鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] (後半) 其之陸

 

 

メルヘン社

株式会社メルヘン社は、かつて存在した日本アニメーション制作会社である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
947-6031
東京都豊島区南大塚2-40-9
設立 1979年6月1日

 


概要[編集]

1979年6月1日、グループ・タックのプロデューサーであった鬼丸一平を代表に、演出家の樋口雅一、矢沢則夫、森田浩光、辻伸一、美術の内田好之、阿部幸次、下道一範の7人によって設立された。設立メンバーが『まんが日本昔ばなし』の制作に関わっていたこともあり、童話のアニメ化を多数手掛けた。東京都の本社のほか、福岡県にもスタジオを構えていた。

グロス請けを中心にアニメーション制作を手掛けていたが、2014年に解散した。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

 
開始年 放送期間 タイトル 備考
1982年 4月29日 ぽっぺん先生と帰らずの沼  
1986年 10月 - 1988年3月 たばこ1本のストーリー ハートカクテル  
1987年 8月 - 9月 SLIPPY DANDY  
1992年 9月 - 1993年3月 おやゆび姫物語 製作:エノキフイルム

アニメ映画[編集]

 
公開年 月日 タイトル 備考
1979年   あしながおじさん 製作:竜の子プロ

制作協力アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

 
開始年 期間 タイトル 制作元請 備考
1980年 1月 - 7月 森の陽気な小人たち ベルフィーとリルビット タツノコプロ  
1992年 10月 - 1994年3月 コボちゃん(TVシリーズ) エイケン シリーズ制作協力
1992年 4月 - 1995年5月 クッキングパパ  
1996年 4月 - 1997年6月 いじわるばあさん シリーズ制作協力
1997年 10月 - 1999年9月 さくらももこ劇場 コジコジ 日本アニメーション  
2001年 10月 - 2003年9月 星のカービィ スタジオ・ザイン  

アニメ映画[編集]

 
公開年 月日 タイトル 制作元請 備考
1982年 3月13日 世界名作童話 アラジンと魔法のランプ 東映動画  
1990年   勇気あるホタルととべないホタル  
1992年   こぎつねのおくりもの  
1995年   鬼の子とゆきうさぎ  
1996年   よっちゃんの不思議なクレヨン  
1997年   こぎつねの交通安全  

 

 

 

エノキフイルム

 エノキフイルム株式会社(Enoki Films Co., Ltd.)は、日本映画の配給会社。 TVアニメーション制作会社でもある。

略歴[編集]

  • 1975年 榎善教と善昭兄弟により設立。
  • 1980年 ロンドンに連絡所を設置。
  • 1986年 ロスアンゼルスに連絡所を設置(後の米国法人)。
  • 1997年 MONKEY MAGICを発表。

 

 

市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿1-30-10
設立 1975年

 

 


主な作品[編集]

以上の他におよそ3,000エピソードを配給している。

 

 


 


 

 

ラパントラック

 

ラパントラック合同会社Lapin Track)は、日本アニメ制作会社

主な作品に、フジテレビ"ノイタミナ"枠にて放送された『さらざんまい』や『うちのタマ知りませんか?』の制作を行っている。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0042
東京都杉並区西荻北2丁目12番9号
アーバンソワール西荻窪3階
座標北緯35度42分22.0秒 東経139度36分6.1秒
設立 2014年6月30日
業種 情報・通信業
法人番号 8011303002047 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション映画の製作及び販売 他
代表者 代表社員 内海照子、渡部正和

 

 


概要[編集]

2014年6月30日ブレインズ・ベースに所属していた脚本家の内海照子と制作(プロデューサー)の渡部正和が独立し設立された。Twitterのアカウント[1]に晩御飯の写真をあげることが多い。幾原邦彦との親交が深く、『さらざんまい』以外にも『ユリ熊嵐』の制作協力や新プロジェクトのイベントを主催している。

 

 

制作作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
2016年 4月 - 9月 エンドライド[2] ブレインズ・ベース
2019年 4月 - 6月 さらざんまい[3] MAPPA
2020年 1月 - 3月 うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜[4]

劇場アニメ[編集]

タイトル
未定 Re:cycle of the PENGUINDRUM

制作協力[編集]

タイトル 制作元請
2015年 ユリ熊嵐 SILVER LINK.

 

 


 

 

ランドック・スタジオ

 株式会社ランドック・スタジオは、日本アニメ制作会社

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
164-0013
東京都中野区弥生町6丁目10番11号
弥生町ビル3F
設立 2009年7月
業種 情報・通信業
法人番号 5011301016729
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役社長 深津存可
資本金 1,200万円
従業員数 40名(2019年1月現在)

 

関係する人物 鈴木慎二(創業者)
佐々木塁(取締役)
河原真明(取締役)
磯部兼士(取締役)
日下佳樹(監査役

 

 


 

概要[編集]

GONZOで企画部部長を務めた鈴木慎二が、ゴンゾ第4スタジオの一部のスタッフと共に2009年に設立。2012年に放送された「オズマ」にて、初の元請制作(GONZOとの共同制作)を行った。

 

 

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
2012年 3月 - 4月 オズマ[1] GONZO
2017年 1月 - 3月 ちるらん にぶんの壱  
2019年 7月 - 10月 BEM

Webアニメ[編集]

その他・制作協力[編集]

 

 

 

 

 

ロボット (企業)

 株式会社ロボットROBOT COMMUNICATIONS INC.)は、東京都渋谷区に本社を置く制作プロダクション。1986年設立。2006年平成18年)に映像技術会社IMAGICA(現:IMAGICA Lab.)と経営統合し、イマジカ・ロボット ホールディングス(現:IMAGICA GROUP)を設立。グループの中核企業。

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南三丁目9番7号
座標北緯35度38分42.58秒 東経139度42分19.72秒
設立 1986年6月3日
業種 情報・通信業
法人番号 7011001025581 ウィキデータを編集
事業内容 映像ソフト事業
代表者 代表取締役社長 加太孝明

 

主要株主 (株)IMAGICA GROUP 100%
関係する人物 阿部秀司(創業者・顧問)

 

 


概要[編集]

TVCM劇場映画アニメーションCGゲームWEBサイトグラフィックデザインVRデジタルサイネージなどの企画・制作を事業としている。会社設立当初はTVCM制作が事業の中心であったが、後に『踊る大捜査線 THE MOVIE』や『ALWAYS 三丁目の夕日』など、映画製作にもかかわるようになった。国外ではアニメーションCG作品への評価が高く、『鬼武者3』はSIGGRAPHの"Electronic Theater"に選出。『つみきのいえ』は米国アカデミー賞 短編アニメ映画賞を受賞した。社名の由来は、創立者阿部秀司が「ロボット」という社名を付けたことから。代表取締役社長の加太孝明は、社内で企画をやっている時に「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがある」という言葉がよく出てくることから、そういう楽しさの象徴として「ロボット」というモノが潜在的にあったのではないかと言う

 

 

所在地[編集]

本社[編集]

銀座オフィス[編集]

 

 


役員構成[編集]

 

 

代表作品

 

アニメ映画[編集]

アニメ作品[編集]

ゲーム[編集]

その他の作品[編集]

 

 

 

所属している人物[編集]

演出家・監督・脚本家

アニメーション[編集]

 

 


 

ワオワールド

 ワオワールドは、株式会社ワオ・コーポレーションエンターテインメント事業部の名称。

 

 

概要・沿革[編集]

2000年、教育企業「ワオ・コーポレーション」の子会社として「株式会社ワオワールド」を設立。2011年4月、ワオ・コーポレーションに吸収合併。同社のエンターテインメント事業部となる。主に『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』等の自社で企画した劇場映画制作、他社制作作品のグロス請けを行うほか、映像コンテンツ制作や人材派遣業を行っている。ワオ・コーポレーション会長の西澤昭男は、同社企画・制作作品である『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』や『ふるさと-Japan』等の作品で自ら監督として参加している。

 

 

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

Webアニメ[編集]

その他[編集]

 

 

 

 


 

ワオワールドのあゆみ

令和2年7月 関連事業との連携強化のため、東京都中野区に移転。
平成29年10月 アニメーション制作を担当した『アニメガタリズ』全12回のTVシリーズ放送スタート!
平成28年7月 タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~』全12回のTVシリーズ放送スタート!
平成26年8月 劇場用アニメーション映画『スポチャン対決~妖怪大決戦~』劇場公開。
平成25年3月 NHK BSプレミアム『大人女子のアニメタイム』の1作『どこかではないここ』のアニメーション制作を担当。
平成24年11月 第14回ジャパンタッチ(フランス・リヨン)で『NITABOH ~津軽三味線始祖外聞』が、今年の一作に選ばれ、仏語DVDが販売。
平成23年4月 『テレビまんが昭和物語』全13回のTVシリーズ放送スタート!
平成23年1月 『テレビまんが昭和物語(劇場版)』全国ロードショー。
平成21年10月 映画『銀色の雨』全国ロードショー。原作:浅田次郎、監督:鈴井貴之、キャスト:賀来賢人 前田亜季 中村獅童ほか。
平成21年9月 劇場用長編アニメーション映画『8月のシンフォニー 渋谷2002-2003』のピクチャードラマDVD発売。
平成21年8月 劇場用長編アニメーション映画『8月のシンフォニー 渋谷2002-2003』の全国ロードショー。
平成19年10月 NHK教育テレビにて『スイスイ!フィジー』放送開始。
平成19年4月 劇場用長編アニメーション映画『ふるさとJAPAN』全国ロードショー。
平成19年4月 事業拡大のため、東京都杉並区阿佐ヶ谷に移転。
平成18年11月 劇場用長編アニメーション映画『ふるさとJAPAN』第12回リヨン・アジア映画祭<アニメーション部門><子ども映画部門>グランプリをダブル受賞。
平成18年5月 『NITABOH~津軽三味線始祖外聞』が、第10回SICAFソウルインターナショナル カートゥーン&アニメーションフェスティバル 長編映画部門グランプリ受賞。
平成17年11月 『NITABOH~津軽三味線始祖外聞』が、第11回リヨン-アジア映画祭「観客によるベストアニメ映画賞」第1位。
平成17年9月 事業拡大のため、東京都世田谷区に移転。
平成17年3月 『NITABOH~津軽三味線始祖外聞』が、第7回リール・ツー・リアル国際青少年映画祭「9歳から12歳の子供が選ぶ ベストピクチャー賞」受賞。
平成16年3月 劇場用長編アニメーション映画『NITABOH~津軽三味線始祖外聞』を公開。また、全国各地で上映会(約450回)。
平成12年7月 アニメーション制作をスタート(東京都新宿区および中野区野方)

 

 

 

ワオ・コーポレーション

 ワオ・コーポレーションは、日本国大阪府大阪市北区に本社を置き、予備校学習塾などを経営する企業である。このほかに劇場版アニメの製作、タレントミュージシャンのマネジメントも行っている。

 

 

 

市場情報
東証JQ 9730
2012年9月26日上場廃止
略称 WAO
本社所在地 530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-14
設立 2011年平成23年)11月10日
業種 サービス業
代表者 代表取締役社長 西澤昭男
資本金 1億円
売上高 連結161億58百万円(2016年3月期)
純資産 連結17億65百万円(2016年3月)
総資産 連結79億98百万円(2016年3月)
従業員数 連結864人(2012年3月)

 

 


本社[編集]


沿革[編集]

 

 

設置スクール[編集]

小・中・高校生を対象とした学習塾。
大学受験を対象とした予備校。王寺校、天王寺校、貝塚校、和歌山校等。
  • 個別指導AXIS
小・中・高校生を対象とした個別指導塾。能開センターと併設されている場合が多い。
  • スタッド学習教室
近畿地方と中国・四国地方を中心にフランチャイズ展開する、幼児・小学生・中学生を対象とした学習教室。名称の「スタッド」は、教室のコンセプト「Study Adventure」の各単語から2文字を取り出したSTADより名付けられた。授業内容は週2回程度の通塾と1教科1日1枚の宿題。
  • ワオ!オンライン高等学院
  • ワオ!資格カレッジ
  • ワオ!のオンライン家庭教師
  • ワオスタディー

 

 

関連会社[編集]

  • 株式会社クロスピア
  • WAO SINGAPORE PTE. LTD.
  • 昭和アニメーション有限責任事業組合
  • ワオ・エージェンシー - 株式会社ワオ・コーポレーション・エージェント事業。タレントやミュージシャンのマネジメントだけでなく、教育事業で培った研究者や文化人のご紹介など、総合エージェントとしてマーケティング活動を行う

 

 


WAO AGENCY(ワオ・エージェンシー) | 総合エージェント

 


 

 

株式会社アートスタッフ

 

本社所在地

〒530-0013
大阪府大阪市北区中崎 (大阪市)中崎西2丁目6番17号

ワオ第1ビル2F(大阪)
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南2-14-4 WAO阿佐ヶ谷ビル2F(東京)
本部所在地

〒530-0013
大阪府大阪市北区中崎 (大阪市)中崎西2丁目6番17号

ワオ第1ビル2F(大阪)
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南2-14-4 WAO阿佐ヶ谷ビル2F(東京)
設立 1952年1月18日
業種 教育・教育支援
代表者 西澤昭男(株式会社ワオ・コーポレーション代表取締役会長兼社長)

 

〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2丁目6−17

 

 

 

 

 

株式会社アートスタッフ(現・ワオ・コーポレーション 文教ソリューション事業部)は、主に大学など教育事業顧客に対して総合支援サービスを行う企業としてかつて存在した会社。大学・高校・中学などの教育機関向けに、教育支援コンテンツ・システム(リメディアル教材・システム、シラバスWeb公開システム、講義支援システムなど)、および広報媒体(ウェブサイトパンフレットリーフレットダイレクトメール新聞広告等)の企画制作を中心とした企業活動を行っていた。 生涯教育事業会社であるワオ・コーポレーションの子会社として、ハウスエージェンシー(専属の広告会社)的性格も併せ持つ企業であった。

概要[編集]

1934年、活版印刷会社「共成社印刷」として創業。1990年に教育総研(現在のワオ・コーポレーション)のグループ企業となり、1995年より社名変更。全面的に事業転換。

近畿大学甲南大学など関西圏の大学のほか、全国各地で大学・私立中学校・高等学校との取引実績を持ち、ウェブサイトやパンフレット、リメディアル用のeラーニングシステム・教材、「Campus EOS」「TAG BLOCKS」などのWebアプリケーションを提供してきた。

また、「大学ユニバーサル・アクセス時代」における大学改革のための支援セミナーを東京・大阪で毎年主催。大学広報のWebへの戦略転換など、大学サバイバルのための変革をセミナーでもサイトでも呼びかけていた。

かつての社名の由来であった「A.R.T.」(アート)は、「芸術」を指す語ではなく、事業コンセプトである「正しい構想(Architecture)を具現化(Realization)すれば、おのずから味わい(Taste)を持った個性が姿を現す」の頭文字を取ったものである。

2011年(平成23年)4月1日に、親会社の株式会社ワオ・コーポレーションと統合し、同社の文教ソリューション事業部となる。

事業内容[編集]

  • 企業PRCIイベント及びSP企画
    • インターネットビジネスの企画(ウェブサイト制作等)
    • 一般広報制作(パンフレット・DM・新聞広告等)
    • 販促ツール開発(各種販促グッズ・ポスター等)
    • 各種イベントの企画及びブースデザイン等
  • DTP印刷/出版編集部門
    • 教育関連書籍・各種情報誌・電子出版(CD-ROM等)
    • 一般教材・テキスト・テスト
    • 各種組版
    • 各種印刷
  • 映像部門
    • 会社PRビデオ・学校案内ビデオ・ビデオ社内報
    • 各種マニュアルビデオ・CM制作(テレビ・ラジオ)

所在地[編集]

 

 


 


 


 

 

D-COLORS(ディーカラーズ)

株式会社D-COLORS(ディーカラーズ)は、アニメーション制作のうち、仕上げ(デジタルペイント)工程作業を主な事業内容とする日本の企業。

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
202-0015
東京都西東京市保谷町3-24-25
メゾン武蔵パート2 1B
設立 2011年1月

 

 


概要[編集]

2005年、東映アニメーションの仕上げ下請けを担当しているスタジオピーコックのスタッフの一部が独立して設立。2011年法人化。仕上げのみに特化しているのが特色。国内での処理に注力しており、色指定・トレス・ペイント・特殊効果・仕上げチェックなどを行っている。特定の制作スタジオとは関わりの少ない独立系の仕上げスタジオ。以前は同市柳沢6-1-1西武柳沢HBビル3Fにあった。多くの作品の場合、「D-COLORS」「D-colors」「ディーカラーズ」とクレジットされている。

 

 

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

Webアニメ[編集]

 


 

J&Kコーポレーション

株式会社 J&Kコーポレーション(英:J&K CORPORATION Co,LTD.)は、日本のアニメーションの原画・動画・仕上げ・背景作業を主な事業内容とする日本の企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
178-0063
東京都練馬区東大泉2-8-1
パレスフォンテーンⅠ 405号
設立 2007年(日本での業務窓口会社として)


概要[編集]

1996年に動画・仕上げを請け負うために前身である中国常州金鈴美術制作有限公司を設立。

長らく日本のアニメ制作会社数社と提携し専属で業務を請け負っていたが、 事業拡大に伴い他社からの仕事も受注できるように日本国内にて業務窓口会社J&Kコーポレーションを設立する。クレジットは主にJ&Kコーポレーションまたは、J&Kと表記される。

 

 


 

Wish[ウィッシュ] (アニメ制作会社)

有限会社Wish(ウィッシュ)は、アニメーション製作を主な事業内容とする日本の企業。

 

本社所在地 日本の旗 日本
177-0042
東京都練馬区下石神井4丁目1番3号
コンパスコートニークラ 2F
座標北緯35度43分41.0秒 東経139度36分29.0秒
設立 2005年2月4日

 


概要[編集]

練馬アニメーション協議会会員

東京都練馬区に有限会社Wishを創立。 2009年、『メタルファイト ベイブレード』で初のグロス請けを行った。

1980年に開設された日本サンライズ(現:サンライズ)の仕上げ部門が1987年の組織改変に伴い独立し、発足した仕上スタジオである有限会社エムアイがその前身である。2005年には、エムアイより現在の代表取締役(当時は取締役)である佐々木尚子が独立し、東京都練馬区に有限会社Wishを創立。同年にエムアイとの間に営業譲渡契約を果たし、仕上・作画業務の全てを譲り受けて現在に至る。現在、数多くの仕上げグロスを請け負っており、仕上げ業務では国内大手のスタジオである。

多くの作品の場合、「Wish」「WISH」「wish」とクレジットされる。

 


 

スタジオたくらんけ

スタジオたくらんけ(正式名称:有限会社スタジオ・たくらんけ)はアニメーション制作のうち、作画作業の請負を主な事業内容とする日本の企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0023
東京都杉並区上井草2-44-7
小出ビル1階
設立 1987年9月


概要[編集]

サンライズの制作出身の近藤康彦が、山田浩之らと共に1987年に設立した。アニメーションの作画下請け会社である。なお、「たくらんけ」とは北海道方言で「馬鹿者」「悪ガキ」の意味である。主にアニメーション制作、原画動画の作画作業の請負などが主である。しかし、一部スタッフの中には演出で参加する者もいる。

2014年、山田浩之を代表取締役として「株式会社たくらんけ」が設立された。

 

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

劇場映画[編集]

ゲーム[編集]

 

 

主要取引先[編集]

アニメーション関連[編集]

 

ゲーム関連[編集]

 




 

アートアニメスタジオ

有限会社アートアニメスタジオは、大田区に所在する日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
146-0082
東京都大田区池上6-29-11 アートビル 
設立 1964年10月


概要[編集]

1964年10月設立。アニメーション制作のほか、マンガ制作や3DCG制作、通信講座を手がけるなど業務内容は多岐に渡る。アニメーション制作においては、主にエイケン作品のグロス請けを手がけることが多い。

 

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場映画[編集]

OVA[編集]

絵本[編集]

ゲーム[編集]

 

 



スタジオ・タージ

株式会社スタジオタージは、アニメーション制作のうち、仕上げ作業の請負を主な事業内容とする日本の企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
187-0003
東京都小平市花小金井南町3丁目37番21-10号
設立 1979年12月

 


概要[編集]

竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)でアニメーションの仕上をしていた土屋透治が、独立して設立した仕上専門のスタジオで、業界の仕上スタジオとしては老舗となる。主にシンエイ動画ぴえろオー・エル・エムの制作作品に携わる事が多い。多くの作品の場合、「スタジオ・タージ」、「スタジオタージ」とクレジットされる。英語表記は「STUDIO TARGE

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

 

 


アトリエPlatz(アトリエプラッツ)

株式会社アトリエPlatz(アトリエプラッツ)は、アニメーション制作のうち、背景美術制作を主な事業内容とした日本の企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
202-0021
東京都西東京市東伏見3-2-2
伏見外科ビル2F
座標北緯35度43分39.8秒 東経139度33分54.2秒
設立 2013年10月


会社概要[編集]

スタジオ・イースター出身の松本浩樹が2013年10月に設立し、一部のスタッフが当社に移籍した。

スタッフ[編集]

  • 矢野裕子
  • 西村一
  • 小山紗智子
  • 吉村葉月
  • 鶴町美帆
  • 藤井かおり
 

担当作品[編集]

松本浩樹