鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

アニメーション制作会社のまとめ。

 

 

こちらの続きになります。

 

◎【アニメーション制作会社の數とそれらの会社と関わって

       きたところのまとめ表】◎
1・MAPPA(マッパ)
2・ウィットスタジオ(WIT STUDIO)
3・プロダクション・アイジー(Production I.G, Inc.)
4・マッドハウス
5・デイヴィッドプロダクション(david production)
6・サンライズ
7・東映アニメーション(旧社名:日本動画株式会社)
8・ユーフォーテーブル(ufotable)
9・トムス・エンタテインメント
10・ボンズ
11・ガイナックス(GAINAX)
12・カラー
13・A-1 Pictures(エー・ワン・ピクチャーズ)
14・シャフト
15・ピーエーワークス(P.A.WORKS)
16・京都アニメーション
17・シンエイ動画
18・虫プロダクション
19・手塚プロダクション
20・スタジオジブリ
21・ぴえろ
22・タツノコプロ
23・エイケン
24・日本アニメーション
25・オー・エル・エム(OLM)※ポケモンを制作しているところ。
26・コミックス・ウェーブ・フィルム
27・プラチナビジョン
28・Clover Works(クローバーワークス)
29・スタジオコロリド
30・ツインエンジン
31・アートランド
32・東京ムービー(トムスエンタテインメントの前身)
33・ヤオヨロズ
34・ジェノスタジオ
35・ライデンフィルム
36・サンジゲン
37・ウルトラスーパーピクチャーズ
38・神風動画
39・アニプレックス(ソニーミュージックエンタテインメントの子会社で株主はソニー          [SONY]株式会社/ソニーグループ株式会社。)

 

 

40・アニメイト

41・ジェー・シー・スタッフ(J.C.STAFF)
42・グラフィニカ
43・ゆめ太カンパニー
44・キュー・テック
45・メモリーテック
46・ぎゃろっぷ
47・WHITE FOX(ホワイトフォックス)
48・サテライト
49・ブレインズ・ベース
50・朱夏
51・スタジオディーン
52・スタジオぬえ
53・葦プロダクション
54・スタジオバインド
55・亜細亜堂
56・アスリード
57・ジーベック
58・SUNRISE BEYOND(サンライズビヨンド)
59・グループ・タック


60・ディオメディア
61・アクタス
62・トリガー (アニメ制作会社)
63・Yostar Pictures(ヨースターピクチャーズ)
64・エイトビット
65・スタジオ雲雀
66・Lay-duceレイ・デュース)
67・レヴォルト
68・TROYCA(トロイカ)
69・アニメインターナショナルカンパニー(AIC)
70・ゼロジー
71・ミルパンセ
72・ミルキーカートゥーン
73・マングローブ (アニメ制作会社)
74・MAHO FILM(魔法フィルム)
75・ポイントピクチャーズ
76・プロダクションアイムズ
77・project No.9(プロジェクト ナンバーナイン)
78・プリマステア
79・ブリッジ (アニメ制作会社)
80・フッズエンタテインメント

 

81・ゼクシズ
82・フィール (アニメ制作会社)
83・ゴンゾ
84・ADKホールディングス
85・ABCアニメーション
86・ファンワークス
87・ピー・プロダクション
88・ピクチャーマジック
89・ビィートレイン
90・ハルフィルムメーカー
91・ジュニオ ブレイン トラスト(旧商号は有限会社スタジオジュニオ)
92・パッショーネ (アニメ制作会社)
93・スタジオ・ファンタジア
94・バイブリーアニメーションスタジオ
95・バンダイナムコピクチャーズ
96・ノーマッド
97・ICHI〈イチ〉 (企業)≪旧社名:株式会社KnacK[ナック]≫
98・旭プロダクション
99・EMTスクエアード
100・イマジン (アニメ制作会社)


101・エイ・ワン・シー
102・ゑにっく
103・Ezo'la(エゾラ)
104・エム・エス・シー(アニメ制作会社)
105・サイエンスSARU
106・シグナル・エムディ
107・IGポート
108・エンカレッジフィルムズ
109・ENGI(エンギ)<株式会社ENGI(エンギ)>
110・Ordet(オース)
111・オープロダクション
112・オレンジ (アニメ制作会社) <有限会社オレンジ>
113・ティアスタジオ(株式会社ネクストバッターズサークル)
114・ティー・エヌ・ケー[株式会社TNK]
115・フィフスアベニュー
116・ディー・エル・イ(株式会社ディー・エル・イーDLE)
117・動画工房
118・童夢 (アニメ制作会社)
119・トマソン (アニメ制作会社)
120・キネマシトラス

 

121・ギャザリング (アニメ制作会社)
122・ギャザリングホールディングス(ギャザリングの親会社)
123・クリエイターズインパック
124・GEMBA(ゲンバ)
125・アームス(有限会社アームス→株式会社コモンセンス)
126・スタジオ サインポスト
127・GoHands(ゴーハンズ)
128・スタジオ・リッカ(スタジオ六花)
129・C-Station(シーステイション)
130・C2C <シートゥーシー>(株式会社C2C[シートゥーシー])
131・Triple A〘トリプルエイ〙
132・Synergy SP(シナジーエスピー)
133・SILVER LINK.(シルバーリンク)
134・フロントライン (アニメ制作会社)
135・白組(株式会社白組)
136・studio A-CAT(スタジオ エーキャット)
137・スタジオKAI(スタジオカイ)
138・Studio五組(スタジオごくみ)
139・スタジオコメット
140・3Hz(サンヘルツ)

 

141・株式会社イマ・グループ(アニメーション制作会社 スタジオディーンの株主)
142・ベガエンタテイメント
143・スタジオぷYUKAI(すたじおぷユカイ)
144・株式会社メディクリエ
145・スタジオ・ライブ
146・アニメーション スタジオ・セブン
147・Seven Arcs(セブン・アークス)
148・TBS(株式会社東京放送)ホールディングス
149・スタジオパストラル

 

【書いてなかったが他にもこれらのアニメ会社と関係がある会社】
1・ソニー[SONY]ミュージックエンタテインメント
2・ソニー[SONY]株式会社/ソニーグループ株式会社(旧社名:東京通信工業株式会社)
3・NHK(日本放送協会)総合テレビジョン
4・日本放送協会<NHK>
5・東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)
6・エフエム東京
7・中日新聞社
8・バンダイナムコアーツ
9・IMAGICA GROUP(イマジカグループ) ≪ポケモンを制作しているアニメーション制作会社であるOLM<オリエンタル・ライト&マジック>〘※OLMという3文字はオリエンタル・ライト&マジック(Oriental Light & Magic Inc.)の英語における頭文字をとった略称。〙の株主≫


10・ベインキャピタル
11・朝日放送グループホールディングス
12・テレビ朝日ホールディングス
13・株式会社テレビ朝日
14・朝日新聞社
15・有限責任あずさ監査法人
16・KPMG

 


【アニメーション制作会社 第一章と第二章で書いた分をまとめる。

(日本やそことかかわりがあるところ等。】
1・アニメアール
2・スタジオ・ムー
3・albacrow(アルバクロウ)
4・エー・シー・ジーティー(ACGT)
5・ライフワーク (アニメ制作会社)
6・スタジオ・ゼロ
7・トライアングルスタッフ
8・ガイナ (アニメ制作会社)<スタジオガイナ>
9・木下グループ
10・カオスプロジェクト
11・土田プロダクション
12・放送動画制作
13・キネマシトラス
14・KADOKAWA(株式会社角川)
15・ブシロード
16・ブロッコリー (企業)
17・ハピネット
18・Aプロダクション(シンエイ動画/新鋭動画の前身)
19・AUDIO PLANNING U(オーディオ・プランニングユー)
20・HALF H・P STUDIO(ハーフエイチ・ピースタジオ)


21・エクラアニマル
22・アセンション (アニメーション制作会社)
23・株式会社エイティワンプロデュース(81プロデュース)
24・スタジオコクピット
25・スタジオジャイアン
26・スタジオシルバー
27・スタジオダブ
28・株式会社地図 (アニメーション制作会社)
29・スタジオドリアン
30・ナット (アニメ制作会社)
31・スタジオMIN(スタジオミン)
32・STUDIO 4℃(スタジオよんどしい)
33・スノードロップ (アニメ制作会社)
34・絵梦(えもん)〘絵夢/繪夢〙※支那(中国/シナ/チャイナ/シナーズ)のアニメーション製作会社だが日本法人が存在したので書かせてもらった。


35・テレコム・アニメーションフィルム
36・東映アニメーションフィリピン
37・中村プロダクション
38・ネオメディア
39・Nexus<ネクサス> (アニメ制作会社)
40・Boundary(バウンダリー) <アニメーション制作会社>

※株式会社Boundary(バウンダリー)は3DCGアニメーションをメインとした制作スタジオで株式会社アニプレックスのグループ会社です。


41・ゆめ太カンパニー(二代目)〘現:TYOアニメーションズ〙とハルフィルムメーカー
※一言でいうとTYOアニメーションズとは何か?ということを整理する爲にゆめ太カンパニーハルフィルムメーカーという二つのアニメーション制作会社の歴史を書き込むことで前に書いたときよりも理解しようという意気込みで筆記しました。
42・マカリア
43・アニマ&カンパニー
44・ランチBOX[ボックス] (アニメーション制作会社)

 

 

 

アニメーション制作会社と関連する会社/企業の記入。<第三章>
(アニメーション製作会社とそれに関連している会社以外の用語や企業が提供している動画配信提供商品名や他のアニメ用語もあり)


1・ネルケプランニング
2・Pink Pineapple(ピンクパイナップル)
3・アニメワン
4・楽天TV(Rakuten TV)
5・ぷろだくしょんバオバブ
6・国際映画社
7・プロダクション・アイ
8・TOHO animation(東宝アニメーション)
9・エイベックス・ピクチャーズ
10・エイベックス・グループ
11・エイベックス・エンタテインメント
12・トライネットエンタテインメント
13・UHF(ユーエッチエフ)アニメ
14・ジェンコ
15・GDH (企業)
16・ゴンゾグループ
17・ドワンゴ
18・スパイク・チュンソフト
19・コナミデジタルエンタテインメント
20・キングレコード
21・キング・アミューズメント・クリエイティブ本部
22・EVIL LINE RECORDS(イーブルラインレコード)
23・NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
24・NBCユニバーサル
25・コムキャスト
26・RONDO ROBE(ロンド・ローブ)
27・ウォルト・ディズニー・スタジオ
28・ウォルト・ディズニー・カンパニー
29・メディアファクトリー
30・フライングドッグ
31・住友不動産渋谷ファーストタワー(会社というよりは本拠地の詳細)
32・JVCケンウッドビクターエンタテインメント
33・JVCケンウッド
34・アニメフレンド
35・ビックウエスト
36・バップ
37・日本アドシステムズ
38・スーパー・ビジョン (企業)
39・日本テレビホールディングス
40・読売新聞グループ本社
41・コナミホールディングス
42・電通/持株会社電通グループ
43・電通ジャパニメーションスタジオ(Dentsu Japanimation Studio、) 【略称:DJS】

 

 

 

アニメーション制作会社と関連する会社/企業の記入。<第四章>
1・ワーナー ブラザース ジャパン
2・クールジャパン
3・海外需要開拓支援機構
4・トーキョーオタクモード
5・ニジゲンノモリ
6・パソナ
7・パソナグループ
8・株式会社IMAGICA Lab.(イマジカラボ)《旧社名:極東フィルム研究所(初代)→株式会社極東現像所(二代目)→株式会社東洋現像所(三回目)→株式会社IMAGICA[イマジカ](初代)→株式会社エフ・イー・エル(5回目)→株式会社IMAGICA Lab.(イマジカラボ)[六回目》
※株式会社IMAGICA[イマジカ]ウェストと株式会社IMAGICA[イマジカ]イメージワークスを吸収合併した上で商号を株式会社へ変更した。

 

9・GENCO(ジェンコ)
10・楽音舎
11・デジタルサーカス
12・アニメサウンドプロダクション
13・フィズサウンドクリエイション
14・神南スタジオ
15・トランス・アーツ
16・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
17・博報堂DYメディアパートナーズ
18・博報堂DYホールディングス
19・マーベラス (企業)
20・テンセント(支那)
21・ナスパーズ
22・ケイエスエス
23・アミューズ
24・ダイナミック企画
25・ダイナミックプロ
26・オムニバス・ジャパン
27・東北新社
28・マジックバス
29・小学館集英社プロダクション
30・草薙 (企業)
31・Cygames(サイゲームス
32・CygamesPictures(サイゲームスピクチャーズ)
33・サイバーエージェント
34・アニメイトフィルム
35・アニメイトラボ
36・アニメイトタイムズ
37・スタジオ・イースター
38・アスミック・エース
39・ジュピターテレコム
40・KDDI(ケイディーディーアイ)
41・STUDIO MAUSUスタジオマウス
42・マウスプロモーション
43・ガンジス (映像企画会社)
44・高橋プロダクション(T2studio)
45・東急エージェンシー
46・ポリゴン・ピクチュアズ
47・東京キッズ
48・キティ・フィルム
49・スタジオユニ
50・APU MEGURO STUDIO(エーピーユー・メグロ・スタジオ)
51・ドリームクリエイション
52・GREEN[グリーン] (企業)
53・ラディクスエースエンタテインメント
54・アトリエローク07
55・美峰
56・グッドスマイルカンパニー
57・EGG FIRM(エッグファーム)
58・株式会社インフィニット
59・小林プロダクション
60・オムニバス・ジャパン 三分坂スタジオ
61・アートミック
62・アンサー・スタジオ
63・スタジオじゃっく
64・スタジオCONNECT(コネクト)《株式会社シルバーリンク
65・アミューズメントメディア総合学院
66・代々木アニメーション学院
67・スタジオ九魔
68・スタジオ風雅
69・スタジオ サインポスト
70・ソニー・ピクチャーズ アニメーション
71・ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(米国)
72・ソニー・エンタテインメント
73・ソニー・ミュージックエンタテインメント(米国)
74・ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ
75・ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループ
76・コロンビア映画
77・トライスター・ピクチャーズ
78・アファーム・フィルムズ
79・ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
80・ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメント
81・ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン
82・ソニーATVミュージックパブリッシング
83・ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
84・ゴースト・コープ
85・スクリーン・ジェムズ
86・コロムビア・レコード
87・エピック・レコード
88・RCAレコード
89・アリスタ・レコード
90・ソニー・ミュージックダイレクト
91・アリオラジャパン
92・アニマックス
93・ミステリチャンネル
94・ファニメーション
95・AXN(エーエックスエヌ)[アメリカ]/AXN(エーエックスエヌ)ジャパン
96・キッズステーション
97・アニメシアターX
98・AT-X SHOP(エーティーエックス・ショップ)
99・ドコモ・アニメストア
100・ワーナーメディア
101・AT&T Inc.(エイ ティ アンド ティ)
102・ワーナー・ブラザース
103・アニメ専門チャンネル一覧
104・スカパーJSAT(スカパージェイサット)
105・スカパーJSATホールディングス
106・AbemaTV(アベマティーヴィー)
107・Amazon(アマゾン)プライム・ビデオ
108・dTV(ディーティービー) ※[NTTドコモ]
109・GYAO!(ギャオ)
110・ヤフー (企業)
111・Zホールディングス
112・Aホールディングス
113・ソフトバンク
114・ソフトバンクグループジャパン
115・ソフトバンクグループ
116・USEN(ユウセン)
117・U-NEXT(ユーネクスト)
118・DCコミックス
119・Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)
120・バンガード・グループ
121・Amazon.co.jp(アマゾンドットシーオードットジェイピー)
122・ヴィステックエンタテインメント
123・AXsiZ(アクシズ)
124・パルム (アニメ制作会社)
125・アニメフィルム
126・Softgarage(ソフトガレージ)
127・スタジオロン
128・トムス・フォト
129・ライトフット (アニメ制作会社)
130・ビック・スタジオ
131・ACCプロダクション
132・スタジオMAO(スタジオマオ)
133・銀画屋
134・スタジオポノック
135・IKIF+,Inc.(株式会社アイケイアイエフプラス) 旧社名:IKIF<アイケイアイエフ>
136・レスプリ
137・ドメリカ
138・瑞鷹 [ズイヨー] (アニメ製作会社)
139・株式会社サンクリエート
140・ 瑞鷹エンタープライズ株式会社
141・TCJ(ティー・シー・ジェー)
142・YAMATOWORKS(ヤマトワークス)
143・ウェッジリンク
144・ウェルツアニメーションスタジオ
145・モノガタリ(物語)株式会社
146・スタジオアド
147・エナジオ
148・ 株式会社GALAPAGOSガラパゴス)※スタジオガラパゴス

 

 

 ※これまで書いてきた數は全部で四百個。

 

 

 

アニメーション制作会社と関連する会社/企業の記入。<第四章> (後半) まとめ。

 

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之壹


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之參


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之肆


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之伍


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之陸


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之漆


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之捌

 

 

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之玖


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾壹


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾貳


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾參


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾肆


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾伍


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾陸


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾漆


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾捌


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之拾玖


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾壹


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾貳


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾參


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾肆


アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。]

(後半) 其之貳拾伍 【完】


 

 

 

 

《アニメーション制作会社の記入。 第四章 後半のまとめ。》

1・横浜アニメーションラボ
2・エカチエピルカ
3・作楽クリエイト
4・えかきや
5・アルボアニメーション
6・アゼータ・ピクチャーズ
7・マーヴィージャック
8・Acca effe(アッカエッフェ)
9・Pie in the sky(パイ イン ザ スカイ)
10・BLADE[ブレイブ] (アニメ制作会社)
11・SOLA DIGITAL ARTS
12・DMM.futureworks(ディーエムエムドットフューチャーワークス)
13・DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)
14・EXNOA(エクスノア)
15・studioぱれっと(スタジオパレット)
16・フウシオスタジオ
17・Felix Film(フェリックスフィルム)
18・ウェイブ (企業)
19・Flying Ship Studio(フライングシップスタジオ)
20・NEFT FILM(ネフトフィルム)
21・HORNETS(ホーネッツ)
22・暁 (アニメ制作会社)
23・ウルフズベイン
24・エー・ライン
25・アナザープッシュピンプランニング (A.P.P.P.)
26・エッグ (アニメ制作会社)
27・オクルトノボル
28・ダンデライオンアニメーションスタジオ
29・勝鬨(かちどき)スタジオ
30・キャンディーボックス
31・ギークトイズ
32・ギークピクチュアズ
33・スタジオヴォルン
34・スタジオエル
35・ジェック・イー
36・サブリメイション
37・スタジオガッツ
38・スタジオカフカ
39・サンシャインコーポレーション
40・スタジオキャブ
41・アンサー・スタジオ
42・G&G Direction(株式会社ジーアンドジーディレクション)[傾国]
43・G&G Entertainment(ジーアンドジーエンタテインメント)[傾国]
44・十文字 (アニメ制作会社)
45・寿門堂
46・スタジオフラッド
47・小学館ミュージック&デジタルエンタテイメント
48・スタジオブラン
49・スタジオリング
50・颱風グラフィックス(タイフーングラフィックス)
51・ダンガン・ピクチャーズ
52・デジタルネットワークアニメーション
53・ウェッジホールディングス
54・昭和ホールディングス
55・ドライブ (企業)
56・パインジャム
57・武遊
58・バウンスィ
59・ピー・アール・エー
60・プロジェクトスタジオQ
61・プロダクション・プラスエイチ
62・武右ェ門
63・遊歩堂
64・東京ムービー新社
65・スタジオキャッツ
66・メルヘン社
67・エノキフイルム
68・ラパントラック
69・ランドック・スタジオ
70・ロボット (企業)
71・ワオワールド
72・ワオ・コーポレーション
73・株式会社アートスタッフ
74・D-COLORS(ディーカラーズ)
75・J&Kコーポレーション
76・Wish[ウィッシュ] (アニメ制作会社)
77・スタジオたくらんけ
78・アートアニメスタジオ
79・スタジオ・タージ
80・アトリエPlatz(アトリエプラッツ)
81・ア二タス神戸
82・株式会社神戸デザインクリエイティブ
83・スタジオMAT(スタジオマット)
84・アニメ工房婆娑羅
85・アングル (アニメ制作会社)
86・スタジオりぶら
87・イーゲルネスト
88・スタジオ・ルナ
89・インスパイアー
90・スタジオワイエス
91・ステロタイプスマーチル
92・きのプロダクション
93・ととにゃん
94・九州アニメーション
95・キューン・プラント
96・サイクロングラフィックス
97・パルサーデザイン
98・スタジオアールエフ
99・水戸アニメーション
100・スタジオ・ヴィクトリー
101・スタジオコスモス
102・石垣プロダクション
103・J.O.スタヂオ
104・アイムーヴ
105・アニメ・スポット
106・アドコスモ
107・カナメプロダクション
108・グリーン・ボックス
109・グルーパープロダクション
110・時報映画社
111・じゃんぐるじむ
112・じんぶん
113・スタジオあんなぷる
114・スタジオイゼナ
115・スタジオケルマディック
116・スタジオ座円洞
117・スタジオフラッグ
118・スタジオマトリックス
119・スタジオライン
120・タカハシスタジオ
121・ダックスインターナショナル
122・ダックスプロダクション
123・サイ・エンタープライズ
124・タント (アニメ制作会社)
125・チルドレンズ・コーナー
126・トップクラフト
127・ドリーム・フォース
128・トワイライト スタジオ (アニメ制作会社)
129・日本テレビ動画
130・日本マンガフィルム研究所
131・ノーサイド (企業)
132・パブリック&ベーシック
133・フジテレビ・エンタプライズ
134・フレームポット
135・南町奉行所 (アニメ制作会社)
136・民話社
137・ムークアニメーション
138・夢弦館
139・リド (企業)
140・REMIC(レミック)
141・ワコープロ
142・オーバーラップ (企業)
143・ギャガ
144・ハウステンボス
145・エイチ・アイ・エス
146・キャラアニ
147・クロックワークス
148・双日
149・TCエンタテインメント
150・テレビ東京メディアネット
151・東映ビデオ
152・株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
153・第一興商
154・トップ・マーシャル
155・日本コロムビア
156・フェイス (企業)
157・コロムビアハウス
158・フリュー
159・有限責任監査法人トーマツ
160・デロイト トウシュ トーマツ
161・SMIRAL(スマイラル)
162・アース・スター エンターテイメント
163・カルチュア・コンビニエンス・クラブ
164・フロンティアワークス
165・MAGES(メージス)
166・コロプラ
167・5pb.(ファイブ・ピー・ビー)《旧社名:5pb.Records(ファイブ・ピー・ビー レコーズ)》
168・アンバーフィルムワークス
169・ディーライツ
170・バーナムスタジオ ※設立者:里見哲朗
171・東映
172・東宝
173・阪急阪神ホールディングス
174・ソニー(SONY)/ソニーグループ株式會社
175・ソニーグループ(SONY Group)
176・エスエムイーレコーズ
177・ソニー・ミュージックアーティスツ
178・キューンミュージック
179・ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
180・ソニー・ミュージックパブリッシング
181・ミュージックレイン
182・ソニー・クリエイティブプロダクツ
183・ソニー・ミュージックスタジオ
184・エムオン・エンタテインメント
185・ソニー・ミュージックソリューションズ
186・レーベルゲート
187・Zepp(ゼップ)※Zepp[ゼップ]ホールネットワーク

188・スタジオ地図(株式会社地図)

※全部で五百八十七個。(588個)

 


おまけ:トヨタ自動車(豊田自動車)とスタジオジブリの関わり。

 

スタジオジブリ新スタジオ “西ジブリ”設立について

 

 スタジオジブリは、本年4月より新スタジオ“西ジブリ”を開設することになりましたので、ここにお知らせいたします。
 スタジオの場所は、これまでも一部で報道されておりますように、愛知県豊田市です。ただし自前の建物を調達するのではなく、トヨタ自動車本社内の建物の一部屋を賃借し、開設いたします。その中には、新人アニメーターと指導者的立場のアニメーター、合わせて30名弱が2年間の期限付きで常駐し、アニメーターの育成と三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編映画の制作を目指します。もちろん、宮崎駿監督を初めとする本社スタッフも定期的に通い、指導に当たることになります。これは、もちろん、トヨタ自動車さんの全面的な理解と協力があってのものです。

 自動車会社の建物の中でアニメーションを制作する。この一見、無謀とも思える発想が生まれた経緯は2006年にさかのぼります。
 この年の11月、鈴木プロデューサーを初めとするジブリスタッフは、トヨタ自動車本社内にあった、パーソナルモビリティi-REALの開発現場を見せていただく機会がありました。そこで、鈴木プロデューサーが目にしたものは、まさに“ものづくり”の現場でした。コンピューターやロボットがずらりと並んだクリーンな環境だとばかり思っていたのに、そこは、まるで町工場のような手作りと知恵に満ち溢れた現場だったのです。
 スタジオに戻って宮崎監督にそのことを話すと、監督は大変興味を持ち、「そんな環境で新人の育成ができたら」と考えたのです。ただ、監督はその時すでに「崖の上のポニョ」の制作に入っていたので、その制作の傍ら、西ジブリの構想を練り続けていたのでした。
 2007年12月、無茶な提案だということを承知の上で、固まってきた西ジブリの構想をトヨタ自動車側に伝えると、案に相違して、それは双方にとってプラスなことではないかという肯定的な返事をいただくことが出来たのでした。

 今回のスタジオ開設によって得られるものとして、スタジオジブリにとっては、世界最高の自動車開発現場の真っ只中で作業を行なうことによる外的刺激や緊張感が、新人の育成や作品にプラスになると信じています。また、スタッフ同士が食堂を同じくすることで新たな交流が生まれることも想定しています。これらの刺激は、きっと何らかの形で魅力的な映画づくりに結びつくと信じます。

 今回の“西ジブリ”開設が、単なるチャレンジに終わるのか、はたまた大きな成果を生むのかは誰にもわかりません。ただ、何らかの投資が必要なわけではなく、いわば、お互いが懐を開いて少しだけ歩み寄ってみることだけで実現できるチャレンジなのです。
 このような考え方の一致から、トヨタ自動車さんとスタジオジブリは、“まず動く”ことを選択しました。小さなチャレンジからでも、大きな夢を見ることができると信じて。

                          

 

 


 

 

 

さて、全部で587個まで書きました。
外国のアニメーション制作会社であるアメリカ/中国(中國/支那/シナ)/韓国(南朝鮮/山葡萄原人)の制作会社は書きません。
シナやコリアンに発注をしていることは知ってますがそれをやるのは少なくとももつと先になります。これでやっとコナンの感想が書けるぜ‼