鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

 マッカーサーjr[ジュニア]さんのnote(ノート)ブログの記事を記載。《拾壹》

 

 

 

見出し画像

52 1月20日でトランプ勝利を諦めたあなたへ。4次元チェスというものには、盤がいくつもあって、ルールも複数存在することをご存知ですか?

 

2021/02/07 13:41

 

 

DS側の洗脳の後遺症にやられている人があまりに多いのでつぶやかせていただきます。

 

私は、形はどうあれ最終的にはトランプ陣営が圧勝すると確信していますが、下記記事でも説明しているように、トランプ陣営の全てをお話することはできません。ただ、圧勝するのは間違いありません。(隕石落下などがあれば話は変わってきますが)

 

しかし、1月20日以降に諦めたり、絶望している皆様には、ぜひ頭を柔軟にして考えてみてほしいと思っています。

 

 

今、我々が見ている世界規模の戦争(チェスゲーム)は、4次元チェスなどと呼ばれています。

画像1

 

この4次元チェスとは非常に面白いもので、DS側が作った盤以外の盤も存在するのです。

画像2

 

また、新たな盤では、プレイヤー自身が新たにルールを作ることも可能です。

 

しかし、残念なことに世の中の大半に人達は、既に破壊されている盤とDS側が作ったルールばかりを見ています。

 

そして、何が起きているのかを全く理解できず、同様に何も理解できていないDS残党勢力がぬか喜びする姿を見ては落胆しているのです。

 

あるいは、なんとトランプ支持者の仲間を勝手に責めはじめる愚か者も多数います。 (恥を知りなさい。 何も分からないならば、せめて静かにしているべきです。)

画像3

その間に、他の盤では様々なコマが目まぐるしく動き、新たなルールが次々と生まれていることなど想像すらしないのでしょう。

 

マスメディアが放送したものが現実だと本気で信じているのですか?

 

DS傘下の政府、売国奴工作員、詐欺師達の発言こそが現実なのでしょうか?

 

 

今、あなたが見ている盤は、本当に生きている盤ですか?

 

 

視線を移せば、異なる盤が見えてくるという事実に気づいていますか?

 

 

多くの人々が信じている常識とは、DSが作ったものであり、完全な幻想であるということはご存知でしょうか?

 

 

1月20日にバイデンが就任式をあげ、かつバイデンがいいかげんな大統領令を狂ったように出しているという事実だけで全てが終わるのでしょうか?

 

何度も言いますが、視野を広げ、今見ている盤以外の盤にも目を向けてみてください。

 

 

そうすれば、これまで見ていた盤では死んだように静かだった駒達が、ある盤では目まぐるしく動いていることに気づくはずです。

画像4

 

どうせならば陽気かつ安心した気持ちでいる方が健康的です。

 

 

既に壊れた盤ばかりを見ていれば、誰でも憂鬱になるでしょう。

 

「現実を受け入れろ」などと軽々しく言っている人ほど、現実逃避していますし、死んだ盤や駒を必死に追っています。実に、滑稽です。

 

 

現実を受け入れるとは、DSが作った常識を否定し、新たな盤で展開されているチェスゲームを追うことです。

画像5

そのレベルに到達してから、はじめて「現実を見ろ」と他者に言える資格が手に入ります。

 

 

しかし、私はそういったことをあなたに言うつもりはありません。

 

 

ただ、一つだけお願いがあります。

 

「どうか、既に役目を終えた盤に執着しないでください。」

 

視野を広げて、1月20日のトランプ大統領の不可解な動きを追ってみることからはじめてください。

画像6

 

そうすれば、あの日、トランプ陣営が完全に新たな盤に移動したことに気づくでしょう。(笑)

 

 

あなたが一日でも早く、DSの洗脳の呪縛から解放されることを祈っております。

 

画像7

 

追伸1:トランプ支持論者で1月20日をきっかけに諦めた方々は非常に惜しいことをしました。物事が分からないならば、せめて黙っているべきでした。 もしも、一貫してトランプの勝利を信じていれば、後に英雄・賢者の仲間入りを果たせたのに残念です😥😥😥 あ~あ、もったいない🥺🥺🥺

ま、いっか‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

 

53 💗MJrからのご報告💗フォロワー様が4000人を突破しましたぁあああああ!!!!!😭😭😭😭😭(´;ω;`)

 

 

2021/02/07 23:29

 

なぬぅううううううううう!!!!!!!😭😭😭😭😭😭Σ( ºΔº 〣)

画像1

フォロワー様が4000人を突破してるぅうううううう!!!!!😭😭😭😭😭😭😭(´;ω;`))(இдஇ; )

 

うれしぃいいいいいいいいいいい!!!!!😭😭😭😭😭🥰🥰🥰🥰🥰🥰

画像2

 

駆け込み寺のようにNOTE様に逃げてきた私なので、まだまだNOTE様のことがよく分かっていません (∩´﹏`∩)

 

ただ、フォロワー様からのご意見を聞く限り、NOTEは使用するユーザーはとても多いのですが、フォローされるのはTwitterよりもはるかに難しいのだそうです😱😱😱 (இдஇ; )

実際、Twitterでは10万フォロワー近くでもNOTEでは1500人くらいしかいない人も結構いるそうです (∩´﹏`∩)

画像3

私は能天気なので深いことは考えずにTwitterと同じ感覚でやっていたのですが、どうやら、NOTEのフォロワー4000人はTwitterの場合以上に凄いことなのだそうです😱😱😱 

 

 

フォロワー様に教えていただき、今日はじめて分析を見てみたら、私のNOTEの再生数もトータルで210万近くになっていました😱😱😱 ええええっ!!!?超多い😂 (∩´﹏`∩)

 

 

はじめて間もないですし、フォロワー様もTwitterの頃よりも少ないので、「あまり多くの人の元には届いていないのかなぁ😥😥😥🥺🥺🥺」なんて少し落ち込んだこともありますが、実は、凄いことになっていたようです😭😭😭🥳🥳🥳😇😇😇(❤´艸`❤)

画像4

正直、210万ともなると愚鈍な私では具体的に想像できないのですが、とにかく、盛り上がっているということですよね!!!?(笑)🥳🥳🥳

 

 

そして、本当に良かったぁああああああ!😭😭😭😭😭😭😭😭😭(இдஇ; )(இдஇ; )

 

ぬわああああああああああん😭😭😭😭😭😭😭😭(´;ω;`)

画像5

 

ただ、これは私自身というよりも、皆様がご拡散やシェアに協力してくれたからこその結果です(இдஇ; ) 

画像12

私はTwitterに追放されましたが、フォロワー様からのコメントによればTwitterやその他様々な場所でご拡散してくれているお方がたくさんいるそうです😭😭😭😭😭(இдஇ; )

 

 

光沢星人だの、モフモフだの、ヤバイデン2号だの、ヒヒだの、💩だのと連発する私のクレイジーなコンテンツを紹介するのは、非常に恥ずかしいはずです(笑)😭😭😭

画像6

ですが、それでも皆様が地道にご拡散してくれたからこそ、私の記事が多くのお方の元に届いています😭😭😭😭😭(´;ω;`)

 

ですので、全ては皆様のおかげです😭😭😭🥰🥰🥰

画像7

本当に、本当に、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

こんなカオスな時代だからこそ、温かい皆様との絆を大切にして、少しずつ進んでいきたいと強く思っています(❤´艸`❤)

画像8

 

私は不器用ですからとにかく全身全霊で頑張ることしかできませんが、それが、今後の皆様のご一助になったり、ほっとするきっかけになったりすれば嬉しいです😊😊😊(●'◡'●)

 

 

今後も陽気にモフモフしながら頑張っていきましょう!!!🥰🥰🥰🥳🥳🥳

画像9

 

 

ふははははははは!!!!🥰🥰🥰🥰🥰🥰😘😘😘😘😘😘

画像10

 

 

 

ふはははははは!!!!!🤣🤣🤣🤣🤩🤩🤩🤩🤩🤗🤗🤗🤗

画像12

 

 

ふはははははははは!!!!!!!😉😉😉😉😎😎😎😎🥰🥰🥰🥰🥰

画像13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

54 もう大丈夫なので、1月20日にトランプ陣営が動かなかった理由と、現在のトランプ陣営の奇策を徹底考察します。

 

2021/02/08 11:24

 

 

 

もう敵は深みにはまってしまい、既に後戻りできなくなりましたので、このタイミングで1月20日にトランプ陣営が動かなかった理由と、現在のトランプ陣営の奇策を徹底考察します。

画像1

最近は他の論者の方を見る機会がないので正確には分かりませんが、今回のような考察を体系的に解説しているのは、おそらく世界でもこの記事くらいだと思います。(ノ◕ヮ◕)ノ*.✧٩

 

正直な話をすれば、今回の考察は1月20日直後に投稿することもできました。 (∩´﹏`∩)

 

しかし、下の記事でもお伝えしたように、物事には順番があり、時には「静かに黙っているだけ」の方が得をする場合も多々あります。

「沈黙は金」とは、まさに至言です。

 

ただ、最近の世界情勢を俯瞰して見た結果、間違いなくバイデン側(DS)が完全にトランプ陣営の罠にはまったと確信しましたので、安心してこの考察をお話することができます。‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像2

 

この考察を読めば、4次元チェスとは、いったいどんなものなのかが分かるでしょう(*´꒳`*)  なかなかエグいですよwww

 

※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。 また、CCPは中共のことです。

画像3

なぜ、1月20日にトランプ陣営は動かなかったのか?

 

本音をいえば、私はトランプ陣営が今回のような選択肢をとることは、米時間1月6日、つまり、あの暴動事件で気づきました。

同時に、あまりに神がかっている戦略なのなので、1人で絶句していました(笑)
(今は消えてしまいましたが、当時のツイートでは私は意味深な投稿を匂わせていました😂🥰🥰🥰  たとえば、「1月20日はもう何の意味もない」なんて言ってたのを覚えているでしょうか? (*'ω'*))

画像5


まず、詳しい話に入る前に、この問題に大きく関わっている3つの勢力について、改めて確認しておきましょう。

 

1つ目の勢力は、トランプ陣営と世界各国の反DS政府・組織の連合軍。
(同時に、反CCPでもある。 例えば、ロシアのプーチンサウジアラビアムハンマド・ビン・サルマーン 、インドのモディなどがいます。日本のある秘密結社も参戦中。)

画像4

 

 

 

2つ目の勢力は、DSの残党勢力。

DS傘下の世界各国のマスメディア、工作員、エセ論者、政府、王族など

(トランプ陣営に排除され、現在はボスがいないので弱体化が急速に進んでおり、現在進行系で逮捕・処刑が進んでいる。
また、資金力も大幅に低下しており、最近ではアンティファに給料を支払えない始末。 各国の工作員は上層部の現状を知らず、裏切ると殺されると思っているので、暗黙の了解で協力している。(笑) 簡単にいえば、オワコン組織
 ヽ(。・ω・。)/  

※ 別働隊として、アンティファ、BLMなどもありますが、こちらは完全にDSではありません。傭兵団のような関係です。

画像6

 

 

3つ目の勢力は、CCP勢力

(状況はDSと全く同じ。 DS側貴族の上層支配階級は排除されたので実質的には臭きんぺーの独裁状態。 ゆえに、骨肉の内部闘争が開始されており、どんどん弱体化している。指揮系統もめちゃくちゃでそれぞれが勝手に動き、各国に喧嘩を売ることで、今では完全な四面楚歌状態に。(笑) また地方経済は崩壊し、国として外資も底をつきかけている。 簡単にいえば、亡国前の瀕死状態。)

CCPは元はDSに育てられた組織だったが、今はCCPが暴走し、DSとは敵対関係にある。  

CCPの目先の狙いは、台湾の占領です。

画像7

 

この3つの勢力のうち圧倒的に有利なのは、今も昔もトランプ陣営です。
(しかも、最近の世界各国のDS傘下の財界人・政治家・芸能人などの逮捕・失脚・死亡ニュースからも分かるように、日に日に有利になっています。)

 

世界各国の協力だけでなく、強力な宇宙軍を保有していることが圧倒的な戦略的優位性を確保することに繋がり、2019年までにDS・CCPの戦力を大幅に削ることに成功しています。

 

さらに、トランプ陣営は、世界各国で大量の麻薬摘発を実行し、DS側の資金源をいくつも抹消しました。
(案外、これこそが一番の決め手だったのかもしれません。 戦争とは、殺し合いだけでなく、ほんの些細なことがきっかけで勝負がついてしまうものです。 よって、目先の大きなイベントばかりに期待している間は、何も見えてこないでしょう。)

 

また、トランプ陣営のポンペオ国務長官はCCPの人権問題やコロナの問題を激しく追求し、世界規模の対中包囲網を作り上げ、CCPを四面楚歌にしました。

ダウンロード (2)

任期の最後には、CCPをジェノサイド認定しました

 

さらには、トランプ大統領経済制裁により、CCPの経済は大幅に悪化し、既に地方経済の崩壊や不動産バブルの崩壊が始まっています。

 

つまり、DS残党もCCPも絶体絶命の状況なのです。
(だからこそ、世界各国のエセ保守工作員達は、中共の脅威!中共はあと10年でアメリカを超える!なんて嘘を垂れ流し、延命治療を行っているのです。(笑))

画像9

 

よって、2020年のアメリカ大統領選挙を前にしたDS残党とCCPは、どんな手段を使っても、トランプ大統領の再選を防ぐ必要がありました。
(さもなければ、数年以内に全滅するからです。ちなみに、これは世界各国のマスメディアや詐欺師工作員達も同じ)

 

しかし、DS残党も、CCPもボロボロであり、かつトランプ陣営のように鬼才集団にも恵まれていなかったので、単体では到底太刀打ちできません。

画像10

そこで、呉越同舟、つまり、DSとCCPの一時的な同盟が成立したわけです。(共通の敵であるトランプ陣営を倒すために一致団結したのです。)

 

ただ、DS残党は頭脳となるメンバーがほぼ全員逮捕あるいは処刑されていたので、全体の作戦はCCPが担当することになりました。

 

だからこそ、あそこまで雑な不正を行い、かつCCP的な言論弾圧を行ったのです。(これが大失敗でしたwww😂😂😂)

画像11

 

そして、1月6日には小学生レベルの自作自演の暴動を行い、バイデン側はほぼクーデター犯(国家反逆者)になりました。
(当日、トランプさんが軽い挨拶をして、さっさと飛行機で移動していた時点で私は爆笑していました😂😂😂 同時に、1月20日も同じ流れで済まし、バイデン側が完全に国家反逆者になるよう仕掛けると思いました。)

画像12

 

DS残党とCCP勢力はこの暴動を煙幕にして、無理やりバイデンを大統領に認定し、世界各国のメディアは暴動をトランプさんのせいだと大騒ぎし、この大罪を隠蔽しました。(これは、明らかに、違憲であり、国家反逆罪です。)

 

※ アメリカの憲法や法律では、選挙に介入した他国の政府やマスメディアなども制裁することが可能です。今後、世界中の政府やメディアが制裁対象になるでしょう。

 

そして、そういった暴挙を批判するSNSアカウントやユーチューブチャンネルを次々に削除して、1月20日まで何とか勢いでもっていきました。

 

当時SNSなどでは、1月20日に大量逮捕があると話題になっていました。(さらには、1月20日に向けてカナダとメキシコの国境に数十万規模のCCP軍が集結していました。)

 

ただ、当時の私は敢えて黙っていましたが、心の中では目に見えた大イベントは起きないと思っていました。(1月6日の時点でそれは分かっていました。)

 

そもそも、本当に重要な作戦を決行するならば、「1月20日にします!!」なんて予告するでしょうか?(笑)  まず、絶対にしませんよねwww😂😂😂😂  

 

そういった情報は敵を撹乱するためのものでしょう。 

※ 私は基本的に公開情報のみで判断するので、機密情報をもらったと自称する人達はエンタメ感覚でしか見たことがありません。


最終的には、公開情報と己の思考のみで判断します。その方が何万倍も正確だからです。  そもそも、戦の計画を事前に漏らすわけがない(笑)

幸い、今回はその習慣のおかげで、混乱することはありませんでした。
(もちろん、カオスだなとは思いますがwww😂😂😂)

画像13

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、前提を確認したところで、
いよいよトランプ陣営が1月20日に動かなかった理由を考察していきます。

 

私が1月6日の段階で読んでいた内容になります。

 

遅れてお伝えすることをお許しくださいm(_ _)m

 

※ 疲れたお方は少し休んでからお読みください(✿◕‿◕✿) 

この記事は逃げませんのでご安心くださいませ💗(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )

画像14

トランプ陣営が1月20日に動かなかった理由は、5つあります。

 

 

1、バイデン側に完全にクーデターを完遂させるため。

 

2,アメリカの分断を防ぎ、かつCCPの侵攻を防ぐため。

 

3,戦略上非常に重要な台湾をCCPから守るため。

 

4、1によってバイデン側やマスメディアの正当性が完全に失われることに加え、圧倒的な戦略的優位性を保っているトランプ陣営は、そもそも1月20日にこだわる理由がないから。

 

5,敢えて茶番を黙認することで呉越同舟を自然崩壊させるため。

 

では、それぞれ丁寧に解説させていただきます‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像15

 

 

画像16

1、バイデン側に完全にクーデターを完遂させるため。

 

1月6日の段階でバイデン側は、ほぼクーデターを完成させましたが、
国家反逆者としては、まだ画竜点睛を欠く状態でした。

(また、世界各国の詐欺メディアや工作員を制裁するためにも、さらなる決定的な証拠が必要でした。)

画像18

 

そこで、敢えて1月20日の茶番就任式を実行させれば、バイデン側は名実ともに国家反逆者となり、その瞬間からあらゆる正当性や大義を失うことになります。(だから、軍のペンタゴンは拒絶したのです。)

 

画像17

※ 実は、トランプ陣営と軍はいつでもバイデン側を逮捕することが可能です。しかし、この後解説する理由から、敢えて泳がしているのです。(笑)

 

現在、バイデン陣営は様々な茶番を行っていますが、世界の多くの人々は白い目で見ています。 

民主党支持者ですら、違和感を覚え、そこから覚醒しています。(笑)

 

また、バイデンに加担したマスメディア、工作員、論者、左翼カルトの連中は、未だに焦り、不安そうな日々を送っています。

 

これが大義を失った人間の末路です。

 

現在のような、乱世だからこそ、大義が重要になってくるのです。

 

1月20日に大義を完全に失った時点で、DSとCCPの敗北は決定してしまったのです。

 

 

画像19

2,アメリカの分断を防ぎ、かつCCPの侵攻を防ぐため。

 

今のCCPには凡愚な軍師しかいませんので、私は彼らの考えが手にとるように分かります。 赤子同然です。

 

CCPの本当の狙いはアメリカを分断し、その勢いを利用して台湾やアメリカに侵攻することでした。(1月20日に向けてカナダとメキシコの国境に数十万規模のCCP軍が集結していたのは、そのためです。)

 

そして、そのためには、1月6日と1月20日にトランプ陣営があからさまな軍事行動をとる必要がありました。(そうして、DSメディアや工作員などで「トランプの暴挙だ!!!」などと騒ぎ立てることでアメリカを混乱状態にさせ、分断するのです。)

 

しかし、それを見切っているトランプ陣営は全く動くそぶりすら見せません(笑)

画像20

ですので、焦ったCCPは、1月6日は雑な自作自演で何とか乗り切りましたが、1月20日の就任式こそはトランプ陣営や軍が動くと期待していたはずです。
(まんまと撹乱情報に騙されてやんのwww😂😂😂 馬鹿だねぇwww🤣🤣🤣)

 

しかし、就任式当日も、トランプ陣営は相変わらず動かず、数日後には、トランプさんはゴルフを楽しんでいますwwww😂😂😂😂 

 

そういえば、バイデンが当確報道された時もゴルフをしていましたね(笑)

 

ちょっと、ヤバくないwww😂😂😂  この人、規格外すぎるでしょwww😂😂

 

その結果、アメリカは分断されることもなく、CCPは100年に一度しかない、アメリカに侵攻するチャンスを失いました。(笑) 

 

※ 国境のCCP軍の話も綺麗に消えてしまいましたねぇ~www😂😂😂
そりゃ、侵入する名目も全くありませんからねぇ~🤣🤣🤣😎😎😎

 

当日、私はCCPどもの気持ちを思っては爆笑しておりましたwwwww😂😂😂😂

画像21

どんまい、きんぺーwwwww😂😂😂😂😂

画像23

 

 

画像22

3,戦略上非常に重要な台湾をCCPから守るため。

 

大局を見れば、今後、CCPは解体されると思いますが、その際に重要になってくるのが台湾です。(機会があれば詳しくお話しします)

 

野蛮な中華の暴走を止めるためにも、今後の中国は複数の国に分断されます。 そして、その際に、台湾という駒がどうしても必要なのです。

 

だからこそ、CCPは必死で台湾を侵略し、潰そうとしているのです。

 

私はCCPが台湾を手に入れるなら、チャンスは1月20日前後しかないと読んでいました。
(ここで無理な場合は台湾は数十年は落ちません。CCPの寿命はそこまでありませんから、台湾侵略はほぼ詰みです。)

 

実際に、1月20日、CCPは台湾に侵攻しようとしましたが、トランプ陣営の軍に完全に妨害され、見事に失敗しました(笑)
(トランプ陣営はこの問題だけに集中していたからです。ゆえに、隙は全くなかったのです。)

画像24

 

もしも、トランプ陣営が1月20日に軍事行動を起こしていたら、台湾への注意は散漫になり、今頃、台湾は消えていたかもしれません😱😱😱

 

おそらく、台湾人でこの事実に気づいている人は1000人もいないと思いますが、台湾人はもっとトランプ陣営に感謝すべきだと思います。

 

 

 

画像25

4、1の理由によってバイデン側やマスメディアの正当性が完全に失われることに加え、圧倒的な戦略的優位性を保っているトランプ陣営は、そもそも1月20日にこだわる理由がないから。

 

1の理由によって、バイデン側は正式な国家反逆者となり、全ての正当性は消滅しました。

 

もちろん、各国の政府との取引や、マスメディアの報道なども全て茶番であり、滑稽なごっこ遊びにすぎません。

 

よって、バイデン側が何をやろうと、さらなる犯罪を増やしているだけであり、正当な大義を保持しているトランプ陣営には何の意味もありません。
(ちなみに、世界各国のマスメディアは現在進行形で重罪を重ねています。今後が見ものです(笑))

 

もちろん、既成事実化が進むことでトランプ支持者が劣勢になるというデメリットも存在しますが、結局、全てがひっくり返れば、そんなことは些細なことです。 

画像26

また、世界的な勢力であるトランプ陣営は、圧倒的な戦略的優位性を確保しています。

 

よって、そもそも、1月20日にこだわる必要は全くないのです。

 

DS側が不正に作ったアメリカ合衆国という株式会社の大統領よりも、今のトランプ陣営の方がはるかに力を持っています。

 

事実、1月20日以降も、世界中の様々なDS関係者が処罰されていることからも分かるように、トランプ陣営は着々とDS・CCPの処分を進めています

 

1月20日は、アメリカの分断を防ぎ、かつ台湾を守ることが最優先事項であり、バイデンやその他の犯罪者達の逮捕など、そこまで重要ではなかったのです。

 

この記事でも解説しましたが、この世界には、いくつもの盤が存在するのです。(多くの人達は、DSが作った盤ばかりを見ています。 まるで、調教された羊のようです。)

よって、既に役目を終えた盤にトランプ陣営が執着するメリットは何1つないのです。

ただ、トランプ陣営が世界の民衆に新たな盤を紹介するのは、DS残党とCCPの一掃がある程度片付いてからでしょう。

 

DSの世界観を未だに信じている多くの民衆は、感情的かつ無知蒙昧なので、下手なタイミングで教えれば、勝手にパニックを起こし、面倒なだけの生き物に変わります。

 

ゆえに、全ての仕事が終わった段階で、赤子をなだめるように、少しずつ教えていくことでしょう。

画像27

ただ、我々のような勝手に覚醒している異常者は例外ですΣ‪(¯ω¯ノ)ノ

 

我々の頭脳ならば、冷静に大局を見れば、新たな盤の存在に気づいてしまうのです。(笑)‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

しかし、公においては、しばらくは知らないふりをするのが得策でしょう。 (∩´﹏`∩)

 

 

 

スクリーンショット-2021-02-07-14.20.05

5,敢えて茶番を黙認することで呉越同舟を自然崩壊させるため。

 

さて、ここからが4次元チェスの本領発揮です (ノ◕ヮ◕)ノ*.✧

画像29

1月6日に私が気づき、かつ心底感動したのは、この理由です。

 

はじめに、DS残党とCCPは打倒トランプのために呉越同舟、つまり、一時的な同盟を組んだとお話したことを覚えていますか?

 

単体では「風前の灯火」同然だったDS残党とCCPでも、同盟関係にあれば、非常に厄介な勢力でした。

 

それは、皆様もご存知だと思います。

 

世界各国のDSメディアの偏向報道・詐欺報道に加えて、CCP特有の言論弾圧や、ルール・法の無視、脅し、殺人、異様な工作員集団の動員といった邪悪な戦法は、正攻法を実践するトランプ陣営やその支持者には非常に厄介なものでした。

画像30

 

つまり、単体では「屁」のような存在のDS残党やCCPでも、同盟すれば、ヒヒの糞くらいには増強されるのです。

画像31

 

ですが、所詮は、呉越同舟です。

 

元々は敵だったわけですから、共通の目的がなくなれば、再び敵になります。

 

1月20日に茶番のようにバイデンが大統領になったことで、CCPとDS残党は、目的を達成したことになりました。

 

つまり、再び敵に戻るのです。

画像32

 

実際に、1月20日以降、DS残党とCCPはどんどん距離が離れていき、かつてのような結束力はありません。

 

また、1月20日にCCPが台湾をとれなかったことで、その関係は致命的に悪化しました。

 

今は、互いが己の保身のために活動しているにすぎません。

 

ミャンマーの糞BBA騒動もDS側とCCPの結束が崩壊したからこその事件でした。

 

そして、これこそがトランプ陣営の狙いだったのです。

画像33

 

つまり、トランプ陣営は敢えて負けたふりをし、一度アメリカ大統領選挙を終わらせることで、CCPとDS残党の仲間意識を崩壊させ、自然に瓦解するように仕向けたのです。

 

 

いいかえれば、トランプ陣営は、敢えてバイデン側の茶番を黙認することで、呉越同舟が自然崩壊するように仕掛けたのです。
(これを、「離間の計」と言います。)

画像34

 

厄介な同盟関係がなくなったDS残党とCCPなど「屁」にすぎません。

 

 

兵法の初歩は、敵の分断ですが、敵を分断した後は、各個撃破するのみです。

画像35

よって、後は、少しずつ残党勢力を各個撃破し、排除していけばいいのです。(最近の様々な出来事とようやく繋がりますね(笑))

 

そして、結果的には、1月20日に無理に行動を起こした場合よりも、はるかに無理がなく、かつ効率的にDS残党とCCPを一掃することができます。

 

 

さらに、この戦略には副次的な効果も発生します。

 

 

DS残党とCCPが分裂したのと全く同じ理由で、DS残党と、駒だったアンティファ、BLMも分裂しました(笑)

 

仕事が終わったにも関わらず、全く給料を支払わないDS残党に対して怒ったアンティファは、かつての主人に牙を向けはじめましたwww😂😂😂

「(給料)手に入れられないなら、焼き払え」と唱えては、暴走しているそうです(笑)

 

アンティファやBLMは選挙戦においては非常に厄介な勢力でしたが、今や、その厄介な勢力がDS残党を襲っているのです😂😂😂

 

一方その頃、トランプさんはゴルフをしているというwwww🤣🤣🤣🤣

画像36

 

要するに、トランプ陣営は、DS残党とアンティファなどの駒も離間させたのです。

 

 

さらには、バイデン側と民主党支持者の間にも大きな溝ができています。

画像37

 

公約を無視し、おかしな大統領令を狂ったように発行し続けるヤバイデン2号の暴走を見た民主党支持者は、既に後悔しはじめています。

画像39

 

また、トランプ支持者だけでなく、アメリカ全土でトランプ大統領を惜しむ声が日に日に強くなっており、改めて選挙不正やその他の問題に目を配り、その結果、覚醒する人が急増しています。

 

そして、日を追うごとにバイデン支持者の数は減少しています。

 

今は選挙ではないのでドミニオンも使えません。(笑)

画像38

 

要するに、トランプ陣営は、DS残党とアメリカ国民も離間させたのです。

画像40

 

1月20日に敢えて動かないことで、トランプ陣営は、DSとCCP,DSとアンティファなどの駒、DSと国民という「三種の離間の計」を成功させました。

しかも、戦闘や大きな犠牲なしでwwww😂😂😂

 

これほどコストパフォーマンスの良い戦略はないでしょう(笑) (❁´◡`❁)

 

考えてもみてください。

 

 

もしも、トランプ陣営が1月20日に軍事行動を起こしていたら、今頃、DS残党と、CCPと、アンティファ達はさらに結束し、アメリカ国民も混乱し、最悪の場合、アメリカは分裂していたでしょう。

 

しかも、そこまでのリスクを負ったとしても、手に入るのは、「既に役目を終えた盤上」の玉座のみです。

画像41


こんな割に合わない買い物を、不動産王にまでなった生粋のビジネスマンであるトランプ大統領がするでしょうか・・・?(笑)

 

まず、絶対にしないでしょうし、彼の周りにいる鬼才軍師達が許さないでしょう (∩´﹏`∩)

 

 

だからこそ、トランプ陣営は1月20日になっても一切動かなかったのです。(笑)  

画像42

 

最後に、軽くまとめます‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

トランプ陣営が1月20日に動かなかった理由は5つ。

 

それは、

 

1、バイデン側に完全にクーデターを完遂させるため。

 

2,アメリカの分断を防ぎ、かつCCPの侵攻を防ぐため。

 

3,戦略上非常に重要な台湾をCCPから守るため。

 

4、1によってバイデン側やマスメディアの正当性が完全に失われることに加え、圧倒的な戦略的優位性を保っているトランプ陣営は、そもそも1月20日にこだわる理由がないから。

 

5,敢えて茶番を黙認することで呉越同舟を自然崩壊させるため。

 

この5つでした。

 

 

もちろん、これは、あくまでも私の読みにすぎませんので、他の理由もあるかもしれません。

 

ですが、これまでの出来事を冷静に分析すれば、今回あげた5つの理由こそが最も重要なものであることは明白だと思います。

 

 

いずれにせよ、トランプ陣営が1月20日に動かなかったことは英断であり、賢すぎる選択でした。

 

 

そのおかげで、DS残党とCCPは共食いをはじめ、自ら崩壊の道へ邁進しています。(笑)

画像43

 

いかがでしたか・・・?(✿◕‿◕✿)

 

 

これこそが、4次元チェスです。

画像44

 

陰謀論だの、現実を見ろだのと偉そうに口から屁をこく暇があれば、このレベルの思考ができるようになるまで自分を研磨して欲しいものです。 

 

2次元しか見れていない分際で、勝手に勝敗を決めるのは傲慢であり、不遜です。

 

4次元チェスすら追えないならば、せめて黙っているべきだと私は思います。

画像45

 

 無駄に人を不快にさせるのは無粋そのものでございます。

 

もう少し、お勉強してみてはいかがでしょうか?

画像46

一葉落ちて天下の秋を知る。

 

この言葉は、まさに今回の戦いを表す美しい表現だと思います。

 

一枚の葉すら見逃さずに、そして、その葉が落ちた文脈から類推できる全てのことを大切にしていけば、自ずと世界は見えてくると思っています。

画像47

 

 

 

 

 

画像48

それにしても、トランプ陣営の頭脳達はチートですなwwww😂😂😂😂😂  鬼才すぎるwww😂😂😂  

 

こりゃ、勝てんわいwwww😂😂😂😂

 

今後の彼らが、どんな4次元チェスを展開していくのか、ゆっくりと楽しませてもらいましょうか🥰🥰🥰(*´꒳`*) 

 

 

ところで、左翼及びエセ保守の愚かなヒヒども、ついてきてる?(笑)

 

 

あ、貴様らには、このレベルは無理だわなwww😂😂😂😂

 

 

すまん、すまん、許しておくんなましぃ~〜‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

ふはははははは母!!!!!😂😂😂😂😂🥰🥰🥰🥰🥰

画像49

 

 

ふははははははは!!!!!😆😆😆😆😆😆😊😊😊😊😊😊

画像50

 

ぶはははははははは!!!!🤩🤩🤩🤩🤩🤩🙂🤗🤗🤗🤗🤗

画像51

 

 

ふはははははははは、ちゅ😘😘😘😘😘😘😘

画像52

 

 

・追伸 トイレ以外はノンストップで書きましたが、それでも5時間かかりました😭😭😭😭😭😭(´;ω;`) なげぇえええええ😭😭😭😭😭😭(>人<;)

10345文字でした(笑) 狂ってるわい😂😂😂😂😂😂

眼がショボショボします〜‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

 

 

画像54

※ ご拡散・シェアは本当に助かります😭😭😭 いつも、本当にありがとうございますm(_ _)m

※ 私がここにいることを他のお方にご拡散くださいm(_ _)m

ツイッターが復活するかわかりませんが、
しばらくはこちらで頑張ります!😭😭😭(´;ω;`)

 

 

55 弾劾裁判におけるペロシの矛盾。世界一のトランプ支持者はペロシ自身!?😱🥰トランプ陣営の対応が超面白い!😂

 

 

2021/02/09 05:30

 

 

米時間2月9日から、トランプ大統領の弾劾裁判が民主党主導の元で行われる予定です。 (*'ω'*)

画像2

 

ちなみに、この弾劾裁判は、米国下院議長「ナンシー・ペロシ」が強引に推し進めたものです。(最近のペロシは恐怖と焦燥感により、正気の沙汰ではないことは有名です。(笑))

画像1

しかし、そもそも、前大統領を弾劾するなど前代未聞であり、かつ前例主義のアメリカではけして受け入れられる行為ではありません。

また、憲法の原理からも逸脱しており、違憲です。
(このこと自体が犯罪となる可能性が非常に高いです。)

 

事実、前段階の時点では、あらゆる最高裁判事が関わることを拒否し、弾劾裁判に必要な連邦最高裁長官のポストを民主党議員が代役するなどといった狂った動きもありました。狂気の沙汰です😱😱😱
最高裁判事が嫌がったのは、今回の弾劾裁判が違憲かつ重罪であることを誰よりも理解しているからです。)

 

※ 弾劾裁判長はレーヒー上院議長代行(民主)だそうです。(笑) 最高判事ですらないじゃんwww😂😂😂😂 どうやら、民主党は完全に頭が壊れてしまったようですねwww😂😂😂😂

画像3

 

ちなみに、下のような詐欺メディアでは、今回の弾劾裁判について、こんなことを堂々と書いています。

有罪評決が下された場合、上院はさらに過半数の議決で、トランプ氏が将来公職に就く資格を剥奪できる。

 

は?! なんですか、この宇宙人みたいな発言はwww😂😂😂 勝手に憲法を書き換えてるwww😂😂  ヤバくない?(笑)

 

「トランプ氏が将来公職に就く資格を剥奪できる。」とかwww😂😂😂

合衆国憲法を読みもしないで、自分で勝手に法律を作ってしまうとは、この記者は末期患者ですwww 怖いってwww😂😂😂😂

画像4

 

そもそも、憲法にある弾劾裁判とは、現職のアメリカ大統領を罷免するための特別な裁判制度であり、アメリカ合衆国憲法では、

「重大な犯罪および罪過によって弾劾されたり有罪判決を受けた場合は,大統領はその職を追われる」

と規定してあるのみです。

 

言いかえれば、現職ではない大統領の弾劾裁判など、そもそも憲法の規定にはありませんから、違憲です。(笑)

 

しかも、なんですか?

 「重大な犯罪および罪過によって弾劾されたり有罪判決を受けた場合は,その職を追われる」ってwwww😂😂😂😂

 

は!? 現職の大統領を裁くことは憲法には記載されていても、前職の大統領を裁くことは、少なくとも弾劾裁判の部分には一切含まれていませんよwww😂😂😂  

 

現職の大統領を弾劾するための裁判だから、「弾劾裁判」なの(笑)

 

馬鹿な貴様らには、地獄のお尻ぺんぺんの計10万回だ!!! (●ˋᐞˊ●)

画像5

この狂った記者をはじめとしたマスメディアやペロシなどの民主党議員達は、頭が悪すぎるというか、悪い意味で宇宙人すぎて怖いですwww😂😂😂 

 

 

画像6

鬼才集団であるトランプ陣営の弾劾裁判に対する反応が超面白い!(笑)

 

この違憲な弾劾裁判について、トランプ陣営は公式の答弁書を公開しています。(興味がある御方はご参照ください (*'ω'*))

https://radiopatriot.files.wordpress.com/2021/02/45th-presidents-answer-to-article-of-impeachment-final.pdf

 

読む時間がないお方のために、私が超簡単に超訳しますと、

「 まず、「高潔なあなた方」の質問に敬意をもってお答えします 。
(皮肉w)

 

合衆国憲法の規定では弾劾裁判は現職の大統領に適用されるものですが、あなた方の主張に従えば、第45代大統領ドナルド・トランプは既に現職ではありません。よって、この弾劾裁判はそもそも無効です。(超皮肉w)

 

また、あなた方の主張に従えば、任期が満了した第45代大統領は既に現職ではありませんから、そもそも弾劾裁判で解任することはできません。 現職ではない大統領を解任することはできませんよね?(超皮肉www)

 

さらに、既に第45代大統領が(1月6日)反乱に関与していないことは証明されており、資料も公開されています。 つまり、あなた方は反乱を名目に弾劾裁判を起こそうとしていますが、それはこの事実に反します。

 

何度も言いますが、第45代大統領は現職ではないので、弾劾できません。

また、そもそも現職の大統領ではないので解任することもできません。」

 

どうでしょうか? (笑)

 

答弁書の方はさらに固い表現を多用していますが、私はこの答弁書を読みながら爆笑していましたwww😂😂😂

画像7

 

ペロシ民主党を馬鹿にした「皮肉」のオンパレードだったので、
たぶん、トランプ陣営は爆笑しながら書いていたはずです😂😂😂

 

で、何が一番皮肉なのかと言うと、

 

あなた方の主張に従えば、任期が満了した第45代大統領は既に現職ではありませんから、そもそも弾劾裁判で解任することはできません。 現職ではない大統領を解任することはできませんよね?」

 

この部分です(笑)

 

先程もいいましたが、弾劾裁判とは、そもそも「現職」の大統領に適用される裁判制度として、憲法で規定されています。

 

しかし、選挙不正で勝った民主党やバイデン自称大統領は、自分達は正式な手続きで勝利し、かつヤバイデン2号は正式に第46代大統領になったと主張しています。

画像8

そして、その論理に従えば、トランプ大統領は、第45代大統領、つまり、「前職の大統領」になることになります。

 

にもかかわらず、ペロシ民主党は狂ったように弾劾裁判をしようとしています。  実に、矛盾していますよね?(笑)

画像9

 

しかし、この明白な一連の事実を紐解けば、ある重大な事実に気づくことができます。Σ‪(¯ω¯ノ)ノ

 

 

それは・・・・・・・

 

 

 

画像10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の誰よりも、ペロシ民主党)は、トランプ大統領が現職の大統領であると信じているのです!!!😱😱😱😱😱

画像11

 

言いかえれば、なんと!世界一のトランプ支持者はペロシ自身なのです!!!!😱😱😱😱 ええええええっ!!!!?😱😱😱😂😂😂 (∩´﹏`∩)

画像28

バイデンが勝ったと民主党の議員やマスメディアが騒ぐ中でも、ペロシは、トランプさんが好きすぎて未だに現職の大統領だと信じているのです!!!

 

だから、弾劾裁判を起こしているのです!!(笑)

 

もはや、ペロシツンデレ💗の域を超えています!!!Σ( ºΔº 〣)

画像13

そして、この弾劾裁判で選挙不正の証拠やその他の都合の悪い事実が公開されれば、バイデン陣営は一気に崩壊し、トランプ大統領が名実ともに大統領として復帰してしまう可能性だってあるのです!?😱😱😱
(しかも、たとえ弾劾が上手くいっても、そもそも現職じゃないからトランプさんはノーリスク(笑))

 

そんなハイリスクなアシストをするペロシは、スーパーツンデレ💗であることは間違いありません!!!!

画像14

 

トランプ陣営の答弁書は、そんなスーパーツンデレ💗であるペロシの一方的な愛を軽く受け流しているものだったのです!?(笑)ο(=•ω<=)ρ⌒☆

画像15

 

と、ふざけるのはこのくらいにして、少し真面目な話に戻れば、
トランプ陣営が答弁書で言いたかった皮肉は次の一文に要約できます。

 

「我々よりも、貴様らの方が、トランプ大統領が「現職の大統領」だと信じているではないか(笑)」

 

画像16

 

どうですか?  超面白いでしょ?www😂😂😂😂😂

 

一般的には、答弁書って固く難しい表現が多いので、基本的には眠くなるものばかりなのですが、今回の答弁書はしっかり読み解けば、超面白いですよね!(笑)

画像17

それにしても、勝った側のはずなのに、負けたはずのトランプ陣営に、

 

「いやいや、あなた方の意見では、我々の大将は既に過去の人でしょう(;´Д`)」

 

なんて、フォローされているペロシ民主党って大分ヤバいですよねwwww😂😂😂 

 

こんなレベルでよく勝てると思ったものです(笑)

画像18

 

 

あ、勝てないと分かっているから、今もトランプ大統領が「現職の大統領」だと信じているのか😀

 

画像19

世界各国の左翼カルトとエセ保守、及び工作員の皆様、残念wwww🤣🤣🤣🤣🤣

 

 

ふははははははは!!!!!🤣🤣🤣🤣🤣🤣😭😭😭😭😭

画像20

 

 

ふ~~~~はははははははは母!!!!🥰🥰🥰🥰🥰🧐🧐🧐🧐🧐

画像21

 

 

ふははははははははh!!!!🥳🥳🥳🥳🥳🥳😉😇😇😇😇😇

きら~ん♪ο(=•ω<=)ρ⌒☆

画像22

 

 

 

 

 

画像23

 

※ 追記1 ちなみに、今回の弾劾裁判についてトランプ大統領は1月13日に、こう言い残しています。

 

憲法修正25条における罷免は私にとってはリスクはゼロだ。しかし、バイデン氏とその政権を悩ませることになるだろう。昔からの諺にもあるように、「安易な願い事には、気をつけろ」だ。」

 

※ 今回の私の記事と合わせて読むと意味深でしょ?(笑)

画像24

 

 

※追記2 

 

Twitter時代に、フォロワー様から、

「 MJ隊長、一つわからないことがあるのですが、ペロシやマコーネルの言う弾劾って現役の大統領にやるやつですよね? トランプさんは1月20日に任期が終わるのに、その後に弾劾して意味があるんですか? 不正選挙とはいえ、このままだと大統領をやめないわけはないですし・・・」

といった質問をいただき、それに愚かな私は、

「ああ、それはね、ペロシやマコーネルは、今後もトランプさんが大統領のままだと誰よりも知っているんですよ(笑) あ、これ言っちゃだめなやつかな(。・ω・。)」

なんて軽く返答してしまい、その後、さらに、危険すぎる「7人のラッパ吹き」と「エヴァの超考察」を投稿した私は永久凍結されました😭😭😭😭😭😭(இдஇ; )(இдஇ; )

 

ぬわぁあああああああん😭😭😭😭😭😭😭😭(´;ω;`)

画像25

 

 

画像26