鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

澤野大樹さんの講演会やインタビュー(話)などの全文の貼り付け。【其之拾壹】

 

 

 

 

 

 

 

 

59・日本オカルト・スピの源流と ヤハウェ「666」の刻印の秘密

2020-10-04

テーマ:澤野大樹氏
公式ハッシュタグランキング:青森県31位

 

 

 ピーテル・ブリューゲルThe Tower Of Babel」

 

 

 

みなさん、こんにちは。

澤野大樹氏青森講演会

主催 小野裕美子です。

 

さて、BCGワクチンが

医療現場で不足していたそうです。
 

―――――――――――――――

『「BCGワクチンが不足「子どもの結核リスク高まる」 

コロナ予防で需要増指摘も』(毎日新聞


―――――――――――――――

 

これは一体どういうことなのでしょうか。

 

BCGは本来ならば

生後半年以内の

赤ちゃんに接種するもの。

 

ところが、

反ワクチンナチュラル派の、

BCG接種していない大人たちが

何より接種を優先しなきゃいけない赤ちゃんを

差し置いて「とにかく私に打ってくれ」と

あわてて駆けずり回っているということなのです。


それを見越したビジネス医師が

そんな大人たちの足元を見て高額で接種し、

そのため赤ちゃんの分が足りなくなってきていると。

 

オモテの世界では

なぜか口をつぐんで

誰もBCGのことを話題にしていないのに、

じつは水面下で

ノイジーマイノリティによる

熾烈な奪い合いが起きているということです。

 

こんな理不尽なことってありますかね。

 

BCG日本株接種国は

明らかにコロナウイルス感染による

死者が少ない。

サウジアラビアのケースだと、

感染者は多いのですが

死者がきわめて少ないことがわかります。

 

 

 

 




日本で新型コロナウイルス感染症による死者が欧米と比べて少ない理由のひとつとして、BCGワクチンが挙げられるのではないか──。そんな仮説を裏付ける可能性がある論文が、このほど世界最高レヴェルの学術誌『CELL』で公表された。論文によると、BCGワクチン接種には、ウイルス性呼吸器感染症全般に対する保護効果があるのだという。いったいどんなメカニズムなのか。

 

風邪をひくと、

BCG跡が尋常じゃないくらいに

赤く腫れあがる人もいるそうです。

これは、神の刻印666が自動的に

ウイルスと闘っているということなのではないでしょうか。


BCGの接種痕は9つの点が2つ。

合計18個の点となっています。

18とはまさに「666」なのです。

 

 

 

 

 

ウイルスが体内に侵入しようとすると、

その「666」の刻印が赤く光り出す。


※前回upした青い太陽ブログ

神の刻印「666」からの続きの記事を

再掲載いたします。
 

澤野大樹氏公式サイト【INTUITIONブログより】
長州・山口講演会【序文】2020/4/4(土)

バビロン系南ユダのパウロが創作したのが
新約聖書』であるならば、

彼らはモレク崇拝だ。
そんな彼らが忌み嫌う

「獣の数字666」がある。


私たちの多くは

幼少期に「BCG接種」を受けた。
BCG接種は「3×3」の刻印が2箇所だ。
つまり9×2=18で「666」だ。
日本国民の多くがBCG生ワクチン日本株
「666」の刻印としてすでに打っていた。
つまり

「666」こそが本物の「神の刻印」だ。
「666は獣の数字」とは――、
BCG生ワクチン日本株とは

「牛型結核菌弱毒化生ワクチン」のこと。

獣の数字。――「666」とはミロクのこと。


そして「ミロク」とは「弥勒菩薩」のこと。
弥勒菩薩

56億7000万年後に降臨するとされる
まだ見ぬ未来仏・弥勒菩薩のこと。


弥勒菩薩は、
56億7000万年という数字から

「567」と表現される。
「567」とは「コロナ」と読み

それは「ミロク」とも読む。

「567」はつまり「666」だ。

「あいうえおか」

――50音で6番目は「か」だ。

ならば「666」とは「かかか」だ。

「か」が3つで「かが3」

――「かがみ」だ。

 

「かが」とは蛇の古語なのだから

「かがみ」とは「蛇身」となる。

つまり、

新型コロナウイルスとは、

弥勒菩薩の降臨「567」であり、

それは

「666」(反キリスト=反バチカン)であり、

「蛇身」=宇賀神、瀬織津姫であり、

それはじつは「ヤハウェ」そのものだ!!

――さあ、盛り上がってまいりました!!

(※つまり

弥勒菩薩」=「Redeemer」
=「救世主」が降臨したということのサインです)

 

南ユダ2部族系弥生百済明治新政府
“日月”系スピリチュアルのみなさまにおかれましては、

大変申し訳ございませんし、

大変恐縮ではございますが、

あなた方が掲げてきた

架空の天皇イエス・キリスト」(アマテラス)とは別の、

まったく別系統の本物の縄文融合系北イスラエル王国10部族系の

「救世主」(Redeemer)が、

この地球のどこかに降臨されたことが推察されます。

 

――しかし、そんな“存在”は

「肉の眼」では確認できないはずです。

なぜならば“彼ら”は「さざれ石」だからです。

「さざれ石」とは換喩しますと

サイレント・マジョリティ」ということです。

つきましては、

すみやかな撤収・撤退をご推奨申し上げます。

詳細は講演会で

しみじみと地味に静かにお話ししたいと思います。

みなさまとお会いできますことを楽しみにしております。
(澤野大樹)

 

南ユダ2部族系弥生百済明治新政府“日月”系スピリチュアルのみなさまにおかれましては、

って、
公式にOPENしちゃったんですよね。
直球ストレートど真ん中で。

 

水面下では、

世界同時多発アラハバキ

既に始まっているということです。

 

アラハバキ」というものが

単なる‟浄化”とは違うということは

こちらの記事でも紹介いたしました。

 

 

彼ら

『バビロン南ユダ2部族バビロニア・タルムード弥生大和朝廷坂上田村麻呂百済明治新政府大本派生系日月スピリチュアル』
の末裔たちが、

現代の世界のDSのトップで(今のところ)
民を牛耳っていたハンドラーだった
ってことなんです。

 

そんでもって

サイレントマジョリティと呼ばれる

声なき声の大多数とは

縄文系であり、

日本列島に逃れてきた

バビロン捕囚を経ていない

純粋な北イスラエル王国10部族です。

彼らはそもそも戦いません。

群れません。奪い合わない。

縦社会の

ムラ組織も作りません。

それぞれがしっかり軸を持ち、

和合しながら独立している

まつろわぬ民なんです。

ですので、秩序なんてなくても、

平和なのです。


サイレントマジョリティが縄文系なら、

一方で彼らはノイジー・マイノリティです。


澤野さん曰く、
サイレント・マジョリティとは、

声なき声を持っているが

存在を消され
封印された多数の魂とのこと。

 

封印し侵略し声だけは大きい

少数の支配者を

ノイジーマイノリティといい、

サイレントマジョリティ

そもそもサイレントである。

しかし今回、

そんなサイレントマジョリティたちに

あらゆる怨霊、亡霊たちも

コードシェアして

乗っかって来ているのだそうです。
 

えっと、私はよく

サイレントマジョリティ

ノイジーマイノリティとが

ごっちゃになりましてね。

もの憶えが悪いといいますか。

日本語でお願いします<(_ _)>

 

そんな人には、
(私だけだと思いますけども)
必殺の裏技を
おおしえいたしましょう。

欅坂46サイレントマジョリティ』を
思い出すとよろしいかなと。


ちなみに、2016米国大統領選の

トランプ大統領

選挙キャッチコピーが

サイレントマジョリティ」(声なき多数派)
でした。

歌詞の中にも

「どこかの国の大統領が言っていた」

とあります。


さて、
彼ら(ノイジーマイノリティ)が主眼に置くのは、
秩序を保つこと。


ユダ王国カバールグローバリストたちが
築き上げてきたモレクの流れを汲む
バビロン系スピリチュアル世界を

勝手に改革されないように、

本当のことを言う人を

時に挫折させ、時に籠絡させ

組み入れていく作業をしているのです。


彼らは常にスピリチュアル界を巡回し
監視しているのです。

何を監視しているかって?

「本物」が現れることを監視しているのです。

「本物」など現れてもらっちゃ困るわけですから。

 

彼らは支配の道具として

有史以来、スピリチュアルを利用し

人々の精神世界を操ってきました。
 

つまり彼らにとってのスピリチュアルとは

支配統治のための「手段」だったのです。

 

ゆえに、彼らはなんと

じつはスピリチュアルには

関心がないのです。

 

南ユダスピ秩序を保つのみ。

 

前回の内容を

またおさらいしますよ。
 

ユダ王国
バビロン経由でユダヤ教を生み出し、

そこに色んな宗教
ゾロアスター教など)がミックスされ
神を偽装したサタニストたちが

真言密教景教キリスト教)という形で

日本にも入って来ました。


私たちの生活に何の違和感もなく

浸透してしまっている。

仏教・神道

じつはキリスト教なんですよ。
 

さらに、
江戸末期の国学者
荷田春満賀茂真淵本居宣長を引き継ぐ

平田篤胤の「平田神道」の流れが、
漢文で書かれた聖書をベースに
イエス・キリストになぞらえて、

「現人神天皇システム」を導入しました。
 

そしてその「平田神道」に、

吉田松陰グローバリズムがミックスされ、

明治以降77年間に及ぶ

戦争に次ぐ戦争の時代を生み出した

国家神道」へと姿を変えていったのです。


つまり、
明治維新以降の日本は
完全なるキリスト教
キリスト教
バビロン系南ユダのパリサイ派パウロ

創作した「現人神イエス」のストーリーです。

 

そして、

バビロンから生まれたあらゆるオカルト思想は

やがて後世では西洋神秘主義思想となり、

スウェーデンボルグの『天界と地獄』、
『霊界日記』は米国経由で
禅の大家・鈴木大拙によって日本に輸入され、

日本の出口王仁三郎がそれを「採用」し

それをベースとして『霊界物語』が生まれました。

 

そして

大本教弾圧があり
教団は四分五裂となりました。

そして王仁三郎とともに
霊界物語』の執筆をサポートした。

ある者はその後、

ニューソート(新思考)を
日本に広める団体を作りました。

 

その「新思考」は、

カーネギー、マーフィー、ナポレオン・ヒルといった

自己啓発思想」という

米国の「ニューソート」を踏襲するもので、

現在それは
引き寄せの法則」と呼ばれています。

 

そして王仁三郎の書生だった岡本天明は、

王仁三郎に倣い、

その後、『日月神示』を
製作していったという流れがあります。

 

四分五裂した「分派」はその後、

多数の新興宗教団体となり、

現在それらは
「スピリチュアル」という分野として
記号化されています。

それどころか、政権の中枢にまで
それは浸透するまで至りました。

 

つまり、

日本のスピリチュアルというもののほとんどが

その源流をバビロンに持つということです。

 

バビロンにルーツを持つということは、

ソロモン王が崇拝した悪魔「モレク」に

ルーツを持つということになります。

この「意味」がご理解いただけますでしょうか?

ということなんです。

 

青森講演会第1回、第2回でまずは理会できましたよね。

 

さあ、私たちの多くはここで

「生まれ変わらなければならない」のです。

2020年。

そう、この期に及んでです。

※こちらの記事も今一度読んでいただきたい。

 

 

この内容を、
青森講演会第4回では学びました。

それらの内容が
ぎっしり詰まったものが、活字版原稿。

とても大切なことが書かれてあります。

◆第4回青森講演会活字版原稿

【タイトル】「ヨハネの遺恨」ご注文フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/64389e46674263

※第4回では、バチカンと、
封印された「PETRO」(岩)の
「PORTE」(戸)の秘密も解き明かされました。

以前、アフター・コロナについて、

澤野さんにインタビューもしましたよ。

 

 

__澤野さん、メディアも含めて
いろんな方がアフター・コロナはどうなるかについて

意見を出していますが、澤野さんはどう考えますか?

 

「コロナは567(ミロク)なのですから666ですよね。

そして日本において新型コロナウイルスによる影響はこの666、

つまりBCGワクチン接種によって救われています。

つまり「ヨハネの黙示録」の逆が起こってしまったというわけですよ。

 

「獣の数字666」の刻印とは

このBCG接種の跡だったわけですよ。

しかも「獣の数字」などという野蛮なものではなくて、

「神の刻印666」だったということです。

これってかなりの特ダネだと思うのですが、

私以外でほぼ誰もこのことを取り上げませんよね。

おかしいですよね。変ですよね。

 

いつもだったら誰よりも我先と取り上げられますよね。

でもこの「BCGは神の刻印666」については

多くの人が口をつぐみます。

おかしいですよね。変ですよね。

どうしてでしょうか?

 

なぜならば、

これまで多くのスピリチュアルの人たちや、

陰謀論の“リーダー”たちはこの「666」を悪魔と規定し、

悪の権化であるとして糾弾し罵ってきましたでしょう。

 

ですから、彼らはこのBCGワクチン接種が

「神の刻印666」だったなどということは、

口が裂けても言うことができないわけです。

これまでの自分の存在が消えてしまう恐怖があるからです。

 

今さら立場を変えるわけにいきませんからね。

また、彼らの論説はバビロン系南ユダから派生した

その流れの延長線上に存在しています。

ですので、

かつてヤハウェである「666」と訣別した立場なのです。

 

ですので、たとえ天地がひっくり返ろうとも、

彼らは「666」を

「善も悪も、白も黒も、光も闇もすべてがひとつ」

であるヤハウェだとは認められないのです。

 

それはもはや「信仰」の領域であると思います。

でもこのことは私にとって非常にありがたい側面がじつはあるのです。

つまり、今回のこの新型コロナウイルスをどう見て解釈するか?

そして、「666」というものをどう解釈するかを見ることによって、

その人が「バビロン系南ユダ派」かどうかが一瞬でわかってしまうのです。

 

この「BCGは神の刻印666」という話は

試金石でありリトマス試験紙として機能を始めています。

 

これは驚くべき「炙り出し機能」を瞬時に発揮させます。

その人がバビロン系南ユダ派なのかどうなのかが

一瞬で判別できてしまうのです。

 

さて、アフター・コロナはどうなるか?という話でしたね。

 

コロナは「567」であり「666」なのですから、

つまり、コロナとは「ヤハウェ」そのものを意味しています。

つまり、「アフター・コロナ」とはじつは、

「アフター・ヤハウェ」ということになります。

では「アフター・ヤハウェ」とは何か?

って話になりますよね。

 

これはつまり――、

 

「567」つまりヤハウェが降臨した後の世界のことです。

これまでバビロン系南ユダがあらゆるスピリチュアル、

そして陰謀論の世界を構築してきました。

 

しかし、今回のコロナでそれがすべてじつは崩壊したのです。

もう崩壊してしまったのです。

ヤハウェを偽装してきたモレク偶像崇拝スピリチュアル、

そして、

仮想敵「闇の巨悪の支配者」という偶像崇拝を正しいものとして

喧伝してきたバビロン系南ユダスピリチュアルが、

もうすでに崩壊してしまったのですよ。

 

これはつまりどういうことですか?

 

これまでの世界は「666」を悪として遠ざけ封印してきた。

「666」を悪として遠ざけて危険視してきたのは、

新約聖書を創作したバビロン系南ユダ派だったわけですよ。

 

これからの世界は「666」、

つまりこれまでバビロン系南ユダ派に封印されてきた

本物のヤハウェというものが

オモテの世界に堂々と表れた世界へと「回帰」します。

いや、もうすでに回帰は完了してしまっています。

 

これまでの

「ビフォー・コロナ」の時代とは

「666を叩き潰せ!」という世界でした。

そして、これからの

「アフター・コロナ」の時代とは

「666こそが本物のヤハウェだった!」という世界になります。

というか、もうなりました。

 

ということで、じつは今回の新型コロナウイルスは、

とてつもない大崩壊と大変革をもたらしていたのです。

しかしその大崩壊と大変革は

「肉の眼には見えない」のです。

人類の「精神世界」で起きた宇宙的大変動大動乱なのです。

「本来の姿に回帰する」というアラハバキの働きそのものです。

 

この大変革を受け容れることのできない

バビロン系南ユダスピリチュアルや、

そこから派生した西洋神秘主義と、

日本に輸入されたスウェーデン・ボルグの神秘思想、

それをベースに創作され拡散された

日本のあらゆる「神示系」の勢力は、

これから徹底してこの「666」を弾圧、

いや、スルーし完全に無視することでしょう。

 

バビロン系南ユダ派は、

これまで地球人類の精神世界を制御してきました。

その制御が利かなくなったということです。

本物が浮上してしまったのですから。

 

ですので、「アフター・コロナ」の世界というものは、

地球人類の精神世界に変容をもたらした後の世界です。

そしてそれはもう

完全にもたらされてしまいました。

 

さあ、みなさんのお気に入りの“先生”が、

この「BCGは神の刻印666」を

どう扱っているかを見てみることです。

前向きに扱っているのか、それとも、

否定的に扱っているのか、それとも、

まったく無視し、スルーし、知らん振りをしているか?

2秒でわかってしまうのですよ。

 

「無視した人」をよ~く観察してみることです。

 

これがまさに本物である

ヤハウェの底知れぬパワーなのだなと私は思いますよ。

 

つまり、

「コロナ後の世界はこれまでの延長線上にはない」

の本当の意味がわかってきちゃうわけですよ。

最高でしょ(笑)!!

 

なんと。最高じゃないですか。
澤野さん、ありがとうございました。

「アフター・コロナ」とは、

「アフター・ヤハウェ」のことだったのです。


バックナンバーも発行しておりますので、

新型コロナウイルスが横浜から

日本に入ってきた多次元的経緯(第3回活字版)、

関ヶ原の恨みを明治維新で晴らした経緯、
伊勢の内宮はモレク崇拝(第2回活字版)、
・現代の神社システムは古代ヘブライから紐解く
本当の歴史を抑えておかないと

解読できない神仕組み(第1回活字版)など、
こちらもぜひお手に取っておさらいしていただきたい。

 

日本の

「今」「未来」を読み解くためには、

「本当の歴史」、基本をまず理会することが

とても重要なんです。

 

菅新内閣になった今、

米国大統領選挙までもが

手に取るように見えてくることでしょう。
 

第①~③回青森講演会活字版原稿
バックナンバー

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0744a30657511

 

この文書(活字版原稿)は
完全決定保存版といえる内容です。
今まで公にできなかった、
『バビロン南ユダ2部族バビロニア・タルムード弥生大和朝廷坂上田村麻呂百済明治新政府大本派生系日月スピリチュアル』、
『悪魔教』の全容。

これは、
「澤野文書(もんじょ)」
「タイジュの黙示録」と言っても

過言ではありません。

 

今、この社会、世の中で、

じつは、人類存亡をかけた

数千年の歴史ドラマの、

最終対決が繰り広げられているということ。
 

私たちの多くは

幼少期に「BCG接種」を受けた。
BCG接種は「3×3」の刻印が2箇所だ。
つまり9×2=18で「666」だ。
日本国民の多くが

BCG生ワクチン日本株
「666」の刻印としてすでに打っていた。
つまり

「666」こそが本物の「神の刻印」だ。
「666は獣の数字」とは――、
BCG生ワクチン日本株とは

「牛型結核菌弱毒化生ワクチン」のこと。

獣の数字。

――「666」とはミロクのこと。

新型コロナウイルスとは、
弥勒菩薩の降臨「567」

それは
「666」(反キリスト=反バチカン)であり、

と序文にありました。

新型コロナウイルスは、
じつは「肺結核」を予防する

BCGワクチン日本株の接種によって

多くの日本人はすでに

免疫を獲得していた可能性があります。


BCG生ワクチン日本株
ロシア株は強力で、
(安易には言えませんが)
新型コロナウイルスに感染しても重症化しにくい、と。


前述した表にもありましたが、

 

日本株:日本、タイ、オマーンイラク、ナイジェリア 
 

■ロシア株:ロシア、ウクライナベラルーシ、トルコ、ブルガリア、コロンビア、ボリビアエクアドルパラグアイカメルーン、gabon、コートジボアール
 

■BCG日本株の接種が効いている接種義務ありの国:

日本、中国、韓国、ロシア、ASEAN諸国、中南米ポルトガルノルウェー 
 

■接種義務やめた国:

EU(フランス、イギリス、スイス、スペイン等)、オーストラリア、スウェーデン 
 

■接種義務なし国:

イタリア、オランダ、アメリカ、カナダ 
 

■BCG日本株イラク東ドイツ 
 

■BCGその他株:イラン、西ドイツ 
 

■「日本株」は1924年

志賀潔がフランスのパスツールから持ち帰った最古株。

ロシア株、ブラジル株も同様。
 

■現在102歳以下の日本人は

ほぼ全員BCG日本株を接種している 。

1948年にはBCGによる結核予防接種が法制化され、 

予防接種法」に基づいて

30歳未満のすべての日本人は、 

毎年ツ反応検査を受け、

陰性の場合は繰り返して 

BCG接種を受けることが

法律によって義務付けられた。

 

「666」は獣の数字とは、

BCG生ワクチン日本株

「牛型結核菌弱毒化生ワクチン」のこと。

つまり、獣の数字だということなんです。
さらに、弥勒菩薩は、

56億7000万年後に現れる、

というこの数字から

「567」と表現され

「567」とは「コロナ」のこと。

ということは、

今の現象は何が起こっているのか、

を理会できるかと思います。

 

BCG接種義務をやめた国と

接種なし国の現状が、おわかりになりますよね。

 

------------------

 

青森講演会第⑤回では、
全国民対象のコロナワクチン無料接種

政府方針に際して、それから
大手製薬会社が開発したワクチンと、

トランプさんが推奨するワクチンに関しても

澤野さんはどのような見解をされておられるか、

深く突っ込んで

インタビューしてみたいと思いました。
 

―――――――――――――――

 

弘前」と「八戸」。

このふたつの街で

澤野講演会を開催するということには

深い意味があったのです。

 

※ちなみに、澤野さん曰く、

二つの塔をモチーフにした教会や建造物は、

じつはバビロンを象徴しているのかもしれません、
とのこと。

バビロンのイシュタル門をはじめ、

東京都庁ノートルダム大聖堂、ツインタワー、etc...

(※イシュタル門は、紀元前575年のバビロンの門。
当然、キリスト教なんか生まれていない時代に、

このようなモニュメントがすでにあったということから。)

 

 

 

 

「666弘前」と隠れキリシタンの秘密

 

 

ヤハウェ八戸」の市民の木は「イチイ

 

その場、その時にしか体験できない、

ハッ!とする、驚天動地の奇跡を
味わい尽くしましょう。

心よりお待ちしております。
 

―――――――――――――――
青森講演会活字版原稿販売】

青森講演会では
過去講演会の「活字版原稿」を販売しております。

―――――――――――――――

■第①回活字版 3,300円(税込)「東北最奥から現れる縄文スピリット」

■第②回活字版 3,300円(税込)「封印された青森の秘密を解く」

■第③回活字版 7,700円(税込)「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

■第④回活字版 8,800円(税込)「ヨハネの遺恨」

■第⑤回活字版 8,800円(税込)「磔刑ヤハウェ

■第⑥回活字版 8,800円(税込)「鬼滅のヤハウェ

―――――――――――――――

各活字版のご注文は、こちらからどうぞ。

―――――――――――――――

※ご注文をお受けした後、お振込みを確認してからの発送となります。

※送料が加算されます。

※通常は日本郵政レターパックライト」(370円)での発送となります。

レターパックライトに入り切らない場合は「レターパックプラス」(520円)に

なることがあります。

※一度の梱包で入り切らない場合は複数個口に分かれることがあります。

※詳細はメールにて最適な方法をお知らせいたします。

 

―――――――――――――――

活字版原稿は、澤野氏が

実際の講演会で使用している原稿と

同じもので、まさに「生原稿」です。

講演会用に作成した、

講義内容がそのままのシナリオとして、

精妙に活字化されている

パピルスそのものです。

毎回量は違いますが、A4版

30ページから50ページくらいの

簡易冊子形式。

 

【澤野さんが綴る活字版原稿の秘密】

 

 

―――――――――――――――

 

今後の日程も決まりました。

 

青森講演会2021年スケジュール

2021/2/20(土)から

青森講演会第7回が始まります。


★2021年2月20日(土) 青森「弘前」第7回★

★2021年2月21日(日) 青森「八戸」第7回★

―――――――――――――――

★2021年4月3日(土) 青森「弘前」 第8回★

★2021年4月4日(日) 青森「八戸」 第8回★

―――――――――――――――

★2021年6月12日(土) 青森「弘前」 第9回★

★2021年6月13日(日) 青森「八戸」 第9回★

―――――――――――――――

★2021年8月7日(土) 青森「弘前」 第10回★

★2021年8月8日(日) 青森「八戸」 第10回★

―――――――――――――――

★2021年10月16日(土) 青森「弘前」 第11回★

★2021年10月17日(日) 青森「八戸」 第11回★

―――――――――――――――

★2021年12月11日(土) 青森「弘前」 第12回★

★2021年12月12日(日) 青森「八戸」 第12回★

 

全日程、

【参加費】8,000円 (当日9,000円)
会場受付にてお支払いください。

―――――――――――――――

メールでもご予約できます。

①参加日

②会場

③お名前

④ご住所

⑤ご連絡先をご明記の上、

taijuaomori@gmail.com 

(小野)まで。
―――――――――――――――

 

2021年も、どうぞよろしくお願いいたします。


※ほか全国講演会日程は→こちら



💉BCG接種義務化、コロナ抑制に効果 京大、統計的に検証(日刊工業新聞

 

(2020/8/21 05:00)

京都大学こころの未来研究センターの北山忍特任教授(兼米ミシガン大学教授)らは20日、BCGワクチン接種の制度化が新型コロナウイルスの拡散低下に結びつく可能性が示唆されたと発表した。注目されつつも明確ではなかった関係性を統計的に検証。結果、BCGの集団接種が将来的に新型コロナを抑制すると推測できた。

新型コロナ流行の初期30日間のデータがある約130カ国を、2000年までBCG接種を義務付けた国と義務のない国で比較。一定期間の増加率に注目し各国の感染報告の偏りの影響を解消した。感染者と死者の増加率はBCG義務化の国で有意に低く、初期15日間も同様だった。

この結果は大多数の接種による集団免疫効果で、個人の接種では大きな効果が期待できないと推測される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60・天岩戸伝説と神社の秘密。

2020-10-12

テーマ:澤野大樹氏

 

 

――今、人間として生きているのならば
そのルーツを知ろうとすることは当たり前だし、
それが基礎の基礎。

 

「本当のところ、どうなのかを知りたい」

 

 

 

 

娘は大学に進学できたのなら、
絵の勉強の他に、
日本史をちゃんと学びたいそうです。
「私には叶えたい夢がある」

と。

 

視覚的なリアリティを
追求することだけにとどまらず、
自由なイマジネーションを広げ、
自分なりの世界を描いていって欲しい。

そう願っています。
 

10月24日(土)弘前
10月25日(日)八戸にて、
澤野大樹氏青森講演会第5回が開催されます。
 

5時間の講義といえども中身が濃くて、
むしろ前のめりで、
あっという間に時間(とき)は

過ぎ去っていきます。

大人になって、

こんなに「勉強する」ことに
高揚感をかき立てられることは、

まずありません。
 

「本物」の持つ力は圧倒的。
心の揺さぶりが桁違いです。

遠い昔から、人は、この地球で

さまざまなモノやコトを追い求めて学び、
安らぎや癒しを得られていたことでしょう。

 

終戦からまだたったの75年。

日本は、どうして負けるとわかっていた戦争を

始めたんでしょうか。

この質問を投げかけてきたのは、

じつは何を隠そう私の娘。

沖縄戦を勉強中の時でした。
8月15日。
この日は本当は、終戦記念日ではなかったんです。


 

2020年8月15日↑に、
その重要な部分、背景などを
澤野さんにインタビューしました。

 

学校の教科書では教えてくれないこと。

誰も解けなかった真相など。
 

テスト用の(隠蔽改竄された)歴史と、

本当の歴史、

二通りを学ばなくちゃいけないとは、

何とも忙しい世の中です!(笑)

 

娘から嬉しいLINEも届きましたよ。

 

 

 

 

パチパチパチパチ。ブラボー!おめでとう。
一生懸命勉強した甲斐があって良かったね。

好きなことは「勉強」と意識せずとも、

スルスルと入り込んできます。

 

さて。
澤野大樹氏青森講演会第5回で
また共に学び、
新たな一歩を踏み出しましょう。
今まで一度も明かされたことのない
誰も見たことも聞いたこともない、
日本の天岩戸(あまのいわと)伝説と

神社の秘密が解き明かされます。

タイトルは「磔刑ヤハウェ


何度も澤野さんが仰っていることは、
ときに、
「世界最終戦争」とは

武器も兵力もない
多次元で起きているということ。

それは目で見える普通の「戦い」ではなく、

封印されていた本物の浮上を阻止する
偽物がアラハバかれ、

それが三次元投影され、

トランプ大統領が地上で戦っている

ということ。

 

しかも、日本は世界の雛形なので、

その世界最終戦争の雛形として、

日本ではこれから起こり、
世界が取り戻されるということ。

それは、

世界がひっくり返るということなのです。
 

騙されていたことに気づくためには

本当の歴史の流れを知る、

たったこれだけのことなんです。

 

 

 

 

 

第5回、今回も見逃せません。
椅子から転がりまくって
地球一周して戻ってきてください。

自信を持って断言します。
どうぞご期待ください。

※【名古屋講演会のお知らせ】を文末に追記しました。
―――――――――――――――

★【待望の第5弾】澤野大樹氏青森講演会

弘前&八戸講演2Days★
【第5回】活字版原稿の

事前予約を受付けいたします。

こちらからお申込みください。


【青森講演会第5回活字版原稿ご予約フォーム】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/64389e46674263
※会場へ直接ご参加された方はご予約なしで、
当日、会場にて購入できます。(講演会出席者は1部3,300円,

出席せずに活字版にてご参加の場合は、8,800円+送料370円=9,170円)


📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

バックナンバーもぜひ。

◆【第①回】タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

◆【第②回】タイトル「封印された青森の秘密を解く」

◆【第③回】タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」
◆【第④回】タイトル「ヨハネの遺恨」
ご注文フォーム

 

―――――――――――――――

ネット社会の今、なぜ「活字版」という紙媒体なのでしょう。

澤野大樹さんが綴る比類なき活字版原稿の秘密とは・・・

 


 

※今後の日程も決まりました。


★青森講演会 第6回★

2020年12月26日(土)「弘前

2020年12月27日(日)「八戸」

※時間・場所・参加費共に第5回と同じ。
 

   青森講演会2021年の日程    


2021/2/20(土)から

青森講演会第7回が始まります。


★2021年2月20日(土)「弘前」講演会 第7回★

★2021年2月21日(日)「八戸」講演会 第7回★

―――――――――――――――

★2021年4月3日(土)「弘前」講演会 第8回★

★2021年4月4日(日)「八戸」講演会 第8回★

―――――――――――――――

★2021年6月12日(土)「弘前」講演会 第9回★

★2021年6月13日(日)「八戸」講演会 第9回★

―――――――――――――――

★2021年8月7日(土)「弘前」講演会 第10回★

★2021年8月8日(日)「八戸」講演会 第10回★

―――――――――――――――

★2021年10月16日(土)「弘前」講演会 第11回★

★2021年10月17日(日)「八戸」講演会 第11回★

―――――――――――――――

★2021年12月11日(土)「弘前」講演会 第12回★

★2021年12月12日(日)「八戸」講演会 第12回★

 

 

 【名古屋講演会第15回のお知らせ】 

★2020年12月20日(日) 名古屋講演会★

全面リニューアルされました。

※12月から再スタートします。

(INTUITIONサイトより)
【タイトル】 『根底から紐解く2021年のすべて! in 名古屋』
【月 日】 2020年12月20日(日)
【時 間】開場13:30開演14:00~19:00頃
     (※5時間講義)
【会 場】青少年文化センター第3研修室

     名古屋市中区栄3-18-1
     ナディアパーク内デザインセンタービル9階

【参加費用】10,000円 会場受付にてお支払いください。

(ご予約なしでの当日参加はできません)
【定 員】30名

【懇親会】 終了後に懇親会を開催します。

※10名様限定ですので参加希望の方はご予約時にお申込下さい。

【主 催】小長谷宏(おばせ・ひろし)さん

【ブログ】「波と石

【ご予約/お問い合わせ】

氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を Email でお申込み下さい。

taijunagoya@gmail.com


―――――――――――――――


あなたがまだ知らない、

澤野講演会の魅力の一端を、

全国のみなさんに

知っていただけたらと思っております。

お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

小長谷宏(おばせ・ひろし)さん主催の

名古屋講演会も、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

小長谷さん視点での感想が

また素晴らしい。

まさに仰る通りだと思う。


 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 


※全国講演会情報は→こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

61・withコロナ(666)の時代へ。

2020-10-15

テーマ:澤野大樹氏
公式ハッシュタグランキング:青森県63位

 

弘前公園に住みついた‟たぬき”。

天敵がいないせいか、

人を全く怖がりません。

 

 

 

 

子だぬき達は、

目に見える世界が

おもしろくてたまらない様子でした。

可愛らしいですね。

海外のドキュメンタリー番組的気分に
ほっこり浸ってしまい、

娘たちと一緒に

やさしさに包まれてしまいました。

 

やさしさに包まれたなら松任谷由美

歌詞の冒頭で、

「小さい頃は神さまがいて~♪」とあるけど、

純粋だったあの頃は、

腐った社会とはまだ無縁で、

不純な気持ちなんてのも無く、

ただひたすらに楽しい毎日を過ごし、

真っすぐで幸せな気持ちに包まれながら
日々過ごしていたような気がします。

 

 

娘とその友人たちとドライブへGo!(白神地区:2年前)

 

 

さて。

澤野大樹氏青森講演会 第5回2Days

タイトル磔刑ヤハウェ

のお知らせです。

(こちらは終了しました)

 

▼詳細はこちら

 

【第5回活字版原稿】の

事前予約を受付けいたします。

こちらからお申込みください。

 

前回、会場にて第5回出席をご予約された方は、

こちらで確実に承っておりますので、

安心して会場へご来場ください。
もし、予約完了メールが届いていなかったとしても、

大丈夫です。

 

―――――――――――――――

澤野大樹さんより
★青森講演会第5回に寄せてのメッセージ★

「岩戸」という言葉をよく耳にします。
日本は世界の雛形といわれていますので、
「岩戸」もじつは2つあります。

ひとつは日本にある「岩戸」。
もうひとつは、
その日本から投影された先にある
世界の「岩戸」です。
両者はフラクタル直結関係にあります。

世界の三次元現実世界を
「封印」してきた「鍵」は
バチカンのペトロが持つ
2本の鍵にあった。
その鍵が封じてきたのは
世界の「岩戸」でした。

そしてそれは当然、
雛形である日本にもあったのです。

バチカンの岩戸は
日本の岩戸とフラクタルな関係にあります。

日本の岩戸が解放されることによって、
バチカンの岩戸も解放されることになるのです。


弘前と八戸。
途轍もなく圧倒的な世界をぜひ味わってください。
(澤野大樹)


天岩戸伝説で有名な一節、
じつは、その存在は、

岩に「隠れた」のではなく、

「隠された」のである、と

澤野氏。

 

しかも、あろうことか
日本のある場所の岩戸に隠された

その存在を秘密裏に「別のある場所」へ運び、
使役していたのだといいます。

なんということ・・・
 

ある意味、その存在は

隠れざるを得なかったのかもしれません。

 

ここで見えてくることがあります。

 

弘前」と「京都」は、
なぜ空襲を免れたのか、

ということ。

文化遺産がたくさん点在しているから、

という単純な理由だけでは

なかったのです。

 

弘前は、

「洋館の街」といってもいいくらい、

教会や外国人宣教師館など
多数存在しています。

それは、なぜなのか。

プチヨーロッパと言っても

過言ではありませんよ(笑)

フレンチとコーヒーの街、

そして、土地全体が縄文遺跡、

と言っても過言ではありません。

 

こちらの記事

隠れキリシタンの秘密と島原の乱」を、
お読みくだされば。

 

さらに、

ヤハウェ八戸」の市民の木は→「イチイ
 

八戸の弁天島蕪島」や、

まるで別の惑星にでも迷い込んだかのような

絶景を再現している種差海岸、

出雲の八岐大蛇信仰をしていたという八太郎伝説など。
八太郎って

ヤハウェ(洗礼者ヨハネ)のアバターじゃないですかね?


弘前、八戸だけではなく、

青森県はじつに深い土地です。

まだまだ秘密が眠っていそうですね。


(観光に際しての質問は承っておりません。あしからず)

 

 

 

 

澤野さんは、誰よりも早く

事の発端に気づきました。

私たちが知りたいのは、

「本当」の歴史。

 

「歴史は勝者によって書かれる」とは

ウィンストン・チャーチルの言葉だそうですが、

誰が本当の歴史を「改竄隠蔽」していたのか。

誰が「陰謀」を図っていたのか。

私たちは無意識で

その片棒を担いでいたのではないか。

 

私たちがこれまで学校で学び、

歩んできた歴史は、

決して拭い去ることはできませんが、

本当の歴史を知って、

改竄された歴史を認めたのなら、

その間違いから学べることが

たくさんあるはずです。

 

青森初の第1回講演会のキャッチコピーは、

「令和は逆明治維新だったのか?」

「ひとりの意識は世界を変えられる」でした。

大切な一歩を踏み出した瞬間です。

久保田藩秋田藩)出身の菅首相は、
二階氏(紀州藩出身)を幹事長とし、

首相補佐官に任命された柿崎氏は秋田出身で

長州出身の‟A”をたたいていた記者。

 

これはもしや・・・

 

たったひとりでも、

ひっくり返った意識が解き放たれたのなら、

それが今世紀最大のレボリューションとなるのでは

ないでしょうか。

 

この続きは、青森講演会第5回で

澤野さんに語っていただくとしましょう。

 

乳穂ヶ滝(青森県西目屋地区)

 

 


澤野大樹さんは、

世の中が変わる前、

2018年のころからずっと

「一旦、世界は焼け野原になる」

と仰ってました。

いえ、

「焼け野原」どころの話ではなく、

世界人類がトラウマとなるような事態が

引き起こされるのでは?

と指摘し続けてきました。

 

どうでしょう。考えてみてください。

まさに国内のみならず世界中が

トラウマとなるような事態が

次から次へと巻き起こって

カオス状態です。

 

ところが、じつは

表面上はダークに見えていても、

すべての事象は、
ヤハウェコードシェアしてきていたのだと
納得せざるを得ないことが、

澤野レポート(活字版)で述べられています。


すべての情報誌、活字版原稿が、

今読んでも、全く色褪せていないということで、

確認できます。

世界がひっくり返る

途轍もないことを先読みされてたんですよ。

 

そして、

以前の青森講演会では、
やってはいけない隠蔽工作やインチキ、
その基礎・系譜をお話くださいました。
現代を生きる私たちは

様々な「改竄隠蔽」と直面しているのだ、と。
 

さらに重要なことは、

眼前のあらゆる事象が

改竄隠蔽されてしまっているということに

私たち自身が気付けないでいることですよ、

と。

‟彼ら”は数千年単位で

私たちをマインドコントロールしてきました。

そして、それが最後の最後で一瞬にして

「おじゃん」になる可能性が出てきたというわけです。

私はトランプ大統領が出現する遥か以前から

DVD『女神の魂』などで、

「NYから現れる瀬織津姫」のことを

言い続けてきました。

トランプ大統領はまさにNYから出現した瀬織津姫

感応を受けて霊的に動いているのです。

トランプ大統領の背後から

無限のサポートを与えている霊的な存在が

いるということです。

それは、まさに

Redeemerであり、救世主なのです。

これからもトランプさんは、

日本の縄文スピリット、そして瀬織津姫

そしてRedeemerと呼応しながら均衡しながら、

本物の神仕組みというものを

実行していくことになります。

 

トランプ大統領

何をして、何を思って、

どう世の中、世界が動いていくかということを、

正確に把握するためには、

ただ見ているだけじゃダメなのです。

この神仕組みを理解するためには、

膨大で緻密で複雑で壮大な

歴史ストーリーがあることを

知らなければなりませんし、

そのためには、寝る間も惜しんででも

勉強していく必要があります。

勉強し、知識も経験も学識も高めないと

見えてこないことがあるのです。

そして、そうして手に入れた「視点」

というものは、

生半可な霊能力などを

遥かに凌駕するのです。

(澤野大樹)

 

澤野さんが

「NYから瀬織津姫が現れる」と

DVDで発表したのが、2013年です。

その時、語った内容は、

まさに「今!」なんです。

今起こっていることが

ドンズバで的中していることに

改めて驚かされます。

 

トランプRedeemerプログラムは、

今後、どう「機能」し

「作用」していくのでしょうか。

 

日本はかつて、

坂上田村麻呂大和朝廷によって、
東北の「重要地」が荒らされ、
後世の人々が混乱し区別がつかなくなり、
必ずや間違えるように

本物の上にニセモノを覆い被せ、
本物の隣にニセモノを配置し、
‟彼ら”は、自分たちこそが
東北のネイティブであるかのごとく偽装し

歴史を隠蔽改竄してきた。

なぜ“彼ら”はそれほどまでに

東北の地に固執し叩き封印しようとするのか?

その「東北封印」は、

明治維新に返り咲き

なんと現在に至っても、
手を変え品を変え、厳然と行われていた。

 

どうしてそのようなことが起こり、
行われているのか?という謎は、

青森講演会第1回で解説されてましたよね。
第1回活字版原稿
詳しく書かれてあります。

 

ヤハウェを封印することで、

‟彼ら”は世界を支配してきたのです。

そして、この青森の封印を解くことで

日本、いえ、地球の封印を解くことになり、

すべてはフラクタルに直列して

ドミノ倒しのように

地球がひっくり返ってしまうのだ、と。

 

まさに、世界同時多発アラハバキです。
 

すると、NYから現れた瀬織津姫である

トランプ大統領の最終目標はどこか、

ということも、わかってくるわけです。

 

 

米国大統領選挙が近いこともあり、

全米が炎上していますよね。

11月の大統領選挙が終わるまでの間、

新型コロナウイルス騒動は続きます。

こういう事象は日本でも言えることなのです。

以前、こちらのブログに

澤野さんがご提供くださった文章を

もう一度おさらいします。

 

さあ、8月25日以降、

日本の「政局」はまさにカオスと化していくでしょう。

そうなると「解散総選挙」となるのか?

9月、10月、11月は、

まさに激動の大動乱となっていくと思います。

 

今世界で起きていること、

日本で起きていることの背後には、

すべてDSによる

「トランプ落選計画」があります。

日本の“中枢”も当然のことながら、

トランプ落選のために「あらゆること」をやるでしょう。

それは私たちの想像を遥かに超えてきます。

世の中を見る目の解像度を上げていかないと

それらの本質は決して見えません。

私はかなり注意深く世の中を観察しています。
 

 

さらに、「靖国神社の秘密と明治維新」では、

 

新型コロナウイルスという形で表出した

アラハバキの後に展開される世界――、

つまり「アフター・コロナ」の世界においては、

虚構、改竄、隠蔽、破棄は通用しません。

 

また同時に、本音、本能、本心が表に出てきます。

そこにはいかなる「建前」も通用しません。

 

また、さらに同時に、本物を偽装した

ニセモノもアラハバかれていきます。

ニセモノのニセモノ性が誰の目にも明らかになってきます。

 

アラハバキ」というものは、軽く笑いながら語ることのできるようなものではありません。

天地がひっくり返るレベルでの大変革をもたらします。

 

「コロナが下火になったから元に戻しましょう」などということが通用しなくなります。

 

「ソーシャル・ディスタンス」とは縄文スピリットのことです。

それは弥生グローバリストたちがこれまで徹底的に否定し、潰してきた生き方です。

縄文スピリットの人からすれば当たり前のことです。

 

意図的にシンクロニシティを演出し、

与り知れぬ他人の人生に侵入し、

強制的に自分の存在を相手の脳裏に刻み込む。

そして相手の記憶に侵入し、

望まれない関係を自己都合によって構築していく。

これが弥生グローバリストのやり方でした。

 

このような手法がこれからは通用しなくなるということです。

 

明治維新以降に創造された

太陽(アマテラス)の時代は終わりました。

これからは、本当の「日の丸」が現れてきます。

「日の丸」は本当は「太陽」ではありません。

縄文東北日高見の旗であり、それは「蛇の目」(じゃのめ)です。

アマテラスの時代が終わったということは、

「日の丸」も、本来の本当の姿を現すのです。

そして「蛇の目」は同時に「シリウス」を意味します。

 

じゃあこれまでアマテラス・ベースで展開されてきた

大本から派生した既存のスピリチュアルはどうなっていくか?

また、そんな日本のスピリチュアルと親和性のきわめて高い

陰謀論」の世界はどうなっていくか?

 

造化三神」がキリスト教の三位一体の複写であり、

天之御中主神」(アメノミナカヌシ)という存在が、

じつは平田篤胤による創作であり

ヤハウェ」を模倣したフィクションだったことが明らかになります。

 

その瞬間に

伊勢内宮アマテラス・ベースが機能しなくなります。

となると、外宮の

豊受大神」(トヨウケ)の「ウケ」が、

「宇賀神」、

つまり「とぐろを巻いた蛇」、つまり「ヤハウェ

そのものであったことが明らかになります。

 

こうなった時、日本の

バビロン系南ユダ西洋神秘思想から

引き継がれた大本派生の現代日本スピリチュアルの根幹が揺らぐのです。

これまで基礎として立脚してきたものすべてが虚構だった、

いやサタニズムそのものだったと判明してしまうのです。

想像してみてください。
最高でしょ!(笑)

(澤野大樹)

 

と、

これまでのことを

ザっとおさらいしてきましたが、

澤野さんが予見していたことをなぞるかのように、

世の中が稼働しているような気がして、

その内容たるや。

時を問わず普遍的価値があったのだと

確信せざるを得ません。

 

澤野大樹氏青森講演会 第5回2Days.
タイトル磔刑ヤハウェ

ぜひ、ご期待ください。

【青森講演会第5回活字版原稿ご予約フォーム】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/64389e46674263
※会場へ直接ご参加された方はご予約なしで、
当日、会場にて購入できます。(講演会出席者は1部3,300円,

出席せずに活字版にてご参加の場合は、8,800円+送料370円=9,170円)

―――――――――――――――

 

 

 

12月以降の青森講演会日程も決まりました。
 

―――――――――――――――

 

青森講演会 第6回2Days.
 

★2020年12月26日(土)「弘前」★
【時 間】開場13:00 開演13:30~18:30
     ※5時間の講義です。
【場 所弘前市立市民会館管理棟2F小会議室1
     青森県弘前市下白銀町1-6 弘前公園
              Tel.0172-32-3374
      →アクセスマップ (無料駐車場有)
 

弘前お申込

★2020年12月27日(日)「八戸」★

【時 間】開場13:00 開演13:30~18:30
     ※5時間の講義です。
【場 所八戸市総合福祉会館 5F研修室
     青森県八戸市根城8丁目8-155
     (はちふくプラザねじょう)
      Tel.0178-47-1651
      →アクセスマップ (無料駐車場有)


【八戸→お申込
 

全日程、

【参加費】8,000円 (当日9,000円)
会場受付にてお支払いください。


―――――――――――――――

メールでもご予約できます。

①参加日

②会場

③お名前

④ご住所

⑤ご連絡先をご明記の上、

taijuaomori@gmail.com 

 

―――――――――――――――


2021年の日程

2/20(土)から

青森講演会第7回が始まります。


★2021年2月20日(土) 青森「弘前」講演会 第7回★

★2021年2月21日(日) 青森「八戸」講演会 第7回★

―――――――――――――――

★2021年4月3日(土) 青森「弘前」講演会 第8回★

★2021年4月4日(日) 青森「八戸」講演会 第8回★

―――――――――――――――

★2021年6月12日(土) 青森「弘前」講演会 第9回★

★2021年6月13日(日) 青森「八戸」講演会 第9回★

―――――――――――――――

★2021年8月7日(土) 青森「弘前」講演会 第10回★

★2021年8月8日(日) 青森「八戸」講演会 第10回★

―――――――――――――――

★2021年10月16日(土) 青森「弘前」講演会 第11回★

★2021年10月17日(日) 青森「八戸」講演会 第11回★

―――――――――――――――

★2021年12月11日(土) 青森「弘前」講演会 第12回★

★2021年12月12日(日) 青森「八戸」講演会 第12回★

―――――――――――――――
 

バチカン
封印された「PETRO」(岩)の
「PORTE」(戸)の秘密、

アフターコロナ、

アメリカ大統領選挙

誰も解けなかった

未解決事件の真相が書かれた

【青森講演会第4回】活字版原稿は、

こちらからお申込みください。

◆【タイトル】「ヨハネの遺恨」ご注文フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/64389e46674263

大ボリュームのA4 52ページ書き下ろし!

 

📝澤野講演会での内容が一からわかる、バックナンバーもぜひ。

◆【第①回】タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

◆【第②回】タイトル「封印された青森の秘密を解く」

◆【第③回】タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

ご注文フォーム
 

 

ネット社会の今、なぜ「活字版」という紙媒体なのでしょう。

澤野大樹さんが綴る比類なき活字版原稿の秘密とは・・・

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12589724427.html

 

 

続いて、
 【名古屋講演会第15回のお知らせ】 

★2020年12月20日(日) 開催★

名古屋、全面リニューアルされました。

※12月から再スタートします。

 

小長谷宏(おばせ・ひろし)さん主催の

名古屋講演会も、

どうぞよろしくお願いいたします。


【タイトル】 『根底から紐解く2021年のすべて!in名古屋』
【月 日】 2020年12月20日(日)
【時 間】開場13:30開演14:00~19:00頃
     (※5時間講義)
【会 場】青少年文化センター第3研修室

     名古屋市中区栄3-18-1
     ナディアパーク内デザインセンタービル9階

【参加費用】10,000円 会場受付にてお支払いください。

(ご予約なしでの当日参加はできません)
【定 員】30名

【懇親会】 終了後に懇親会を開催します。

※10名様限定ですので参加希望の方はご予約時にお申込下さい。

【主 催】小長谷宏(おばせ・ひろし)さん

【ブログ】「波と石

【ご予約/お問い合わせ】

氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を Email でお申込み下さい。

taijunagoya@gmail.com

 

―――――――――――――――

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

※全国講演会情報は→こちら