鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

マッカーサーjr[ジュニア]さんのnote(ノート)ブログの記事を記載。《拾陸》

 

 

 

76 捨て駒のバイデンの憂鬱。そして、最後に勝利するのは我々誇り高き日本人である。

 

 2021/03/14 06:29

 

 

タン♪  タン♪  タン♪  タン♪  タン♪

画像1

はい、皆さん、こんにちは、張陽です(ू•ᴗ•ू❁)

 

画像2

いや、お待ちなさい、皆さん、こんにちは、そして、こんばんわ、及川幸久です(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

画像3

いやいや、待ちやがれい! どうも、コーヒーカップしげるです( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

画像4

とみせかけて、マッカーサーJrです!(笑)んちゃ💗\(´,,•ω•,,`)♡

 

前回に引き続き、今回も気になる世界の動きをまとめていきたいと思います(`・ω・´)ゞ (珍しく、最後の方はちょっと真面目になります(/ω\*))

 

ただ、毎度のごとく、敢えて余計なことは言わないつもりです。(. ❛ ᴗ ❛.)(言論弾圧を華麗に回避するという意味でも😉😉😉)

 

事実だけを確認し、これがいったい何を意味するのか?を皆様に考えていただきたいと思っています。(✿◠‿◠)

 

愚鈍な私よりも、賢明な皆様の方がより早く答えに気がつくこともあると思いますので、その際はコメントや目安箱などでドンドンご教示ください(ノ◕ヮ◕)ノ*:・゚✧ 

 

素直に学ばさせていただきますm(__)m

 

※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。
CCPは中共のことです。

画像5

さて、それでは、さっそくいってみましょう!!!! ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

まずは、やはり日本からいきますか = ̄ω ̄=

 

総務省外資規制の審査甘く 東北新社認定取り消しへ

一部紹介:

総務省は12日、放送事業会社「東北新社」の衛星放送事業の認定を一部取り消すと発表した

。2016年10月の申請時点で放送法外資規制に抵触していたことが分かったためだ。

事業者の申告をうのみにする甘い審査実態が露呈した。認定から4年がたっており、監督責任も問われる。

相次ぐ接待問題で傷ついた通信・放送行政の信頼回復は一段と遠のく。

 

さらに、

 

東北新社、衛星放送認定取り消しへ 申請時に外資規制違反

一部紹介:

武田良太総務相は12日の閣議後の記者会見で、放送事業会社「東北新社」が2017年1月に衛星放送の基幹放送事業者の認定を受けた時点で、放送法が定める外資規制に違反していたと明らかにした。

「重大な瑕疵(かし)があったと判断し、認定の取り消しに向けて必要な手続きを進める」と述べた。

東北新社放送法違反疑い「重大に受け止め」 総務省

放送法は外国法人などが議決権の20%以上の株式を持つ場合は、衛星放送などの基幹放送事業者として認定しないと定める。

東北新社は2016年10月にBSチャンネル「ザ・シネマ4K」の事業認定を申請した際、外資比率が20.75%だったにもかかわらず、20%未満として17年1月に認定を受けた。

東北新社は17年9月に子会社の東北新社メディアサービスへの事業引き継ぎを申請し、同年10月に総務省が認可した。

東北新社メディアサービスは現在、4つの衛星放送チャンネルを持っており、このうちザ・シネマ4Kの認定だけが取り消しとなる。

画像7

これまでも外資比率が違法レベルにまで達しているテレビ局は、
けして少なくはありませんでしたし、これまでは
実質的に「黙認」されていました。(●ˋᐞˊ●) 
外資比率が高いということは、DSあるいはCCPの傀儡であるということです。言いかえれば、プロパガンダ機関です。もちろん、重罪。)

 

しかし、ここにきて、こういった動きが加速するというのは、非常に意味深ですよね🥰🥰🥰

 

さてさて、これまで放送分野において好き勝手に暴れてきた彼らは、いったい、どんな最後を迎えるのでしょうか?🤭🤭🤭

画像8

ご愁傷様です♪💓 ٩(•౪•٩) 

 

 

横田飛行場にて米軍と自衛隊による史上最大の空挺部隊訓練

このタイミングで米軍と自衛隊が大規模な空挺部隊訓練を行っています🤭🤭🤭 これも、意味深です‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像9

訓練ならば、何を想定した訓練なのか?

 

あるいは、訓練というのは単なる名目で、実は裏の作戦を遂行しているのでは?

 

なんてことを考えてみるのも楽しいですよね! (*≧ω≦) ⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾
(日本の極悪人どもにも正義のメスが入りはじめたようで大変嬉しゅうございます(❤´艸`❤)

 

米軍諸君、及び自衛隊の皆様には、心から敬意を表します。

画像10

 

 

はい、次!!!

 

スクープ第3弾!「ユニゾ」が内部崩壊/突如「取締役経理部長」が辞任/金融庁が調査に乗り出すか

「ユニゾホールディングス」で注目すべき動きがあった。

先月末から今月初めにかけて、社債保有するアジア・リサーチ・アンド・キャピタル・マネジメント(ARCM)以外の有力海外ファンドが相次ぎ金融庁長官や証券取引等監視委員委員長宛に文書を送付し、「ユニゾ株式の公開買付手続において債権者保護に関する開示に虚偽記載の疑いがあり、徹底した調査と適切な処分を講じてほしい」などと求めたようだ。

さらに、宮明靖夫取締役経理部長(50)と森数次郎取締役国際財務部長兼国際部長(48)が辞任していたことが判明した。

辞任は2月28日付。両氏ともEBO(従業員による買収)による新経営体制発足に伴い昨年6月に取締役に就任したばかりだ。

画像11

あらら、経営が不安定な中での取締役経理部長の辞任 (∩´﹏`∩)

 

ユニゾさんも大変ですねぇ~🥺🥺🥺 

画像13

 

ただ、この流れって、本当に面白いですよねぇ~😉‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

ここ最近は、DS及びCCPの影響を強く受けている企業が次々と窮地に陥っています🙃

画像12

 

どこぞの「柔らか銀行」さんの光沢星人も大苦戦していますよねぇ~🥳🥳🥳 (実は、トランプ陣営は4年前から、CCPに情報を漏らす柔らか銀行に圧力をかけており、ここ最近は本気で潰しにかかっています(笑))

 

中国、独禁法違反で12社に罰金 ソフトバンク百度など

 

あ、そういえば、この柔らか銀行さんも、ユニゾに絡んでいましたねぇ~ο(=•ω<=)ρ⌒☆

 

ユニゾ巡る戦いの第二幕、ローンスターに挑む香港ヘッジファンド

昨年非上場となった不動産会社、ユニゾホールディングスの残存する1000億円近い社債を巡り、香港に拠点を置くヘッジファンドが米投資ファンドのローン・スターを相手に、新たな戦いを仕掛けている。

社債券は2027年にかけて順次償還を迎えるが次の償還は5月に迫っている。

  前回、ユニゾが注目を浴びたのは、2019年から20年にかけて繰り広げられた同社の買収合戦だ。

米大手投資会社のブラックストーン・グループとローン・スター、そしてソフトバンクグループ傘下のフォートレス・インベストメント・グループが争った。

最終的に勝利したローン・スターは、ユニゾの従業員による買収(EBO)という形で買収資金を提供した。

 

要するに、全ては水面下で、静かに、しかし、激しく進行しているのです・・・

画像14

 

 

そして、お次は、EU・DS勢力とバチバチにやりあっているロシア(*´ω`)/

 

ロシア、ツイッターの動作速度制限 違法コンテンツ放置で

[モスクワ 10日 ロイター] - ロシアは10日、ソーシャルメディア(SNS)のツイッターのアクセスなどの速度を落とすと発表した。

ロシアが違法と見なすコンテンツの削除に応じなかったことへの対抗措置。

ロシア当局は数週間前より、子どもに反政府デモ参加を促す投稿をツイッターなどが削除していないと批判していた。

しかし、毒殺されかけた反体制派指導者のナワリヌイ氏の逮捕と収監を巡り全国各地で抗議活動が起こっていることを受けて、厳しく対応する姿勢を見せていた。

通信当局によると、ツイッターには10日時点で違法なコンテンツが3000件以上ある。同当局は、ツイッターが数年来の削除要請を無視していると批判した。

画像15

ほんと、チクビッターほど酷いSNSはこの世に存在しないと思います💩

 

数多の違法行為、野蛮な言論統制、DSとCCPに魂を売った経営体制。

 

まさに、全てが腐っています💩

 

ロシアにおける行為も重罪になってもおかしくはありません。
(デマ情報のせいでデモが発生しているわけですから。)

 

少し話しが変わってしまい、申し訳ないのですが、チクビッターは未だに私のアカウントを削除した理由を説明していません。釈明もせずに逃げました。 (●ˋᐞˊ●) 

規約違反の内容を説明するように問い合わせしましたが、未だに明確な答えを提出してこないということは、明らかに言論弾圧(違法)による一方的な凍結です。(´;ω;`) 

 

チクビッターの卑怯者!!!!😭😭😭😭😭😭

 

ぬわぁああああああん😭😭😭😭😭😭😭

画像16

 

ま、このままいけばTwitterの未来はないでしょうな😀🥳

 

数年後には、「え? Twitterって何?🤔🤔🤔」なんて若者ばかりの世の中になっているかもしれませぬ🤭🤭🤭

 

卑怯かつ凡愚なチクビッターよ、参ったか!!!😜😜😜

画像43

ふははははははは!!!!😀😀😀😀🥳🥳🥳🥳🥳

画像17

 

 

露仏、外交官をひそかに国外追放していた=レ・ゼコー

ロシアとフランスは2020年末、それぞれの国に駐在する外交官1人ずつをひそかに国外追放していた。仏紙レ・ゼコーが報じた。

レ・ゼコーによると、パリにあるロシア大使館の経済部門の職員が、スパイ容疑で国外追放された。これを受けてロシアは同様の措置をとり、モスクワにあるフランス大使館の経済部門の外交官を国外に追放した。

なお、ロシア外務省とモスクワのフランス大使館はこの情報についてレ・ゼコーにコメントしなかったという。

画像43

ロシアとEU(DS)の戦いも日に日に激しくなっていますね。 (∩´﹏`∩)

 

フランスとロシアは軍事産業の結びつきが深かったこともあり、これまでは比較的に友好な関係でしたが、2020年以降は関係がどんどん悪化しているようです。

 

とはいえ、現在のフランスはDSの傀儡にすぎない弱小国家ですから、単体では、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

それよりも、こういったEUの手先である弱小国家の動きを分析し、今後のEU全体の動きを予測することが肝要かと存じます。

 

そして、今後のEUの大まかな動きとしては、グレートリセット計画を進める傍ら、バイデンおろしからのハリス政権誕生までのサポート、ロシア潰し、CCP潰し、といった流れでしょう。(特に、CCP潰しは今後加速していくでしょうね。マスゴミウイグル問題をこぞって扱いはじめましたし。)

 

 

まぁ、いずれにせよ、今後のEUは自然に瓦解する運命にあると思います。

画像18

 

 

さて、お次は、DSのお財布事情です🧐🧐🧐(❤´艸`❤)

 

国税関国境警備局がほうれん草を装った130万ドルのメタンフェタミンを押収

 

いいですねぇ~、どんどんDSの資金源が絶たれていますねぇwww😂😂😂😂

 

この記事でもお話させていただきましたが、DSの主な収入源は、麻薬と人身売買です。

しかし、近年はトランプ陣営の工作によって、「麻薬密売」の大量摘出が実行されています。
(もちろん、人身売買側も然りです。ただ、こちらは水面下で動いているので表に出てくるニュースは小粒なものが大半です。)

 

ゆえに、近年のDS勢力は慢性的な資金難に陥っており、アメリカ選挙後はアンティファやBLMに給料を支払えず、逆に暴動を起こされています(笑)

 

和訳:アンティファは、ポートランドダウンタウンにある連邦裁判所に火を放ちました。 中に人がいます

 

バチカンは財政準備金をほとんど使い果たしたことを認める。

バ痴漢のどすけべ糞ロリコンほうおうの財布事情も厳しいようです😭😭😭😜😜😜  

おや、なんでかな?😀😀😀🥳🥳🥳🥳 

ふははははははは母!!!!🤣🤣🤣🤣🤣😇😇😇🥺🥺🥺🥳🥳🥳🥳

画像21

 

ところで、「戦」というと、多くのお方は戦闘や爆発のようなものをイメージするかもしれませんが、実は、最も効果的かつ効率的なのは、現在のトランプ陣営が実行しているような「兵糧攻め」(現代の兵糧は資金)なのです。

 

兵糧(資金)がなければ、工作活動も、武器の購入も、戦争もできませんから、DSは詰みです。
(まさに、孫子のいう「戦わずして勝つ」という戦略ですね。)

画像19

 

私個人の感想としましては、トランプ陣営が実行している戦略で最もDSに致命的なダメージを与えているのは、この麻薬大量摘発などによる兵糧攻めと、彼らの犯罪行為やその証拠を完全に掌握していることだと思います。

 

さらにいえば、人材の質の高さと層の厚さも決定的な要素です。 

 

鬼才や化け物が集結しているトランプ陣営(善側)に比べて、DS勢力は凡愚しかおらず、さらには、犯罪証拠も握られているので実質的には詰んでいます。
(民間の情報戦争においても、トランプ支持の世界各国の保守陣営は鬼才や化け物がとにかく多い。特に、日本人は異常であり、ゆえのアメリカの某大学の騒ぎです(笑)結局、最後は日本人なのよ🙃🙃🙃)

 

 究極的には、彼ら(DS)の犯罪映像を世界に散布してしまえば自動的にDSは終わりますが、その場合は世界的にパニックになる可能性もあるので、善側は敢えて避けているのでしょう。
(いずれにせよ、DSは終わってます。(笑)挽回方法がない😂)

 

そういった意味では、この戦いの結果は2016年の段階で決定していたのかもしれません・・・

 

DSの悪人どもよ、せいぜい、頑張りたまえ(´ 。•ω•。)っ⌒💩。.

画像20

 

 

 

さて、最後はアメリカの話題を2つほど紹介させていただきます!(⊃ ´ ꒳ ` )⊃💗💗💗

 

バンデン、CNNにファクトチェックされ複数の虚偽を指摘される

【卑怯バイデン】トランプのワクチン功績を無視し、手柄を横取りしたことで非難轟々/あのニューヨークタイムスでさえバイデンを非難

画像25

ヤバイデン2号もいよいよヤバくなってきましたwww😂😂😂

 

DSの凡愚どもが傀儡のバイデンを切り捨てて、代わりにハリスを大統領にすることは知っていましたが、予想以上に早く動いてきましたねwww😂😂😂

 

仮とはいえ、まだ、大統領になったばかりなんですけどwww🤣🤣🤣

画像23

DSの凡愚どもの浅はかさ、無能さには毎回驚かされます(;´Д`)

 

ここまで愚かでは戦にすらなりません。

 

もしも、このまま早いタイミングでバイデンを切り捨てれば、間違いなく多くのアメリカ国民及び世界の民衆は違和感を覚え、ますます覚醒者が急増するでしょう。
(お花畑な人達でも、さすがに違和感は感じるでしょう。)

 

しかし、このままヤバイデン2号を暴走させてしまえば、やはり、世界中の人々がバイデン政権や民主党、2020年のアメリカ大統領選挙結果などに疑問を抱いてしまい、結局は覚醒者が急増します(笑)

 

要するに、既にバイデン政権及び民主党(DS)は詰んでいるのです😀🙃
(だから、トランプ陣営は敢えて負けたふりをしたのでしょう)

 

もちろん、グレタも詰んでいます(笑) ٩(•౪•٩)

 

そして、今のバイデン爺は眠れない不安な日々を過ごしていることでしょう🥺🥺🥺 ちょっぴし、かわいそう(´;ω;`)

 

頑張れよ、バイデン爺😭😭😭(இдஇ; )

画像25

 

 

はい!そして、アメリカのラストを飾るのは・・・

 

 

 

 

画像26

出たぁあああああ!!!!😆😆😆 乳首ピアスのクオモぉおお!!!!!🥳🥳🥳🥳😜😜😜😜

やっぱり、お前かぁあああああ!!!!!!😂😂😂😂😭😭😭😭

画像27

クオモNY州知事の弾劾調査開始 連邦議員も辞任要求

【ニューヨーク=大島有美子】米ニューヨーク州のクオモ州知事のセクハラ疑惑などを巡り、州議会や連邦下院議員から知事への辞任圧力が強まっている。

州議会は11日、知事の弾劾調査を始めると発表した。

12日には連邦議会でクオモ氏と同じ民主党所属で同州選出のナドラー司法委員長やオカシオコルテス下院議員、上院トップのシューマー院内総務など複数の有力議員から辞任を求める声が上がった。

 

さらに、

【地底に堕ちた左派の英雄クオモ】なんと6人目の女性がセクハラ告発/3日前に5人目がでたばかり (※ 地底に堕ちたってwww😂😂😂totalnewsさん最高www🤣🤣

 

さらに!😆😆😆

 

【谷底に堕ちた左派の英雄クオモ】とうとう、オカシオコルテスらからも見放され辞任要求通知を突きつけられる/州議会は弾劾調査を正式開始

画像28

相変わらず、フルボッコにされてるなぁwww🤣🤣🤣🤣🥳🥳🥳🥳

 

ここまで連打で攻撃されている乳首ピアスのクオモは呼吸すらできていないに違いない!😂😂😂

画像29

 

過去のマスメディアは、乳首ピアスのクオモのことを英雄扱いしていたにも関わらず、その過去の報道には一切触れずに、クオモだけを攻撃しているから凄いです(;´Д`) 

 

 厚顔無恥というか獣レベルの知性というか・・・そのゴキブリ並の生命力は、ある意味では勉強になります。(ただ、個人的には好かんです。)

 

それにしても、ここまでくると、乳首ピアスのクオモは限界までボコボコにされるはずですから、ひょっとすると、乳首ピアスのクオモと呼ばれるようになった原因の話題すら表に出てくるかもしれませんね・・・そうして、それに関係していた他のDS連中も芋づる式に駆除されるという仕組みだったりして・・・

画像30

前述しましたが、トランプ陣営が決定的に有利なのは、世界中のDS関係者達の犯罪を把握していて、かつ、その証拠を握っていることです。

 

ですから、今回の乳首ピアスのように、無限にスキャンダルを公開して社会的に抹殺することは簡単にできるのです。
(いや、それによって逮捕され、極刑される場合は、生命すら消せるのか・・・さらにいえば、怒りに狂った世界の民衆がこの畜生どもを生かしておくわけがない。)

 

そして、最近は世界中でDS関係者が失脚したり、辞任したり、事故にあったり、コロナで死んだりしていますが、もちろん、こういったことは自然に同時発生することはまずありません。(ここまできても未だに陰謀論とか言っている輩のハートの強さよwww😂😂😂)

 

 

ぶっちゃけ、DS関係者は詰んでいるです。はい。

画像32

 

ただ、孫子が「囲師には必ず闕く」といっているように、逃げ道を失った敵は死に物狂いで反撃してくるので、逃げ道を無くして無理に追い詰めるのは非常に危険です。

 

ましてや、相手が頭のおかしい悪魔崇拝のカルト集団ならば言うまでもありません。

 

だからこそ、トランプ陣営は、一気に包囲するのではなく、逃げ道を残しておきながら、少しずつDSのワニどもを殲滅しているのでしょう。
(まさに、兵法を理解している優秀な参謀がいる証拠です。そして、これこそが、孫子のいう「囲師には必ず闕く」です。)

画像33

一方で、凡愚な参謀しかいないDSはトランプ陣営とは真逆のことをしています。

 

焦ったDSは、グレートリセットを加速させるために、無理やりワ💉チンを摂取させようとしたり、都市封鎖や緊急事態宣言によって経済的に追い詰めたりすることで、世界の民衆達の逃げ道を完全に塞ごうとしています。
(これは、兵法的には禁忌です(笑) 愚かなヒヒめ😂😂😂)

 

しかし、これは逆効果であり、むしろ、彼らの全滅を早めるだけなのです(笑)

 

逃げ道を塞がれた世界の民衆は、当然死に物狂いで反撃します。
(覚醒する人もどんどん増えています。凄まじい勢いです。汗)

 

私もTwitterなどから言論弾圧されましたが、逆に能力が開花し、さらに強く、かつ柔軟になりました(笑) さらには、やる気も増大しました!🥰🥰🥰

正直、1ミリも負ける気がしません😂😂😂

画像34

そして、非才かつ凡愚な私ですらそうなのですから、世界の民衆、特に世界最強の民族である日本人の場合は、さらに覚醒し、その能力も大きく跳ね上がるでしょう。

 

つまり、愚かなDSどもは我々の逃げ道を塞いだつもりが、逆に自分達の逃げ道を塞いでしまうことになったのです(笑) 爬虫類って、やっぱりバカだねぇ~😂😂😂😂

 

そもそも、DSの爬虫類どもが人類、何よりも誇り高き日本人を支配できたのは、犯罪と詐欺によってであり、本来の才能や能力によってではありません。(本来の能力値では、日本人の方がDSどもよりもはるかに上位です。だからこその反日工作であり、一番予算を投じているのです。)

画像35

 

換言すれば、爬虫類程度の頭脳しか持っていない獣どもが、覚醒した人類(特に日本人)に勝てるわけがないのです。
(だから、やつらは常に地下に隠れていたわけですが、支配期間が長くなったことで、自分達の方が優れているという錯覚を持ってしまったようですね。(笑) これだから爬虫類は😂😂😂 人間様を舐めるな、アホ😀🙃)

 

 

智無きは蛮勇に劣り、智有るは蛮勇に勝る。

 

 

敵が犯罪や言論弾圧といった蛮勇で攻めてくるならば、知性のある我々は智慧で対応すればよいのです。 そうすれば必ず勝てます。

 

 

そして、その際に最も重要なものは、才能でも、情報でも、資金力でもありません。

 

 

「必ず勝つ。絶対に勝つ。貴様ら獣ごときに我々が負けるわけがない。絶対に叩き潰してやる。最後に勝つのは我々誇り高き日本人だ。」

という覇気と自信を持つことです。 日本人であるならば、無条件で自信を持つ資格があります。 我々の偉大な先祖は常にこの魂を持っていました。

画像36

 

もちろん、情報戦争という戦いにおいて、失敗したり、間違えたりすることもあるでしょう。一時的に負けることもあるかもしれません。
(もちろん、愚かな私も然りです。)

 

しかし、「勝敗は兵家の常」というように目先の勝敗や失敗などは、全く気にする必要はありません。(反省し、次に活かせばそれで十分です。落ち込むのは時間の無駄です。)

 

 

最後に勝ったものこそが勝者であり、戦は結果が全てです。

 

 

だからこそ、心臓が止まるその瞬間まで勝利を確信し、敵を精神的に圧倒しなければなりません。 

 

 

どちらが強者であり、かつ勝者であるのかを圧倒的な覇気と強靭な意志をもって愚かな敵の頭に叩き込んでやるのです。

画像44

 

 

世界の歴史において、常に最強の兵士を有していたのは我らが日本でした。
(世界の4分の1を支配した屈強なモンゴル民族を極少数の兵で撃退した化け物民族が日本人です。)

画像37

我々の偉大な先祖達は右腕が飛んでも、左目に矢が刺さっていても、銃弾が尽きていても、目の前にいる敵を圧倒していました。

 

緋色に光るその瞳には、戦に勝利した未来と、守るべき家族や仲間達の姿のみが映っていました。

画像45

 

その日本人の圧倒的な覇気に、腑抜けたDSや白人どもは驚愕し、心から恐れ、畏怖していました。(これは、紛れもない事実であり、DSが最も隠蔽したい事実でもあります。)

画像38

 

そして、現在は、そういった日本人の本来の姿を思い出しはじめる同胞が急激に増えてきました。

画像39

私は、「眠れる獅子」という言葉は日本人のためにあるのだと確信しています。

 

目には見えないかもしれませんが、そういった日本人の意識が爆発する日は着々と近づいています。 

画像46

 

決定的な確信を持って断言します。

 

 

最後に勝つのは、我々日本人です。 

 

 

結局、いつの時代も、我々こそが強者であり、勝者なのです。

 

 

だからこそ、堂々と絶対的な自信を持って前進していきましょう。

 

 

我々は、必ず勝利する!

 

 

日本人に栄光あれ!!!!

画像40

 

 

 

画像41

※ ご拡散・シェアは本当に助かります😭😭😭 
(皆様が思っている以上に助かってます😭😭😭(´;ω;`))
いつも、本当にありがとうございますm(_ _)m

 

※ 私がここにいることを他のお方にご拡散くださいm(_ _)m

ツイッターが復活するかわかりませんが、
しばらくはこちらで頑張ります!😭😭😭(´;ω;`)

 

 

77 ◆朗報!◆ミャンマー国軍、ソロス財団の口座凍結😱😱😜😝🥳 今日は飯がうまい!!😂😭😂

 

 

 

 2021/03/17 10:20

 

 

 

 

な~ははははははは!!!!🤣🤣🤣🤣🤣🥳🥳🥳

画像1

面白いニュースが入ってきましたwww😂😂😂😂

ふははははははは!!!🤣🤣🤣🤣🤣🥳🥳🥳🥳

画像15

ミャンマー国軍、ソロス財団の口座凍結

内容紹介:

ヤンゴン=共同】ミャンマー国軍の指揮下にあるミャンマー中央銀行は16日までに、米著名投資家ジョージ・ソロス氏のオープン・ソサエティー財団のミャンマー国内の銀行口座を凍結した。外国為替資金洗浄の関連法に違反した疑いと説明。国軍は、財団が全土で広がる不服従運動に資金支援したとして捜査を始めた。国営紙などが報じた。

国軍はアウン・サン・スー・チー氏が関わる財団も捜査しており、資金面で反国軍の動きを弱体化させる狙いがあるとみられる。

国軍は既にソロス氏の財団幹部1人を拘束したほか、11人を指名手配。2018年に財団が地場銀行と許可なく外国為替取引を行った容疑に加え、財団幹部がクーデター後に不服従運動に対して資金を供与した疑いがあるとしている。

 

がはははははは!!!!😂😂😂😂😂 ヤバいwww🤣🤣🤣

 

ソロス財団をピンポイント爆破www😂😂😂😂😂🥳🥳🥳🥳🥳

画像3

ソロスも大変やねぇ~😀😀😀🙃🙃🙃

 

ふはははははは!!!!😂😂😂😂😂

この記事でも書きましたがアウンサンスーチーはDSの傀儡であり、ミャンマーはソロスをはじめとしたDSの牙城でもありました。

 

※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。
CCPは中共のことです。

 

そして、その牙城の心臓こそが今回凍結されたソロス財団です。(笑)

 

つまり、DSは東アジアにおける貴重な拠点を失ったことになります。

画像4

 

私はミャンマーの国軍は反DS勢力だと思っていましたので、昨今のマスメディアや論者達の情報は一切無視していました。
(むしろ、生まれながらの嘘つきである彼らが叩くということは、国軍は少なくともDSよりは真っ当だろう、そして、次の一手としては、国内の反乱を誘導しているDSの拠点を潰すだろうと思っていました。)

 

そして、今回の1件により、やはりミャンマーの国軍は反DS勢力であると再確認しました。

025ピカチュウ

 

さらにいえば、これは日本にとっても朗報です。 (∩˃ ᵕ ˂∩)♡

 

現在、日本国内でもDS狩りが開始されていますが、現存するDS勢力の中でも、日本の一派は超強力です。

 

よって、私は、トランプ陣営をはじめとした反DS勢力は、まずは、日本の周りの国を制圧し、外堀をうめ、日本のDS勢力を四面楚歌にした上で、各個撃破していくと読んでいます。

 

※ ちなみに、現在日本で進んでいるジャニーズや吉本といった芸能界の騒ぎや、前回の記事で紹介した東北新社認定取り消しなどといった動きは、日本のDS勢力を各個分断するための一手です。 

 

芸能界とマスメディアを潰すことは、へびのように長くつらなる日本のDS勢力の横腹をつくことになり、そこからDS勢力はバラバラに分断されます。

DS勢力の権力と詐欺を支えているのは、芸能界とマスメディアという2本の剣(洗脳機関)があるからです。

よって、その2本の剣を奪われてしまうと、日本のDS勢力は日本人という世界最強の戦闘民族を抑えきれなくなります。
(DSが最も恐れた民族が日本人であり、戦闘民族サイヤ人のモデルは日本人だという事実は覚えておく価値があります。教科書やDS配下の学者なぞ💩)

 

そして、同時に、その頃には日本の周りのDS勢力は完全に無力化されているので、いくら強大なDS勢力といえど、戦略的にはお手上げでしょう。(笑)(援軍のこない籠城ほど虚しいものはありません。)

 

やはり、トランプ陣営の幕僚には鬼才軍師が揃っているようです(*ฅ́˘ฅ̀*)

画像6

おっと、いけない(笑) これ以上熱くなってしまうと余計な災いを招きます‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

とりあえず、今回はこれにて撤退させていただきます😉😉😉

画像7

 

それにしても、ソロス財団の凍結か~😀😀😀

 

 

季節は春になり、あの春を謳う名花、桜が咲く頃だというのに、
DSの諸君には冬の風が吹き荒れそうですな。

画像8

 

しかしだ、DSの諸君、何も嘆くことはないぞ。

 

 

なぜならば、冬に咲くと言われる冬桜もまた美しいからだ😀

 

 

豚箱あるいは冥府にて花見でも楽しむがよい。

画像9

いやぁ、今日は飯がうまいっ!!!!😂😭😂

 

 

ふははははははは母!!!!🤣🤣🤣🤣🤣🥳🥳🥳🥳🥳

画像10

 

ぶはははははははは!!!!😂😂😂😂😎😎😎🥰🥰🥰🥰

画像11

 

 

ふ~ははははははははは!!!!!🤗🤗🤗🤗😝😝😝😜😜😜😜

画像12

 

 

んちゃ\(´,,•ω•,,`)♡

78 東北地方の皆様、地震がありましたが大丈夫ですか?!😭😭😭(´;ω;`)

 

 2021/03/20 18:18

 

 

 

東北地方の皆様、地震がありましたが大丈夫ですか?!😭😭😭(´;ω;`)

画像1

 

皆様がご無事であられることを心から祈っております😭😭😭

画像2

コメント欄などを情報交換の場としてご活用ください!!!

画像4

不安ななった時などはいつでも遊びにきてください!(>人<;)

 

モフモフを提供いたします!!!🥰🥰🥰(❤´艸`❤)

画像3

 

コメントでお会いしましょう💗\(´,,•ω•,,`)♡

画像5

 

 

 

79 目を覚ました魔物。世界各地でロックダウンに反対する大規模デモが同時多発発生。

 

2021/03/22 22:51

 

 

※ 後半はちょっと怖いので、お気をつけください‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像1

んちゃ\(´,,•ω•,,`)♡ MJrでございます(❤´艸`❤)

 

本来ならば、今回はアメリカ関連のニュースを取り上げる予定だったのですが、記事の序盤で取り上げるつもりだった話題(世界の動き)があまりにも重要な話だったので、敢えて分けて記事にすることにしました(`・ω・´)ゞ
( 世界の動きの方は改めて解説をつけて記事にすべきだと思いました。)

 

そして、たくさんニュースのあるアメリカの話題は次回にして、今回は世界の動きについてお話させていただきます。 (*´ω`)/

画像21

 

世界各地でロックダウンに反対する大規模デモが相次ぐ/ベルギー、ドイツ、スコットランド、日本。イギリスロンドンでは逮捕者も

 

今、世界中でロックダウンや自粛要請、無意味なワクチン強制などに反発する動きが加速しています。しかも、DSの拠点が無数にあるはずの欧州での動きが活発であり、その動きはどんどん加速し、規模も急激に増大しています。 DSのホームでこの様😂😂😂
(やはり、予想通りになりましたね(笑))

 


※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。

 

百聞は一見にしかずですから、一部映像を紹介させていただきます。(✿◕‿◕✿)

 

各国の言語で「自由」という単語が何度も叫ばれていることに注目してください。

 

ベルギーのブリュッセルでの大規模な封鎖反対運動

 

オランダで封鎖反対運動が始まる

 

ドイツでの反封鎖抗議

 

国ロンドンで起こっている大規模な封鎖反対運動

 

デンマークもCovidの封鎖に抗議

 

スコットランドの封鎖反対運動

 

日本、コロナウイルス封鎖抗議者/コロナは茶番

 

反封鎖抗議、カナダ、トロント、2021年3月20日

 

どうでしょうか?

 

凄まじい迫力ですよね(; ・`ω・´)
( 今回紹介した国以外の国でも似たような動きが増えています。)

画像3

テレビ番組やマスメディアのニュースなどでは、コロナに怯える欧州の人々のドキュメンタリー(やらせ)などが大量に放送されていますが、これは、いったいどういうことなのでしょうか?(笑)
(あと、日本人もコロナに慣れたり、嘘に気づく人が急増していて、場所によっては普通に人混みが復活しているから笑えます😂 N◯Kさん、あのドキュメンタリーは別の世界で撮ってきたのかな?😀🙃🤭)

 

さらにいえば、ここ最近になって世界中で政府や政治家に対する反発や、コロナ関連の政策に対する憎悪や怒りの感情が同時多発的に爆発しているのも非常に面白いです。

画像4

 

そして、デモを行っている人々が何度も叫んでいたキーワードが「自由」でした。(あるいは、それに関連する言葉)

私がこの光景を見て真っ先に思い出したのが、フランス革命ロシア革命です。

 

これらの革命の序盤でも、民衆は「自由」という言葉を連呼してはデモ活動を行っていました。

画像5

そして、自由という思想に心を動かされる民衆は爆発的に増えていき、最終的には、王族や貴族達から実権を奪っていきました。(多くの王族や貴族の末路は悲惨なものでした・・・)

 

このような「自由」を求める民衆によって引き起こされた革命や暴動によって、ハプスブルク家ブルボン家、ロマノフ家といった巨大貴族は徹底的に破壊され、巨大な権威は再起不可能なまでに失墜しました。

画像6

 

ちなみに、こういった革命の全てはDSが引き起こしたものであり、革命後、DSは各国での影響力を大幅に増大させていきました。
(というよりも、世界大戦、経済危機、疫病、異常気象のほとんどはDSによる自作自演の茶番です。こういったことも、いずれ公にされるでしょう・・・)

 

元々、各国の蛮族あがりの貴族に寄生していたDSですが、やがて、DSでもコントロールできないほどの権力と資金力を持った「大貴族」が誕生しました。

 

大貴族の中には狂ったDSを本気で潰そうとする貴族もあり、危機感を持ったDSは「自由」という思想を民衆に広めて、逆に大貴族を潰しました。

 

※ ちなみに、日本の場合、DSの本格的な上陸は、あの欺瞞と悪意に満ちた明治維新以降です。 私は明治維新に関する報道、公開資料は一切信用していません。皆、DSの作ったデタラメだと分かっているからです。

坂本なんちゃらや高杉なんちゃらが英雄だと本気で信じているお方は徹底的に明治維新を調べてみてください。

関ヶ原以降、敗軍として常に劣勢であった薩摩と長州が、なぜ、大量の最新兵器を買えたのか? 

その資金はどこから持ってきたのか?

同時期に、日本中で女、子供が大量に奴隷として世界に売られていたのは、なぜか? DSが作った株式会社を日本で初めてつくったのは誰か?

なぜ、坂本なんちゃらなる浪人があそこまで影響力があったのか?

 

こういったことを調べていけば、かつて英雄だと信じていた人間が殺人鬼及び売国奴悪魔崇拝者であったことにきづくでしょう。

日本のマスメディアはDSに支配されています。

よって、マスメディアが英雄であると頻繁に主張する人間のほとんどは、DS側(悪魔崇拝者)です。 

また、マスメディアが頻繁に批判する人物、国家の9割は正義であり、反DSです。

画像7

 

中世以降のDSは「自由」という魔物の恐ろしさを誰よりも理解し、誰よりも悪用してきました。

 

※ マルクス共産主義があそこまで暴走できたのも、「自由」の魔力が発動していたからです。人々は「自由」と「平等」があると信じたからこそ、共産主義を支持したのです。

 

人間は生まれながらに「自由」を求める生き物であり、「自由」のためならば喜んで全てを犠牲にしますし、場合によっては、命すら投げ出します。

画像8

 

そして、自由を求める人間が集まり、「自由を求める民衆」になった時、
この世に、招かれざる客である「自由」という怪物が呼び出されます。

画像9

 

この怪物は、あらゆる疫病よりも感染力が強く、あらゆる民衆を暴徒に変え、自由を妨げるものを徹底的に破壊しつくします。

 

私が知る限り、この怪物に目をつけられて無事でいられた王朝や国家、政府は存在しません。(形はどうあれ、最後には必ず滅ぼされます。)

 

そして、今までは、この怪物は常にDSに使役されてきました。

 

 

自由という怪物の恐ろしさを知っているDSは、常に表向きは民衆の側につき、民衆の敵(DSの敵)を叩き潰してきました。

画像10

その戦略は、もはや人智を超えており、芸術的ですらあります。
(まるで、超人工知能が考え出した戦略のようです。)

 

黒幕のDSの存在には誰も気づかずに、愚鈍な民衆は「自由」という怪物に誘導されるがままに、自由の敵を抹殺していく・・・そして、皆が傷つき、死んでいく中で、爬虫類のように冷たく、無慈悲なDSだけが莫大な利益を獲得している・・・これこそが、中世以降のDSが最も気に入っていた手法でした。 まさに、鬼畜外道な人外のそれです。

画像11

 

しかし、1999年を境にDSは徐々に迷走するようになり、あのハプスブルク家やロマノフ家を崩壊させたり、世界最強にして、唯一DS支配から自由であった規格外の国家「日本」を明治維新で屈服させたりした頃の鋭さは消えてしまいました。

 

さらに、2012年以降のDSは無知蒙昧かつ荒唐無稽なヒヒ以下の集団と化し、自ら自滅の道を突き進むようになりました。(あの人智を超えた知性はどこにいったのだ? 今のDSは血迷った爬虫類レベルだ。)

画像23

あそこまで慎重かつ完璧だったDSが、NWO計画、CCP(中共)の創設、グレートリセット計画、パンデミックの捏造などといった致命的な失策を次々に打ち出し、2020年のアメリカ大統領選挙では、世界中のDS傘下のマスメディアは単なる詐◯機関でしかなかったことを暴露されてしまいました。

 

特に、世界規模のマスメディアという天下の宝刀をたかがアメリカの大統領の座のために無駄にしたDSの参謀はヒヒ以下です。
(トランプ陣営の罠に見事にはまりました。完全に詰んでます。)

画像12

 

また、不当かつ無意味なロックダウンや都市封鎖・自粛要請・意味不明な生活様式の強要、ワクチンの強制などによって、世界中の人々は、

「自分達の自由が脅かされている、いや、もはや破壊されている。」

と感じるようになり、次第にその感情は政府やDSに対する怒り・憎悪に変わっていきました。
(皮肉なことに、家に閉じ込められた人々は暇な時間ができたことで、逆にDSの存在や詐欺に気づき、覚醒しています(笑)

 

そして、その結果起きたのが同時多発敵な世界規模のデモであり、そんな彼らの合言葉は「自由」です。

 

お分かりでしょうか?

 

 

これは、フランス革命や、ロシア革命の時と全く同じ動きであり、別言すれば、「自由」を求める人々は、「自由を求める民衆」に変わりつつあるのです。

 

そして、そういった条件がそろった時、「自由」という怪物は、再びこの世界に召喚されます。

そして、あらゆる人間を吸収し、全ての障害を破壊するのです。

画像13

 

ただ、これまでと決定的に違うのは、この怪物を使役しているのが、DSではないということです。(笑) 

しかも、本人は一流の韜晦術でそれを隠しているというwww😂😂😂

画像14

まさに、虚をもって実となし、実をもって虚となすです。

 

※ これについては次回のニュースまとめ記事にて言及します。
(華麗に言論弾圧を回避する程度で😉)

結論からいえば、3月19日の段階でチェックメイトです🤭 

 

そもそも、こういった大規模デモや、大規模な動きというのは自然発生することはまずありません。

 

そういった動きの背後に意識を向ければ、必ず何本かの線が虚空を漂っているもので、その線を辿っていけば、自ずと黒幕が誰なのかも分かってしまうのです。
(今までは、そういった線は全てDSだったのですが、今回は違うんですよ(笑)知ってたけど(❤´艸`❤))

画像15

 

さらにいえば、今回、「自由」という怪物が標的にするのは、DS及びDSに魂を売った政府・政治家・売国奴どもです。

 

言い換えれば、DSはこれまで自分達が使役していた怪物に自らが狙われるはめになってしまったのですwww😂😂😂 バカだねぇ~www😂😂😂

 

 

鬼才の軍師は、時にわざと3流の手を使い、2流、1流といった優秀ではあるが鬼才ではない凡愚な軍師を翻弄することがあります。
(現在のDSは凡愚しかいません。ヒヒ以下です。)

 

2流や1流の軍師は余計なことを考えてしまうので、裏のない策にまで裏があると思ってしまうのです。そして、墓穴を掘るのです。
(まさに、策士策に溺れるです。)

 

 

敢えて誰とは言いませんが、今回世界中のDS及びDSに洗脳されている人々は、まさにこの手法で完全にやられています。(笑)

画像17

鬼才軍師が背後にいるある陣営は、3流の手である「相手の戦略をそのままやり返す」というシンプルな戦略を超ハイレベルに実行しているのです。
(私も反省し、2月末からはその戦略(茶番)に徹底的に合わせる方針に切り替えました(笑)とにかく、知らんぷりん🥰🍮 余計なことは書かないに限ります(❤´艸`❤) しらんぷりん(´ 。•ω•。)っ⌒🍮しらんぷりん(´ 。•ω•。)っ⌒🍮)

 

 

そして、DSがやってきた戦略といえば、「茶番の猿芝居」と「自由という魔物の使役」です。

画像18

「茶番の猿芝居」は2016年から本格的に開始され、2020年のアメリカ大統領選挙がはじまる前に「ハンターバイデンのPC」が話題になった頃から茶番は最終段階に入っています。

 

 

そして、「自由という魔物の使役」は、これから本格的にはじまってくるでしょう。

 

 

どうやって?

 

 

 

匂わす程度でいえば、不正の発覚、要人の手のひら返し、DSやコロナなどの真実の公開によって。(こんなことは既に覚醒している人からすれば常識ですが、お花畑な人達には衝撃的でしょう。)

 

 

自由という怪物を強大かつ凶暴にしてきたのは、常に、覚醒していた賢明な人々ではなく、最後になって、「何も知らずに、不当に搾取され続けていた」と知った無数の民衆です。(主催者が変わっても世界の構造が変わらない限り、歴史は繰り返されます。)

 

 

別言すれば、この戦いの総仕上げは、この記事を投稿した段階で覚醒している我々ではなく、今もなお幸せに眠っている多くの人々によって行われるでしょう。

 

そして、その後の世界は、よほどの変革がない限り、これまでの反動として排他的な民族主義(超保守化)が世界トレンドになり、特に、今まで不当に外国人から搾取されてきた日本、ドイツ、アメリカなどといった国では外国人の排除運動などが加速するかもしれません。汗 それだけで済めば、まだマシな方かも・・・
(私はそういった未来を望みませんが、確率的にはかなり高いと思います。グローバル化は死語になり、各々の国の文化・伝統が復古されるでしょう。)

 

 

いずれにしても、DSも、まさか自分達が「自由」という怪物に喰われることになるとは夢にも思っていなかったでしょうね(笑)
(そして、今のま
までは、生き残ることは不可能w)

画像19

 

さて、大分長くなってしまったので、今回はこれにて終わらせていただきます(`・ω・´)ゞ

 

続きとなる次回の記事では、今回の記事でも登場したあの人も登場します!! (∩˃ ᵕ ˂∩)♡ (๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

画像24

 

お楽しみに!!!༼ つ ◕_◕ ༽つ

画像20

 

 

PS

新潟大学の名誉教授の方がコ◯ナ・ワク💉ンの危険性を動画で解説しています(`・ω・´)ゞ

素晴らしい内容です😭😭😭😭😭

可能な限り、拡散していただければ幸いですm(_ _)m

 

※ 動画が削除される可能性もありますので、可能なお方は保存していただければ幸いですm(_ _)m