アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] (後半) 其之拾

 

時報映画社

時報映画株式会社は、かつて存在した教育映画の制作会社・アニメ制作会社である。

 

概要[編集]

教育映画、テレビアニメなどを手掛けていた会社である。本社は1994年に東京都港区浜松町一丁目25番5号より移転し東京都中央区日本橋小伝馬町16番6号に所在していた。

1961年2月21日設立。

作品[編集]

実写[編集]

教育映画[編集]

  • 防衛運転追従と追越 (カラー、27分、配給:映研)[1]
  • 求婚Uターン (カラー、27分、配給:映研)[1]
  • 交差点 -処分者講習用- (カラー、20分、配給:映研)[1]
  • 0.5ミリの悲劇 (モノクロ、26分、配給:映研)[2]
  • 安全運転・追突防止編 (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • 対歩行者編-安全運転- (カラー、23分、配給:映研)[2]
  • 追突 (カラー、25分、配給:映研)[2]
  • 安全運転シリーズ-自然の法則- (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • あっ!あぶない-あなたを守る運転法- (カラー、22分、配給:映研)[2]
  • 盲点 (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • わきみ運転 (カラー、23分、配給:映研)[2]
  • 安全運転・右折編 (カラー、22分、配給:映研)[2]
  • 怒りと運転 (カラー、27分、配給:映研)[3]
  • 幼児とお年寄りを守ろう (カラー、25分、配給:映研)[3]
  • 自転車の安全な乗り方教室 (モノクロ、20分、配給:映研)[3]
  • 運転手さんありがとう (カラー、20分、配給:映研)[3]
  • おり鶴の祈り (カラー、31分、配給:映研)[3]
  • 歩行者保護 (カラー、20分、配給:映研)[3]
  • みんな笑顔 (カラー、29分、配給:映研)[4]
  • 大いなる前進 (モノクロ、26分・28分、配給:映研)[4]
  • 第三の被害者 (カラー、23分、配給:映研)[4]
  • ぼくらの交通安全 (モノクロ、27分、配給:映研)[4]
  • 泣き寝入はイヤッ! (カラー、26分、配給:映研)[4]
  • この子いずこへ (モノクロ、27分、配給:映研)[4]
  • 飲酒運転の悲劇 (カラー、23分、配給:映研)[5]
  • 聴聞(ちょうもん) (モノクロ、18分、配給:映研)[5]
  • 戦慄の記録 (カラー、27分、配給:映研)[5]
  • ひきにげ (カラー、31分、配給:映研)[5]
  • 転落事故 (カラー、26分、配給:映研)[5]
  • スピードの恐怖 (カラー、22分、配給:映研)[5]
  • 安全運転 (モノクロ、27分、配給:映研)[6]
  • ある運転者の記録 (モノクロ、27分、配給:映研)[6]
  • 明るい交通 (1960年)[7]
  • 街の狼 (1961年、モノクロ、25分、企画:警察庁防犯部防犯課)[8]
  • あぶない男たち (1961年、モノクロ、20分、企画:警察庁防犯部防犯課)[8]
  • 太陽は沈まず (1962年[9]、企画:全日本交通安全協会[9]、モノクロ、20分、配給:映研)[4]
  • 価値なき13分 (1963年[9]、企画:警察庁交通局[9]、モノクロ、21分、配給:映研)[5]
  • 黄色い小旗 (1963年[9]、企画:警察庁交通局[9]、カラー、25分、配給:映研)[3]
  • 日本のおまつり・甘酒まつり (1963年)[9]

PR映画[編集]

自主制作映画[編集]

  • 鳥は自由なのに (1975年)[11]

アニメ[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

ピンク映画[編集]

 

 

 

 

じゃんぐるじむ

有限会社じゃんぐるじむは、かつて存在したアニメーション制作における作画作業を主な事業内容とした日本企業。1976年6月に設立し、練馬アニメーション協議会会員であった。

 

本社所在地 日本の旗 日本
176-0021
東京都練馬区貫井一丁目29番10号
富士見台マンション1009
設立 1976年6月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーション制作
代表者 竹市正勝(代表取締役社長)
資本金 3,000,000円

 


 

概要・沿革[編集]

事業内容は、上記の通りアニメーション制作における原画動画の作画作業が主である。長年、作画に特化した企業であったが、絵コンテ演出で元請け会社の作品に参加するアニメーターも見られた。代表の竹市正勝は、『宇宙少年ソラン』や『リボンの騎士』などの動画もした古参のアニメーターである。

2011年5月31日、諸般の事情により解散することが公式サイトにて発表された。所属スタッフの一部はフリーランスとなり、他スタジオへ移籍したほか、同社の動画検査を務めていた黒川尚一(黒川祥一)が中心となり、新たにスタジオりぶらを立ち上げるなどし、次々と独立していった。

参加作品[編集]

日本アニメーション[編集]

サンライズ[編集]

ぴえろ[編集]

シンエイ動画[編集]

ぎゃろっぷ[編集]

スタジオコメット[編集]

土田プロダクション[編集]

グループ・タック[編集]

葦プロダクション[編集]

東京ムービー[編集]

竜の子プロダクション[編集]

スタジオ雲雀[編集]

オー・エル・エム[編集]

Production I.G[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

 



じんぶん

株式会社じんぶんは、アニメーション制作のうち、作画・仕上作業の請負を主な事業内容とする日本の企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
901-1514
沖縄県南城市知念字具志堅218-11
設立 2005年7月6日
業種 情報・通信業
法人番号 5360001006765 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション制作
代表者 仲宗根雄太


概要・沿革[編集]

2005年(平成17年)に設立した作画・仕上スタジオであり、以前は合資会社FENICE302と名乗っていた。しかし、2007年(平成19年)7月19日合資会社じんぶんへと名称を変えて、同年10月株式会社に改組した。日本のアニメ制作会社としては珍しく、沖縄県に本社が存在する。事実上、作画・仕上げ作業は関連会社である上海創匠貿易有限公司が行い、じんぶん本社はスケジュール管理・品質管理業務を行っている。2012年、『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』で初のグロス請けを行った。

2017年10月20日那覇地裁において破産手続きの開始決定を受ける。(那覇地裁 事件番号:平成29年(フ)第272号)2018年1月30日、破産財団をもって費用の支弁に不足する為、本件破産手続廃止の決定を受けた。

仲宗根雄太の経歴[編集]

沖縄県出身。21歳で現:株式会社じんぶんを設立。趣味は、モータースポーツS耐などのレースに参戦している。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

作画担当作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1996年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

関連会社[編集]

  • 上海創匠貿易有限公司

 

 

スタジオあんなぷる

スタジオあんなぷるとは日本のアニメ制作会社である。

 

概要・沿革[編集]

あしたのジョー2』の制作をきっかけとして、同作に専念したいとする出崎統杉野昭夫が運営方針をめぐり所属するマッドハウスと袂を分かって独立。マッドハウスのアニメーターらを含む10名で1980年10月に有限会社として設立した。スタジオ名は、英語で1つのリンゴの意味の「an apple」から。代表は出崎と杉野。1980年当時は東京都杉並区善福寺2丁目が所在地だった。

 

 


スタジオイゼナ

有限会社スタジオイゼナはかつて存在したアニメーション制作を主な事業内容とする日本企業

 

本社所在地 日本の旗 日本
188-0003
東京都西東京市北原町3丁目6番10号
設立 2002年8月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作

特記事項:2017年5月11日法人格消滅

 


概要[編集]

あにまる屋(現:エクラアニマル)で制作担当だった名嘉邦夫が設立したアニメスタジオ。社名は名嘉の出身地である沖縄県伊是名島に由来。主としてスタジオディーンXEBEC制作作品のグロス請けを行っている。2008年放映の『BUS GAMER』より制作面全体への活動を開始した。原画・動画・仕上げ作業の一部を中国の制作会社「火鳥動画制作有限公司PHOENIX ANIMATION)」が協力している場合がある。また、多くの作品の場合「スタジオイゼナ」「スタジオ・イゼナ」「イゼナ」とクレジットされていた。

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

 

スタジオケルマディック

スタジオケルマディックは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本の企業。商号は「株式会社ケルマディック」。

 

本社所在地 日本の旗 日本
356-0004
埼玉県ふじみ野市上福岡三丁目11番9号
設立 2006年12月
業種 情報・通信業
法人番号 2030001058628
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役 大橋 浩一郎
資本金 300万円

 


 

概要[編集]

トライアングルスタッフ出身の大橋浩一郎が設立したアニメ制作会社。

主に、他社のグロス請けなどを中心に活動し、「Studio Kelmadick」「St.Kelmadick」などの名義でクレジットされる。アダルトアニメの制作には「Studio Eromatick」などの名義を用いることがある。

2017年を境に活動停止となり、スタッフの一部はグラフィニカに移籍している。

作品履歴[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

 

 

スタジオ座円洞

有限会社スタジオ座円洞(スタジオざえんどう)は、かつて存在した日本アニメ制作会社一般社団法人練馬アニメーション元会員。

 

本社所在地 日本の旗 日本
176-0023
東京都練馬区中村北三丁目15番2号
エバグリーンハウス2F
設立 1982年9月8日
業種 情報・通信業
法人番号 8011602005477 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役社長 向中野 義雄
資本金 3,000,000円

※東京都練馬区中村北三丁目15番2号

概要[編集]

東映動画(現・東映アニメーション)出身の向中野義雄が、フリーランスを経て1982年に作画スタジオとして設立。多くの作品の場合、「スタジオ座円洞」「座円洞」とクレジットされていた。1993年、北海道札幌市に札幌スタジオを設立したが、2010年8月に閉鎖(代表の向中野は北海道芦別市出身)。テレビシリーズの各話作画下請けのほか、教育用アニメーション、自主制作による長・短編作品の制作を行っていた。過去には、磯光雄などが所属していた。

2016年、「諸事情により休眠」を公式ホームページで告知。2016年5月17日、座円洞のスタッフ一同により「株式会社エムケイ座」が新たに設立され、これまでの制作業務を引き継ぐ。取締役であった向中野は退任し、座円洞時代に最高経営責任者であった松本朋之が代表取締役、次席経営責任者であった近藤優次が取締役を務める。

作品履歴[編集]

自社元請[編集]

  • 土を喰らう (自社制作長編作品、2000年)
  • SomethingGreat -サムシンググレート 地図にない町- (自社制作長編作品、2004年)

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

 

 


スタジオフラッグ

株式会社スタジオフラッグは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする、かつて存在した日本の企業である。東京都杉並区に本社を置いていた。

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0051
東京都杉並区荻窪5丁目30番12号
グローリア荻窪4F
設立 1999年7月
業種 情報・通信業
法人番号 7011301007932
事業内容 アニメーションの企画・制作
資本金 10,000,000円

 


 

概要[編集]

ぴえろの制作出身で、スタジオジュニオ(現:ジュニオ ブレイン トラスト)の制作デスクだった早坂哲也が設立したアニメ制作会社である。他社のグロス請け作業を行いながらも、『獣神演武』『こいこい7』などの自社制作作品も手がけた。

多くの作品の場合、「スタジオ・フラッグ」「studio FLAG」とクレジットされていた。

早坂哲也の逝去後、妻の麻紀子が経営を引き継いだ。しかし、求心力の低下でスタッフの離散を引き起こし、2008年にアニメーション制作事業より撤退・解散した。

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

ゲーム[編集]

  • 逮捕しちゃうぞ (2001年、オープニングアニメーション制作、ディジメーションと共同制作)

 

 

スタジオマトリックス

有限会社スタジオマトリックスは、アニメーション制作を主な事業内容とする日本企業

 

概要[編集]

サンライズの制作出身の白井勝也がスタジオディーンを経て、設立したアニメ制作会社である。設立当初は、マッドハウスなどからのグロス請けを中心に活動していたが、2003年に制作した『グリーングリーン』より元請制作を開始した。その後、2005年マッドハウスからの下請けで制作した『いちご100%』を最後に活動を停止したが、2007年、再び業務を再開するも同年再び活動停止している。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

 

スタジオライン

有限会社スタジオラインStudio Line)は、かつて存在した日本企業アニメーション制作のうち、作画作業の請負および各種ゲームの企画・制作を主な事業内容としていた。

 

本社所在地 日本の旗 日本
165-0031
東京都中野区上鷺宮4-15-6
東方富士見台ビル401
設立 1997年8月(法人組織として)
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーション制作のうち、作画作業の請負および各種ゲームの企画・制作
代表者 横田守代表取締役社長
資本金 300万円
従業員数 32名(正社員18名+契約社員14名)

 


 

概要・沿革[編集]

アニメーター横田守1990年に設立。アニメーション作画スタジオとして発足した後、1997年には有限会社化を果たした。同社は主にビィートレインゴンゾサンライズなどからの作画下請けや各種ゲームの企画・制作を中心に活動しており、それ以外は関連書籍の出版が主であった。アダルトゲームに関してはテリオスTerios)、カリギュラCALIGULA)、ガッシュGash)といった独自ブランドを展開しており、コミックマーケット企業ブースへの参加も3ブランド合同で行っていた。

しかし、2010年以降は実質的に休止状態となる。2013年に入ると公式サイトも閉鎖され、同年4月10日には代表取締役社長の横田共々破産手続に入ったことが報じられた。

 

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

独自展開しているアダルトゲームに関してはTeriosCALIGULAGashを参照。

 

 

 

タカハシスタジオ

タカハシスタジオは、日本アニメ制作会社

 

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

 

 

ダックスインターナショナル

株式会社ダックスインターナショナルDAX International Inc.)は、著作権管理を主な事業内容とする日本の企業。

 

本社所在地 日本の旗 日本
157-0071
東京都世田谷区千歳台二丁目41番12号
設立 1971年1月
業種 情報・通信業
法人番号 2010901015473 ウィキデータを編集
事業内容 著作権管理
代表者 代表取締役 丹野 美穂子
資本金 10,000,000円

 


概要[編集]

日活映画の監督であった丹野雄二が、日活ロマンポルノ路線に転向した事により日活を退社し、1971年1月に設立した制作プロダクションである。1978年から1991年まで、お家芸の実写とアニメを組み合わせた代表作『まんがはじめて物語』の企画・制作を行い、『21世紀まんがはじめて物語』(2001年3月放映・ビデオ発売)が完成したが放送前に夫の丹野が逝去。その後は妻の美穂子が社長となり、同作品を最後に自社アニメの制作事業から撤退(企画製作はそれ以降も継続)し、それ以降は従来から行っているアニメ作品の音響制作や子供向けビデオソフトの制作事業を中心に活動している。まんがはじめて物語を軸に東京放送ホールディングスと長年提携関係にあり、TBSチャンネルで同シリーズが放映されている他、TBSチャンネルTBSテレビで劇団目覚時計の興行告知CMを放送している時がある。TBS主催・後援の興行も多い。また、2002年のテレビドラマ『やんパパ』の主人公の職業がマンガ家のアシスタントという設定で、職場シーンの収録でダックスのスタジオが使われたほか、本編中アニメが入り混ざったり実写と合成するシーンが有り、そのアニメーション部分の制作を担当している。2003年から版権管理部門をダックスインターナショナル、制作部門をダックスプロダクションとして事業を行っている。

 

制作作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

  • ブンナよ木からおりてこい (株式会社仕事と共同制作、-1987年)
  • チスト みどりのおやゆび (1990年)
  • A・LI・CE(元請:中央アイトス、2000年)

音響制作作品[編集]

 

 

関連企業[編集]

ダックスプロダクション[編集]

株式会社ダックスプロダクションDAX Production Inc.)は、アニメーション作品などの音響制作・映像制作会社。2018年2月、事務所を東京都新宿区新宿5丁目1番1号から、千代田区神田神保町2-20-6に移転した。

 



 

創立以来、ダックスのプロデューサーでもある平田哲(「新宿五郎」名義を使用する作品もある)が代表取締役として経営していたが、2017年平田の死去に伴い経営権を京楽産業.に移管。現在は京楽のクループ会社となっている。

他のスタッフには、音響監督の飯田里樹などがいる。2011年にはキャラアニブシロードとの3社でドラマCDのレーベル「THREE ARROWS」(スリーアロウズ)を立ち上げている。

劇団目覚時計[編集]

劇団目覚時計(げきだんめざましどけい)は、1977年に丹野雄二が設立した劇団である。劇団代表は丹野の妻・美穂子(稲垣美穂子)で、杉並区和泉2丁目9番18号(シノギビル)に稽古場が所在。当初はダックスが制作に携わっていた『まんが日本昔ばなし』や『まんが世界昔ばなし』のシナリオを基にした子供向けミュージカルの製作・上演を手がける。後項の「青少年の心を育てる会」が財界人を交えて発足すると、オリジナルミュージカルの製作や首都圏以外での興行も行うようになり、それと並行して稽古場等でストレートプレイの上演も行っている。