香港上場で、中国本土のIT大手、騰訊(テンセント)は先週23日、筆頭株主である南アフリカのメディア企業ナスパーズ社(注1)が、テンセント株の約2%を売却したと発表しました。売却額は769億4,121万HKドル(約1兆300億円)と推定されます。 ナスパーズ社がテンセント株を売却したのは2001年5月の出資後、初めてのことです。今回の売却で、ナスパーズ社のテンセントへの出資比率は約33.17%から約31.17%に減少しましたが、筆頭株主の地位は引き続き維持するとのことです。ナスパーズ社も「少なくとも向こう3年はテンセント株を追加売却することはない」と発表しています。 ナスパーズ社は2001年5月に、当時ITバブル崩壊による株価の急落で経営難に陥っていたテンセントに46.4%(注2)を出資しました。当時の出資額は約3億HKドルだったと言われています。それが約17年間の株価上昇により配当を除く価値は約4,700倍にもなりました。 テンセントの筆頭株主がナスパーズという非中国企業であり、しかも南アフリカのメディア企業であるという事実は、あまり知られていない話です。しかし、中国の巨大企業には、テンセントのようにオフショアに設立された企業が多いことも結構見られるケースです。 中国国内で活動する企業であっても、企業ストラクチャーは単純ではなく、テンセントのように、オフショア法人を持ち株会社として設立して、その下に一般事業会社を持つケースが大変多いのです。こうすることで、中国国内法規制の制約を緩和したり、上場・値上り益を中国国外で確保できるようにしているのです。アリババなどもそうした例に漏れません。 一方で、複雑な企業ストラクチャーは、通常の普通株ではない形での株式保有を余儀なくされる部分があります。種類株と呼ばれる特殊な形式の株式がその一例です。アリババが香港上場ではなく、ニューヨーク上場を選択した際の決定的な要因がこの種類株にあったことは良く知られていることです。「中国企業であっても、中国法人に非ず。」というところは、結構存在します。そんな視点で、中国の株を見てみるのも面白いかもしれません。

 

南アフリカのメディア企業Naspersを世界的投資会社にした男 Koos Bekker(クース・ベッカー)

南アフリカのNaspersという企業を知っているだろうか?1915年に日刊紙の発行会社として創業したこの会社は、ベッカーがCEOに就任する1997年までアフリカの中の大きなメディア企業にすぎなかった。しかし、ベッカーが次々と世界各地のテクノロジー企業に投資をし、中国の巨大IT企業テンセントを見出すことに成功したナスパーズの時価総額は、当時の12億ドルから、2015年には660億ドルという驚異的な成長を遂げ、アメリカと中国を除いた国の中で最も大きなインターネット企業となったのである。

Naspersへ至る道のり

1952年、南アフリカハイデルベルクで生まれた。彼は、南アフリカの名門大学であるステレンボッシュ大学とウィッツ大学で法学や文学の学位を取った後、広告代理店で働き、マーケティングについて学んだ。そして、1984年には、アメリカのコロンビア大学MBAを取得する。

ビジネススクールでの研究をベースに、仲間と共に南アフリカで初の有料テレビ番組配信サービスの会社であるM-Netを起こす。最終的にM-Netはアフリカ48か国にまでサービスを広げることに成功したのである。

そして、南アフリカの通信会社MTNの取締役を経て、1997年、M-Netの筆頭株主であったNaspersのCEOに招聘される。これは、ベッカーが45歳のときであった。

参考:Koos Bekker, City of Cape Town

テンセントを見出す

CEOに就任したベッカーは、M-Netで得た利益を、世界中のテクノロジー企業に投資し始めた。だがその「戦績」は負け続きだった。アフリカでは複数のネットショッピング企業がつぶれ、中国ではあるインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に投資して8000万ドルの損失を被った。

引用:中国企業、テンセントに投資をして6兆円儲けた男

ベッカー、そしてNaspersの成功を決定づけることになったテンセントに株式の半分を取得するため3200万ドル投資したのは2001年のことである。

1998年に設立されたテンセント・ホールディングスは、中国インターネットサービス大手として、インスタントメッセンジャーソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)、ウェブポータル、eコマース(電子商取引)、オンラインゲームなど様々なサービスを提供しています。

同社の2014年第1四半期の決算は過去最高となり、現在まさに波に乗っているインターネット企業と言えるでしょう。

引用: 【徹底解析】中国IT企業「テンセント」の最強ビジネスモデルーー「WeChat」が世界のインフラアプリと化す未来

テンセントが2015年の4月には時価総額2000億ドルを超える企業へと成長したことに伴い、34%のテンセント株を持っていたNaspersも世界的なインターネット企業へと成長することとなった。

ロシア最大のインターネット企業への投資

テンセントへの投資の成功ばかりが目立っているが、ベッカーの功績はそれだけではない。

ロシアのインターネット関連企業、Mail.ru(メール・ドット・ルー)への投資も大当たりした。ナスパースは2007年にメール・ドット・ルーの株式の30%を1億6500万ドルで購入したが、現在その価値は16億ドルに膨らんでいる。しかもこの数字は、ウクライナ危機で株価がほぼ3分の1に落ち込んでから算出したものだ。

引用:中国企業、テンセントに投資をして6兆円儲けた男

中国で8000万ドルの損失を出していたにも関わらず、なぜ彼は創業間もなく無名のテンセントに投資する決断ができたのだろうか。テンセントで成功してもなお、なぜインドや中国、アフリカ、東ヨーロッパを中心とする世界中のテクノロジー企業に対して果敢に投資をしてこれたのだろうか。

最後に紹介する彼の言葉は、私たちに新しい分野に挑戦することの大切さを教えてくれる。

「我々は、誰よりも多く失敗を経験してきた。我々は、速く安く失敗しようとすることを大事にしている。もちろん、時には、高く失敗してしまうこともある。しかし、早くマーケットに入り込んでいることができていれば、その失敗から他の誰よりも多くのことを学ぶことができるのである。」