鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

澤野大樹さんの講演会やインタビュー(話)などの全文の貼り付け。【其之陸】  

 

2021年宇宙名曲の旅〜ホルストの《惑星》から銀河系、アンドロメダまでめぐる|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

 

37・響け「愛」のうた。

2020-05-12

テーマ:Japan
公式ハッシュタグランキング:結核35位

 

image

子どもの頃、

今思えば

たくさんの素敵なキャラを持った

クラスメートたちがいた。

 

優しくて素直な子や

ひねくれた子。

人を笑わすのが大好きな

ひょうきん者。

物静かでどこか大人びていた子。

アスリート。

秀才。

グループで群れている子たち。

彼氏(彼女)がいる仲良しカップル。

 

仲良くなれなくても

趣味嗜好が違っていても

何となくお互い、

同じクラスの一員として

それぞれを認め合っていたような、

そんな気がしています。

 

 

image

 

 

私が小学校の頃、

冬はまだ「石炭」ストーブが焚かれていました。

教室に「石炭」を運ぶのは日直当番の役目。

 

中学になって、

ようやく石油ストーブが

教室に置かれ、

それでも今のような

ファンヒーターじゃなかったら、

ストーブにはヤカンが乗っていて、

授業中に、

シューシューと

ヤカンから出る蒸気を

「ボー」っと眺めていた記憶があります。

 

で、

そんな冬のある日。

思わぬ悲劇が私を襲った。。

お昼にお弁当をあけたら、

レトルトのボンカレーのパウチ

と、白米のみ。

 

問題は、これ。

オイ。。こ、これ、

このレトルトカレー

どうしろってのよ?

冷たいボンカレー

しゃっこい白米にかけろってか?

と、怪訝な表情で固まっていたら、

隣の席の男子が

私の顔を覗き込むように見て

ニヤニヤしてた。

古川って男子だったんだけど。

たげめぐせがったじゃ。どんだんず(笑)

 

母はですね、

やかんのお湯でレトルトを温めて、

ご飯にかけて
「楽しく食べてねー!!!」って

思ってたらしい。

 

なるほど、ってオイ。

朝、学校行く前に言ってよね。

とにかくズボラで

ぶっ飛んだ母なんですよ。

 

なんて、

そんなことを思い出しながら

娘たちのお弁当を詰めて

朝、送り出しています。

 

今、私たちは

確実に歴史に刻まれる

時代を生きています。

 

石炭も戦争も知らない娘たちは、

何をどう感じながら

現代を過ごしているんだろう。

 

そして

終戦からまだ

たったの70数年足らず。

こんなにも多くの若者たちが、

尊い命を散らしていきました。
【学徒出陣壮行会】


 

【学生たちの悲劇は、あの競技場から始まった 目撃した女性が託した想いとは】


 

 

先日、はじめて

ジブリ映画「風立ちぬ」を観たんですよ。

零戦を設計した堀越二郎という青年と、

その青年を支えた少女 菜穂子(奥さん)の

実話を元にしたストーリー。

 

彼女は(当時)不治の病だった「結核」を患っていた。。

 

戦争の話、という以前に

それは世にも美しい

男女の物語だと感じました。

零戦は、二人の愛の結晶。

どんなに優れた頭脳と技術を持っていたにしろ、

彼女がいなかったら、

あの零戦の完成はなかった。

本当の意味での命を懸けた

品のある姿勢と

真の美しい精神を見たようでした。

 

 

画像:映画「風立ちぬ」オフィシャルサイトより

 

戦火を拡大していった大日本帝国
欲望に溺れた権力者たちは

世界を手にいれようと

騙して、稼いで、

その計画を実行しようとした。

 

しかし、封印が解かれた今、

嘘で塗り固められた栄華は

いつまでも続かない。

彼らの運命は思わぬ方向へと

転がり落ちていくことでしょう。。

 

 

 

「ほら、あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの。」

 

まだ見たことのない

「新」世界地図をつくっていくミレニアル世代の若者たち。

そして今こそ、

大人だって臆病ではいられない。

すぐ手の届くところに「愛」はある。

 

さて、今日の晩御飯、

何作ろっかな。

ボンカレー

ちび六??(笑)

 

 

澤野大樹さんの

青森講演会の日程が決定いたしました。

詳細が決まり次第、

ブログにて告知させていただきます。

 

青森講演会活字版原稿①~③をお求めの方は、

こちらからどうぞ。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

 

 

🌸「弘前」に関する言霊の秘密はこちら🌸

澤野大樹さんが解く

弘前の歴史』に隠された物語。

こちらは“3部作”でどうぞ。

 

¹【桜に宿る秘められた美しさと「666」のりんごの街①】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593474957.html

 

²【桜に宿る秘められた美しさと666の街「弘前」②】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593817550.html

 

³【辿り着いた「666」の東北最奥縄文の地③】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12594264952.html

 

 

 

 

 

 

 

 

38・「神を装った悪魔」と「悪魔の烙印を押された神」part.2

2020-05-15

テーマ:澤野大樹氏

 

澤野大樹さん公式サイト

「INTUITION」ブログより
★仙台天命塾 講演会 第29章★

の【序文】を噛みしめていただきたい。

2020年5月17日(日)

バビロン系南ユダ一派はヤハウェに対抗するために
それまで「ひとつ」としてあった「人」から「悪」を独立させた。
その瞬間に私たちは「ひとり」となり隣人を敵と規定するようになった。
そして「ひとり」の寂しさに打ちひしがれた“別々の人々”は、
その心の隙間を「新しい神」としての現人神にすがることで埋めるようになった。
かくして私たちは私たちの外側にすべてのソリューションを求めることとなった。
そう、なぜならば人類は「ヤハウェ」とは訣別したのだから。
土地に囲いを設けることと同様に、自らの心にも境界線を引いた。
モレクに溺れヤハウェと訣別した彼らはヤハウェの秘匿隠蔽に奔走した。
彼らはヤハウェを「666」と蔑み「悪魔」であると喧伝し人々から遠ざけた。
さらに純粋なヤハウェの民、北イスラエル王国10部族の跡をこの列島まで追い、
東北縄文を侵略し蹂躙し確かに上書きし封印した――はずだった。
さあここから2020年の奇跡の大どんでん返しが始まったのだ!!
私たちがこれまで「悪魔」だと思い込み叩き続けてきたその存在――、
まさかそれこそがまさにヤハウェだった!!
さあならば「アフター・コロナ」は一体どうなってしまうのだろうか?
ああもはやこれは「ごめんなさいでは済まされない話し」となってしまった。
「アフター・コロナ」とはつまり「アフター・ヤハウェ」ということ。
今、地球上で一番ヤバいストーリーを仙台天命塾でお話しいたします。

(澤野大樹)

 

このシンプルな【序文】に、

今までのあらましが

全て凝縮されているのを

感じ取っていただけますでしょうか。

 

私たちは、いよいよ

「新しいフェーズに入った」
ということ。

今、起きていることは、

「神を装った悪魔」と

「悪魔の烙印を押された神」の

諍いなのだということ。
https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12582179527.html

 

本当の「神の刻印」は、

666の「獣の数字」として

ずっと隠されてきていた、

ということ。

 

旧約聖書エデンの園では、

一番美味しい「智慧の実」は、

「危険だから触ってはダメ、

食べてはいけない」

といわれました。

それは「りんご」として象徴されました。

誰もが知っているアダムとイヴの

「蛇にそそのかされた」あのシーンです。

しかしその

智慧の実」であり「りんご」は、

「ひとり」として閉ざされた

私たち「人」を象徴していたのでした。

 

イヴをそそのかし、

その実を食べるように誘惑したのは

じつは「蛇」に象徴される「ヤハウェ」そのものだったのです。

 

しかし、ここへ来て

「567」(コロナ)というキーワードが

浮上してきてしまいました。

「突出し過ぎたものを抑制し」

「伏在してきたものを浮上させる」

「本来のあるべき姿に戻る」

「本来あるべき均衡を回復する」

というアラハバキの働きです。

 

これは、度肝を抜かれる発見です。

この「666」のカラクリに気が付いた人は

まずいないでしょう。

業界では澤野さんしかいないと思います。

果たしてどれくらいの人が

認識されているのでしょうか。
【神の刻印666】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12585811078.html

 

それを裏付けるかのごとく、

BCGは“救世主”だということが

わかってきました。
【BCG有無でコロナ死亡率「1800倍差」の衝撃 日本や台湾で死者少ない「非常に強い相関」〈AERA〉】

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f0634eda0ece2b364664f69a29fbabd684ccb3a

 

そして、

「神を装った悪魔」とは、

バビロンに由来した

大陸から稲作・鉄器を持って天下った大和朝廷

いわゆる「天孫族」がクリエイトした「偽アマテラス」。

つまり偽装した神だったということ。

 

封印された縄文神「ヤハウェ(宇賀神)」と、

近代日本の最高神「アマテラス(天照大神)」。

 

伊勢内宮(皇大神宮)には

130年ほどの歴史しかなく、

本当の伊勢神宮とは外宮のことで

「内宮」は存在していなかった可能性がある。

それは、

伊勢神宮内宮に祀られている

アマテラス=「イエス・キリスト」であった、

ということも

澤野さんから学びましたよね。

 

澤野さん曰く、

「十字架」はじつは「獣字架」

「十」=「獣」

「獣」とは聖書では「666」と表現されています。

表向きのキリスト教の十字架の背後に

「伏在させられているもの」が

あるということなのです。

 

イエス・キリスト磔刑は、

旧約聖書の「青銅の蛇」が

その予型となっています。

「青銅の蛇」においては

蛇はヤハウェアバターとして

登場します。

 

バチカンがもっとも忌み嫌う

「666」「蛇」「獣」を彷彿とさせる言霊を

エス磔刑像に込めた。

そのシンボル「獣字」(十字)、

つまり「666」を暗喩されたものを

拝まされていた。

 

十字架の背後には、

本当の「666」

それは瀬織津姫、宇賀神、ヤハウェ

蛇、東北日高見の民が信仰していた

宇宙根源神アラハバキ縄文神そのもの

が、隠されていたということ。

聖書で「蛇」は邪悪なもの、

「666」は悪魔とされてきましたよね。

それこそが本質なのだと権力者によって

伝えられてきました。

 

権力者は、「666」「蛇」の

凄さと力を知っていたからこそ、

本当のことを隠したかったわけです。

 

これこそが「偽装した神」の正体なんです。

 

時の権力者によって

世界中の縄文的な原始宗教や

土着信仰が破壊され、

悪魔として封印され、

表に出られないようにされました。

本当は悪魔ではないのに

歴史の舞台から消滅させられ、

そもそも居なかったことにされてしまった。

 

本物の悪魔が、

縄文スピリット「666」を「悪魔」と呼び

封印したという

もの凄いカラクリです。

 

その「666」とは「ミロク」であり、

釈迦入滅後、

56億7千万年後に降臨するとされた

まだ見ぬ神「弥勒菩薩

「縄文スピリット」であり、

瀬織津姫」であり、

アラハバキ」であり、

「蛇」「ヤハウェ」であり

宇宙創造神である「宇賀神」。

 

もっと驚くべきは、

澤野さんが言っていた世界が、

今まさにそのまんま具現化されているということです。


 

もし、

「666」を悪魔だと言っている

陰謀論者や霊媒がいたら、

ハッとしなきゃいけませんよ。

陰謀論はタチの悪い

エンターテイメント。

陰謀論者が語るそのことこそ

陰謀なのですから。

「ルシファー」は悪魔だとか、

「悪を抱き参らせよ」だの。

元々、神も悪魔も

光も闇もないのですから。

 

悪も正義も、黒も白も、

すべてを含有した「ひとつ」だったのが

ヤハウェです。

 

そんな「ひとつ」から

悪が独立させられ、

ある日突然、私たちの目の前に

「敵」が創出されたのです。

ということは、

その眼前の「敵」が悪魔なのではなく、

悪を独立させ私たちを

「ひとつ」から離し、

「ひとり」とさせられ、

虚構の「敵」を戦うように

仕向けた者たちがいるのです。

 

それからというもの、

私たちは

いるはずのない「敵」を仮想され、

決して敵わないそんな敵と対峙するという

偶像崇拝」を強要されてきました。

これがモレク崇拝バビロン系によって

数千年にわたって張り巡らされてきた

私たちの心を牢屋に閉じ込めるための

罠でした。

 

【仙台序文】にある

「ひとつ」と「ひとり」。

このことを理会するには、

根底にある

神仕組みプログラムのメカニズム、

本当の縄文スピリットである、

瀬織津姫システムを

熟知していないとできないことです。

 

縄文スピリットとは、

誰にもまつろわないし、

誰にもまつろわせない、

徒党を組まない、

争わない。

「ひとり」でありながら

最初から

「ひとつ」であることを知っているので、

群れる必要もないのです。

 

それから、

澤野さんがよく言われる

「Redeemer」の意味を

もう一度確認しておきますと、

「一度奪われたものを買い戻す人」

「取り戻す人」という意味で

「救世主」と訳されます。

 

元々持っていたモノ、

土地、精神、誇りなどが

何者かによって不当に奪われたり、

隠されたり、封印させてしまっていたものを、

本来の所有者、管理者の元に取り戻す、

そして「元に戻る」という意味、

これが「Redeemer」の意味です。

(青森講演会より)

これまでの人類史というのは、

東北縄文日高見、

古代ヘブライ

アメリカのネイティブインディアンなど

あらゆる民族を弾圧して

滅ぼした上に成り立っているわけで、

日の丸に象徴されるように、

じつは、

現代社会の支配者が作った常識として

伝えられてきたものです。

 

ソメイヨシノ」「日の丸」は、

縄文、日高見、滅ぼした

弥生、大和朝廷の延長線上に成り立っており、

明治維新以降続く現在の支配体制によって、

洗脳の道具とされ用意されたもの。

 

しかし、ほとんどの日本人は

こんな大事なことを知りませんよね。

 

当たり前だと思ってきたことは

じつはその多くが明治維新以降に

「何者かによって強引に設定されたもの」

「新しい日本」

その上に成り立っており、

本当のネイティブである、

日高見国と言われる東北縄文、

アラハバキ、666、ヤハウェ、宇賀神、

瀬織津姫弥勒菩薩、567(コロナ)の話は

明治維新」抜きには語れない話なのです。

 

🎤澤野さんに突撃インタビュー↓

アフターコロナについて

 

 

ちなみに、お正月に飾る鏡餅

宇賀神(=ヤハウェ)「トグロを巻いた蛇」ですよ。

 

鏡餅娘クリエイトの「かがみもちちゃん」です。

 

普段、私たちは、

学校で習った常識が

本物だと思い込んでいます。

あえて疑うこともしません。

しかし、それは

偽物の自分を作り上げているということ。

世の中で展開される虚構を見抜くには

目の前の壁を取っ払って

謙虚になること。

人の意見に耳を傾け、

その上で

あらゆるサインを見逃さず、

その時その時を見極めていく。

 

今まで伏在してきた本当のことが、

後世に正しく伝わることを願います。

 

 

📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

現代のパピルス『活字版原稿』をぜひ。

 

◆最新版!

青森講演会【第③回】活字版原稿
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)

 

※基本のキとなる、
◆【第①回】活字版バックナンバー

タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

※本文にある「青銅の蛇」については第1回活字版原稿に記されています。

 

◆【第②回】活字版バックナンバー
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)
 

↓青森活字版原稿①~③はこちらからお求めください↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

 

※現代のパピルス
【澤野大樹さんが綴る活字版原稿の秘密】

 

 

 

全国講演会情報は→こちら

 

 

 

瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす
Amazon(アマゾン)
1,000〜7,009円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39・「アフター・コロナ」について。

2020-05-16

テーマ:澤野大樹氏

 

最近ちょっと気になる

「アフター・コロナ」について

クローズアップ!

 

澤野大樹さんに質問してみました。

 

Q.「メディアも含めていろんな方が

アフター・コロナはどうなるか?について

意見を出していますが、澤野さんはどう考えますか?」

 

A.

「コロナは567(ミロク)なのですから666ですよね。

そして日本において新型コロナウイルスによる影響はこの666、

つまりBCGワクチン接種によって救われています。

つまり「ヨハネの黙示録」の逆が起こってしまったというわけですよ。

 

「獣の数字666」の刻印とは

このBCG接種の跡だったわけですよ。

しかも「獣の数字」などという野蛮なものではなくて、

「神の刻印666」だったということです。

これってかなりの特ダネだと思うのですが、

私以外でほぼ誰もこのことを取り上げませんよね。

おかしいですよね。

変ですよね。

 

いつもだったら誰よりも我先と取り上げられますよね。

でもこの「BCGは神の刻印666」については

多くの人が口をつぐみます。

おかしいですよね。

変ですよね。

どうしてでしょうか?

 

なぜならば、

これまで多くのスピリチュアルの人たちや、

陰謀論の“リーダー”たちはこの「666」を悪魔と規定し、

悪の権化であるとして糾弾し罵ってきましたでしょう。

 

ですから、彼らはこのBCGワクチン接種が

「神の刻印666」だったなどということは、

口が裂けても言うことができないわけです。

これまでの自分の存在が消えてしまう恐怖があるからです。

 

今さら立場を変えるわけにいきませんからね。

また、彼らの論説はバビロン系南ユダから派生した

その流れの延長線上に存在しています。

ですので、

かつてヤハウェである「666」と訣別した立場なのです。

 

ですので、たとえ天地がひっくり返ろうとも、

彼らは「666」を

「善も悪も、白も黒も、

光も闇もすべてがひとつ」であるヤハウェだとは認められないのです。

 

それはもはや「信仰」の領域であると思います。

 

でもこのことは私にとって非常にありがたい側面がじつはあるのです。

 

つまり、今回のこの新型コロナウイルスをどう見て解釈するか?

 

そして、「666」というものをどう解釈するかを見ることによって、

その人が「バビロン系南ユダ派」かどうかが一瞬でわかってしまうのです。

 

この「BCGは神の刻印666」という話は

試金石でありリトマス試験紙として機能を始めています。

 

これは驚くべき「炙り出し機能」を瞬時に発揮させます。

その人がバビロン系南ユダ派なのかどうなのかが

一瞬で判別できてしまうのです。

 

さて、アフター・コロナはどうなるか?という話でしたね。

 

コロナは「567」であり「666」なのですから、

つまり、コロナとは「ヤハウェ」そのものを意味しています。

 

つまり、「アフター・コロナ」とはじつは、

「アフター・ヤハウェ」ということになります。

 

では「アフター・ヤハウェ」とは何か?

って話になりますよね。

 

これはつまり――、

 

「567」つまりヤハウェが降臨した後の世界のことです。

これまでバビロン系南ユダがあらゆるスピリチュアル、

そして陰謀論の世界を構築してきました。

 

しかし、今回のコロナでそれがすべてじつは崩壊したのです。

もう崩壊してしまったのです。

ヤハウェを偽装してきたモレク偶像崇拝スピリチュアル、

そして、

仮想敵「闇の巨悪の支配者」という偶像崇拝を正しいものとして

喧伝してきたバビロン系南ユダスピリチュアルが、

もうすでに崩壊してしまったのですよ。

 

これはつまりどういうことですか?

 

これまでの世界は「666」を悪として遠ざけ封印してきた。

「666」を悪として遠ざけて危険視してきたのは、

新約聖書を創作したバビロン系南ユダ派だったわけですよ。

 

これからの世界は「666」、

つまりこれまでバビロン系南ユダ派に封印されてきた

本物のヤハウェというものが

オモテの世界に堂々と表れた世界へと「回帰」します。

いや、もうすでに回帰は完了してしまっています。

 

これまでの

「ビフォー・コロナ」の時代とは

「666を叩き潰せ!」という世界でした。

 

そして、これからの

「アフター・コロナ」の時代とは

「666こそが本物のヤハウェだった!」という世界になります。

というか、もうなりました。

 

ということで、じつは今回の新型コロナウイルスは、

とてつもない大崩壊と大変革をもたらしていたのです。

しかしその大崩壊と大変革は

「肉の眼には見えない」のです。

人類の「精神世界」で起きた宇宙的大変動大動乱なのです。

「本来の姿に回帰する」というアラハバキの働きそのものです。

 

この大変革を受け容れることのできない

バビロン系南ユダスピリチュアルや、

そこから派生した西洋神秘主義と、

日本に輸入されたスウェーデン・ボルグの神秘思想、

それをベースに創作され拡散された

日本のあらゆる「神示系」の勢力は、

これから徹底してこの「666」を弾圧、

いや、スルーし完全に無視することでしょう。

 

バビロン系南ユダ派は、

これまで地球人類の精神世界を制御してきました。

その制御が利かなくなったということです。

本物が浮上してしまったのですから。

 

ですので、「アフター・コロナ」の世界というものは、

地球人類の精神世界に変容をもたらした後の世界です。

そしてそれはもう

完全にもたらされてしまいました。

 

さあ、

みなさんのお気に入りの“先生”が、

この「BCGは神の刻印666」を

どう扱っているかを見てみることです。

前向きに扱っているのか、それとも、

否定的に扱っているのか、それとも、

まったく無視し、スルーし、知らん振りをしているか?

2秒でわかってしまうのですよ。

 

「無視した人」をよ~く観察してみることです。

 

これがまさに本物である

ヤハウェの底知れぬパワーなのだなと私は思いますよ。

 

つまり、

「コロナ後の世界はこれまでの延長線上にはない」

の本当の意味がわかってきちゃうわけですよ。

 

最高でしょ(笑)!!

 

 

なるほど。。

「アフター・コロナ」とは、

「アフター・ヤハウェ」の時代へ。

ということですね。

 

知識を駆使し、民を惑わす

バビロンモレク由来の

もっともらしい空虚な論説や

チャネリングには

安易に飛びついたりしてはいけませんよ、

コロナさんは

バビロン系南ユダ派炙り出し機能搭載してますよ、と。

 

コロナさんの降臨は、

世界同時多発アラハバキ

つまりは、

バビロン系南ユダ弥生派は

破綻の危機を迎え

今まで伏在していた

本当の縄文スピリットが浮上し

これからはまだ見ぬ神の、

ヤハウェ新時代の到来」

ということになりますかね。

 

いやー、驚天動地!

今回も椅子から転げ落ちました。

澤野さん、

最高のパフォーマンスを

ありがとうございました。

 

 

「神を装った悪魔」と「悪魔の烙印を押された神」は、

まなぐギッと開いで

みっつどかがって見ねばまいねってことだんず。(津軽弁

 

 

一昨年の5月に撮影した「岩木山

image

 

田植え前の田んぼに映し出された「逆さ岩木」です。

水面が“鏡”になって幻想的ですよね。

 

 

「あるべき元の姿に戻る」

目指すのは、時を巻き戻した世界ではなく、

全くの新しい本来のスタンダード。

 

 

📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

現代のパピルス『活字版原稿』を、ぜひ。

 

◆最新版!

青森講演会【第③回】活字版原稿
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)

 

※初心者さんはこちらをどうぞ。
◆【第①回】活字版バックナンバー

タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

◆【第②回】活字版バックナンバー
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

↓青森活字版原稿①~③はこちらからお求めください↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

※活字版原稿はレジュメではありません。

澤野大樹さんが綴る『活字版原稿の秘密』

 

 

※全国講演会情報は→こちら

 

 

 

瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす
Amazon(アマゾン)
1,000〜7,009円

 

 

 

 

 

 

40・津軽の鬼族と縄文、そして稲作のカラクリ。

2020-05-27

テーマ:澤野大樹氏

 

📕澤野大樹氏著書(中山康直氏共著)

瀬織津姫システムと知的存在MANAKA

近代史と多次元世界のタブーを明かす】は、

Amazonでも楽天ストアでも

紀伊国屋書店サイトでも

現在、なぜか在庫切れ中。

文芸社」さんへ直接ご注文くだされば、

通常価格でお買い求めいただけます。

https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-17307-8.jsp

 

2017年1月「ムー 2月号」でも紹介されたそうですよ。
 

弘前市立図書館でも貸出中です。

 

image

 

さて、
青森県弘前市には、

岩木山を基点として

ぐるっと
先の尖がった三角の

ピラミッド山がたくさん点在しています。

 

image

 

縄文遺跡“大森勝山遺跡”もあります。

 

image

 

歴史教科書に出て来そうな写真ですね(笑)

 

image

 

大森勝山遺跡のすぐそばには

貴船神社があり、

御祭神がジャバザハット、

もとい、失礼しました。。

こちらの神様は、

『闇おかみ神』というそうです。

 

image

神さま、こんにちはてへ

 

『闇おかみ神』(くらおかみのかみ)

 

image

 

この漆喰塗りの本殿に祀られています。

重厚な鉄の扉がついていて、

さぞ強固な封印がかけれていたものと思われます。。

 

『闇おかみ神』を

ググってみたところ、

 

闇淤加美神(くらおかみのかみ)」

とも呼ばれ、

神話では、

伊邪那美神の「神産み」において

伊邪那岐神

「火の神」であった

迦具土神カグツチノカミ)

剣で斬り殺した際に

生まれたとされており、

闇(くら)」は

「谷間」を意味するところから、

水の神・雨乞いの神・灌漑の神である。

 

といわれているそうです。 

 

「闇おかみ神」は水の神。

水の神といったら、

あの神しかないじゃないの。。

縄文神「アラハバキ

宇賀神のことですよ。

 

「闇」(くら)は「KURA」で

中に「UKA」(宇賀)が見えます。

また、

「迦具」(かぐ)は「KAGU」で

中に「UGA」(宇賀)が見えます。

ジャバザハットのような姿は、

まさに「とぐろを巻いた蛇」だと思います。

 

そして、伊邪那岐神

迦具土神カグツチノカミ)」

切り殺したという剣は

あの「十拳剣」(とつかのつるぎ)ですよね。

 

「十拳」(とつか)は「TOTUKA」で、

これも中に「UKA」(宇賀)が見えますね。

宇賀神は蛇体ですから

いつも澤野さんが仰っているオベリスク

「剣」という蛇体とも通じているわけです。

 

伊邪那岐神イザナギ)と

伊邪那美神イザナミ)の

「神産み神話」において、

17番目に生まれた「カグツチ」は

火の神だったため、

出産時に伊邪那美

陰部に火傷を負ってしまった。

これが原因で

イザナミ死んでしまう。

その様子を見て怒ったイザナギは、

「十拳剣」(とつかのつるぎ)で

カグツチを斬り殺してしまう。

「十拳剣」で切られたカグツチは、

3つに切断された状態で
3つの石となったと伝えられている。

 

「3つの石」といえばアナタ!
ピラミッドに象徴される、

三ツ石=ミシャグジ=大蛇

つまり666ヤハウェである宇賀神、
「とぐろを巻いた蛇」ってことですよ!?

別名かがみもちちゃんですね鏡餅

 

image

 

ここの貴船神社は、

弘前市十面沢(とつらざわ)

という住所にあり、

 

“十面沢”という地名は、

坂上田村麻呂

岩木山赤倉の鬼」を征伐したとき、

鬼の面(ツラ)を「十」取ったことから

その名称がついたとされています。

 

あ!これ、

ヤバくないですか!?

坂上さんといったら、

南ユダ弥生大和朝廷

征夷大将軍ですよ。

 

東北日高見国アテルイから

「日の丸」を奪った大将です。

 

征夷大将軍
この渾名にすべてが凝縮されています。


上記本文にある

絵巻図に描かれている「鬼」。
“野獣のような顔をした蝦夷の連中”

と朝廷側は表現しています。

 

弘前市には「鬼沢」という

地名もあり、

その土地では

「赤倉山の鬼」を大切に祀って

毎年、大祭も催されています。

 

一説によると、

その「鬼」は

力仕事を手伝ったり、

民と仲良く相撲をとったり、

実に優しい「鬼」さんだったという

伝承がありますよ。

 

果たして

大和朝廷が表現する「鬼」とは

私たちがイメージしている怖い「鬼」

だったんでしょうか。

時の権力者に

「鬼」とされてしまったのではないでしょうか。

 

 

↑大石神社のお堂(上)と、水神様(下)↓

 

 

 

「日の丸」も、

東北日高見国(蝦夷)の象徴であった、と

途轍もない史実であるのにもかかわらず、

このような大切なことは

学校では教えられませんよね。

オフィシャルな絵巻図

蝦夷を伝える記録
清水寺縁起絵巻」東京国立博物館蔵)

としてちゃんと残っているのに、です。

 

「日の丸」は勿論、

日本の国旗です。

 

しかし、まさかそこに、

すり替えとフェイクが潜んでいるとは

誰が考えましょう。

 

他にも

封印された縄文神「アラハバキ」と

近代日本の最高神「アマテラス」が

巧みにすり替えられ、隠蔽されてきたり、

666は獣の数字であると伝えられてきたり

蛇は恐ろしい邪悪な存在だと

意識に刷り込まれてきてたり、と

そんなことがたくさんあるのです。

 

一例をあげますと、

縄文人は「稲作」をしていた”

ということも

その一つです。

 

澤野大樹さんによると、

縄文時代は東日本に23万人、

西日本には3万人しかいなかった。

 

つまり、

西日本はほぼ無人だった。

 

そんな縄文時代の日本列島の

西のどこかに

大陸から渡ってきた弥生人の「予型」がいた。
 

だから、

縄文時代に稲作が行われていた」とされる場所は、

岡山県の「朝寝鼻(あさねばな)貝塚」、

「南溝手(みなみみぞて)遺跡」や

「津島岡大遺跡」、宮崎県の「桑田遺跡」、

そして九州北部の沿岸部といった「西日本」なのです。

 

それは、確かに「縄文時代」なのです。

しかし、そこで稲作をしていたのは縄文人ではありません。

でも時代は「縄文時代」です。

これは「カラクリ」です。

 

そこにいたのは縄文人ではなく、

大陸からやってきた

侵略者の「走り」だったのではないでしょうか。

侵略者と言ったら語弊がありますね。

当時は当然「国境」などありませんし、

入国管理局もビザもありませんでした。

当然、大陸に近い場所においては、

小規模の流入はあったはずです。

 

縄文時代にすでに行われていたという稲作は、

縄文時代の日本列島に三々五々渡って来た、

大陸から流入してきた弥生人たちが

西日本各地で稲作を始めたものでしょう。

縄文時代に稲作の痕跡があったからといって、

それが縄文人によるものであったわけではないのです。

ここにいわば「トリック」が細工されているのです。

 

つまり、正しくは

縄文時代の西日本には

一部に大陸から侵入した

少数の弥生人

稲作を始めていた」ということです。

 

日本の中には、

どうしても、何がなんでも

縄文人が稲作を行っていた」

ということにしたい勢力が存在しています。

歴史修正主義の一派です。

彼らは「縄文」と「弥生」をごちゃ混ぜにして、

何がなんだかわからなくさせることが目的です。

「時代」の区分で考えるから混乱するのです。

その時代に「誰が」稲作をやっていたのかが重要ですね。

 

純粋な「縄文」は

稲作を最後の最後まで拒絶しました。

稲作による支配統治から逃げた縄文人たちが最後に辿り着いた砦が

長野県の「諏訪」でした。

 

縄文時代末期には

気候変動で

全国の人口が26万人から8万人に

激減しています。

 

それに乗じて断続的に

延べ300万人の弥生人

入り込んできたのです。

 

彼らは、伝染病や飢饉、

気候変動をチャンスと捉え、

侵入してきます。

 

今回のコロナ騒動と

似たようなところがありませんか?

 

では、さらに質問!

「今私たちが生きる現代社会」とは

どういう社会ですか?
そして
「縄文」と「弥生」の違いは何ですか?

 

【回答】
それは単なる時代区分ではありません。

それは宇宙に対する態度、

つまり、メンタリティにこそ

その違いが大きくあるのです。

 

縄文人は、大自然のそのまんまの恵みを、

そのまんま受け取りました。

 

弥生人は、大自然を開墾し改良し、

大自然を「自分たちに合わせて作り変える」ことをしました。

 

この違い、巨大過ぎるほど違うのです。

 

旧約聖書『創世記』第4章に「カインとアベル」の寓話があります。

 

カインとアベルの兄弟はヤハウェにそれぞれが用意した供物を捧げます。

 

カインは一生懸命に栽培し育てた農作物を捧げました。

 

アベルはただ羊を一匹捧げただけでした。

 

ヤハウェはカインが捧げた農作物を無視し、

アベルが捧げた、ただの羊に目を留め認めました。

 

これに腹を立てたカインはアベルを殺害してしまいました。

 

この寓話を読み、その意味を理解すればわかってきます。

 

「カイン」は「弥生」なのです。

 

そして、

 

アベル」が「縄文」なのです。

 

ヤハウェ、つまり宇宙を前にして、

人の作りしもの、

そして、人の努力の賜物としての供物には

何の意味もないということがここで示されています。

 

ヤハウェの機嫌を伺おう、

ヤハウェはこうしたら喜ぶに違いない。

ヤハウェに良いところを見せたい。

ヤハウェに自分の手柄を認めてもらいたい。

 

これらすべてが「弥生」のメンタリティ。

つまり、宇宙に対しての傲慢性を意味しています。

 

一方のアベルはどうでしょう。

 

アベルは、ただそこにいた一匹の羊を捧げただけです。

 

つまり、ヤハウェ(宇宙)を前にしたときに、

己の努力、成果などまったくの無力に過ぎず、

であるならば、

私はここで何をヤハウェに披露できようものか、と。

アベルはその無力さを痛感したがゆえに、

羊一匹を捧げることしかできなかった。

 

このアベルの謙虚な姿勢にヤハウェは目を留めたのです。

 

このことにカインは嫉妬し、妬み、逆上し、

自らの傲慢性を省みることもせず、

アベルを殺したのです。

そしてさらにそのことを尋ねたヤハウェに嘘までついたのです。

 

このカインとアベルの寓話は、

そのまま、弥生と縄文の間柄にあてはまります。

 

だから、縄文と弥生は、

ただの時代区分の話しなどではなく、

ヤハウェ(宇宙)に対する姿勢、

メンタリティの話しなのだということがわかります。

 

質問の、
「今、私たちが生きる現代社会」とは、
――そう、

「カイン型社会」なのです。

 

己の中の奥深くに標準装備されている、

一人ひとりの本源的な役割というものを無視し、

悲しいことに「カイン的」に

それまで自我形成を行う中で発生した

「私とはこういう人」という表層意識が生み出した幻想に適合するように、

その本源的な役割を抹消し、

自分の顕在的な欲望に宇宙を利用しようとする姿勢です。

 

これを社会全体でやってきたわけです。

 

しかし、そのような社会はもう終わったのです。

 

今回の新型コロナウイルスによって、

全世界はアラハバかれたのです。

 

つまり、これからの世界とは、

アベル型世界」に回帰するということです。

 

嫉妬と妬みと嘘にまみれたカイン型世界が終わった。

 

ヤハウェ、宇宙に対し挑み逆らう時代は終わった。

 

一人ひとりが、それぞれ持っている「特異性」、

つまり、本人の意志とはまったく違う、

本源的な己の役割というものに回帰するということです。

 

カイン型世界においては、

己の本源的な役割を見ようともせず、または認めず、

自我意識によって巨大化させられた、

固体意識の発露としての「願望実現」を成すことこそが、

スピリチュアルの醍醐味であると喧伝され、

誰しもがそれが「正しい」ことであると信じてきました。

 

しかし、それが崩壊した。

 

つまり、

ヤハウェ、そして宇宙を無視して、

自分が勝手に思い描いてきた「夢」、

そして、自己都合によって

宇宙を利用し動かそうとしてきた

カイン型スピリチュアルというものが終わった。

 

これから起こることとは、

既存のスピリチュアルの大崩壊です。

 

では、スピリチュアルなんて存在しないのか?

そんなことはありません。

ちゃんとあります。

 

ただ、これから現れるアベル型スピリチュアル、

縄文スピリットというものがどういうものであるか、

カイン型弥生スピリチュアルしか意識したことがなかった者からすれば、

想像すらできないし、手に取ることもできないでしょう。

 

生まれたままの、あるがままの、

まったく手を加えていない純粋な、

自我意識すら介在しない、

果てしない謙虚さの先に現れる

宇宙と「ひとつ」としてある己の発見。

 

きわめてシンプルですが、

誰もそれを体現できない。

きわめてシンプルでありながらきわめて難しい、

縄文スピリチュアルは、

縄文スピリットと共に開眼するのだと思います。

 

(澤野大樹)


なるほど。

これからの世界は、

“「アベル型世界」に回帰する”

とは「逆聖書」じゃないですか!?

まさに「反キリスト」666の世の到来ということですね!

(「反キリスト」とは、イエスに反発するという意味ではありませんので、あしからず。)

 

色んな人が

色んな説をあげていますが、

「真実」というのは人それぞれ、

ひとり一人に

「真実」というものがあります。

「正義」にしたってそうです。

 

その人にとっての

カラスの真実が「白」なら

「白」なのです。

 

ワクチン接種がその人にとって「悪」なら

「悪」であり

それをしないというのが

その人の「正義」であったりします。

 

肉食も然り。

肉を食べないのが正義なら

その人にとって「真実」であり「正しい」解釈。

(アレルギーは別として、です)

 

「真実」や「正義」には多様性がありますが、

「本物」は圧倒的な唯一無二の存在です。

 

日本語って難しいですよね(笑)

 

しかし、そういうことです。

 

同じ地球に生きて

同じ社会に生きても、

全員一人ひとりが

違う世界を見ている。

 

このひとつの世界に

77億とおりの世界が共有されて

存在しているのです。

 

つまり、

目の前の物質世界はフォーマット。
そのフォーマットをベースに

それを見る一人ひとりの心が

じつは世界を生み出しているのだということ。

 

77億の「ひとり」が
「ひとつ」の世界を織りなしている。

そのひとりとは

本当は最初からひとつ。

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12597147199.html

 

「本当」のことは

ご自身の魂にしっかり刻み込まれています。

この世に誕生した時に

忘れてしまっていたり、

マインドコントロールされてきたり。

 

でも、

自分の中にある

「本当」の核は、

人生から消し去ってはいけないと思います。

 

自分がこの世に生を受け、

親からもらった「名前」もそうです。

本当の「核」です。

 

Your Name.

君の名は。

 

ジブリアニメ

千と千尋の神隠し」で

名前という「核」を奪われた

千とハクは

「本当の名前」を取り戻したとき

どうなりましたか?

 

だから、「本物」である

魂の「核」を掘り起こされると

一瞬の驚きと閃きで

一気に覚醒が起こり、

目の前に出されたものは

「本物」か「罠」なのか

その全貌が見えてくるようになります。

 

それは、自分で感じること。

他に求めるのではなく、

自分で獲得するべきこと。

納得できるまで勉強すること。

 

そこで、

誤った軌道を修正し

「本当」の核に

上書きしたくなってくるのです。

 

歴史修正、日の丸、保守、

満州、ぜんぶ大日本帝国でしょう。

 

東北を封印し、覚醒を阻害してきたのは

大和朝廷、つまりは後の大日本帝国でしょう。

 

コロナウイルス

何年か前の、記憶に新しい、

いつかのアノ事件と

カブっていますでしょう。

その裏で糸を引いているトップは、

その時も今もあの人でしょう。

 

その謎を解くためには、

まず基本の歴史の流れ、

「北イスラエル王国」「南ユダ王国」、

この国の「北朝」と「南朝」を理会し、

 

明治維新政府「大日本帝国」によって

クリエイトされた「新しい日本」は、

今、誰の手中にあるのか、

そして現在、

「世界は誰と誰が戦っているのか」を

初めて知ってハッとなる、

というわけなんです。

 

意識覚醒と

本当の歴史を知ることとは

セットです。

勉強を重ねて、社会や

世の中のあらましのメカニズムを

正しく理会するという三次元的行動は、

じつは直観力を高める究極の方法。
 

その紐解きをするヒントとコツを

澤野さんが教えてくださっているのです。

※澤野大樹さんが綴る奇跡の『活字版原稿』の秘密

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12589724427.html

 

澤野さんの名言。

「勉強して来なかった者はスピリチュアルにもなれないのです」

重要になってくるのが、
普段からの様々な物事を身につけていくということです。

「学識は直観を肉付けするためにある」のです。

いくら超能力があっても、

いくら霊能力があっても、

基礎的な学識がなければ、

その霊的直観が何を意味しているのかが理解できないのです。

三次元物質世界的なものと嫌われる「学識」ですが、

驚いたことに、

そんな物理的学識の拡大が

霊力の拡大とリンクしているということです。

もともと豊富な学識を持っている人ならば、霊力拡大を図れば最高へと至ります。

また、もともと鋭い霊力を持っているならば、学識拡大を図れば最高へと至ります。

最高の学識を持ちながら、最高の霊力をも兼ね備えている。

そんな夢のような状況は決して夢ではありません。

世の物理的あらましを理解した上で、霊的次元で考察することが出来る状態。

まさに、多次元世界と三次元世界が高レベルで均衡している状態です。

(澤野大樹)

2018/12/16仙台天明塾序文より

 

 

澤野さんの著書、いつの間にやら

プレミア本になってて驚きました!

 

image
 

📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

現代のパピルス『活字版原稿』こちらをぜひ。

 

◆最新版!

青森講演会【第③回】活字版原稿
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)

 

※初心者さんはこちらをどうぞ。
◆【第①回】活字版バックナンバー

タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

◆【第②回】活字版バックナンバー
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)
 

↓青森活字版原稿①~③はこちらからお求めください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

image

弘前のシンボル「岩木山

 

 

🌸「弘前」に関する言霊の秘密はこちら🌸

澤野大樹さんが解く弘前の歴史に隠された物語。

3部作でどうぞ。

 

【桜に宿る秘められた美しさと「666」のりんごの街

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593474957.html

 

【桜に宿る秘められた美しさと666の街「弘前

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593817550.html

 

【辿り着いた「666」の東北最奥縄文の地

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12594264952.html

 

 

 

※全国講演会情報は→こちら

 

 

 

 

 

41・皮膚疾患には「ブリーチバス療法」

2020-06-03

テーマ:澤野大樹氏
公式ハッシュタグランキング:小児肺炎1位

 

 

みんな注目! 

巷で噂のコロナウイルス(COVID-19)
に関連する耳寄り情報をご紹介します。
「ブリーチ・バス療法」についてです。

 

キッチンハイターの使い方。

キッチンハイターは花王のブランド名。
本来は「ブリーチ」(塩素系漂白剤)。

カネヨブリーチ、キッチンブリーチなど、
各社から出てますがすべて同じもの。
次亜塩素酸ナトリウム」が主成分のものです。

次亜塩素酸ナトリウムを超える消毒剤は無いのです。
しかも安価。

(※注 ↑

報道されている「次亜塩素酸水」

とは違います。全く異なる成分です。)

誰でもどこでも買えるし

コンビニでも売ってる。
セブンイレブンなら一本82円。

大きめのタライに5リットルの水(ぬるま湯)に

キャップ一杯を溶かして、
帰宅したらすぐに

そこに手を2~3分浸けるだけで消毒完了。
必ず換気扇を回すこと。


浸けたらあとは

よく石鹸で洗えば終わり。
これだけです。


コロナ、ノロ、インフルエンザ、

O-157白癬菌、真菌、

黄色ブドウ球菌カンジダ菌、

アクネ菌、すべて殺菌します。

お風呂は、
たっぷりと入ったぬるめのお湯に、
カップ一杯200mlを入れて、
5分から10分浸かればOK。
必ず換気扇を回すこと。

できれば頭まで全部もぐる。
何度かもぐる(笑)。
で、出たら全身と髪を洗って出る。
よく洗わないと後で髪が脱色します。
(水泳部員が茶髪になるのと同じです)

簡単。


要は、プールに入るのと同じ。

ごくごくシンプルでいいのですよ。

次亜塩素酸ナトリウム
幼児の哺乳瓶消毒(ミルトン)にも使われるくらい
安全性が確立されたものです。
プールの腰洗い槽に入っている白い錠剤も
次亜塩素酸ナトリウムです。
子供たちがプールの水を飲んでも
大丈夫なくらい安全なものです。

「常在菌も失われてしまう!」と

いう方がたくさんいますが、
気になるようでしたら、
自分の身体、脇の下とかを手で摩れば
常在菌など一瞬で元に戻ります。

ハイター1本で大丈夫です。

あと、これをやると、

コロナウイルスだけでなく、

謎の湿疹、水虫、カンジダ

ニキビなどもきれいさっぱり。

「お風呂に漂白剤!?ウソでしょ?」

と思いますよね。

でも、このブリーチバス療法は

日本以外の国では当たり前の療法です。

どうして日本では

こんな手軽で絶大な効果のある方法が

秘密にされているのか?

想像してみたら

有意義な午後を過ごせることでしょう。

しかし一方で、

ナチュラル系ビジネススピリチュアルの人たちは

逆に発狂するでしょう。

May the Bleach be with you.

(漂白剤と共にあらんことを)

 

【参考サイト】
お風呂に漂白剤?!驚くべき湿疹の治療方法

「お風呂にブリーチですか?!日本では聞いたことがありません」と言っても
「オーストラリアの学会では、最も効果のある皮膚疾患の治療法として
発表されている普通のことだよ。Let’s Try!」

http://kihashi-clinic.com/news/blog-australia/entry-91.html

 

慶應義塾大学病院 皮膚科 アトピー外来
「ブリーチバス療法:次亜塩素酸ナトリウムを溶かしたお風呂に入浴する治療法です。
次亜塩素酸ナトリウムは、多くの細菌に対して静菌作用を示します。
国内では馴染みが薄いですが、アメリカを中心に海外では古くから使用されており、
海外のガイドライン(治療指針)に掲載されている、信頼性のある治療法です」

http://www.derma.med.keio.ac.jp/derma/patient/speciality/02.html

 

 

以上、[ INTUITION 澤野大樹公式サイトより転載

 

【追記事項】です。

 

キッチンハイターに含まれる界面活性剤、

「第四級アンモニウム塩」が

COPD」(慢性閉塞性肺疾患

=(COPD:cbstructive pulmonari disease)を

誘発するとして、

キッチンハイターではなく、

カネヨブリーチ(次亜塩素酸ナトリウム

に変更しましょう、、

と澤野氏が言及されてました。

 

 

どうぞ各商品の成分表をチェックしてご使用ください。
次亜塩素酸ナトリウム」は
「次亜塩素酸水」とは全くの別物。

次亜塩素酸水ではありません。

ここで紹介させていただいたものは、

次亜塩素酸ナトリウム」です。

ややこしいですね(^-^;

 

欧米では、

「ブリーチバス療法」というものは、

当たり前に行われているということ。

慶応病院アトピー外来の記事が重要です。

 

きはしクリニックのブログ記事
専門医がひっくり返る内容です。

日本人が知らなかった秘密?(笑)なんです。

 

caution!

(これらの情報は、

あくまで自己責任でお願いいたします。
必ず希釈することをお忘れなく。)

 

さて、

それでも心配であれば、

「ミルトン」がよろしいかと。

 

 

赤ちゃんにも安心なミルトン。

うちの子達も随分とお世話になりました。

極めて安全性は高いと思います。

 

このご時世ではありますが、
こちらの地域では、

保育園はちゃんと機能しておりまして。

先生方も

次亜塩素酸ナトリウム」の扱いに関しては、

プロ中のプロ。

(私の友人が現役の保育士です)

 

働くお母さんにとっては

切実な問題ですよね。

学童保育も積極的に活動しています。

恐れることは何もありません。

 

 

澤野さん曰く、

「心拍数を上げて

深い呼吸をして汗をかくと

感染しやすくなります。

故に、

ライブハウス、スポーツジムは

感染が多い。

逆に満員電車は

全員マスク着用し

苛烈な同調圧力の下、

咳などしようものなら

フルボッコにされるんじゃないかという

殺伐とした雰囲気の中、

シーンと静まり返って

誰も喋らないという異様な空間が

自然形成されてしまったため

実は

感染しにくいのではないでしょうか?

もちろん、強毒性のL型とか

弱毒性のS型とかの違いや、

検査をしたしないとかも

当然あるでしょうけど。」

 

とのこと。

 

そして、さらに澤野さんはこう語ります。

新型コロナウイルスによる肺炎を

忌避する人は本当に多い。

というか、

それはほぼ全員で間違いないでしょう。

肺炎、そして肺ガン、

そしてあらゆる肺疾患の

究極の霊的要因とはなんだろうか?

肺疾患を予防するための

究極の方法とは何か?

これについて講演会で

明らかにしていきたいと思います。

また、大気汚染、空気汚染を

一瞬で解決する方法についても

明らかにしたいと思います。

 

あなたひとりで

ほぼ街全体を

クリーン・アップできる方法が

あるかもしれません。

 

これらなど、

ここで新たに開発された

波動商品や、

波動グッズやその類のものではない。

――よろしいですか?

この世に存在するありとあらゆる疾患、

疾病を治癒するためのものは、

じつは、新たな技術によって

開発や発明などする必要などなく、

最初から私たちの身の回りにあったもの、

あるものによって解決するのです。

 

それは

「開発」「発明」ではなく

「気付くこと」なのです。

 

(澤野大樹)

 

さぁ、私たちを取り巻く

「マインドコントロール」の

意外な正体が

明らかになりつつありますよ。

 

「百聞は一見にしかず」

澤野大樹さんの全国講演会へ

足を運ぶ機会がございましたら、

ご自身の目で耳で確かめてみて下さい。

 

~あなたは歴史的瞬間の目撃者となる~

 

※全国講演会情報は→こちら

 

 

さらに、
澤野大樹氏の12年前のDVD
反キリスト』が凄い!!!

彼は、12年も前に既に、

「567“コロナ”で人々が苦しんで

限界になり、ミロク(666)が降臨する」

と言及されてます。
歴史に残る最高傑作です!

このタイミングでここへ

ご訪問されたそこのあなた。

澤野さんの公式サイトINTUITIONの

ブログ全てに目を通していただきたい。

そして、どうお感じになるか、

陰謀論ではない

本当の陰謀・スピリチュアルに

どう反応されるか

ご自身と対峙してみてくだされば。

 

新視点・新情報・新挑戦、

度肝を抜かれるそれらの数々。

そんな斬新な内容に

椅子から転げ落ちてしまうはず。

澤野さんの新しい挑戦は

留まるところを知りません。

時代の先端をもの凄いスピードと

エネルギーで突っ走っているような。
そんな感じで、

熱量と本気度半端ありません。

私もです(笑)

 

ついに時代が彼の存在を浮き彫りにしていく。。
封印され、隠されてきた秘密が
じわじわあなたの街でも明らかに。

 

これは、

縄文ネイティブスピリット

持ち主にとってはまさに朗報なのです。
明後日の方向から飛び込んでくる未知なる衝撃、

その圧倒的な多次元的直観には、

もはや驚愕を超えて、

椅子から転げ落ちる

なんてもんじゃありません。

 

これから

回を追うごとに勢いは増し

彼は日本国内のみならず

世界で評価されていくことになるでしょう。

 

どうぞ、お楽しみに。

 

 

📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

現代のパピルス『活字版原稿』もぜひ。

 

◆最新版!

青森講演会【第③回】活字版原稿
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)


◆【第①回】活字版バックナンバー

タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

◆【第②回】活字版バックナンバー
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)
 

↓青森活字版原稿①~③はこちらからお求めください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

 

※澤野大樹さんが綴る奇跡の『活字版原稿』の秘密

 

 

🌸「弘前」に関する言霊の秘密はこちら🌸

澤野大樹さんが解く『弘前の歴史』に隠された物語①~③。

こちらは“3部作”でどうぞ。

 

Ⅰ.【桜に宿る秘められた美しさと「666」のりんごの街①】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593474957.html

 

Ⅱ.【桜に宿る秘められた美しさと666の街「弘前」②】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12593817550.html

 

Ⅲ.【辿り着いた「666」の東北最奥縄文の地③】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12594264952.html

 

 

全国講演会情報は→こちら

 

 

お正月の「鏡餅」は、

とぐろを巻いた蛇=宇賀神ですよー鏡餅

image

みんなにおしえてあげてね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

42・SILENT MAJORITY!

2020-06-04

テーマ:澤野大樹氏

 

澤野大樹さんブログより

更新情報を転載します。
 

さて、私は

2013年9月7日の時点で「NYから瀬織津姫が現れる」と、
DVD『女神の魂』の中で言及していました。
まだ「トランプ大統領」の「トの字」も現れていない時でした。
そして、2017年初頭、アメリカにトランプ大統領が出現しました。
さて、そんなトランプ大統領が、6/3の自身のTwitterに、
「SILENT MAJORITY!」と大文字で投稿しました。

https://mobile.twitter.com/realdonaldtrump/status/1267838101340196866
 

これは明らかにトランプ大統領からの強烈な意思表示です。


アメリカでは現在、内戦状態となっています。
反ディープステート(DS)であるトランプ大統領
QanonによるDS掃討作戦が高まり、
それを全力で妨害、阻止しようと全米のみならず全世界のDSが、
アメリカ大統領選挙でトランプを落選させ、

信頼もろとも失墜させんがために、
ついに、全米で大規模なデモと暴動を焚き付け、

世界を巻き込もうとしています。

米国ミネソタ州で起きた黒人殺害事件に端を発する
ミネアポリス暴動」がまさにそうです。

ネット上や一般的な陰謀論者たちは、この暴動について、
「ついにQanonが本気を出しました!」
「カバールの本拠地であるCNNが放火されました!」
「暴動を取材中のCNN記者がついに逮捕されました!」と、
この暴動がQanon側によるカバール攻撃であることを言っています。
また、カバール、サタニストの総本山であった
CNNに放火され記者も逮捕された光景を見て、
多くの陰謀論者は快哉を叫びました。
しかし、それは間違った解釈であると言わざるを得ません。

トランプ大統領は、暴徒化した一部の抗議活動を
「ANTIFA」(アンティーファ)という組織が扇動しているとして、
Twitter上で「ANTIFA」という一派を
国内テロ組織に指定すると表明しました。
―――――――――――――――
トランプ米大統領が「テロ組織に指定する」と表明した
極左過激派勢力「アンティーファ(ANTIFA)」は、
権威主義体制や反人種差別、
反排外主義などを掲げる社会運動を自称する。
だが、米司法当局は、その実態は暴力や違法行為を通じて
民主体制や資本主義経済システムの転覆を目指す
無政府主義的な地下集団であるとして警戒を強めている。
―――――――――――――――
この「ANTIFA」という一派はまさに極左過激派テロ集団です。
そんなANTIFAをトランプはテロ組織に指定しました。
つまり、
ANTIFAはDS側なのです。
CNNはDSの代表です。
つまり、CNNに放火したのはDSである

ANTIFAの自作自演だとわかります。

また、暴徒の凶暴さをアピールするために
わざとCNN記者をカメラの前で逮捕させたりもしています。
およそ「テロ」「暴動」「デモ」というものは100%DSが仕掛けたものです。
「Qanon」およびサイレント・マジョリティたちは
絶対に暴動を起こしたり略奪をしたりはしません。
すべては米国大統領選挙をめちゃくちゃにしたい
DS民主党オバマ、ヒラリーたちが仕組んだものでしょう。

2016年の米国大統領選挙の時を思い出していただきたい。
トランプに投票すると表明した人の家のガラスは割られ、
家に放火されたりもしました。
だからサイレント・マジョリティたちはそれらを恐れ、
無言でトランプ氏に投票したのです。

今、ミネアポリスで暴動や掠奪を行っている人たちは、
2016年の大統領選挙の時に反対者の家のガラスを割り、
家に火を放っていた人たちです。

ですので、このミネアポリス暴動を
「ついにQanonが動き出しカバールを攻撃した!」と息巻いている人たちは、
全員、無意識のうちにフェイクニュースを拡散していることになります。
そんな彼らは「真実」「真実」と、やたらと「真実」という言葉を用います。
しかし、そこに真実などないのです。

世界のDSの頂点は、
南ユダバビロン系旧満州KN派日本○○テロリストであり、
世界一のグローバリストの残党であり末裔である“A”です。
彼は今、米国大統領選挙でトランプ大統領

大敗北することを切望しているのです。
だからこれから世界中で
大規模なテロ、暴動、デモが過激化していくことでしょう。

 

さらに“彼ら”は、WHO、IMF、そしてジャパンハンドラーズたちを、

戦後の長い期間をかけて手懐けてきました。

“彼ら”は自分たちの意向を自分たちの口からは決して言いません。

必ず、これまで手懐けてきた組織による「外圧」という形をとります。
ではその統括中枢がでは一体どこにあるのか?
これについて明言している人は私が見渡した限りでは一人もいません。

これからは、ほぼ全員、99%の人々が判断を誤る時代となります。
その結果、図らずも「偽預言者」として機能してしまう者がたくさん現れます。
また、図らずも“正義感”によってそんな偽預言者
片棒を担いでしまう者もたくさん現れてくるでしょう。

大きな声を上げて結束を呼びかけ「これが真実だ!」と叫ぶ人
――その者こそが「偽預言者」(ノイジー・マイノリティ)なのだということを
肝に銘じて生きていくことが求められてきます。
そういうことはサイレント・マジョリティがもっともやらないことです。

「Qanon」の日本支部や日本組織はひとつも存在しません。
日本国内で「Q」代理人を自称したり代弁したりしている人は、
じつは「DS」側です。

もしくは知らずにうっかり片棒を担いでしまっている人です。

99.9%の人たちがコロっと騙されいとも簡単に判断を誤ります。

「誤る」というのは、本人の意図と正反対に進むということです。

今、日本の「Qanon」情報を拡散している人たちの多くは「DS」側かと思います。

もしくは、たまたまうっかり間違えて片棒を担いでしまっただけでしょう。
(澤野大樹)

    >転載終了

 

こちらの内容は、

5/30に開催された東京会場「大樹界」の
活字版原稿を、6/1に発送した際の

「挨拶文」なのだそうです。

 

ちなみに、

トランプ大統領

選挙キャッチコピーは

サイレントマジョリティ」でした。

 

2020/6/3配信JCASTニュース記事より一部転載

欅坂46 『サイレントマジョリティー』は

2016年4月6日リリースの曲なので、

トランプ大統領の当選前に

作られた曲である。

ところが混乱する米国や

世界の情勢は、

にわかにこの楽曲のメッセージ性に

マッチしてきたかのようだ。

 

「silent majority」という言葉は、

ベトナム反戦運動に対し、

共和党の当時のニクソン大統領が、

多数の米国民はそのような過激な

反戦運動に賛同していないという

アピールで使った語

(グレート・サイレントマジョリティー)

としても知られる。

トランプ大統領も、

デモに訴える市民に批判的なニュアンスで

この言葉を使ったとみられる。 

  >転載終了 

 

上記記事は、6/3に配信されたものです。

 

ということは、

トランプさんよりも

欅坂46よりも、
この直近の

サイレントマジョリティ」発言は

澤野さんの「大樹界挨拶文」によって

6/1に既に出されていたってことですよ。

しかも、上記JCASTニュース記事の

内容とほぼ一致しています。

 

“混乱する米国や世界の情勢は、

にわかにこの楽曲のメッセージ性に

マッチしてきたかのようだ。”

 

って、

いやいや、

澤野さんのこれまでのメッセージ性が

まさにドンピシャでしょう。

 

ここまでくると、預言としか

言いようがありませんよね。

気鋭天才カリスマ講師の頭の中は、

一体どうなってんのか、
クルッと一回転して卒倒してしまいます。

 

しかも、

サイレントマジョリティ」といったら、

今まで封印され、

嘘を信じ込まされ、

声なき陰の存在だったものとして

何年も前からずっと澤野さんが

言及して来られていたことです。

澤野さんの“十八番”といっても

いいくらい。

「666」もありますけど、

一先ず置いといて。

 

澤野さんが言われる

サイレント・マジョリティとは、

「遍在する衆生

(どこにでもいる人々=さざれ石)が、

まつろわず和合する「反キリスト」の精神。

 

本来、一般の日本国民は

非常に奥ゆかしく繊細で、

人前に出て大声で

主張をするような人はいない。

一方、

グローバリスト(ノイジーマイノリティ)

の特徴は、まず

「相手のことを考えない」

相手に対し自分側の身勝手な価値観を

「良かれ」と強制し、

相手も同じ考え方で喜んでいると思いこみ、

それを一切疑わず、

さらにそれを他者から指摘されても

考え方を修正できない。

と。

※反キリストとはキリストに対抗する、反対する、

という意味ではなく反バチカン(反ローマカトリック)のことです。

『反キリスト=コロナ=666ミロク』

 

 

暴動に対するトランプさんの行動は

世界同時多発アラハバキ

そのものですよね。

 

世の中、

もう大変なことになってきておりますが、

 

『N.Yから「瀬織津姫」が現れる』ことといい、

澤野さんがこれまで指摘してきたことが、

恐ろしい程に現実化してきており、

何年も前からの

サイレントマジョリティ」発言も

まさにカガミを通じてフィードバックされ、

三次元現実世界に還元され

今、現れてきているということなのです。

 

しかし、

ネイティブジャパニーズ縄文スピリットを

お持ちの「サイレントマジョリティ」に

とってみれば、

それは恐怖ではなく、

三次元的にも多次元的にも

ポジティブな変化となり得るということ。

 

さらに、澤野さんはこう語ります。

 

多くの陰謀論者たちは、こぞって、

「私たちは真実を知ってしまった!」

「私たちは真実を知って覚醒した」と

口を揃えますが、

こと、精神世界の

涵養の過程においては、

「どれほど私は何も知らないのか」と、

打ちのめされ続けることが

最も重要となります。

「何かを知った」と思った瞬間に、

次の未知なる巨大領域の入り口が

立ちはだかるのです。

 

つまり、もし私たちが何かを

「知ってしまった」と思ってしまったのなら、

それは壮大な

「トラップ」だと思うことが賢明です。

 

人がそう簡単に

宇宙のあらましから構造までの、

いわゆる「真理」に気が付かぬよう、

手にし得ぬよう、

何重ものセキュリティがかけられています。

 

即効的でインスタントな

「知った」とは、

あなたが本当に「無知の知」を

会得しているのかどうかについての、

宇宙からのテストでもあるのです。

 

人は己の成長度合いによって

「真実」の様相も無段階に変化します。

また、

己の置かれた立場によっても

容易に「真実」は入れ替わります。

 

ならば、

私たちが究極的に求めるべきものとは、

じつは「真実」などではなく、

「これが真実だと思っていたなんて

なんと私は無知だったのか!」

という感嘆であり慟哭の積み重ねなのです。

 

それはまさに「謙虚」な姿勢であり態度です。

宇宙に対して謙虚であるということが大切です。

 

これを失い、

「私はすべてを知った」と己を誇ったとします。

それは宇宙に対する挑戦であり反逆なのです。

このような自惚れのことを「高慢」といいます。

 

「私の考える世界」に合致させるように、

情報を恣意的に解釈し、

それらを「私」の望む結論に

合わせようとする姿勢。

 

これは、広義においては

「グローバリスト」となります。

 

また、

「私の考えてきた世界と

実際の世界は違う可能性がある」として、

常に己を「無知」として

立ち居振る舞うのであれば、

それは「謙虚」な世界であり、

無限の叡智と直観が横溢する

信じられない領域に進みます。

この態度を抱ける人は、

宇宙に己の身を

合わせていくという姿勢です。

これは「グローバリスト」とは

真逆のメンタリティとなります。

 

インターネットが普及した

この便利な社会においては、

つい

「私はとんでもない秘密を知ってしまった」、

「私はとんでもない世の中の陰謀を知ってしまった」

という全能感を抱きがちです。

 

でもよく考えてみてください。

インスタントに知ることができて

すぐに理解できる「陰謀」って、

じつは「陰謀」ではないのだということです。

それは「陰謀」ではなく

陰謀論」というエンターテイメントなのです。

陰謀論」は何者かによって

制御されコントロールされています。

 

本当の「陰謀」というものは、

誰も語らないし、誰も触れないし、

誰も気づいてすらいないものです。

だから「陰謀」なのです。

だいたいみんなが気づいて

騒ぐような「陰謀」は、

騒がれるように調整された

陰謀論」だということです。

 

アフター・コロナ、つまり、

アフター・ヤハウェの時代を生きる際に

必須となる心がけとは、

「私たちがこれまで考えてきたことのほとんどが、

本当のものとは懸け離れたものである可能性がある」

ということを自覚することと、

もっと大切なのは、

「私、私たちはまだ何ひとつ知ってなどいなかった」

ということを強烈に自覚することです。

 

――「無知の知」です。

ソクラテスが提唱して以来、

2400年を経た現代世界においても、

この「無知の知」を実践できた人は稀有でしょう。

 

もっとも賢い者とは――、

「すべてを知った」と

鼻高々になっている人のことではありません。

 

もっとも賢い者とは――、

「私はまだ何も知らないのだ」

ということを知っている人のことです。

 

これに限らず、

世の中のほとんどすべては、

私たちが想定しているものとは

「真逆」である可能性があるということ。

これを常に自覚することができたら幸いですね。

(澤野大樹)

 

ひたすら勉強をすることで

世の中を俯瞰する解像度を上げよ、

そうすればそれは

その辺の霊能者など遥かに凌駕する眼力を生み出す。

 

 

この先、

社会や国がどのようになっていくか、

無知を痛感して勉強していくうちに

預言めいたものなどに頼らずとも

「学識」や「知識」が上がり、

そのような状態ではじめて

色んなものやことが見えてきて

ニュースの構造だけではなく、

政治家の発言の「意図」が見えて

その心情や裏のカラクリまでが

わかってくるということ。

その先にクオリティの高い

直観が降りてくるということ。


鋭敏な直観を受け取るために

必要なものというのが、

じつは己の無知を実感し、

勉強を重ねること、

これに尽きるということですね。

「霊力」だけの

不確かな預言を頼るより

遥かに精度の高い

予見ができる、ということです。

 

現に新型のウイルスが

世界を混乱に陥れる事態を
巻き起こすなんて予測は

誰一人としてできませんでした。

 

21世紀以降の世界で、

もっとも人々の命を奪ったのは、

戦争でも自然災害でもなく、

ウイルス感染症パンデミックです。

 

後付け預言などあったようですが、

取り繕ったような違和感と、

かなり精度が低い内容で

残念な印象が否めませんでした。

 

何が起こってるのか

本当のことを知りたい人たちが

とにかく必死に情報収集したくて

陰謀論チャネリング

迂闊に信じてしまったり、

陰謀論というエンターテイメントに

辿り着いてしまったりしてしまう。

 

そして

「真実」などという境地からは

懸け離れた情報を提供している

陰謀論に目覚めた話者がいたり、

未来が見えるという霊能者に感応し、

正義感によって

その片棒を担いでしまっているという

うっかりな人たちがいるらしい。

 

ノイジーマイノリティが

仕掛ける思考操作、
「罠」の一つです。

 

予想だにしなかった

COVID-19の爆発的拡大と

2020東京オリンピックとの

関連性、
さらにはBCG日本株接種を

「666」の神の刻印と見通し、

2012年から

本格的に縄文スピリットを掲げて

いろいろな謎を解き明かし

その手がかりを提供していたのは

“霊能者”という肩書を持たない

彼だけだったのではないかと思います。

 

歴史と知識と計算と論理で

導き出した、

「ほぼ全員、99%の人々が判断を誤る時代となる」

という結論...

想像すらできないことが

これから起こってくると思います。

うっかり八兵衛にならないように

見極める目を鍛えてまいりましょう。
私も気を付けますよ。

 

 

📝澤野講演会での内容が基礎からわかる、

現代版死海文書(パピルス)『活字版原稿』もぜひ。

 

◆青森講演会【第③回】活字版原稿
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)


◆【第①回】活字版バックナンバー

タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

◆【第②回】活字版バックナンバー
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)
 

↓青森活字版原稿①~③はこちらからお求めください↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

 

澤野大樹さんが綴る「奇跡の活字版原稿の秘密

 

 

 

全国講演会情報は→こちら