アニメーション制作会社の記入。第四章。[アニメ会社と関連する企業を記す日記。] 其之壹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここに書いているのはまとめ系列の其之貳と其之參を組み合わせて統合させたもので現時点での完成版だ。ここにアニメーション作会社の第一章、第二章、第三章での系列の番号順に書いてきた一覧表が綴っており前まで「まとめ系列 其之貳」・「まとめ系列 其之參」と題名づけていた表記名を統合して「其之貳・改」という題名で綴り表記をしてまとめたほうが見やすさも綴り主である自分から見てもこれは見やすいと思って「まとめ系列 其之貳」と「まとめ系列 其之參」は削除させてもらいました。
これまで書いてきたアニメーション製作会社とそれに関連するものだけで二百五十二個も書いてきた。下に書いてあるのは「作品データベース」という以前、自分が使っていた名前でここには二百八十五個[285個]の數のアニメーション制作会社とそれに関連する会社が書いてある。例えばディズニーアニメは米国で日本ではないので書かないと決めていたのだが實はスタジオジブリ作品に長編アニメーション作品の出資をしていたことがWikipedia(ウィキペリア)=百科事典に書いてあったので書くことにした。
この第四章で大洲目にいければ良いのだが少し休憩したい氣持ちもあるがそれでもここまで来たからには知りたいところまで好奇心と謙遜な姿勢を忘れずに綴らせていただくその所作に「しっかり書く」という信念を忘れないということを大事にするのみ!。では参りますか。

 

電通に関しては日本ディープステートの拠点の一つでフジテレビの外貨の20%越えの違反や東北新社の件も総務省接待もトランプ陣営が裏で手を引いていて電通が弱体化しているからこそ出来た業であると思います。まさか、こんなにアニメ作品にかかわっているとはね。こやつらの本社ビルを見てると「どうだ!どうだ!でかいだろ」とまるで権力の象徴にしか見えませんよ。進撃の巨人のファイナルシーズンの制作委員会の関わっている会社の名前に「電通」があつたので調べてみたらあのイナズマイレブン電通がかかわっていたと知って「だからこんな最低で下品で暴力まみれで言っていることが似非まみれに見えたのか。」と納得しました。今の日本政府は朝鮮系ユダヤ地底政府李家ディープステートなので信頼出来る人間は表に出ている人間では一人もいません。ただ、これからの日本の繁栄が楽しみであるということだけ述べておきます。

 

 

 

 

【作品データベースにおける「会社: アニメ データベース / 関連作品数順」のURL(住所)先の表示暗号(アドレス)】
下に貼ってあるのはこれよりももっと下にあるアニメ作品と関連している作品と会社名の1番から285番までのアニメーション制作会社の名前でどこから見つけたのかをURL[電子空間=インターネットの住所先]でリンク先(住所先の表示と場所。)を三つに分けております。壹、貳、參と書いてあるように285個なので壹は一から百、貳は百一から二百、參は二百一から二百八十五になっているのでとても分かりやすい。
第四章の其之貳ではこれを参考にしながら探したいと思います。少し飽きているのもあるので休憩しながらじっくりやっていく方向にしようかと考えていますが
それでもしっかりやっていくのでそこは大丈夫です。しかし、URLやアドレスを自分流に日本語の文章にしてみるのって結構楽しいんだよね。
だから辞められませんわ。(喜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社: アニメ データベース / 関連作品数順 貳。

https://sakuhindb.com/anime/related_num_info/j/company_anime_100.html

 

 

 

会社: アニメ データベース / 関連作品数順 參。

https://sakuhindb.com/anime/related_num_info/j/company_anime_200.html

 

 

 

概要[編集]

立地[編集]

日本動画協会による2015年の調査では、全体の87.1%もの制作会社が東京都に集中しており、そのほとんどが中野区杉並区練馬区武蔵野市三鷹市小金井市立川市 ・西東京市地域、中央線(快速)西武新宿線西武池袋線の沿線に立地する[1]

都内に集中して立地していることで、アニメの制作において協力体制が取りやすく、在京キー局やソフト版元会社などの取引先に対応しやすい利点がある一方、地方にいる人材獲得への障壁にもなっている。そのため、地方支部・子会社の開設によって地方人材の発掘を行っている制作会社もある。

近年では作画のデジタル化により地方でも業務への支障は少ないことから、地方自治体が雇用創出のために誘致を行っている[2]

地方に本社を有する例
地方に拠点を有する例

経営[編集]

広告代理店ビデオメーカーなどは、資金調達や著作権窓口業務、企画、流通に携わり、実制作は行わないが、制作本数の増加や、制作会社の持つオリジナル版権の利用を目的に制作会社を自らの傘下に収めるケースも見られる。

制作会社の多くは中小・零細企業であり従業員10人未満、資本金1,000万円未満は42%を占める。かつて所属していた制作会社から独立して起業するケースが多い[3]

背景美術のみを請け負う専門的な会社は存在していたが、デジタルアニメの普及により手書き作業は行わずCG関連作業のみを請け負う会社の登場や、ポリゴン・ピクチュアズのような大手のCG制作会社がアニメ事業に参入する例もある。

Netflixなどの配信事業会社がアニメを独占配信するため、製作としてアニメ制作会社と直接契約する例もある。

日本に拠点を置く制作会社一覧[編集]

元請・グロス請け制作会社[編集]

英数[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

専門スタジオ[編集]

 

破産・活動停止・事業譲渡した制作会社[編集]

 

アニメメーカー[編集]

映像ソフトを製作・発売する会社。

アニメプロデュース会社[編集]

アニメの企画・プロデュース・版権管理を主な事業とする会社。「制作」「プロデュース」としてクレジットされることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の其之壹ではあくまで「作品データベースに乗っている一覧」を乗せた上で終わります。本格的な記入は其之貳で実行します。
それでは今年も善い日々を楽しもうぜ。何が起きても氣分はへのへのかっぱ~~♪