鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

マッカーサーjr(ジュニア)さんのTwitter(ツイッター)時代の発言のまとめ。【壹】

 

 

 ※この方はマッカーサーjr(ジュニア)さんの過去のTwitter(ツイッター)時代での発言の重要な部分のまとめを行っておるので丸写しさせていただきます。
ただ、この人経由で見るよりも自分の手で貼り付けていつでも見れる状態にしておきたいので貼り付けをさせてもらいますよ!というわけさ(笑)
shinjitsu1.hatenablog.com

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


-------------------------------------------------------------------------------

 

以下、いくつかスレッドを転載させていただきます。

徐々にまとめていきたい。(随時追記あり

 

【スレッドの目次】

1■何度も言うが考え方が完全に逆なのだ(1/7)

2■三国志の司馬懿とトランプ陣営(1/8)

3■なぜ、日本人が嫌われ、妨害されたのか?(12/29)

4■桃太郎の鬼退治に関する面白い話(12/31)

5■「マイケルジャクソン」について語ろうか(1/10)

6■安部さんについて私の意見(増強版)(1/23)

7■ピカピカした光を見たことがありますか?(1/10)

8■巨人たちは目を覚ましている(1/6)

9■三国志、曹操と劉備の英雄談「2本の剣」編(1/13)

10■世界各国は悪魔側か、善側かの絵踏みをしている状態(1/14)

11■DSがいかに学者たちに圧力をかけていたか(1/3)

12■今こそが総攻撃、及び波状攻撃を仕掛ける時(1/8)

13■税金がいったいどこに行っているのか(1/14)

14■「自由」という魔物に手を出したDS(1/9)

15■今後の日本の見通し(1/11)

16■虚をもって実となし、実をもって虚とす(1/9)

17<オススメ!>■DSの「NWO計画」の全容(1/5)

18■英雄ナポレオンを倒したのは・・・(12/28)

19■過去のアヘン戦争を世界規模で展開(1/15)

20■今回の大統領選挙は「2つの物語」があった(1/17)

21■柔よく剛を制す(1/21)

22■就任式での違和感(1/22)

23■巨人達の計画(架空の物語)(1/22)

24■「Act of 1871」とは(1/22)

 

 

 

 

1■何度も言うが考え方が完全に逆なのだ
午後8:05 · 2021年1月7日(前の固定ツイート)


何度も言うが考え方が完全に逆なのだ

今回の連邦議会は暴動を煙幕に不正追及せず違法な選挙結果を認定した

一見すると絶望的に見えるが、私は爆笑して喜んでいたw

なぜならば、これで完全にDS・CCP・マスコミ・SNS会社の運命が終ったからだ

なぜか?

落ち着いて考えれば誰でも分かることだ

そもそも、連邦議会の正当性は憲法を守ることにある

それが守れなければ、連邦議会の裁定は何の意味も持たない それは、マスコミや馬鹿論者が騒いでも同じこと

さて、連邦議会が機能しないことが明らかになれば、
大統領令をはじめとした軍事的な裁定の大義が成立する

つまり、トランプ陣営はこれで喉に刺さった魚の小骨が完全にとれたわけだw

逆に、犯罪者側は自分たちの命をかろうじて守ってくれていた憲法の加護を失ってしまった

つまり、丸裸になったも同然なのだ

さらに、一番まずいのは完全にアメリカ国民と愛国者の軍を敵に回したことだ

これが致命的なのだww

基本的に、国家とは、軍と多くの支持者によって構成される

この2大要素がなければ、マスコミがどんなに騒いだとしても天下をとることはできない

そして、今回を機に敵側はこの軍と支持者を完全に失ってしまった

車でいえば、全てのタイヤを失ったようなものだw

逆に、トランプ陣営は完全に両者

の支持を得ることになった

この時点で、既に王手だ

さらには、大統領令をはじめとした軍事的なカードは細かいものもあげれば無数にあるww

つまり、ロイヤルストレートフラッシュ状態だww

これが笑わずにいられるか

だめだ、腹がいたいwwww

ちなみに、私は連邦議会がこの失態をしてくれたことに感謝している

もしも、ここで素直に不正を認め、投票結果を却下していたら、今後の売国奴、マスコミ、CCPの処罰が困難なものになっただろう

が、焦った犯罪者とは常に冷静な判断ができないものだ

結局彼らはトランプ大統領に好カードを渡してしまい、自分はババをひいた

要するに、彼らは完全に詰みだw

さらに、また私の読みが当たり、KAZUYAのような病的な馬鹿達はこういった背景を理解できずに、自分たちが優勢だと自ら洗脳し増長しているw

馬鹿だねぇww

そのおかげで、今後、我々が彼らを追い詰めるカードが勝手に増えていくのだww

ちょろい、ちょろい♪

ね? 落ち着いて考えれば簡単でしょ?♪

だから、私は焦る必要も、落ち込む必要もないと言っていたわけです

ただの空元気というよりは、蜘蛛の巣にかかっていく汚いガの群れを見て、そう言っていたんです

にしても、汚いガがどんどん罠にはまっていくw

実は戦というものは戦略性の高い陣営が

なぜか、パニックに陥り、不安になっている保守陣営の方々が多い印象があります(・・;)

普段は恐ろしく賢明な人たちでも、一時的にパニックになっているせいで冷静な思考ができていないようです

そこで、ぜひ、そういった方々にこのツイートをシェアしてあげてください

お願いします<(_ _)>

ああ、罷免の発議ですが
そもそも、国民の期待を裏切り、合衆国憲法を無視し
不正選挙でクーデターを起こした議会に正当性や存在意義があると思いますか? 

彼らは1月6日に正式に国家反逆者になったのです

つまり反逆者による罷免の発議などもはや意味がありません

反逆者に待つのは死のみです

おや、こんな糞簡単な論理すら左翼の馬鹿どもは理解できないようだ

ぐうの音も出ないゆえ、くやしくて文句が言いたい気持ちも分かるが、それなら論理と事実で反論しなさい 

内容に一理あれば認めてやります

しかし、誰も論理で対抗できていないし、
論点すりかえも、前提もお粗末で話にならない

 

2■三国志の司馬懿とトランプ陣営
午後9:19 · 2021年1月8日

司馬懿と諸葛亮孔明

 

それでもやっぱり不安だという、そこのあなた

では、この考え方ではどうでしょうか?

おそらく、これで9割方は安心できるでしょう

私はトランプ大統領とバイデンの戦をアメリカの地図や各勢力の大まかな資金力、人材、士気、求心力(大義)、他の国との関係性などを考慮しながら分析しています

そして、この戦を見て、私が真っ先に思い出した過去の戦は、三国志時代における魏の司馬懿と、蜀の諸葛亮孔明の戦です

形や次元は全く異なりますが、その構造は全く同じであり、おそらく、トランプさんや彼の鬼才軍師達の頭脳には私と同じ景色が見えているはずです

まず、分かりやすくするために、

司馬懿諸葛亮孔明の戦について説明します

戦の基本は大将軍・軍師の人柄・才能・癖を入念に分析し、その後の行動パターンを分析することです

その読みの質で全てが決まります

よって、まずはこの二人の特徴を分析していきます

まずは、蜀の諸葛亮孔明

彼は有名なので知っていますよね

諸葛亮三国志一の天才と言われていますが、私は全くそのような評価を下してはいません

確かに諸葛亮は一定の才知はありますが、魏の曹操やこの後解説する司馬懿に比べると大分見劣りします

天才ではあるが、天下の鬼才ではない

これが、私の彼の評価です

諸葛亮は攻撃的であり、細かい戦術を屈し

するのが好きで、奇襲や離間の計といった戦法も得意としています

人柄は、才知ゆえに、傲慢で狭量

癖は、自尊心が高いので相手のペースに乗せられるとパニックに陥ること(つまり、相手が鬼才の場合、弱い)

求心力は、カリスマ性ゆえに高いです

大将軍としての総合点は75点といったところです

さて、それでは本題の魏の司馬懿にいきましょうか
アメリカ大統領選におけるトランプさんに相当)

司馬懿は賢者のごとく影に隠れ、本心を表に出さない人間だったので諸葛亮よりも有名ではありません

しかし、その才能は間違いなく魏の大鬼才「曹操」すら上回っていたと私は読んでいます

なぜか?

まずは、彼を分析していきましょう 

司馬懿は、攻撃は得意ではありませんし、細かな戦術もそこまで使いません

しかし、彼は守りの鬼才であり、戦略的な優位性を作る天才です

戦においては、戦術が戦略を超えることはまずありません

ところで、戦術と戦略の違いって?という人もいると思いますので

簡単な例をあげます 一人の世界チャンピオンのボクサーをイメージしてください

彼がどんなパンチや足さばきをするのか、また、どんなテクニックを屈しするのかといった細かい戦い方がありますよね? これが戦術です

しかし、世界チャンピオンでも、1000人の平凡な男性が同時に攻撃すれば、

必ず負けます これが、戦略です

つまり、どんな戦術があるボクサーでも、1000人で同時攻撃するという戦略には勝てないのです

これが、戦術が戦略を超えることはないということです

つまり、戦術が得意な諸葛亮孔明は細かいパンチの仕方に意識を割きますが、戦略が得意な司馬懿はいかに影分身を

作るか、あるいは、いかに場面で場面で数的・質的有利作るのかといったことに意識を割くのです

おお!何となく、司馬懿って天才じゃねって思ってきましたよね?

さて、残る司馬懿のデータをあげておきます

人柄は、傲慢だが寡黙、忍耐強い、味方に優しい

癖は、本心を隠すので、全く見えない。汗

私は人の癖を見抜くのには自信があるのですが、歴史上の人物では、唯一、フランスのタレーラン司馬懿だけは癖が分かりませんでした。汗 ちなみに、二人とも鬼才でタイプが似ています

求心力は、カリスマ性と圧倒的な実力から非常に高い

大将軍としての総合点は95点+?です

?はあまりに未知数

だからです汗

三国志の最終的な勝者は司馬懿の一族司馬家であり
司馬懿はその礎を作った化け物です

若いころは魏の開祖曹操からも才能を高く評価された司馬懿は、同時にその圧倒的な才知ゆえに危険すぎる人物として警戒されました
どこが、トランプ大統領と似てるんだよ?wと思うかもしれませんが、

これから解説する戦と今回の選挙を比較すると、二人が似た世界を見ていることに気づくはずです

諸葛亮司馬懿の戦は、蜀の諸葛亮が長い遠征にて魏に侵入したことからはじまります

大将軍になった司馬懿はすぐに迎撃することを求められましたが、本人はあくびをして寝てしまいました

不安になった

他の将軍たちは「起きてくださいよおお 迎撃しましょうよおお」と泣きつきました まぁ当然ですよねw

しかし、司馬懿は衝撃的な一言を放ちます

司馬懿:「あ? 諸葛亮なんて雑魚といちいち戦うわけがねーだろ」

将軍達:「はい?」

司馬懿の戦略はまさに規格外でした

普通ならば、遠征してきて疲れている敵軍を国境付近で迎撃するのが防衛の定石です

しかし、諸葛亮を徹底的に分析し、完全に見切っていた司馬懿は全く異なる戦略を使用しました

つまり、迎撃はせず、各将軍や将校を様々な城に待機させ、徹底的に防衛させるというものでした

つまり、諸葛亮が侵攻を成功させるには、

そういった様々な城を一つ一つ攻略していく必要があるのです

当時、魏の国土は蜀の3倍ちかくあり、
年間収入も、新卒兵の数も、物資の生産量も、蜀の数倍ありました つまり、魏が圧倒的にリッチなのです

また、長期遠征できている蜀軍は、兵糧、疫病、疲労、兵力の不足が常に問題でした

ゆえに

諸葛亮は魏の大軍を城の外に誘き出して、野戦で勝利し劣った状況を克服しようとしました

しかし、それを見抜いている鬼才司馬懿諸葛亮をガチ無視し、一切城から出てこなかったのです(笑)

また、司馬懿ファンである各将軍達は、彼の言うことだけは素直に聞きますw

ゆえに誰も城から出てこないw

分かりますか? この時の諸葛亮がどれほど絶望していたかを あははは

城攻めには、守りの兵に対して、攻める兵は約10倍は必要です

となると、諸葛亮はただでさえ兵力や物資面で不利なのに、その差がどんどん開いていくばかりなのですw

どんまい諸葛亮

事実、資料によると、この時から

諸葛亮はストレス性の胃潰瘍になったとあります

とはいえ、戦術の天才たる諸葛亮はそれでも諦めず、
複数の城を陥落させていきます

しかし、ここが重要なのですが、どの城もそこまで重要なものではなく、また、新しい年が来るたびにリッチな魏は兵士も物資も増大し、ますます強くなっていきます

つまり、諸葛亮がどんなに戦術的に頑張ったとしても、
戦略面で圧倒的に有利な司馬懿との差は全く埋まらなかったのです 司馬懿は余計なことはせずに寝てただけw

はじめに、戦術が戦略を超えることはないといいましたよね?

司馬懿はこの道理を誰よりも理解していたのです

だから、諸葛亮のいかなる

挑発や侮辱にも司馬懿は一切関心を示さず、ニヤニヤ笑っているだけでした 

哀れなるかな諸葛亮

世の中には上には上がいるのだ

そんな状況が何年も続き、疲労困憊になった諸葛亮は最後の挑発を試みます

それは、司馬懿に女性用の着物を送り、戦わないお前は女のようなやつだと侮辱したのです

そして、これに対する司馬懿の対応が化け物でした

彼は楽しそうに着物をきて、蜀の使者に

「どう? 俺、かわいい」などと言ったのです!!

ガチで異次元すぎるww

そして、使者が帰ったあとには、味方に

見たか? いよいよ、諸葛亮も終わりだな

と言ってのけたのです!ちょっと、ヤバイ!!!

ガチで司馬懿ヤバくないですか?!

実際、その司馬懿の様子を聞いた諸葛亮は、号泣し、

天は私を見放した!!

と、泣き叫んだ後に憔悴しそのまま胃ガンとみられる死因で享年54歳で召天しました

もちろん、蜀軍は崩壊し、それを見切った司馬懿はすぐに全軍に指示を出し、総攻撃をかけました

今まで散々城にこもっていたくせに、一番来てほしくないタイミングで城から出てきたのです

あまりに鬼畜すぎる ヤバイ、腹がいたい

むろん。蜀軍は壊滅し、数十万以上の兵士が死にました

ちなみに、司馬懿はその時すらのんびりと馬に乗っていましたw 攻撃は将軍達がしてくれるからいいの

つまり、司馬懿VS諸葛亮の戦いは最終的には、
司馬懿の完勝で終わりました

しかし、いいですか!? ここからが重要ですよ!!

結果ではなく、途中過程だけを見ると圧倒的に諸葛亮が勝っているかのようにみえるのです!

諸葛亮はいくつもの城を陥落させ、魏の領土をどんどん奪っていきました

しかし、司馬懿は守っているだけなので、魏の政治家や国民は不安になり、何度も、何度も、司馬懿を責めました

彼を信じていたのは身内と軍の仲間達だけです

一方で、諸葛亮は政治家や国民から拍手喝采をうけ
英雄、神のような扱いをされました

我々が諸葛亮をしっているのは、そういった時の伝記が

多く残っているからです

真の賢者こそ無名だ。なぜならば、彼らはあらゆる問題を誰も気づかない間に処理するからだ。

これは私が尊敬する兄の言葉ですが、まさにその通りです

確かに、諸葛亮は派手であり、見栄えしますが
司馬懿はひたすら地味です

ですが、賢明な皆様ならば、もう分かりですね?

真の賢者であり、かつ三国無双の英雄だった人物は諸葛亮ではなく、司馬懿だったのです

諸葛亮はいくつもの城を陥落させ、魏の領土を得ましたが
どの城も重要な城ではなく、また領土も魏の端にあり、
貧しい土地でした

つまり、諸葛亮は名声を得ている一方で、ただガラクタを得ていただけだったのです

一方、司馬懿は名声とガラクタを諸葛亮にくれてやる代わりに、確実に諸葛亮を追い詰め、最後には手も足も出ない完全な戦略的優位性を作り上げました

司馬懿、エグイてwwwww

ところで、勘の鋭いお方ならば、既にある人物の状況が頭に浮かんでいるのではないでしょうか?(笑)

そう、あの偉大な大男

ドナルド・J・トランプの雄姿です

まず、これまでの選挙の戦いをおさらいしてみましょう

不正を追及し合憲的に問題を解決したいトランプ陣営は、
数多の訴訟を起こし、また、あらゆるSNS戦略や草の根運動を展開しています

しかし、残念ながら、目覚ましい結果を得ているものはなく、メディアを味方

にしているバイデン陣営はトランプ陣営が負けるたびに狂喜し、「ほら、見ろ!トランプは負けるんだ!」と、ひろゆきやKAZUYA、ケント、上念のようなヒヒが騒いでいます

愚かなヒヒどもめ

そして、我々トランプ支持者の多くも、それを見て不安になり、早く戒厳令を!早く大統領令を!と焦っています

しかし、賢明な皆様ならば、なぜ私が微笑んでいるのか、もうお分かりのはずです

まずは落ち着いて2つのことに焦点を当てていきましょう

1つ目は、そもそも、トランプ陣営の目的、理想の勝ち方は何なのか?

二つ目は、そもそも、これまでのトランプ陣営の敗北はどのような意味を持つのか?

では、

1つ目から

トランプさんは開戦前に堂々と目標を公言しています

「腐った沼の水をぬき、そこにいるワニどもを一掃する」と。

そして、そのためには、まず、沼(DS)やワニの存在を国民や世界に知ってもらうことから始める必要があります

また、多くの人々のメディア洗脳を解除する必要もあります

ゆえに、トランプ陣営はバイデンスキャンダルを筆頭に、様々な細かい選挙不正やSNS会社の違法行為を問題提起し、正義や道徳を重んじる善良な民衆に声をあげるよう促しました

また、大小様々な裁判を立ち上げることで、認知度の底上げを図りました

つまり、裁判で負けるたびにメディアやひろゆき

ようなヒヒどもが話題にするので、そのたびに認知度が上がり、覚醒する人が増えるのですw

哀れなサルどもよ貴様らは完全に踊らされてるのだ

また、これと全く同じスキームで、ドミニオン、クラーケン、CCP、ジュリアーニ、パウエル、ウッド、テッド・クルーズといったストーリー性のある話題を挿入

することで覚醒者はますます増え、終いには我々のような外国人ですら彼らの大義に共感し、自然に応援したり、情報拡散に協力するようになりました

影に隠れていた私がツイッターを始めたのも、トランプ陣営や日本のためならばもはや命を賭けてもいい
仕事だって犠牲にしてもいいと強く思ったからです

そして、この戦略の最高潮は1月6日でした

あの大事件により、今までは沈黙していた大手メディアまでもが一斉にトランプ陣営を話題にしました

いうなれば、彼らは無料でトランプ陣営の広告をしてくれているのです

実際、この大事件を機に、アメリカ大統領選挙を調べる人が急増し、覚醒者は急増して

います。 また、現在は民主党支持者の中からもトランプ陣営に味方する人もたくさん出てきており、一つ目の目標はクリアしたと断言してよいでしょう。

では、二つ目は、そもそも、これまでのトランプ陣営の敗北はどのような意味を持つのか?

もはや、賢明な皆様ならば、既にニヤニヤしているはず

これまでのトランプ陣営の敗北とは、様々な民事裁判やテキサス州などが起こした最高裁での敗訴や受理却下などが該当します

しかし、これは、選挙の認知度を上げ、覚醒者を増やしたり、バイデン陣営を混乱させ、戦力を削ぐことが真の狙いでした

そして、事実、それらの目的は成功しました

もちろん、

敗北したことでマスゴミやKAZUYA・ひろゆきのようなヒヒが増長し、トランプ陣営が馬鹿にされるというデメリットもありました

しかし、一度覚醒した人間はそういった卑劣で邪悪な人間を信じることはありません

 ゆえに、一時的に不安にはなりますが、最後にはトランプ陣営に戻ってきます

つまり、

これまでの敗北は問題のない敗北であり、むしろ、味方を増やし、敵の戦略を大きく消耗させたのです

さらに、1月6日にバイデン陣営は憲法を無視し、
無理やり大統領を認定しました

この瞬間、彼らは完全に国家反逆者になりました

つまり、バイデンは勝ったつもりでも、実際はクーデターを起こした

という実績ができてしまったのです

あははは馬鹿だねえww だから、私は爆笑していたのです

そして、これこそがトランプ陣営がずっと待ち望んでいたものでした

これこそが、1つ目の目的を理想的に達成する鍵でした

つまり、トランプ大統領は、一時的な名誉をバイデンに与える代わりに、

自分は確実にバイデンを追い詰め、最後には手も足も出ない完全な戦略的優位性を作り上げたわけです

国家反逆者になってしまっては大統領認定という名声はガラクタにすぎません

一方、トランプ大統領はクーデター鎮圧、国家反逆者処分という大義を得たのです

もちろん、マスコミなども制裁されます

ところで、このトランプ陣営のやり方って、あの鬼畜でクレイジーな鬼才「司馬懿」そのものではありませんか?(笑)

だから、私は二人がそっくりで、同じ景色を見ているに違いないと断言したわけです

おおお!! 全てが繋がりましたね!!

しかもですよ、そこそこ才能があった諸葛亮に比べて

馬鹿なCCPが背後にいる超馬鹿なバイデンなんてヒヒの糞です

最初から勝負になっていないんですよ(笑)

つまり、今回の戦いは、

「現代版司馬懿 VS ヒヒの糞」

という構図にすぎないのです(笑)

分かりますか、この皮肉ww

今、メディアやひろゆき、KAZUYAといった馬鹿どもは狂った

ように喜んでいますが、まさに失笑者の馬鹿です。
アホです。ヒヒ以下です。

おそらく、本人達は自分が賢いと思っているのでしょう

しかし、世の中、上には上がいて、さらに上がいるものです

つまり、ヒヒ程度の知性しかない彼らにはこういった景色も、トランプさんの脳内も理解できないのです

長文、お疲れ様でした

以上のことと、現在の私の固定ツイートを読めば
まず9割方は安心できるはずです汗

戦は最後に勝ったものこそが勝者であり、その道のりはあまり意味がありません

ゆえに、私は偽りの勝利に喜ぶ愚かなヒヒの群れをみて爆笑している次第です

結局、勝者は我々なのです

必死に書いてたので気づかなかったけど、長すぎてヤバイwwwww

完全に、頭おかしいなこの著者は

 

3■なぜ、日本人が嫌われ、妨害されたのか?
午前8:23 · 2020年12月29日

日本が狙われる理由

そもそも、なぜ、日本人がDS配下のアメリカや欧州に嫌われ、徹底的に妨害されたのか?

よく分からない人も多いと思いますので、この機会にまとめておきます

もちろん、日本人が西洋人に比べて圧倒的に優秀であり、精神的にもはるかに上位であるという事実もひとつの要因ですが、一番の理由は・・・・

一番の理由は金融資本にあります

まず、日本の状況を説明すると
日本人は異次元の生産性があることは有名ですが、
にもかかわらず
日本人は質素で美しい文化が根底にあるため、
西洋の洗脳工作にもかかわらず中々消費活動が拡大しませんでした

つまり、生産力は化け物なのに消費は全くしないのですw

その結果、日本は輸出で馬鹿儲けしているにも関わらず、
輸入はほとんどしないので、あらゆる国に対して黒字貿易を重ねていきました

特に、欧州、米国のダメージは深刻で自分たちの金融資本がどんどん日本に吸収されるという悪夢のような展開になったわけですw

結局、全てを日本人に吸収される恐怖

こうした経済モンスターである日本を封じこめるためにDSはあらゆる妨害工作を実施するようになったのです

しかし、日本人とは規格外の化け物であり
逆境に置かれるほど逆に生産性が上がってしまうのですw

ゆえに、現在も欧州や米国が必死で稼いだ金融資本が結局は日本に吸収されてしまうわけですw

こうした経済モンスターである日本を封じこめるためにDSはあらゆる妨害工作を実施するようになったのです

しかし、日本人とは規格外の化け物であり
逆境に置かれるほど逆に生産性が上がってしまうのですw

ゆえに、現在も欧州や米国が必死で稼いだ金融資本が結局は日本に吸収されてしまうわけですw

なぜ、円という通貨が世界で最も安定した通貨なのか?

もう、これでお分かりになりましたよね?

つまり、世界の金融資本の集結地点が日本だからこそ、
円という通貨は最も安定しているのです

武装していないにも関わらず、世界各国が日本を攻撃できない理由もここにあります

資源もなく、諸外国から徹底的な妨害を受けているにも関わらず、余裕で経済大国3位になっている日本人の恐ろしさが何となく分かってきたのではないでしょうか?

私が日本人を化け物と断言する理由は他にもありますが、
この経済面における圧倒的な優位性も理由の1つです

そして、この点こそが、

DSが最も恐れ嫌った部分でもあります

だからDSは日本という国を徹底的にいじめたのです

メディア・教育機関を使った徹底した洗脳工作による自虐史観により、多くの日本人は潜在能力の20%も発揮できていません

しかし、それでも世界3位の経済大国になってしまうのです

なんと、恐ろしい

今後、DSは完全崩壊しそういった洗脳工作も幕を閉じます

そうすれば、潜在能力のストッパーも完全に解除されますので、日本人に太刀打ちできる民族は世界に存在しないでしょう

これこそが本当の歴史であり日本人の真実なのです

日本人であるということの偉大さを我々はもっと痛感すべきだと思います

ちなみに、DSとはディープステートの略称です(●'◡'●)

 

4■桃太郎の鬼退治に関する面白い話
午前0:44 · 2020年12月31日

桃太郎と鬼退治

桃太郎の鬼退治に関する面白い話をいたします

昔の賢明な人達はこういった昔ばなしに重要なメッセージを暗号として残し、敵にバレないようにしてきました

この話に出てくる鬼は爬虫類のような目に、うろこ、
人間以上の腕力、色は緑、赤、人に擬態した鬼などが該当します

鬼の特徴は大酒のみで、邪悪、力をつけるために人間を食べ、特に、こどもと若い女性を好んだという

鬼の拉致事件に困った人々は、陰陽師であり、武士であった桃太郎に鬼退治を依頼します

桃太郎の仲間は、犬、猿、きじであり、場合によっては、犬がキツネであったという説もあります

さて、

この仲間達ですが全て爬虫類の天敵であることに注目してください

また犬の代わりであった可能性のあるキツネは昔から神聖な力があるとされ、邪悪な人食い鬼が嫌ったともいわれています(お稲荷様が有名)

神社には、決まって、きつねや犬の石像がありますが
この起源に面白い説があるので紹介します

平安時代中・後期、子供や若い女性が鬼にさらわれ、
食われるという事件が続出しました

その鬼を退治するための組織が陰陽師であり、
陰陽師たちは人間の脳のフィルターを解除し、
式神を使役し、鬼と戦わせたといいます

その式神で、もっとも頻繁に使われたものが、
キツネ、犬、猿、キジだそうです

また、沖縄の方面では「シーサー」と言われる式神が鬼と戦いました

よって、人食い鬼は未だに「キツネ、犬、猿、キジ、シーサー」などを恐れるので、神社にはかつての式神を石像にしたというので

実に、興味深い説ですね

さて、もどりますか

実は、桃太郎は他の人間の協力もえていたとされ、
その中には、安倍晴明という天才陰陽師も存在しました

晴明は桃太郎に式神の使い方を教え、桃太郎は犬、さる、キジを使役しました

つまり、桃太郎という名前は偽名だとは思いますが、安倍晴明は実在した人物であり、
この話はフィクションですが、現実世界で起きた重要な情報を含んでいる可能性もあるです

つまり、結論を言ってしまえば、現在の人類と同じように、過去の人類は鬼「爬虫類」と壮絶な戦いを繰り広げ、しかも、当時も子供の失踪や、異臭事件が発生していたのです

もちろん、笑い話半分でOKです

しかし

桃からうまれた桃太郎の「桃」の意味は知っていますか?

古来より、桃は邪気を払い、鬼が嫌うと言われ、
実際に、陰陽師達は「桃」を重要な意味を持つものとして扱ってきました。これは現実の話です。

つまり、桃太郎とは、陰陽師のことを暗示し、
生々しいほどリアルに描写されている鬼も・・・

生々しいほどリアルに描写されている鬼も現実にいた何かを暗示あるいは、そのまま示していると考えることもできるではないでしょうか?

なぜ、桃太郎がここまで日本人の意識に刻まれているのでしょうか?

他にも楽しい話がたくさんあるのに?

なぜ、日本人は鬼(爬虫類)を恐れてきたのでしょうか?

きめつの刃の大ヒットは偶然だと思っていますか?

人食い、鬼、鬼退治、昔の日本、陰陽師式神
神社の犬やきつねの石像、赤いくつの童話、
桃太郎の伝承・・・・

昔の私ならばこんな話、爆笑して馬鹿にしていたでしょう。

しかし、残念ながら、今はもう笑えません

できるならば中二病だと笑い飛ばしたいです

こんなSFみたいな話、誰が信じますか!?

ですが、私はダークWEBであれを見てしまった

あれは、明らかに、人間ではなかった・・・

それ以来、私の常識は破壊され、
これまでの考え方を支持することはできません

もちろんこの話はフィクションとしてお楽しみください

こんな話、馬鹿げてますよね、ええ、分かっています

最近までは、私だって同じ思いでしたから・・・

ただ、仕事の時間を削ってまで、私が嘘をつくメリットも、意味もないことは知っておいてください

全く、知らぬが仏とはよく言ったものです

おっと、ついでなのでおまけです

式神という話で「またまた~」と笑ったそこのあなた

気持ち、痛いほど分かります。

が、さまざまなことを調べると笑えなくなるんですよ

とはいえ、これからの話はフィクションとしてきいてください

日本人には世界の人々が持っていない遺伝子が存在することが分かっています

その遺伝子は平和を好み虫や自然の音を美しいとかんじられるもので、世界でも日本人しか持っていません

で、この遺伝子の効果はそれだけではないのです

今の日本人は洗脳により遺伝子が眠っていますが、
昔の陰陽師などは

昔(というか今も)の陰陽師はその遺伝子を開放することに成功しており、すると、浮かんだり、テレパシーできたり、意識を具現化し、式神ような量子的な物体を作れたのです

これは、神の遺伝子とも呼ばれており、DSがもっとも恐れたものです

なぜ、原爆や東京大空襲、3・11や反日工作が・・

原爆や東京大空襲、3・11人工地震反日工作が実行されたか分かりますか?

それは、この神の遺伝子を受け継ぐ日本人こそがDS(爬虫類)の天敵だからです

キリスト、モーゼの墓が日本にあるのを知っていますか?

死んだキリストの「失われたアーク」とは、なんだかわかりますか?

キリスト墓の失われたアークとは、日本各地の祭りでいわれる「神輿」です

日本が重要な土地としっていたキリストは失われたアークに入って、日本の東北に逃げていたのです

なぜ、東北なのか?

それは、神の遺伝子を受け継ぐ日本人の直系の子孫が東北に最も多く存在するからです

ところで、

3・11地震はどこで起きましたか?

そう、東北です

DSはあの地震で神の遺伝子を受け継ぐ直系の子孫が最も多い東北を津波で消してしまおうとしたのです

しかし、なぜか、津波は予想以上に広がらず、
DSは人工地震の存在をばらしてしまいました

あの規模の地震だと、東北そのものが消えていたはず

しかし、なぜか、バリアにはじかれたかのように地震は岩手と宮城県より先には届きませんでした

いいですか、あの規模なら東北は沈んでいたんです

しかし、途中から津波は何かに妨害されたんです

これ、科学的な理論だけでは説明がつかない話です

全く、いったいどうなっているのだ

話がそれてしまいましたが、今の我々が与えられている常識や科学的な情報は完全にフェイクです

昔の人間が迷信的と馬鹿にするのは簡単です

しかし、我々がそう考え思考停止することで得をするのは誰でしょうか

現代社会の違和感や生きずらさはどこからきているのでしょうか

ぜひ考えてみてください

ちなみに、人間の潜在意識には過去の先祖の膨大な記憶も残っています

よって、我々の発想の多くは先祖の記憶が深く影響しているといわれます

なぜ、日本が漫画大国化かわかりますか?

なぜ、次々に面白い敵や、能力などがポンポン出てくるのですか?

ジョジョのスタンド、ハンターハンターの念能力、
きめつの刃、ドラゴンボール進撃の巨人
約束のネバーランド、東京グール・・・

全て過去の先祖の記憶の影響なのかもしれません

神の遺伝子をもち、化け物どもと戦ってきた日本人だからこその記憶が原因かもしれません

追加

そういえば、なぜ、トランプさんはDS連中を沼のワニ(爬虫類)というのでしょうか?

普通、沼に主などと言いませんか?

なぜ、わざわざ、爬虫類なのでしょう・・・

 

5■「マイケルジャクソン」について語ろうか
午前10:17 · 2021年1月10日

Michael Jackson

さて、多くの人々が覚醒してきたところで
あの偉大な人物「マイケルジャクソン」について語ろうか

しかし、表の情報との乖離が激しいゆえフィクションとしてお楽しみいただきたい

2020年7月18日、愛国者にして人気俳優だった三浦春馬さんが死亡した 死因は「自殺」だ

マスコミや芸能人達は彼の自殺をこぞって取り上げ、嘘の苦労話や優しかった母親を悪人に仕立て上げ、徹底的に自殺を既成事実化した

この光景をテレビで見ていた私は握っていたペンをへし折り、やり場のない憎悪に襲われた

彼は自殺ではない、そう私は直感した

同時に、この光景を見た私は、あの偉大な英雄、マイケル・ジャクソン

を思い出した 彼が死んだ2009年6月25日も、私は全く同じ憎悪にかられていたからだ

彼も「自殺」とされ、借金だの、薬だの、家族との不和だの、小児性愛だのと言われては、自殺が既成事実化された

春馬さんの時もそうだが、こんな蛮行が許されるか?!

これは、死者をレ〇プしているようなものだ!

私はマスコミや芸能人を誰よりも軽蔑している

彼らは人間ではない、死者にすら集る獣だ!

そもそも、マイケルほどメディアに虐められたスターはいない

何十年間も嘘話や嘘ゴシップをかかれ、嘘の小児性愛裁判まで起こされた 何をしても批判された!

終いには、殺され、自殺として片付けられた!

なぜ、ここまで彼は迫害されたのか?

今の皆様ならば分かるはずだ

それは、彼があのDS・カバールどもの敵だったからだ!

DSの誘いに乗らなかった若いころのマイケルは、一時期不自然に干された

しかし、彼の圧倒的な才能を世界が放っておくわけがない

結局、彼は、大スターへと返り咲いたのだ

しかしDSはこれが面白くはなかった だから、そこからマイケルへの迫害が始まった

DSの誘いをうけたことのあるマイケルは、この世には人間ではない存在がいて、子供達を誘拐し、レ〇プし、アドレノクロムという薬を作り、食べていることを知った

子供が好きだったマイケルはそのことを大いに悲しんだ

さらにDSに拉致される多くの子供は親がいなかったり家出している場合が多いことも知った

だから、彼は「ネバーランド」を作った

親からの愛をもらえず、苦しんでいる子供達を無償で引き取り、彼なりに精一杯愛し、かつ子供がDSの餌食になるのを防ごうとした

子供時代を幸せに過ごせるようにと願って

しかし、マイケルとDSの対立は彼がある計画を知ったことで一気に激化した

その計画の名は「NWO」 

そう、新世界秩序だ

当時のNWO計画では2012年までに人類の人口削減やマイクロチップ管理、世界の共産主義化を終える予定だった

さもなくば、宇宙から来るある使者組織によって、DSが壊滅される

恐れがあったからだ  しかし、この計画を知ったマイケルは一部の組織と協力し、必死に抵抗した

彼の晩年のライブでは必ず意味深なメッセージが出てくる

2008年のメッセージを要約するとこうなる

私達人類には敵がいる!時間はあと4年しかないない!
私達は眠りから目覚めなければいけない!

当時のファンは、これは心の中の悪魔のことだとでも解釈したのだろう

しかし、考古学の禁書や古の資料を読み漁っていた私は、彼のメッセージの真意を知っていた

そして、彼が巨大な悪魔と戦っていることも

しかし、同時に、彼の身を心から心配した

あまりに劣勢ゆえ、消されるのではと思ったからだ

そして、嫌な予感は的中した

2009年6月25日彼が事故死したと報道されたのだ

大量の麻酔を投与したことによる事故死だと

普段から薬漬けだったから自殺のようなものだと

一説では、彼がDSから逃れるために死を偽装したとも言われるが、社会的に殺されたことは間違いない

ちなみに、彼が人生最後のライブを終える時、ある「機密情報」を公開する予定だった
人類の敵に対するある情報だ

しかし、不運にもその情報がDSの鬼どもにバレてしまった

ゆえに、彼は最後のライブをする前に消されてしまったのだ

偉大なる英雄がまたしてもDSの鬼どもに殺されたのだ!

さらに、DSどもは彼の名誉をも汚した。
昔の小児性愛疑惑を復活させ、徹底的に民衆を洗脳したのだ

皆様ならば、マスコミや左翼、似非保守は自分達の欠点を逆に、嘘で相手に擦り付けてくることを御存知だろう

嘘つきのくせに、相手を嘘つきといい

キチ〇イのくせに、相手をキチ〇イといい

カルトのくせに、相手をカルトといい

馬鹿なくせに、相手を馬鹿といい

犯罪者のくせに、相手を犯罪者という

なぁ、ひろゆき、KAZUYA? このヒヒの糞め!

そして、この法則に倣って、小児性愛者だったDSはマイケルにその穢れた罪を擦り付けたのだ!

無償で多くの子供を救った優しい彼をだ!! 

信じられん!!!私は信じられんよ!!!

しかし、ある使者組織の妨害もありDSのNWO計画は見事に失敗した 

やりすぎの関は2013年で世界が終る!と言っていたが、あれはDSの操り人形だった関がNWO計画が2012年に終わる予定だったことを聞いていたからだ

だが、残念ながら予想は大外れした

むろん、引き返せない[ピエロ]はその後もNWOを崇拝し、
2020年まで邪悪な道化師であり続けた

しかし、2019年にはDS中枢は使者組織に抹殺され、親分を失った哀れな[ピエロ]は狼狽し、途方にくれたわけだw

そして、これはCCP、芸能人、左翼工作員、似非保守論者といった元DSの子分達も同じだ

彼らは過去の悪事が暴露されることを誰よりも恐れている

ゆえに

何が何でもバイデンを応援するわけだ

ふはは! 叶わぬ夢を見るヒヒどもめ

さて、話は戻るが、2012年にNWO計画が失敗した要因は無数にあるが、その中でも、マイケルが果たした役割は計り知れない

命懸けでDSの注意を引き、戦力を分散させた彼の遊軍戦略は、間違いなく人類を救ったのだ!

今までに、これほど人類のために戦った芸能人がいただろうか?

多くの芸能人は、DSの詐欺に加担し、国民を眠らせ、
子供をおかし、アドレノクロムを楽しみ、こどもを食ってきた

しかし、マイケルは死ぬその瞬間まで、痛み止めや抗うつ剤でボロボロになるまで、子供たちのために戦ったのだ!

もちろん、これは、あくまでも私が真実だと思っている話であり、メディアが公開した情報とは全く違う

ゆえに、全く信じなくてもかまわない

しかし、私はあらゆる嘘つきどもがなんと言おうと
マイケル・ジャクソンは偉大な英雄だったと信じている

偉大なる彼は、音楽だけでなく、人類のスターだった

 

 

6■安部さんについて私の意見(増強版)
午後6:53 · 2021年1月23日

安倍首相とトランプ大統領

 

要望が非常に多かったので安倍さんについて私の意見を過去の内容を増強して紹介させていただきます

まず、前提として私は安倍さんに何の思い入れもありません

日本の味方ならば支持し、敵ならば斬ります

また、彼は人気者すぎて膨大な数の情報が飛び交い、全く確認しようがない情報も多いです

ゆえに、今回はそういった確認できない情報ではなく、
公開情報と類推のみで彼を判断していきます

的中率が圧倒的に高いからです

また、私は人を判断する場合、性格や過去だけで全てを判断しません

それよりも現在の状況と当人の思考過程を読み、評価していきます

つまり、過去には縛られません

また、考察の前に基本事項を確認しておきます

政治家が本当に国家を愛しているかどうかを見極めるには、内政ではなく、外交と軍事面に注目するのが手っ取り早いです

なぜならば、国の存亡は外交と軍事面に左右されるからです

ゆえに、本当の愛国者は外交と軍事面だけは絶対に大切にし、尽力します

では、「外交の安倍」と呼ばれている彼の外交面を見てみましょう

結論から言えば、外交は歴代の首相の中でも異次元的に成功しています

DS・CCPの工作員だらけの状況で、彼は上手く敵を騙しつつつ、今CCPを追い詰めている「セキュリティダイヤモンド構想」を見事に完成させました これは、日本、オーストラリア、インド、アメリカ合衆国が軍事同盟を結ぶことでCCPを強烈に抑止する戦略であり、実際、現在のCCPはこの罠にはまり、大苦戦しています

セキュリティ ダイヤモンド構想

さらに、私の読みでは、この戦略には進化形があります

それは、現在、形を帯びつつある「対中国包囲網」です

ダイヤモンド構想に、欧州、ロシア、イギリス(Five Eyes)などが参加することで完成するこの包囲網は、安倍さんの作ったダイヤモンド構想の土台がなければ絶対に成立しませんでした

対中国包囲網

言い換えれば、現在のCCPの大苦戦は「外交の安倍」によって引き起こされた悪夢なのです

つまり、外交面においては安倍さんは満点に近いです

では軍事面

以下、自衛隊トップの統合幕僚長を務めた河野氏の発言

それまでは官邸で制服の自衛官を見るのはまれでしたが、安倍政権からはそんなことはなくなった

安倍総理自衛隊の行動や考えをきちんと頭に入れて意思決定された

それこそが健全な民主主義国家での政軍関係であり、
安倍総理は本来あるべき

真のシビリアンコントロールを実践された戦後初の総理ではないかと思います

軍事面のプロであり、自衛隊のトップがこのような評価を下しているのです

もはや、我々が評価する必要はないと思います

つまり、軍事面でも彼は愛国者だったと言えます

さて、これらの事実をふまえて彼を評価していきます

大きく分ければ「明線・暗線」の2のシナリオが類推されます

簡単なのは、暗線で、安部さんが悪側であり、今後の日本に全く貢献しない線

より複雑なのが、明線で、いずれかの事情はあったとしても、安倍さんが善側(トランプ側)に回り、日本の役に立ちうる線

さて、あとは現在の状況から類推します

結論から言うと、私は明線の可能性が非常に高いと思います

以下、理由です

0、外交・軍事面の実績

1、暗線であるならばマスコミや二階派などが安倍潰しをする必要がない

2、善側にに致命的な弱みを握られている場合、彼は善側として働くしかない

3、今後の日本復活には清濁併せのむ首相が必要

4、安倍叩きが始まったのが大統領選挙などでトランプ陣営が優勢になったタイミングと完全に一致していた

つまり、バイデン優勢時は安倍潰しをしなくてよかった

ということは、安倍さんは善側のカードである可能性が非常に高い

5、日本政治家の腐敗が酷すぎて実質的に善側は他のカードがない

さて、以上のような思考過程を経ると形はどうあれ、
安倍さんは善側である、あるいは、善側で働くしかない状況にある可能性が非常に高いことが分かります

政治と複雑であり、過去の行いや性格だけでは割り切れません

状況が変わったり、弱みを握られれば悪人ですら、
善側で働く場合も多々あるのです

また、そもそも、なぜ、あの時期に安倍さんが辞職したのかも考えなければなりません

善側が裁くならば、もっと前でも、後でもよかったのに、なぜ大統領選前に辞職した、あるいは、させられたのか?

大統領選中は米側の監視力が弱まり日本の親中政治が暴走しやすくなるのに?

実際、暴走してますよね?

その答えはおそらく「暴走」というキーワードにあります

管・二階の暴走は明白であるにも関わらず、トランプ側は沈黙を貫いています

言い換えれば、管・二階の暴走はトランプ側は問題にしていない、もしくは、予定通りなのです

そこで、鍵となってくるのが安倍さんの辞職のタイミングです

もしも、安倍さんが善側ではないのであれば、
善側は大統領選後に潰せばよい話です 

その方が無難です

にもかかわらず、あの時期に安倍さんを辞職させ、腐敗議員の暴走を助長したのは、

それこそがトランプの狙いであり、
安倍さんが善側のカードである証拠だと言っても過言ではありません

つまり

トランプはアメリカの民衆に大覚醒を仕掛け、かつ沼のワニを一網打尽にする戦略を実行しましたが

それの派生的な形として日本国民にも揺さぶりをかけていると読むのが無難な線でしょう

だから、悪側は焦り、日本のツイッターやYTに規制をかけ、安倍さんを潰し、必死で大覚醒を妨害しているわけです

今後、アメリアはDS支配から自由になりますが、アメリカだけでは四面楚歌になってしまいDS残党やCCPといった勢力に勝てません

だからこそ、トランプ陣営は自国と同じくらい世界の国々、特に最重要同盟国かつ世界最強の民族の住む日本を味方にしなければならないのです

最近のトランプさん達が徐々に日本人にコンタクトをとるようになったのは、おそらく、そういった背景があるからでしょう

ならば、善側は日本の大覚醒を主導する人材を確保しないわけがありません

そして、その人材こそがDS・CCPの敵であり、マスコミや左翼カルトが徹底的に叩く対象なのではないでしょうか・・・?

長文、お疲れ様でした

以上が私の安倍さんに対する見解です(●'◡'●)

私としては過去はともかく、安倍さんが善側で働かざるをえない中、二階や在日工作員を一掃してくれることを願ってやみません

また、暗線側だったとしたら他の雑魚同様裁かれるだけゆえ、我々が悩む必要もないと思います

おっと、おまけです

辞任した最後の安部さんの表情をご覧ください

安倍元首相


悔しさ、不安、恐怖とは無縁の爽やかな笑顔をしていますね

さて、この朗らかな表情は何が要因なのでしょうか?

彼の瞳には、未来の日本のある景色が映っているのではないでしょうか?

全ては壮大な演目の一部に過ぎないのです

 


7■ピカピカした光を見たことがありますか?
午後8:37 · 2021年1月10日

ピカピカした光

意味深な発言をします

2018年以降であなたの住んでいる地域で
雷にしては一瞬で、音もないピカピカした光を見たことがありますか? それは、鬼退治の証です

誰がやったのかはまだ言えませんが、ファジーに言えば、比較的上位なる守護者達が使用した兵器です

2012年には彼等は来ていたんです

もちろん、彼らは今回のバチカンやフランスの停電などにも関係していますし、今回の選挙にも関与しています

また、地下の子供達を救出するために危険な戦闘をしてくれたのも彼らです 

彼らが間に合っていなければ人類はNWO計画によって今頃人口は数億程度になり完全なる家畜になっていたでしょう

私は何度も言っていますよね?

視野の次元を広げないと、今起きている戦の意味が分からないと

この戦争は我々が思っている以上に崇高で壮大な交響曲であると・・・・

ねっ!♪ ハリスッ!!!

 

 

8■巨人たちは目を覚ましている
午後0:27 · 2021年1月6日

巨人が目を覚ます

 

DSの詐欺の上手い所はテレビや映画を利用し言論空間と芸能空間の境界線を曖昧にしたことだ

例えば、番組で盛り上がっていたところで途中から詐欺ニュースがながれ、番組に参加していたアナウンサーが嘘を読み上げる

そして、楽しい雰囲気を味わっている国民は悪魔の手先のニュースを素直に受け入れる

さらには、番組に出る有名人、芸能人、お笑い芸人も皆DSの傀儡であり、詐欺に加担する。反抗すれば消される

また、DSは有名な音楽家・作家・学者・俳優・タレントなども作り出し、左翼的な発言をさせ、詐欺行為の手伝いをさせる

また、多くの人は権威に弱く、すぐに彼らを信じてしまう

私は異常者ゆえ偽物を見ればすぐに分かってしまう

そして現在の世界の有名人の99%は偽物でありガラクタだ 中身のない人形である

しかし、それは当たり前でDSは言うことを聞く傀儡以外は消すのだ

ゆえに中身がない卑しい人間ほど出世する

逆に、こういったことを見抜く天才達は迫害されてきた

おそらく、私のツイートを食い入るように見ているあなたは、間違いなく後者である

もしかすると、あなたは謙遜して自分は天才ではないなどと思うかもしれないが、私は自信を持って言える

あなたは偽物のノーベル賞学者なぞよりも天才だ

なぜならば、実際に世界の全容を見透かしているではないか。

しかし、DS支配があまりに強かったこれまでの世界では、無意識的に、天才達は声を潜め、自信を失い、絶望するしかなかった

こうして世界はますます悪くなり、地獄ができあがったわけだ

中国古典の「易経」では、世の中が悪に支配されている時、賢者は隠れ、世界はますます悪くなると予言している

しかし、一方で、易経には希望ある記述もある。

世界が好転する時、眠っていた、あるいは隠れていた賢者達が立ち上がり、声をあげると。

そう、まさに、今、我々が見ている世界そのものだ

アメリカや日本だけではない、世界中で賢者達が立ち上がり、正義のため、世のために戦い始めているのだ

もちろん、あなた自身もその賢者の一人であるという自覚を持っていただきたい

何も知らない愚者達は、あなたを揶揄し、冷めた表情で接してくるだろう

その愚者達の未来のために声をあげているあなたをだ

しかし、ここで自信を失ってはいけない

それこそが、DSの狙いであり、洗脳工作の意図なのだ

古の欧州ではある巨人の物語が紹介されている

その巨人は自分をいなごよりも惨めなものと思った時
いなごよりも小さくなった

しかし、巨人が自分を偉大な巨人だと知った時、
彼は泰山よりも巨大になり、もはや彼を止められるものは世界に存在しなくなった

つまり、巨人の考え方こそが全てだったのだ

私はこの物語をはじめて読んだ時、知らず知らずのうちに号泣していた 声をあげて泣いていた

この物語は私自身、そして何よりも日本人の物語だと直感したからだ

DSの罠にはめられた我々は本来の姿を忘れ、誇りを失い、生きる目的を失った

しかし、それでもまだ消えていない何かがあるはずだ

私の目には、様々なフィールドで自分なりに必死に声をあげている日本人の皆様の姿が鮮明に映っています

その姿はいかなる絵画よりも美しく、あらゆる芸能人よりも輝いています 

どんな映画よりも壮大で、迫力に満ちています

私は確信しました

巨人たちは目を覚ましていると。

日本は大丈夫だと。