アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] 其之拾伍

 

 

アニメ専門チャンネル一覧

アニメ専門チャンネル(アニメせんもんチャンネル)は、主にアニメを放送する専門チャンネルのことである。アニメ以外にも子供向け番組特撮番組、声優番組などを放送している。

 

日本のチャンネル[編集]

テレビ放送[編集]

基本的にはスカパー!スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光、全国の各ケーブルテレビIP放送を通じて視聴できる。ただし、局によって視聴方法が異なる。

 

Web配信[編集]

 

 

 

スカパーJSAT(スカパージェイサット)

スカパーJSAT株式会社(スカパージェイサット、英語SKY Perfect JSAT Corporation)は、日本通信衛星事業者、衛星放送プラットフォーム事業者(有料放送管理事業者)および有線一般放送事業者。法人格としては、現商号の「スカパー」に該当する株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズSKY Perfect Communications Inc.)の後身にあたる。本項では、その前身である同社についても併せて記述する。

 

スカパーJSAT株式会社
SKY Perfect JSAT Corporation

本社所在地の赤坂インターシティAIR

本社所在地の赤坂インターシティAIR

 

本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂一丁目8番1号
赤坂インターシティAIR
設立 1994年11月10日

 

 

概要[編集]

2008年10月1日スカパーJSATグループの中核事業3社のうち、スカパーを存続会社とし、衛星運営会社のJSAT株式会社、宇宙通信株式会社を合併して設立した。衛星インフラを主軸としている電気通信事業者であり、十数機の通信衛星を運用、アジア随一、世界有数規模の通信衛星保有企業となっている。大口利用者には、防衛省NTTグループ自治体衛星通信機構が挙げられる他、CS放送(CSによる衛星基幹放送事業者及び衛星一般放送事業者)、番組素材配信日本放送協会を含む基幹放送事業者)、ケーブルテレビ局向け番組配信日本デジタル配信)にも多くの衛星通信回線を提供している。うち、日本国内の衛星放送分野では、唯一のCSによる衛星基幹放送基幹放送局提供事業者並びに衛星一般放送事業者に放送設備を提供する電気通信事業者でもあり、全てのCS放送番組を各視聴者へ向け送信し、かつ唯一の有料放送管理事業者として スカパー!及び スカパー!プレミアムサービスというプラットフォームを運営する事で知られている。これに付随し放送番組インターネット向けの映像コンテンツの制作・供給、CS放送受信機器の販売・レンタルなども行っている。

 

沿革[編集]

(旧JSATおよび宇宙通信はそれぞれの項目参照)

 

主要事業[編集]

衛星事業[編集]

関連衛星一[編集]

2013年10月時点。

シリーズ 通 算
打上数
(内失敗)
スカパーJSAT 概  略
保有 管制数
N-SAT-110 1 1 1 2000年に打ち上げ、運用中の日本国内向け衛星。旧JSATと旧宇宙通信が区分保有、管制業務は旧宇宙通信が担当していた。このため、JCSAT-110、SUPERBIRD-Dという別名を持っている。
JCSAT 12(1) 7 7 JSATから続く、日本及びアジア・太平洋地域向けシリーズ。
SUPERBIRD 8(1) 3 3 旧宇宙通信によるシリーズ。但し最後に打ち上げたSUPERBIRD C2は、スカパーJSAT成立直後の2008年10月に納入となった。
BSAT-3c/
JCSAT-110R
1 1 0 2011年に打ち上げ、放送衛星システムと区分保有の日本国内向けBS・CSハイブリッド衛星。CS部分をスカパーJSAT保有しJCSAT-110Rと呼称、N-SAT-110をバックアップする。管制業務は放送衛星システムに委託。
Horizons 2 2 0 JSATと旧パンアムサット(インテルサットに被合併)による北米向けシリーズ。2007年までに打ち上げられた2機を運用中。インテルサットとの区分保有機で、同社に管制業務委託。但しHorizons-2は軌道遷移し次のIntelsat 15と同じ用途へ変更されている。
Intelsat 15 1 1 0 インテルサットが保有する中継器22本のうちスカパーJSATが5本区分所有し、JCSAT-85と呼称する。アジア、インド洋、中近東、ロシアなどをカバーする。
N-STAR 3 1 1 NTTグループによるシリーズ。2002年までに3機が打ち上げられ、管制業務を旧JSATが受託。運用中であるのはNTTドコモ保有していたN-STARc(2010年、スカパーJSATへ譲渡)のみ。運用を終えた2機も、運用末期に旧JSATへ譲渡となっていた。その後継機としての役割も持っているJCSAT-5Aについては運用当初から旧JSAT保有機であるが、NTTグループにおいてはN-STARdと呼称している。
WINDS 1 0 1 2008年に打ち上げられた「きずな」の愛称を持つ宇宙航空研究開発機構JAXA)の超高速インターネット衛星。2012年に管制・運用業務受託。
MBSat 1 0 1 モバイル放送SKテレコムが区分保有する、移動体向け放送衛星。2004年に打ち上げられ運用中。管制業務を旧宇宙通信が受託。
合計 16 14 本表のJCSAT、SUPERBIRDについては、N-SAT-110、BSAT-3c/JCSAT-110R及びIntelsat 15を除外した数値。

 

 

有料多チャンネル事業[編集]

プラットフォーム[編集]

放送・番組供給[編集]

スカパー!向けチャンネル
スカパー・エンターテイメントによる衛星基幹放送へのみ供給している。
スカパー!プレミアムサービス向けチャンネル
スカパーJSAT衛星一般放送事業者及び有線一般放送事業者として放送。
スカパーJSATが有線一般放送事業者として放送、スカパー・ブロードキャスティングによる衛星一般放送へ供給。
  • Ch.161 - 199 スカチャン、スカチャン3D(※スカチャン3Dは2013年3月31日放送終了)
  • Ch.599 スカパー!プロモ599
一部番組の供給

スカパーJSATが、上記チャンネル放送分以外に放映権を得て制作するスポーツ中継番組などがあり、グループ・関連企業が編成するFIGHTING TV サムライJ SPORTSなどのチャンネルへ番組供給している。

海外における放送供給

2014年2月22日、インドネシアの衛星放送・INDOVISION(英語版)にて日本のテレビ番組を放送するチャンネル「WAKUWAKU JAPAN」の放送を開始した。

 

コンテンツ配信[編集]

衛星通信回線提供[編集]

  • スカパー!通信サービス - スカパー!のシステムを利用した映像通信サービス

映像機器販売・レンタル等[編集]

  • スカパー!ダイレクト - 自社も販売元のひとつとなっているスカパー!プレミアムサービス用チューナー(以下参照)をはじめ、他社製品を含む各種映像機器・アンテナ関連製品の直販・レンタル、一般世帯向けCS受信設備の工事仲介などを行っている。
製品群
  • スカパー!プレミアムサービス用チューナー製品
    • スカパー!標準チューナー - CS-5000S(2006年)、SP-SR100H(2007年)
    • スカパー!HD対応チューナー - SP-HR200H(2008年)
    • スカパー!DVR(HDDレコーダー) - SP-DV100S(2007年)
  • スカパー!プレミアムサービス光用チューナー製品(レンタルのみ)
    • スカパー!光HD対応チューナー - SP-HR250H(2010年)
  • スカパー!プレミアムサービス用アンテナ製品
    • スカパー!標準アンテナ(1端子出力) - SP-AS100M(2007年)
    • スカパー!2ルームアンテナ(2端子出力) - SP-AM100M(2007年)
  • スカパー!・スカパー!プレミアムサービス用アンテナ製品
    • スカパー!マルチ衛星アンテナ(プレミアムサービスは2端子出力、BS・110度CSは1端子出力) - SP-AM200M(2008年)、SP-AM400M(2010年)、SP-AM500M(2012年)、SP-AM600M(2013年)
    • 4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ(従前のマルチ衛星アンテナの機能に加えBS・110度CS左旋円偏波に対応) - SP-SHV100D(2017年)
  • スカパー!用テレビリモコン製品
    • スカパー!e2かんたんリモコン - SP-RM110U(2009年非売配布、2010年契約者限定発売)

スカパーJSAT独自ブランド製品であるSPシリーズは、末尾のアルファベットが開発協力メーカーを示している(D-DXアンテナ、H-ヒューマックス、M-マスプロ電工、S-ソニー、U-ユニデン)。なおCS-5000Sは、ヒューマックスジャパンのスカパー!用チューナーCS-5000をプライベートブランド化した製品である。

 

 

 

事業所等

 

横浜衛星管制センターの建物(左)とパラボラアンテナ群

スタジオ[編集]

主なグループ企業[編集]

親会社
連結子会社
関連会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ(東京都江東区
  • 日活株式会社(東京都文京区
  • 株式会社エム・シー・シー (東京都文京区) - 通信衛星SUPERBIRDのXバンド中継器による電気通信
  • エキサイト株式会社(東京都港区)
  • ホライゾンズ・サテライト・ホールディングスLLC(米国) - JSATインターナショナルとインテルサット(旧・パンアムサット)が共同出資する持株会社
    • ホライゾンズ-1・サテライトLLC(米国) - 通信衛星Horizons-3Bの運営会社
    • ホライゾンズ-2・サテライトLLC(米国) - 通信衛星Horizons-3Bの運営会社
    • ホライゾンズ-3・サテライトLLC(米国) - 通信衛星Horizons-3Bの運営会社
その他の出資先

過去の子会社・関連会社[編集]

スカパーJSATの子会社・関連会社であったもの、及び旧スカパーグループのみ。

持株会社の直接子会社へ移行
グループ内他企業へ合併または解散
グループを離脱

 



 


 


 

 

スカパーJSATホールディングス

 株式会社スカパーJSATホールディングス(スカパージェイサットホールディングス、SKY Perfect JSAT Holdings Inc)は、放送・通信企業の集合体「スカパーJSATグループ」を統括する持株会社純粋持株会社)。伊藤忠商事、および同社とフジ・メディア・ホールディングスが出資する伊藤忠・フジ・パートナーズの持分法適用関連会社である。

 

 

 

市場情報
東証1部 9412
2007年4月2日上場
略称 スカパJH、SJHD
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂一丁目8番1号
赤坂インターシティAIR
座標北緯35度40分12.2秒 東経139度44分33.7秒
設立 2007年4月2日

 

 

 

沿革[編集]

企業グループ[編集]

スカパーJSATホールディングスを頂点とするスカパーJSATグループは、おもに日本を重点としたアジア太平洋地域、及び北米大陸カリブ海周辺をカバーする合計十数機の通信衛星保有し、売上ベースで世界第5位(アジア首位)の衛星系電気通信事業をベースとして、日本国内の放送分野において、唯一となる有料放送管理事業者のほか、衛星系及び有線系の放送事業者、コンテンツ管理・制作事業者などを擁している。

主な子会社[編集]

主要サービス等[編集]

 

 

 


 

 

 

AbemaTV

 株式会社AbemaTV(アベマティーヴィー)は、PCスマートフォンスマートテレビ向けのライブストリーミング形式インターネットテレビサービス、テレビ&ビデオエンターテインメントサービス「ABEMA」(アベマ)を運営している企業。サイバーエージェントテレビ朝日が出資して設立された。

 

 AbemaTV logo.svg

 

 

開局日 2016年4月11日
映像方式 1080pHD画質デジタル放送)
日本の旗 日本
言語 日本語
放送エリア 日本全域(一部海外)


  

 

 

 

 

 AbemaTV

タイプ ライブストリーミングビデオ・オン・デマンドデジタル販売
運営者 AbemaTV
設立者 AbemaTV
収益 広告収入、月額課金、都度課金、eコマースほか
営利性 営利
登録 不要

 

 

本社所在地 日本の旗 日本
150-0042
東京都渋谷区宇田川町40番1号
Abema Towers
設立 2015年平成27年)4月1日

 渋谷・Abema Towers

渋谷・Abema Towers(アベマタワーズ)

概要[編集]

テレビ朝日最高経営責任者早河洋サイバーエージェント社長の藤田晋が、酒席で意気投合して2015年4月1日に藤田を代表として設立。“全て無料のインターネットテレビ局”と称してCSデジタル放送のように多数の専門チャンネルを並行して配信している。利用は無料で広告収入によって運営されている。合弁会社設立当初は定額制課金を計画した[2]

本開局は2016年4月11日だが、一部チャンネルは3月1日から先行配信が行われた[3][4]。「AbemaNews」を筆頭とする各種オリジナル番組制作にテレビ朝日が参加して、2016年4月以降は同局の『お願い!ランキング』がAbemaTVの配信と連動している[5]。2017年4月にビデオオンデマンド方式のサービス「Abemaビデオ」を開設した。2020年6月に都度課金方式のサービス「ペイパービュー」を開設した。2020年12月にレンタルサービス方式の「ABEMAストア」を開設した。

インフラにはシステム本体にGoogleGoogle Cloud PlatformGCP)、広告など連携するシステムにAmazon.comAmazon Web ServicesAWS[6]GCPプライベートクラウドGCPが配信する番組の動画データにアカマイ・テクノロジーズAkamai CDNを用いている[7]。2017年時点ではAbemaTVはGCPFRESH!AWSをメインに使っている[8][9]。コスト面でも2017年5月の時点で「インフラコストは月数千万円程度で、全体コストに対する比率は約3%に過ぎない」と、サービス規模に対し低廉な水準に収まっているとしている[10]

名称の由来[編集]

サイバーエージェントは従前から自社サービスのブランド名として「Ameba」を用いているが、「AmebaTV」はカナダの企業が別サイトで使用しており、「10年以上続く「Ameba」と違う新しさがありながら、「Ameba」の延長であることも伝えたい」 ためにマスコットキャラクターの「Abema」から「AbemaTV」とした。この名称は「覚えにくい・発音しにくい・間違えやすいの3点セット」「正直言って、半分くらい後悔しています」と藤田はブログに記している。その後は『「逆さ読みにするとAmebaになる」という理由で採用した』 という発言もしている。2020年4月、開局4周年記念に加え、テレビ型のストリーミングだけでなくオンデマンド配信などサービスが多様化していることなどを理由に、サービスブランドを「ABEMA」に改めた。

ビジネスモデル[編集]

CM(広告収入)プレミアム会員(月額課金)PayPerView、ABEMAストア(都度課金、個別課金)WINTICKET(公営ギャンブル)応援機能(ギフティング)オリジナルグッズ販売等(eコマース)パブリッシングを複合的に組み合わせて、収益化を目指している。

利用者数[編集]

開局当初から「マスメディアを目指す!」として最低ラインに設定していた1000万WAUを、先行配信から3年3カ月で達成した。2019年6月には過去最高の2200万MAUに達した。また、7月には1330万WAUに達した。

2018年度平均WAU600万人・MAU1100万人、総視聴時間5000万時間である。視聴時間の割合はリニア68%、オンデマンド32%。

2020年4月初旬には新型コロナウイルスによる外出自粛により、週間アクティブユーザー数が1490万人になったと報じられている。

ABEMA(旧AbemaTV)アプリダウンロード数の推移

  • 100万ダウンロード - 2016年4月19日
  • 500万ダウンロード - 2016年7月11日
  • 1000万ダウンロード - 2016年11月2日
  • 1500万ダウンロード - 2017年3月15日
  • 2000万ダウンロード - 2017年8月7日
  • 3000万ダウンロード - 2018年5月18日
  • 3500万ダウンロード - 2018年11月22日
  • 4000万ダウンロード - 2019年4月30日
  • 4500万ダウンロード - 2019年9月30日
  • 5000万ダウンロード - 2020年3月4日
  • 5600万ダウンロード - 2020年6月30日
  • 5900万ダウンロード - 2020年9月30日
  • 6200万ダウンロード - 2020年12月31日

プレミアム会員数の推移

  • 8万人 - 2017年12月
  • 35.8万人 - 2018年12月
  • 40.1万人 - 2019年3月
  • 44.8万人 - 2019年6月
  • 51.8万人 - 2019年9月
  • 59.3万人 - 2019年12月
  • 67.6万人 - 2020年3月
  • 72.9万人 - 2020年6月
  • 84.4万人 - 2020年9月
  • 92.1万人 - 2020年12月

 

 

 

特徴[編集]

番組・CM[編集]

  • CMによって無料で24時間、多チャンネル配信を楽しむことができる。年間で約500ブランドの広告企業が出稿している。広告はテレビCMの基準に準拠及びAbemaTV独自の方針を加味。AbemaTVのブランド保護/競合観点(金融・パチンコ/他動画サービス)。テレビ朝日の競合観点。Web 広告のガイドライン観点等。
  • 配信番組数リニアは700シリーズ、5500エピソード。オンデマンドは900シリーズ、18000エピソードである。2019年1月時点。
  • ビデオ・オン・デマンド(同サービスではABEMAビデオが存在)とは異なりチャンネルごとに予定された番組表に従って配信される。有料のABEMAプレミアム(プレミアムプラン)は配信が終了した番組をオンデマンドで視聴できる。無料の利用者でも、一定期間視聴出来る。
    • チャンネルは新規に追加されることもあれば、廃止されることもある。設置されたことのあるチャンネルの一覧は下記を参照。
  • 2016年6月30日以降、番組開始時と終了時、CM前とCM明けにそれぞれ5秒間、画面左上に「AbemaTV」のロゴを表示している。(PC版・アプリ版共)
  • CMはスポンサー出展のほかに他番組の紹介があり、以前は空撮の動画を番組間で用いていた。
  • 2019年4月22日から一部の番組に対してギフティングが可能になった[18]
  • 地上波番組はテレビ朝日系列で制作されたものを中心に配信されているが、ドラマやアニメを中心に他系列で放送された番組の配信も行っている。ただしニュース番組についてはANNの素材を使用しており、他系列のニュース素材は使用していない。
  • かつてはお色気系のバラエティー番組も存在したが、2018年にAbemaTVの方針でお色気番組が禁止となったため[注 4]、番組が相次いで打ち切られたり、グラビアアイドルが出演する際に服の着用などの規制が入るようになった。地上波での放送基準に準ずる範囲内での制作になる。
  • 番組については原則として、地上波での放送基準に準ずる形で制作されている。

仕様・アプリ[編集]

  • 開始当初は日本国内のみの視聴で、それ以外の地域からアクセスすると、IPアドレス判定で視聴できない仕様になっていたが、2019年4月から検閲などの事情で配信不可能の国や地域を除き、全世界で視聴が可能となった。
  • Android版とiOS版のユーザーインタフェーススマートフォンに適化しており、スワイプでチャンネルを切り替える事ができる
  • 画質は最低画質、低画質、中画質、高画質、最高画質の5段階で、スマートフォンアプリでは任意に切り替えることが可能だが、PCブラウザとテレビ向けアプリでは通信状況、端末自体の解像度(PCブラウザのウィンドウサイズと拡大率による動画プレイヤーの大きさを含む)によって自動で変動する。具体的な解像度は公開されていないが、フルHD対応番組の文言も見られ、元の番組の解像度にもよるが、基本的にHD画質以上で配信される。
    • 後に、モバイルデータ通信での視聴を考慮した低データ通信の節約モード(最低画質の半分の通信量)が実装された。
  • コメントの投稿が可能。入力画面でTwitterのマークをタップもしくはクリックするとTwitterと連動し、入力したコメントがAbemaTVのコメント欄とTwitterに同時に投稿される。ツイートでは開局当初はコメントを入力した瞬間の番組の映像も一緒に投稿されていたが、現在ではコメントした番組のバナーが投稿されるようになった。また番組によってはTwitterに連携するコメントを利用したアンケートを実装している。
  • 当初はNG登録などの機能はなかったが、2017年9月11日にスマホアプリに、11月30日にPCに通報とブロック機能が実装された。
  • テレビ用アプリを使用してテレビ画面で視聴できる。ただし、視聴予約やコメント入力が出来ないなどの一部制限もある。
  • 2018年6月に発売したソニー4Kブラビア4シリーズ14機種に付属されるリモコンに、AbemaTVボタンが登場した。その後も、シャープAQUOSパナソニック4Kビエラ東芝レグザ等に対応している。
  • 配信における遅延は当初30秒程度あったが、現在は10秒ほどに短縮した。また、さらなる改善を予定している。

ABEMAビデオ[編集]

  • 見逃し配信でのアーカイブ、またはABEMAビデオにおいて、倍速視聴に対応しているものがある(最大2倍)。
  • プレミアムプランに加入することで、上記オンデマンド視聴やABEMAビデオでの一定期間見放題対象タイトルに対応する。また、スマートフォン版では、Wi-Fi環境での一括事前ダウンロードによる視聴(無線パケット通信の軽減・解消)が可能になる。更に、追っかけ再生機能が追加され配信中でも最初から視聴することができるようになり、視聴中でも1.3倍速、1.7倍速へと再生速度を変更することができ、現在の配信地点へ追いつくことが可能となった。また、配信終了後の見逃し視聴でコメントを確認することが可能である。

ペイパービュー及びレンタルサービス[編集]

  • 2020年6月より有料オンラインライブを1コンテンツごとにABEMAコインを使って購入する、PayPerView(ペイ・パー・ビュー)機能が可能になった。ライブ、イベント、スポーツ、ファッションショー、舞台等が想定されている。マルチアングル機能や海外視聴の対応は、各コンテンツごとに設定されている。
  • 2020年12月14日、ABEMAストアから1コンテンツごとに作品をABEMAコインを使って購入する、レンタルサービスを開始した。

その他[編集]

  • 2018年10月20日からWi-Fi回線を無料で開放する専用トラックAbemaTV Wi-Fiトラックが登場した。全国各地のイベント等に無料で開放しており、30m以内であれば100名同時接続可能である。また、ウイングを開けば荷台としても使用可能になっている。また、携帯端末充電スポットも設置されている。

 

 

 

沿革[編集]

  • 2015年平成27年)4月 - 株式会社AbemaTV設立。
  • 2016年平成28年
  • 2017年(平成29年)
  • 2018年(平成30年)
  • 2019年平成31年令和元年)
    • 1月15日 - 日本財団とのレギュラー番組『10億円会議』を開始。
    • 1月23日 - アカマイ・テクノロジーズの配信プラットフォームを活用して、動画配信でのIPv6対応した。
    • 2月11日 - SHOOT BOXING 2019 act.1より生中継がスタートする。
    • 2月18日 - AbemaTVが開催したNEXT CREATOR'S COMPETITION2017シナリオライター賞大賞した作品を初のドラマ化。
    • 2月19日 - DAZNとスポーツ界を盛り上げることを目的に、パートナーシップを締結した[34]
    • 2月22日 - 明治安田生命Jリーグの、FC町田ゼルビアの全ホーム試合の生中継開始。
    • 2月25日 - アメリカ、オーストラリア、タイ、カナダ、イギリス、ブラジルの6ヶ国で、一部の番組の視聴が可能になった。
    • 3月2日 - 『カメラを止めるな!』初のスピンオフドラマ『ハリウッド大作戦!』をネスレ日本提供のもと制作され、独占配信する。
    • 3月5日 - Premium Viewインストリーム動画広告とBrand View Instream Adを開始した。
    • 3月10日 - Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019を初の生中継する。
    • 3月22日 - 本社をAbema Towersに移転を開始して、25日に完了した。4月11日に新公開スタジオ、UDAGAWA BASEがオープンした。
    • 3月27日 - ドワンゴが運営する動画サービスniconicoとパートナーシップを締結した。
    • 4月11日 - 3周年。
    • 4月18日 - AbemaTVで配信されている一部の番組が全世界で正式に視聴可能となった。
    • 4月22日 - 一部の番組において、番組や出演者のサポーターになれる応援機能を開始し、スタンプが送れるようになった。Abemaコインを100コイン、120円で購入して利用するギフティングがiOSAndroidアプリ向けに提供開始。
    • 4月27日 - AbemaTV Wi-fiトラックがニコニコ超会議に初参加。
    • 5月1日 - 第一回REIWAbema Projectの映像作品募集を開始した。総資金30億円を用意し、受賞作品には作品化にともなう全制作資金を提供するほか、オリジナル番組としてAbemaTVで配信する。
    • 5月6日 - テレビ朝日ネオバラ&アベマTVリレーーー→放送WEEKが配信された。陸海空こんなところでヤバいバル、ロンドンハーツ、マツコ&有吉かりそめ天国、アメトーーク!の完全オリジナル企画を地上波放送後、独占配信した。
    • 6月10日 - 6月3日〜6月9のWAU1000万突破を発表した。
    • 7月1日 - アベマdeテレ朝を開始した。テレビ朝日で放送したドラマ、バラエティなどを地上波放送終了後から1週間無料でAbemaビデオに配信する。
    • 7月5日 - Abemaビデオの日を開始した。毎週金曜日プレミアムコンテンツが、無料で視聴できる。
    • 7月28日 - 東京モード学園総合校舎モード学園コクーンタワーの一部施設で、#アベマTV文化祭が開催された。
    • 8月19日 - AbemaTVの番組や特別番組を、アベマの時間としてテレビ朝日で放送する。
    • 9月4日 - 株式会社ジュピターテレコムが2019年度冬からサービス提供を開始する「J:COM LINK」にAbemaTVが対応
    • 10月5日 - ONEウォリアー・シリーズ日本大会を、ストリートファイターVアーケードエディション特別バージョンで生中継した。
    • 10月17日 - Gunosyとパートナーシップを締結。21日からグノシーの動画配信プレミアムパートナーになり、グノシー上にAbemaTVの一部シームレス視聴が可能となった。また、25日〜27日にグノシー×AbemaTV コンテンツパートナー記念!Abema王決定戦!の共同企画が決定した。
    • 10月19日 - RAGE Shadowverse Pro Leagueの中継で応援機能が追加された。
    • 10月21日 - テレビ朝日×アベマTV 秋のリレーーーー→WEEKが配信された。しくじり先生 俺みたいになるな!!、テレビ千鳥、ロンドンハーツ、アメトーーク!、激レアさんを連れてきたの完全オリジナル企画を地上波放送後、独占配信した。
    • 10月25日 - アニプレックス共同でオリジナル商品の開発販売、買えるアニメ放送局を配信。初回は鬼滅の刃限定グッズ情報を初公開。
    • 10月29日 - 恋愛リアリティーショーオーディション2019の開催を発表。
  • 2020年(令和2年)
    • 1月16日 - 将棋チャンネルで、SHOGI AI powered by AbemaTVのオリジナルAIシステムを導入した。
    • 1月31日 - AbemaTV初の映画作品を東映ビデオと共同制作した、アンダードッグを発表。2020年冬公開予定。
    • 3月2日 - テレビ朝日とAbemaTV初共同制作ドラマ、『M 愛すべき人がいて』発表。
    • 3月4日 - スマートフォンアプリのダウンロード数が累計5,000万ダウンロード突破したことを3月13日に発表。
    • 3月16日 - LDH PERFECT YEAR 2020と共同で展開していくコラボレーションプロジェクトを発表した。
    • 4月11日 - 4周年を機にブランド名称をすべて大文字の「ABEMA」に変更。
    • 4月30日 - 渋谷区教育委員会の提供を受け小中学生向け学習動画『渋谷オンライン・スタディ』を配信。通常のPCサイト、ABEMAアプリからは観閲不能で、専用サイトからアクセスの必要がある。
    • 5月22日 - アイエス・フィールド制作のオンラインシネマ、全4話のドラマシリーズを配信した。
    • 5月27日 - 番組出演者向けに、誹謗中傷等インターネット上の被害に関する相談窓口を設置した。
    • 6月1日 - 漫画原作の「打姫オバカミーコ」の実写映画作品を、制作及び劇場上映ならびに独占先行配信することを発表した。
    • 6月8日 - 第91期棋聖戦5番勝負の配信から、高画質化を発表。伝送方式をH.265に刷新する。
    • 6月8日 - PayPerViewを使い、オンライン音楽フェス、LIVE HUMAN 2020を6月20日、21日の合計約20時間に渡り、独占世界同時生配信することを決定した。
    • 7月21日 - 7月23日〜8月31日まで、新作や独占番組が毎週登場する『ABEMA BIG SUMMER』を発表した。
    • 7月21日 - ABEMAアリーナのこけら落としライブ「Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-」を実地した。
    • 9月11日 - 『オオカミちゃんには騙されない』と『僕だけが17歳の世界で』が、一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(以下、ATP)が主催する『第36回ATP賞テレビグランプリ』において、「情報・バラエティ部門」で最優秀賞、「ドラマ部門」で奨励賞をそれぞれ受賞した。
    • 9月16日 - ネルケプランニングとタッグを組んだ番組、『主役の椅子はオレの椅子』を配信する。
    • 9月20日 - 映画『打姫オバカミーコ』ABEMAプレミアム独占公開。
    • 9月23日 - App Storeセールスランキングで、初の1位を記録した。
    • 10月9日 - 文化放送の共同企画として、『超!A&G+×ABEMAアニメ Special Radio Program』を「ABEMAアニメ2チャンネル」にて見逃し独占配信をする。
    • 10月14日 - 「ネオバラ」のコンセプトを引き継いだ、『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』を、テレビ朝日とABEMAで共同制作する。
    • 10月22日 - ATP賞をABEMA初の2部門同時受賞。情報・バラエティ部門で最優秀賞に「オオカミちゃんには騙されない」、ドラマ部門で奨励賞に「僕だけが17歳の世界で」が輝いた。
    • 11月20日 - 平塚競輪場ネーミングライツ優先交渉権を獲得して、愛称が「ABEMA湘南バンク」になることを発表した。
    • 12月14日 - スマートニュース株式会社の「SmartNews Awards 2020」で「大賞」を受賞した。
  • 2021年(令和3年)
    • 1月5日 - 2020年6月20日~12月31日までに「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて、開催されたオンラインライブ総動員数が250万人を突破した。
    • 1月22日 - ABEMA・東映ビデオ共同製作「アンダードッグ」が、第75回毎日映画コンクール最多4部門受賞を発表した。日本映画優秀賞、男優主演賞(森山未來)、撮影賞(西村博光)、録音賞(藤丸和徳、瀬川徹夫)を、受賞した。
    • 1月25日 - 『恋愛ドラマな恋がしたい』の原案を一般募集し、鈴木おさむが大賞を選び実写ドラマ化することを発表した。
    • 1月27日 - プレミアム会員増加を受けて無料視聴者と有料会員対象の2つの組織に改編することを発表した。また、海外からの視聴・課金の強化も発表された。
    • 1月28日 - ABEMA・ネルケプランニングによる、初のオリジナル共同制作舞台 「青空ハイライト~from主役の椅子はオレの椅子」の公演を発表した。ABEMAのPPVを利用して、独占生配信を2021年2月21日に行う。
    • 2月5日 - ABEMA・東映ビデオ共同製作『アンダードッグ』が、第94回キネマ旬報ベスト・テンにおいて、主演男優賞(森山未來)を受賞し、日本映画第4位にランクインしたことを発表した。
    • 2月10日 - ドラマと音楽を融合した『Music Story produced by ABEMA』シリーズの、第1弾を配信した。SEKAI NO OWARI「YOKOHAMA blues」を独自の視点で解釈して、7分間のラブストーリーショートドラマ化した。
    • 3月13日 - 「主役の椅子はオレの椅子」の、坂道ミチ子によるコミカライズ連載が、ベツコミ4月号でスタートした。
    • 4月7日 - 4月13日より新日本プロレスの大会を毎月生中継する事を発表した。また、ABEMAビデオでWRESTLE KINGDOMやG1 CLIMAX等、過去の配信も決定した。
    • 4月9日 - 開局5周年を迎えて、ABEMA 5th Projectを発表。
    • 4月11日 - 開局5周年。

 

 

 

視聴数[編集]

当該番組に視聴機器が接続する毎に1度数を計数する指数である。テレビ放送の視聴率とは異なる。時間帯の視聴数や大量のコメントが著しく集中することでそれら以外の配信チャンネルにも影響を及ぼすことがある。

  • 2016年4月17日(日)から4月23日(土)までの1週間の視聴数調査は深夜アニメが上位で、2016年5月5日時点の視聴数が最多の番組は『涼宮ハルヒの憂鬱 10周年記念 24時間ジャック!』で視聴数約140万[45] であった[注 8]
  • 2016年5月9日(月)から5月31日(火)までの視聴数調査は、22日に配信された『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』が視聴数約157万で[46] が最多視聴数を更新した[注 9]
  • 2016年12月29日から2017年1月4日までの年末年始1週間の利用者数(WAU)は過去最高で514万人であった。最も視聴数が多かった番組は12月31日に配信された「フリースタイルダンジョン 東西!口迫歌合戦」が視聴数340万で最多記録を更新した[47]
  • 2017年3月4日から5日にかけて配信された「極楽とんぼKAKERU TV』〜24時間AbemaTV生JACK〜」は視聴数350万だった[48]
  • 2017年5月7日に配信された「AbemaTV1周年記念企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』」は視聴数が延べ1420万回で一時サーバがダウンし[49]、同時配信したYouTube Liveの同時接続は73万人であった[50]
  • 2017年7月2日の20時30分頃、藤井聡太佐々木勇気戦の竜王戦2017年東京都議会議員選挙の関連番組、週末の一挙配信などを配信中に全サーバーがダウンした。竜王戦の視聴数は1242万5000だった[51]
  • 2017年11月2日から5日まで配信された『72時間ホンネテレビ』は、香取慎吾草彅剛稲垣吾郎(元SMAP)がジャニーズ事務所退所後の初共演で、事前の対策でサーバーはダウンせず[52]、視聴数7,200万以上と、開局以来最多となった[53]
  • 2018年1月21日、ももいろクローバーZメンバー電撃引退に伴う、5人体制最後となるライブを緊急生中継し、同局音楽部門で史上最多となる視聴数を記録した[54]
  • 2018年9月9日、大相撲生中継の視聴数が4場所で累計4500万を突破した。視聴者を世代別にみると、1位がM1(20〜34歳)、2位M2(35〜49歳)、3位F1(20〜34歳)となり、35歳以下の割合が全体視聴者の35%超を占めた。
  • 2018年10月14日、『太陽とオオカミくんには騙されない♥』の最終回、番組開始5分で100万視聴を突破したほか、60分番組で歴代1位となる330万視聴を突破。そして、前シーズンの最終回で記録した158万視聴の約2倍の視聴数となる。1シーズンで3,800万視聴を突破。見逃し視聴などを含めた前3シーズンまでの累計視聴数が5,200万視聴だった。
  • 2019年2月25日、AbemaTVオリジナルドラマ『1ページの恋』が、約1週間で見逃し配信等を含む総視聴数が史上最速記録の150万を突破した。
  • 2019年5月25日から26日に配信した、『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019』の総視聴数が300万を突破した。
  • 2019年6月5日、総視聴数732万を記録し、歴代2位の視聴者数を獲得した蒼井優山里亮太南海キャンディーズ)の結婚記者会見特別番組などでDAUギネスを更新した[55]
  • 2019年6月3日から6月9日のWAUが、1000万を突破した。それ以降も同年7月24日までの時点で週利用者数1000万人超えを計3回記録している
  • 2019年6月22日に配信した『AbemaTV3周年記念 1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』の総視聴数が1000万を越えて、同年放送した番組の中で1位となる最高記録を更新した[57]
  • 2019年7月20日に配信した吉本興業芸人による闇営業問題で契約解除された宮迫博之雨上がり決死隊)と謹慎中の田村亮ロンドンブーツ1号2号)の謝罪会見中継の累計視聴者数が約600万人だったと翌日付の日刊スポーツが報じた[58]。後に総視聴数が1100万を突破し、同年度の放送番組で1位になったとAbemaTVが発表した[59]
  • 2019年7月22日に配信した吉本興業代表取締役社長の岡本昭彦の記者会見中継の総視聴数が800万を突破した[59]
  • 2019年12月16日、総合視聴数累計が70億突破した事を発表。これを記念して、2020年1月1日深夜に『アベマの時間 総合視聴数累計70億!アベマTV年間ランキング大発表SP』をテレビ朝日系列(一部地域を除く)にて放送する予定[60]。ひろなかラジオお正月SPで、2019年総合視聴数が70億2322万達成を発表した。
  • 2020年2月26日、僕だけが17歳の世界で。3日間で総視聴100万視聴突破を発表。
  • 2020年3月27日、アニプレックス48時間テレビが、アニメチャンネル開設後の単一企画最多の総視聴数約430万突破を発表。
  • 2020年4月5日、ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》総視聴数370万を突破した。
  • 2020年5月23日、おうちがフェス会場!メトロックライブ映像大放出11時間生放送の総視聴数が500万を突破した。
  • 2020年6月19日〜21日、乃木坂46時間TV アベマ独占放送『はなれてたって、ぼくらはいっしょ!』」の総視聴数3100万以上を記録した。
  • 2020年7月9日、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局の視聴数が600万を突破した。
  • 2020年7月16日、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局の視聴数が690万を突破した。
  • 2021年1月24日、『オオカミ』シリーズが累計視聴数2億回突破、1200万人視聴を記録している。
  • 2021年2月14日、鬼滅祭オンライン -アニメ弐周年記念祭- が配信され、約200万の視聴数を記録した。

視聴者層・視聴スタイル[編集]

リニアの視聴は57%で、オンデマンドの視聴は43%である。視聴デバイス各種はスマートフォン69%、パソコン12%、テレビ10%、タブレット8%である。男女比率は女性53%、男性47%である。年齢構成は10代22%、20〜30代38%、35歳以上40%である。

 

 

 

推奨環境[編集]

「ABEMA」を利用できる推奨環境[61]

PC版[編集]

  • ブラウザ(パソコン)

推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降 推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows

スマートフォンタブレット[編集]

推奨OS:Android 8.0以降、iOS 11.0以降 推奨ブラウザ:Chrome最新版(Android)、Safari最新版(iOS) ・AndroidスマートフォンタブレットAndroid 5.0以降 ・iPhone/iPadiOS 11.0以降のiPhone(5S以降)、iPad(第5世代以降)、iPad AiriPad mini(2以降) ・Fire タブレット Fire OS 5.6.0以降

テレビ[編集]

セットトップボックス[編集]

スマートスピーカー[編集]

 

チャンネル一覧[編集]

チャンネル一覧
チャンネル名 開設日 概要
ABEMA NEWS 2016/3/1 24時間ニュースチャンネル。オリジナル番組の他、ANN系の報道番組を一部配信[注 10]
2017年4月11日から毎週火 - 土曜日0時20分(月 - 金曜日深夜)(5月2日から0時)から報道ステーション[62][63] を配信している。2017年10月2日から毎週月 - 金曜日10時30分 - 12時に羽鳥慎一モーニングショー[64] を配信していた(終了時期不明)。
緊急報道時は「ABEMA NEWS緊急」チャンネルで配信を行う。

日本国外での視聴はできない。

ABEMA SPECIAL 2016/3/1 オリジナルのレギュラー生配信番組、特番、アニメやドラマチャンネルからピックアップした番組を中心に配信。
また「特命係長 只野仁AbemaTVオリジナル」[注 11] や「ハケンのキャバ嬢・彩華[注 12] と言ったオリジナルドラマ、「オトナ高校[注 13] [注 14] や「ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜[注 15] と言ったテレビ朝日系で放送されるドラマ作品も配信。
当チャンネル内および下記の「SPECIAL2」「GOLD」で生配信を行う際、臨時のチャンネルを開設することもある。
主な番組はABEMA SPECIAL#主なオリジナル番組を参照。
ABEMA SPECIAL2 2016/4/11 旧称:SPECIAL PLUS
お願い!ランキングや音楽バンドのライブ、AbemaSPECIAL同様アニメやドラマチャンネルからピックアップした番組などを配信。
2017年のゴールデンウィーク期間中は「AbemaTV一周年記念特別企画」として「くりぃむナントカ」や「爆笑問題の検索ちゃん」など[注 16] のテレビ朝日制作バラエティ番組の復活版もしくはスピンオフ番組が配信された。
ドラマ 2016/4/11 ドラマ番組(テレビ朝日系・Abemaオリジナルで過去放送・配信された番組。2016年12月5日以降は海外ドラマチャンネルから移籍した欧米ドラマも配信。
2019年まではテレビ東京系ドラマや『功名が辻』や『純情きらり』などのNHKドラマも配信されていた。)、
映画作品(2017年3月以降。AbemaGOLDチャンネルから移動。4月9日からRHYMESTER宇多丸が毎週日曜夜9時から映画前と後に見どころを解説する「日曜Abemaロードショー」を配信[65])、
東映製作の特撮番組(仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズ)、円谷プロ製作の特撮番組(平成ウルトラマンシリーズ)を配信。

2021年3月8日月曜日0時からドラマチャンネル2が始まる。

韓流・華流[66] 2016/12/5 韓国や中国語文化圏の人気ドラマや映画を配信。「韓流・華流2」が見逃し配信、一挙配信チャンネルとして配信される日だけ出現していたが、後に常設チャンネルに移行した。
K WORLD[67] 2017/6/18 K-POPアーティスト出演のドラマや映画、バラエティ番組、音楽番組、ライブ映像や楽曲のPVを配信。
ABEMA アニメ[68] 2018/4/1 「アニメ24」「新作TVアニメ」を統合する形で、最新アニメや話題作を中心に配信。一部は先行配信や特番を実施する。
2018年4月29日以降は一定の時間帯(平日夜帯、土日祝の正午から約半日間)では「ABEMA アニメ2」が、2019年1月には「ABEMA アニメ3」が稼働し、ABEMA アニメチャンネルを補佐する(周期的なABEMA アニメに対し、主に不定期やイレギュラーな配信を受け持つ)。

2018年10月よりTBSテレビ製作アニメ[注 17]、翌2019年1月よりテレビ東京製作アニメ、同年4月より毎日放送MBS)製作の「アニメイズム」枠アニメ、また同年10月からはWOWOW製作アニメの時差配信を開始。

アニメLIVE[68] 2018/4/1 「深夜アニメ」を発展させ、深夜アニメ作品を中心にラインナップし、また声優の出演するオリジナルバラエティ番組やアニメソングのライブ映像を配信。代表的なオリジナル番組は『声優と夜あそび』。
みんなのアニメ[68] 2018/4/1 「なつかしアニメ」「家族アニメ」を統合して視聴傾向に応じた名作アニメを配信する[注 18]機動戦士ガンダム THE ORIGIN[注 19] などチャンネル内で配信するシリーズの最新作品を配信する場合もある。
CM 2016/8/8 AbemaTVに出稿されたスポンサーのCMのみを配信。チャンネルの仕様上、コメントは不可。2018年1月はテレビ朝日BS朝日で放送されているミニ番組「白の美術館」が穴埋め扱いで配信された[注 20]
Dplay by Discovery 2019/5/1 ディスカバリー・ジャパンのデジタル世代向けのライフスタイルチャンネルブランド。事実上は2018年2月まで存在した「ドキュメンタリー」チャンネルの後継といえる。

2020年3月17日からディスカバリー・ジャパンが定額制動画配信サービスDplay」を開始したことに伴い、同年4月18日に「QUEST by Discovery」から名称が変更された[69]

HIPHOP[70] 2017/1/1 ヒップホップに特化した番組やミュージックビデオを配信。
毎日夜に専属DJによるレギュラー番組「ABEMA MIX」をサテライトスタジオで生配信。
ABEMA RADIO 2017/11/20
(プレ期間、J-WAVEのみ[注 21]
2017/12/1(本開設)
全国のラジオ局9局(AIR-G'FM NORTH WAVEFM802J-WAVE九州朝日放送LOVE FMZIP-FM渋谷のラジオ文化放送)で放送されている音楽番組などをサイマル(同時配信)を中心に編成して配信する音声中心のチャンネル。
各地の放送エリアでしか聞けなかった番組をエリアに関係なく無料配信するもので、AbemaTVオリジナル番組の制作もしている[71][72]
また、ヒット曲や話題の曲のMV集も配信している。
格闘[73] 2016/7/31 ボクシングやプロレスなどの格闘技関連の番組を配信。立ち上げ時はテレビ朝日が中継に関わる新日本プロレス中継のほか、K-1、DEEPなどの大会を中継。海外ではROAD FC、ベラトールを中継。2017年からサーバーエージェント傘下となったDDTプロレスを月1で生中継。2018年から初のレギュラー番組『マジ卍』を配信、2020年2月からはサイバーエージェントの子会社となったプロレスリング・ノアの試合を配信開始。
生配信で延長があった場合は臨時チャンネルを開設する。
SPORTS[74] 2016/3/1(第一次開設)
2017/8/1(第二次開設)
先行配信時から開設され、2017年3月1日2時にサッカーチャンネルに移行する形で一旦終了したが、8月1日にヨコノリチャンネルとサッカーチャンネルを統合させる形で再び開設された。サッカー、フットサル、サーフィンなどの番組を配信している他、2018年からは大相撲中継の配信を開始した。

また、プロ野球オールスターゲーム日本シリーズ世界水泳など、テレビ朝日が放映権を獲得しているスポーツ中継の配信も行う事がある。
生配信で延長や相撲の完全中継などを行う場合は、複数の臨時チャンネルを開設する。

BOATRACE 2019/6/28 競艇のレース中継やオリジナル番組の制作・配信を行う[75]。2019年7月現在、毎週金曜・土曜のみ開設される。

ただしそれ以外の曜日でも開設される場合があるほか、金曜・土曜でも番組が配信されない場合は開設しない。

競輪・オートレース 2019/4/2 競輪のレース中継やミッドナイト競輪を中心とした番組を制作・配信している。またチャンネルから、そのまま競輪投票サービス「WinTicket」にて車券が購入できる。番組が配信されない日は開設しない。2020年5月7日からオートレースの中継が始まり、チャンネル名も競輪から変更された。
釣り 2016/3/1 釣りビジョン制作の釣り関連番組を中心に配信。
2019年4月より、世界各国での視聴に対応した[23]
将棋[76] 2017/2/1 タイトル戦順位戦の生配信及びリピートが中心。開設当初は囲碁・将棋チャンネルの協力で、銀河戦女流王将戦や入門講座なども配信されていたが、2018年現在はほとんど流されなくなった。
2019年4月より、世界各国での視聴に対応した[23]
麻雀 2016/3/1 独自制作の麻雀対局番組を配信する他、MリーグRTDトーナメント麻雀最強戦[77]の配信を行っている他、月曜から水曜までは一部の団体トップリーグの対局も中継している。
2019年4月より、世界各国での視聴に対応した[23]
海外版ABEMA NEWS 2019/2/25

仕事や旅行などで海外に滞在している日本人向けにABEMA NEWSで配信している番組を再構成した上で配信している。
日本国内での視聴はできない

 

 

番組が配信される日だけ出現するチャンネル[編集]

  • ABEMA NEWS 緊急/2 - 緊急記者会見や生中継、国会中継covid-19関連情報など、緊急かつ重要なニュースがあった際に配信される。年末年始ゴールデンウィークなどの大型連休時には交通情報[注 22]を配信する。
  • ABEMA ○○ - 「ABEMA SPECIAL」で生配信番組がある際、別の生配信番組を配信する。2016年9月30日以降番号は上記の「2」のみ付けられ、「3」以降はそれぞれ「GOLD(常設チャンネルに移行)」「Premier」「EXTRA」「XX」「DELUXE」と付けられる。旧称:SPECIAL PLUS○、AbemaSPECIAL○。
  • ABEMA GOLD - 上記の通り、元々は番組が配信される日だけ出現する限定チャンネルだったが、後に常設チャンネルに移行し改名。2021年3月16から再び限定チャンネルに移行した(お知らせはなし)。毎週金曜と土曜、「金・土ロードショー」として映画(邦画・洋画両方)を配信(2017年3月からドラマチャンネルに移動[78])したり、サッカー・ゴルフ・サーフィン・スキー・スケート以外のスポーツ生中継を配信していた。
    2017年・2018年には横浜DeNAベイスターズ主催のプロ野球試合(横浜スタジアム開催分全試合とHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われる1試合)を生中継していた[79]。2018年5月20日からはテレビ朝日の制作枠「バラエティーステーションpresented by テレ朝」を設置し、配信開始[80]
  • ABEMA SPECIAL0 - 特番用チャンネル。
  • 臨時GOLD - 特番用チャンネル。
  • ドラマチャンネル2 - 見逃し配信、一挙配信チャンネル。
  • SPORTS LIVE /2/3/4/5 - 旧称:WORLD SPORTS LIVE。スポーツ番組の生配信や生配信されるSPORTSチャンネルの延長枠に使われる。
  • 格闘2/3/4- 格闘番組の生配信や生配信される格闘チャンネルの試合の延長枠に使われる。
  • 将棋LIVE - 将棋番組の生配信や生配信される将棋チャンネルの試合の延長枠に使われる。
  • 麻雀LIVE - 麻雀番組の生配信や生配信される麻雀チャンネルの試合の延長枠に使われる。
  • UFCUltimate Fighting Championshipの試合に使用される。
  • 大相撲 - 大相撲本場所期間中に、取組の完全中継やダイジェスト、力士へのインタビューを配信。
  • ABEMA アニメ3 / アニメLIVE3 / みんなのアニメ3 - 新作および準新作アニメの見逃し配信、一挙配信、特番用チャンネル。Abemaアニメの補佐を目的に2018年5月以降にAbemaアニメ2、7月にアニメLive2、みんなのアニメ2が設置され、1日ごとの不定の時間帯のみ表示されていたが、後に常設チャンネルに移行した。2019年1月4日以降にAbemaアニメ3[注 23]、同年4月1日以降にアニメLIVE3、同年5月1日以降にみんなのアニメ3が設置された。
  • PPV(ペイパービュー)チャンネル/2 - ペイパービュー(有料チケット)形式の生配信日に出現する。

期間限定で開設されたチャンネル[編集]

  • 新日本プロレス - 2017年1月1日から3日までの72時間、4日の東京ドーム大会宣伝を兼ねて格闘チャンネルとは別に開設。
  • YG CHANNEL - 韓国の芸能プロダクション「YGエンターテインメント」が2018年4月28.29日の二日間限定で開設。PSYを始めとする専属アーティストの出演番組を配信[81]
  • Fate [HF]チャンネル - 2018年12月31日(月) 、2019年1月1日(火)に限定で開設。Fate/Staynight [HeavensFeel]の劇場版の公開や、Fate/Grand Orderの大みそか特番など、Fateシリーズ関連の番組を配信。
  • 相棒チャンネル - 2019年1月1日(火)午後2時~午後9時、1月4日(金)午前10時30分〜6日(日)午後11時、1月12日(土)午前10時30分〜14日(月)午後11時まで開設。4月27日(月)〜5月06日(月)毎日19時30分〜24時00分まで開設。
  • ポプテピピックチャンネル - 2019年3月31日(日)〜2019年4月2日(火)に開設された。同タイトルの配信を行っていたアニメLIVE2とは異なったテレビスペシャル版の1つ(白虎ver)が独占公開された。使用されたURLはそのままアニメLive3に転用されている。
  • 天気の子チャンネル - 2019年6月30日(日)8:00〜2019年7月1日(月)5:00に、天気の子公開記念で開設された。
  • 天心チャンネル - 2019年7月21日(土)6:00〜22:30に、那須川天心のチャンネルが開設された。
  • 世界テニスチャンネル - 2020年1月3日(金)8:00~1月12日(日)、オーストラリアにて開催されるテニス国別対抗戦「ATPカップ2020」に合わせて開設された[82]
  • ヒプノシスマイクチャンネル - 2020年3月29日(日)限定で開設。「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》」のライブ配信が行われた[83]

配信終了したチャンネル[編集]

  • AbemaRADIO(初代) - 「AbemaTV FRESH!」(旧AmebaFRESH!)の人気トーク番組映像を配信、本開局時に終了した。
  • お願い!ランキング - 関東地上波での放送日のみの配信だったが、6月からSPECIAL PLUSに吸収されて終了した。
  • 記者会見 - 2016年4月12日に「グッドパートナー 無敵の弁護士」の記者会見を生中継する予定だったが、中止となり同日に録画配信された。その後配信したケースはなく記者会見はすべて「SPECIAL PLUS」で配信している。
  • FRESH! by AbemaTV - 本開局時から開設されていたが、2016年11月10日に「AbemaTVアプリ」内での配信を終了した。 10日以降は直接アクセスするか「FRESH!アプリ」で視聴する。
  • 海外ドラマ - 2016年7月16日に開設[84] されたが、12月1日1時45分に終了した。以後、海外ドラマはドラマチャンネルに統合され、12月5日から配信されている[85]
  • EDGE SPORT HD - 先行配信時から開設されていたが2017年1月31日に終了した。
  • VICE - 本開局時から開設されていたが、2017年3月31日に終了し、以後VICEのコンテンツはDocumentaryチャンネルで配信していた[86]。2019年8月からHulu日本テレビグループ)に配信権が移行した[87]
  • CLUB TV - 先行配信時から開設されていたが、2017年4月30日23時53分に終了し[88]、翌日からCLUB TV公式サイトで配信している。
  • SPACE SHOWER MUSIC CAST - 先行配信時から開設されていたが、2017年6月1日4時に終了した[89]。試験配信時の名称は「MUSIC」で邦楽のミュージックビデオやライブ映像を配信していた。
  • バラエティ - 本開局時から開設されていたが、2017年6月1日4時に終了[89] した。テレビ朝日系・テレビ東京系関西テレビほか地方局のバラエティ番組、グラビアアイドルイメージビデオを配信していた。以後、配信していた探偵!ナイトスクープフリースタイルダンジョンなどは「ABEMA SPECIAL」「ABEMA SPECIAL2」「ABEMA GOLD」チャンネルで配信している。
  • Abemaビデオ - オンデマンドサービスのAbemaビデオへのインフォメーションチャンネルとして2017年4月10日に開設されたが、5月31日に終了し、サービス自体は独立ページで継続している。
  • ペット - 先行配信時から開設され、猫や犬などのペット関連の番組や動画を配信していたが、2017年6月30日に終了してAbemaSPECIALチャンネルへ統合した[90]。7月1日からAbemaSPECIAL2とAbemaGOLDで配信される。
  • ヨコノリ - 本開局時から開設されていたが、2017年7月31日に第二次開設したSPORTSチャンネルに統合する形で終了[74]。サーフィン、スキー、スケートなどの番組を配信していた。
  • サッカー - 2017年3月1日に開設[91] されたが、2017年7月31日にヨコノリ同様第二次開設したSPORTSチャンネルに統合する形で終了[74]。欧州サッカークラブの9チームの試合やフットサルの試合を配信していた。
  • 鉄 - 2017年5月15日に開設された[92] が、9月1日4時に終了した[93]。 鉄道や列車、工場に関する番組を配信していた。一部番組はAbemaビデオ配信に引き継がれる。
  • ゴルフ - 2017年1月26日に開設された[94] が、2018年1月1日3時に終了した[95]。 ゴルフ・チャンネルと提携し、欧州ツアーLPGAツアーの中継などを配信していた。今後は2018年春頃にSPORTSチャンネルでゴルフ番組を配信予定。
  • Documentary - 先行配信時から開設されていたが、2018年2月28日23時50分を以って配信終了し、AbemaGOLDチャンネルに統合された[96]ディスカバリーチャンネルVICE(2017年4月1日以降、毎週金曜23時から[97])、ヒストリーチャンネル(2017年7月1日から毎週土曜、日曜20時から[98])などのドキュメンタリー番組を配信していた。一部の番組は、その後2019年5月に開設された「QUEST by Discovery」に引き継がれている。
  • REALITY SHOW - 本開局時から開設されていたが、2018年2月28日23時50分を以って配信終了し、AbemaGOLDチャンネルに統合された[99]。様々な世界で放送されてきたリアリティ番組を配信していた。
  • アニメ24 - 先行配信時から開設。 2000年代以降のアニメ(放送時期の前クールまでのテレビアニメ及び新作TVアニメチャンネルで前クール配信作品・劇場アニメ〈作品によってはネット無料初配信となる劇場アニメもある〉を含む)」を中心に配信。2018年4月1日12時00分から「新作TVアニメ」と併合し「Abemaアニメ」に改称。
  • 深夜アニメ - 本開局時から開設。過去の深夜アニメ作品を中心に配信。アニメ24に比べ年代のみ問わない。アニメの他2017年9月からはアニメソングのライブ映像やミュージックビデオを扱う「金曜アニメミュージックLIVE」を配信[100]。2018年4月1日12時00分から「アニメLIVEチャンネル」に発展解消。
  • なつかしアニメ - 本開局時から開設。20世紀から21世紀初頭にかけて放送・公開された過去の名作アニメを配信。
    該当する劇場アニメもこちらで配信を行う。
    開設当初から20世紀のアニメ作品は1980年代及び1990年代の作品のみだったが、2017年8月に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」公開記念として「機動戦士ガンダム」(1979年製作)が配信されて以降は1970年代の作品[注 24] やそのシリーズである「機動戦士Zガンダム」も配信されるようになった。2018年4月1日12時00分から「家族アニメ」と併合して「みんなのアニメチャンネル」に改称[68]
  • 家族アニメ - 本開局時から開設。テレビ朝日の子会社であるシンエイ動画制作アニメを中心に、小学館集英社プロダクション東映アニメーションで製作されたコロコロコミック原作のアニメ作品(2017年9月から、後者は2017年11月から)、他社の家族向けアニメ(2017年10月から)、ぎゃろっぷ製作のジャンプアニメ(2017年12月から)を配信。
    ただしドラえもん[注 25] などの藤子作品、クレヨンしんちゃんなどの大半の作品ではオープニング・エンディングは割愛され、アイキャッチ映像を含めた本編のみの配信であり、オープニング・エンディングが流れるのは怪盗ジョーカー美味しんぼ新あたしンちとシンエイ作品ではないコロッケ!まんが日本昔ばなし[注 26]ビックリマンこちら葛飾区亀有公園前派出所忍たま乱太郎(第17シリーズ)[注 27] の8本のみ。
    ドラえもんクレヨンしんちゃんの劇場アニメが配信されることもある。
    2017年の夏休み期間に過去のドラえもん映画全34作品が年代別に分けてネット無料初配信された[注 28]。2018年4月1日12時00から「なつかしアニメチャンネル」と併合して「みんなのアニメチャンネル」に改称。
  • 新作TVアニメ[101] - 2016年7月1日に開設。新作アニメの地上波テレビ放送との同時配信(同時配信は主にUHFアニメ[注 29]・見逃し配信、来季放送タイトルの先行配信、イベントで上映した新作OVAなどのネット配信を実施。
    一部はAbemaTV独占となっている。作品によっては振り返り一挙配信や特番を配信(生特番の場合がある)。
    基本的に1週間にわたってリピート配信を行う[注 30] が、作品によってはテレビでの放送日から翌日のみ[注 31] リピート配信の場合がある。
    Abemaビデオと連携し、一部は次回配信時期まで無料のタイトルもある。
    全話配信後(一挙含む)に次のクール到来後は、アニメ24か深夜アニメチャンネルでの再配信に移行する。2018年4月1日12時00分から「アニメ24チャンネル」と併合し、「Abemaアニメチャンネル」に改称。
  • ウルトラゲームスチャンネル - 2018年1月21日に開設され、2019年3月31日15時にABEMA SPECIALチャンネルと統合。
  • MTV HITS - 本開局時から開設されていたが、MTV HITSのサービス終了[102]に伴い、2020年9月30日に終了した[103]。洋楽のミュージックビデオの他、米ドラマやリアリティーショー等を配信していた。今後はABEMAビデオで新作コンテンツが配信される。

 

主なオリジナル番組[編集]

ABEMA NEWS[編集]

ABEMA SPECIAL[編集]

ABEMA SPECIAL2[編集]

ABEMA GOLD[編集]

特別番組[編集]

ABEMAビデオ・プレミアム限定[編集]

ABEMA アニメ[編集]

いずれもショートアニメ。

ABEMA アニメ2[編集]

  • ウマ娘 プリティーダービー Abemaステークス (2018年2月25日-不定期)
  • シュタインズ・ゲート ゼロ』未来ガジェット研究所 アベマ支部(2018年5月9日-水曜21:00-22:00)
  • バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜(2019年1月12日 - 21:30-22:00)世界最速配信。
  • 鬼滅テレビ(2019年4月19日 - 22:00-23:00-不定期)
  • 月刊生アクセラレータ(2019年5月25日 - 22:00-23:00-不定期)
  • IDOLY PRIDE 情報解禁スペシャル生放送(2019年12月9日 - 19:30-21:00-不定期)
  • ディズニー ツイステッドワンダーランド チャンネル(2020年1月27日 - 23:00-24:00-不定期)
  • TVアニメ「ラスダン」Presents たとえば放送開始前のアニメキャストがABEMAで特番するような物語(2020年8月15日)不定
  • ご注文はABEMAですか?BLOOM(2020年9月19日 - 20:30-21:30-月1特番)
  • ホリミヤ」超微炭酸系アベマ特番(2020年9月21日)不定
  • よつば音楽学院(2020年10月28日 - 21:00-22:00)

ABEMA アニメ3[編集]

アニメLIVEチャンネル[編集]

アニメLIVE2チャンネル[編集]

格闘[編集]

  • ONE DAY(2017年5月25日配信開始、不定期更新)
  • 道標明の人情酒場物語(2017年6月3日配信開始、不定期更新)
  • DDT LIVE! マジ卍(2018年4月10日配信開始、毎週火曜。2019年より不定期配信)
  • VS那須川天心 2ndシーズン(2018年9月1日-土曜21:30-22:00)
  • 格闘代理戦争(毎週土曜22:00-23:00)
  • ONE: Greatest Rivalries(2020年4月18日-)ONE Championshipの大会ベストバウト集。
  • プロレスリング・ノア中継(2020年2月-)※正式番組名は中継大会によって異なる。同年4月19日からの無観客試合も配信。

SPORTS[編集]

  • 大相撲LIVE(2018年1月14日配信開始)
  • AbemaTV MONDAY BASEBALL(2018年シーズン - 、毎週月曜18時00分 - 20時00分)
  • ベイ☆チャンネル(2018年シーズン - )
  • 木金バスケ(2018-19シーズン - )
  • FC町田ゼルビア主催試合(2019年シーズン - )
  • 三浦桃香ゴルフリアリティ(2020年7月25日(土)午後10時~10時30分)

釣り[編集]

  • AbemaTV Presents World Challenge(2018年10月20日配信開始)
  • 宮川大輔のちょい釣り(2019年12月29日配信開始)

将棋[編集]

麻雀[編集]

HIPHOP[編集]

ABEMA RADIO[編集]

ウルトラゲームス[編集]

公営競技[編集]

 

CM[編集]

地上波向けのテレビCMも制作されており、テレビ朝日系のみならず民放各局で放送されている他、ABEMA各チャンネルの広告空枠でも配信される。

出演者[編集]

CMソング[編集]

  • WEAVER『さよならと言わないで』(「身支度編」「カフェ編」「待ち合わせ編」「バスで通学編」)[119]

提供番組[編集]

年末年始[編集]

ドラマチックAbemaTVをテーマに

  • GENERATIONS高校TV「全国青春ダンスカップ」編
  • 恋愛リアリティーショー編
  • 麻雀編
  • K-1

2018年12月27日(木)〜2019年1月6日(日) 一部地域を除く全国にて放送。

アニメチャンネル[編集]

アニメチャンネル世界最速無料アニメ配信数No.1!空想科学研究所 柳田理科雄先生監修 “オレ/ワタシが最速!”人気アニメキャラクターが走るテレビCMを放送。

  • 放映期間:2019年3月29日(金)〜2019年6月末予定。地域:一部地域を除く全国

関連会社[編集]

関連施設[編集]

  • Chateau Ameba - サイバーエージェント保有のテレビスタジオ及び番組制作拠点。
  • UDAGAWA BASE - AbemaTowersにある公開スタジオ。
  • HARAJUKUAbemaStudio - 過去サイバーエージェント保有のテレビ番組配信・テレビ番組収録兼用のスタジオ。また、渋谷・道玄坂AmebaStudioのものを移設していて、AbemaMix専用スタジオとして改装されている。
  • EXけやき坂スタジオ - 主にニュース番組の配信に利用されている。
  • OPENREC STUDIO - 主にゲーム番組の配信に利用されている。
  • ABEMAアリーナ - PayPerView内にある、高品質CGで製作されたバーチャルライブ会場。2019年9月オープンのカムロ坂スタジオで撮影している。白ホリスタジオ・ハウススタジオ・リアルタイムバーチャル撮影も可能なグリーンバックスタジオ・3Dスキャンスタジオなど、4つの撮影スタジオと編集・録音ルームを併設したスタジオ。2020年11月には、CG映像とLEDライティング技術を組み合わせたLEDSTUDIOがオープンした。