鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

澤野大樹さんの講演会やインタビュー(話)などの全文の貼り付け。【其之貳】

 

 

 

 

最高の壁紙: 【特殊】 宇宙 綺麗 壁紙 | 宇宙 壁紙, 宇宙 絵, 風景の壁紙

 

 

 

8・南部藩の成立ち。

2019-06-29

テーマ:澤野大樹氏

 

八戸市博物館)

 

 

みなさま、

ブログへのご訪問、
誠にありがとうございます。
感謝合掌。
 
青森県は優しいなぁ。。
 
 
 
一位をもらったことって…
小学校のかけっこ以来かな(笑)
まことに有り難いことです。
 
さて、
青森県八戸市博物館へ。
 
かつて南部藩津軽藩
敵対してた仲。
 
津軽藩初代藩主、
津軽為信公は南部人だったってご存知?
 

 

南部藩の成り立ち-
 
時代は
武士の出現による鎌倉時代に、
源頼朝の家人である
南部三郎光行の一族が
奥州藤原討伐で功を上げ、
青森県全土と
秋田・岩手にまたがる
糠部郡(ぬかぶこおり)一帯の支配を
まかされて大移動してきたことから始まる。
 
南部といわれる由来は、
甲州甲斐国の富士山の
世麓を南流して駿河湾に注ぐ
富士川の右岸にあって、
今はその左岸をも併せて
形成している南部の
地頭職(じとうじき)となったことから、
南部を冠するようになる。
 
父は甲斐国の加賀美郷・
小笠原郷を勢力にして
その後功により
信濃国を受領し
信濃守遠光を名乗っている。

糠部郡を受領といっても
必ずや抵抗勢力はあるもので、
津軽や秋田方面は
たびたび小競り合いが続いていた。
戦国時代も信長の死によって
大きく変わろうとしていた。
 
(中略)
 
津軽為信は、
元は南部氏家中として
大浦為信と名乗り
津軽地方へ出仕していた折
南部家一族の
石川高信の守る石川城を
突如として電撃攻略し、
津軽地方一円に勢力を築き
一代で大名となった。
 
南部と津軽
犬猿の仲などと例えられるが、
大浦為信を逆臣の極みと
嫌ったことが尾を引いて
今に至っていることなのだろう。
今となっては争う理由は全く無く、
同じ青森県人として
仲良くしたいものである。

以上、しるばにあっぷるvol.99 
p.20~より一部抜粋

武家の出現から
七百年続いたのは、
九州の島津家と、
青森(八戸)の南部家、
二つだけらしいですよ。
驚きました。
 
津軽人の私は、

八戸の歴史に関しては

とんと疎くて。。
 
これからは青森県人として、
ちゃんと勉強したいと思います。
しるばにあっぷるの山本光一さんには
いつも色々おしえていただき
感謝申し上げます。
 
ちなみに、
地元人もビックリのお話を
ネオ縄文の提唱者、
澤野大樹さんが
八戸の歴史にメスを入れ
驚きの読み解きを展開。
 
澤野さんは、
今起こっている社会現象、
歴史を解読する能力が
ズバ抜けているんです。
 
きっと、
予想だにしない現象が
この日は巻き起こることでしょう。
 
八戸講演会は、7月15日(海の日)です。

https://www.kokuchpro.com/event/f2c145a80374b0c301ff413197b72e32/

 

 

弘前講演会は、7月14日(日)開催。
 
 
八戸市博物館でフライヤーを置いてくださってます。
ありがとうございます。
 
更上閣さん(八戸市)さんでも。
 
ありがとうございます!
 
 
アーユルヴェーダエドガーケイシー療法
「よしだ自然療法室」(八戸市)さんでも。

 

こちらの
よしだ治療室さんも
超絶おすすめします!
 
HPがないので、
上のメニューを見て、
お問い合わせ・予約してみてくださいね!
恐らく、予約が満杯で、
なかなか入られないかもしれません。。
 
私と娘二人も
診ていただいたことがあります。

 

 

 

しかし__
津軽も南部も同じ青森県人。
同じ日本人。
同じ地球人。
 
津軽人の私に、
南部の人たちは
とてもあたたかく
優しく接してくださいました。
八戸も大好きな街です。
 
ありがとうございました。
 
 
では、また!
 
 
 
 

 

 

 

9・「日の丸」は蝦夷のシンボル。

2019-07-05

テーマ:澤野大樹氏

 

かつて栄華を極めた平和な縄文、
そして東北日高見国。
 
しかし、縄文も、日高見国も
大陸から侵入してきた
渡来人たちに侵略された。
侵略した彼らは
私たちから日の丸を奪い
この列島で「日本」を名乗った。
 
その支配体制は、
2019年の現在でもまったく変わっていない。
(澤野大樹)
 

こちらの➜サイトによると、
「日の丸」を掲げているのは
蝦夷(えみし)軍であり、
朝廷軍ではありません。
「日の丸」は蝦夷のシンボルです。
この図は豪華な蝦夷の軍船から
野獣のような顔をした蝦夷の連中が
出撃する場面です。
 
 
大和朝廷の時代、
朝廷の版図(領土)はおよそ関東地方まであり、
東北地方は「蝦夷とよばれる
朝廷には従わない人々が暮らしていました。
 
朝廷はたびたび遠征軍を出し、
着実に領土を増やしますが、
蝦夷は機会を得ては
反乱=独立戦争を起こします。
東北地方での朝廷と蝦夷の最後の大決戦は、
桓武天皇の時代、
征夷大将軍坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)
蝦夷の首長・「阿弖流為」(アテルイ)との間で行われました。
>本文より一部抜粋
 
日本という国は、
元々、「日本」という国名ではなかったといいます。
東北縄文「日高見(ヒタカミ)国」。
 
我が国の本当の歴史とは一体…
 
INTUITIONサイトより転載します↓
 

「日の丸」は

東北縄文日高見国の旗印であり、明治維新賊軍の旗です。

元々この列島に居住していた原住民の旗印を大和朝廷が奪い、そして、明治新政府がそれを継承し「日本」を偽装したわけですよね。

この新聞広告はそのようなことをすべてスルーした上でのデザインですよね。

幻想の「大和民族」、虚構の「大和魂」を鼓舞するための国威発揚の企図を、「縄文」という甘言に託けて言いくるめようとする極めて邪悪な手法と言わざるを得ません。

この新聞広告は「弥生」による偽装工作に他なりません。

「縄文JAPAN」を推進しているのが「弥生一派」だということです。

ひとつ間違うとすべて間違えます。

 

さて、今、方々で「縄文縄文」と言っている人たちはみな農業を重視します。

縄文と農業はまったく関係ありません。

人間は生物学的に「肉食動物」です。

ベジタリアンは「弥生」の思想、もしくは仏教系の宗教思想でしょ。

「縄文は素晴らしい!」という人たちがいることは理解できますが、ならばそれと同時に「弥生最高!」という人たちがいてしかるべきでしょう。

しかし、「弥生こそが最高!」などと言う人はひとりもおりません。

おかしくないですか?

これはつまり、「縄文は素晴らしい!」と言っている人たちの中のかなりの割合が、じつは「弥生による偽装」であるということです。

 

そんなに縄文派はいませんし、そもそも縄文派は弥生に侵略されたわけです。

つまり、今、「縄文縄文」言っている人のほとんどが、「弥生による縄文偽装派」だと思われます。

 

弥生派の人たちは意図的に「縄文最高」と語りますが、彼らは「本物の縄文」というものに人々が開眼することを阻止するために、わざと「事実と違うニセモノの縄文」を目立つように提示し、それこそが「本物の縄文」であると誤解させるために、ディスインフォメーションを猛烈に拡散させているのです。

 

彼らは稲作や農業を推進しますし、群れを成してグループやコロニーを作りたがります。

群れるから「ムラ」となるのです。

「ムラ」とは「ムレ」のことなのです。

縄文は群れません。誰にもまつろわないし、まつろわせないのです。(澤野大樹)
(抜粋終了)


驚きです。。
私たちは一体、学校で
何を勉強させられていたのでしょう。
 
「日の丸」の本当の歴史。
封印、隠蔽された
東北縄文日高見国。
「日の丸」は
東北縄文日高見国アテルイのシンボル、
明治維新賊軍の旗」。

蝦夷の旗印を大和朝廷が奪い、

そして、明治新政府がそれを継承し

「日本」を偽装したのです。

 
「日本」は元々
「日本」という国名ではなく、
「日高見国」であった。。
 
どうでしょう。
知っているのと
知らないのとでは大違い。
 
さあ、
今からでも遅くはありませんよ。
 
それにはまず第一歩。
ステップを踏んでいくには
基礎を固めてから。
基盤がしっかりしていないと
どんな素晴らしい建造物さえ
グラついてしまいます。
 
既に知っている人なら復習に、
知っていたとしても
知らされていた事実とは
実は操作されていたもの、
巧妙に仕掛けられていた罠、
イリュージョンと
気づかさせるかもしれません。
 
知らなかったあなたは、
きっと度肝を抜かれることでしょう。

そして、

魂の奥深くに眠っていた
本当の自分が呼び覚まされ
深層を探るべく
もっと勉強したくなり、
「本当の歴史」を上書きしたくなるはずです。
 
澤野大樹さんが初の青森にて
お話しくださいます。
 
“テーマ【東北最奥から現れる縄文スピリット】
「本当の日本」を取り戻すレボリューションは青森から始まる!”
 
ピンときたそこのあなた。
新しい扉を開くのはあなたです。
きっと自分革命が巻き起こります。
 
あなたにこそ、聞いて欲しい。
魂で感じて欲しい。
 
封印されていた自身の
ネイティブのソウルが
掘り起こされることでしょう。
 
そして
日本人の在りし本当の姿を知ることこそが
何よりの縄文・蝦夷たちへの祈りとなりましょう。
 
この土着の地に眠る彼らに
鎮魂の思いを込めながら、
衝撃の歴史的瞬間を
共に体験してみませんか?
 
澤野大樹【2days講演会】
弘前講演会は2019年7月14日(日)

❑八戸講演会は2019年7月15日(海の日)開催
(こちらの講演会は終了いたしました)

 

さて、
青森講演会【第1回】活字版原稿で
基本のキとなる
古代の歴史の秘密を学ぶことができます。
↓こちらからお求めください。
タイトル「東北最奥から現れる縄文スピリット」

https://ssl.form-mailer.jp/fms/092dcca2663000

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)
 

さらに、こちらもどうぞ。

 

◆【第2回】活字版原稿バックナンバー注文フォーム
タイトル「封印された青森の秘密を解く」

https://ssl.form-mailer.jp/fms/10a64f70658978

(活字版原稿料3,300円+送料370円=合計3,670円)

 

◆最新版!【第3回】活字版原稿お申込フォーム
タイトル「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0744a30657511

(活字版原稿料7,700円+送料370円=8,070円)
 

 

※澤野大樹さんが綴る奇跡の「活字版原稿の秘密」

 

出た!(笑)
日の丸といえばこの画像。重宝してます。

この当時、
私は「日の丸」の本当の意味を
まだ何も知らなかった。
逆を刷り込まれていた。
 
お見苦しかったらごめんなさいっ。
体張ってますもので(*ノωノ)
 
 
 

 

 

 

 

10・前期ジャパンツアーファイナル。

2019-07-11

テーマ:澤野大樹氏

青森講演会【第1回】八戸にて講演される澤野さん。

 

 

今年の2月に仙台にて開催された

澤野大樹さんの講演会に初めて参加し、
ぜひとも青森のみなさんにも

澤野さんのお話を聴いて欲しい

この情報をシェアしたい、
という強い思いから、
青森講演会を開催する運びとなりました。

 

今、ブログを読み起こしてみても、

ここにすべて私の思いが

凝縮されてます。

私史上初!の度肝を抜かれる衝撃を受けて、

↓この記事は永久保存版ともいえます。

 

 

初の青森講演会を
快くお引き受けくださった
澤野さんには

本当に感謝しかありません。
有難くて涙ものです。
 

澤野さんの講演会は、

‟講演会”という名を超越した

ほかでは聞くことのできない

オンリーワンなものです。

 

しかも
青森でお話くださる
内容(情報)は、
今まで長年ジャパンツアーをやってきての

2019前期ファイナル

だと仰います。

他地域ではなかった
(降ろされなかった)
青森ならではの

まったくの新しい内容だそうで、

これをほんのチョッと聞いただけで

細胞が騒ぎだしますよね。


青森の地で、

澤野さんに降ろされた驚愕の語りを

直接伺えるという、
またとないこの貴重で贅沢な機会。

それをこの度、

私たちは手にしたんですよ。

いただいたんです。
 

これから迎えるであろう、いえ、
既に迎えている大転換期を前に、
今、わたしたちが

最も知っておかなければいけないことは何か、
世の中の本当のこととは何か、
何をしていくべきかなど、
有益な情報を届けてくださると思っております。

世界がひっくり返るような

歴史的サプライズを
ぜひお楽しみください。

今朝、
澤野さんのブログが更新されました。

http://intuition.jp/2019-0711-aomori/

青森行きを決めてくださって、

そして何より、

私を信頼してくださって

感謝しかありません(涙)
何度でも言います。
ありがとうございます(/_;)

私、これまで

みなさんに澤野さんのお話を聞いてもらいたくて

ひたすら自分の心に

正直に頑張りました。

ただそれだけなんです。

このPR活動も、

出逢ってくださったあたたかい人たち、

スタッフのお力添えのお陰です。

感謝と喜びしかありません。

 

ちなみに、

弘前市立図書館で澤野さんの著書、貸出中です。

 

全国の澤野ファンの中には、

彼をあまり知ってほしくない、
(メジャーになってほしくない)

「知る人ぞ知る」人であって欲しいと

仰る方もいらっしゃいます。

 

ホンモノだと確信できるからこそ、

誰にも教えたくないそのお気持ち
すごくよくわかります、本当に。

必要な方にちゃんと
届くようなシステムになっているんだと思います。
(全国の澤野ファンから寄せられる

このブログへのメッセージも

心から感謝いたします!ありがとうございます。)

 

あとはあなたの直感にお任せ。

それと感性(センス)。

そこにそれぞれがどうヒットするか。
もはやそれしかありません。

 

私は「みずがめ座」なので

みずがめ座だからってこともないんですが)

 宇宙人だよね、

変わってるよねってよく言われます。

ええ、その通りですけど何か(笑)

 

そんな私がお届けする
今回の企画。
面白くないわけがない!(笑)

なんて自信をもって言えます。

比べることでもありませんが、

今まで私がやってきたジャンルとも

まったく違う、
ただ面白いだけの

カルチャースクールちっくな

歴史ストーリーを

伝えるものでもありません。

 

これは「革命」です。

 

百聞は一見に如かず、

驚愕体験をぜひ共に。

 

青森での開催は、

今までのジャパンツアーの
2019年前期ファイナル。

 

青森講演会の

テーマを今一度ご考察くだされば。
「本当の日本」を取り戻すレボリューションは青森から始まる!

 

青森は、遠いようで近い!

弘前から仙台までは車で4時間。

日本から台湾まで航路で3時間、
東京からは青森まで1時間。

どうでしょう?(笑)

 

 

では、みなさん
青森講演会をどうぞお楽しみに。
歴史的瞬間の生き証人となってくださいませ。

政治、経済、

リアルで起こっている世の中の事象が
すべて手に取るように見えてきます。

 

 

 

▼イベント詳細

弘前会場

【日 時】
2019年7月14日(日)
13:30 受付開始
14:00 開演 ~17:30 終了 

【開催場所】
弘前中央公民館岩木館 2F 視聴覚室
青森県弘前市大字賀田1-18-3 (無料駐車場有)
TEL: 0172-82-3214

【会場基本情報】

【参加費】
5,000円(当日会場にてお願いします)
※当日ご参加の場合は5,500円となります。

 

 

八戸会場

【日 時】
2019年7月15日(祝/海の日)
13:30 受付開始
14:00 開演 ~17:30 終了 

【開催場所】
八戸市総合福祉会館(はちふく)4F 第1教室
青森県八戸市根城8丁目8-155 駐車場有(最大約150台可)
TEL: 0178-47-1651

【会場公式サイト・MAP】

【参加費】
5,000円(当日会場にてお願いします)
※当日ご参加の場合は5,500円となります。

 

 

----------------


これまで
ご協力・応援くださった皆さま、
本当にありがとうございます。

みなさんのためにも、
最後まで頑張りますよ~。

 

どうぞ、ご期待ください。

 

・道の駅『野市里(のいちご)』さん(弘前市

・『Coffeeshop Hachicafe』さん(弘前市
・古民家レストラン『山の子カフェ』さん(弘前市

・Cafe『桜林茶寮』(さくらばやしさりょう)さん(弘前市

自然派ベーカリー野風パンさん(弘前市
・ベジCafe×集会所indriyaさん(弘前市
ことりcafeさん(弘前市
キネシオロジーホリスティックサロンKinesiology noteさん(青森市
・自然食品の老舗店あおぞらさん(青森市
・ココロもカラダもほっこりCafe0371さん(青森市
・真心一杯。ひまわりベーカリーさん(青森市
ブーランジェリー・セブール松原店さん(青森市
・レトロお洒落自家焙煎珈琲店ちえの実』さん(青森市

・ベジcafe ちゃまま さん(青森市
津軽富士見湖モンキーカフェさん(鶴田町)

・中華料理「鶴の卵」さん(鶴田町)
・オリジナリティーの追求/デザインショップOG-CHANCEさん(鶴田町)

・個性心理學『しばたけんじ』さん(黒石市
・トータルビューティー光と虹のハーモニー』さん(仙台市
こと絵屋さんアトリエ(宮城県富野市)
・レースアクセサリー・レースカラーアドバイスGlobarish』さん(秋田市
・あなたの本質のお手伝い『つむぎの小屋』さん(秋田県鹿角市
しるばにあっぷるさん(八戸市
普賢院さん(八戸市
・八戸整体院気功整体あなんさん(八戸市

・わたしの本棚八戸BOOKセンター八戸市
・ぽかぽかサロン∞温手庵∞さん(八戸市
・現代レイキマスターハーモニールイさん(八戸市
・よしだ自然療法室さん(八戸市
・無国籍居酒屋BONさん(八戸市
・洋酒喫茶プリンス八戸市
・頑張るあなたのサポーターわんこin魔女カフェさん(八戸市
・はり・きゅう裕子治療室さん(八戸市
・言霊メッセージ・アート作家たにもとあゆみさん(八戸市
・ヨガ講師miki(日影美紀)さん(八戸市

・リンパケア&腸セラピーおなかサロンPONPONさん(岩手県洋野町
・キャリアコンサルタント柏木恵さん(青森市
・シンガーソングアーティスト佐々木泰三さん(青森市

・保育士 成田恭子 さん(青森市

・AquaAgencyマネージャー小野高弘さん(八戸市

・波動セラピス小野寺裕子さん(八戸市

・クリスタルボウルAROMA KAYOさん(八戸市
・マインドリセットカウンセラー小泉智心さん(八戸市

パワーストーン麻紐アーティストまみーしゃさん(平川市
・八戸総合福祉会館「はちふくプラザねじょう」(八戸市

トータルミュージアムはっち八戸市
更上閣八戸市
八戸市博物館
ELMの街五所川原市)、

三沢航空科学館三沢市

三沢歴史民俗資料館三沢市
斗南藩記念観光村(道の駅みさわ)
寺山修司記念館三沢市
道の駅おがわら湖湖遊館」(青森県東北町)

・道の駅おおさと宮城県大郷町
・ふれあい文化創造センターまほろばホール宮城県大和町
・HIRORO/ヒロロ弘前市

弘前市立図書館
弘前文化センター
弘前市民会館
弘前中央公民館岩木館
弘前大学
弘前学院大学

東北女子大学弘前市
鳴海要陶房記念館弘前市
弘前市百石町展示館
弘前市まちなか情報センター
FMアップルウェーブ土手町コミュニティパーク(弘前市
中三デパート(弘前市
セブンイレブン弘前新町店
・ねぶたの家ワ・ラッセ青森市
青森県観光物産館アスパム青森市
・小牧野遺跡 縄文の学び舎青森市

・ラーメンエビスKENさん(八戸市

・階上町道仏交流センター(青森県階上町)

・カフェ&ギャラリーうみ音さん(八戸市

・イトオテルミー温熱療法 温熱日和おひさま療法所さん(八戸市
・美容カイロひみこさん(八戸市

・優愛さん(八戸市

・マネー’sサポートかおりさん(八戸市

・にんにく自然栽培やっちー農園 谷地村さん(八戸市
・美容院BLUE HEAVENさん(八戸市
・サロン若生さん(八戸市
・映画「リーディング」八戸上映会主催者 松倉幸子さん
・洗心美術館(八戸市
・道の駅「三本木」(宮城県

 

こちらに
フライヤーを置かせていただいております。
ご協力、誠にありがとうございます。

 

では、弘前・八戸でお会いしましょう。

楽しみにお待ちしております。

 

 

#澤野大樹intuition

 

 

 

 

11・目覚めたシリウスの魂~エデンの園より~

2019-07-27

テーマ:澤野大樹氏

(澤野大樹さん講演会弘前会場集合写真)

 

ついに!
澤野節が青森に轟きました。

この日をどんなに待ち望んでいたことか。。

みなさんには感謝しかありません。

私自身、

色んな気づきを得られました。

人生観をひっくり返されるような。

色々と考えが巡り、

ブログを更新できずにおりました。

レポートを心待ちにしてくださっていた

澤野ファンのみなさま、

ごめんなさい。

 

でも。

全国のコアな澤野ファンなら

わかっておられたはず。

澤野さんはやるべきことを

ちゃんとやってくれるし

伝えるべき真実を伝え、

ちゃんと成し遂げてくださる。

何の心配もいらない。

 

私は今回、

自分の立ち位置がわかり、

DSと言われる人たちの正体や

その人達に意識を操られ、

さらに無意識で動かされている国民、

そして歴史の流れをリアルに

感じ取り復習できました。

 

澤野さんのお言葉をお借りすると

アラハバかれた、

ということなど感じたわけですが、

自分を信じて良かった、

何があっても

自分を信じて

自分の思うまま

道を歩んで行きたいと

そう確信できました。

 

澤野大樹さん青森講演会に

ご来場くださった皆さまは

度肝を抜かれ

ハートを鷲掴みにされ

魂を揺さぶられ、

ある方なんかは、

「興奮して今夜は眠れない」と。

(エロティカセブン的な?)

あ、いやいや、

素晴らしいではありませぬか。

 

魂レベルで目覚めたんですよ!

よろしいですか、みなさま。

覚醒とは、

見えないものが見えたり

聞こえないものが聞こえたり

神と対話できたり、といった

そんなサイキック能力が

目覚めること

ではありませんのよ。

 

ほぼ全員が

「次回も開催してください」と

帰っていかれました。

魂レベルの覚醒か巻き起こった、

と言っても過言ではありません。

いやー、ありがとうございました。

 

(八戸会場集合写真)

 

この講演会に

参加してみようかな、と

ピンとセンサーが反応し

足を運んでくださったそこのあなた。

そう、あなたです。

あなた様のアンテナと
感性は素晴らしかったのです。
 

有り難き幸せにございます。

主催者冥利につきるというものです。

 

鬼才ぶりを発揮してくださった

カリスマ講師の澤野大樹さん、

ご来場くださった皆様、

ご協力くださった皆様、

スタッフ、

まことにまことに

ありがとうございました。

 

前期ジャパンツアーファイナル

弘前30名

八戸40名

大盛況で幕を閉じました。

パチパチパチパチ👏

 

 

みなさん、真剣そのもの。

 

image

 

お陰様で

タイトル通りの講演会となりました。

「私たちの意図を超えた、

今世紀最大のレボリューション!」

「本当の日本」を取り戻すレボリューションは

まさに青森から始まる!

 

image

 

皆さんの集合意識も素晴らしかった。

感謝感激。

私はたった一人だけでもいい。

とにかく澤野さんのお話を

聞いて欲しかったのです。

 

おとめ座福島からご参加された

よっこさんのレポートをご紹介。

https://ameblo.jp/rurukarin11/entry-12494008264.html

そして、アンケートより

感想を一部ご紹介。

 

お母さん

全く予備知識ゼロ、で参加しました。

(縄文は戦いのない時代が長く続いていたという

話を耳にしていて、

縄文に興味もったので)

ここに来なければ

知るチャンスがなかったであろう事、

たくさん聞く事ができて、目から鱗

脳ミソがパンクしそうです!!

すごい隠された事実たっぷり知りました。

神社のこと、

古神道のこと、

ゲートウェイが開いた事、

ピラミッド、

日の丸、スフィンクス

青森の重要な秘密、

全部驚きでした。

素晴らしい縄文の一元神文化、

日本に復活できたらいいな、と思いました。

ありがとうございました。

楽しかったです。とっても。
 

お父さん

内容が濃すぎて

何を書けばいいのかわかりませんが

今までの歴史観・宗教観が覆されました。

今から世の中の見方が変わりそうです。

お父さん

見えている歴史、

見せられている歴史が全てではなく、

見づらくされていることこそが

重要かと思いました。

ありがとうございました。

お父さん

ものすごい情報量と考察、でも

わかりやすく面白かったので

長い時間もあっという間でした。

ありがとうございました。

 

おとめ座宮城より参加された琴恵さんのブログ
https://ameblo.jp/supulelozuhani/entry-12494929547.html

2019年07月17日 08時52分57秒
テーマ:寺社仏閣

 

 

三連休は、家族で実家に帰ってきました。
 
ミロク 666(←怖くないのよ)
まだ現れぬ弥勒菩薩
マイトレーヤ 布袋さん 
牛頭天王 スサノオ
 
イシス 宇賀神 蝦夷 阿弖流為
 
流れ星UFOそんな神ワードが飛び交う、
澤野大樹さん弘前講演会にも、
行ってきましたよ。
 
予想以上に、面白かったです。
タブー情報満載ラブ
 
そして、帰ってきて夏風邪で丸一日、
寝込みましたゲホゲホ 鼻水止まんなくて、
予定キャンセルしました(T-T)
 
 
 
弘前滞在中は、連日3~4ヶ所ぐらい、
夜宮rushで、息子と神社を巡って来ました。
 
 
プラス、夫の快気祝いを戴いた、
親戚に配って参りました。
 
白石うーめんと、おくずかけセット!
 
 
↓親戚の家の側の浜の町熊野神社です。
 
↓15日、帰る日は、
最勝院 通称大円寺の夜宮。
五重塔が(/ω・\)チラッと見えるでしょ?
 
牛頭天王の赤地に白文字のどでかいのぼり旗が、朝から立ってました。
 
マイトレーヤ(ミロク)でもあります‼
ここは、スサノオを祀る八坂神社もあります。
岩合さんが、猫あるきで、対談した神社だよ。
 
 
名水100選 富田の清水↓
 
 
↓富田の稲荷さま
 
↓ちょっと離れた茂森の天満宮
息子の受験のお守りを納めに来ました。
 
ねぷた祭りが8/1~7まで行われるので、
市内は、ねぷた小屋だらけ。
下は、ねぷたの骨組みです。
 
岩木山ねぷたをとるつもりが、
ガレージで、飲み会やってるおっちゃん達まで、撮ってました。
 
激コミのサンフェスタ石川で、
お土産を買い、戻って参りました。
 
【イベント参加情報】
7/20(土) 癒しの花束
10:30~16:30
日立システムホール3階
 
7/25(木)
富谷大清水TSUTAYA 
※メモリーオイルのみのセッションです。
10:30~14:00
 
7/26(金)
布袋様を描こう!
歩坂町 整体&ヒーリングサロンichirin 
13:00~
参加費 4500円 (色紙 筆ペン 額付き)
 
 
7/27(土)
仙台ヒーリングミューズ
11:00~16:00 スタジオルーモコレクション
 
 
8/4(日)
スピリチュアルイベント
Love Love Love 
10:00~17:00 石巻かわまち交流センター
 
 
 
 
 
 
 

#牛頭天王#夜宮#宇賀神#ミロク#マイトレーヤ#岩木山#熊野神社#スサノオ#ねぷた祭り#布袋様を描こう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



もうもう、本当にありがとうございます。
感無量。感謝ばかりなのです。

 

著書にサインをする澤野氏(弘前会場)

 

青森の講演会では

驚愕の歴史と真実が

澤野氏からご提示されました。

本物とは何か、を

体感できたのではないでしょうか。

 

講演会の内容を一部ご紹介。

 

日本は世界の雛形といわれています。

そんな世界の存亡を司る重要な役割が

ここ青森にあるということなのです。

つまり、

青森の青とはシリウスブルーのことを

意味しているのです。

そして、青森の森とは、

理想郷であり楽園だった「エデンの園」を

意味しているのです。

そして、この青森の地、つまり、

東北最奥のこの場所から、

いまだかつてない古代ヘブライの「救世主」が

現れるということなのです。

ですので、「かつて楽園“だった”」と

過去形で表していてはなりませんよ、

ということです。

この地から救世主が現れ、

世界を一変させる奇跡が起ころうとしているわけです。

ならば、かつて楽園「だった」のではなく、

まさにこれから楽園を取り戻すのですよ!

ということです。(澤野大樹)

 

さあ、これはほんの一部です。

何のことか、

これだけではわかりませんよね!

 

青森ならでは、の、

オリジナルな、

他では聞けない内容で

澤野氏の洞察を含めた

貴重な探求を私たちは

目の当たりにしました。

 

日の丸は、縄文日高見の

蝦夷のシンボルである」

ということも

この地球、そして世界は

「宇賀神」「瀬織津姫」「アラハバキ

そして何よりも「シリウス」で

構成されていること。

この地球は太陽系ではなく、

シリウス系、

シリウスDであるということ。

そのシリウスDである

この地球のすべての中心である

エデンの園」が

ここ青森なんですよ、と。

 

青森は初講演会でありましたので、

ダイジェスト版で

20年分を3時間でお話された、

そうです。

 

ご参加された方は、

いかに私たちは

本当の歴史を隠され、

知らされていたということが

おわかりになりましたよね。

 

この内容は、壮大過ぎて

実際に見て聞いて

感じていただくしかないのです。

 

さて、数時間では到底

足りませんでしたので、

 

みなさんのご要望にお応えいたしまして

次回、

青森市にて開催が決定いたしました。

〇2019/10/13(日)

そして、

八戸市でも第2回目を決行いたします。
〇2019/10/14(体育の日)

 

どうぞご期待ください。

 

インディペンデントから革命が起こるのです。

新たな歴史は始まったばかり。
これからがスタートです。

 

「本当の日本」を取り戻すレボリューションは

まさに青森から始まる!(2回目)

 

弘前懇親会)

 

(八戸懇親会)

 

みなさま、本当にありがとうございました。

ひとりひとりに心からの感謝を捧げます。

 

次回をどうぞお楽しみに。

 

↓青森のシンボルタワー「アスパム

 

弘前、八戸での講演を終え

翌日、空港へ向かう途中、
アスパムがドーンと目の前に。

澤野氏が

「あっ!これじゃんか!!!」

と急に叫びました。

 

青森講演会で話を聞いた方は

すぐピン!ときますよね。

次回、答え合わせをしましょう(笑)

 

 

 

#澤野大樹さんINTUITIONサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

12・エデンの園からの解放。

2019-08-04

テーマ:澤野大樹氏

 

第1回青森講演会レポートからの続きです。
 
2019/7/14澤野大樹さん青森講演会弘前会場

 

かつて人類は

「蛇」を信仰していました。

宇賀神は蛇。
瀬織津姫も、

ピラミッドも。
スフィンクスもそれを象徴しており、
スフィンクスはライオンではなく、

とぐろを巻いた蛇。

アラハバキ
それは宇宙の根源神。

ヤハウェに他なりません。

 

それから、

縄文時代と平行し、
“失われた10部族”が
消えました。

その本当の、

隠された(又は隠れた)
純粋なヘブライ人は
ヤハウェの民。

 

モーセの時代、

紀元前13世紀頃において、

ヘブライ人にとって

蛇が信仰の対象でした。

モーセの言うヤハウェとは

「蛇」のこと。

 

ヤハウェは、

「ハハウェ」であり

「ハハ」は蛇の古語。

アラハバキ」と瀬織津姫

同義であるのだから

ヘブライの神ヤハウェ

瀬織津姫であり宇賀神である。

(この内容については

澤野大樹さんが講演会で

お話されました)

 

画像元

 

私たちが知っている

失われた10部族とは、

日ユ同祖論でいわれる

ユダヤ人ではなく、

 

アッシリアに滅ぼされた後、

世界中に散らばり

行方不明となった10部族。

この10部族は
バビロンを経由していない

純粋なヘブライ人。

 

陰謀論で語られてきた

ユダヤ人とは、

実は南ユダ王国の2部族、

後から日本へ

10部族を追って入ってきた

バビロニア・タルムードを身につけた

グローバル・サタニストと

呼ばれる人たち。

世界を裏で牛耳っているDS(ディープ・ステート)。

 

私たちの祖先である縄文人

蛇を信仰していた

純粋なヘブライ人であり、

よって、

日ユ同祖論ではなく
日へ同祖論。

 

これは、

陰謀論ではありません。
都市伝説でも何でもない、

リアルガチな

歴史の話です。

伝説じゃありませんよ。

 

青森講演会の内容の一部の

振り返りです。

驚くべき歴史を目の当たりにし、

度肝を抜かれてしまいました。

 

image

ひどく偽造され
歪曲された歴史を
本来の位置に
まずは戻そうとすることに対して
「私は中立でありたい」とか
「客観的でいたい」というのは、
偽造した側でありたいと
宣言してるのと同じ。
 
正解も不正解もない、
のではなく、
正解はある。
いい悪いではなく、
本物か偽造されたものか、
真実であるかどうか。
 
中立、だの、
どちらも同じ・違いはない、は
すごく柔らかい優しい表現であるけど、
真実をわかっていないことを
示している。
(澤野大樹)
 

私たちは、

これまで知ってきた、いえ、

思わされていた壁を

一旦、全て崩して

物事を見てみる必要があります。

 

私たちが陰謀論として

一般的に知っている(つもりになっていた)

悪魔的でネガティブなイメージの

イルミナティフリーメイソン

正体も実は…

陰謀論ではなく、

陰謀なのです。

 

澤野大樹さんが書き下ろした

活字版原稿に全部書かれてあります。

 

世の中の情勢に至るまで、

メディアを駆使し

民衆を巻き込み犠牲にして

情報操作し

隠し通そうとされてきたもの。

意識操作による教育によって

真実を

わからなくさせられてきたもの。

 

澤野大樹さん曰く、

「深い精神性と

人間力の涵養(かんよう)と

彗眼による怜悧(れいり)な洞察、

静かで深いもの。

それこそが縄文の精神性です」

 
image

 

旧約聖書エデンの園

『禁断の実』は知恵の実であり、

りんごです。
青森は日本一のりんごの名産地、
そして縄文の聖地。

 

イブをそそのかし
「禁断の実」をすすめたとされる
狡猾なイメージの「蛇」の描写は、

実は私たちの意識を操作し、

自由へと解放させないための

フェイクストーリー。

蛇は、私たちを

マインドコントロールから

脱却させてくれた

ヤハウェアバターだったのです。

 

青森は、

遺跡など聖地が
いくつも点在しており、
しかし、
民を困惑させる都市伝説もたくさん…

それは、

DS都合で青森は

目覚めては困る所以が
多々あるからなのです。

 

偽情報を流している

ユダ王国の末裔である大和朝廷が、
失われた10部族が隠れていた

縄文日高見国(東北)を侵略し

元々、

日高見国 蝦夷のシンボルであった

日の丸を奪い、

とりわけ青森を

封印しなければならなかったのは、

なぜなのか。

津軽北斗七星封印

どうして元号が令和になったタイミングで

この講演会を青森で開催する流れと
なったのか。

 

清水寺縁起絵巻

 

澤野講演会で

『知恵の実』を食べた私たちは
囚われの中の
エデンの園からいよいよ
解放されることとなったのです。

 

縄文スピリットの根源、

さらに、

サイレント・マジョリティとしての

精神性についての

知られざるあらましが

示されたのだと思います。

 

image

弘前市立図書館で澤野氏の著書、貸出中


初青森講演会では、

これまでのジャパンツアーにおける

20年分の内容を

ダイジェスト版として、

ザックリ3時間でお話されました。
 

これから、

最新時事情報など

一から順を追って

更に深めて参ります。


気になる方は
次回の澤野氏講演会へ
ぜひご参加ください。

 

青森市2019/10/13(日)

 

八戸市2019/10/14(体育の日)

 

※全国講演会情報 (青森情報含む)

http://intuition.jp/

 

どうぞ、ご期待くださいませ。

 

詳細が決まり次第、

こちらでまた告知したいと思います。

 

では、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13・澤野大樹さん講演会2019ジャパンツアー後半スタート!

2019-08-22

テーマ:澤野大樹氏

 

『ネオ縄文の提唱者』

天才カリスマ講師の

澤野大樹さん2019ジャパンツアー後半、

いよいよスタートです!

 

まずは、2019/9/8名古屋から。

名古屋は毎回ほぼ満席です。

素晴らしい。
(こちらの名古屋第7回は終了しました)
 

タイトル

「世界再編アラハバキとその源泉 」

 

澤野大樹さんより
<名古屋講演会珠玉のメッセージ>

 

前回6月30日(日)から早いもので

70日が経とうとしています。

いよいよ9月8日(日)に

名古屋講演会「第7回」が行われます。

 

前回では

「登戸事件全解説」を行いました。

その後の70日間において、

NYで大停電が発生し、

京都アニメーションでの放火事件が発生し、

参院選挙があり、

米国ではジェフリー・エプスタインが

身柄拘束中に死亡という

巨大な事件がありました。

エプスタインが死亡した8月10日をもって、

地上世界は新たなパラダイムに突入した。

日本と世界、

特に日本とアメリカは

フラクタルな霊的関係にあり、

日本の芸能界女衒闇問題と、

米国のエプスタイン島から派生する巨大な現実は、

それはまるで生き物のように

相互に呼応しながら息をしている。

 

それらは時にこちらが小さくあちらが大きく、

時にこちらが大きくあちらが小さかったりして

繰り返し回転しながら

無限とも思える回廊を上昇している。

しかし

その行き着く先は意外にも早くそして近い。

 

これまで

「荒唐無稽な戯言」として

一笑に付されていた“噂”が、

まさにリアルガチであったことが

証明されつつある。

 

人々はそれを知り、

そこに至った己の状態を

「覚醒」と形容するかもしれないが、

早とちりしたら

本物の「覚醒」を味わうことはできない。

 

私がここ名古屋での講演会で

過去6回に亘って述べてきた膨大な内容、

そしてストーリーを理会し、

我が身のことのように

人に伝えることができるようになって初めて、

これから直面するであろう

クライマックスの意味がわかるというものだ。

私たちは早晩、

その華々しくも悲しいフィナーレを目撃することなるだろう。

 

人による奸計は、どれほど緻密に図ろうと、

ヤハウェによる神仕組によって

コード・シェアされていたのだ。

なぜならば、

「選ばれたはずのトップ・エリート」たちですら、

誰からも選ばれていないヤハウェ

手の内に包含されていたのだから。

その企みも、

その秘密もすべてヤハウェの掌中にあったのだ。

 

カリブ海無人島に隠れても、

その思惑、言動のすべてが

ヤハウェの一局面に過ぎなかったのだ。

 

しかし、

彼らが求めている究極とは

私たちが求めるものとじつは同じだ。

表から行くか、裏から行くか。

――そう、ヤハウェには善も悪も、

白も黒も、

光も闇も存在しない。 

ならばこれから社会は、

世の中は、世界は、地球は

どうなっていくのか?

最高の結末と、最悪の結末は

コード・シェアされる。

宇宙究極の働きは、

まず目の前の足元に現れる。

 

――“Redeemer”は確実に存在し、

実際に機能し、作用している。

その知られざる機序について、

9月8日に詳しく述べたいと思います。

 

“Redeemer”の話しは非常に危険で、

聞いた者の98.75%は

勘違いか曲解をしてしまう。

それだけデリケートでセンシティブなものだ。

本来は

ヤハウェを口に出してはならないのと同様に、

“Redeemer”についてもやはり

口にしてはならないレベルのことなのでしょう。

人類根源に関しての情報は、

人の心を

良い意味でも悪い意味でも動かしてしまう。

創造へも破壊へも振れてしまう危うい吊り橋だ。

そのような

シリアスなお話しもできたらと思います。

もちろん、

最新時事情報の超次元解析も織り交ぜながら、

唯一無二のコンテンツを通常通り

ハイクオリティにてお送りします。

 

9月8日(日)、

世界でこの場だけの

特別な時間をぜひ共有してください。

これからの人類史の基底にある

先鋒のメカニズムを解説いたします。

 

ではみなさま、

会場でお会いしましょう!!澤野大樹


さて、

青森のみなさま!

お待たせいたしました。

 

image

弘前会場にて講演される澤野氏2019.7.14)

 

青森講演会第二弾は、

大好評につき、
みなさまのリクエストにお応えいたしまして、

下記日程で決定しました。
 

※予約制です。

お申込みは、下記『こくちーず』へ

必要事項をご明記くださいませ。

(こちらの講演会は終了しました」)

 


タイトル
封印された青森の秘密を解く」

※内容は、青森会場・八戸会場ほぼ一緒です。

※青森講演会は、二会場とも障がい者手帳を
お持ちの方の介添人お一人様無料。


★青森会場★

【日時】
2019年10月13日(

13:00 開場・受付 

13:30 開演~17:30終了

【会場】青森公立大学 教育研究棟422教室

【場所】青森市大字合子沢字山崎153-4(無料駐車場有)

【参加費】5,000円(当日 5,500円)
(※会場受付でお支払いください)

【懇親会】事前申込み必要。定員10名。

(講演会ご予約時にお申込下さい。会費5,000円)

――――――――――――――――――――

 

★八戸会場★

【日時】

2019年10月14日(・体育の日)

13:00 開場・受付 

13:30 開演~17:30終了

【会場】八戸市総合福祉会館 5F研修室
(はちふくプラザねじょう) 

【場所】青森県八戸市根城八丁目8-155

     (無料駐車場有150台可)

【参加費】5,000円(当日 5,500円)
     (※会場受付でお支払いください)

【懇親会】 事前申込み必要。定員10名。

(講演会ご予約時にお申込下さい。会費5,000円)

 

【主催】 小野裕美子

▼青森講演会お問合わせはコチラ
青森縄文歴史研究会

taijuaomori@gmail.com

 

さあ、みなさん。

わたしたちの意図を超えた、

「今世紀最大のレボリューション」ですよ。

前回、

青森講演会のキャッチコピーでもありました。

ひとりの意識は世界を変えられるのです。

 

澤野さんが語る「ヤハウェ」、

そして「Redeemer」(レディーマー)。

 

初めて目にする人も、

コアな澤野ファンも、

ライトな澤野ファンも!

今一度、

名古屋講演会へのメッセージを

読み返してみてくださいませ。

 

ヤハウェとは、

Redeemer(レディーマー)とは!?

 

私たちの既存の常識が覆される

驚愕の衝撃ストーリーが

今まさに展開されているのですよ。

 

世の中の真実を見抜くためには、

まずは、

真の歴史を学ばなければなりません。

私たちがこれまで知っていた

歴史や常識は、

じつは何者かによって

創作され制御された幻想だった!?

 

実際に

ご自身の目で見て、聞いて、

そして五感をフルに活用し、

直観を冴え渡らせてください。

そこには何かが見えてくるはず。

もはや「陰謀論」ではない、

本物の「陰謀」を発見するのです。

「都市伝説」ではないのです。

伝説じゃないんですよ。

 

このまま、

今のまま、

世界を知らずして

人生を終わらせたくないですよね。

 

私は

澤野さんの講演会を初めて聞いた時

度肝を抜かれ、

心臓が止まりそうになりました。

そんな体験をぜひ、みなさまにも

体験していただきたいのです。

 

▼第1回青森講演会レポート 

※次回青森講演会澤野氏より 予告メッセージ!

(開催日:青森市 2019/10/13・八戸 10/14)

かつてこの“列島”で

理想郷とも言える縄文文化を誇った東北、そして青森。

精妙で高解像度の意識をもっていた縄文スピリットは、

ある時、とある「十部族」の一部を受容し迎え入れた。

十部族は、身を隠し、文字通り“失われた”存在となり

異能とともに東北の地に溶け込み消えた。

彼らは自らの意思で「消える」ことを望んだ。

――そう、霊力だけを残したまま。

しかし、その痕跡を辿り、

これまたある「二部族」が執拗に追いかけてきた。

こちらの二部族はモロクを崇拝し、

バビロンで70年間過ごしたまったくの“別物”だ。

彼らは何らかの意図をもって、

十部族の跡を追い続けた。

彼らは「大和朝廷」「大和王権」と姿を変え、

徹底的に東北を侵略し討伐した。

そして、

十部族の痕跡の上に、新たな歴史を上書きし、

さらに、

あろうことか彼らは

「我らこそが十部族なり」と叫んだ。


こうして東北の“重要地”は荒らされ、

後世の人々が混乱し区別がつかなくなり、

必ずや間違えるように

本物の上にニセモノを覆い被せ、

本物の隣にニセモノを配置し、

自分たちこそが東北のネイティブであるかのごとく偽装した。

その究極の根底にある彼らの

知られざるメンタリティとは一体何か?

なぜ“彼ら”はそれほどまでに

東北の地に固執し叩き封印しようとするのか?

そして、

その「東北封印」はなんと現在に至っても、

手を変え品を変え、

厳然と行われているのだ。

どうしてそのようなことが起こり、行われているのか?

その理由を知り、理会することによって、

東北、いや日本最大級の謎と秘密が解放されることとなる。

東北、そして青森の封印を解くことは、

日本、いや地球の封印を解くことである。

青森が「覚醒」すると、地球がひっくり返るのだ――!!

澤野大樹

 

ぜひ一度、澤野講演会へ

足をお運びになられてみてくださいませ。

共に、椅子から転げ落ちましょう。

あ、学びましょう!
 


image
 

 

❑全国講演会情報
http://intuition.jp/blog/

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

14・ついにアラハバかれる!最強の東北とは。

2019-09-16

テーマ:澤野大樹氏

 

こんにちは。

澤野大樹氏青森講演会

主催 小野裕美子です。

新時代を切り開く感動の講演会!

この秋待望の第二弾!!!

お待たせいたしました。
『第2回 澤野大樹さん青森講演会』

のお知らせです。

(こちらの日程は終了いたしました)

 

前回、第1回目では
ダイジェスト版で

20年分の内容を3時間で

ザザーーっと
お伝えくださいました。
怒涛の澤野節が

青森で轟いたんですよ。

抱えきれない程の情報量、
驚きの展開に

度肝を抜かれたのではないでしょうか。

 

これからようやく青森は
澤野ワールドが

展開されていくのです。

これからですよ、青森はこれから。
仙台・東京が大学院なら、

青森は幼稚園。
一歩一歩着実に
深めて参ります。

『青森が目覚めると地球がひっくり返る!』

とのキャッチコピー通り、

青森には

“封印された秘密”があるのです。

聖地に封印がかけられ、

しかも、本当の秘密が隠されるべく

都市伝説的な逸話も

たくさんあります。

 

例えば、キリストの墓、

竹之内文書でも有名になりましたね。

あそこはですねえ、

大石山ピラミッドという

パワースポットも近くにありますが、

巧妙に仕掛けられた罠があるのです。

第1回青森講演会では、

「キリストが青森に来ていたのは本当か?」

というお話にもなりました。

 

おさらいすると、

 

キリスト教は紀元後に

パウロが作った新興宗教であり、

本来のヤハウェ信仰をしていた
古代ヘブライ人の宗教とは

全くの別物、

・キリストより遥か以前の究極のものが

日本に来ている、

キリスト教はたかだか2000年前の話で、

古代ヘブライヤハウェ信仰の流れから

バビロニア経由のユダヤ教が生まれ、

そこから

キリスト教が分派し

さらにそこからイスラム教が分派した、
 

ということを学びましたよね。
青森には、その古代ヘブライの民が

入って来ていると。

 

キリストの墓だけではありません。

青森の至る所で

そんな都市伝説めいた嘘が囁かれ、

あたかも正史にように

語られておりますが。。

 

なぜ、そんな偽情報が

語られるようになったのでしょう。

それは、

あっち側には不都合な、

情報を隠蔽するため。

青森だけではありません。
東北全土に渡ります。

特に、青森は
強固な封印がかけられていると

いいます。

その青森の鍵を解くことで

青森、東北だけではなく、

列島全て、いえ、

地球全土に封印解除が

波及するということなのです。

 

私たちの祖先、

ネイティブジャパニーズを

迫害してまで
封印をかけたのは誰ですか。

時の権力者は

今も尚、国民を煙に巻き

巧妙に罠をしかけていますよ。

 

一番の脅威は

米でも英でも蘭でも独でも中でも露でも朝でも

ありません。

目の前にいます。

大〇本帝国関〇軍は

今もしたたかに健在しており、

そのネットワークは

政界だけではなく、

経済界、芸能界、スピ界、宗教団体、教育界、医療、マスコミetc...

全てが繋がっているのです。
原爆を投下したのは。

911、311を引き起こしたのは誰か。
米国大統領でもアル〇イダでも

ありません、地震兵器HA〇Pでも

イルミナ亭でもありませんよ。

(イルミナ亭、フリーそーめんでさえ、

闇の陰の支配層と偽情報で定着してますから。)

 

これをアメリカ国民が知ったらどうなりますか。

日本国民が知ったら。

311、

第二次世界大戦で犠牲になった

英霊たちの御魂、残された遺族は...
 

我が国の本当の歴史を知っている

世界の大国の代表達は当然、

ゆすりをかけてきますよね。

本当の歴史を知らない(知らされていない)

のは私たちだけです。

その皺寄せは、

すべて一般国民に。

 

さらに

国民に都合の悪い報道は

決してされません。

もしくは、

国民がより興味がそそられるスキャンダル、

それから事故や災害、

それらをも創り上げ
国民の意識をそちらに向けさせ
かく乱させているのです。

 

日本の中に健在している

DSといわれる封印をかけた側の支配層は、

ユダ王国の、「弥生」

=「大和朝廷」のことですよ。

 

私たちが知っていた(知らされていた)

ユダヤ人、とは、

ヤハウェ信仰していた

古代ヘブライ人ではないということです。

ここ、めちゃくちゃ重要ですから。

ナントカの商人、は、

南ユダのユダヤ人ですよ。

言葉巧みに、ネイティブを騙し、

ちゃっかり儲けちゃおうっ、

いいとこ取りで奪っちゃう人達。

 

それらを解く鍵が、

青森にはあった、

それは、青森という

限定のエリアに限ったことだけではなく、

地球規模の途轍もない規模で

関わることであった、という

ことを学びました。
 

講演会では、

3時間というロングタイムにも

関わらず、

時間が足りずに
お話できなかったことがあります。

 

それは、

ユダ王国の人たちが追い求めて

探している「聖櫃」(アーク)の行方です。

アークの現在の持ち主は誰なのか?

そして、アークとは一体何なのか?

 

次回、第2回でお話くださるそうですので

どうぞお楽しみに。

 

当日、講演後に

講演会内容が全て書かれた
活字版原稿を販売いたします。
「全て」ですので、

内容はA4判20ページ以上となり、
この活字版は、

その日だけに書き下ろされた

世界でたった一つだけの

超レアな澤野作品です。

ですので、増刷はしないそうです。
どの会場でも、

毎回販売されるとは限らず、

制作部数も極めて少ないので

増産・再発行もされない、とのこと。

 

それから、

この活字版というスタイルは、

耳の不自由なお客様のために

始めたんだそうです。

「一度でいいから、

生の講演会に参加したい」という

聴覚障がい者のお客様がいて

 

活字版を見ながら、そして

澤野さんの口の動きを追いながら、

聞こえなくても生の講演会を

味わいたい、ということから

始められたそうです。

 

そうしましたら、

足が不自由なお客様や

全盲のお客様、

介護で外出できないお客様も

活字版で参加できることがわかり、

徐々に定着していったんだそうです。

 

それと、

このスタイルは

日本で唯一だそうですよ。

レジュメを作成している人は

たくさんいらっしゃいますが、
完全完璧な原稿として収録され

テープ起こしが出来ている方式は、

前例がないそうです。

 

後で復習するにも

自分のメモでは「これ何だっけ?」

となったりしますが、

それもありませんよね。

講演中にメモを取るのに必死こいて

意識散漫になるという心配もございません。
 

何より、

生の講演会は、

生のライブ(演奏会)を聴く、と一緒で、

リアルでその場の空気を味わえるという

まさに画期的でその時だけの

稀有な体験となります。

全盲の方は

ビジュアルは全く見えませんが、

雰囲気、波動を、

敏感にキャッチし、

音(と曲と歌)だけの

実力しか通用しない世界を

誰よりもわかってらっしゃると思います。

澤野講演会は、

そんな方たちにも快く

ご参加できますように、

聴覚障がい者の方には、

活字版原稿を無料進呈しております。

 

そして、

講演会にご参加される

障がい者手帳(愛護手帳)を

お持ちの方の介護人・介添人さまの

参加料はお一人様無料

ご来場いただけます。


この機会にぜひどうぞ。
 

【青森講演会第2回2Days.弘前×八戸】

❑タイトル
『封印された青森の秘密を解く』
~青森が覚醒すると、地球がひっくり返る~

____古代ヘブライと均衡する青森の魂、

縄文スピリットが解き放たれた。

東北に伏在させられてきた

サイレント・マジョリティが今、目覚める。

さあ、東北青森の魂が、

その霊力を発揮する時が来た!!(澤野大樹)

❑序文

かつてこの“列島”で理想郷とも言える縄文文化を誇った東北、そして青森。
精妙で高解像度の意識をもっていた縄文スピリットは、ある時、とある「10部族」の一部を受容し迎え入れた。

10部族は、身を隠し、文字通り“失われた”存在となり異能とともに東北の地に溶け込み消えた。

彼らは自らの意思で「消える」ことを望んだ。

――そう、霊力だけを残したまま。

しかし、その痕跡を辿り、これまたある「2部族」が執拗に追いかけてきた。

こちらの2部族はモロクを崇拝し、バビロンで70年間過ごしたまったくの“別物”だ。

彼らは何らかの意図をもって、10部族の跡を追い続けた。

彼らは「大和朝廷」「大和王権」と姿を変え、徹底的に東北を侵略し討伐した。

そして、10部族の痕跡の上に、新たな歴史を上書きし、

さらに、あろうことか彼らは「我らこそが10部族なり」と叫んだ。

こうして東北の“重要地”は荒らされ、

後世の人々が混乱し区別がつかなくなり、

必ずや間違えるように本物の上にニセモノを覆い被せ、

本物の隣にニセモノを配置し、自分たちこそが東北のネイティブであるかのごとく偽装した。

その究極の根底にある彼らの知られざるメンタリティとは一体何か?

なぜ“彼ら”はそれほどまでに東北の地に固執し叩き封印しようとするのか?

そして、その「東北封印」はなんと現在に至っても、手を変え品を変え、厳然と行われているのだ。

どうしてそのようなことが起こり、行われているのか?

その理由を知り、理会することによって、

東北、いや日本最大級の謎と秘密が解放されることとなる。

東北、そして青森の封印を解くことは、日本、いや地球の封印を解くことである。

青森が「覚醒」すると、地球がひっくり返るのだ――!!

(澤野大樹)

 

 

この内容を、どう受け止めるかは、

やはり、その方の素地が

どこの位置にあるかで

全く違う捉え方になって参ります。

 

本当の歴史を知ることは、

今起こっている茶番劇を知り、
己との向き合いでもあり、

「虚構」を見抜ける視座を持てるということです。

 

根底に立ち返り、

封印を一つ一つ紐解いて参りましょう。

 

続く。。

 

【青森講演会活字版原稿販売】

青森講演会では
講演会の「活字版原稿」を販売しております。

ご注文は、こちらからどうぞ。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/273c38ec674225

 

 

全国講演会情報は→コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#青森県#青森市#八戸市#INTUITION#封印解除#ネイティブジャパニーズ#縄文#世界史#弘前市#澤野大樹

 

 

15・うぬうぬどセブってセブってとっくらがってまるネイティヴスピリット。

2019-09-19

テーマ:澤野大樹氏

 

 

あの動画、観た?

吉幾三さんの『TUGARU』。

 

私はついこの前知ったんですが、
ピコ太郎さんも津軽弁のラップを
リリースされてたようですし、

何やら津軽弁ラップが

巷の話題となっているようです。
 

吉幾三さんの歌詞は、

私の親世代では当たり前の

会話のやり取り。
相槌を打つ時の、

【い】と【え】の間の発音や

【ゔ】と【え】の間の発音は

津軽弁ならではかもしれませんね。

 

「おめだのずこ、ばこ、どしちゃぁば?」
は、その世代ではフツーの挨拶です(笑)
私は生粋の津軽人なので、
バッチリ、リスニングできますよ。

私より若い世代や

子ども世代になっちゃうと

たとえ津軽人であっても

わからないんじゃなかろうか。

 


さて、

澤野大樹さんから、

翻訳頼まれました。

ブログの内容を
ネイティブの津軽弁
訳して欲しいと。

「お安い御用ですよ!!!」と二つ返事で

翻訳させていただきました。

2019/9/19は私の翻訳デビューの日です(笑)


▼こちら
http://intuition.jp/category/news/lectures/
 

澤野さんのブログは、いつも

シビアでシリアスな内容ばかり。

▼うなるしかないプロフェッショナルな一言
“獣”の罠と秘密
 

ですので、

ギャップに笑って転がっちゃいました。
澤野さんのオフィシャルなサイトに
ガチでネイティブ津軽弁(;゚Д゚)

しかもね、PCで見ると

フォントがちぐはぐなのね(笑)なんで?

まぁたまには

こんなブッ飛んじゃっていいんだ、という発見。

澤野さんは

そんなお茶目な一面もお持ちです。

 

ぜひ、リアルで

澤野さんの講演会の

ダイレクト感を味わってみてくださいませ。

当日、何が飛び出すか

来てみねばわがねべ?

あまりの驚愕内容に、

どんずさ火ついでまるがさもさね。
 

初の澤野節に

とっくらがってまった話↓↓↓


ちなみに、

“セブる” “セブリ”は、澤野語です。

ご本人に意味を聞いてみてください。

青森講演会は、

誰でもご参加できます。

 

弘前、八戸、

どちらの会場も内容はほぼ一緒です。

聴覚障がい者の方には、

活字版原稿を無料で差し上げます。

 

そして、

講演会にご参加される

障がい者手帳(愛護手帳)を

お持ちの方の介護人・介添人さまの

参加料はお一人様無料

ご来場いただけます。

学生(中高大)は半額です。


この機会にぜひどうぞ。

(こちらの講演会は終了いたしました)

 

 

うぬうぬど

けんどわだれば

ひがれるろ( ゚д゚)

 

津軽弁訳はこちら↓

🗞弘前経済新聞記事より

https://hirosaki.keizai.biz/headline/941/

 

 

うぬうぬど!

 

ネイティブ津軽弁

大切に守っていきたいですね。

 

 

 へばまだな。