信頼出来るスーパー(食料品店)などの調査。

1・DCMカーマ

本社所在地

日本の旗 日本
448-8535
愛知県刈谷市日高町三丁目411番地

2006年(平成18年)9月1日ホーマック(現・DCMホーマック)・ダイキ(現・DCMダイキ)と経営統合し、共同持株会社DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)の傘下となった。

https://www.kahma.co.jp/

 

 

 マーケットピア】DCMカーマ 瑠璃光店のコメント一覧

設立 1970年昭和45年)2月23日

1971年に株式会社カーマに変更して1970年の設立した当初の名前は

大高商事株式会社という名前だった。

 

DCMホールディングス

本社所在地 日本の旗 日本
140-0013
東京都品川区南大井六丁目22番7号
大森ベルポートE館

 

設立 2006年平成18年)9月1日

傘下にDCMカーマDCMダイキDCMホーマックなどを持つ持株会社。3社の前身であるカーマ、ダイキ、ホーマック経営統合により設立された、DCMグループ(旧:DJグループ)の統括会社である。社名は、3社と三井物産による共同物流会社として設立された、DCMジャパン(DCMJ、現在は吸収合併)に由来する。元は、カーマとダイキの業務提携が嚆矢となって、それにホーマックが加わる形で、現在のDCMグループの原型が形成された。これには、3社の事業エリアが全く重複していなかったことも影響している。

 

www.dcm-hldgs.co.jp

2006年(平成18年)

  • 9月1日 - 株式会社カーマ、ダイキ株式会社、ホーマック株式会社の経営統合により、DCM Japan ホールディングス株式会社を設立。

 

 

 

 

 

 

 

 

2・カインズ

株式会社カインズ(カインズ、Cainz Co., Ltd.)は、関東地方を中心に、東日本東海地方近畿地方などでホームセンターカインズ(CAINZ)を展開する企業である。埼玉県本庄市に本部を置く。ショッピングセンターのベイシアや、作業服チェーンのワークマンらとともにベイシアグループの中核的な企業である。

 

カインズホーム 大平店 - 栃木市のホームセンター・家具・インテリア|栃ナビ!

www.cainz.com

本社所在地 日本の旗 日本
(本部)埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号
設立 1989年平成元年)3月1日

 

2020年3月現在で、28都道府県に228店舗を展開している。ホームセンター業界でトップクラスの売上高を誇り、2019年度(2020年2月期)の売り上げで、前年度まで業界のトップであったDCMホールディングスを抜き第1位となった

社名の由来は、英語のkind(親切な、種類が多い)から作った造語。

店舗の業態は、「カインズ」では、小型店で売場面積が約2千平方メートル級、標準店で約7千平方メートル級、大型店では1万平方メートルを越える大きさで「カインズスーパーホームセンター」と名付けられ、公式サイトの店舗案内でも通常のカインズとは区別されている。その他、ベイシアと共同で展開するスーパーセンター形態の「カインズスーパーセンター」、初期の既存店舗を改装してコンビニエンスストアに近い品揃えを行っている店舗「カインズマート」、自転車専門店の「カインズサイクルパーク」もそれぞれ展開している。一部店舗に併設されているカー用品店の「カインズオート」に関しては直営ではなく、同じベイシアグループオートアールズによる新業態となっている

 

沿革[編集]

 

2.5 ベイシア

ベイシアは、ベイシアグループの中核をなし、群馬県前橋市亀里町900に本部(本社)を置く株式会社ベイシアが運営するスーパーマーケット北海道を除く東日本を中心に店舗を多数展開する。社名は、『bene』(ラテン語で「良い」、「善」を意味する)と『iseya』(前身の商号)を合わせた造語である。

 

ベイシア/目標年商26億円、前橋に直営カフェ併設の次世代店舗 | 流通ニュース

本社所在地 日本の旗 日本
379-2147
群馬県前橋市亀里町900
設立 1997年3月

 

www.beisia.co.jp

沿革[編集]

 

 

 

 

 

 

 

3・イオン (ジャスコ)

イオン株式会社AEON CO., LTD.)は、千葉県千葉市美浜区中瀬(幕張新都心)に本社を置く、日本国内外300余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界11カ国に事業展開しており、売上総収入約8兆円規模の小売業世界第12位、日本第1位の業界首位となる災害対策基本法における指定公共機関に指定されている。

 

https://www.aeonretail.jp/

 

本社所在地 日本の旗 日本
261-8515
千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
イオンタワー
北緯35度39分4.6秒 東経140度2分17.9秒座標北緯35度39分4.6秒 東経140度2分17.9秒
設立 1926年9月21日
(株式会社岡田屋呉服店

 新型コロナ:イオンモール、全国でテナント休業 緊急事態宣言拡大で: 日本経済新聞

 

【歴史】

創業期・岡田屋時代[編集]

 

 

 

オカダヤ四日市店(1958年昭和33年))

ジャスコ時代[編集]

 

イオン(事業会社)時代[編集]

 

 

 

 

 

 

 

4・バロー (チェーンストア)

株式会社バローは、東海地方を拠点にスーパーマーケットを店舗展開する株式会社。本項では、持株会社化以前の株式会社バロー(現商号:株式会社バローホールディングス)と、持株会社化に際し新設された事業会社である株式会社バローの双方について記す。伊藤喜美岐阜県恵那市主婦の店として創業。現在の社名の由来は「勇気ある者」を意味する英語古語から。親会社は株式会社バローホールディングス。

valor.jp

本社所在地 日本の旗 日本
507-0062
岐阜県多治見市大針町661-1
北緯35度22分16秒
東経137度4分46秒
座標北緯35度22分16秒 東経137度4分46秒
設立 2015年4月1日

 

設立の歴史は 1958年7月29日。 

 スーパー「バロー」、年4日一斉休業へ 人材定着に期待:朝日新聞デジタル

 

株式会社バローホールディングスValor Holdings Co., Ltd.)は、東海地方を拠点にスーパーマーケットホームセンタードラッグストアスポーツクラブなどを店舗展開するバローグループの持株会社である。2015年10月1日に株式会社バローから商号を変更した。新設の子会社である株式会社バローをはじめとする事業会社を傘下に持つ。

創業者伊藤喜美岐阜県恵那市で主婦の店として創業。本部は岐阜県多治見市大針町661-1であるが、登記上の本店は現在も恵那市である。社名のバローの由来は「勇気ある者」を意味する英語の古語から。

 

株式会社バロー(初代 現・バローホールディングス)[編集]

  • 1958年7月 - 伊藤喜美が株式会社主婦の店を資本金450万円で岐阜県恵那市大井町251-1に設立。
  • 1958年9月 - スーパーマーケット恵那店営業開始。
  • 1969年3月 - 中部興産株式会社(現、連結子会社)を設立し、不動産事業を開始。
  • 1970年3月 - 社名「株式会社主婦の店」を「株式会社主婦の店バロー」に変更。
  • 1974年11月 - 岐阜県恵那市大井町270-1に本店を移転するとともに、社名を株式会社バローに変更。

 

株式会社ホームセンターバローは、東海地方を拠点にホームセンターペットショップを店舗展開する株式会社。アレンザホールディングス株式会社の完全子会社。

 

 

アレンザホールディングス

アレンザホールディングス株式会社は、福島県福島市に本社を置き、東北地方、東海地方、中国四国地方を中心にホームセンター及びペットショップを運営するグループの持株会社2016年9月1日福島県福島市に本社を置く株式会社ダイユーエイト岡山県岡山市に本社を置く株式会社リックコーポレーション(2019年3月1日に株式会社タイムに商号変更)が共同持株会社として設立した2019年4月1日東海地方を拠点にスーパーマーケットホームセンタードラッグストアスポーツクラブなどを店舗展開するバローグループの持株会社であるバローホールディングス経営統合を行うと同時に、バローホールディングスに株式の50%移転を行い、同社の子会社となった。同時に商号もアレンザホールディングス株式会社へ変更。これによりホームセンターバローはバローホールディングスの孫会社に変更となった。

 

 

www.alleanza-hd.co.jp

本社所在地 日本の旗 日本
960-8151
福島県福島市太平寺字堰ノ上58番地
設立 2016年9月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

5・ユニー

アピタピアゴはユニーの銘柄でユニー株式会社UNY Co., Ltd.) は、愛知県稲沢市に所在し、大手ディスカウントストアのドン・キホーテを中核とするパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの完全子会社で、総合スーパー (GMS) 店舗運営を担当する大手流通企業である。

 

2019年1月までユニー・ファミリーマートホールディングス傘下の連結子会社だった。総合スーパーの大型店「アピタ」、中型・小型店「ピアゴ」などの総合GMS店舗のほか、モール型ショッピングセンター「ウォーク(ウォークモール」、ミニモール型店舗「ラスパ」などのショッピングセンターを運営し、ターゲットとする層ごとに店舗ブランドを使い分けている。店舗数は182店舗、2019年平成31年)3月31日現在。

www.uny.co.jp

www.uny.co.jp

www.uny.co.jp

 

本社所在地 日本の旗 日本
492-8680
愛知県稲沢市天池五反田町1番地
設立 1950年昭和25年)3月13日
(株式会社ほていや呉服店

 ユニー - Wikipedia

 

アピタ向山店|「まいにちの暮らしに安心・品質・お手頃感を」 アピタ・ピアゴ

 

ユニー/個店経営本格導入の新業態「PIAGOプラス妙興寺店」 | 流通ニュース

沿革

名古屋を地盤とする衣料系スーパーの「ほていや」と「西川屋」が繊維商社タキヒヨーの仲介による合併を経て成立。前身のほていやが既に静岡・横浜に進出していたことから、当初から中京・静岡・神奈川の3地区を地盤としていた。ほていやは元来呉服店であり、現在はグループを離脱したが、その事業はかつての関連企業さが美が継承している。西川屋は履物店として創業したのち、呉服店に業態転換するが、戦後は総合衣料品が主力となった。両社ともに地域一番の総合スーパーを目指して合併。今日のユニーの基礎を築いた。

 

前史[編集]

 

(初代)ユニー株式会社/(2代目)ユニーグループ・ホールディングス株式会社

・1971年(昭和46年) - 株式会社ほていや、株式会社西川屋チェン、株式会社ユニー、新名浜株式会社が合併し、ユニー株式会社となる。同時に系列販売店として「中部ユニー」「東海ユニー」「関東ユニー」を設立。

 

 

 

 

 

5.2 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、主に総合ディスカウントストア等の企業集団を展開する日本持株会社である。本社は東京都目黒区青葉台に所在。東京証券取引所第一部上場。連結子会社株式会社ドン・キホーテユニー株式会社株式会社長崎屋などがある。

 

本社所在地 日本の旗 日本
153-0042
東京都目黒区青葉台二丁目19番10号
設立 1980年昭和55年)9月5日
(株式会社ジャスト)

 

沿革[編集]

 

ファミリーマート (企業)

株式会社ファミリーマート FamilyMart Co.,Ltd.)は、ファミリーマートを運営する日本コンビニエンスストア (CVSフランチャイザーである。東証1部上場の大手総合商社である伊藤忠商事の子会社。かつては旧セゾングループの一員であった。

 

www.family.co.jp

本社所在地 日本の旗 日本
108-0023
東京都港区芝浦3-1-21
msb Tamachi 田町ステーションタワーS 9F
設立 1948年昭和23年)8月19日
(株式会社ジョナス)

概説[編集]

ジョナスとして発足した現法人はファミリーマートへ名称変更後、ユニー・ファミリーマートホールディングスへ改名。その後再びファミリーマートに商号を戻している。ファミリーマートグループとしては現在運営しているファミリーマートブランドのほか、吸収合併した各社より引き継いだam/pmココストアエブリワンサークルKサンクスなどのブランドでもコンビニエンスストアを運営していたが、いずれもすでにファミリーマートに集約されている。

 

沿革[編集]

1970年代[編集]

 

伊藤忠商事

伊藤忠商事株式会社は、大阪府大阪市北区東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社

www.itochu.co.jp

本店所在地 日本の旗 日本
530-8448
大阪府大阪市北区梅田三丁目1番3号
ノースゲートビルディング
北緯34度42分11.2秒
東経135度29分42.0秒
設立 1949年(昭和24年)12月1日

沿革[編集]

 
伊藤忠商事 旧大阪本社
画像左が大阪本社が入居していた旧・伊藤忠ビル(現・大阪御堂筋ビル)、画像右は大阪センタービル
大阪市中央区久太郎町四丁目1番3号)

 

 

 

 

6・ドン・キホーテ (企業)

この項目では、2代目の株式会社ドン・キホーテおよび同社に会社分割で継承された小売事業全般について説明しています。初代の株式会社ドン・キホーテについては「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」をご覧ください。

 

株式会社ドン・キホーテは、関東地方を中心に、日本の主要都市や主要地方都市ドン・キホーテブランドなどの主に総合ディスカウントストア及び総合スーパー展開する企業。本社は東京都目黒区青葉台。略称はドンキ。店舗ロゴなどにおいてはドン.キホーテと、ドンとキホーテの間がピリオド(.)の表記となっている。

現在の株式会社ドン・キホーテは2代目法人である。2013年8月に株式会社ドン・キホーテ分割準備会社ドン・キホーテぶんかつじゅんびがいしゃ)として設立され、初代法人より会社分割で事業を承継した。初代株式会社ドン・キホーテは2013年12月に商号を株式会社ドンキホーテホールディングス(現・株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)へ変更し、持株会社体制に移行。

本社所在地 日本の旗 日本
153-0042
東京都目黒区青葉台二丁目19番10号
設立 2013年8月14日
(株式会社ドン・キホーテ分割準備社)

マーケットピア】何でもあるような ドン・キホーテ 半田店(半田市)のお気に入りコメント(口コミ)

 

沿革[編集]

 

www.donki.com

 

ppih.co.jp

■「ドン・キホーテ」の由来

株式会社ドン・キホーテの社名は、スペインの文豪セルバンテスの名作にちなんで名付けられたそうです。その作品の主人公であるドン・キホーテは行動理想主義者。それ故に様々な悲喜劇が生まれるのだが、既成の常識や権威に屈しない彼。その姿のように、新たな流通業態を創造したいという会社の願いをのせて命名されたのだそう。「見えにくく、買いにくく、分かりにくい」という独自の売り場もその表れなのだろう。「お客様第一主義」という言葉にも異を唱える。お客様の立場で考えるという意味から「売り場」とは言わず、お客様を主語とした「買い場」という言葉を用いるよう社員に徹底しているらしい。

 

 

 

 

7・アオキスーパー

株式会社アオキスーパーは、愛知県内にスーパーマーケットを店舗展開する小売業株式会社である。以前は本店を名古屋市中村区に、本部を津島市に置いていたが、2010年6月に大鳥居ビル(元ジャスコ中村店、アオキスーパー中村店跡地)を取り壊し、2011年8月に新社屋が完成させ、中村店(新店舗)と共に本部を移転した。中村店は、本店の位置付けにあたる。

 

アオキスーパー 鳴海店 – 徳重エリアガイド

 

 

www.aokisuper.co.jp

本社所在地 日本の旗 日本
453-0054 
愛知県名古屋市中村区鳥居西通1丁目地
設立 1974年昭和49年)6月10日

沿革[編集]

 

 

8・ウエルシア薬局

ウエルシア薬局株式会社(ウエルシアやっきょく)は、調剤薬局併設型ドラッグストアチェーン展開する日本企業である 本社東京都千代田区外神田2丁目2-15のウエルシアビルに置くイオングループに属する。

本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田2-2-15 ウエルシアビル
設立 1974年4月19日
(株式会社十字・1959年12月創業)

なお表記・発音の「ウルシア」は誤りで、ウエルシア薬局および親会社持株会社)であるウエルシアホールディングスの公式サイトでも「ウエルシアの『エ』は大文字を採用しています」と明記されている。

 

駅近】ウエルシア薬局 新潟亀田駅前店 - 新潟県江南区旭 | EPARKくすりの窓口

 

www.welcia-yakkyoku.co.jp

沿革[編集]

2000年2月 - ジャスコ株式会社(現:イオン株式会社)と業務資本提携

2014年

 

8.5 ウエルシアホールディングス

ウエルシアホールディングス株式会社(英文社名:Welcia Holdings Co.,Ltd.)は、調剤薬局併設型ドラッグストアチェーンの運営を行う企業の持株会社である。本社東京都千代田区外神田2丁目2番15号のウエルシアビルに置く。子会社であるウエルシア薬局からの流れでイオングループに属する。

www.welcia.co.jp

本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田2丁目2番15号 ウエルシアビル
設立

2008年9月1日
グローウェルホールディングス株式会社)

沿革[編集]

 

 

9・イシハラフード

 

collaboplaza.com

イシハラフード 会社概要

商   号 株式会社イシハラフード
設   立 昭和35年10月(1960年 10月)
代 表 者 代表取締役 石原 宏幸
資 本 金 5,000万円
事業内容 食品スーパーマーケット 5店舗
(株)ぐるめいしはら(惣菜センター)
(直営)パン工房 グランピアン
(直営)パン工房グランピアン 古民家カフェフーガス
本   部

イシハラ本部
愛知県半田市栄町3-13
tel:0569-21-5255
fax:0569-21-5257

 

 イシハラフード 半田市地元の食品スーパーマーケット

 

 

株式会社イシハラフード チラシ情報

 

株)イシハラフード 星崎店情報ページ|エスティネット

 

 

 

 

ぐるめいしはら 会社概要

商   号 株式会社ぐるめいしはら
設   立 平成8年11月(1996年 11月)
代 表 者 代表取締役 石原 敬士
資 本 金 1,000万円
従業員数 正社員13名 パートタイマー63名
業   種 惣菜製造小売業
本社所在地 愛知県半田市寺町131番地
店舗数

店舗所在地
5店舗(直営2店舗・テナント5店舗)
イシハラフード星崎店内
イシハラフード武豊店内
イシハラフード東洋店内
イシハラフード常滑店内
イシハラフード成岩店内(販売のみ)
寿司街道(花園店)半田市花園町 6-27-9 tel.0569-23-7715
寿司街道(乙川店)半田市美原町 1-100 tel.0569-47-7123

 

 

 

 

10・イトーヨーカ堂

は、関東・東京地方を中心に20都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングス (7&i) の子会社であり中核企業である。

本社所在地 日本の旗 日本
102-8450
東京都千代田区二番町8-8 二番町ガーデンビル.
北緯35度41分8.9秒 東経139度44分2秒
設立 2006年平成18年)3月1日(注2)
1920年大正9年〉創業)

 

 イトーヨーカ堂の起源は(現)名誉会長 伊藤雅俊の母親・伊藤ゆきの弟にあたる吉川敏雄が、東京市浅草区(現:東京都台東区浅草)に「羊華堂洋品店」を1920年大正9年)に開業したことに遡る。

 イトーヨーカ堂 不採算店舗を大量閉鎖へ 全体の約2割|採用お悩み解決!|求人広告ナビ

 

www.itoyokado.co.jp

沿革[編集]

  • 1920年大正9年) - 「羊華堂洋品店」が東京府東京市浅草区(現:東京都台東区浅草)に開業する。
  • 1958年昭和33年)4月 - 株式会社に改組し、株式会社ヨーカ堂を設立する。
  • 1965年(昭和40年)6月 - 商号を株式会社伊藤ヨーカ堂に変更する。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 株式額面変更の準備として川越倉庫株式会社の商号を(旧)株式会社イトーヨーカ堂に変更する。社名は現在のものと同一であるが、この法人自体は2006年(平成18年)3月1日に被合併会社として消滅している。

 

 

10.5 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングスSeven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパンイトーヨーカ堂などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。社名表記としては通常「セブン&アイHLDGS.」を使用し、同社および各事業会社を総称してグループ全体の呼称としても用いられる。このほか、広告やポスターなどなどで「セブン&アイグループ」「セブン&アイ」などと称することもある。

www.sej.co.jp

本社所在地 日本の旗 日本
102-8452
東京都千代田区二番町8-8
二番町ガーデンビル
北緯35度41分9秒 東経139度44分3秒
設立 2005年平成17年)9月1日

概要[編集]

などを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

 

セブン-イレブン

セブン-イレブン7-Eleven)は、コンビニエンスストア日本においては、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社でコンビニエンスストア最大手の株式会社セブン-イレブン・ジャパン[注 1]Seven-Eleven Japan Co., Ltd.、英略: SEJ)が事業展開している。チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している企業である。

本社所在地 日本の旗 日本
102-8455
東京都千代田区二番町8-8
北緯35度41分9.5秒 東経139度44分2.2秒
設立 1973年昭和48年)11月20日

 

 

セブン-イレブン (米国)

アメリカコンビニエンスストアを展開するセブン&アイグループの企業。テキサス州オーククリフで、1927年にオープンした売店がはじまり。

 

本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ダラス
設立 1927年
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアの経営
主要株主 日本の旗 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

 

1927年に、氷小売店サウスランド・アイスカンパニーとして創立。当時のアメリカでは、電気冷蔵庫がまだ普及していなかったため、周辺住民にとって保存用氷は、なくてはならない存在であった。同社の販売を任されたジョン・ジェファーソン・グリーンは、常に来客へのサービス向上に関心を持ち、夏の時期には、週7日・毎日16時間の営業を行った。この試みは、地元の人に高い評価を獲得した。ある時に来客から、食料品や調理器具などの日用品も扱ってくれると便利だという声を聞き、ジョンは本社へ提案を提出。同社もこれに合意した。これが、「7-Eleven」の原型となる。現在、コンビニエンスストアと呼ばれる、こうした小売形態の店舗は、当初は「トーテム・ストア (Tote'm Stores)」と呼ばれた。Tote'm は Tote them の短縮形で「買ったものを運ぶ」の意味である。これにちなんで店舗の庭にトーテムポールを建てたり、店舗の側面にトーテムポールの絵を描いたりしていた。

1946年には、朝7時から夜11時(23時)までの営業時間にちなみ、店名を「7-Eleven」に変更した。

しかし、1991年に経営破綻してしまう。これにより、フランチャイジーイトーヨーカ堂傘下となって、社名を「7-Eleven, Inc.」に変更する。2005年には、セブン&アイグループの完全子会社となり、「セブン&アイのアメリカ法人」という位置付けになった(詳細は、セブン-イレブン#アメリカ法人の子会社化を参照のこと)。現在は、アメリカ本土で5,000店(2004年現在)を運営するほか、セブン&アイグループの国際戦略の一翼を担っている。

歴史[編集]

 

 

11・ゲンキー

 ゲンキー株式会社は、福井県坂井市に本社を置く福井県を中心に石川県岐阜県愛知県で大型・小商圏型ドラッグストアチェーンを展開する企業。親会社で持株会社Genky DrugStores株式会社Genky DrugStores Co., Ltd. )が東京証券取引所第一部に上場している。創業者の藤永は、流通システムなどをドラッグストアの本場であるアメリカに倣って起業した。

 ドラッグストア、岐阜で大増殖の理由 5年で店舗数1・5倍 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

沿革[編集]

 

Genky DrugStores株式会社
Genky DrugStores Co., Ltd.

本社所在地 日本の旗 日本
910-0332
福井県坂井市丸岡町下久米田38-33
北緯36度7分9.3秒 東経136度17分56.2秒座標北緯36度7分9.3秒 東経136度17分56.2秒
設立 2017年12月21日

 

ゲンキー株式会社

設立 1990年9月28日

 

www.genky.co.jp

 

12・トライアルカンパニー

株式会社トライアルカンパニーは、小売業IT物流商品開発製造などを手がける 福岡県福岡市東区に本社を置くIT企業である。ディスカウント業態を中心に事業展開しているが、創業期はソフトウェア構築およびパソコン販売が主力事業であり、主に流通業向けのITシステムを開発していた。現在もソフトウェア開発専門の子会社を所有しており、国内全店舗の営業支援・業績分析を担当している。日本国内の店舗数は2018年5月時点で205店舗。

本社所在地 日本の旗 日本
813-0034
福岡県福岡市東区多の津1-12-2
トライアルビル
設立 1981年7月(株式会社あさひ屋)
(創業:1974年4月)

 

www.trial-net.co.jp

沿革[編集]

 スーパーセンターTRIAL 小山店 - 小山市のスーパーマーケット・ホームセンター|栃ナビ!

 

店舗業態

スーパーセンタートライアル

  • トライアルの主力となるスーパーセンター業態。主に売り場面積1,200坪(約4,000m2)の店舗を中心に、1,000-2,000坪(3,300-6,600m2)前後の広さで展開。

メガセンタートライアル

  • 2006年より開始した主に売り場面積2,000坪(6,600m2)以上の広さで展開している大型業態で、特にインテリアや生活雑貨の取り扱いが拡充されている。2018年5月時点で北海道・茨城県・埼玉県・千葉県・滋賀県・福岡県・大分県熊本県・宮崎県に展開する。

トライウェル

  • 食料品を取り扱うディスカウントドラッグストア業態。2018年5月時点で茨城県・栃木県・千葉県・福岡県に展開しており、子会社の株式会社トライウェルが運営している。

ディスカウントストアトライアル

  • トライアルで最初に運営が開始されたディスカウントストア業態。衣食住を揃えた店舗から300坪(990m2)に満たない小型店舗も存在する。また、看板は赤系統が主体となっている。

バラエティストアトライアル

  • 「ディスカウントストアトライアル」とほぼ同業態で、株式会社ナカヤから継承された店舗。店舗看板は通常のロゴと全く異なるデザインで、赤系統を主体にカタカナ表記で「(ディスカウントストア)トライアル」と表記される。

トライアルマート

  • 食料品を中心とした取り扱いを行っている業態。2018年5月時点で福島県茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・山梨県に各1店舗ずつ展開している。

ネバフッドマーケットトライアル

スーパーマーケットトライアル

  • 「トライアルマート」同様の食品スーパー業態で、以前は「食鮮館」という名称だった。看板は「ネバフットマーケットトライアル」同様、緑色となっている。2018年8月時点で田村店(福岡県福岡市早良区)のみの展開である。

ドラッグ&フレッシュトライアル

  • 「トライウェル」同様に食料品や医薬品を取り扱う業態で、看板は緑系統。2018年5月時点で山口県・福岡県・佐賀県にて展開する。

トライアルQuick

  • 「家事の時間”Save"できる店」をコンセプトに運営する小型店舗。

 

スーパーセンタートライアル半田亀崎

と呼ばれるお店があったのでその爲にどんなところか書いてみました。AIカメラもやはり、支那製ということだが取締役社長が日本を元気に!そして世界を変えていく!
と言ってるので実質的には安心は出来るところでしょう。ただし、AIカメラや店やレジなどは俺的には失格です。愛情は感じにくいですし、ピアゴアピタの方がそれは上ですね。

 

13・ヤマナカ

株式会社ヤマナカは、愛知県名古屋市東区に本社を置く企業。同県を地盤として岐阜県三重県スーパーマーケットを展開する。名古屋証券取引所第二部単独上場銘柄である。

愛知県では老舗のスーパーであり、特に名古屋市内に店舗が多く名古屋全16区に出店しているほか、近年は岐阜県三重県にも出店している。不採算店舗を閉店させる一方、高級スーパー「フランテ」を設立し随時出店するなど、引き続き地域密着型の経営を行っている。

本社所在地 日本の旗 日本
461-8608
愛知県名古屋市東区三丁目15番31号
住友生命千種ビル5F
北緯35度10分15.8秒
東経136度55分46.6秒
座標北緯35度10分15.8秒 東経136度55分46.6秒
設立 1957年昭和32年)7月16日

 

マーケットピア】ヤマナカ瑞穂店(名古屋市瑞穂区十六町)

 

www.super-yamanaka.co.jp

 

概要[編集]

1922年(大正11年)2月7日に名古屋市中区正木町にて中野商店が食品店を開いたのが始まりである。生鮮食料品に強みを持ち、名古屋市を中心とする地域にドミナント出店する地域密着型の展開をしている。初期の出店は名古屋市を中心とする愛知県西部の尾張地区への出店が主体であったが1979年(昭和54年)5月に豊橋市に本拠を置くマルイと合併したため 豊橋市など東三河地区へも進出したほか、愛知県西部と隣接する岐阜県三重県にも店舗を展開している。

 

沿革[編集]

 

店舗ブランド[編集]

ヤマナカ[編集]

300坪から450坪の売り場面積を持つ食品スーパー。

フランテ館[編集]

ヤマナカとフランテの中間的存在の食品スーパー。高質・こだわり商品も多く取り揃える。

なお、「フランテ」と「フランテ館」は品揃えが多少異なる。

フランテ[編集]

新しい出会いと新しい発見という意味を込めた造語である。上質商品を揃えた高級食品スーパー。標準の売り場面積は450坪である。

アルテ[編集]

食料品売り場を併設する大型のスーパー(GMS)。

ザ・チャレンジハウス[編集]

チラシを廃止して従来より約20%安くする常時低価格(EDLP)を実現するディスカウント店 

 

 

 

 

 

 

●まとめ●

大体、これらの數を踏まえても日本の企業でmade in China[中國製/支那製]の製品が多いものだからすっきりした上でまとめた方が良いということだがしめ縄の件で青木食料品店は黒、イオンことジャスコは既に真っ黒の疑いがありここまで規模が拡大していれば当然、隙が生まれてくるのは間違いもので親中派・小池知事・外国勢力・グローバル(世界展開)・日本を実質的に動かしている人たち(経団連など)の存在も含めてこんなことになってしまったのだろうが粗悪品などを考えるとカーマ・バローは中間でいしはらは我が地元で大で意味は黒ではなく白に近く安全性においてもかなりの信頼性があるということ。イトーヨーカドの方がまだ信頼性がありそうで大正時代からあるのはイオンとイトーヨーカドであるのは間違いないので食糧以外の商品だともっと規模のデカいところか専門店・インターネットの方がよさそうに思えてここまでまとめあげられて一つの記事や覚書・日記としても書くことが出来たのでとてもありがたかったです。ウエルシアは中から小。ドン・キホーテはほぼ粗悪品っぽさと愛情を感じないので真っ黒認定で信頼する価値はほぼなし。アピタピアゴはよく見るのでもともとの始まりで親会社とかは誰だろうかと勘繰ってたがユニーの名前は聞いたことがあり、元のDNAを見ても信頼するに値しますしまだ、日本の食料品店(スーパー)としての認知度も定着はだいぶあるでしょう。バローも我が地元の半田市の近くに存在しておりますが何でこんな名前なのかよくわかりませんでしたが元々は女性の方で主婦の爲の店を始めようと思ったのが始まりということで外見はそこまで好きではないが中間というのが自分の評価でまぁ信頼は出来ます。食料に関してはほとんど問題なしですがそれ以外の生活必需品だとイオン・ドンキホーテは真っ黒の疑いがあります。カインズも同様で名前やまだ新しい企業ということもあって正直、近くにあの悪名高きニトリもあるのでそのことも踏まえて考えると胡散臭さはプンプン匂ってくる。カーマは我が地元でバローの近くだがここは見た目や人々の感じで中~大と判定した方が良いだろう。自転車屋さんでお世話によくなっていたことやペットショップという糞見たいな場所もありますが魚の観覧や売っている商品では合格の烙印は押しても問題はなしと判定。怪しいのはイオン・青木スーパー・ドンキホーテ・カインズの4つというのが総合分析になります。カインズはベイシアの子会社という意味ではぎりぎりの吊り橋だがドンキは元が泥棒市場とつけているのはお前さんは信頼することは出来ん!と断言しても構わないな。ヤマナカは老舗なので合格、大正時代から存在していたというのはとても大きく採点が述べたのはこうゆうところが大きくトライアルはまぁ今の精神を受け継いでくれれば日本のことを考える会社でありつづけることを願うだけです。

 

ここまで見てくれてありがとう。〈終〉