鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] (後半) 其之肆

 

 

スタジオカフカ

スタジオカフカは、日本アニメ制作会社。株式会社ツインエンジンの子会社。

 

本社所在地 日本の旗 日本
164-0003
東京都中野区東中野1丁目11番7号
イカットビル6F
設立 2020年10月14日


概要[編集]

魔法使いの嫁」の新たなOADシリーズである「魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士」の制作を目的にツインエンジンの子会社として設立。主なスタッフには「ヴィンランド・サガ」などのキャラクターデザインを担当した阿比留隆彦、「オーバーロード」などの絵コンテ、演出を務めた寺澤和晃などが在籍している。

 

作品履歴[編集]

OVA[編集]

タイトル
2021年 魔法使いの嫁 西の少年と青嵐の騎士

 

関連人物[編集]

製作[編集]

  • 成瀬晃一

演出家・アニメーター[編集]

  • 阿比留隆彦
  • 寺澤和晃

 

ABOUT

「高い熱量で本を煮詰め、アイデアのスパイスを加えながら、最高のアニメーションを作り上げる」

スタジオカフカには同じ理想と熱い夢を持ったクリエイターが集い、“ここでしか作れないアニメーション”を目指して
日々作品と向き合っています。

『丁寧な画面作り』

これがカフカの合言葉。
観る人を魅了し、誰かの心に棲みつく、忘れられない一本を ━━

ACCESS

 

 

サンシャインコーポレーション

株式会社サンシャインコーポレーション (Sunshine Corporation) は、アニメーションを中心としたテレビ番組、映画、CMの制作および販売を主な事業内容とする日本企業

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0033
東京都杉並区清水三丁目16番7号
設立 1985年3月25日


事業内容 アニメーションを中心としたテレビ番組、映画、コマーシャルの制作および販売

 

概要・沿革[編集]

1980年に創業し、1985年3月に「株式会社サンシャインコーポレーション・オブ・ジャパン」として法人組織化されたアニメーション制作会社である。設立当初はエイケン作品の下請け受注を主業務としていたが、1989年エイケンと共同制作した『シートン動物記』よりテレビアニメーションの元請制作を開始した。その他の元請制作作品として『クッキングパパ』や『まもって!ロリポップ』等があるが、同社は元請で制作するよりも、他社からのグロス請けでアニメ制作に参加するほうが多い。2008年3月、本社とデジタル事業部を統合し東京都杉並区清水へ移転。それに伴い、社名を「株式会社サンシャインコーポレーション」に変更した。2008年10月、デジタル事業部を分社化し、関連会社「デファー」を設立した。

多くの作品の場合は、「サンシャイン」、「サンシャイン・コーポレーション」、「サンシャインコーポレーション・オブ・ジャパン」、「SSC」等の名義でクレジットされる。

 

主な担当作品[編集]

制作元請[編集]

制作協力[編集]

企業名は、制作元請の担当企業。

 


 

スタジオキャブ

有限会社スタジオキャブは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする、日本東京都武蔵野市に本社をおく企業である。

 

本社所在地 日本の旗 日本
180-0023
東京都武蔵野市境南町二丁目13番2号
寿ビル3階
設立 1990年9月


概要・沿革[ソースを編集]

1990年9月『それいけ!アンパンマンTVシリーズの制作をきっかけとして、同作に制作参加していたフリーの演出家5名で設立。代表はマッドハウススタジオあんなぷる出身の大賀俊二。スタジオを練馬区南田中のワンルームマンションとし、演出のみの受注を生業としていたが、2001年からCM・OVAなどのグロス請けが増し、制作部門を持つこととなる。同時に現在の武蔵野市境南町に移転した。

 

主な参加作品[ソースを編集]

テレビアニメ[ソースを編集]

テレビスペシャ[ソースを編集]

OVA[ソースを編集]

劇場映画[ソースを編集]

ゲーム[ソースを編集]

 


アンサー・スタジオ

株式会社アンサー・スタジオThe Answer Studio Co., Ltd.)は、アニメーション制作を主な事業内容とする日本企業日本動画協会準会員。

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0043
東京都杉並区上荻四丁目29番15号
さくら上荻ビル
設立 2004年6月

 


概要[編集]

東京ムービー新社(現:トムス・エンタテインメント)で『ロボタン(1986年版)』などのプロデューサーを務めた徳永元嘉が、スタジオぎゃろっぷで制作を経て1989年に「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ・ジャパン」を設立。2004年に閉鎖後、同年6月に設立した。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

放映年 タイトル 備考
2004年-2006年 ネポス・ナポス アニメーション制作担当、元請:OLC・ライツ・エンタテインメント
2004年-2006年 スーパー・ロボット・モンキー・チーム・ハイパーフォース GO! 制作担当、元請:ジェティックス・アニメーションコンセプツ
2005年 雪の女王 〜THE SNOW QUEEN 各話制作協力 元請:トムス・エンタテインメント
2007年-2009年 トランスフォーマー アニメイテッド 各話制作、元請:カートゥーン・ネットワーク・スタジオ、シーズン2まで
2008年-2009年 ゴルゴ13 アニメーション制作全般
2010年 ルパン三世 the Last Job 制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2010年 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム CGIアニメーション制作協力
2010年 スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜 各話制作協力、元請:シンエイ動画
2011年 大人女子のアニメタイム「川面を滑る風」 アニメーション制作全般
2012年- しまじろうのわお! CGIアニメーション制作
2014年 凪のあすから 各話制作協力、元請:ピーエーワークス
2017年 それいけ!アンパンマン 各話制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2018年 ルパン三世 PART5 各話制作協力、元請:トムス・エンタテインメント

劇場アニメ[編集]

公開年 タイトル 備考
2005年 劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 CGIアニメーション制作、元請:トムス・エンタテインメント
2007年 甲虫王者ムシキング スーパーバトルムービー 〜闇の改造甲虫〜 CGIアニメーション制作、元請:トムス・エンタテインメント
2007年 FLAG 劇場版 一千万のクフラの記録 アニメーション製作全般、TEAM FLAG/Aniplex・The Answerstudio
2009年 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ劇場版 アニメーション制作、元請:サンライズ
2009年 それいけ!アンパンマン ばいきんまんvsバイキンマン!? 制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2011年 鬼神伝 制作協力、元請:ぴえろ
2011年 星を追う子ども アニメーション制作協力、元請:コミックス・ウェーブ・フィルム
2011年 劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン 制作協力、元請:オー・エル・エム
2012年 ぷかぷかジュジュ 平成23度若手アニメーター育成プロジェクト
2012年 放課後ミッドナイターズ CGIアニメーション制作協力、制作:アマゾンラテルナ、KOO-KI、モンブラン・ピクチャーズ
2012年 やなせたかしシアター ハルのふえ アニメーション制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2013年 劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとフフのだいぼうけん 〜すくえ!七色の花〜 共同制作:DASH・demand
2013年 それいけ!アンパンマン みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ 制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2013年 言の葉の庭 アニメーション制作協力、制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
2014年 劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとくじらのうた 共同制作:DASH・demand
2015年 劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとおおきなき 共同制作:DASH・demand
2016年 劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとえほんのくに
2016年 君の名は。 アニメーション制作協力、制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
2017年 劇場版 しまじろうのわお! しまじろうと にじのオアシス 共同制作:DASH
2018年 劇場しまじろう まほうのしまのだいぼうけん アニメーション制作全般
2018年 詩季織々 アニメーション制作協力、元請:コミックス・ウェーブ・フィルム
2019年 映画しまじろう しまじろうとうるるのヒーローランド アニメーション制作全般

Webアニメ[編集]

公開年 タイトル 備考
2006年 FLAG 製作: TEAM FLAG/Aniplex・The Answerstudio

OVA[編集]

公開年 タイトル 備考
2004年 The Cat That Looked At A King (Mary Poppins Short)
2007年 DOCTOR STRANGE
2008年 ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち
2007年-2008年 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ アニメーション制作担当  元請:サンライズ
2008年 やなせたかしメルヘン劇場 制作協力、元請:トムス・エンタテインメント
2010年 Batman: Under the Red Hood
2010年 Rainbow Magic Return to Rainspell Island
2010年 装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 アニメーション制作担当 元請:サンライズ
2011年 装甲騎兵ボトムズ 孤影再び アニメーション制作担当 元請:サンライズ
2011年 THOR SON OF ASGARD animated movie
2011年 ノラゲキ! CGIアニメーション協力、元請:サンライズ
2014年 Son of Batman
2015年 Batman vs. Robin  
2016年 Batman: Bad Blood  
2016年 Batman THE KILLING JOKE  

CM、映像[編集]

 


 

G&G Direction

(株式会社ジーアンドジーディレクション

G&G Direction(正式社名:株式会社ジーアンドジーディレクション)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とするG&G Entertainment傘下の日本企業一般社団法人練馬アニメーション会員。

 

本社所在地 日本の旗 日本
178-0063
東京都練馬区東大泉三丁目16番3号
ビー・エムビル
設立 2000年5月

 

B-M Building Nerima.jpg

東京都練馬区東大泉に所在するビルであるビー・エムビル。東京靴流通センター大泉学園店(1F、かつてはゲームショップ・シータが入居していた)、クローバー歯科(2F)、学習塾・英伸塾(3F)、アニメ制作会社G&G Directionなどが入居している。

 

概要・沿革[編集]

G&G Entertainmentの子会社として2000年に設立したアニメ制作会社である。 多くの作品の場合、「G&G Direction」「G&G DIRECTION」「G&Gディレクション」等の名義でクレジットされる。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

 

 


 

G&G Entertainment

(ジーアンドジーエンタテインメント)

 

G&G Entertainmentジーアンドジーエンタテインメント、英語表記:G&G Entertainment INC.)は、アニメーション映画制作を主な事業内容とする韓国企業

 

本社所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市九老区九老洞235
ハンシンIT TOWER 3F
設立 2000年5月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーション映画制作


概要・沿革[編集]

韓国でも大手アニメーション制作会社の一つである。業務としては海外(主に日本)が制作するアニメ作品の下請け作業を行うと同時に、『RAGNAROK THE ANIMATION』などの自社オリジナルアニメ作品を多数制作している。本社が設立された2000年5月ほぼ同時期には日本に子会社である株式会社ジーアンドジーディレクションを設立し、さらに幅広く制作活動を展開している。会社設立後の2006年には『きらりん☆レボリューション』を日本の制作会社SynergySPと共同制作した(2008年3月度まで)。さらには実写作品『ごめん、愛してる』の製作にも参加しているため、韓国のアニメ制作会社としては珍しい部類に位置づけられる。多くの作品の場合、「G&G Entertainment」「G&G」「ソウルG&G」とクレジットされる。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

実写作品[編集]

 


 

十文字 (アニメ制作会社)

株式会社十文字Jumonji)は、日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
181-0013
東京都杉並区久我山1−7−41
8号館3階
設立 2010年7月


作品[編集]

劇場映画作品[編集]

テレビシリーズ作品[編集]

ゲーム作品[編集]

その他[編集]

 


 

寿門堂

株式会社寿門堂(じゅもんどう)はアニメーション制作を主な事業内容とする日本の企業。

 

本社所在地 日本の旗 日本
178-0063
東京都練馬区東大泉6丁目50番7号
座標北緯35度44分54.6秒 東経139度35分0.5秒
設立 2009年12月
事業内容 アニメーション制作
代表者 杉本光司、見﨑誠治
従業員数 約70名

概要[編集]

2009年12月に練馬区大泉学園町に設立。主に二原動仕、動画・指定検査、線撮、撮影処理などの下請け業務を請け負っている。本社、武蔵野スタジオ、福岡スタジオの他、海外(ソウル大韓民国))に制作拠点を持つ。国内動仕を行っている数少ない動仕会社であり、日本人による作画監督、二原、動画、仕上げ、動画検査、指定検査が行われている。現在は、数多くの動仕グロスを請け負う国内大手のスタジオである。

動画工房が制作する元請作品のほぼ全てに関わり、同社作品の作画監督、原画、第二原画、動画検査、動画、色指定、仕上げ、撮影の全てに関わることが多い。動画工房元請作品によっては、動画・仕上げに関して他のスタジオにはほとんど発注せずに動画工房と当社のみで大半の作業を賄う作品もある。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

配信アニメ[編集]

 

 


 



スタジオフラッド

株式会社スタジオフラッドは、日本アニメ制作会社

本社所在地 日本の旗 日本
188-0011
東京都杉並区清水3丁目16番7号
井口ビル4F
設立 2013年7月3日


概要[ソースを編集]

アスリードの制作出身である岩本祥伯が2013年に設立。

作品[ソースを編集]

テレビアニメ[ソースを編集]

開始年 放送期間 タイトル 備考
2014年 4月 - 2015年9月 くつだる。 オープニングアニメーション制作
2018年 1月 - 3月 ダメプリ ANIME CARAVAN[1]  
2021年 7月 - 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 共同制作:ウルフズベイン

制作協力[ソースを編集]

 


小学館ミュージック&デジタルエンタテイメント

株式会社小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント(しょうがくかんミュージックアンドデジタルエンタテイメント、SHOGAKUKAN MUSIC & DIGITAL ENTERTAINMENT CO., LTD.、登記社名: 株式会社小学館ミュージックアンドデジタルエンタテイメント)は、東京都千代田区神田神保町に本社を置く一ツ橋グループの一企業。CD・レコード等の音楽ソフト原盤制作・販売、音楽著作権の管理、CMの企画・制作、デジタルコンテンツの企画・制作・運用等を業務の主体とする。小学館集英社プロダクションの子会社でもある。日本音楽著作権協会JASRAC)正会員。

 

本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町二丁目30番地
昭和ビル4階・5階
座標北緯35度41分44.2秒 東経139度45分20.6秒
設立 1998年8月3日

 


概説[編集]

1998年8月3日設立。音楽出版会社と映像制作会社、両方の特性を併せ持つ会社として業務を行っている。音楽出版については、小学館作品を中心とする楽曲の原盤制作・販売、著作権の管理等を行っている。映像制作は、他のアニメ会社が作るコンテンツの3DCG映像を中心に手掛ける。2000年代後半からは全編3DCGアニメの元請制作も時折行うようになった。制作する作品には大半が親会社の小学館集英社プロダクションが関わっているが、『とっとこハム太郎』シリーズでは自社で企画・制作も手掛けた。

その他、PC/スマートフォン/モバイル公式サイト、スマートフォンアプリ、各種クロスメディアプロモーションの企画・開発・運用も行っている。

 

関連番組・作品[編集]

TV番組[編集]

3DCG制作担当作品[編集]

アニメーション制作担当作品[編集]

番組制作担当作品[編集]

劇場版作品[編集]

3DCG制作担当作品[編集]

アニメーション制作担当作品[編集]

作品制作担当作品[編集]

関連人物[編集]

監督・演出・CGディレクター[編集]

  • 服部恵大
  • 谷桃子
  • 波田
  • 滝田勇介
  • 西村博英
  • 安田兼盛
  • 鈴木勇介
  • 河野貴弘
  • 峯沢琢也
 

脚本家[編集]

 

 

 


 

スタジオブラン

株式会社スタジオブランStudio Blanc.Co.,Ltd.)は、日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
177-0051
東京都練馬区関町北3-23-16 1F
設立 2008年9月3日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 江里口武志(代表取締役


作品[編集]

テレビアニメ[編集]

制作協力[編集]

 

 

 

 

スタジオリング

スタジオリングは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業。 商号は株式会社スタジオリング

 

本社所在地 日本の旗 日本
202-0015
東京都西東京市保谷町6-2-4
設立 2014年7月
業種 情報・通信業
法人番号 7012401024314 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・制作・作画・動画・仕上


概要・沿革[編集]

2014年7月、スタジオイゼナの制作デスクを務めた高木秀仁がアニメーションの企画・制作スタジオとして設立した。 設立当初から、以前より付き合いのあるジーベック作品を中心にグロス請けを行っている。 2018年、動仕部を設立し、海外動仕の受注も行っている。2019年1月に本社を移転。現在はジーベック以外の会社作品のグロス請けも多く見られる。

 

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

 

 

スタジオ・ザイン

有限会社スタジオ・ザインは、日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺東町3-17-4
設立 1984年11月


概要[編集]

アニメーター演出家だった尾崎正善が、日下部光雄飯村一夫らと共に活動していたザ・インを元に設立したアニメ制作会社。主にグロス請け中心だが、他社から実制作を請け負ったり、所属メンバーがメインスタッフとして抜擢される事も多い。

2019年に本社を武蔵野市吉祥寺南町から武蔵野市吉祥寺東町に移転した

 

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

テレビスペシャ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]