国国内で子供を買い取るブローカーは、もちろん中国共産党直営もしくはその傘下です。

 

 つまり、鄧小平は、文化大革命の動乱で生産設備が崩壊し、輸出するものがない状況の中国で、国内最大の資源、すなわち人間を売り飛ばし、財を成す道を作り上げたわけです。

 

 一人っ子政策の実施により、中国共産党は、夫婦の間に生まれた、2人目以降の子供を合法的に売り飛ばし、大儲けすることができるようになったというわけです。

 

 儒教による「家」の思想の弊害

 一人っ子政策には、児童人身売買上のもう一つの利点が隠されていました。

 

 儒教では、家を重視する思想があります。代々家を受け継いでいくには、男の子が必要です。

 

 ここで一人っ子政策が実施されると、合法的に生むことができるただ一人の子供は、必然的に、家を受け継ぐべき男の子でなければならなくなります。

 

 最初の子供が女の子だった場合、生まれてすぐに売り飛ばし、男の子が生まれるまで子供を作り続けることになります。

 

こうして、中国共産党は、児童人身売買上もっとも高く売れる、「生まれたばかりの女の子」を中国全土から合法的にかき集め、外国に売り飛ばすことができるようになったわけです。

 

武漢ウィルス研究所の大改装

 鄧小平は、1978年、一人っ子政策の実施の直前に、武漢にあったウィルス研究所の大規模改築及び機能強化を行いました。

 

f:id:shunsasahara:20201223131112j:plain

武漢ウィルス研究所

 この研究所は1956年に、微生物研究所として設立されていましたが、この大改築で、大規模なウィルス学研究所として生まれ変わりました。

 

 というのは建前で、確かに研究設備も拡充されましたが、この改築の主な目的は、アドレノクロム精製施設の建設です。

 

 一人っ子政策の実施に向けて、中国中から買い集めた赤ちゃんの血液や体から、アドレノクロムを生成し、それを売って儲けようという企画です。

 

 日本で富士フィルムがやっていることを、この研究所はすでに50年前からやっていたというわけです。

 

 ちなみにこの研究所には、2010年から19年にかけて、ビル・ゲイツが足しげく通っていました。

 

 この時、彼によって、この研究所で、新型コロナウィルスが作成され、その後この研究所から、世界中にばらまかれたというわけです。

 

中国経済発展の秘密

 こうして一人っ子政策の実施によって、中国共産党は、国中の子供たちを合法的に売り飛ばし、また精製されたアドレノクロムを売りさばくことによって、莫大な富を手にすることができました。

 

 その富の一部を、市場に還元することによって、中国は経済成長を遂げることができたのです。

 

 当時の中国の持つ唯一の資産である「人間」を、効果的に活用したというわけです。

 

 また中国は90年代以降は、日本に文句をつけて金を出させる、大規模なたかり手法もマスターし、さらなる大発展を遂げることができました。

 

 現在においても、世界中で中国だけは、児童人身売買が横行しており、いまだにアドレノクロムの生産が行われています。

 

 これを止めない限り、地球上における児童人身売買を根絶することはできないのです。

 

共産党を倒すには

 その方法は、ひとつしかありません。中国共産党を倒す、ということです。

 

 しかしこれがなかなか難しい。中国ではハイテクによる人民の監視システムがすでに出来上がっており、インターネットも金盾で守られ、共産党の都合の悪い情報を閲覧することができません。

 

 他の国のように、国民を目覚めさせ、立ち上がらせることがとても難しいのです。

 

 結局何らかの形で、戦乱に持ち込むしか方法がないのが現状です。

 

 もちろん各国で連携して、中国に攻め込むという方法もあります。

 

 しかしこれはもはや、第3次世界大戦の勃発ということになります。どれだけの一般市民が犠牲になるかわかりません。

 

 それよりも望ましいのは、中国国内で人民の暴動や、人民解放軍の内乱が発生し、内戦状態を経て、王朝交代に向かうという、中国古来からある方法です。

 

 現在トランプ大統領は、大統領選挙の不正を暴き、アメリカ国民を目覚めさせようとしています。

 

 それと同時に、彼は、大統領選挙の不正が、主に中国共産党によって行われた外患であることを主張しています。

 

 おそらく選挙の終了と同時に、中国共産党に対して何らかの新たなアクションがあると思われます。

 

 それがどのようなものになるのか、現時点においてはまだわかりませんが、それが判明した暁には、改めて皆さんにご報告したいと思います。