アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] (後半) 其之貳

 

 

ウェイブ (企業)

株式会社ウェイブ(WWWave Corporation)は、電子コミック出版とアニメ制作のコンテンツ制作事業と、webサービスを提供する企業。

 

本社所在地 日本の旗 日本
170-6015
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 15F
設立 2010年4月9日

 

Sunshine 60.JPG

サンシャイン60(東京都豊島区)

 

沿革[編集]

  • 2010年4月9日 - インフォコムを退職した関口航太の全額出資により株式会社ウェイブを設立
  • 2010年5月 - 電子コミック出版事業を営業開始。
  • 2012年1月 - Android端末向けコミックサイト「Comic Festa」オープン
  • 2012年9月 - コミックサイト「Comic Festa」がiPhoneに対応[2]
  • 2013年2月 - iPhoneアプリ「禁断DNA」リリース[3]
  • 2014年9月 - フルカラーの電子コミックレーベル「COMIC維新」創刊
  • 2014年11月 - リアル謎解きアプリ「nazotto」リリース[4]
  • 2014年12月 - スマートフォン向け野球ゲームアプリ「Extreme Strikeout」リリース[5]
  • 2015年1月 - 株式会社彗星社を設立
  • 2015年6月 - 株式会社彗星社、書籍出版を開始
  • 2016年7月 - 絵本アプリ「えっほー」をリリース[6]
  • 2016年10月 - 女性向け恋愛ゲーム『手錠付き◆アイドル共同生活!』リリース[7]
  • 2016年8月 - スマートフォン向け乙女ゲーム『HalfBlood-境界で揺れる恋』リリース[8]
  • 2017年2月 - 合同会社ブラスト出版を設立
  • 2017年3月 - 動画配信サービス「Anime Zone」オープン[9]
  • 2017年4月 - TVアニメ『僧侶と交わる色欲の夜に…』放送開始
  • 2017年7月 - 電子コミックレーベルWコミックスを「スクリーモ」に名称を変更[10]
  • 2018年3月 - 英語圏向けのコミック販売サイト「Coolmic」をリリース
  • 2018年5月 - iOS/Android専用アプリ『ダッシュ!』リリース[11]
  • 2019年12月 - ARギフト「okucoco(オクココ)」販売開始[12]
  • 2020年1月 - DVD付き絵本『ベジベジベジベジ・ベジタブル!』を発売
  • 2020年3月 - 電子コミックレーベル「COMIC維新」を5レーベルに変更
  • 2020年8月1日 - AI搭載の3Dホログラムキャラクターと会話できる体験型エンターテインメント施設「Prhythm☆StellA(プリズムステラ)」を池袋にオープン(当初は「2020年春オープン」を予定していたが、新型コロナ感染症の流行に伴い延期。その後、7月1日 - 31日までプレオープン期間とした)

 

アニメ制作[編集]

ウェイブは、製作委員会方式に頼らず、自社の費用で自社のオリジナルコンテンツをアニメ化している。

studio HōKIBOSHI[編集]

studio HōKIBOSHIはウェイブのアニメーション制作スタジオ。主に、Comicfestaアニメ作品のうちBL・メンズ作品を中心に製作している。

 



 

 

 

 

Flying Ship Studio(フライングシップスタジオ)

株式会社Flying Ship Studio(フライングシップスタジオ)は、児童向けアニメーション作品を中心に、3DCG、2D、コマ撮りクレイアニメ、などを展開する中野区の映像制作会社。2016年11月に合同会社NEFT FILMから分社化し、株式会社となった。

 

本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区本町6-35-14アダチビル6F・8F
設立 2012年7月
業種 情報・通信業
法人番号 7011203001793 ウィキデータを編集
事業内容 主に3DCGを活用した、映像作品の企画、制作、配信及び販売


概要[編集]

3DCGを主軸としてTVアニメ作品、劇場アニメ作品、CM、PV、アーティストMV、ゲームムービーや、児童向け作品など、多岐にわたる映像制作を行うCG会社。セルルック表現の3DCGアニメから、絵本のようなCG表現、Vrayなどを用いたフルCG映像表現など様々なジャンルの映像作品を手がける。

主な作品[編集]

2018年

2017年

  • PV『オフロードガールズ』(3D監督・モデリング・アニメーション)
  • CM『ぽすくまポッスー!ダンス』(監督・演出・絵コンテ・モデリング・アニメーション・コンポジット)
  • CM『ぽすくま「ドキドキのごあいさつ」』(監督・演出・絵コンテ・モデリング・アニメーション・コンポジット)
  • CM『ペネロペ「プラス糀 糀甘酒 緑の丘篇」』(演出・アニメーション制作)
  • CM『VS SAMURAI羅兎薔薇』(モンスターモデリング)


2016年

2015年

 

2014年

2013年

2012年

 



 

 

 

 

 

NEFT FILM(ネフトフィルム)

合同会社NEFT FILMNEFT FILM. LLC.)は、2012年7月に代表3名により合同会社として設立。子供向けアニメーション制作を中心として、3DCGアニメーション、2Dアニメーションコマ撮りクレイアニメーション駆使し、多彩なビジュアルワークを展開している日本の企業。2016年11月1日付で株式会社Flying Ship Studioに商号変更し、アニメーションプロデュース事業を合同会社UWAN Picturesに分社化した。

 

本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区本町6丁目35番14号
アダチビル8F
設立 2012年7月
業種 情報・通信業
事業内容 コンピューターグラフィックスを使用した映像の企画制作

 


 

 

主な作品[編集]

テレビアニメ作品[編集]

映画作品[編集]

CM作品[編集]

ゲーム作品[編集]

  • ポコロンダンジョンズ(制作参加、2014年)
  • ドラゴンエクリプスPV(制作、2013年)

その他作品[編集]

 


合同会社NEFT FILM会社分割のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、当社は平成28年11月1日をもって、合同会社NEFTFILMの2D3Dアニメプロデュース事業及び、3DCG制作の事業をそれぞれ会社分割により承継することを決定しましたので、お知らせいたします。

新会社名称
・2D3Dアニメプロデュース事業 【合同会社UWAN Pictures】
・3DCG制作事業 【株式会社 Flying Ship Studio】

合同会社UWAN Picturesは深瀬を代表とし協力会社と共にアニメーション制作・プロデュース・保有コンテンツを日本や海外に売り出すIPプロデュースまた、今までの2Dワークの制作業務を承継いたします。

社名:合同会社UWAN Pictures
HP:http://uwanpic.com/
住所:〒168-0081 東京都杉並区宮前3-23-5
電話:090-6138-2636
メール:uwanpictures@uwanpic.com

株式会社 Flying Ship Studioは沼口を代表として引き続き高柳と共に3DCG制作業務を承継いたします。
制作オフィスの所在地、連絡先等は(現NEFT FILM)から変更はございません。

社名:株式会社 Flying Ship Studio (Flying Ship Studio Inc.)
HP:http://www.flyingship.co.jp/
住所:〒164-0012 東京都中野区本町6-35-14 アダチビル6・8階
電話:03-6304-8181
メール:info@flyingship.co.jp

新会社2社は互いに業務提携をいたしておりますので、ご用命の折にはこれまでと変わらず、お取引のございました担当者(深瀬もしくは沼口・高柳)へご連絡いただいて構いません。

今回の会社分割により、企業体質の強化、事業運営の円滑化を計ることができ、今後も、お取引様の発展にも寄与できますことと確信しております。また、従業員一同も気持ちを新たに業務に勤しんでまいりますので、今後とも相変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 


 

 

 

NEFT SOUNDは、3DCGアニメーション、クレイアニメーション、2Dアニメーション、実写を中心に映像制作をしているNEFT FILMの音制作部門です。
アニメーション制作の経験から、クオリティの高い声の演出をご提供いたします。

社名 合同会社NEFT FILM
NEFT FILM. LLC
所在地 〒164-0012 東京都中野区本町6-35-14
アダチビル8F
役員 沼口雅徳(代表社員)
深瀬沙哉
高柳陽
設立 2012年7月 法人成り
資本金 3,000,000円
事業内容 TV、ビデオ、CM、その他映像ソフトの企画、制作及び販売
インターネットによる映像コンテンツの企画、制作、配信及び販売

主要取引先

 


 

 

 

HORNETS(ホーネッツ)

株式会社HORNETS(ホーネッツ)は、日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
184-0004
東京都小金井市本町1丁目6番2号
ソウェイルビル
設立 2013年12月27日

 


 

事業内容 2Dアニメーション制作
ゲーム・遊技機の映像制作
キャラクターデザイン・イラスト制作

 

 

概要[編集]

SynergySPでプロデューサーを務めた八田正宣と撮影チーフを務めた坪内弘樹が独立し、2013年12月に設立。

2016年、アニメ撮影スタジオの『T Plus』が分社化。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
2020年 1月 - 3月 ソマリと森の神様[1] サテライト

Webアニメ[編集]

  • コロコロ40周年企画(2017年)

CM[編集]

ゲーム[編集]

制作協力[編集]

 

 


 

 

暁 (アニメ制作会社)

 株式会社暁(あかつき)は、日本アニメ制作会社

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0043
東京都杉並区荻窪2-3-4
ゆうでん荻窪ビル2階
設立 2016年2月15日

 

 

 

主要株主 盧国華 100%

作品履歴[編集]

アニメ制作協力[編集]

タイトル 制作元請
2016年 ハイスクール・フリート プロダクションアイムズ
TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より- トムス・エンタテインメント
シンエイ動画
2017年 チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜 テレコム・アニメーションフィルム
グラフィニカ
クロックワーク・プラネット ジーベック
2018年 サンリオ男子 ぴえろ
ヒナまつり feel.
パズドラ ぴえろ

ゲーム[編集]

 

 

 


 

 


COMPANY PROFILE

経営理念
アニメ業界に夜明けを――
暁は2016年2月にできたばかりの新しいアニメ会社です。「アニメ業界に夜明けをもたらす存在になりたい」という思いを込めて、会社を「暁」と名付けました。
残念ながら、アニメ業界は低賃金、長時間労働が常態化しています。弊社ではそのような労働条件を改善し、制作やクリエイターに利益を還元できるビジネスモデルを作ろうと、日夜奮闘しています。
その一例として、弊社では企画やオリジナル作品を製作し、メーカーや製作委員会から出資してもらう形だけではなく、自社からブランドを運営・社外へ発信し、権利や成果物の2次利用で、スタッフに還元出来るような体制作りしております。
新しいことにチャレンジしている弊社でありますが、まだまだ小さなスタジオで、企業としてようやく創業期~成長期となります。
夜明け前から拓ける暁に向かって、ともに成長していく物語にぜひご参加ください。
社名株式会社暁 (Akatsuki Co., Ltd.)
設立日2016年2月15日
資本金5,500,000円
スタッフ10人
代表者代表取締役社長 盧 国華
スタジオ〒167-0043東京都杉並区上荻2-3-4 ゆうでん荻窪ビル2階
代表: 03-6913-6062直通: 070-5367-9830(海外動仕課)FAX : 03-6913-6068

 

 

JR中央・総武線東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅 徒歩8分
JR総武線 西荻窪駅 徒歩15分

【グループ企業】火鳥動画制作集団アナログ作画スタッフ:約200人デジタル作画スタッフ:約60人
事業内容アニメーション企画・制作キャラクターデザイン・色彩設計絵コンテ・演出・作画・制作協力海外動仕・二原動仕(デジタル・紙作業両方可能)国際ライセンシングなど
主な取引先株式会社プロダクション・アイジー株式会社オー・エル・エム有限会社フィール有限会社MAPPA株式会社スタジオサインポスト株式会社トロイカ株式会社シルバーリンク株式会社マカリア株式会社ドライブ株式会社セブン・アークス株式会社Studio五組株式会社CloverWorks株式会社ギークトイズ有限会社アゼータ・ピクチャーズ株式会社ぴえろ
以下略

 

 

ウルフズベイン

 株式会社ウルフズベインは、日本アニメ制作会社

 

 Wolfsbane Logo.png

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央5丁目10番6号
HHSビル2F
本店所在地 166-0015
東京都杉並区成田東4-34-12
池田ビル301
設立 2017年

 



 

事業内容 ビデオ、コンピューターグラフィック、アニメーションの映像化、視聴化の企画、制作、編集及び販売

 

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
2020年 7月 - 9月 ピーター・グリルと賢者の時間[1][2]  
2021年 7月 - 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[3] スタジオフラッド

制作協力[編集]

 

 


 事業内容1.ビデオ、コンピューターグラフィック、アニメーションの映像化、視聴化の企画、制作、編集及び販売

2.映像、音楽、出版に関する著作権著作隣接権、商標権、意匠権特許権の取得、譲渡、使用許諾及び管理

3.イベントの企画、制作

4.広告宣伝に関する企画、立案、制作業

5.前各号に付随又は関連する一切の業務

 

エー・ライン

 有限会社エー・ラインは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業

 

本社所在地 日本の旗 日本
165-0021
東京都中野区丸山一丁目12番8号
設立 2000年12月

 

 


概要[編集]

竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)の子会社であるアニメフレンドの撮影出身の橋本和典がスタジオパートナーの撮影スタッフ、葦プロダクションJ.C.STAFFアクタスの制作及びプロデューサーを経て2000年に設立し、翌年に制作した『パチスロ貴族 銀』より元請制作を開始した。2003年ピクチャーマジックと共同制作した『トゥルー・ラブストーリー』を最後に元請制作は行っていない。その後は主としてボンズJ.C.STAFF東映アニメーションの下請けを主としていたが2005年に代表の橋本がゼクシズの制作プロデューサーを兼任。以降はそれに加えゼクシズ制作作品のグロス請けを中心に活動している。

多くの作品の場合、「A-Line」、「A-LINE」等の名義でクレジットされる。

 

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

劇場映画[編集]

 

http://a-line.tokyo/

※ アニメーション制作会社 エー・ライン 公式サイト。

東京都内のアニメ製作会社なら中野区の有限会社 エー・ラインと謳い文句が掛かれています。

 

アニメーションから、楽しさと感動の世界を作ります!

"バディファイト100"や"ドラゴンボール超"など有名な作品からコアな作品まで幅広く製作しております。

A-lineは平均年齢も若いスタッフで構成しているアニメ制作会社です。

若いメンバーの多い会社ですが、各自自分の仕事の内容等に責任感を持ち、日々実力を向上させています。

是非お気軽にお問い合わせください。

しっかりとお打合せの上製作に入らせて頂きます。

 

 

 

私たちと一緒に働きませんか?

経験者から未経験の方まで幅広く募集をしております。
アニメやゲームが好き
アニメ業界に憧れをもっている方
是非A-Lineにお越しください!

ただ、アニメ業界は楽しいばかりの世界ではありません。
アニメや一つの作品に対する熱や愛をもっている方
是非一緒に素晴らしい作品を世に贈り出しましょう!

 

 

会社情報

有限会社 エー・ライン

住所
〒165-0021
東京都中野区丸山1-12-8 EFGビル6F
アクセス
西武新宿線 野方より徒歩10分
西武池袋線 練馬 関東バス 6月番乗り場より中野北郵便局下車 徒歩2分
JR高円寺駅北口     関東バス2番3番乗り場より中野北郵便局下車 徒歩3分 
TEL
03-5318-5041
MAIL
a.line.animation.tokyo@gmail.com
受付時間
10:00~18:00

 

 

企業理念

私たちの会社が目指すかたち、それは「豊かな森」です。

さまざまな個性が集い、柔軟に結びつき、
大きく枝を張った木々。

創造力に富み、人々を惹きつける木陰が生まれます。

その木陰は一枚の絵。

その木陰は千枚の絵。

その木陰はひとつの作品。

そして、それらを創り上げるひとつの個性はひとつの芽吹き。

私たちは、新たな芽吹きの瞬間に立ち会い、その芽の成長を見守り、
共に、活き活きとした森創りを目指しています。

たった一人で何事かを成し遂げ、何者かに成り得ることなど可能なことでしょうか。

誰しも、できるものなら、苦労なく、気楽に、素早く、達成感や充実感なるものを手に入れたい。

そして、多くの報酬を得たいと思いがちです。

それは、決して間違いではなく、むしろ、当然のこと。

けれど、何かを成し遂げるには、個人ひとりひとりの
「情熱」と「自立への覚悟」が不可欠なのではないでしょうか。

私たちは、その個人を支える環境と組織形態の在り方を常に考えています。

多様化の激しい時代だからこそ、変わってはいけない
「個と個の出会いの大切さ」が最も重要な、「豊かな森」創りへの
スタートだと考えます。

私たちは待っています。新たな可能性に富む個性との
出会いを。

大きく枝を張りつつある多くの個性と共に―。

 

f:id:nihon2680:20210415135129p:plain

 

部署紹介

有限会社エー・ラインは、アニメーション制作会社です。
企画から納品までを行う作業を簡単少し紹介します。

制作部

 

制作部は、製作の全工程に関わっています。
予算や各部署の作業の流れの段取り、打ち合わせも行っています。アニメ制作にとってとても重要な仕事を担っています。

作画

 

作画では、皆様ご存知のとおり作品の絵を制作していきます。
各アニメーターが描いた作画のチェックや修正なども行っています。

デジタル作画を始めました。

仕上

 

アニメを制作するにあたって、最終的な段階になります。彩色や特殊仕上げを行います。パソコンをフル活用して、キャラクターの動きに迫力をつけたりなど、画像効果を高めていきます。

 

 

アナザープッシュピンプランニング (A.P.P.P.)

 

有限会社アナザープッシュピンプランニングAnother Push Pin Planning Co.,Ltd. 略称: A.P.P.P.)は、日本アニメ制作会社

虫プロダクションの演出家であった野村和史が、西崎義展が設立した東京動画(後のウエスト・ケープ・コーポレーション)、じんプロダクション、AICを経て1984年に設立した。多くの場合「A.P.P.P.」の略称で表記される。過去には『プロジェクトA子』等の元請制作をしていたが、現在は他社からのグロス請け動画制作を中心に活動している。

 

本社所在地 日本の旗 日本
167-0042
東京都杉並区西荻北4-6-15
設立 1984年6月22日
業種 情報・通信業
法人番号 3012702000158
事業内容 アニメーションの企画・制作

 


 

作品履歴[編集]

テレビシリーズ[編集]

ビデオシリーズ[編集]

Webアニメ[編集]

劇場作品[編集]

 

 

 


 


 

エッグ (アニメ制作会社)

 株式会社エッグは、アニメーションの制作を主な事業内容とする日本企業

 

本社所在地 日本の旗 日本
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目51番6号
設立 1981年4月2日

 

 


概要・沿革[編集]

1981年にCM制作のポストプロダクションとして東京都渋谷区に設立した「有限会社エッグ」(以下、エッグ)がその発祥である。創業当初は主としてCM作品の編集作業を請け負うのが主だったが1983年よりアートディレクション業務を請け負うようになり、1989年に本社移転をした。1991年に株式会社に組織変更。それと同時期に『ひらけ!ポンキッキ』のアニメーション部分を担当したことを契機にアニメーション制作事業を始めることとなり、翌年の1992年に初の自社元請制作作品として『カメレオン』、『オフサイド』の2作品を制作するも同年に制作した『9×9算ス』以降は主に教育ビデオの制作を主とした。

2002年制作のアニメである『アソボット戦記五九』よりテレビシリーズに進出。それとほぼ同期にアニメーション制作スタジオを東京都練馬区に開設した。2004年頃からはテレビシリーズの制作だけでなくテレビCMのアニメーション部分も担当している。

 

 

主な作品

 

テレビシリーズ[編集]

TVCM[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

 


 

株式会社エッグ

設立年月日
昭和56年(1981年)4月
資本金
2000万円
代表取締役
地引和夫
従業員数
12名(2012年1月現在)
契約社員除く
所在地
 186-0011
東京都国立市谷保6772-14
TEL : 042-505-4573
MAIL: info@egg-inc.jp
系列会社
有限会社 アナハイムエンターテインメント
主要取引先
日本放送協会
(株)NHKインターナショナル
(株)NHKエデュケーショナル
(株)NHKエンタープライズ
(株)総合ビジョン
(株)フジテレビ
(株)共同テレビジョン
(株)フジクリエイティブ
(株)テレビ朝日
(株)BS朝日
(株)テレビ東京
北海道テレビ放送(株)
(株)電通
(株)電通東日本
(株)博報堂 DY
(株)ADK
(株)東急エージェンシー
(株)日本経済広告社
(株)日本経済社
(株)JR東日本企画
(株)JR東海エージェンシー
(株)講談社
(株)小学館
(株)小学館集英社プロダクション
(株)角川書店
(株)学研ホールディングス
(株)ベネッセ・コーポレーション
(株)ブロンズ新社
(株)タカラトミー
(株)セガトイズ
(株)バンダイ
(株)バンプレスト
コナミ(株)
(株)アニプレックス
エイベックス(株)
(株)ポニーキャニオン
日本コロムビア(株)
(株)ソニー・ミュージックエンターテインメント
(株)電通テック
(株)映像ボックス
(株)イマジカ
(株)オムニバス・ジャパン
(株)マックレイ
(株)ヨコシネDIA

 

 

 


 

 

オクルトノボル

株式会社オクルトノボル:Okuruto Noboru Inc.)は、日本アニメ制作会社

 

Okuru to Noboru logo.jpg

本社所在地 日本の旗 日本
171-0022
東京都豊島区南池袋2丁目41番8号
池袋睦ビル3F
設立 2017年12月1日

 


概要[編集]

GONZOを経てdavid productionで制作を務めた古口王仁と『planetarian』を制作したスタッフらが独立する形で2017年に設立。

 

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
2018年 10月 - 12月 あかねさす少女[2] ダンデライオンアニメーションスタジオ
2021年 1月 - 3月 俺だけ入れる隠しダンジョン  
4月 - 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω[3] 手塚プロダクション

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

  • ドキドキ!ミニミニ!隠しダンジョン劇場(2021年)

制作協力[編集]

その他[編集]

  • あかねさす少女 CM/PV(2018年)

 

 


 

ダンデライオンアニメーションスタジオ

株式会社ダンデライオンアニメーションスタジオDandeLion Animation Studio Inc.)は、コンピュータグラフィックスを使用した映像の企画・制作を主な事業内容とする日本企業

 

Sankei dai2 Building Nerima.jpg

東京都練馬区東大泉に所在するビル・三慶第2ビル。アニメ制作会社のダンデライオンアニメーションスタジオが入居している。

 

本社所在地 日本の旗 日本
178-0063
東京都練馬区東大泉2丁目7番28号
三慶第2ビル
座標北緯35度45分7.4秒 東経139度5分37.6秒
設立 2007年平成19年)4月9日
事業内容 デジタルアニメーション映像及びアプリケーションソフトウェアの企画、制作及び販売 他

 


作品[編集]

劇場映画作品[編集]

テレビシリーズ作品[編集]

ゲーム作品[編集]

その他作品[編集]