鶴我の考察・感想・言葉の息吹を吹き込む日々の呟き。

自然・宇宙・日本の歴史に心赴くままに穏やかに情熱を大事に謙虚と感謝を忘れずに好奇心を持って生きてく男の記録。

アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] 其之貳



ワーナー ブラザース ジャパン

 ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、エンターテインメント事業を行う日本企業アメリカ合衆国の映画会社ワーナー・ブラザースの日本法人。

 

WarnerMedia (2019) logo.svg

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社
Warner Bros. Japan LLC

Hibiya Central Building (2018-05-04) 03.jpg

本社・日比谷セントラルビル

 

種類 合同会社
略称 WBJ
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-2-9
日比谷セントラルビル
設立 1992年5月29日
業種 情報・通信業
法人番号 5010401016820 
事業内容 映画上映賃貸業、映画輸入配給等
映画ビデオ・DVDの企画制作・販売
テレビ放映権・ブロードバンド向け映像配信権のライセンス事業
キャラクター商品のライセンス管理
邦画/アニメ/オンライン/家庭用ソフト/モバイルコンテンツ事業
ワーナー・ブラザースプロパティーの利用許諾及び管理

 

概要[編集]

事業体制として、映画製作・配給部門「ワーナー・ブラザース映画」(Warner Bros. Pictures)、家庭用ソフト・デジタルコンテンツ部門「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(Warner Bros. Home entertainment、旧:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション部門)、テレビ・映像配信部門「ワーナー・ブラザース テレビジョン」(Warner Bros. Television)、キャラクター商品ライセンス部門「ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツ」(Warner Bros. Consumer Products)などがあり、社名よりもこれらの名義が使用されることが多い。米国法人製作作品に加え、日本のコンテンツとして邦画・アニメ・モバイルゲーム・コンテンツアクイジションの4つの事業を展開している。

 

 

 

 

沿革[編集]

1992年5月29日タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社として設立。

2002年に株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと合併し、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社WARNER ENTERTAINMENT JAPAN INC.)となるが、2年後の2004年にはタイム・ワーナー(現:ワーナーメディア)の音楽部門分離・売却に伴い、音楽ソフト部門を株式会社ワーナーミュージック・ジャパンとして分離される。2010年、『最後の忠臣蔵』で本格的に邦画製作に参入。2011年ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから川瀬浩平中山信宏などが転籍。ワーナー・ホーム・ビデオ部門がテレビアニメ事業およびゲームパブリッシング事業に参入すると同時に、音楽レーベル「ワーナー・ホーム・ビデオ」も設立し、11月1日には日本レコード協会に準会員として加盟した。2014年4月1日日本動画協会に準会員として加盟。同年5月1日、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに改称され[5]、家庭用ソフトのブランド名もワーナー・ホーム・ビデオからワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに変更された。同時期にはモバイルゲーム事業を開始する。2016年4月1日ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社から社名・組織変更を行い、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社となる。2020年1月16日ワーナー・ブラザースユニバーサル・ピクチャーズが北米でのソフト販売と流通事業を統合することを発表。同時に両社での国際ライセンス契約締結に伴い、同年10月9日より、ワーナー・ブラザース作品の販売権をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンに移行した(同日以降、発売元のみ当社が、販売はNBCユニバーサルが手掛ける。販売継続と共にワーナー作品で国内アニメ作品を含む初の社名表記となる。ワーナーに加えて、同年11月11日よりメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)、ユナイテッド・アーティスツUA)、オライオン・ピクチャーズ作品のソフト販売も担当している。

 

販売[編集]

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション部門)が、ビデオソフトおよびワーナー・オンデマンド(映画・テレビドラマ作品の有料動画配信)の企画製作・発売を担当している。ワーナー・ブラザース映画が制作した邦画作品や、発売権利を保有しているTVアニメーション作品についても同社が発売元となる作品がある。CD店やDVDビデオソフト売場にて新譜販促用の冊子「NEW RELEASE INFORMATION」を毎月制作・無料配布している。ブルーレイディスクソフトの販促キャンペーンに2009年から2013年まで菊川怜を「ブルーなレイ」として起用している。日本市場にはこれまでワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー・ホーム・ビデオ(初代:ワーナー・パイオニア株式会社)→ワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー・ブラザース映画会社→ワーナー・ブラザース・ジャパン・インコーポレーテッド))より発売してきたが、1992年に新会社としてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン(後のワーナー ブラザース ジャパン)が映像部門からの現物出資で設立されることになり、同年度以降(正式には6月頃以降)は順次、同社からの発売となる。また、朝日放送制作のテレビバラエティ『探偵!ナイトスクープ』のディレクターズカット版傑作編として映像ソフトが発売されたのも、同社のレーベルからである。

DVDのハリウッドプライス[編集]

ジェネオン エンタテインメント(旧パイオニアLDC)を販売元としてDVD販売においてハリウッドプライスという2000円台でのDVD販売がされてきた。本国アメリカにおけるDVDの販売方針転換に伴って、2005年4月以降に発売された商品に対しては2980円、あるいは3980円に区別されるようになったが、これに対しては値上げとなったため賛否両論が多い。これによる廉価版発売の際、今までに比べて値引率が高くなるようになり、場合によっては3980円の作品がいきなり690円、980円で販売されることがある。また、他の映画会社にある常時1500円程度で購入できる作品の導入も遅く、2008年4月に初めて発売された。ただし、TVドラマなどに関しては現在でも1枚2500円あたりの価格となっている。

その一方で他の映画会社が第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)などとの兼ね合い上、リリースを削減しているUMD VIDEOを積極的に発売しており、最近では1500円と他のメーカーと比べても安い価格で販売されるようになった。また、Blu-ray DiscHD DVDも発売当初は旧作に関しては3980円程度と、他のメーカーと比べて低価格で発売されていた。

長い間、販売面においてワーナーとは良好な関係を築き上げてきたジェネオン自身も、親会社である電通ユニバーサル・ピクチャーズの日本法人にジェネオンの全事業を譲渡・合併[注 7]により「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」に変更される事となり、ワーナーにとっては映画・音楽分野においてライバルでもあるNBCユニバーサルの下で事業展開する事となった上、近年ではワーナー自身によるアニメおよび主題歌の製作・販売を積極的に行っているため、事業が完全に競合することとなっている。これまで通りの関係を継続するかどうかが注目されていたが、ジェネオン制作のアニメである『とある魔術の禁書目録』の劇場版の配給や主題歌・イメージソングを提供(作曲はジェネオン所属のfripSide八木沼悟志が担当)し、さらにその後スピンオフである『とある科学の超電磁砲』のTVアニメ2期のエンディング曲を提供するなど、少なくとも会社間の関係は現在でも良好なまま維持している模様。前述の通り、ワーナーとユニバーサルのソフト販売・流通事業の統合に伴う国際ライセンス契約締結により、2020年10月9日からジェネオンの後身でもあるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンがワーナー作品のソフト流通を担当している。

 

所属アーティスト[編集]

レーベルは「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。

過去の所属アーティスト[編集]

 

作品

アニメ映画[編集]

公開日 タイトル 制作スタジオ 備考
2006年
7月8日 ブレイブ ストーリー GONZO  
2008年
7月12日 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0 Production I.G 配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
8月2日 スカイ・クロラ The Sky Crawlers 発売・販売元:バップ
2009年
8月1日 サマーウォーズ マッドハウス 発売・販売元:バップ
2010年
4月24日 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 サンライズ 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
2011年
3月12日 劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 亜細亜堂 発売元:電通 / 発売・販売元:アミューズソフト
4月29日 豆富小僧 ラピス 3D・2D同時公開 / 制作:創通豆富映画
5月28日 手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく- 東映アニメーション 共同製作・配給:東映 / 発売元:東映ビデオ / 販売元:東映
2012年
2月4日 ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 STUDIO 4℃ 配給のみ / 企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント / 発売・販売元:バップ
6月23日 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略
7月7日 グスコーブドリの伝記 手塚プロダクション 配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
2013年
2月1日 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 STUDIO 4℃ 配給のみ / 企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント / 発売・販売元:バップ
2月23日 劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟- J.C.STAFF 販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン
7月6日 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ サンライズ 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
10月26日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 シャフト 配給のみ / 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング
2014年
2月22日 ジョバンニの島 Production I.G 配給のみ / 製作・発売元:日本音楽事業者協会 / 販売元:ポニーキャニオン
8月9日 宇宙兄弟#0 A-1 Pictures 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング
2016年
2月13日 劇場版selector destructed WIXOSS J.C.STAFF  
7月23日 アクセル・ワールド INFINITE∞BURST サンライズ  
12月10日 モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ ライデンフィルム
ウルトラスーパーピクチャーズ
XFLAG PICTURES
配給のみ / 製作:XFLAG
2017年
1月21日 劇場版カードキャプターさくら マッドハウス リバイバル配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
3月18日 ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜 シグナル・エムディ 製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
10月21日 DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団 DLE  
11月11日 劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜 日本アニメーション  
12月29日 劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード マッドハウス リバイバル配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
2018年
6月15日 ニンジャバットマン 神風動画
YAMATOWORKS
 
10月5日 モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ オレンジ 配給のみ / 製作:XFLAG スタジオ
10月19日 劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜 日本アニメーション  
2019年
2月15日 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢- J.C.STAFF  
4月26日 バースデー・ワンダーランド シグナル・エムディ 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックソリューションズ
8月23日 二ノ国 OLM  
2021年
1月8日 銀魂 THE FINAL BN Pictures

 

 

テレビアニメ[編集]

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ) ジャパン・コンテンツ事業グループ アニメ事業部が担当。

開始月 タイトル 制作スタジオ 備考
2011年
7月 ロウきゅーぶ! project No.9
Studio Blanc
 
神様のメモ帳 J.C.STAFF 音楽はランティス
10月 灼眼のシャナIII-FINAL- 映像ソフトの発売・販売元はジェネオン・ユニバーサル
2012年
4月 アクセル・ワールド サンライズ  
7月 アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- J.C.STAFF 映像・音楽ソフトの発売元はフロンティアワークス
カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜 ディオメディア 音楽はランティス
10月 ジョジョの奇妙な冒険 david production  
To LOVEる -とらぶる- ダークネス XEBEC 映像ソフトの販売元はジェネオン・ユニバーサル
リトルバスターズ! J.C.STAFF 音楽はKey/ビジュアルアーツ
2013年
4月 とある科学の超電磁砲S J.C.STAFF 映像ソフトの販売元はジェネオン・ユニバーサル
7月 ロウきゅーぶ!SS project No.9  
10月 ストライク・ザ・ブラッド SILVER LINK.  
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 J.C.STAFF 音楽はKey/ビジュアルアーツ
2014年
4月 金田一少年の事件簿R 東映アニメーション 音楽はミュージックレイン
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース david production  
selector infected WIXOSS J.C.STAFF  
7月 白銀の意思 アルジェヴォルン XEBEC  
9月 テラフォーマーズ ライデンフィルム  
10月 SHIROBAKO P.A.WORKS  
selector spread WIXOSS J.C.STAFF  
2015年
4月 食戟のソーマ J.C.STAFF 音楽はI WILL
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  
放課後のプレアデス GAINAX  
7月 赤髪の白雪姫 ボンズ  
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり A-1 Pictures  
監獄学園 J.C.STAFF  
10月 ヘヴィーオブジェクト  
2016年
1月 少女たちは荒野を目指す project No.9  
4月 12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜 オー・エル・エム 音楽は日本コロムビア
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない david production  
テラフォーマーズ リベンジ ライデンフィルム
TYOアニメーションズ
 
7月 食戟のソーマ 弐ノ皿 J.C.STAFF 音楽はランティス
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン マッドハウス  
モブサイコ100 ボンズ  
10月 競女!!!!!!!! XEBEC 音楽はランティス
Lostorage incited WIXOSS J.C.STAFF  
2017年
1月 スクールガールストライカーズ Animation Channel J.C.STAFF  
風夏 ディオメディア 音楽はフライングドッグ
MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang J.C.STAFF  
4月 ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝  
覆面系ノイズ ブレインズ・ベース  
10月 食戟のソーマ 餐ノ皿 J.C.STAFF 音楽はランティス
2018年
1月 カードキャプターさくら クリアカード編 マッドハウス 音楽はフライングドッグ
博多豚骨ラーメンズ サテライト  
4月 キャプテン翼 david production  
ひそねとまそたん ボンズ  
Lostorage conflated WIXOSS J.C.STAFF  
7月 天狼 Sirius the Jaeger P.A.WORKS  
ハイスコアガール J.C.STAFF  
10月 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 david production  
とある魔術の禁書目録III J.C.STAFF 映像ソフトの販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメント
2019年
7月 とある科学の一方通行 J.C.STAFF 映像ソフトの販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメント
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII  
10月 ハイスコアガールII  
食戟のソーマ 神ノ皿  
2020年
1月 とある科学の超電磁砲T J.C.STAFF 映像ソフトの販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメント
映像研には手を出すな! サイエンスSARU  
4月 食戟のソーマ 豪ノ皿 J.C.STAFF 音楽はランティス
7月 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII  
THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール MAPPA  
10月 100万の命の上に俺は立っている(第1シーズン) MAHO FILM 音楽はランティス
トニカクカワイイ Seven Arcs  
2021年
1月 WIXOSS DIVA(A)LIVE J.C.STAFF  
7月 100万の命の上に俺は立っている(第2シーズン)    
不明 終末のワルキューレ グラフィニカ  
ドールズフロントライン 旭プロダクション  
2022年
不明 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV J.C.STAFF  
処刑少女の生きる道

 

OVA[編集]

アニメ映像メディア販売[編集]

映像メディア販売のみを行った作品を列挙する。括弧内の年月は映像メディアの発売時期、制作年度は当時の放送時期。

家庭用ゲーム[編集]

モバイルゲーム[編集]

 


 

ワーナーが社名・組織変更、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社に移行

米国の大手エンタテインメント企業タイムワーナー グループの日本法人ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社が、2016年4月1日付で社名変更、組織変更を実施した。社名をワーナー ブラザース ジャパン合同会社(Warner Bros. Japan LLC)に変更し、さらに体制も株式会社から合同会社に移行する。
社長兼日本代表としてミラード・エル・オゥクス氏がトップとなり、7人の執行役員が日本での事業を支える。ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、劇場映画のワーナー・ブラザース映画、映像ソフト・配信などのワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、テレビ放送のワーナー・ブラザース テレビジョン、商品展開のワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツなどの事業を統括する。
このうち日本アニメの製作や映像ソフト・配信などの事業は、ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントのジャパン・コンテンツ事業グループ アニメ事業部が担当している。

ワーナー ブラザースの日本法人は1992年に設立、米国のハリウッドで製作された映画の配給やその商品展開などの関連事業を手掛ける。近年は、日本の映画製作に積極的で実写映画「るろうに剣心」シリーズや『L change the WorLd』などのヒット作がある。
また深夜アニメなど日本のファンに向けたアニメにも製作出資をする。「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズや『SHIROBAKO』『監獄学園』などヒット作も多い。

 

 

クールジャパン

クールジャパンとは、日本内閣府知的財産戦略推進事務局「クールジャパン戦略のねらい」によると、「外国人がクールととらえる日本の魅力」であり、クールジャパンの情報発信(日本ブーム創出)・海外展開(海外で稼ぐ)・インバウンド振興(国内で稼ぐ)によって世界の成長を取り込み日本の経済成長を実現するブランド戦略「クールジャパン戦略」政策で使われている用語である。また、クールジャパン戦略推進会議を構成してクールジャパンに係る事業に関する総合的な政策の企画・立案・推進をしている経済産業省商務情報政策局クールジャパン政策課によると、「我が国の生活文化の特色を生かした商品又は役務を通じて我が国の生活文化が海外において高い評価を得ていること」をいい[2]、同省キッズページにおいて簡単に言うと「みんなの身近にもたくさんある、日本の魅力的なものはぜ〜んぶ“クールジャパン”」となる。

 

クールジャパン戦略を推進する株式会社海外需要開拓支援機構が入居する六本木ヒルズ森タワー

 

概要

Cool Japan(クールジャパン)は、2002年に、米国のジャーナリスト、ダグラス・マグレイの記事「Japan’s gross national cool(日本の国民総クール量)」が発祥とされる。1990年代に英国に揚げられた「クール・ブリタニア」をもじったとされる。マグレイは2001年春にジャパン・ソサエティのメディア・フェローとして日本に滞在した人物で、同記事は2002年春にアメリカの外交雑誌『Foreign Policy』130号に掲載され、日本ではその抄訳が『中央公論』2003年5月号に「ナショナル・クールという新たな国力 世界を闊歩する日本のカッコよさ」という題で掲載された。「ナショナル・クール」は、ハーバード大学教授ジョセフ・ナイが提唱した「ソフト・パワー」の一種で、他国の国民を魅了する力によって自国の政治的・経済的な目標に資することを意味し、マグレイの記事はハーバード大学の日本講座でも扱われた。一方、評論家の東浩紀は、ダグラス・マグレイについてクールジャパンに関連する分野への専門性の低さを指摘し、また、1990年代に、イギリストニー・ブレア政権が推し進めた国家ブランド戦略「クール・ブリタニア」を名称ごと模倣したものであるとして、クールジャパンの隆盛に対し否定的に論じている。

2010年6月、経済産業省が「クール・ジャパン室」を設置する。国内人口の縮小や、従来型産業のピークアウトによって内需が減少したため、海外需要の獲得と共に関連産業の雇用を創出することが「クール・ジャパン戦略」と命名され、これ以降は「クール・ジャパン戦略」が日本の国策と位置付けられる。2013年11月25日、政府と電通など官民ファンドによる海外需要開拓支援機構(愛称:クールジャパン機構)が設立され、以降のクールジャパン戦略はクールジャパン機構が管轄している。クールジャパンの具体例としては、 映画音楽漫画アニメドラマなどのポップカルチャーゲームなど言った、日本のサブカルチャーなどのコンテンツを指す場合が多いが、食文化ファッション現代アート建築と言った、日本の現代のハイカルチャーを指す場合もある。一方で、日本の武士道に由来する武道、伝統的な日本料理茶道華道日本舞踊など、日本の伝統文化のコンテンツを指す場合もある。また、世界的に市場競争力を持ち得ている自動車オートバイ電気機器などの日本製品や産業も「クールジャパン」とされている一方、そのような市場競争力を日本国内ですら持っていない日本の地域産業・中小企業の産品も、国家のバックアップによって国際競争力を持ち得る魅力があることから、「TPP対策JAPANブランド等プロデュース支援事業」においては「ローカルクールジャパン」と位置付けられるいずれにせよ、「日本の魅力を展開し、海外需要の獲得と共に関連産業の雇用を創出」できるものが全て「クール・ジャパン」と位置付けられている。

クールジャパン戦略の実施に伴い、海外におけるクールジャパンの人気は高まっている。アニメ・漫画・ゲームなどのコンテンツ産業においては、もともと数字が小さいのと、海外のコンテンツに支払う料金の増大幅の方が大きいため、クールジャパン人気の高まりに反して日本国の赤字は増大しているが、観光などのインバウンド事業においては成功しており、旅行収支は2015年に黒字化し、日本は観光で利益を上げる観光国となった。

また、日本が絶頂期だった70年代後半から80年代(バブル崩壊前まで)にかけて、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれ、企業での「根回し」や「ボトムアップ」「終身雇用や年功序列を前提とした"会社を家族共同体とみなす企業経営"」などが海外で注目されたが、後年、これらの「日本的企業経営」も狭義のクールジャパンの範疇として扱われる社会科学の論説も存在する。

 

評価

現代美術家村上隆は、2010年に開催されたシンポジウム『クール・ジャパノロジーの可能性』にて、「アート界における"クール・ジャパン"の戦略的プロデュース法--Mr.の場合」と題した講演を行った。講演では、日本のマンガやアニメ、および、それらを生み出した日本自体を肯定的に解釈し、それらの前提のもと、今日ではクールジャパンと呼ばれている観点を日本人作家作品によっていかに西洋アート界に体現させていけるか、とのテーマについて初期から漸進的に取り組んできた軌跡を発表した。ただし、2012年に、自身とクールジャパンとの関係性を全面否定し、「クールジャパン」の語も広告会社のキャッチコピーであり、外国では誰も言っていないと批判した。

武道がスポーツ的側面のみ注目される、似て非なるものが寿司とされるなど混乱もある。

自分で自分のことをクールというのはクールではない、ふさわしくないという批判もあり、日本国外ではクール・ジャパンについて研究などで記述するとき、「narcissistic」(自己陶酔的な)という接頭語が付けられ揶揄されることが約束事のような状態となっている。

日本の国策として

2010年(平成22年)6月、経済産業省製造産業局に「クール・ジャパン室」が開設された。現在は、同省商務情報政策局クリエイティブ産業課およびメディア・コンテンツ課の両課により「クール・ジャパン」が推進されている。2012年平成24年12月26日発足の第2次安倍内閣より閣僚にクールジャパン戦略担当大臣(複数の担当と兼任)も置かれるなど、戦略産業分野である日本の文化・産業の世界進出促進、国内外への発信などの政策を企画立案及び推進している。コンテンツ産業や伝統文化などを海外に売り込む「クール・ジャパン戦略」として、日本のポップカルチャー方面を中心に文化産業の海外展開支援、輸出の拡大や人材育成、知的財産の保護などを図る官民一体の事業も展開されており、経済産業省主催で日本文化の対外ビジネス展開や市場開拓を検討する「クール・ジャパン官民有識者会議」を民間有識者と関係省庁参加で開催している。税制面の優遇も検討されており、「コンテンツ特区」を設け国外からも人材を集める。2010年に政府はクールジャパン推進により2009年度の海外収入1兆2000億円を今後倍増させる方針を示した。日本の文化や伝統を産業化し国際展開するため官民挙げて推進方策や発信力強化に取り組む「クールジャパン推進会議」も設置され、議長をクールジャパン戦略担当大臣が務め、民間からアイドルグループAKB48のプロデューサー秋元康などが起用された。

映像・音楽などの日本のコンテンツを世界に伝え普及させたり、ファッションやアニメなどのコンテンツの海外市場の開拓のため、大型の商業施設の開発やM&Aなどを支援する官民ファンド海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)」が、2013年(平成25年)11月25日に官民あわせて375億円の資金を集めて設立されているほか、日本政策金融公庫でも海外展開を行う中小企業向けに従来優遇金利よりも低金利の融資制度を検討する[31]など、クールジャパン関連事業の海外展開を促す動きも本格化し始めている。情報通信政策研究所の発表によると、2013年の日本の放送コンテンツ海外輸出額は約138億円となり、2010年の約62億5000万円の倍となっている。このうち、アニメーションが62.2%を占める。

 

 

年表

2011年平成23年

  1. 日本各地に存在する様々なモノやコンテンツを再発見して発信すること
  2. それらを輸出すること
  3. さらに観光客の誘致につなげること
を主な取り組みとした。

 

 

米ドル-円相場(1973年以降)

 

 

Japan Expo「Village Japon」にて、日本のアニメソングを演奏する奈良県のステージ(2011年6月30日)

 

「クールジャパン メッセンジャー」に就任したMISIAの「全米桜祭り」でのライブの様子(2012年3月25日)

 


 


 

 

海外需要開拓支援機構

株式会社海外需要開拓支援機構(かいがいじゅようかいたくしえんきこう、英語Cool Japan Fund Inc.)は、株式会社海外需要開拓支援機構法(略称「クールジャパン法」)に基づき設立された政府電通などの官民ファンド特殊会社

一般には「クールジャパン機構」と呼ばれる。

 

種類 株式会社
機関設計 非公開取締役会設置会社
略称 クールジャパン機構
本社所在地 日本の旗 日本
106-6117
東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー17F
設立 2013年平成25年)11月25日
業種 その他金融業
法人番号 1010401108794 
事業内容 投資ファンド事業


概要

日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援・促進を目指し、2013年11月、法律に基づき官民ファンドとして設立された。「日本の魅力」を事業化し、海外需要の獲得につなげるため、「メディア・コンテンツ」「食・サービス」「ファッション・ライフスタイル」「インバウンド」をはじめとする様々な分野でリスクマネーの供給を行っている。

投資活動の基本方針

“BtoC”“海外展開”“波及効果”にフォーカスした投資を行うとしており、重視する3つの投資パターンとして①アウトバウンド投資(海外プラットフォーム投資)による現地での日本ビジネス/ブームの創出等)、②インバウンド投資(外資企業との連携による国内投資等)、③国内投資(事業承継・国内事業拡大と海外事業拡大を組み合わせた投資等)を挙げ、グローバルシナジーを創出するとしている。

出資

機構には、2019年7月時点で官民が合わせて828億円を出資している(内訳は政府が721億円、民間企業が107億円)。

主な出資者(2019年4月時点、50音順)

(1社5億円、但し一部は1億円)

投資基準[編集]

投資にあたっては機構内に設置する「海外需要開拓委員会」が評価を行い、投資決定を判断する。また経済産業大臣が業務を監督し、事業年度終了毎に事業評価を行うこととなっている。

投資規模は当初は1件当たり100億円以下の投資を想定している。

機構の投資を受けるにあたっては、下記の基準を満たす事業とされている(詳細は支援基準を参照)。

  • 出資を受けようとする企業が満たすべき基準(投資基準)
  1. 政策的意義
  2. 収益性等の確保
  3. 波及効果
  • 機構が定める事項
  1. 投資事業全体としての長期収益性の確保
  2. 目的の範囲内における適切な分散投資
  3. 民業補完の徹底、民間資金の確保
  4. 民間のノウハウを最大限活用した運用、ガバナンス確保
  5. 政府の関係施策等との連携

 

出資案件[編集]

業務提携先[編集]

クールジャパン推進に関する政策評価

2018年5月18日、総務省行政評価局はクールジャパンの推進に関する政策について、「クールジャパン推進に関する政策は、相当程度進展」との全体評価をした上で、一部の施策に対し改善のための勧告を行った。クールジャパン機構への出資については「案件ごとに5年から10年程度の投資期間が想定されていることから、引き続き効果の発現状況を注視」とした。また個別の投資案件に対して所定の成果が上がっていない等の一部からの指摘がある一方で、それに対し誰にも話を聞かず感想・推論・憶測で作文しミスリードしているといった反証もある。

 


業務提携先[編集]

 

株主概要

平成31年4月現在)

トーキョーオタクモード

Tokyo Otaku Modeトーキョー・オタク・モード)は、国外向けに日本のサブカルチャーコンテンツである、アニメ漫画ゲーム音楽ファッションなどの情報発信を行ったり、商品をインターネットを通して通信販売(電子商取引)する会社の1つ。

 

種類 株式会社
略称 TOM
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州トーランス
設立 2012年4月
業種 インターネットメディア事業、小売業
事業内容 Eコマース事業
代表者 亀井 智英

 

歴史[編集]

2011年、サイバー・コミュニケーションズに勤めていた亀井智英を中心に、数名の社会人の週末プロジェクトとして、日本のアニメ漫画コスプレなどのコンテンツ情報を発信するFacebookページを2011年3月24日に立ち上げる。

Tokyo Otaku Mode Inc.としては、2012年4月に500 Startupsのプログラムへの参加を機に、米国のデラウェア州に2012年4月に会社を設立した。同年8月より、Webサイト、Tokyo Otaku Mode βを開設した。

沿革[編集]

2011年
2012年
  • 4月、500 Startupsのインキュベーションプログラムに参加し、アメリカデラウェア州に会社を設立。
  • 8月、Tokyo Otaku ModeのWebサイトのベータ版が完成し、Webサービスを開始。
  • 10月、Tokyo Otaku Mode Inc. 日本支店を設立。また、元アップルモバイル副社長のアンディ・ミラーがアドバイザーに就任する。
2013年
  • 1月、Facebookページが1,000万いいね!を達成する。2月、YJキャピタル、ITV、DGインキュベーションから資金調達。
  • 9月、本格的にEC事業を開始。”Tokyo Otaku Mode Premium Shop”の運営をスタートする。
  • 10月、Facebookページが1,300万いいね!を達成する。
  • 12月、Japan Startup Award グランプリ受賞。
2014年
  • 2月、日本支店が東京の表参道に移転する。
  • 4月、シリーズAファイナンスを完了と発表する。
  • 6月、Facebookページが1,500万いいね!を達成する。
  • 7月、スカパーJSATと提携。インドネシアでのジャパンコンテンツの普及に取り組む。
  • 9月、クールジャパン機構から最大15億円の出資を受けることが決定される。

サービス内容

主にFacebookページを使ったインターネットメディア事業、Eコマース事業、クリエイターサポート事業を行っている。

インターネットメディア事業

WebサイトTokyo Otaku Mode やFacebookページを通して、日本のアニメ漫画ファッション音楽、イベント等の情報を英語で発信している。 内容は、アニメのテーマソングについてや、コスプレイベントのレポート、新商品のフィギュアについてなど多岐に渡る。 日本のオタク文化やサブカルチャーコンテンツが国外に向けて発信されることはまだ少ない。日本語で公開となった情報を英語に翻訳した後、FacebookページやTokyo Otaku Modeで展開するニュースページを通し、いち早くオタクコンテンツの情報を発信することで、人気を集めている。

Eコマース事業

2013年の夏から本格的に国外向けの通信販売(Eコマース事業)を行うwebサービス、「Tokyo Otaku Mode Premium Shop」を開設。正規品のみを取り扱い[4]、国外に向けて通信販売を行っている。 取り扱い商品は、キャラクターグッズを中心にフィギュアスマートフォンのケース、Tシャツなど。また、所属するクリエイターたちの作品を商品化し、販売も行っている。

TOM Points
TOM Pointsとは、Tokyo Otaku Mode Premium Shopで利用可能なポイントシステム。1ドルの購入ごとに1 TOM Pointを獲得でき、次回商品の購入時から使用することが可能。

クリエイターサポート

主に個人で活動するクリエイターの海外展開を目的として、サポート事業を行っている。その中でも、Tokyo Otaku Modeに所属する「スペシャルクリエイター」と呼ばれるクリエイターたちの作品は、ギャラリーページのトップに掲載され、特設ページが作成される。 主に作品発表、翻訳、特設ページの作成などのサポートを行っている。[6] また、スペシャルクリエイターたちと制作したコラボ商品は、BEAMSの代官山店とAppBank Storeの新宿店で店頭販売されたこともある。

クリエイターたちの作品は、イラスト、コスプレ、ネイルアート、ラテアートなど多岐に渡る。

関連企業との事業

ローソン

2013年3月に、Tokyo Otaku Modeのホームページ内に特設ページを設立し、ローソンとのタイアップキャンペーンを行った。ローソンが実施したアニメ作品とのキャンペーンの紹介や、コラボグッズの紹介を行った。

東京ゲームショウ

2013年から、東京ゲームショウと提携して、イベントの海外向けプロモーションに協力している。海外来場者に向けた情報発信と、当日会場での英語対応であるインフォメーションコーナーとラウンジの設置をしている。

AppBank Store

AppBank株式会社が運営するAppBank Storeの新宿店内に、Tokyo Otaku Mode Shopを開設し、クリエイターたちと制作したiPhoneケースなどのオリジナル商品を販売している。ECサイトの製品のほとんどは国内向けに販売していないが、この提携によって国内の人も製品を購入することができる。

BEAMS

BEAMSと提携し、東京都代官山にある「マンガート ビームスT 代官山」に2013年7月の間、Tokyo Otaku Modeコーナーを設置した。[10] そこで、Tokyo Otaku ModeのロゴTシャツやマグカップに加えて、クリエイターたちと制作したオリジナル商品を販売した。

東急ハンズ

東京都池袋にある、東急ハンズでクリエイターとコラボしたオリジナル商品の販売を行っている。iPhoneケース、Tシャツ、トートバッグなどが並べられ、中には国内で初めて発売された製品もある。

Expedia

世界最大級のオンライン旅行サイト、Expediaと連携し、観光庁の訪日促進事業に参加。 アンケートを実施して、ウェブサイトで使えるクーポンの配布を行ったり、期間中に訪日した写真を投稿することで、Tokyo Otaku Mode Premium Shopで使えるクーポンの配布を行った。

観光庁

2013年度の、ビジット・ジャパン・キャンペーンの1つとして訪日プロモーションを実施。ウェブサイト内に特設サイトを公開し、3つのキャンペーン特設ページを公開した。[13] 1つ目は、人気のアニメ作品の舞台やモチーフとなった場所と、その周辺の観光地の情報を掲載する「聖地巡礼」と呼ばれるキャンペーンページ。次に、国外からの観光客が関心を持って訪れる秋葉原の店舗や観光地を紹介する、「アキバ情報」というページ。そして、アニメ漫画関連のイベントの情報を発信する「Otakuイベント」というページである。2014年度も観光庁と連携し、Expediaとともに訪日キャンペーンを実施した。

クールジャパン機構

2014年9月25日に、官民ファンド海外需要開拓支援機構(通称クールジャパン機構)を引受先として、第三者割当増資を実施し、最大で15億円の出資を受けることが決定した。 グローバルサービスの成長や、海賊版対策も期待されている。

 

 

※トーキョーオタクモードのフェイスブック公式サイト。

(こんな名前を作った奴は内心アニメを馬鹿にしているのは間違いなし。こいつらからすればアニメーションもビジネスと自分たちのグローバルリセット戦略の駒だな。)

 

 

ニジゲンノモリ

「森のゾーン」や「交流ゾーン」を活用した、漫画・アニメ等の2次元コンテンツと自然の中を融合させた体験型エンターテイメント施設が、パソナグループの株式会社ニジゲンノモリにより2017年7月15日にオープンした。

 

常設エリア

 

本社所在地 日本の旗 日本
656-2401
兵庫県淡路市岩屋924-1
設立 2016年12月8日
業種 サービス業
事業内容 ニジゲンノモリの運営
代表者 代表取締役社長 貞松宏茂
資本金 1億円
主要株主 パソナグループ 100%


データ[編集]

  • 着工 - 1977年
  • 開園 - 1985年(一部)
  • 面積
    • 開園面積 - 87.2 ha
    • 計画面積 - 148.8 ha
  • 所在地 - 兵庫県淡路市岩屋楠本2425-2

 

関連施設・周辺情報[編集]

 




パソナ

株式会社パソナPasona Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く人材派遣事業などを展開している企業。パソナグループの完全子会社であり、同グループの中核企業である。日本人材派遣協会会員。2020年8月31日に、本社の主要機能を兵庫県淡路島に移す方針を明らかにした。淡路島の西岸にテーマパークニジゲンノモリ」、「ゴジラ」のミュージアム、「ハローキティレストランなどを開設している。

Pasona Logo.svg

Pasona building.JPG

本社が入居していた当時の大和呉服橋ビル

 

市場情報
東証1部 4332
2007年11月27日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-8228
東京都千代田区大手町二丁目6番2号
日本ビル
設立 1989年9月27日
業種 サービス業
法人番号 1010001067359 
事業内容 人材派遣業
代表者 代表取締役 中尾慎太郎
資本金 1億円

 

決算期 5月31日
主要株主 パソナグループ 100%
(2018年5月31日現在)

 

 

沿革[編集]

 

提携[編集]

 

施設[編集]

 

グループ会社一覧

 

HR・BPO Solution

株式会社 パソナ 株式会社 パソナ
あらゆる業界の専門職種に対応した派遣/請負、紹介予定派遣、HRコンサルティング
03-6734-1111
  株式会社パソナ 人材紹介事業本部
キャリア人材の紹介
 
  株式会社パソナ キャリア支援事業本部
キャリア支援、人事コンサルティング
 
株式会社 パソナテック 株式会社 パソナテック
ITおよびエンジニアリング(機械・電気・電子系)分野に特化した派遣/請負、人材紹介
03-6872-6000
株式会社 パソナHS 株式会社パソナHS
NTTグループ・通信建設会社を中心とした派遣/請負、人材紹介
03-6281-9620
パソナ安川ビジネススタッフ パソナ安川ビジネススタッフ
安川電機グループを中心とする九州エリアに密着した派遣/請負
093-645-6848
株式会社 パソナマスターズ 株式会社 パソナマスターズ
シニア人材の経験を活かした各種事業/紹介、派遣、 人材ブリッジバンク事業、セカンドキャリアコンサルティング事業など
03-6832-7370
株式会社 パソナロジコム 株式会社 パソナロジコム
運送事業機能を含む物流請負
050-3821-8039
株式会社 パソナJOB HUB 株式会社 パソナJOB HUB
経験豊富なシニアをはじめ、専門プロフェッショナル人材による経営支援ならびに社外取締役の紹介
外部人材のスキルを活かすHR Techタレントシェアリングプラットフォームの提供
在宅・リモートワーカー活用・導入支援
03-6832-2901
株式会社 Pasona art now
建築企画設計施工・空間プロデュース事業、PRイベント事業、グローバル事業、スポーツ事業、福利厚生施設のアウトソーシング事業
03-6734-1349
株式会社 パソナハートフル 株式会社 パソナハートフル
総務業務の受託、障害者雇用に関するコンサルティング
03-6734-1093
長崎ダイヤモンドスタッフ 株式会社 長崎ダイヤモンドスタッフ 株式会社
三菱重工グループを中心とする長崎エリアに密着した人材派遣、事務請負、指定管理、福祉介護サービス、旅行、警備の事業
095-861-8111
株式会社 パソナナレッジパートナー 株式会社 パソナナレッジパートナー
特許調査事業、人材サービス事業、アウトソーシング事業、知財戦略全般に関するコンサルティング事業
06-7636-6400
株式会社パソナ知財信託 株式会社パソナ知財信託
知的財産権(特許権意匠権実用新案権)の出願・権利化等に関する管理型信託サービスの提供
03-6740-4930
株式会社 パソナHRソリューション 株式会社 パソナHRソリューション
給与計算、勤怠管理、人事データ管理に関わる導入コンサルティング、システム管理、オペレーションなど
03-6734-0211
株式会社 パソナ日本創生大学校 株式会社 パソナ日本創生大学校
人材育成に関する教育事業、キャリア開発に関するコンサルティング事業等
 
株式会社 パソナフォース 株式会社 パソナフォース
パソナグループ各社のネットワークを生かした営業代行支援並びに企業に対する営業戦略の立案及び各種コンサルティング
03-6832-2904
株式会社 ベネフィット・ワン 株式会社 ベネフィット・ワン
福利厚生のアウトソーシング
03-6870-3800
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社 パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社
総務系・メディア系業務のBPOサービス。オフィス/店舗の移転・内装工事、イベント運営、セキュリティ対応、Webサイト・印刷物制作等
06-6910-1330
ビーウィズ株式会社 ビーウィズ株式会社
コールセンターおよびBPO (ビジネスプロセスアウトソーシング) サービス
03-5908-3155
  サークレイス株式会社
Salesforceをはじめとしたクラウドソリューションの設計、開発、定着化から保守・運用サポートの提供
 
キャプラン 株式会社 キャプラン 株式会社
ビジネス研修(マネジメント・コミュニケーション・グローバル)、文化理解(接遇マナー・WINE・SAKE)、HRテック導入・運営支援
03-6778-5550
  株式会社 アサヒビールコミュニケーションズ
アサヒグループの工場見学案内業務、販促品の企画・販売、酒類および飲料商品の受注業務
03-5828-1115
株式会社ゴートップ 株式会社ゴートップ
印刷事業、WEB・マルチメディア事業、映像事業、イベント・展示会、ビジネスサポート等
0598-20-2880
  株式会社 スマートスタイル
MySQLソリューションサービス、システム設計・開発(導入)、運用・保守サービス
03-6872-6028
  株式会社 プロフェリエ
個人向けマンツーマン・プロフェッショナル・マッチング事業、企業向けパーソナル・エンパワメント事業、パーソナル・プロフェッショナル育成・支援事業
03-6832-3010
株式会社 イー・スタッフィング 株式会社 イー・スタッフィング
WEB人材派遣一括管理システム「e-staffing」の提供
03-5217-2811
株式会社 全国試験運営センター 株式会社 全国試験運営センター
各種試験運営のアウトソーシングサービス
03-5212-9901

Life Solution

株式会社 パソナフォスター 株式会社 パソナフォスター
保育所ならびに学童・児童センターの運営、ベビーシッター、保育コンサルティング
03-6734-1280
株式会社 パソナライフケア 株式会社 パソナライフケア
福祉介護サービス、家事代行サービス、ケアワーカー派遣
03-6832-7380

Global Sourcing

Pasona N A, Inc.
[米国] 採用支援/コンサルティング/BPO/海外勤務者管理/従業員支援
 
  Benefit One USA, Inc.
[米国] 従業員支援
 
  PASONA CANADA, Inc.
[カナダ] 採用支援/海外勤務者管理
 
  PASONA ASIA CO., LIMITED
[香港] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理/従業員支援
 
  Benefit One Shanghai Inc.
[中国] 従業員支援
 
  Pasona Education Co. Limited
[香港] 語学教育、社員研修
 
  Pasona Human Resources (Shanghai) Co., Ltd.
[中国] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理
 
  Pasona Taiwan Co., Ltd.
[台湾] 採用支援/コンサルティング/従業員支援
 
  MGR Consulting Co., Ltd.
[台湾] 採用支援
 
  Pasona Singapore Pte. Ltd.
[シンガポール] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理
 
  BENEFIT ONE INTERNATIONAL PTE. LTD.
[シンガポール] 従業員支援
 
  Pasona India Private Limited
[インド] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理/従業員支援
 
  Pasona Tech Vietnam Co., Ltd.
[ベトナム] 採用支援/コンサルティング/BPO/海外勤務者管理/従業員支援
 
  Pasona Korea Co., Ltd.
[韓国] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理/従業員支援
 
  PT Pasona HR Indonesia
[インドネシア] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理/従業員支援
 
  PT.BENEFIT ONE INDONESIA
[インドネシア] 従業員支援
 
  PT Dutagriya Sarana
[インドネシア] BPOサービス、人材・人事関連アウトソーシング、教育研修
 
  Pasona Recruitment (Thailand) Co., Ltd.
[タイ]
 
  Pasona HR Consulting & Recruitment (Thailand) Co.,Ltd.
[タイ] 採用支援/コンサルティング/海外勤務者管理/従業員支援
 
  Pasona Overseas (Thailand) Co., Ltd.
[タイ]
 
  Benefit One(Thailand) Co., Ltd.
[タイ] 従業員支援
 
  Pasona HR Malaysia Sdn.Bhd.
[マレーシア]採用支援・コンサルティング
 
  Agensi Pekerjaan Pasona Sdn. Bhd.
[マレーシア]
 

地方創生ソリューション

株式会社 パソナふるさとインキュベーション 株式会社 パソナふるさとインキュベーション
地方活性化リーダー人材育成、地方活性化モデル創出事業、観光関連事業
 
  株式会社 パソナスマイル
飲食店の経営、キャラクター製品の製作及び販売、各種イベント及び舞台公演・音楽活動の企画、運営 及び主催等
 
株式会社 パソナ農援隊 株式会社 パソナ農援隊
農産物の生産・加工・販売、農業関連研修、農業人材の派遣・紹介事業、農業関連コンサルティング、各種サポート事業などを展開
03-6734-1260
株式会社 パソナ東北創生
人財開発研修ツーリズム事業、事業開発支援事業、人材マッチング事業
 
株式会社 丹後王国ブルワリー
丹後王国「食のみやこ」の集客・プロモーション業務、地域商社、地域活性化リーダー人材育成、地域活性化モデル創出事業、観光関連事業
0722-65-4193
株式会社 ニジゲンノモリ
『ニジゲンノモリ』の運営等
0799-73-2280
  株式会社 地方創生
PR支援など地方創生プロデュース事業
03-6832-7366
  株式会社 VISIT東北
観光開発事業、WEBメディア運営事業、インバウンドマーケティング事業
 
  株式会社 イーハトーブ東北
ツアーコンテンツ開発・旅行事業、地元食材を活用した飲食店事業、古民家を活用した宿泊事業
0191-26-0015
  株式会社 匠創生
長期熟成酒プレミアムブランド「古昔の美酒」の企画販売、海外輸出
03-6832-7363
  株式会社 GM7
地域商社事業、農業生産事業、観光事業、アイスクリーム製造販売事業
0224-51-8804
  株式会社 日中BHEコミュニケーションズ
教育交流事業、福祉健康事業 ローカルビジネス支援事業

 

 




パソナグループ

株式会社パソナグループPasona Group Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く、人材派遣会社パソナなどを傘下に持つ持株会社

沿革[編集]

 

市場情報
東証1部 2168
2007年12月3日上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-8228
東京都千代田区大手町二丁目6番2号
日本ビル
設立 2007年平成19年)12月3日

 

事業内容 純粋持株会社
代表者 南部靖之
代表取締役グループ代表)
竹中平蔵
取締役会長(代表権なし))

 

決算期 5月31日
主要株主 南部靖之 37.29%
南部エンタープライズ 9.44%
BNYM NON-TREATY DTT 5.02%
OASIS INVESTMENTS II MASTER FUND LTD. 3.16%
JP MORGAN CHASE BANK 380621 2.06%
(2018年5月31日現在)
主要子会社 (株)パソナ 100%
(株)ベネフィット・ワン 54.43%
(株)パソナテック 100%

 

 後、あのパソナグループ(李家平蔵)の二次元の森(カタカナ表記でニジゲンノモリと書く)という会社が淡路島にあるとのことだがまぁそうだよね。アニメーションを本当に好きならこんな偏見と間違ったイメージを抱かれるような名前はつけない。俺なら「アニメーション」とは書かず「淡路島 アニメーション歴史公園(仮)」とつけるだろう。
あの糞竹中からすればアニメ産業で大儲けで雇用も壊し放題!日本壊し放題、グレートリセットで永遠に死ぬまで頂点でいたいんだろ?てめえは。
貴様には地獄よりも恐ろしい恐怖がお似合いだ。

 

まぁ愚痴はこのあたりにして其之參へ続く・・・。