鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] 其之肆

 

フィズサウンドクリエイション

株式会社フィズサウンドクリエイションは、テレビ映画ラジオビデオCDカセットコンピュータゲーム等のアニメーション音響効果制作を主な事業内容とする日本の企業である。

 

本社所在地 165-0026
東京都中野区新井4-11-12 ブランシェ三好 B1
設立 1971年4月7日


沿革[編集]

  • 1971年(昭和46年4月7日):石田秀憲によって石田(イシダ)サウンドプロダクション設立。
  • 1980年:石田サウンドプロが、株式会社フィズサウンドクリエイションに社名変更。

概要[編集]

フィズサウンドは、サンライズ日本アニメーション東映アニメーションタツノコプロシンエイ動画ぴえろグループ・タック亜細亜堂XEBECGoHandsが制作するアニメ作品の音響効果制作を数多く担当していた業界では老舗の会社。

設立者の石田秀憲が1960年代に担当した『光速エスパー』をきっかけに、1970年代には『スペクトルマン』 - 『電人ザボーガー』までのピープロ作品や『アイアンキング』 - 『少年探偵団』までの宣弘社日本現代企画作品、『秘密戦隊ゴレンジャー』・『仮面ライダーストロンガー』・『氷河戦士ガイスラッガー』などの東映作品や『愛の戦士レインボーマン』・『ワイルド7』・『魔人ハンターミツルギ』などの実写ヒーロー物も数多く手がけていた。「ガキーン」と言うロボットを象徴する金属合体音は、石田秀憲が祖。この音は、刀鍛冶の音と爆発音の合成によって生み出された。また『無敵超人ザンボット3』・『無敵鋼人ダイターン3』・『機動戦士ガンダム』などのロボットアニメでは、アープ社製のアナログシンセサイザーARP 2600)を使用した効果音の音源を多数制作している。

サンオンキョー・クルーズ・AUDIO PLANNING Uドリーム・フォースダックスプロダクションなどが音響制作を担当するアニメ作品に数多く参加している。

 

担当作品[編集]

放送中の作品[編集]

過去の担当作品[編集]

所属中[編集]

庄司雅弘[編集]

音響監督の浦上靖夫大熊昭と組むことが多かった。

北方将実[編集]

風間結花[編集]

元所属[編集]

石田秀憲[編集]

依田安文[編集]

2008年に死亡。

石田サウンド/イシダサウンドプロ(現フィズサウンド)時代

わいわいサウンド設立時代

小林真二[編集]

高松孝宣[編集]

伊藤修[編集]

新井秀徳[編集]

西村睦弘[編集]

松田昭彦[編集]

蔭山満[編集]

蔭山 満(かげやま みつる)は、フリー音響効果技師。以前はフィズサウンドクリエイションに所属していた。

 

鷲尾健太郎[編集]

石田サウンド/フィズサウンド/イシダサウンドプロ 名義[編集]

 


 

神南スタジオ

株式会社神南スタジオは、日本音響制作業者


本店所在地 日本の旗 日本
162-0814
東京都新宿区新小川町3番10号
SEビル5階
設立 1993年8月11日

 

概要[編集]

アニメーションの音響制作、録音編集や、マルチオーディオスタジオの運営を主な業務としている。ネルケプランニングが関わった作品で、音響制作を担うことが多い。日本音声製作者連盟には未加盟である。発足当初から音響制作者の藤山房伸が代表を務めていたが、一線を退いたため、現在はStudioぴえろの元プロデューサーである朴谷直治が経営を引き継いでいる。かつて、藤山が代々木アニメーション学院(代アニ)の講師に招かれた間柄もあり、同校とネルケが関与した作品ではアフレコが代アニの原宿校スタジオ(現在は廃止)、ダビングを自社スタジオで行う体制になっていた時期もあった。

沿革[編集]

1993年8月11日の設立からしばらくの期間は、有限会社だったが、2013年現在は株式会社化している。2019年、登記上の本店の所在地を東京都渋谷区神南から東京都新宿区新小川町に変更した。本店移転後、MAスタジオは本店と同じく新宿区新小川町のSEビルに置かれているが、渋谷スタジオは以前と同様に渋谷区神南のハレ神南に置かれている。

 

主なスタッフ[編集]

音響制作・録音を手がけたアニメ作品[編集]

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
時期未定

 


 

トランス・アーツ

株式会社トランス・アーツ(TRANS ARTS)は、かつて存在したアニメーションの企画・制作およびテレビCM制作を主な事業内容とする日本の企業。


本社所在地 日本の旗 日本
167-0021
東京都杉並区井草5-14-10
設立 1967年3月

 

沿革[編集]

創業者で代表取締役黒木衛(くろき まもる)はコマーシャルの撮影マン出身で、1965年タツノコプロテレビアニメ宇宙エース』の撮影を経験したことからアニメ業界入りし、2年後の1967年にアニメーションの撮影会社としてのトランス・アーツを弟の黒木敬七と共同で設立した。翌年1968年の東京テレビ動画社制作のテレビアニメ『夕やけ番長』の撮影を担当してからは、タツノコプロ東京ムービーの作品を数多く手がけた。

日本アニメーションの設立後間もなく主要取引先とし、同社スタジオに分室を置いて撮影業務を一手に引き受けた。やがて制作会社としての陣容を整え、演出・作画・仕上スタッフを抱えるようになり、グロス請けを開始。日本アニメーション制作のテレビアニメ『トッポ・ジージョ』、『ジャングルブック・少年モーグリ』、『ピグマリオ』、『燃えろ!トップストライカー』、『ママはぽよぽよザウルスがお好き』などではシリーズ単位の制作協力を行うまでになった。2000年以降は日本アニメーションの元請作品が減少したこともあり、Production I.G作品を中心にグロス請けを行う他、制作元請として『テニスの王子様』『韋駄天翔』などを手掛けた。関連会社には「ハートフィールド」「宮崎アニメーションスタジオ」「バリ・マーサ」などがあったが、いずれも破産前に解散している。

2012年4月11日付官報によると、同年3月30日17時に破産手続が開始された。本社のあった場所は破産後に建て替えられ、2016年現在は一般住宅となっている。また破産前に在籍していたスタッフによって制作会社「アドバンス石神井」「あーとぼっくす」がそれぞれ設立されている。

 

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 共同制作
1997年 10月 - 1998年3月 アニメがんばれゴエモン  
1999年 4月 - 9月 ゴクドーくん漫遊記
10月 - 2000年3月 ジバクくん
2000年 7月 - 2001年3月 メダロット魂
2001年 10月 - 2005年3月 テニスの王子様
2003年 4月 - 9月 FIRE STORM
2004年 4月 - 2006年3月 超ぽじてぃぶ! ファイターズ
2005年 10月 - 2006年9月 韋駄天翔
2006年 7月 - 9月 内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎
2007年 4月 - 6月 ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜
10月 - 12月 天才? Dr.ハマックス
2008年 1月 - 3月 ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第二幕
2009年 1月 - 12月 獣の奏者 エリン Production I.G

テレビアニメ制作協力など[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]