鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

マッカーサーjr[ジュニア]さんのnote(ノート)ブログの記事を記載。《玖》

 

 

 

 

見出し画像

37 驚愕!😱ホワイトハウスの停電が10日以上継続!!バイデン政権の正常稼働は本当なの?!

 

 2021/01/31 15:19

 

 

とんでもないことになってきました!!!(っ °Д °;)っ

 

ホワイトハウスの暗闇が10日以上継続しています!!!😱😱😱

数日間だけなら特別に取り上げる予定はありませんでしたが、10日以上となるとさすがに異常です!(っ °Д °;)っ

 

急ぎ過去のデータを調べてみましたが、こんなことは前代未聞の珍事です!😱😱😱😱

画像2

しかも、大統領就任直後から10日間停電など、どう考えてもおかしいです。

 

サブサブ様コメント抜粋
2021/01/31 15:56

ホワイトハウスに電話した人が、今閉鎖しています!と、留守番になると言っていました。菅総理は何処に電話したのでしょうか?🤔

太陽様コメント抜粋:
2021/01/31 15:36

バイデンと電話会談した菅。停電なら出来ないですね。
しかも話したのは通訳同士だったらしいです(笑)本人どこ?
於妙様コメント抜粋:
2021/01/31 15:34
本日も停電なり。地球環境を考えての節電ざます。オホホホホ

 

バイデン政権や民主党・マスメディアは必死でバイデン政権が何の問題もなく稼働しているかのように演出していますが、さすがに無理があるでしょう。

 

どうやら、ヤバイデン2号の調子も悪いらしく、トランプさんのことを、

トランプ大統領(❁´◡`❁)」

って読んでいたらしいですwww😂😂😂

画像1

おいおい、本当に大丈夫なのか?(笑)

 

それに加えて、10日以上も停電ってwwww😂😂😂😂

 

 

あれれれ~😀😀😀😀😀

 

 

何かがおかしいねぇ~wwww😂😂😂😂😂😂

 

 

ねぇ、バイデン政権の正常稼働って本当なの?!🙃

 

 

もしかして、「実は、バイデン政権も停電してました╰( ̄ω ̄o)」なんてことはないよね!?😂😂😂  ええ?!😀😀😀

 

ふははははははは母!!!!!🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣

 

 

 

38 Twitterのことは嫌いでも、私のことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭😭😭

 

 2021/01/31 19:53

 

 

※ この記事は完全に出オチです。笑😂😂😂

 

かなり古いネタですが、私はこれが大好きなんですw😂🥰
(そういえば、AKBって最近聞かなくなりましたね(笑))

ただ、当時から思っていたのは、

「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭」

よりも、この逆の、

「AKBのことは嫌いでも私のことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭」

の方が絶対に面白いと思っていましたwww😂😂😂😂

 

実際、本音はこっちだったろうし、逆に、私はそれくらい素直な方がファンになっちゃうけどなぁ🥰なんて思っていました(笑) 

 

まぁ、そんな大胆なアイドルがいるわけがないかwww

 

結局、そういった面白い発言をしてくれる猛者は一人も出てきませんでした・・・・😥😥😥(>人<;)

画像2

 

 

 

 

 

 

 

 

画像1

だから、私が言います。(笑)‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

Twitterのことは嫌いでも、私のことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭😭😭

画像3

 

 

 

 

 

 

もう一度、言います。(笑)

 

Twitterのことは嫌いでも、私のことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭😭😭

画像4

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、最後にもう一度。(笑)

 

Twitterのことは嫌いでも、私のことは嫌いにならないでください!!!😭😭😭😭😭

画像5

 

 

 

 

画像6

※ 茶番におつきあいいただき、感謝いたしますm(_ _)m(笑)

 

どうしても、一度、やってみたいことでした😂😂

 

 

実は、今、

gamestop株をきっかけに始まった「ウォール街ヘッジファンド」VS民衆の代表「個人投資家」の新経済戦争を徹底考察!!

画像7

という記事を書いていますο(=•ω<=)ρ⌒☆ 

 

現在はさぼり中ですww😂😂😂‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像8

ご期待くださいまし!!!‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

39  超危険!gamestop株をきっかけに始まった「ウォール街ヘッジファンド」VS民衆の代表「個人投資家」の新世界経済戦争を徹底考察!!

 

 2021/01/31 23:28

 

 

読者様からのモフモフ目安箱の中でも特にご要望が多かった、この話題について言及させていただきます。
(この超危険すぎる話をツイッターでしてしまうとバンされますので、逆にNOTEに移ってきて正解だったかもしれませんw ⸜( ´ ꒳ ` )⸝ )

 

トランプ陣営 VS バイデン陣営の戦争が大盛りあがりしている一方で、昨今急激に拡大し、ついには経済戦争にまで発展したのが「gamestop株事件」です。(金融版「アラブ春」とも言われているそうです)

画像1

詳細がわからないお方はぜひ以下のニュース記事を参考にしてみてください(>'-'<)

この事件を超簡単に説明しますと、ウォール街にあるDS(ディープステート)傘下のヘッジファンドが卑劣な手法で莫大なお金を儲けようとしていましたが、それに気づき激怒した個人投資家達が、一気に結束し、徹底的に妨害しことで、逆にヘッジファンドが破産寸前までに大損害を被ったという事件です。

ヘッジファンドの卑劣な手法が成功していれば、今頃多くの個人投資家などが大損害を被り、破産していたでしょう。(実際、こういった悲劇はこれまでの金融市場では無数に起きてきました。)

 

しかし、今回、多くの個人投資家達が一致団結し、ヘッジファンド側の卑劣な戦略を見事に打ち砕いたがために、金融市場や経済界では激震が走っているのです!(っ °Д °;)っ

画像2

特に、DS傘下のマスメディアや各種論者達はヒヒのように騒いでおり、完全に正気の沙汰ではありません。

 

また、今回破産寸前までに追い詰められた会社以外のヘッジファンドにも激震が走っており、現在進行系で戦々恐々している様子です。(笑)

画像3

さらには、この流れは全世界の個人投資家達にも波及し、他のDS傘下のヘッジファンドが「銀」に対して仕掛けている卑劣な戦略をも壊させようと、今、世界の個人投資家達の間で「銀」が爆買されています。

この流れがこのまま続けば、銀に対して卑劣な戦略を実行していたヘッジファンドも莫大な損害を被ることになるでしょう(笑)

 

あははは、痛快www😂😂😂 

画像4

「いったい、何が起こっているの?! (∩´﹏`∩) 」と混乱しているお方も多いと思いますので、私が重要ではない細かい知識は省き、重要な全体像のみを分かりやすく解説いたします(✿◕‿◕✿)

 

画像5

 

結論から申しますと、今、世界で起きているのは、

「新しい形態の世界経済戦争」です!

画像6

実は、この展開こそがDSが最も恐れ、かつ必死で避けようとしていた状況です。

 

そもそも、現在の世界の金融資本システムはDS側が仕掛けた「詐欺システム」です。

 

※ このことについては、今後の記事にして詳しく扱う予定です。

 

これまでのDSは、不正な手段によって世界各国のお金を発行する権利を支配してきましたので莫大な資金力がありました。
(お金を発行すれば、増えますからねw)

画像7

ゆえに、DS傘下のヘッジファンドなどは、その莫大な資金力を背景に卑劣な手法を次々に実行し、莫大なお金を不正に稼いできました。
(これまではDS側は圧倒的な資金力を悪用することで様々な詐欺を実質的に合法的に行うことが可能でした。)

 

そして、その不正の犠牲になるのは、常に個人投資家や民間の会社でした。

 

別の言い方をすれば、DS傘下のヘッジファンドはその巨大な資金によって、多くの個人投資家や民間会社を潰し、さらには、その死体を食っては増大していたのです。

画像8

この卑劣な事実を象徴するエピソードが、bonafidrさんの記事にありましたので紹介させていただきます。(このエピソードを語っている人は、今回のゲームストップ事件にも参加していたそうです。)

 

 

 

どうでしょうか・・・?

 

DS傘下のヘッジファンドによって人生を台無しにされた人達の憎しみの声が生々しく伝わってきませんか?

 

実際、今回の金融版「アラブ春」に参加した人達の多くは、このお方と同じようにヘッジファンドに対して強烈な憎しみや怒りを感じている人達であり、その共有された思いは、一つの巨大金融集団を形成し、終いにはDS傘下のヘッジファンドを破産寸前までにたたきつぶしました。(さらに、現在は「銀」に対しても同じ抵抗を行い、他の悪徳ヘッジファンドを潰そうとしています。)

画像10

こういった現象は、これまでの金融市場では滅多に起きることはありませんでした。

少なくとも、今回のように個人投資家達が意図したように金融市場が操作され、その結果、ヘッジファンドが大損害を被るといった例は聞いたことがありません。(だから、金融版「アラブ春」と言われているのでしょう)

 

そして、これはあくまでも愚鈍な私の読みではありますが、今後の金融市場では、こういった一致団結した個人投資家集団によって悪徳ヘッジファンドが空の彼方に吹き飛ばされるという現象は、より頻繁に起きてくると思われます。

画像11

ところで、圧倒的な資金力を誇っていたヘッジファンドがなぜ負けることになったのか? 疑問に思いませんか?

画像12

実は、答えは、超簡単です(笑)
(一般の経済学や経済の専門書では絶対に書いていないことですが(笑)偽物の専門家が書いた本は読んでも意味がなく、かつお金と時間の無駄ですのでオススメしません(>人<;))

 

それは、DS側がお金を発行しすぎたからです。

64611905-お金-100-ドル札を印刷

言いかえれば、世の中に出回るお金の量が増えることで、一般民衆の多くもお金持ちになり、相対的なお金の価値が下がったからです。

 

つまり、世界におけるDSの影響力が大幅に減少したからこその現象なのです。

画像13

 

これは学校のクラスでイメージすれば非常に分かりやすいと思います。(●´ω`●)

画像15

例えば、特例の一人を除いたクラスメイトのお小遣いの平均額が500円(毎月)のクラスがあるとします。

 

しかし、1人の超金持ちの息子であるS君は、なんと毎月500万円のお小遣いをもらっていて、その膨大なお金をクラスメイトに配っては、好きなだけ言うことを聞かせていました

画像16

しかし、ある日、S君はクラスメイトが全く言うことを聞いてくれないことに気づきます。(っ °Д °;)っ

画像17

S君:「おい、お前ら、5万円あげるから、予習のノートを見せろ😜」

S君はいつもどおりに命令します。 しかし、周りの人達は睨んでくるだけです。

画像18

 

J君「5万円なんて、もう俺らだってもっているんだよ! 少し金持ちだったからって、よくも俺たちを好き放題に使いやがったな!!!」

起こったJ君はS君に襲いかかり、クラスのみんなもそれに続きました。

画像19

 

 

その後、S君は二度と帰らぬ人となりました・・・・(●´ω`●)

画像20

 

どうでしょうか? 

 

これ、超分かりやすいですよね?

 

実は、今のDSの状況は、このS君というかスネ夫と全く同じです。(笑)

 

DSは、クラスメイト(世界の人々)にお金を配って、散々利用している間に、世界の人々はどんどんお金持ちになり、最終的にはDSを圧倒できるほどの組織的な力を手に入れてしまったのです。

 

そして、今回の「gamestop事件」(金融版「アラブ春」は、DS君に怒ったクラスメイトのみんなが一致団結して、DS君に反撃したことで起きた事件でした。

画像21

 

 

つまり、今後のDS君が歩む道のりは、S君と全く同じ道なのです。(笑)

画像22

あははははwwww😂😂😂😂😂 超面白いwww🤣🤣🤣🤣🤣

 

序盤に、この展開こそがDSが最も恐れ、かつ必死で避けようとしていた状況だと言いましたが、これで完全にご理解いただけたはずです。(>'-'<)
(だから、DSは、これを防ぐためにNWO計画やグレートリセットを実行しようとしていたのですwww😂😂😂 結局、間に合わなかったけどwww😂😂😂)

画像23

ね♪ 結構簡単だったでしょ?(笑)

 

ただ、今回はじまった「新しい形態の世界経済戦争」は今後ますます激しくなっていくと思われます。

 

というのも、世界の民衆の代表でもある個人投資家達は、今回の勝利によって、輝かしい成功体験を得たことで、改めて自分達の力を再確認したからです。

画像24

よって、今後は、世界中の個人投資家達はますます団結し、巨悪であるDS傘下のヘッジファンドを次々に潰していくでしょう。

 

 

そして、これは金融市場だけではなく、我々の戦場でもある、情報世界の世界戦争でも同じです。

画像25

 

今は、情報世界のヘッジファンドたるマスメディアがやや優勢ではありますが、それも、もはや「風前の灯火」です。

 

まもなく、その火は消えます。

画像26

 

現在の情報戦争には、覚醒した多くの民衆に加え、今まで影に隠れていた鬼才や化け物までもが民衆側で参戦し、刻々と民衆勢力の力が増大しています。(これは世界レベルでの現象であり、民衆側の勢いはマスメディアでは抑止不可能です。)

画像27

 

一致団結した民衆勢力は凄まじい速さで膨大な情報を拡散し、その勢いは神ですら止めることはできません。

画像28

 

さらには、民衆側で参戦した世界中の鬼才や化け物達は次々とマスメディアやDS配下の論者を論破、秒殺することで、DS側の力を大幅に削り、かつ民衆側の勢力を大幅に増大させています。
(さらに、その鬼才や化け物達の情報が無数の覚醒した民衆によって瞬時に拡散されるという、敵にとっては地獄のようなコンボが展開されています(笑))

 

 

断言しますが、今後は情報世界の世界戦争においても、民衆側がDS側を圧倒し、叩き潰すようになるでしょう。

画像29

 

一度、己の強さを自覚した人間達ほど恐ろしい生き物はありません。

 

 

彼らはその化け物のような繁殖力に加え、化け物のような団結力を有し、さらには、化け物のような鬼才・天才を次々に生み出します。

画像30

 

 

かつて、DS達の上層部は表で人間を統治していましたが、その大半が反旗を翻した覚醒した人類によって、全滅させられました。

画像31

だから、彼らは地下に、影に、裏に、隠れるようになったのです。

 

 

もしかすると、我々以上に「人間」の恐ろしさを知っているのは、彼らなのかもしれません。

画像32

 

 

 

しかし、何度も繰り返される歴史の中で偉大な先祖たちは、子孫である私達に大いなる意志を託していました・・・・

画像33

 

 

 

 

 

備えよ。
たとえ今ではなくとも、チャンスはいつかやって来る。
シェイクスピア

 

 

 

 

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。
その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。
ひたすら進め     ~
ニーチェ~ 

 

 

 

 

神と悪魔が戦っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。
ドストエフスキー

画像34

 

 

 

40 リンウッド弁護士が真実だと言ったハリウッドの『ハンガー・ゲーム』のプロデューサーが勇気ある証言をしています!消される前にご確認ください!😱😭

 

 2021/02/01 00:26

 

 

リンウッド弁護士が真実だと言ったハリウッドの『ハンガー・ゲーム』のプロデューサーが勇気ある証言をしています!消される前にご確認ください!!😭😭😭 

ハリウッドの闇や、エプスタイン事件や小児性愛について赤裸々に語ってくれています🥺

 

子どもたちがかわいそう😥😥😥(இдஇ; )

 

私は自分が関わった人(特に子供)にはできるだけの愛を与えたいと思いました😭😭😭😭😭(இдஇ; )

 

そして、まだ陰謀論などと言っている人は時代遅れです。

 

今後、巨大な嵐がやってくるでしょう・・・

 

準備ができている人は心配ありませんが、果たして相変わらず眠っている人々がこのショックに耐えきれるかどうか🥺🥺🥺🥺🥺 

 

私はすごく心配です😥😥😥

 

でも、だからこそ、私は今後も一生懸命に情報発信に励みます!༼ つ ◕_◕ ༽つ༼ つ ◕_◕ ༽つ༼ つ ◕_◕ ༽つ

 

一緒に頑張っていきましょう!!!😊😊😊(✿◕‿◕✿)

 

 

 

 

41 偽りの民主主義の象徴アウンサンスーチーが軍によって拘束!バイデン政権も必死!

 

 2021/02/02 05:30

 

 

私が要望の多い「日本の〇〇家」に関する2万文字を超える記事を書いている間に、凄いことが起きていたようですね。 (∩´﹏`∩)

画像7

昔から私が大嫌いだった偽りの民主主義の象徴アウンサンスーチーが軍に拘束されたそうです🥳🥳🥳 これは朗報だ(笑) 

 

拘束された理由ですが、去年11月に行われた総選挙での不正や不備を調査するためだそうです。(ミャンマーアメリカ同様選挙不正で有名ですからね(笑))

 

この後解説しますが、これにはトランプ陣営も深く関わっています。
(やはり、私の読みは当たっていた。ということは、日本は最後か)

 

現在のミャンマーはDSに民主主義革命を起こされる前と同様に軍が権力を掌握しているとのこと。

画像21

※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。

 

 

一葉落ちて天下の秋を知る。

画像23

さて、今回の一件は何を意味しているのか?

 

結論からいえば、この1件は、DS(正確にはジョージ・ソロス)がアジア圏にあった貴重な牙城を失ったことを意味します。これは、致命的(笑)

画像1

一般的には、 国民民主連盟党首のアウンサンスーチーは民主主義の象徴のように思われていますが、それはDS配下の詐欺マスメディアが作った虚像にすぎません。(私はこの邪悪な女がソロスの香りを漂わせて登場した時から大嫌いでした。)

 

※ マスメディアが絶賛する人間の99%は裏があり、大抵は極悪人です。
逆に、マスメディアが徹底的に叩く人達こそ、正義の人である場合がほとんどです。トランプ大統領金正恩プーチンイスラム教などは誤解されています。)

 

アウンサンスーチーの正体は、ミャンマー(子ども達)をDSに売り飛ばした売○奴であり、詐○師です。

画像2

2011年3月から、アウンサンスーチーを主軸にしてはじまったこの政府は、民主主義を隠れ蓑にし、限りない数の犯○行為を行い、あるいは、黙認してきました。(麻薬、人身売買、DSの活動拠点、イスラム教徒の大量虐殺など)

画像4


CNNが記事にした、サフラン僧を含む武装した仏教徒ミャンマーイスラム教徒を大量虐殺した事件も、アウンサンスーチーは黙認しました。

 

また、ミャンマーに隣接するタイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュなどといった近隣諸国の外交官達のミャンマーに対する評価は最悪であり、実際に、アウンサンスーチーの政権は諸外国との条約を平然と破り、数多の災害を引き起こしてきました

 

ゆえに、アウンサンスーチーを民主主義の象徴して称賛していたのは、DS傘下の欧州、米国、中国、日本といった国くらいでした。
(それらの国の馬鹿な国民は詐欺メディアの話をそのまま信じ、アウンサンスーチーを良い人だと思っているから手に負えない。)

 

アウンサンスーチーはDSのジョージ・ソロスが背後にいる傀儡であり、ソロスの詐○組織「opensociety」にも写真を提供していました。(今は、証拠隠滅しているかもしれません)

画像3

DSの操り人形であるこの女は、ミャンマーグローバリズム共産主義)の渦に放り投げ、多くの国民や文化を抹消してきました。

画像5

DSやソロスは、ミャンマーを主な拠点にし、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュなどにグローバリズム工作や、様々な犯○を犯していました(麻薬や人身売買も然り) 

 

特に、アウンサンスーチー国民民主連盟党首になってからは、DSの暴走は顕著なものとなっていました。(実質的に、ミャンマーはソロスやDSの牙城だったのです。)

 

しかし、DSの影響力が低下した近年では、タイにおける大規模デモなど反DS・グローバリズムの巨大な波が形成されつつありました。(実際、こういった地域ではトランプ大統領は凄まじい人気で、DS、ロスチャイルドなどは当たり前のように知られています。)

 

多くの愚かな日本人が眠っている間に、東アジア・東南アジアの人々は自分達の本当の敵に気づいていたのです。しかし、日本人は未だに眠っています。

画像6

さて、その反DSという大きな波に乗る形で起きてきたのが今回の事件です。(また、DSはCCPとも敵対関係にあり、東南アジア地域におけるプレゼンスはさらに低下していました。)

 

また、少し思い出してみてほしいのですが、最近起きた、オランダ王室の問題や、オランダをはじめとした諸外国の内閣総辞職、また、オランダで逮捕された「アジアの麻薬王」、バロン・ベンジャミン・デ・ロスチャイルドの急死、ハリウッドをはじめとした芸能人や作家、作曲家、タレント、コメディアンなどの急死、重病告白などは、全てDS側にとって不利な出来事です。(また、グァンタナモ米軍基地に無数のDS関係者が収容されていることもDSにとっては致命的(笑))

 

そして、私の過去のツイッターを読んでくれていたお方ならば既にお気づきだと思いますが、これらは、すべて「DS駆除を目的にしているトランプ陣営と世界各国の連合軍による戦略」によって引き起こされたものです。

 

特に、今回の舞台であるミャンマーやアジア地域のみに焦点を当てると、DSは、アジアの麻薬密売ルートからの莫大な収入と、ミャンマーという貴重な牙城を失ったことになります。(DSにとって、アジアこそが最も貴重な収入源・子供の確保場でした。ゆえに、DSやソロスは完全に詰みです。(笑))

 

タイやミャンマーの周辺は昔から麻薬で有名な地域です。

画像8

アジアの麻薬王がオランダで逮捕されたというニュースを聞いた時、私は「次はタイかミャンマーで何かが起きる。」と何となく予感していましたが、予想以上に早く、しかも、まさか私が昔から大嫌いだった魔女アウンサンスーチーが拘束されるとはwww😂😂😂😂 たまらんねぇ~♪😂😂😂

画像9

私の読みでは、もしも、他の日本人達が言うように、トランプ陣営が劣勢であるならば、まずはタイから攻めると思っていました。 

 

そして、周りの障害を取り除いた後に、ミャンマーを制し、DSのアジア地域における影響力を完全に排除するものと思っていました。(麻薬王を潰したことで、DSはジリ貧になっていきますから、劣勢だとしても焦る必要はないからです。)

 

しかし、この短期間で一気にアウンサンスーチーを拘束し、ミャンマーを制圧したということは、やはり、私の読み通り、トランプ陣営は圧倒的に優勢だったのです。(むしろ、アメリカ大統領選挙はこのための煙幕だったと思っています。)

画像10

 

アメリカ大統領選挙は、DS掃討作戦のための「煙幕」であり、トランプ陣営は戦略的にも、軍事的にも、政治的にも、圧倒的に優勢であると私は何度も主張してきました。(究極的には、アメリカ大統領選挙など重要ではなかったのです。これはツイッターでも何度も言ってきました。)

画像11

しかし、マスメディアをはじめとした愚かな日本の人々は、こういった意見を陰謀論と片付け、目先の出来事に一喜一憂し、終いには保守と自称している人達までもがDSのプロパガンダを支持しました。

 

負けているように見えるトランプ陣営に絶望し、私に文句を言ってくる人も無数にいました。

 

私はただ自分の読みを紹介しているだけなのに「あれはデマだったんですか?」などと平気でいってくる人もいました。 ドン引きしました。
(なぜ、私に責任をなすりつけるのでしょうか? また、私がいつ未来を予告したのでしょうか?)

画像12

 

もちろん、そういった人達が多いことは承知の上で私はこの情報発信をはじめたわけですが、正直、ここまで悲惨だとは思いもしませんでした😥 

 

まぁ、限界がきたら、さっさとばいちゃ💗すればいいだけですので深く考えてはいません‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

画像13

 

すいません、話が脱線してしまいました。(・_・;)

 

 

要するに、今、DS側はアジアの収入源と拠点を失い、絶体絶命の状況なのです。
( 私の読みでは、最近のロシアの暴動も、窮地状態から我慢できなくなったDS残党がプーチンの罠にはまって起こしたものです。これで、プーチンは国内のDS残党を処分する大義を得ました。)

画像14

現在のDSはCCPとも敵対関係ゆえ、もはや息をするのがやっとの状態でしょう(笑) (これでも、私の読みがデマというのであれば、フォローを解除し、朝日新聞でも読んでいればいい。そちらが真実なのだろ?ええ?)

 

実際に、DS側のバイデン政権は、このミャンマーの騒動に対し、

米国は、ビルマの国家顧問アウンサンスーチーや他の民間人の逮捕を含む、ビルマ軍が国の民主化への移行を弱体化させるための措置を講じたという報告に警戒している。バイデン大統領は、国家安全保障補佐官のジェイク・サリバンから説明を受けた。私たちは引き続きビルマの民主的制度に対する強力な支援を確認し、地域のパートナーと協力して、軍隊およびその他すべての政党に民主主義の規範と法の支配を遵守し、今日拘留されている人々を釈放するよう要請します。

という声明を出し、激しく牽制しています。
(もちろん、世界各国のDS残党詐欺メディアもヒヒのように騒いでいますw😂😂😂  効いてる、効いてるwww😂😂😂)

画像16

 

さらに、ホワイトハウスは、

「米国は、最近の選挙の結果を変えたり、ミャンマー民主化への移行を妨害したりするいかなる試みにも反対し、これらの措置が取り消されない場合、責任者に対して行動を起こすでしょう。」

などと、あからさまに脅しています(笑) 必死、必死😂😂😂

 

ただ、今のバイデン政権には軍事力がないので、いざミャンマーの軍事政権に対して行動をおこすといっても、ヤバイデン2号を出撃させるくらいしかできないでしょう(笑)   

今頃、トランプ陣営は爆笑しているでしょうね😂😂😂

画像15

また、バイデン政権は、

ビルマ軍が国の民主化への移行を弱体化させるための措置を講じた」

軍隊およびその他すべての政党に民主主義の規範と法の支配を遵守し、今日拘留されている人々を釈放するよう要請します。」

 

などと、偉そうに口から屁をこいていますが、そもそも、アメリカの大統領選挙を盗み、民主主義の規範と法の支配を破壊し、アメリカの民主主義を弱体化させたのは貴様らだろうが。(笑) アホかww😂😂😂

 

 

おそらく、現在のバイデン政権は自分達の未来の姿を、アウンサンスーチー政権に重ね、夜も眠れぬほどに怯えているのでしょう😂😂😂

画像17

 

だが、安心しろ、バイデン、そして、世界各国のエセ保守及び糞パヨクども。

 

逝くときは、一瞬だ😃

 

 

さよなら、パヨラッシュ😇😇😇 ふはははは!😀😀😀😀😀😀

画像18

ふはははははは!😂😂😂😂😂😂😂🥳🥳🥳🥳🥳

 

 

ふははははは母!🤣🤣🤣🤣🥰🥰🥰🥰🥳🥳🥳🥳🥳🥳

 

画像22

追記:私はこれまでの動きから見るに、トランプ陣営は、欧州、中国、東南アジアを片付けた後に、四面楚歌になった日本のDS勢力を一掃すると読んでいましたが、今回のミャンマーの騒動からも、そうなる可能性が高いと思われます。

 

追記2:ミャンマーは弱小国ですが、CCPと離間したDS側にとっては東アジアの要害でした。 そこを失ったということは、アジアから得られる莫大な利権を失ったことを意味します。 この騒動は今後の世界情勢に大きく響いてきます。 やはり、トランプ陣営の軍師は化け物じみた鬼才です。

 

画像19

 

※ 私がここにいることを他のお方にご拡散くださいm(_ _)m

ツイッターが復活するかわかりませんが、
しばらくはこちらで頑張ります!😭😭😭(´;ω;`)

 

 

42 お気遣い、本当にありがとうございました😭😭😭(´;ω;`)

 

 2021/02/02 18:51

 

 

前回の記事で少し醜態をさらしてしまい、私がかなり落ち込んでいると心配してくれた人がとても多かったようです😭😭😭(´;ω;`)
( わざわざ励ましのコメントをくださるお方もたくさんいました(இдஇ; ))

画像1

お忙しい中にも関わらず、余計な心配させてしまい、大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m(´;ω;`)

 

本音を言えば、蓄積した疲労や、〇〇家に関して記事を書いたこと、また最近までの日本人達の無様な反応を見て自分でも驚くほど興ざめしたことがきっかけで、現在の日本に対する悲観的な気持ちが増幅していたことは事実です。(இдஇ; ) (フォロワーの皆様ではなく、他の寝ぼけたヒヒどもに心底嫌気がさしたんです😥 (∩´﹏`∩)

 

しかし、だからといって、ここで無駄に弱気になっては絶対にいけないと思っています。 (∩´﹏`∩)

 

また、皆様からのコメントやお手紙を読んでいるうちに、こんな愚かな私でも多少は皆様のお役に立てていると知ることができました🥺

 

私に対する皆様のご期待や、これまで皆様からいただいご恩に報いるためにも、今後も可能な限り、頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします(❁´◡`❁)

画像2

ところで、フォロワー様からの情報でとんでもなく面白い情報を見つけました。

 

なんと、第二次世界大戦前の日本のマスコミではDS(ディープステート)・国際金融資本などといった概念が当たり前のように登場していたようです!!(っ °Д °;)っ 

これで、今、「陰謀論」などと言ってるやつらは皆「詐欺師」か「知的障害」か「極度の情弱」だと認定されました。

画像3

次の記事では、この超面白い話を扱いたいと思います!!!o(*////▽////*)q  

画像4

 

また、ミャンマーの糞BBAが拘束されたことで、勝敗は既に決まったようなものだと思っています。‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

バイデン陣営に残っているのは、犯罪者、詐欺師、信用が日々目減りしているマスメディアしかありません。あと、人造人間ヤバイデン2号(笑)

画像6

 

よって、今後は大分余裕があると思っています、なので「ハンター×ハンター」の考察などもシリーズに分けて書いていこうと思っています🥰🥰🥰

画像5

ぜひ、楽しみにしていてくださいね!!!‹‹\(´ω` ๑ )/››‹‹\(   ๑´)/›› ‹‹\( ๑´ω`)/››

 

 

安心してください😘😘😘 私はまだまだ頑張ります🥰🥰🥰(ノ◕ヮ◕)ノ*.✧

画像7

 

 

 

 

43 やはり陰謀論ではなかった!!1941年以前の日本のマスコミはDS・フリーメイソンの存在を国民に警告していた!!

 

 

 

えええええええええ!!!!!!!!?😱😱😱😱😱(っ °Д °;)っ 

画像2

ちょっと!!(っ °Д °;)っ ちょっと、ちょっと!!!!(っ °Д °;)っ

画像1

モフモフ目安箱にて、超面白い文献を見つけましたよぉおおおお!!!!!

 

なんと、第二次世界大戦前の日本のマスコミではDS(ディープステート)・国際金融資本、フリーメイソンなどといった概念が当たり前のように登場していたようです!!(っ °Д °;)っ 

 

※ DSは、ディープステートの略称です。公平な検索エンジンduckduckgo」で調べてみてください。

画像3

 

文献:神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 人種問題(3-046)
報知新聞 1941.6.23-1941.6.29 (昭和16)

 

ただ、昔なので「DS・カバール、国際金融資本」といった現代の呼び方ではなく、ユダヤ系によるユダヤ地底政府」という呼ばれ方をしているようです。(中身はDS・カバールそのもの!(っ °Д °;)っ)

 

まず、一緒に記事の出だしを見てみましょう😊🥰
(私はあまりに素晴らしい内容なので、これは本当にマスメディアの記事なのか?とすら思ってしまいました😱)

与論が白聖館を支配し、与論が政治的権機力に先駆するとまでいわれた与論の国アメリカ—その民主主義の牙城アメリカが今や一億三千万国民の与論を、"頬かぶり"して参戦の無限軌道を猪突驀進しようとしている


国民がストップと手を挙げているのに運転手ルーズヴェルトは赤信号を無視して遮二無二参戦の交叉点を渡ろうとしているのだ


冷静な与論を踏みにじってまでアメリカは何故"参戦"の危い橋を渡ろうとするのか、アメリカの実思を歪め、アメリカの与論を去勢するものは誰か?


この疑問符をあぶり出しにかけると『参戦を煽るものユダヤ地底政府』という文字が大きく浮び上って来る


ニューヨークがジューヨークと呼ばれ、ニューディールがジューディールと皮肉られ、
ニュースペーパーがジュースペーパーといわれるくらいジュー即ちユダヤ勢力が浸潤し、ユダヤの資金力によって金しばりにされているアメリカである


米の参戦近しが喧伝される今、ここにアメリカの参戦をあおる"ユダヤ地底政府"を白日下に暴き、参戦の鐘は論がために鳴るかを解剖して見よう

ちょっと、ヤバくない?!(っ °Д °;)っ これ完全にDSじゃん!!!😱😱😱

そして、記事の筆力や切り口のレベルも今のマスゴミとは比較にならないほど圧倒的に高いです。(;´Д`)

 

しかも、前から私がDSの傀儡である醜悪な凡愚と断定していた「ルーズヴェルトのこともボコボコに書いておるwww😂😂😂 かっちょいいい~www🥰🥰🥰😂😂😂

 

選挙を盗んだヤバイデン2号を絶賛している今のマスゴミとは大違いです。(笑)

画像4

 

いいですか? この1941年の報知新聞は一般大衆向けの新聞ですよ?(笑) 

画像6

私のnoteのように既に覚醒しており、かつ知能レベルが非常に高い特別な人達を対象にしたコンテンツではなく、一般大衆用のコンテンツで、このレベルですよ!!?(笑) 

 

ヤバくないwww😂😂😂  昔の日本人はレベルが高すぎwww😂😂😂

画像5


私は日本人はDSが最も恐れている化け物民族であり、ゆえにDSは現在進行形で必死に日本人を封じ込めているという話を何度もしてきましたが、この1941年の報知新聞はその具体例の1つです。

 

世界の節度ある有色人種達のために、DSという野蛮な白人達が作った巨大犯罪組織に最後まで抵抗したのが「日本」です。(いいですか、ここまで誇り高い民族は日本人のみであり、日本こそが世界の誇りでした。)

画像7

そして、少なくとも、1941年の段階では、日本のマスコミは死んではおらず、国民や国家のために気骨あるコンテンツを真摯に提供していました。

 

しかも、一般の新聞の記事がユダヤ地底政府」、つまり、現代の「DS・カバール、国際金融資本」の存在をあぶり出し、さらには、その危険性を高らかに警告しているのです!! かっちょいいいい!!!😍😍😍😍😍

画像8

陰謀論だ!!!」としか言えない、NHKなどの現在のマスゴミ、エセ学者、エセ論者、エセ保守論者達とは大違いです。このヒヒどもめ!!!💩

 

 

さて、この1941年の報知新聞の記事には、他にも鋭くかつ面白い言及がたくさんありますので、一部紹介したいと思います。༼ つ ◕_◕ ༽つ

画像9

ナポレオン一世がかって
ユダヤの恐るべき悪について述べた言葉のなかにユダヤは地球上癩病よりも恐ろしく他民族の体に附着せる寄生虫である」
という警句があるが、
現代のアメリカはさしづめ政界といわず、財界といわず、言論、文化機関とあらゆるものをユダヤ寄生虫によってむしばまれた異常体質、異常国家である

下はギャングから上は大統領に至るまでユダヤの恩のかからないものはないといわれる位ユダヤ黄金力によってあやつられ、踊らされるドンキホーテアメリカ、その恐るべきユダヤ金王朝の威力を最も端的に示した卑近な例は昨秋の大統領選挙であった

ウイルキーか、ルーズヴェルトの三選かと世紀の話題を賑わした大統領選挙も、種を明かせばユダヤ地底政府が書御し—ユダヤ財閥が演出した国際的"からくり芝居"であったのだ


 ナポレオンの発言は、ヒトラーの発言とも重なる点が多いですね。実際、第二次大戦で日独伊三国同盟が結ばれたのは、「反DS」という共通のアジェンダがあったからです。 

実際、アメリカの詐欺師ルーズベルトや国内のDS工作員が不当に日本を挑発しなければ、日本は戦争を仕掛けることはありませんでした。

第二次世界大戦の戦犯はDS及びルーズベルトであり、日本人は被害者であるというのが真実です。

 

画像10

ナチスの覆滅を企図したユダヤは、アメリカの参戦によってドイツを叩きつぶし世界にみなぎる反ユダヤ思想を撲滅して国際金融資本を死守せんとした

おおおおおおお!!!!!!!😱😱😱😱

なんと、ここで「国際金融資本」、つまり、DSそのものが登場してきました!!(笑)  

これは、燃えるぞぉおおおおお!!!!🔥🔥🔥😭😭😭😭😭

画像11

当時は、現在と動揺に世界全体に「反ユダヤ」、つまり「反DS」の空気が充満していました。 そして、それを牽引していたのが、ドイツと日本だったのです。
(ちなみに、ドイツと日本というのは偶然ではありません。機会があれば、ゲルマン民族のお話をいたしましょう。鬼才ビスマルクがDS支配を突破し、ドイツを統一したその瞬間から、全てははじまっていたのです。これも超面白いですよ!!!🥰🥰🥰)

 

 

画像13

DSの傀儡にして、獣のごとき醜悪さと悪辣さしか持ち合わせていなかったルーズ💩ルトという匹夫の写真

一九四〇年の大統領選挙戦の"からくり芝居"であった。

ユダヤ財閥の秘蔵っ子ウイルキーをさくらにこれも同じくユダヤ黄金力で金縛りにしたルーズヴェルトを花形役者に仕立てて演じられた世紀の"八百長芝居"ウイルキーが当選してもル大統領が三選してもアメリカを参戦へ引きずって行くようにとの手形で、ユダヤ財閥から巨額の選挙運動費が両派にバラまかれたこと勿論である。

「大統領候補ともあろうものがユダヤの走狗を務めるなんてそんな馬鹿気たことがあり得るものでない」とその信憑を疑う人があるならルーズヴェルトとウィルキーの経歴を洗って見るがいい。


ルースヴェルトに至ってはよりユダヤ的色彩が濃い、彼がかって一九三五年三月十四日のニューヨーク・タイムスが紙上に述べたところによると
遠き過去において余の先祖はユダヤ人であった

四代目のジャコブ・ルーズヴェルトという商店主だけはユダヤ教の信仰を守り通した、このユダヤ人の血統があるのでルーズヴェルト大統領の血液の中には安全を求める強烈な血液があるとルーズヴェルトユダヤの血が流れていることを立証している

 

つまり、アメリカ大統領選挙における不正は1940年の段階で既に存在しており、その黒幕は現代と同じ「DS」だったのです。(ただ、2020年の選挙の場合はDSが壊滅状態だったので、ほとんどがCCPが戦略を担当しました。それゆえの、あの「お粗末な不正」です(笑))

アメリカは民主主義国家のリーダーなどと、ヤバイデン2号や、マスゴミ、エセ学者、エセ論者どもは連呼していますが、そんなものは完全なるデマであり、そもそもアメリカに民主主義など存在しなかったのです。
(もちろん、それはアメリカ以外の国も同じ)

 

この衝撃的な事実は、鬼才「馬渕睦夫」先生も断言しています。

画像13

さらには、この記事では、ルーズベルトなどの大統領候補がDS(ユダヤ)の傀儡であることを徹底的に追求しています。実に、素晴らしい!!!!


こんな新聞があったら、私は絶対に買う!!!!!!😆😆😆😆

画像14

でも、現代にはそんな新聞は全くないから、今、私が約80年前の記事を現代版に昇華させている😭😭😭(´;ω;`)    

 

 

 

画像15

先ず挙げただけでもジャクソン、ボルク、ブカナン、ジョンソン、ガーフィールド、マッキンレイ、セオドル・ルーズヴェルト、タフト、ジェファーソン、モンロー、ハーヂング、ウイルソンと十指にあまる大統領がフリーメーソンの結社員だといわれ、また結社員ならざるものは大統領となる資格がないとまでいわれている。


現に反猶的な色彩をもっていたクーリッヂ大統領はその反猶的な言動が祟って怪死を遂げ、いまだにその死因は分らないが、おそらくユダヤの魔の手にかかったものと信じられている。


一方第一次戦の大立物ウイルソン大統領はユダヤの伏魔殿ともいうべき国際連盟をつくったのを初めユダヤに貢献したお陰で、ブリンストン大学総長時代の彼の桃色事件はついに新聞種にならずに済んだといわれる。


その闇取引の陰には米国軍需委員長で大戦中アメリカの経済界を掌握していたユダヤ人バーナード・バラックの奔走が大いに与かって力があったということで、これによっても歴代大統領の陰に糸を引くユダヤ地底政府の威力が思いやられる。


ここでちょっとフリーメーソンについて簡単に説明して置こう、元来フリーメーソン結社は非ユダヤ人によって創設され発達したものであるが、ユダヤ民族特有の根強く巧妙な策動によって現在ではフリーメーソン結社の中心勢力は各国共ユダヤ人によって掌握され、ユダヤ人によって指導されている

そして最近ではほとんど彼等の世界革命即ちユダヤ王国建設のための陰謀機関となるに至った


フリーメーソン結社が表面掲げるモットーは人道主義、自由平等、博愛とひどくしかつめらしいものであるが、これは完全な羊頭狗肉であって、同結社の目的とするところは無神論的な世界共和国の建設にある


これはそのままユダヤ世界制覇の野望と一致する


第一次世界大戦ユダヤ人によって計画され、ユダヤ人によって遂行されたことはあまりに有名であるが、その第一次大戦を点火した彼のサラエボの一青年こそは実にフリーメーソン結社員であった

ええええ!!!!?😱😱😱 ちょっと、ヤバくない?!!!!!(っ °Д °;)っ

 

フリーメーソンの話も普通に出てきたんですけどwww😂😂😂

 

現代のマスメディアや詐○師論者達が必死で陰謀論扱いしている組織が、当たり前のように紹介されています(笑) 

 

しかも、DSのグローバリズム戦略や、NWO計画にも言及しています。
(ちなみに、フリーメイソンがDSに乗っ取られたという話も事実です。)

 

 ね!? 私の話は本当だったでしょ?! (∩´﹏`∩)

画像16

逆にいえば、現在のマスゴミやエセ学者・論者どもは「大嘘つき」なのですよ。 

 

現実を見ろとか言っている貴様らこそ、現実を見よ。

 

私の眼は、目先のことだけではなく、天と地と森羅万象の全てを見渡しておるわ。

 

有象無象の貴様らこそ、現実を知り、悔改めよ。

 

このヒヒめ!💩

 

画像17

独ソ国交断絶ドイツ軍大挙ソ連に進入というセンセーショナルなニュースが青天の霹靂の如く全世界に撒布され、世界の人々の耳目を動したことはまだ読者の記憶に生々しいことこと思う

これは間もなく英米側から流布されたデマと判明したが、なんぞはからん、このデマの紙つぶてこそは実にユダヤ地底政府の製造したものである

「資金が世界第一の力であるならば出版物は第二の力である」とユダヤ人アドルフ・クレミエが述べているようにユダヤは世界の初めニューヨーク・ヘラルド紙、ニューヨーク・ポスト紙、フィラデルフィア・レコード紙、ニューヨーク・ワールド紙と全米要衝の有力紙はほとんどユダヤ資本の傘下にあり、その他数え上げたら際限がなく、
アメリカでニュースペーパーがジユースペーパーといわれるのもまことに宜なる哉と思わせるものがあるここで見逃してならないとは新聞事業の投資者並に新聞機構内の支配者がユダヤ人であるばかりでなく、

新聞の糧道である広告の八割までがまたユダヤ人企業家によって占められ、殊にアメリカの諸新聞は百貨店の広告をドル箱としている関係上、ユダヤ系百貨店の日刊新聞に及ぼす影響は想像以上に大きいものがあるということだ。

アメリカ国民はかくしてユダヤ言論機関によって圧迫、歪曲、捏造された変質与論に踊らされて反日、反ナチを叫びついにはアメリカ参戦の旗手たらんとまでしている

実に、感動的な内容だとは思いませんか?

画像18

当時の日本の新聞は、DS傘下の詐欺マスメディア達を軽蔑し、心から批判していたのです。

 

異口同音にデマを流布する現在の日本のマスメディアとは大違いです。

 

このような気骨あふれる記者が現在の日本のマスコミにいるでしょうか?ええ?  

 

どいつも、こいつも有象無象のヒヒばかりだ!!

 

 

画像19

アメリカ映画のお陰であった、恋愛至上主義、刹那主義、享楽主義、尖端好奇、モダニズム、道徳軽視と人間獣化の恐るべき風潮が若い青年男女の間に燎原の火のように燃えさかったのもアメリカ映画のスクリーンがまき散らした影響であった


このアメリカ映画こそ言論機関と共にユダヤ金融資本が一手に掌握する独占事業なのである


ハリウッドはユダヤエルサレムであり、ジユーのメッカであり、ウオール街と共にユダヤ地底政府の本丸ともいえるのである、現在アメリカの代表的映画会社でユダヤ人の息のかからないものは一つもない

かくてアメリカ産業の第四位を占あるといわれる映画産業を独占したユダヤ地底政府は、これによって巨利を博する一方映画を利用してアメリカの与論をユダヤの意のままに動かしているのである、ユダヤの地底政府はハリウッドに対し毎年九月になると満一箇年間の映画製作仕様書を配布し、各映画会社は大体このスケヂュールに従って製作を行うといわれている

ユダヤはまた映画を三S政策の一翼として利用していることを忘れてはならない、三S政策とはセックス、スクリーン、スポーツによって国際主義を高揚し道徳を破壊し家族制度、社会秩序を攪乱しユダヤ思想への同化を誘導するものである、事変前ユダヤの三S政策は段々として日本に押寄せ青年男女を初め日本の交化層を腐蝕し、まさに日本精神は懐滅に瀕せんとした

 

なんと、ハリウッドの闇や芸能界の裏にある三S政策まで紹介しています。

 

私が過去にTwitterでもお話ししたのを覚えているでしょうか?

 

「エンタメを利用し、現代人の思考力を奪い、かつモラルや理性をも破壊するのがDSの卑劣な戦略」です。

 

その事実まで暴くとは、なんと素晴らしい記事なのでしょうか!!!🥰🥰🥰

画像20

 

 

画像21

我々はむしろ支那事変をもってユダヤ打倒の聖戦たらしめねばならない

ロスチャイルドのような千万長者から下はニューヨークのイーストサイドユダヤ人窟に巣喰う一文なしに至るまでユダヤ人の共通した特質は金に対する執着と狡智である


在米那人はユダヤのことを九一と呼んでいる、九に一をたせばジユーになるというのであるが、また一面九一といえば拝金主義者の代名詞を意味するというくらいジユーの吝嗇性をさげすんでいる

私はジユーの母と娘が電車賃をお互に相手に支払わせようとして争っているのを見て不愉快に思ったことがある、

母は娘に払えという、娘はおっ母さんは自分で持っているではないか、何故私が払わなければならないのかと衆人環視の中で頭を真赤にしていがみ合っていた


この二つの例はよくユダヤの性格を赤裸々に描写していると思う、


こうした義理人情もない貨幣への叩頭、金への執着、拝金主義がつもりつもって今日のユダヤ国際金融資本、ユダヤ金王朝を築いたのである

見てください。

 

これこそが、誇り高き日本人です。 

 

なんと、一般の新聞が目先の利益には一切目もくれず、国民に「打倒DS」を呼びかけています。

 

実に、実に素晴らしい。

 

目先の利益を優先し、醜悪かつ獣のごときユダヤにペコペコと頭を下げる現代のマスコミとは大違いです。 貴様ら、マスゴミは恥を知れ。

 

記者ではなく、「貪欲かつ醜悪な白豚の奴隷」とでも肩書を変えたらどうだ?

 

 

画像22

またユダヤ人は他の種族にくらべて非常に人口増殖率が高く、アメリカでも年一割の増殖率を示しているといわれ、心あるアメリカの識者はアメリカは今にユダヤ人によって乗っ取られてしまうだろうと歎いている


"ユダヤ天国"ともいうべきこのアメリカにあっても民族主義を高唱しアメリカニゼーシヨンを主張する人達によって根強い反猶運動が続けられていることを見逃してはならない


言論機関をユダヤが握っているためその真相はなかなかに伝えられず、また反猶運動もほとんど秘密結社の形で潜行的に進められているが、
銀シャツ党、白椿の騎士団、新K・K・K、キリスト戦線、アメリカ・ドイツ団等の有力団体を初め、百以上の反猶団体が『アメリカの建国精神に還ってアメリカ人のアメリカをつくれ、アメリカをジユーの魔手から解放せよ』と叫んでアメリカの支配勢力たるユダヤ系の資本閥、政治力、宣伝力に対して果敢な闘争を続けている


そして彼等反猶十字軍は日本に対し、

『日米参戦説はユダヤの宣伝で真にアメリカを愛する米国民は日米提携こそ想え、日本と戦う意思はない、日本の支那における行為は米国民にとっても赤化防止の意味からいって大いに援助すべきで、日本こそは米国の第一線として赤と闘う同志だ』と正論を吐いているのである


アメリカにも正義の士はいる、ただユダヤ支配力がそれをおさえて表面に出さないだけだ


我等はアメリカの吉田松陰高杉晋作アメリカ建国精神復古の大業を果す日の一日も早からんことを祈っている、その日こそ太平洋がその名のように平和な姿に立還る日なのだ

衝撃的な事実ですよね (∩´﹏`∩)

 

今のトランプ陣営のように、昔のアメリカにはDSと戦う愛国者達がいて、彼らと日本人は「DSという共通の敵」を持つ同志として、友好関係を築いていたのです。

 

にもかかわらず、第二次世界大戦が始まり、日本とアメリカは敵国として殺し合い、アメリカは原爆を日本に落としました。 

画像23


これは人間の所業ではなく、本来ならばアメリカは一生日本人に懺悔すべきなのですが、それすらもDSは揉み消しています。 この悪魔め!

 

しかし、冷静に考えれば、悪いのはアメリカ人ではなく、ユダヤ人であり、DSです。

 

これまでのアメリカ人達もDSという悪魔どもの被害者だったのです。

 

そして、昔の日本の新聞はそういった闇や、舞台裏までも調べ上げ、真摯に日本国民に伝えていたのです😭😭😭😭(´;ω;`) す、素晴らしい!!!

画像25

カムバック、この時代のマスコミの皆様!!!😭😭😭😭(இдஇ; )

 

現代こそ、あなた方のような勇士が必要です(´;ω;`)

画像24

最後に、このDSについての話で印象的だったエピソードがあります。

 

昔、ある旅館の裏庭にて、私と兄はDSやユダヤ人の醜悪さ、卑劣さについて討論していました。

画像26

当時の私は今以上に愚鈍であり、善人ではないユダヤ人(DS)がなぜ大金持ちのエリートになれるのかが全く理解できず、悩んでおりました。  (∩´﹏`∩)

 

そこで私は兄と討論する前に他の家族に質問してみることにしました😊

 

 

まず、一番当てにならない父に質問したところ、

「ん? DS? ユダヤってなに? 強いボクシング選手か?(●´ω`●)」

とバカ丸出しな返答が帰ってきました(笑)シンプルにアホだねぇwww😂😂😂

画像27

 

次に、父とは真逆で頭のいい母に聞いたところ、

「野蛮な白人のことなぞ知りません。」

という厳しい返答で、結局わからない。 (∩´﹏`∩)

画像28

 

さらに、普段はのんびりしていて、かわいいのに、いざとなると恐ろしいまでに物事を読める妹にきいてみたら、

「世の中が悪人だらけだから。」

という単純明快すぎる答え。 愚鈍な私ではイマイチわからない(´;ω;`)

画像29

 

最後の頼みは尊敬する兄のみ。 彼の答えが一番しっくりきました。

 

「そもそも、彼らがエリートだという前提から間違っているのだよ。それは、世の中が言っていることであり、そして今の世の中の声とは彼らが作ったものだ。

真実をいえば、彼らはエリートではない、単なる犯罪者だ。

貴族、名門、セレブ、エリートなどと様々な呼び方があるが、歴史をたどれば、畢竟それらは「犯罪」と「略奪」で勝ち取ったものにすぎない。 

今後彼らを見る時はエリートとしてではなく、犯罪者として見るようにすればいい。そうすれば、やつらの虚飾もすぐに見破れる。

覚えておけ、崇拝は眼を曇らせる。 」

 

やや極論な気もしましたが、実際問題DSやユダヤ自体が振り切れたサイコパスである以上、この兄の教えは大いに役立ちました。

 

前回の偽善者アウンサンスーチーをはじめ、私は表向きは華やかなれど、裏ではDSの香りを漂わせているセレブや有名人達の本性を一瞬で見抜けるようになりました。

 

そのせいで、日本の根幹に関わる真実にすら気づいてしまい、ショックを受けた日々もありました。

 

しかし、今は、それで良かったと心から思えます。

 

この狂った暗黒時代を終わらせるためには、誰かが気づき、それを皆で共有する必要があるからです。

 

もちろん、監視の目もあるので、全てを公にすることはできませんが、そのヒントならばいくらでも出すことができます。

 

そうして、1人ずつ目覚めた日本人を増やしていけば、今回紹介した1941年の頃のような気骨と誠意に満ちた日本人の心が復活すると確信しています。

画像30

そして、愚鈍な私がそういった偉業に少しでも貢献できるのであれば、今後もよりいっそう必死に励み、日本の皆様を全力でお支えしたいと思っております。 (❁´◡`❁)

 

皆様のご拡散やシェアは皆様が思っている以上に私を支えておりますし、目安箱などを通した最新情報や面白い情報、温かい励ましのお手紙などは私の唯一の武器であり、宝だと思っています。

 

弱く、愚かな私は時々落ち込んでしまうこともありますが、それでも頑張っていられるのは皆様のご協力と温かいお心遣いのおかげです😭😭😭(´;ω;`)

画像31

今後も陽気に頑張っていきましょうね!!!🥰🥰🥰༼ つ ◕_◕ ༽つ

 

 

幸運なことに、敵の終焉は近いです😀

 

 

ふはははははは!😀😀😀😀😀😀🥰🥰🥰🥰🥳🥳🥳🥳🥳🥳